173


私は、現実とスピリチュアルのバランスを意識するあまり、生きることの意味を少し勘違いしていました。一生懸命に生きなければ・・・という思いが強くなると、それを遂行するために実はエゴが舵を取りながら生きているということに気がついていませんでした。【一生懸命に生きる=自由に自分の人生を創造する】だけでよかったのです。【一生懸命に生きる≠エゴで生きる】を理解する必要があったのです。


エゴで生きると神の光は届きません。宇宙の大いなる存在の愛を感じることが出来なくなります。心がエゴに乗っ取られた状態で生きていると、世界中で起きている暗く悲しい出来事ばかりに目がいきます。でもそれは、地球上のほんの一部分にしか過ぎず、人間の体で例えるならば、爪の先の垢のようなものです。爪の垢を見て、体全体が汚れているように勘違いするのは愚かなことです。自分の意識をどこにフォーカスするかで私が見る世界が変わります。私はエゴではなく、愛に意識を向けていきたいと思います。


5月に神戸にアンマが来られたとき、私はたくさんの人たちと一緒に、アンマの中に神を見ました。アンマは愛そのものでした。彼女は身をもって教えてくれました。人間は神の子であり、直接神とつながることの出来る偉大な存在であるということを。昨夜、スワミジの奏でる横笛やバジャンの音色に包まれながら、こうした思いが心を去来しました。その瞬間、私の中で現実社会の中で負けないように一生懸命に戦ってくれていたエゴに、愛の光が射し込み溶けていきました。


その後、次のようなチャネリングメッセージが私の頭に響いてきました。


全ての人、全ての物の中に、神を見ることの出来る心を養いなさい。

光と闇は表裏一体・・・自分の心の針が何処を向いているのかを調べるのは簡単。

世界に愛を観ることが出来るか、それとも愛以外の何かを見るか・・・


物事の表面だけを見るのではなく、その奥にある本質を見つめなさい。

あなたは少しばかり、物事の本質以外のつまらぬモノに捕われていた。


心とつながり、心の眼を開きなさい。

神の創ったこの世界を、心眼を開いて観なさい。

神が創造したものだからといって、全てが美しいとは限らない。


神は人に創造する力を与えた。

人が望むもの全てを創り出す力だ。

その力をどう使うかはあなた方の自由だ。


自由には責任が伴うことを知っているね?

今、地球上であなたが見ている全てのモノは

一人一人の意識と創造力が作り出したことだ。


だから、それを善悪で判断するのではなく、一度全てを受け容れることだ。

そして、あなたがどうしたいかを心に問いかけなさい。

その答えが、あなたが求めている答えである。


まだわかっていないようだが、あなたが知りたがっている

“何故、生まれてきたのか”という答えもそこにある。

あなたは、よく私に問いかけているだろう?


あなたが見る全てのモノ、あなたが感じる全てのことを通して

私たちはあなたにたくさんのメッセージを伝えている。

最近はずっと気づかないふりをしていたようだが・・・


今日のこの会で多くの気づきを得たね?

スワミを通して語った言葉の多くは寝ていて聞いていなかったようだが

エネルギーは十分に感じていたようだ。


注釈 : 実はスワミジの講和中、強烈な睡魔に勝てずに30分ほど意識不明でした (汗

AD

156


本当に久しぶりのブログの更新ですが、皆さんお元気でしたか?


今日は神戸西山記念会館で開催された【スワミジと癒しのインド音楽の調べ】に行って来ました。スワミジが関西で講和会を開かれるのは1年ぶりのことで、昨年10月14日に芦屋ルナホール以来の会でした。昨年のスワミジの会は、神戸にアンマを招致するための露払い的な要素があったそうです。その甲斐あって今年5月にはスワミジの師であり、抱きしめる聖者として世界的に有名なアンマが来神され、本当に多くの愛を体現してくれました。今回の会も来年またアンマを神戸に招くための企画として大いに期待されるところです。


今日この会に参加して、久しぶりに私自身の魂が大きな光に包まれていることを実感できました。今年に入ってから、私の中でスピリチュアルと現実のバランスを取ることこそが大切だと思って、敢えて現実社会の中で地に足をつけて生きていこうとしてきたような気がします。その結果、時に不自然なほどスピリチュアルを意識しない自分がいることに気がつきました。現実を強く意識する余り、自分の魂と向き合う時間すら蔑ろにしていたのだと思います。その結果、私の傾向性でもある左脳すなわち頭を使って考える生き方が中心になり、昔の自分のパターンに陥っていたように思えます。


私が頭で考えていた“スピリチュアルと現実のバランス”というのは、意識的に心で感じることを封印していただけだったのかもしれません。その結果、今年に入ってから何か満たされない空虚さと、自分の目標が見えないもどかしさを感じていたのだと思います。そんな心の状態でしたので、スワミジが講和で語る言葉が、乾いた大地が水を吸い込むように、スゥーと心に沁みこんできました。


【 人は誰でも至福を求めている 】


至福とは心の平安であり、心の中の神(宇宙)と自分がつながった時にこそ手に入れられる宝物です。その宝物の存在を、私はここ数ヶ月忘れていたようです。現実を強く意識するがあまり、グラウンディングを強くしたいと願うがあまり、本当に大切な心の声に耳を傾ける時間が疎かになっていました。私にとってのスピリチュアルとは、決して現実からの逃避ではなく、よりよい人生を築くための栄養であり、光と愛の供給を受けることに他ならないのだと改めて実感しました。何よりも私たちの実態は成長を続けている霊的な存在であり、霊的存在が肉体という衣をまとってこの地球で魂的な進化のための学習をしているのです。私の魂が光を求めていました。愛を求めていたのです。自分自身を光で、そして愛で満たすことの大切さを再確認できた素敵な時間でした。


まだまだ書きたいことはたくさんありますが、今日はこれで終わりにして明日続きを書きたいと思います。

AD


172 91

もう一度
平和について思い そして見つめよう

私達は皆、心から信じあい、認め合い
自分とは違う人生を尊敬し
和をもって一つになる事を願っているはず

しかしながら
平和になりたい、平和にしたいと
願う気持ちが強いあまり
平和の功を望みすぎ『和』を忘れてしまう

心が純真に動けば動くほど
今の社会の中の流れに流され
和、すなわち人々との和みを
知らず知らすのうちに遠ざけてしまう

私達は、縦のつながりも
横のつながりにも
どう思われるかを考えず
自分の真実の心のありかたを話し伝えていこう

今年は(2007年)
人々の賞賛も非難も
誉れも中傷も意に介さず
結果に執着せず
自分の今まで歩んだ
心からの正しい道を納得しよう

花を咲かすことをあせってはならない

種はもう平和の土に根付いたはず
地道に歩もう 今以上に

私は信じる
君達がこれからも『和む』という平和を
確実に歩いてくれることを

ある聖者は
今年から平和がくるという
私は、それは心の平和をさしているのだと思う
また、それを歩む人々に対する讃えの言葉だと思う

今が大事
今を大事に
新しい希望の年にしよう

ガユーナ・サンディマ(2006/12/29)

---------------------------------------------------------------------------

スリランカに滞在していたセアロからの新年に寄せる言葉だそうです。

皆様、新年あけましておめでとうございます。

あまり更新しないブログですが、今年もよろしくお願いします。

SAWAさんたちとセアロをお迎えして開いた講和会からたったの2ヶ月・・・

でも、はるか昔のことのように思えます。

新年に寄せるセアロのメッセージ・・・素晴らしいですね。
セアロ会以降、スピリチュアルなことから意識が離れていました。
忘れ去ろうとしていたわけではなく、意識しなくても自然と自分の
魂と一体化していくプロセスを歩んでいたのだと思います。

スピリチュアルな私も、現実を生きる合理的な私も、同じ私です。
両方のバランスを取って生きる方が私には合っているのだと思います。

セアロのメッセージから、いよいよ心の時代が到来したのだと実感します。
現実に起きる出来事から目を背けるのではなく、しっかりと見据えた上で
今の自分に何が出来るのかをしっかりと見つめていきたいと思います。
そして、私が望む希望の年にしていきたいと思います。

☆セアロのメッセージは、ニーナさんが紹介されていたものをお借りしてきました。
http://blog.goo.ne.jp/niina421/e/28b085d3c1bdb8cf169c21a6c35e843a

AD


175

☆12月14日午後5時 ~MさんからBONへのチャネリングメッセージ~


今、ふっとインスピレーションがわきはじめたのでタイプしていきますね。 自動的に打っていくので、まとまりがないかもしれないですがご了承ください。多分、話かけてくるのは神だと思います。

あなたの過去世の一つについてお話しよう。

これは、あなたの変化を祝ってのプレゼントだ。

あなたはあらゆる立場での世を繰り返してきた。そのひとつひとつが重要なものであり

それらは今も尚あなたの中で重要な一面となっている。

その中でまだ眠っているままのものもあり、輝いているものもあり

輝きはじめたばかりのものもある。そして、傷ついたままでいるものもある。

その中で、今あなたにとって重要になる過去世についてお話しよう。
そして、その語り手は、私ではなく、その過去世でのあなたにとってとても大切であった

人物であると心の中に置いて、この物語を読んでもらおう。
------------------------------------------------------------------------------

★ チャネリングメッセージ ★


あなたは、私のお父さんでした。私は、あなたが大好きでした。
私があなたの娘だった頃に伝えきれなかった事を、今この場で伝えたいと思います。

私とあなたは、過去に何度も巡り合っていました。

だけど、お互いが幸せをともにすることはできませんでした。

私は、あなたの娘として生まれました。
その頃、あなたは今でいう西ドイツにいました。
あなたは、主に農業を行って収入を得ていました。

そして、あなたの所有地はとても広く、あなたを信頼する人間も多くいました。

あなたは、とても愛情深く家族に接する良き父であり、そして妻を愛する良き夫であり

そして多くの人から尊敬を持たれる人間でした。

あなたは、何が人々に有益か、合理的かを心得ていました。
その頃あなたが信仰していたのは、今はもう衰退してしまっている宗教であり

今でいうユダヤ教と類似するものでした。
もともとは同じものだったのですが、そこから枝分かれして細分化したものが

より複雑となり、そのような形に留まったものだと考えてください。

あなたは、その頃神を信頼していました。
特殊な感性があったわけではありません。純粋に、信じていたのです。

そして、その姿は多くの人々に平安を与えました。

私はあなたが大好きでした。あなたの子供は私だけでした。
お母さんとお父さんは、私をとても愛してくれました。

その頃のお母さんは、あなたの今の妻ではなく、あなたの母親です。
二人とも、素晴らしい両親でした。

私は幼い頃から、体が弱く病弱でした。

特殊な病を患ってはいませんでしたが、床に伏せることが多くありました。

あなたは、いつも神に祈りました。

なぜ、自分の娘がこんなめにあうのか?私たちはあなたに何をすればいいのか?
神よ、あなたの目的を、あなたの計画をお教えください。

あなたは、私の境遇を自分に課せられたものだと受け取っていました。

そのために、何を支払えばいいのか、いつも悩んでいました。

私が13才の時、大きな病にかかりました。

それは肺炎ですが、気管支炎から起きる大きな障害を起こし、私の体は衰弱しました。

あなたは、仕事が手に付かなくなり、いつも私のそばで看病してくれました。
私が目覚めると、あなたは私の手を握ってくれ安心させてくれました。
そして、私が眠りにつくまであなたはいろんな本を読んで聞かせてくれ、安心させてくれました。

私は、それから2年後にこの世を去りました。
残った人々は、あなたに同情しました。そして、悲しみました。
だけど、一番深い悲しみを背負い、傷ついたのはお父さんとお母さんでした。

お母さんは、その後数年後に今でいう癌を患い亡くなりました。
それは、子宮を中心に、だんだんと全身に転移していきました。

あなたは、その時も私と同じように、お母さんに対して愛情深く接しました。
だけど、残ったあなたは、その家族の中でたった一人になりました。

あなたは、それからもずっと神に対して祈り続けました。

あなたは、私に何をお求めなのですか?
私にこれ以上、何を捧げろとおっしゃるのですか?
私には、これ以上手放すものはありません。

妻も、娘も、もうこの世にはいません。
あなたの元へ、もう導かれていったはずです。

あなたは、これ以上私から何を奪うおつもりなのですか?

そこから、あなたは自分の持つ財産をあらゆる人へと分け与えました。

自分の土地や財、あらゆる資産も分け与え、残った土地に教会のようなものを建てました。

そして、その直後にあなたは病で亡くなりました。

お父さん、あなたに伝えたいことがあります。

あなたはいろんなものを自分に課せられた負債だと感じていました。

そして、多くのものをその時犠牲にしたと感じていました。
私は、あなたの娘として生まれながら、あなたに何もすることができませんでした。

ずっと、謝りたい気持ちがありました。

私が病弱だった事は、あなたが背負うものでなく、私が自らその運命を決めて生まれていたものです。

あなたは、いつも私を気遣って、愛してくれ、そして安心させてくれました。
あなたはたくさんの愛を私に与えてくれました。

私がどんな状態にある時も、あなたはそばにいてくれました。
私は、その時に、愛を受け取ることを学びました。

そのための、その境遇であり、短い生涯だったのです。

私は、まだそこまで病弱ではなかった頃、寂しさを感じました。
お父さんが仕事で家を空けることが多く、お母さんが寂しいとつぶやいていることが多くありました。
そして、私も同じでした。
私が、お父さんがもっと家にいてくれたら、家族といてくれたらと願いました。
私は、その後病で床に伏せた後、お父さんがそばにいる時に罪悪感を感じました。
自分が願ったことが、「今ある自分たちの現状を引き起こしているのではないか」と感じたのです。
ですが、それは必然だったと理解しました。

お父さん、いつもそばにいてくれてありがとう。

あなたは、たくさんの人にとって素晴らしい存在でした。
あなたが家族に向けた愛から、そして、その後に人々に与えた愛から

たくさんの人々は「神の愛」を見出しました。

あなたの存在こそが、愛だったのです。
あなたは、魂の一面である「愛情深く、周りに愛を表現するもの」として輝きました。
それに、どんなに多くの人々が癒されたことか、あなたは知る事はできませんでした。

そして、今ここで語っている娘の私は、Mの過去世である魂の一面です。

Mが、あなたに始めてメールを送ったとき、彼女はあなたに何かを与えたいと感じました。

そして、あなたの求める未来を見たいと感じ、あなたにそれを見せたいと願いました。

今、彼女はあなたにメッセージをうちながらこのことを知っています。
これまであなたたちにこのことを明かさなかったのは、そのタイミングではなかったからです。

Mがこれまであなたに対して真剣に、何かを答えようとしたり、応援しようとしたのは

潜在意識の中にある「父親であるあなたとの過去世」の部分に感じるものが

大きく影響していたからです。

あなたが神に対して、向き合う抵抗を感じているのは、ただの恐れや不安からではなく

そういったことも影響しています。
あなたは、これまで他の過去世でも「与える側」を演じてきました。
同じように、「受け取る側」も演じてきました。

あなたは、これからはどちらを演じるという目的もなく、「今世のあなたを楽しむ」事が目的なのです。

自分が何故真剣に、真面目に向き合うのかという原因を、自分のマイナス面としてみないで下さい。

それは、過去世での愛するものとの死別や、辛い境遇、あらゆるものを迎えたときに受けた

あなたの魂の傷からくるものが影響しています。

あなたは、神を 「管理するもの、命運を定めるもの、試練をつくるもの」 という

厳しいものとして考えていました。
もちろん、ユーモアを取り入れ受け入れようとした事もありましたが、あなたの無意識には

その意思は届かず、恐れや不安は残っていました。

あなたとMの結びつきの深い過去世は、親子である関係が最も影響していました。

師弟関係もありましたが、そこはさほど重要ではありません。

その、親子としての絆が何度にも渡る輪廻転生を飛び越え

今、この瞬間という時まで結びついていました。

これからは、これまでとは違うスタンスで自分や神と向き合い、進めるようになります。

あなたはこれまで負債を支払ってきたのではなく、自らが定めた

「今、この瞬間」のための学びを積み重ねてきたのです。
それを、受け入れなさい。

そして、多くの素晴らしい出会いや感じる幸福に感謝しなさい。
あなたは、今世でたくさんの素晴らしい人達と、素晴らしい巡り合わせをするでしょう。

そして、あなたは多くの愛を、また人々に与えるでしょう。
そして、自らも多くの愛を受け取るでしょう。

あなたは、自分が祝福されし者だと知るでしょう。

今、この瞬間を、神に、そしてあらゆるものに感謝しなさい。
あなたの進む道に光を、そして愛を。

このメッセージを打ちながら、自動書記で打っていたのではじめて知ることばかりでしたが、驚くというよりも、涙が止まりませんでした。途中、嗚咽がもれてしまって、声に出して泣いてしまったのもあって、休み休み打ち続けました。自分がなぜBONさんに、はじめてあのメッセージを送ったのか、そして、今回こうやってメッセージをお伝えするのかをわかることができました。

魂がゆれるような感じで、言葉にならない感覚で泣いていました。BONさんが、読み上げてどう感じるのかはまだわかりませんし、予想できないんですけど、私は「ああ、娘だったんだなあ」と感じています。お兄さんじゃなくって、お父さんだったっていうのはちょっと驚きました。

いきなり、チャネリングがはじまったのに、「代理人にバトンタッチする」という展開になって「どういう流れになるんだろう??」って思ってたんですけど、まさかこんな流れになるとは思ってもみませんでした。だけど、すごく、これまでのことに素直に感謝できる自分がいます。

私はきっと、BONさんの娘である私の過去世で、多くの愛を与えてもらってたんだと思います。泣きながら、謝りたい気持ちやすまないと思う気持ち、申し訳ない気持ち、そして感謝を表したい気持ちでいっぱいでした。

これも、すべて「今の私」だけじゃなくて、たくさんの過去世を通しての、魂にとっての「必然」なのですね。 お父さんだったあなたと、またこうやって巡り合って、与えてもらったお返しができることに感謝します。今、この瞬間の「すべて」に、感謝します。なぜ、今日も仕事を休みになったのかも、理解できた気がします。


------------------------------------------------------------------------------


★12月14日午後6時 BONからMさんへのメール


Mさんへ


Mさんからのメッセージを2度読み終えて、今とても穏やかで優しい気持ちになっています。

このメールを初めて読んだとき、会社のデスクに座っていたので大変でした。

溢れでる涙を堪え、喉の奥の痛みに耐えるのに必死でした。

家で読めばよかった・・・と少々後悔しましたが、読み終えた今は、心が清清しく感動しています。


娘だったMさんの魂の一面・・・納得です。

つい最近、誰かにあなたのことを話した時に、娘のような存在だと言ったことを思い出しました。

私の魂は、無意識に過去世の記憶を蘇らせていたんですね(笑)。


今年の初めに、あなたから貰ったメールはとても印象的でした。

ブログの言葉に感謝したいとはいえ、なぜ、見ず知らずの人が私のために、リーディングメッセージを書いてきてくれるんだろう?嬉しい気持ちと不思議な気持ちが入り混じっていました。

そして、不思議なことに、すぐに会う機会に恵まれましたよね?採用活動で忙しい時期にも関わらず、東京出張の際には何とか時間を使って会いたいと思ったものです。


そして今、こうして二人に関する過去世の物語を聞いて心から納得しました。

娘であった貴女から、こうしてメッセージを受け取る幸福感を噛みしめています。

本当にありがとう。


今まで以上に自分が好きになり、より大きな自信が持てそうです。

私が変化していく、いや進化していく上で必要な情報が、こうして着実にやってくるように感じると同時に、私の人生に関わってくれる全ての存在に心から感謝したい気持ちで一杯です。

Mさんとの過去世の関係だけでもこれだけ感動できるのですから、私と関わりのあるたくさんの魂=ソウルメイトたちとこれからも素敵な出逢いを経験していけそうな予感がします。


不足感を嘆き、出来ない自分を責めるよりも、既に全てを与えられている今この瞬間に感謝したいです。私はこれからも神の愛の表現者であり続けたいと思います。愛しかないのだということを、私を通して伝えていきたいと思います。


書きたいことは尽きませんが、仕事中なのでこの辺で筆を置きたいと思います。

先日会えなかったことも、ここ数日の私の変化のために必要な時間だったと知り、そして今このようなメッセージを受けて、心から感謝したい気持ちです。

年始に会えることを楽しみにしています。

ようこさんやミュウさんとの関係性も楽しみです。

全てが神の壮大で完璧な計画の上で展開される宇宙のドラマなんでしょね。


再び巡りあえた愛しい娘“M”に心からの感謝を込めて・・・ありがとう☆


------------------------------------------------------------------------------


☆12月14日午後7時 ~MさんからBONへのメール~


今さっき、BONさんからのメッセージを読んですごくじんわりと暖かい感じに包まれました。

何回も、自分のメッセージとBONさんの感想のメッセージを読み直して、浸っている自分がいますw

人との出会いはすべて必然で、偶然ではないのだと改めて実感しました。

あのとき、直感に従ってメッセージを送っていなければ、今こうやってこのことを知ることは出来なかったんだろうと思うと、すべては用意されたもので、自分の魂の求めるものを知るまでに必要なものはほんの少しの変化のために必要になる勇気なんだなと思いました。

BONさんとの過去世を知ったことで、私自身もすごくいろんなものに対して改めて感謝しています。
他の周りの大切な人たちとの繋がりも知りたいと思いました。

きっと、いろんな人に愛を与えてもらったからこそ、私は今世でそのお返しをしたいと望んだのだろうと感じます。

私が払うべき債務があるからではなく、与えられた愛を返すために、自分で何かしたいと望んでいるのだとわかり、すごくそのことに感謝しています。

いろんな人との間に、まだわからないままのこともあるけれど、きっとタイミングがくればわかるんだろうなと思いました。
少しずつ、与えられるものを感謝したいです。

さっきのメッセージの流れもなんですが、すごくドラマのような展開で書き出している自分に驚いたのもありますが、何よりも感じたのが「こんな小さな展開でさえ、神はすべて計画していたのだろう」という事への驚きです。
きっと、これからもドラマチックな展開はたくさんあって、たくさんの奇跡や感動を体験していくんだろうなと思いました。

そして、多くの人に同じように、素敵な体験をしてもらいたいなあと思いました。
すべてが奇跡であり、感動であり、涙こそ真実を含むものなのだと思います。
きっと、これからは本当のBONさんらしさを発揮したペースで進んでいくようになるんだと思います。

お父さん、がんばって!!

娘より



12月に入ってから、私とMさんとの間でなされたとても不思議な魂の物語を4回に分けて掲載しました。

遠い過去世から現在の今この瞬間につながる、魂の深遠な物語はこれで終わりです。

正直なところ、当初私もこのような展開になることを全く予測できませんでした。

過去世で娘であった存在からもらったメッセージを読んでいるときは本当に不思議な感覚で

まるで、他人の映画を見せられているような気がしましたが、全てが受け止められる内容でした。


私とMさんにとって、魂の巡り合わせの不思議さと宇宙を司る神の存在、そして神の深い愛を感じられる

とても感動的な出来事で、感謝せずにはいられない貴重な体験でした。

今世で再び巡りあえた娘・・・Mさんと神に心から感謝します!


~ 完 ~


175


★12月13日 ~BONからMさんへのメッセージ~


Mさんへ


Mさんからメッセージをいただいてから1週間少しが過ぎました。自分の人生の目的についてはかなり気にはなっていますが、これといったあせりや不安もなく、淡々と日々を送っているといった感じでしょうか(笑)。

そういえば、ここ2ヶ月程スピリチュアルというものをあまり意識しないようになってきています。以前は、指摘されていたように、現実とスピリチュアルとを分けて考えていましたが、今は現実もスピリチュアルも全てはひとつであり、分けて考えること事態が大きな分離感につながっているような気さえします。とはいうものの、私の中で現実とスピリチュアルの統合が出来たとはお世辞にもいえない状況ですが・・・(笑)。

そして、いただいたメッセージで変化することを恐れているといったようなことを指摘されたことに関しても、そうかもね~と思えるようになってきました。ヒーラーへと向かう道程での変化を求めている・・・楽しんでいると言いながらも、本当は変化することに対する恐れを無意識のうちに感じていたのだと思います。

それは、私自身が自分ひとりで変化していかなければならないという、自分と神とを分離した思考が働いていたことに起因します。きっと、自分を信頼すること・・・即ち自分の中にある神聖な力を、信じていなかったからだと思います。今よりももっと忙しくなったらどうしよう・・・今よりももっと時間がなくなったらどうしよう・・・本当に自分に出来るんだろうか?・・・私は出来る!という自信がなく、自分の力を信頼できていないことに他なりません。

この1週間、いただいたメッセージを考えようとしても意識が向きませんでした。でも、Mさんに言われていた夢を書き出すというヒントを貰ってから、今まで夢を見ていない(見ていても記憶に残っていない)と思っていたのに、本当は毎晩見ていることに気がつきました。そうです、ほとんど毎晩です。そして、電車で眠っている僅かな時間でもしっかりと夢を見ていることに気がつきました。不精なもので書き留めることはなかなか出来ていませんが、Mさんからのメッセージを読んだ直後に見た夢を紹介しますね。

以前から体調がおもわしくない会社の上司に対して、自己治癒力による回復指導をしつつ、何故か自信たっぷりに私に任せてくださいと言っているのです。何ていうか・・・根拠がないにも関わらず、絶対的な自信があったのです。自信の裏づけには、啓示的なものを受けているような感じがしましたが、定かではありません。

この夢を見た翌朝の通勤電車の中で、夢の内容を思い出しながら書き留めていたんですが、その時に響いてきたメッセージを書きとめてみました。リーディングなのか、チャネリングなのか、ともかく私の手が勝手に書き出した言葉なのですが・・・次のようなメッセージでした。


『自分の能力は、自分だけで形成するものではない。あなたとあなたの魂とあなたをサポートする多くの存在によって成されるのだ。あなたは、宇宙を信頼し、自分を信頼して生きればいい。それが、自分が信じる道を見つける方法であり、本来の目的を探り当てる唯一の方法でもあるのだ。あなたを守っている私たちの声に耳を傾けなさい。ありとあらゆる手段・方法を使って、私たちはあなたに語りかけるであろう。心の眼を開いて冷静に受け止めなさい。2004年4月18日に見た夢は前兆に過ぎない。ヒーラーとしてのあなたの自覚を促すために見せたきっかであって、その内容に囚われ過ぎてはいけない。Mを通じて今、私たちが伝えようとしているメッセージを受け取る準備をすすめなさい。あせらずに自分の心に・魂に問いかけることだ。そうすれば、あなたは自分でそれを受け取ることが出来るであろう。』

未だ、何がわかったわけでもありませんが、ようやく気づいたことがあります。それは、私自身がスピリチュアルに傾倒しすぎていたということです。ヒーラーという言葉を考えたときに、特殊な能力を使って人を癒す行為をしている人という定義が、無意識のうちに私の中にあったのだと思います。しかし、よくよく考えてみれば、スピリチュアルを意識しようがしまいが、私が今生きていること自体が、神の意志と自分の意志を自由に確認し、心の赴くままに行動し、自分自身の魂のエッセンスを表現しているのだと気づきました。


意識がニュートラルに状態になった今のタイミングで、Mさんからメッセージを受け取ったことも、間もなくやってくる大きな変化を受け入れるための準備期間だったのでしょうね。本当は、スピリチュアルも現実もなく、ただ今という瞬間だけが存在しているのです。スピリチュアルと現実という2つのものに分けることにそもそも無理があり、本当は全てが神の計画の上でなされているものだと感じました。スピリチュアルと現実の融合・・・その中に私が目指す目的が発見できそうな気がします。

スピリチュアルで学んだ知識は私の武器です。今後、人々の精神性がより目覚めていく時代に私が果たす役割は、心と魂の幸せをひとつの基準として、多くの人たちに価値観の転換を提案していけるのかもしれません。厳しい競争社会の中で疲弊し、自分自身を見失いかけているビジネスマン、学生、子供、主婦、お年寄り、全ての人々に新しい生き方の価値の創造を示してあげたいと思います。そして、自分の前に広がっているように見える現実の世の中で、私自身が何をしたいと思っているのかが大切であり、それこそが魂の目的なのだと思いました。

私が癒すもの・・・それを人だと限定するのではなく、私が住むこの地球を癒すのだと感じます。宇宙の中にある美しい星 地球を癒すために・・・地球上の全ての生命体を癒すために、今私の出来る事をやっていくことが大切なのだと感じます。

何が出来るかは全くわかりませんが、自分が望んできた目的です。自分の中にある本当に偉大な力を信頼できたときに、たくさんのサポートが受けられるのだと思います。今はそのプロセスを楽しみながら前進して行きたいと思っています。自身と勇気を持って道を歩み続けます。

脈略のない文章になってしまいましたが、出来るだけ思考に頼らずに、自分の直感に頼って書いてみました。また、違った目的を思いだしたらメールします。


BON


◆私がメールを送った翌朝に、再びMさんからの返信メールが届きました。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


☆12月14日午前10時 ~MさんからBONへのメッセージ~


一昨日から風邪を引いてしまって、昨日から上り坂なのですが上司からもう一日休んだほうがいいと言われて、今日はゆっくりしようと思いながらメールを打ってます。昨日まで38度代から下がらなかった熱が、昨日ふっとした瞬間からいきなり平熱まで下がって、こんなに元気な自分が不思議な感じです。最近忙しかったから、抵抗力と免疫力が弱まってたんだなあと考えさせられました。やっぱり健康第一ですね!

そして、ヒプノは退行催眠の勉強に突入しました!最近、文章力と勉強の姿勢を褒められる事が増えて、単純な私としてはすごくやる気のモチベーションが上がっています。文章力や表現力が身についてきたのも、柔軟になってきたのもいろんな導きのもとにあったおかげだなあと日々感謝です。

今回のBONさんのメールを読んで、今までの緊張感が抜けてすごく変わった印象を受けました。今まで感じてた「焦り」がないように思えたんです。これが、一番変わったと思えるところであり、重要なポイントじゃないかなあと思うんです。きっと、これからいろんなことが変化していくんだと感じます!

> 麻衣子さんからメールのメッセージをいただいてから1週間が過ぎました。自分の人生の目的についてはかなり気にはなっていますが、これといったあせりも不安もなく、淡々と日々を送っているといった感じでしょうか(笑)。
>
> そういえば、ここ2ヶ月程スピリチュアルというものを余り意識しないようになってきているように思えます。以前は、指摘されていたように現実とスピリチュアルとを分けて考えていましたが、今は現実もスピリチュアルも全てはひとつであり、分けて考えることこそが、大きな分離感につながっているような気さえします。とはいうものの、現実とスピリチュアルの統合が出来たとはお世辞にもいえない状況ですが・・・(笑)。
>
自覚が変化をもたらすと思います、統合はきっとこれからされるものであって、気づきあってこその変化だからすぐできると信じてください!
本当の学びは、場を選びません。すべてに活かせるものだと思うんです。

> そして、いただいたメッセージで変化することを恐れているといったような指摘されたことに関してもそうかもね・・・と思えるようになってきました。ヒーラーへと向かう道程での変化を求めている・楽しんでいると思いながらも、本当に変化することに対する恐れを無意識のうちに感じていたのだと思います。
> それは、私自身が自分ひとりで変化していかなければならないという神と分離した思考が働いていたことに起因します。きっと、自分を信頼すること・・・即ち自分の中にある神聖な力を、信じていなかったからだと思います。

人はそれぞれ自らの神聖な力を神性として秘めています。
それを望むことこそが、繋がるための道になるのだと思います。

> 今よりももっと忙しくなったらどうしよう・・・今よりももっと時間がなくなったらどうしよう・・・本当に自分に出来るんだろうか?・・・私は出来る!という自信がなく、自分の力を信頼できていないことに他なりません。
> この1週間、いただいたメッセージを考えようとしても意識が向きませんでした。でも、麻衣子さんに言われていた夢を書き出すというヒントを貰ってから、今まで夢を見ない(見ていても記憶に残っていない)と思っていたのに、本当は毎晩見ているということに気づきました。ほとんど毎晩です。そして、電車で眠っている僅かな時間でもしっかりと夢を見ていることに気がつきました。不精なもので書き留めることはなかなか出来ていませんが、メッセージを読んだ直後に見た夢を紹介しますね。
>以前から体調がおもわしくない会社の上司に対して、自己治癒力による回復指導をしつつ、何故か自信たっぷりに私に任せてくださいと言っているのです。何ていうか・・・根拠がないにも関わらず、絶対的な自信があったのです。自信の裏づけには、啓示的なものを受けているような感じがしましたが定かではありません。

この夢での会社の上司は「BONさん自身の患う面」を暗示しています。主に身体的なものです。そして、そこでBONさんの役割は「今までBONさんが自分自身にしてきたこと」です。ここで示しているのは、BONさんが自分に対してそれまでのループをなくすために関わってきたものだと思います。


根拠のない自信とは、そのままの意味を暗示しています。この夢の中で「根拠のある自信」とは「直感」を意味し、「根拠のない自信」とは、ただの自信を意味しています。BONさんは、夢の中では啓示をこれまでも受けていますし、直感を働かせています。この夢は、これまでの自信は直感とは別なもので、個人的判断だったという事をあらわしています。

> この夢を見た後、朝の通勤電車の中で思い出しながら夢を書き留めていたんですが、その時に響いてきたメッセージを書きとめてみました。リーディングなのかチャネリングなのかそれとも私の手が勝手に書き出した言葉なのかわかりませんが・・・次のような感じでした。
>
> 『自分の能力は、自分だけで形成するものではない。あなたとあなたの魂とあなたをサポートする多くの存在によって成されるのだ。あなたは、宇宙を信頼し、自分を信頼して生きればいい。それが、自分が信じる道を見つける方法であり、本来の目的を探り当てる唯一の方法でもあるのだ。あなたを守っている私たちの声に耳を傾けなさい。ありとあらゆる手段・方法を使って、私たちはあなたに語りかけるであろう。心の眼を開いて冷静に受け止めなさい。2004年4月18日に見た夢は前兆に過ぎない。ヒーラーとしてのあなたの自覚を促すために見せたきっかであって、その内容に囚われ過ぎてはいけない。M(何故か呼び捨てでした)を通じて今、私たちが伝えようとしているメッセージを受け取る準備をすすめなさい。あせらずに自分の心に・魂に問いかけることだ。そうすれば、あなたは自分でそれを受け取ることが出来るであろう。』

このメッセージは、BONさんのガイドである男性(初老)の方からのものだと感じました。そして、そのガイドは神とも通じています。私達、というのは高次の存在を含め神という存在をも含めています。自分の能力を向上させるのは、自己認識ではなく多くのものを含めた変化だと言っているようにも思えました。これからは、違う姿勢でいろんな事に挑むことで、本来のBONさんの才能や神聖な面が開花されていくのだと思います。そして、この夢以外でも何度か接触してきているようにも感じました。もし、「見られている」感じがあったら、どんどん話しかけていってみたらいいと思います。

> 未だ、何がわかったわけでもありませんが、ようやく気づいたことがあります。それは、私自身がスピリチュアルに傾倒しすぎていたということです。ヒーラーという言葉を特殊な能力を使って、人を癒す行動をしている人という定義が無意識のうちに私の中にあったのだと思います。しかし、よくよく考えてみれば、私が今生きていること自体が、神の意志と自分の意志を自由に確認し、心の赴くままに行動し、自分自身の魂のエッセンスを表現できる場なのだと気づきました。

それぞれの魂が触れ合う様子は、シンフォニーに似ていると思うんです。オーケストラとか。でも、もっと突き詰めていけば「その一つの魂のあらゆる側面が個々に特殊な個性ある音を奏でている」んです。一つの魂の表現こそ、シンフォニーである。

今まで、そういう言葉を何度か受け取ったことがあったのですが、意味に気づくまで時間がかかりました。今、BONさんの言葉を見てそのことをふっと思い出しました。これからは、BONさんは自分の「魂の音楽」を表現していくのだと思います。

> 意識がニュートラルに状態になった今のタイミングで、麻衣子さんからメッセージを受け取ったことも、間もなくやってくる大きな変化を受け入れるための準備期間だったのでしょうね。

そうですね、そしてもう準備は終わって始まりを迎えているのだと思います。

> 本当は、スピリチュアルも現実もなく、ただ今という瞬間だけが存在しているのです。スピリチュアルと現実という2つのものに分けることにそもそも無理があり、本当は全てが神の計画の上でなされているものだと感じました。スピリチュアルと現実の融合・・・その中に私が目指す目的が発見できそうな気がします。

BONさんは、そのどちらもあってこそ「魂の感覚」が感じられるのだと思います。どちらか一つのほうが、普通はやりやすいように思えるのですが、BONさんはその二つなんです。一刀流じゃなくて二刀流、みたいな感じなのかな?

> スピリチュアルで学んだ知識は私の武器です。今後、人々の精神性がより目覚めていく時代に私が果たす役割は、心と魂の幸せをひとつの基準として、多くの人たちに価値観の転換を提案していけるのかもしれません。厳しい競争社会の中で疲弊し、自分自身を見失いかけているビジネスマン、学生、子供、主婦、お年寄り、全ての人々に新しい生き方の価値の創造を示してあげたいと思います。そして、自分の前に広がっているように見える現実の世の中で、私自身が何をしたいと思っているのかが大切であり、それこそが魂の目的なのだと思いました。

そこだけじゃなくて、もっと広い範囲だと思います。そして、その範囲の広さは「進んでいく段階で気づく」のだと思います。自分が思うよりも自分は常にその範囲を超えていく、そう信じてください。

> 私が癒すもの・・・それを人だと限定するのではなく、私が住むこの地球を癒すのだと感じます。宇宙の中にある美しい星 地球を癒すために・・・地球上の全ての生命体を癒すために、今私の出来る事をやっていくことが大切なのだと感じます。

この部分を読んだ時、鳥肌が立ちました。何度もガイドや神に、言われている言葉でもあるのですが、BONさんが自覚された上で発する言葉はまた別なものに思えました。


> 何が出来るかは全くわかりませんが、自分が望んできた目的です。自分の中にある本当に偉大な力を信頼できたときに、たくさんのサポートが受けられるのだと思います。今はそのプロセスを楽しみながら前進して行きたいと思っています。自身と勇気を持って道を歩み続けます。脈略のない文章になってしまいましたが、出来るだけ思考に頼らずに、自分の直感に頼って書いてみました。また、違った目的を思いだしたらメールします。


脈略を考えずに書いたほうが、まとまりを感じるものだと最近思います。BONさんは、「あまり考えて書いてないから脈略がない」と思っているかもしれませんが、すごく自然な流れで書かれているメールの内容になっています。それが、直感のすごいところだと思いますw

私、今までMの日記についても、人へのメッセージにしても、考えて書いたことなかったんです。それでも、ある程度まとまってたりするから不思議だなあと思う反面、そういった事意外でできないかなあとも思っていました。でも、最近は何かを「文字で表現する」という時、全般的に同じスタンスで迎えているので、「リラックスして挑む」ことが必要なんだなあと思いました。

BONさんのこれからの方向性については、少し落ち着いてからまたメッセージを書くことになりそうな気がします。

そういえば、数日前にBONさんが夢に出てきました。多分、過去世に関する夢だったのですが、ようこさんにまだお会いしたことがないのにようこさんも出てきました。

何かをお二人と、あと知らない人一人にお伝えしていて、ようこさんは少し泣いていたように思います。
BONさんがその時どうだったかは覚えていないのですが、私はBONさんに何かすごく重要な事をお伝えしている感じがしました。また、BONさんが夢に出てきたらお伝えしますね。

今年は、29~8日まで連休が取れたので、ゆっくり年末年始を過せそうなので関西に寄ろうと思います。関西にもし寄れそうだったら、明石に行って皆さんにお会いしたいです。ようこさんにも、ミュウさんにもお会いしたいです。


~ 続く ~



174
VOL.1でもらったMさんからのメッセージに対して、翌日私が書いたいくつかの質問に対して、再びMさんから届いたメッセージを時系列で書き加えてみました。


★12月4日 ~BONからMさんへの質問とMさん(ガイド)からの回答~


Mさんへ

メッセージありがとう。このメッセージを読んだ昨日は、少なからず動揺しました。自分の中でどう解釈し、どう消化したらいいのか・・・答えが未だ見つかりません。でも、私自身の棚卸の為の、いい時間にしたいと思っています。心から自分を信頼できたときに、答えは見えてくるのだと感じます。答えを見つけることこそが自分の魂の望みであり、未来へとつながるプロセスなのだと思います。Mさんからもらったメッセージを読んで感じたことや疑問点・質問点を、◆〇〇〇〇〇◆という書き方で表しています。

あなたは、今「目的」を間違えている。 それは、あなたにとって恩恵を与えない。 財力、才能の開花、霊性や人間性の成長、それらを与えられる目的はまったく別のものだ。あなたは、今自分がやろうとしていると「思い込んでいる」ものを変えることになる。あなたはそれを聞いたときに、唖然とするだろう。 自分にそこまでのものができるのか?そう自問するだろう。そして、疑うだろう。

◆漠然と考えているヒーラー像(バーバラ・ブレナン式ハンズ・オン・ヒーリングなどの技法を学んだ上で行う個人セッションやリーディング&チャネリングなど)とは全く別の類のものを自ら創り上げていくという解釈でいいのでしょうか?今、自分が出来る・好きだと思えることは、書くことと人前で話すことをベースにした何かが思い浮かびますが・・・◆

ヒーリングの技法として考えるのではない。

あなたの創る道や進む行程が癒しを創るのだと考えなさい。
あなたは、誰かから教わったものでしか考えていない。

理論でしか考えてない。あなたは、今考えている範囲を狭めすぎている。

あなたは、自分が「人を癒す」のが目的だと思い込んでいる。

あなたが「癒すべきもの」は別のものである。

◆人という定義の中には、自分と他人、そして肉体・精神・魂も含まれていると解釈しているのですが、その範疇を超えたものの中に、私が癒すものがあるということでしょうか?◆

違う。人を直接癒すのではない。あるものを通じて多くのものに癒しを与えるのだ。

なぜ、癒しを与えるものが人だと考える?大きな生命で考えなさい。

あなたは、この 「学校」 を癒すのだ。

これでもまだわからぬか?


あなたは、今世での目的を自分で定めた。 あなたの魂に、それは今もインプットされたままだ。 あなたは、あらゆる人と関わってきた。そして、感銘を受け、心を動かされてきた。だが、問題はいつまでも解決しない。あなたは、今の環境にいては何も変化は望めない。

◆いつまでも解決しない問題とは何ですか?今のままでは、私が決めてきた目的を果たすことが出来ない・・・そして、それこそが問題だということでしょうか?◆

場所だけではない。要するに、あなたの意識だ。
あなたは、今のままでは何も起こらない。
いつまでも解決しない問題とは、「あなたが定めた目的」だ。
あなたは、まだそこにすら顔を向けていない。

まだ、目的が何であるのかも把握していない。
その現状が、今一番の問題の種だ。

事実、これまであなたがしてきた旅の中で現実的に大きな変化となった触発はなかった。
あなたがもし、「それは違う」と反応を起こしたとしても、それこそが思い込みなのだ。
あなたは、そこで開花してはならない。あなたの持つ才能は、そこでは開花できない。

◆そこでは開花できない・・・そことは何を意味するのですか?◆

あなたの存在していると意識する次元だ。

あなたの今しているチャネリングやリーディングは、あなたのガイドからのものではない。
あなたは、今まで気づきこそしなかったが、現実面で「チャネリング」に似た現象を体験している。

◆ガイドではないとすると、自分自身のハイアーセルフですか? それともMさん同様、宇宙の大いなる存在=根源の神そのものからのメッセージなのですか?◆

あなたのハイアーセルフに近い存在といった方がより近いだろう。
それは、魂を癒そうとするものだ。誰の中にも存在する。
だが、それは現状維持しかできない。
あなたは、それにより啓示を受けることはできない。

あなたは、これ以上自分の才能の開花を遅らせてはならない。 わたしがあなたになぜ、まだはっきりとしたメッセージを伝えないのか、あなたはわかっていない。あなたは、これまで以上に「スピリチュアルなものに関わって、活動して精進しよう」と考えている。だが、それを休止しなさい。 あなたは、今そこにいてはますます遅らせるだけとなってしまう。関わるのなら、ただそれを「傍観」するだけにしなさい。それらについて語るのではなく、ただ、観察しなさい。

◆2年間通ったライフスクールを辞める決心をしたのがつい最近のことです。今はニュートラルな状態で、特別な学びの場はないに等しい状態です。スピリチュアルな本を読むことや、同じような志を持った人たちとのコミュニケーションの場もダメなのでしょうか? それとも、来年開講されるというBBSH日本校に行きたいと思っていることを指すのでしょうか?◆

本を読むなと言っているのではない。スクールにも参加したければ、自由にしなさい。

だが、あなたはこれまでと同じことを繰り返すだろう。
あなたの中にある「ヒーラーとしての特殊性」は見出せない。
あなたは、そこで出会う人たちに何か「自分の定めた目的」に向かう術を
与えられる

ことはないだろう。行きたければ、行きなさい。それは、あなたの自由意志だ。

今の時点で私があなたにすべてを語ったなら、あなたはこれまで得た気づきや学びのすべてを投げ出し、不安や恐れにかられるだろう。それらを克服するために、ある一定の期間「現実に専念しながら、これまで得たスピリチュアルな知識をもう一度復習」しなさい。 自分がこれまで学んだものが、これから先本当に役立てられるように、浸透しているのか確認しなさい。そして、自分が何を得たのか、何を変化させることができているのか、確認しなさい。 わかりやすいように、あなたがより分けしている2つの分野で書きなさい。 現実面と、スピリチュアルな面とで。

◆わかりました。自分の使命を思い出し、不安や恐れを克服して前に進んでいけるように言われている事をやってみます。◆

あなたがそれを行う前に伝えておこう。 あなたは、「スピリチュアルな分野で得たもの」が自分の人生を変え、恩恵を多く与えてきたと思っている。もちろんそれを否定はしない、だがあなたは事実よりも大きくそれを捉えている。 それは、思い込みだ。あなたは、「現実面で得たもの」の気づきや学びをもっと意識する必要がある。あなたは、そこでどれほど素晴らしい学びや気づきをこれまで得てきたのかを理解していない。意識していないからだ。 あなたがビジネスで習得した知識は、スピリチュアルなものよりも有効であり有益なものなのだ。そして、あなたはいずれ副業をやめるようになる。そのシステムよりも自分のやり方や、これから先に進むものの方がよりあらゆるものにとって有益であり、自分にも利潤をもたらすからだ。

◆これはショックでしたが、やはりという気持ちもありました。私は一日も早く会社を辞め、ヒーラーとして活動を開始することが自分の望む幸せであると考えてきました。今世での私の使命は、自分自身が幸せになることであり、その姿をたくさんの人へ発信することでその人自身が幸せになるサポートをすることだと考えていたのかもしれません。そして、もう一つの大きな課題は経済を心配してしまう現実です。奇麗事を並べても、今の地球上を支配する資本主義経済下では、お金が必要です。会社を辞めた瞬間に収入が途絶えます。私はお金に翻弄される人生ではなく、ただのエネルギーとして上手く活用できる人生を選ぼうと決めました。お金に翻弄される人生ではなく、自由な自分を生きるうえで必要な貨幣を手に入れ、有意義に活用するということにフォーカスした結果、会社を辞めても生活できる基盤を作り上げる必要があり、〇〇〇〇〇を選択しようと決断しました。〇〇〇〇〇が目的ではありませんが、経済基盤を安定させてくれる大切な手段であることは確かです。お金に困る不自由な生活は嫌です。スピリチュアルを志向する人の中には、意外と貧困を潔しとする方も多いのですが、清貧とは言いがたい人が多く、本当は豊かさを望んでいるのに、我慢することが美徳だと思い込んで、無理に我慢して自分が望まない人生を歩んでいるように見える方がいます。私はそんな生き方は選択したくありません。でも、今回いただいたメッセージを読むと、私自身も本当の魂が望んでいる人生を選択していないと指摘されているようで愕然としています。魂が望む人生は何なんだろう?これをしっかりと見つめていきたいと思います。◆

あなたは頭脳を持っている。それは明晰さを兼ね備えている。
なぜ、どこかに所属して金銭を得ようとする?
副業は、〇〇〇〇〇だ。今は、続けなさい。

だが、いずれやめるものとして考えなさい。深入りは避けなさい。

あなたは才能を秘めているが、真面目すぎる。
なぜ、「金」というものを「エネルギー」として捉えられない?

今制限している一歩を踏み出しなさい。
「自分の消費したエネルギー=自分の取り分」といった方程式を捨てなさい。
そして、それはただのゲームにすぎない。


あなたは、この先自分の城を築くのだ。
これで、やっとわかったかね?

まずは、現状を把握しなさい。 すべての分野のものは自分と繋がっているものであり、自分を中心として枝分かれしているものなのだと悟りなさい。物事を区切るのはやめなさい。 今は、あなたにとってタイミングではないが、あなたがわたしが求める理解を得ればわたしはあなたにすべてを伝えるだろう。 あなたが、これまで繰り返してきた輪廻転生について、そして今世での目的について。あなたがまだ完全に癒すことができていない痛みについて。

◆本当に、上記の内容は心から知りたいと今の私が願っている項目です。でも、正直な気持ちを言えば、知りたい反面知ることが恐いのです。自分の使命を聞けば、逃げ道は閉ざされます。そして、前文から想像する限り、今の自分ではとても成し遂げられないと途方にくれるようなビジョンが示されそうな予感がします。これは、従来の私の思考やエゴの捉え方として感じている正直な答えですが、私の奥底にある魂に意識を合わせると、シンと静まり返っていて、厳粛にそして冷静に受け止めようとしているのを感じます。◆

自分の定めた目的を聞く勇気をつくりなさい。勇気は、自分でつくるものだ。
だが、目的はすでにインプットされている。

それを、あなた自身が受け取れるように、自分の中に「受け止める器」をつくりなさい。
中身は、あなたの意識の深奥で漂っているのだ。

あなたは、現状を把握し、これまでの復習をする事が今の「課題」なのだ。
私はあなたをいつも見守っている。それを忘れないようにしなさい。

◆現状の把握・・・来るべき未来に向けて、私が私らしく進んでいくために課題をしっかりと捉えて克服したいと思います。私の準備が出来たら、自ずと答えが見えてくることを信じて前進していきます。今回のメッセージを読んだ昨日は、どう解釈したらよいのか戸惑いました。でも読み返すうちに、今の私が真正面から取り組むべき課題だと感じました。すると、焦る気持ちが少し治まりました。今日から少しずつ取り組んでいくので、また違った意識になったら連絡します。自分を信頼すること・・・これが最も大きな課題です。今このメッセージをくれたMさんと神に感謝します。ありがとうございました!◆


あなたは、戸惑いすぎている。すべてを捨て去ることになるのではと、感じているのか?
それは間違いだ。あなたは、すべてを得るのだ。

あなたは焦りすぎていた。

だが、その焦りはあなたが「自分の目指すものに近づけない焦り」ではなくて

あなたが目的を思い出すことを避けていたために起こった焦りだ。
それは、表面化のものだ。

あなたは、人や動物だけが生命だと思っているのか?
あなたが癒すべきものを、私はこれ以上答えない。
あなた自身が考え、答えを出しなさい。

自分の魂に問いかけなさい。望みなさい。
Mはこれ以上、あなたにヒントを与えてはならない。

それは、あなたのためにもならない。

だが、あなたは答えを求めようとするだろう。

あなたが考えるための時間を、7日間置こう。
あなたは、それまでに自分の目的を「シンプルに」まとめなさい。
何を癒すのか、何に対してのヒーラーか。

しばらく、人を意識するのをやめなさい。

空気、自然、水、それらを意識しなさい。それらの声を聞きなさい。

だが、石の「声」を求めるように、力を求めるように、答えを教えてほしいと頼ってはならない。
彼らの声を、あなたが受け取るようにしなさい。あなたが、自分の感覚で感じるのだ。
そして、それらすべての繋がりを感じた上で、人との繋がりをみつめなさい。

これ以上は、答えてくれませんでした。でも、なんとなくわかる内容になってるとは思うんですけど、あまりヒントを出すなって言われたのもあって、あたしからは今はこれ以上の詳細は言わないほうがいいのだと思います。今、ヒントじゃなくてあたしからのアドバイスを言うとしたら、「自分の魂に直接問いかける、求めるものを尋ねる」のがいいと思います。

夢は、魂の問いかけでもあります。夢の内容を日記につけて、観察してみたら少し把握しやすいと思います。私も、最近そうしてます。周りにも、そうしてもらってます。あと、周りの人の「教科書」は、捨てたほうがやりやすい時もあるのだと思うんです。今まで、ヒーラーを目指してからの考えをいったん置いて、自分に問いかけてみてください。「癒したい」と感じるものよりも、「興味」のほうが何よりも勝ると思うんです。興味がなければ、楽しめない。「癒したい」と思って癒せるものは、そう見えるだけに思えるんです。純粋な興味、それを感じてみてください。

これは余談になりますが、私はずっと「作家になりたい」と思って純文学ばっかり書いてたんです。だけど、チャネリングの時に「夢の管理人」という存在が私と友人Hに語りかけているときに、「あなたは純文学は書けない」といってきました。「あなたは、そこにおさまるものを書けない。あなたは壮大なものを書きなさい。ファンタジーといわれるような世界観のものだ。あなたが幼少期の頃好んでいたものだ。」とも、言われました。

私、ずっとゲームでもRPGが好きで、そういう冒険ものばかりしてたんです。兄がいたのもあって、男の子が好きな遊びが大好きでした。だから、ゲームとかマンガは自分にとって自然なものだったんです。中学校の頃、ファンタジーっぽい小説を1度だけ書いたことがあったんです。その内容が、あまりに構成がしっかりしてて今考えてもストーリもはっきり思い出せるものなんです。それに、たくさん本を読んでる今考えても、中学生があれを思いついて書くなんてありえない、そう感じるんです。友人Hにそのストーリーや構成について話して聞かせると、彼女も同じ反応で驚いていました。

年末年始に実家に帰ったとき、それを書いてあるノートを持って帰ろうと思います。その小説なんですが、どうも過去世のことを書いてあるみたいなんです。すごい、自分にとっても、周りの人にとっても、繋がりがあるみたいなんです。思春期に自分が何気なく思いついてした、今は忘れてる何かが、思い出すきっかけになることもあるかもしれないので、昔のことを考えてみてください。それでは、今日はこのへんで・・・。



~ 続く ~



174
今日から何回かに渡って、以前このブログで紹介したMOSSさん(=以後の呼称はMさん)と私のメールでのやり取りを通して起こった、“魂の織りなす壮大な物語”を紹介していきたいと思います。前回のチャクラ・リーディング以上に私の個人的な部分に触れることもあり、掲載する事に躊躇がなかったと言えば嘘になってしまいますが、それ以上に私がこのブログでシェアし多くの方に読んでいただくことの方が、私の魂にとって重要な意味があると感じたので勇気を持って掲載することにしました。個人的な部分に関しては一部割愛するかもしれませんが、出来る限り原文のまま掲載したいと思います。


彼女Mさんとは今年の1月13日に、彼女からメールをくれたことがきっかけで知り合い、その後何回かお会いしながら現在まで交流を続けてきました。

私とMさんとの出逢いは、以下の記事をご参照ください。


http://ameblo.jp/heavenward/entry-10012034132.html


実は、先週末12月10日に東京で彼女と会う約束になっていました。彼女にチャネリングをしてもらう約束になっていたのです。しかし、彼女のある事情(これには深い意味があったのですが、現時点では敢えて伏せておきます・・・)で都合が悪くなってしまいました。そのお詫びを兼ねて彼女Mさんから届いた一通のメールから、この壮大な魂の物語は始まります。



☆12月2日 ~Mさんから届いたメッセージ~


BONさんへ


12月10日なんですが、〇〇〇〇〇という理由でいけないんです。本当に、ごめんなさい~!

後、ガイドからのメッセージや神からのメッセージを、文面だけでさわりの部分だけでもお伝えしようとしているのですが、まだ伝えるなって言われてしまうんです。今はダメというだけで、もう少ししたらお伝えできるかもしれないので、もうちょっと様子みて待ってみます。本当に、今回はすみませんでした;;



チャネリングをしてもらえることを楽しみにしていた私が未練たっぷりに綴った・・・・・すごく残念です。何でメッセージを伝えたらダメなんでしょね?ダメな理由だけでも知りたいです。許可が出れば、すぐに教えてくださいね!気長に待っています。・・・・・というコメントを見た彼女から、翌日新しいメールが届きました。



☆12月3日 ~Mさんから届いたメッセージ~


BONさんへ


何度か書こうとしたんですけど、「今はタイミングじゃない」っていう感じで止められてしまうんですよね。ただ、今の段階でいえるのはそのメッセージがすごく明確なものだって事です。私が聞いただけでも、もうBONさんのこれからの道がどのように変化していくのかがわかるくらいのものです。

後、明確なこたえを与えられると同時に、BONさんがこれまで得たものの中で、これから必要ないと判断されるために手放す必要があるものがたくさんあるのもあります。その中で一番優先されるものは、思考とか、そういうものになるのでは?と思います。多分、明確な答えを受け取ることで,BONさんにはこれからどう進むかが,これまでよりもわかりやすくなると思うのですが「自分がしようとしていたこと」 に対して、執着してしまう可能性もある気がするのです。

今はっきりとお伝えできるのは、「BONさんはヒーラーである」 ことにかわりはないということです。ただ、その癒しという範囲を今まで自分の中で「想定していたものではない分野で行う」という方向性をメッセージで受けました。なぜ、これまでになかなか進むことができなかったとか、そういう事に対しても納得ができると思うんです。これは、私が聞いても納得できる内容でした。

今、メッセージを書いていたらチャネリングにちょっと切り替わりはじめたので、受けたメッセージを書いてみます。


あなたは答えを望んでいる。求めている。
だが、すべてを啓示するにはまだはやいのだ。
あなたは、これまでの事を思い返し、自分の中でまとめる必要がある。

あなたは、今 「目的」 を間違えている。
それは、あなたにとって恩恵を与えない。
財力、才能の開花、霊性や人間性の成長、それらを与えられる目的はまったく別のものだ。

あなたは、今自分がやろうとしていると 「思い込んでいる」 ものを変えることになる。

あなたはそれを聞いたときに、唖然とするだろう。
自分にそこまでのものができるのか?そう自問するだろう。そして、疑うだろう。

あなたは、自分が 「人を癒す」 のが目的だと思い込んでいる。
あなたが 「癒すべきもの」 は別のものである。あなたは、今世での目的を自分で定めた。

あなたの魂に、それは今もインプットされたままだ。

あなたは、あらゆる人と関わってきた。そして、感銘を受け、心を動かされてきた。
だが、問題はいつまでも解決しない。あなたは、今の環境にいては何も変化は望めない。

事実、これまであなたがしてきた旅の中で現実的に大きな変化となった触発はなかった。

あなたがもし、「それは違う」と反応を起こしたとしても、それこそが思い込みなのだ。
あなたは、そこで開花してはならない。あなたの持つ才能は、そこでは開花できない。

あなたが今付き合いのある人達をけなしているのではない。彼女たちはあなたとは違うのだ。

あなたが今後選び、進んでいく道は彼女たちとの関わりあいの中で生まれるものは

糧となりにくいものなのだ。

あなたの今しているチャネリングやリーディングは、あなたのガイドからのものではない。
あなたは、今まで気づきこそしなかったが、現実面で 「チャネリング」 に似た現象を体験している。

それは、あなたが一番現実視している 「仕事」 という場面において最も多く行われている。

あなたはそれを神聖なものとして感じていないし、違和感も感じていない。
だが、それこそがチャネリングに近いものなのだ。

あなたは、霊的な存在や、高次元の存在からの接触は

もっと別の感覚でするものなのだと取り違えている。
あなたは、あなたが尊敬している女性たちよりも優れた

「チャネリング能力」 を持っているのだと気づきなさい。
周りの人間を特別視するのはやめなさい。あなた自身に頼りなさい。

あなたは、これ以上自分の才能の開花を遅らせてはならない。
わたしがあなたになぜ、まだはっきりとしたメッセージを伝えないのか

あなたはわかっていない。
あなたはこれまで以上に 「スピリチュアルなものに関わって活動して精進しよう」
と考えている。
だが、それを休止しなさい。

あなたは、今そこにいてはますます遅らせるだけとなってしまう。
関わるのなら、ただそれを 「傍観」 するだけにしなさい。
それらについて語るのではなく、ただ、観察しなさい。

あなたは、自分のこの先がどうなるのかまだわかっていない。
あなたの人生はこれから先、急激に変化していく。
あなた自身を含め、あらゆるものが変わりはじめる。

あなたはまず、「自分は何でもできる」と、本当に自分を信じることが今できるか?
答えはYESだと、口では言うかもしれない。
だが、もし今の時点で私があなたにすべてを語ったならば

あなたはこれまで得た気づきや学びのすべてを投げ出し、不安や恐れにかられるだろう。

それらを克服するために、ある一定の期間「現実に専念しながら

これまで得たスピリチュアルな知識をもう一度復習しなさい。
自分がこれまで学んだものが、これから先本当に役立てられるように

浸透しているのか確認しなさい。
そして、自分が何を得たのか、何を変化させることができているのか、確認しなさい。
わかりやすいように、あなたがより分けしている2つの分野で書きなさい。
現実面と、スピリチュアルな面とで。

あなたがそれを行う前に伝えておこう。

あなたは、「スピリチュアルな分野で得たもの」が自分の人生を変え

恩恵を多く与えてきたと思っている。
もちろんそれを否定はしない、だがあなたは事実よりも大きくそれを捉えている。

それは、思い込みだ。

あなたは、「現実面で得たもの」の気づきや学びをもっと意識する必要がある。

あなたは、そこでどれほど素晴らしい学びや気づきをこれまで得てきたのかを理解していない。
意識していないからだ。
あなたがビジネスで習得した知識は、スピリチュアルなものよりも有効であり有益なものなのだ。

そして、あなたはいずれ副業をやめるようになる。
そのシステムよりも自分のやり方や、これから先に進むものの方がより

あらゆるものにとって有益であり、自分にも利潤をもたらすからだ。

あなたは、あなたがはじまりとなるものをつくりだすのだ。
誰の真似でもない、あなただけのものだ。
そして、それはあなたを豊かにもする。そして、あなたの霊性を高める。
それを進めるに当たって必要になるのは、M同様 「右脳と左脳」 のどちらもの開発であり

それらの可能性を無限大に発揮することなのだ。

もっと安心しなさい。自分にとってベストなやり方を自分で望むようにつくれるようになるから。

そうすることのできない人間がどれほどいるか、あなたはわかっているだろう?

そして今、自分もそうなのだと感じているだろう? それも思い込みだ。

あなたは、自分が今望んでいるものを紙に書き出す。
それを見て、あなたは「これがかなえることができたらすごい!」と感じる。
それを見て、私は肩を落とす。

「なぜ、いつまでもこの男は自分の才能に気づかないのだ?

どうして、そんなことを望んでいるのだ?

自分に何ができるのかを、この男が知らないのだ。

こんなに素晴らしい能力を秘めているのに気づかずに

自分が本当にしたいと望んでいないことばかりを望み続けるなんて、もったいない!」
私はこう言うだろう。

Mがあなたを過信しているのではない。
彼女もはじめは、あなたがいずれ「人を癒すのだろう」と思い込んでいた。

はじめは、「この人はヒーラーになるのだろう」と直感で感じた。
はじめの直感はあっているが、その後のものは適切ではない。

あなたはこれから素晴らしい才能を開花させ、めまぐるしい成長を遂げていく。

その中で、多くの恩恵を得る。
まず、そのことを信じなさい。信用ではなく、信頼だ。
そして、あなたの現実面での「自分」を見つめなさい。
難しいことではない。物事の本質を理解するのだ。

今、Mは本質を理解しはじめている。知識では彼女も「わかって」いた。

だが、今体験を通し吸収しながら、本当の理解を生んでいる。
そして、彼女も自分の生活がこれまでより変化しているのだと今気づきを得ている。

彼女の魂の傷は、癒されはじめ、魂の感覚と彼女自身の感覚を同化させはじめている。
あなたもいずれ、そうなるだろう。
だが、あなたのほうが彼女よりもハイペースになるだろう。
それが原因で、あなたが疲れることはない。むしろ、あなたはそれを喜びとして感じるだろう。

まずは、現状を把握しなさい。
すべての分野のものは自分と繋がっているものであり、自分を中心として

枝分かれしているものなのだと悟りなさい。
物事を区切るのはやめなさい。

今は、あなたにとってタイミングではないが、あなたがわたしが求める理解を得れば

わたしはあなたにすべてを伝えるだろう。
あなたが、これまで繰り返してきた輪廻転生について・・・

そして今世での目的について・・・
あなたがまだ完全に癒すことができていない痛みについて。

あなたは、現状を把握し、これまでの復習をする事が今の「課題」なのだ。
私はあなたをいつも見守っている。それを忘れないようにしなさい。



ここで、メッセージはストップしました。ちょっと読み返してみたんですけど、やっぱりさわりの部分がちょっとわかるくらいの内容だなと感じました。どうか、これから先が素晴らしいものになるということだけは信じてください。少なくとも、わたしはそう感じています。これまで得たものがリセットされるというわけではなく、「それよりも有益なものをこれから別分野で得ていく」のだと理解してください。

私は、BONさんに素晴らしい才能があると信じています。そして、それは本当にすごいもので、私の感覚や才能とはまったく別分野なのだとも思います。もしかしたら、今後私のほうがBONさんに相談することもあるのでは?と感じたりもしました。


BONさんが、すばらしい学びを得ることを祈ります



~ 続く ~


173


【 第7チャクラ 】


偶然はない、全ては必然ですよ・・・というチャクラです。


次の絵ですと言われて見えた絵は、BONさんがいて、女の人と男の人がBONさんの肩に手を置いているのが見えます。そして、BONは肩に触られながら嬉しそうに笑っています。誰かわかりますか?


★私(BON)・・・両親ですか?


そうです。あなたのお父様とお母様です。あなたのことを心から愛しています。本当に、ただあなたがどんな人間であろうとも・・・そういう風に見えるということですが・・・どんな風な感じで何をしていようとも愛しています。心から守りたい、そして幸せになって欲しいと祈っています。本当に、生まれてきてくれてありがとう・・・と彼らは言っていますよ。私たちも同じ気持ちです。


そして、この一年と少しの間、ものすごく頑張りましたね。頑張らないように頑張ったという言い方のほうがいいでしょうか。私たちは今、あなたを全身全霊で抱きしめています。感じてくださいね。愛しています。大好きです。どんな場合にでも、どんな瞬間にも、あなたを愛しています。そして、宇宙の大いなる存在の懐の中で、あなたは自分が帰る家を見つけるでしょう。それが何処にあるのかは秘密ですが、確実にあなたは家に帰るでしょう。あなたが求めてやまないのは、ただ100%の大好き、100%の愛かもしれませんね。私たちは心から100%、あなたを愛しています。


そして、次の絵ですよと言って・・・BONさんの家族が見えたんです。BONさんと、パートナーと、子供と・・・。三人が手をつないでいて、ものすごく楽しそうにしていたんです。どういうことですか?と聞いたら・・・とっても、とっても、とっても大きな魂と、あなたは今一緒にいます。とっても深い魂たちと一緒にいます。よかったですね・・・本当によかったですね・・・。彼らとは、何回も一緒に生まれ変わっています。お互いに、何度も何度も学び、遊んでいますよ。また一緒になってよかったですね。心から、あなたたちが大好きです。


173

【 スピリチュアル・ガイドからのメッセージ 】


BONさんへ・・・あなたへのメッセージです。

あなたは誰ですか? 今、心の中でご自分に尋ねてください。


★私(BON)・・・○○○○○○○○○○○(心の中で答える)


さて、あなたが誰であるかを思うことが、感じることが出来ましたか?私たちから、あなたはこういう人ですよ・・・と限定する訳にはまいりません。私たちが今日、お話申し上げたことも、全て三次元の中での、二元性の中での言葉を使い、またその比喩を使って申し上げたに過ぎません。敢えて言うのであれば、あなたは愛そのものです。


あなたは、ものすごくあったかい人です。間違ったことが嫌いで、とっても豊かで、本当に余裕を持った、寛容さを持った、遊び好きの、甘えたの、そしてしっかり者の子供です。真っ直ぐと見つめる目を持ち、美しい心、美しい言葉、美しいいろんな物事にすぐに感動する、涙が出るほど感動する真っ白な心を持った、とっても美しい心を持った人間です。


たくさんの宇宙の真実を、既に知っている多くの智恵を持っている古い魂です。でも、ただあなたは愛です。あなたが宇宙です。あなたの中にも答えはありますし、あなたの外にも答えはあります。自分らしくなるというのは、自分のありとあらゆる感情体、ありとあらゆる姿勢・態度、全てをベストを尽くしたと認め、ただどのような感情体であっても、許し、流し、ただ存在することに他ならないのかもしれません。


あなたを、本当に愛しています。頑張り屋さんのあなたが大好きです、頑張らないでおこう・・・と頑張っている姿が、私たちはとてもいとおしく、本当に一所懸命なんだなあって、ものすごく感じています。地球上の言葉で言うならば、泣けるほど感動し、尊敬し、嬉しくなりました。


まだ、自分ではいろいろなことがわからない、見えていない人たちや・・・つまり、まだ起きていないという意味ですが・・・目覚めていない、自分の本当の良さに気づいていない、そして迷ったり、苦しんだり、悩んだりしている人たちに、『大丈夫だよ、絶対大丈夫だよ』と言って、是非あなたの姿を見せてください。そして、『大丈夫だよ、あなたたちを支えたい、守りたいと思っている私がいるよ』 と伝えてください。それが何よりも、生きる励み・勇気となり、その人たちが自分の足で立ち、自分で自分のガイドと接触をし、自分で本当の本来の姿に戻る旅に出かけ、そして出かけていることに気づくという切欠になりますからね。


私たちは、悲しみも・苦しみも・喜びも、全てが愛だと知っていますが、ですが地球上を見ていると、いろんな所で、いろんな人が、いろんな悲しみから抜け出すのを、やっぱり心から嬉しく思います。体の病気・心の病気・魂の病気・・・つまりこれらは、ほんの少し、自分を忘れてしまったからなっているに過ぎないんです。全ては、自分の姿を思い出す旅かもしれません。あなたを本当に尊敬しています。すごく柔らかく、本当にフワフワとした柔らかいあなたが出てきていますね。ものすごく固くて強いあなたも大好きです。フワフワした柔らかいあなたも大好きです。そのまま行ってください。


どのような時も、毎日・毎日、自分がありとあらゆる面でよくなっている・・・つまり、故郷に帰るという進化を遂げている・・・ということを忘れずに、自分が手に入れたいもの・達成したいものは、どんな場合にでも、あきらめずにチャレンジし続けてください。必ずドアは開きます。開かないドアが目の前に出てきたときは開けないでいいんですが、どうしても開けたいというドア、それは必ず開きます。だからこそ、開くからこそ・・・つまり、あなたに開けて欲しいからこそ、あなたが開けたいと思うドアが目の前にやってきたということを、覚えておいてください。


あなたを心から尊敬しています。そして感謝しています。いつも、ありがとうございます。今日も、ありがとうございます。そして今、ありがとうございます。また、お話しましょうね。ただ、楽しく・明るく・何でもありだ~という気持ちで、そして大胆に、ゲーム感覚で生きてください。私たちも一緒にそうしますからね・・・・・終わりです!


これで全てのリーディング内容の掲載が完了しました。

長いメッセージをお読みいただき、ありがとうございました。

173

【 第5チャクラ 】


自己表現、自己実現、喉のチャクラです。

さて、あなたはこのチャクラはどんな感じがしますか?


★私(BON)・・・今、それに向かって突き進んでいっているという感じです。でもまだ全体像というか・・・これもさっき言われた未来を見すぎるという部分とつながるのかもしれませんが、行く方向は決まったが、行く先に何があるか見えないまま、我武者羅に進んでいっているので、たまに不安になって未来に行ったり戻ったりというのをやっているのかもしれません。何か上手く説明できないんですが・・・


いいえ、100%解りますよ。私たちは、あなたが何を求め、未だ今現在も何にあせっているのかをよく知っているからです。私たちは今日、このことを申し上げたいと思います。まず、第一番目にこれですよ、と言って・・・BONさんが何かを見ている姿が見えたんです。何を見ているのかとよ~く見ると、望遠鏡だったんです。BONさんは『何が見えるのかな~、どうなるのかな~』と言いながら望遠鏡で星を探すように空を眺めていたんです。その先にあるものをクローズアップして見たいという気持ちがものすごくあるのかもしれません。はっきり言います・・・何もありません。これが真実です。


★私(BON)・・・今この瞬間が先を創るから、先を見てもないってことですか?


その意味は言えません。でも、望遠鏡を覗いても何もありません。何かすごいことを成し遂げようと思うのであれば、私たちがこのチャクラまでに申し上げたことを、よ~く見つめることです。本当の意味でやることは何ですか?


★私(BON)・・・自分の問いかけて、今この瞬間に生きる・・・自分の中の答えを拠り所に進む


そうです。確かにあなたが思っている、感じている答えは当たっているんです。そして、あなたが、あなたの魂が言ったほうがいいでしょうか・・・生まれてきて、やりたいと思っていることは何なんでしょう?


★私(BON)・・・それがわかったら苦労しないんだよね~・・・


それがわからなくて、あなたは悩んでいるんです。それがわからなくて、あなたは望遠鏡を覗いていたんです。どんな自分になっているか知りたいんです。でも、今わかりますよ。力を抜いて、自分の魂に訊いてください。どんな答えでも構いません。あなたの中、これは中にアクセスするという気持ちでやっても無駄です。自分に訊いてください。魂とはあなたです。


さて、何のために生まれてきましたか?何をやろうとしているんですか?何をやりたいんですか?ただ、何をやりたいんですか?正しい答え・正しくない答えはありません。あなたは何て言っていますか?


★私(BON)・・・自分の中の愛を見つけ、人の中の愛を見つけ、それを世界に広げる


じゃあ、それだけです。自分の中の愛を見つけてますか?


★私(BON)・・・うん、探索しています。


それが、一番初めにやることです。そうすると、あっという間に周りは愛しかなくなるでしょう。本当なんです。ここがパラドックスなんです。では、何をやったらいいのか?何もやることはないんです。ただ呼吸をして、ただ、今・・・今・・・今・・・ベストの選択をし続けることです。自分にとって、本当にやりたい選択を、本当に言いたい言葉を言ったり・・・そうしていくと、あっという間に自分が愛だとわかります。


自分の中に、あなたは愛以外のものがあると思っています。でも、そんなものはないんです。愛とは何ですか?という質問でも同じなんです。それでもあなたは、より愛の方向へ地球を・・・と思っています。違うんです。私たちは前回も申し上げたかもしれませんが・・・もしかしたら、他の形で申し上げたかもしれません。救わなければならない・・・そういう事柄はなく、導かなければならない事柄もない・・・生命体もないんです。隣に咲いている薔薇を導こうとはしないでしょう。ただ、在るんです。あなたもただ、在るんです。


これには、深い仕組みが組み込まれているので、訳がわからなくなってします人が多いんです。つまり、こうでなければいけないという概念があるからこそ、理想化された自己に向かいます。あなたは、もうこれは違うということを思いましたね?


★私(BON)・・・はい、思いました


では、こうでなければならないという地球像があるからこそ、理想化された地球像に向かう・・・それを愛だと思っているんです。


★私(BON)・・・もう、今のままで完璧なんですよね


その通りです。では何故?もうやることは何もないじゃない?とあなたは呆れるかもしれませんが・・・そうではなく、次の絵を見てください!と言って・・・井戸が見えたんです。そこに小さい子供が落ちようとしているんですよ。その横にBONさんがいたんです。そしてBONさんは、その井戸が深いことを知っていたんです。するとBONさんは、子供に向かって『あぶない、覗いたらだめ~、だめだめ~』って叫んだんです。すると子供は吃驚して振り返りました。BONさんはほっとして胸を撫で下ろしました。


これが愛です。言わずにはいられないんです。落ちたら落ちた時なんです。でも子供が落ちそうなことを見た瞬間、言わずにはいられないんです。これが愛です。私たちはあなたです。あなたは私たちです。やらなければいけないことが何もないということは、今この瞬間・今この瞬間・ベストを尽くし、ただ単純にあなたのままで、ただ歩けばいいんです。


やりたいと思ったことは何でもやって、遊びたいと思ったことは何でも遊んで、得たいと思ったものは何でも得て、こんなことやったらだめかな?と思っても、本当にやりたいことであれば何でもやってみてください。経験です。何でもやることです。制限の枠を超えて何でもやったときに、あっという間に、あなたは自分を見つけ出すでしょう。


そして、本当にあなたが行きたい場所に、絶対的に導かれます。今までもそうですよ。とっても順調なんです。あなたはものすごく速い速度で進んでいます。開かないドアから入らないように・・・開いているドアから入ってください。開かないドアは時期ではないか、もしくは今のあなたには合っていない・・・ただそれだけです。他のドアの方があなたに合っています・・・ただそれだけです。


唯一、一点申し上げなければいけないことは、あなたが自分を低く見ないことです。誰かに、あなたの感情をコントロールさせてはなりません。つまり、誰かの一言で落ち込んだり、誰かの一言で喜んだり、そんなことをなさらなくて結構です・・・ただそれだけです。


173


【 第6チャクラ 】


6チャクラは、直感・エネルギー・目に見えない事柄を感知する能力、そして無条件の愛です。さて、あなたのここはどんな感じがしますか?今、あなたのこの部分を感じてみてください。


★私(BON)・・・最近は、直感をしっかりと使っているような気がします


そうですね。あなたは、とっても直感が冴えてきています。自分自身を信じだしている証でしょう。私たちは、あなたを愛しています。そして、愛さずにはいられないんです。ですから、私たちはあなたの周りにあるいろいろな生命体を通じて、つまりそれは、ある人であったり、ある動物であったり、ある昆虫であったり、それは生命体といっても生き物のようなものではなく、ある物事・事象であったり、本であったり、そのような物事を通じてあなたにメッセージを送り続けるのです。あなたはそれを自分の中で受け取り、ただ消化し、直感によってあなたの道を、あなたを発見する道を歩んでいるに過ぎません。


さて、あなたのある段階は終えています。あなたは次の段階に進んでいるでしょう。私たちはとっても嬉しく思っています。本当に拍手喝采です。さて、あなたは次の段階に進むにあたり、何かヒントが欲しいなと思うかもしれません。次の段階とは何だろう?と感じたかもしれません。それらは次の絵です、と言って・・・BONさんが出てきて、周りの人をひとりひとり、抱きしめているのが見えたんです。どういうことですか?と訊いたら・・・そうです、あなたはこの絵のように触れていくことです。生命体、そして他のもの何にでも触れて経験をしてください。


実は、見えていることは幻想です。幻想であっても現実です。今、あなたが手を洗っているとしましょう。それはあなたが、水というエネルギーに触れているに過ぎません。水というものが、もともと本当は天から降ってきて、いろいろな空中のものを含み、そしてある所に流れ落ち、それらがやがて浄水場へと行き、あるクリアリング処理をされ、その上で水道まで運ばれてきています。それらは、地球上でいう良い悪い両方のエネルギーを含んでいるんですが、そして本当は良い悪いはない訳ですが、そのいろんな色を含んだエナルギー体を、あなたが手を通して触れ合っているに過ぎません。あなたは手を洗うという行為を通じて、そのエネルギー体と触れ合っているのです。これがエネルギー交換です。


誰かを抱きしめたとき、そして誰かと話しているときも、あなたはその相手のエネルギー体に触れている訳です。このように物事を感じてみてください。ある本に書かれてある事柄は、本を書いた人の意識が入っています。ですが、その人ももしかしたらあるガイドがいて、ガイドが宇宙から地球に・・・つまり、こちら側の世界から地球上に伝えたいと思っている事柄を表したに過ぎないかもしれません。そして、その本人のエネルギーとガイドのエネルギー、それを編集する方のエネルギー全てが交じり合って、あなたが読むという行為を通して、あなた自身の色の交じったエネルギーと交換が行われるわけです。


そしてあなたにとって、素晴らしいと思う点が触発され、あなたの中のパッション・情熱が蘇り、そして自分が何処に向かっているのかがわかるという事柄が起こるわけです。全てがエネルギー体です。そういう風に意識してみてください。


そして次のヒントです、といって・・・BONさんが座っている、瞑想しているところが見えました。是非、これを続けてください。無理にとは申し上げませんが、瞑想はある一点の要素を含みます。自分を知るということです。本来の姿を知る旅です。人生そのものを知ることが出来るでしょう。自分の光に触れる・・・その行為が瞑想であり、そして本当は人生です。その中で次の三点がヒントです、と言って・・・瞑想しているBONさんが見えて、目の前の空中に三つの言葉が浮んでいます。


まず一つ目は『流れ』・・・流れとは、起こることは起こる、起こらないことは起こらない。行くところには行く、行かないところには行かない。ということです。流れに乗ってください。自分の意志を、宇宙の意志に合わせるというのはこういった意味です。力みすぎては流れに乗れません。そして、物質はとても大切ですが、執着をし過ぎては逆にそこに制限の枠をはめてしまうことになります。何でも自由に子供のようになってくださいというのには、流れに乗るという意味があるのです。流れに乗ったときにどうなるのか・・・それは、あなたの中にある宇宙の光を、より早く大きな光として体現することが可能になるでしょう。そして、宇宙の意志こそが、あなたの魂の青写真を持っている宝の倉庫だということを忘れないでください。


そして二つ目に浮んでいる文字はこれです・・・と言われたのですが、『意図』という文字が見えました。意図=インテンションですが、さて、あなたの意図を毎日設定してください。意識をすることです。つまり、これは練習に過ぎません。なぜなら、人間は無意識で全てを選択し続けています。例えば、殴られた場合、殴り返すと言う選択・・・これがひとつ。でも、ある人は殴り返さずに恐がるという選択。そして次に、逃げるという選択。そして次に、謝るという選択。そして次に、どうしてこの人は殴るんだろうとただ見つめるという選択。そして次に、この人は何故殴ったのかはわからないけれど、悲しいんだなと感じる選択。そして次に、この人は殴るという自分のやっている行為がわからないんだ、防衛をしていることに気づかないんだ、抱きしめよう、触れようという選択。


さて、今申し上げたこと意外に、未だ幾通りもの選択があります。でもこれは普通、無意識下で行われていますが、意識して本当は何を選択しているのかという、それは全て自分の選択であるということを少しばかり思ってみてください。殴った人が問題ではなく、その人を通じて宇宙がまたは私たちが一手を投じたという訳です。その駒に対してあなたがどのような一手を投じるか、これが選択です。意識して選択しだすと、意識して違う選択があるということがわかるでしょう。今までのパターンとは異なった選択が出来るということです。そして、意図を設定するという事柄は、意識してその方向に進みますよという選択を、自分のビジョンに基づいてやるといことです。つまり、青写真を先に置き、それに向かって人生の駒を進めますよという宣言をするということに他なりません。是非、やってみてください。~をしなければならないというのではなく、これをしたい!これをしよう!いうのが意図です。これが望みです!というのも意図です。


そして三つ目にこれです・・・と言って、BONさんの目の前の空中に浮んでいる文字を読むと、『私は誰?』と書いてあります。さて、これは以前にもあなたに申し上げた事柄ですが、このことを自分に訊き続けてください。『私はいったい何者だろうか?』『そしていったい誰なのだろうか?』『どんな個性を持っていて、そしてどんなことを知っていて、どんなことをやってみたいんだろう?地球上で、どんなことをやってみたくて、どんなことを経験したくて、どんなシェアをしたいんだろう?』『私って誰?』と訊いてみてください。


これら三点が、あなたへのヒントです。さて、あなたはものすごく、私たちとつながっていますよ。ご自分の直感に従って、自分が心に響くものは何でも経験してください。何でもです。いけないことということはありません。相手のことを考えすぎるが余り、躊躇をするということがよくあるでしょうが、でもいろんな時にあなたのままでいてください。あなたがやってみたい、経験したい、ということを何でもやってみてくださいね。これが私たちからの本当の意味での次のステップです。あなたを心から愛しています。


~ Vol.4 に続く ~


173

【 第3チャクラ 】


自信とか、自我とか、パーソナルな統合の部分です。

さて、あなたのここは、どんな感じですか?


★私(BON)・・・う~ん、ここも同じですね。すごく自信があるときと自信がないときと。相変わらず自我に振り回されるときと、客観的に観ている内面の自分がいたり・・・あ~でも、振り回されることはなくなりましたね、自我と言う部分に。ちゃんと自我を客観的に観ているもう一人の自分というものを、しっかりと認識しているのが今の状態です。ただ、自我は出てくる。


ものすご~く、自分をよく知っていますね。私たちはきっと、あなたがここは完璧な答えを言うであろうと思っていましたよ。そして、その通りでした。あなたは本当に賢いんです。分析も出来るんです。その良さをたくさん褒めてくださいね。頭人間ではないんです。私たちは、あなたの思考・マインドに関して何度となく申し上げたかもしれませんが、あなたの良さです。今からは、大いに考えていただいて、大いに分析していただいても結構ですよ。それはOKです。


さて、あなたに申し上げたいことは、今日は唯一このことです。あなたはブレなくなっています。自分を知っています。ですから、今日はこの一点です。自信もできました。100%完全なる自信を持っていますと、全然言わなくてもいいんです。でも、自信ができました。何故だかわかりますか?


★私(BON)・・・自分が観えたから


その通りです。それはこういう自分です・・・BONさんが立っているのが見えて、目の前に“いい加減”って書いてあったんですよ。その横に“弱い”“我が儘”って書いてあったんです。どういう意味ですか?って訊いたら・・・いい加減で、弱くて、我が儘で、こういう自分でもいいじゃないって適当に思い出したんです。直そう、一生懸命直そうと思っていたんですが、もういいんじゃない・・・って思い出したんです。それが、あなたの自信につながりました。


何故なら、こうでなければ愛されないという概念を、本当は無意識で持っているんです。みんな、そうなんです、こうでなければ愛されない・・・だからやるんです。でも、そうでなくても愛されるんです。子供やパートナーに学んでくださいということを、前回申し上げませんでしたか?


★私(BON)・・・言われました


それは、ここにつながっています。彼女たち、そして、本当にあなたの宝物は、とっても自由なんです。でも、愛されているんです。つまり、いい人だから愛す訳ではないということを体現しています。存在そのものが、本当にみんな光なんです。それをあなたが、もし万が一、人にそうだねと心から言いたいのであれば、あなたが体現するしかありません。


体現と言うのは、自分がいるだけで光だよ、ということを、いい人にならなくても光だよ、ということを言うしかないんです。じゃあ、悪いことをしている人はどうなるの?と言う人はいるでしょう。悪いことって何ですか?例えば、殺人とか、泥棒とか、そういうのはどうですか?というかもしれませんが、宇宙は愛しています。彼らにも意味があります。ただ、感情があまりにもコントロールできなかったり、過去のナーバスなトラウマ的な傷が疼きだして、唯一自分を保つためにやったに過ぎません。わかってないんです。自分のやっていることがわかってないんです。わからない人を、誰も怒れません。ただ、わかってないんです。


だからこそ、あなたが知識を求めるのも、あなたのハートの情熱を広める上では、とっても役に立っています。知ることは、とてもいいことです。そして、あなたに言いたいことは、そのままでいってくださいということです。そして次に、唯一あなたに言いたいということは、今申し上げたことではなく、今から申し上げることです。


BONさんが喧嘩しているのが見えたんです。相手を見たら、パートナーだったんですよ。喧嘩っていうよりも、言い合いという感じでしょうか。どういうことですか?と訊いたら、BONさんが諭してるんですよ、パートナーを。でも相手も負けてないんですよ。お互い、冷静なんですが、エネルギーはあきらかに喧嘩なんです。自分はこうだ・・でも、自分はこうだ・・・みたいな感じです。どちらも引かないんですよ。


さて、こういう事柄もありますよね?例えば、こういうことが起こったときに、私たちがやっていただきたいことは、そのときの自分の態度・言葉・仕草、一旦それを外から見て欲しいんです。自分の言っていることをよ~く見て欲しいんです。そして、本当にこれが言いたいのかと自分に聞くことです。本当にこの言葉をいいたいのかと聞いてください。本当にこの態度を取りたいのかと、その瞬間に聞くことです。あなたの意図、それが何処にあるのかを自分で確かめることです。


あなたはよく、本当に言いたいことがあるのに、もうひとつ手前をします。わかってよという気持ちで・・・。言葉は尽くすんです・・・どこまでも。これをわかって欲しいから、こうなんだ、ああなんだ。そこまでは勿論言います。でもその奥にある本当に言いたいことは何ですか?


優しくしてよとか、優しくしたいんだとか、仲良くしたいとか、甘えたいんだとか、甘えて欲しいとか、大好きだよとか、そんなことを言われたら、僕は傷つくよとか、本当はそういうことを言いたいのに、そうではないことを一生懸命言うときがあります。さも100%、そうであるかのように、あなたはよ~く言っていますよ。でも、これはひとつの例であって、いろんな場合においてあなたはやっていますよ。常に訊いてください。本当に今、これを言いたいのか?と自分に訊くことです。これが更に、あなたのパーソナルな自我、これが本来の本物のあなたになっていくのを助けるでしょう。これが私たちの申し上げたかったことです。


173

【 第4チャクラ 】


ハートのチャクラ・・・つながりたいと思ったら開いているチャクラです。

さて、このチャクラは、ハートはどんな感じですか?


★私(BON)・・・基本的にはフルオ-プンですね。ただ、好き嫌いはあります。なんで、嫌いなんだろう?と考えることがあるんですが、人によっては見えないし・・・。まあ、嫌いなら嫌いでいいか~て感じですね。嫌いな人に無理に近寄っていかなくてもいいし・・・というような達観した部分も自分の中にあるんですけどね。でも、大半の人にはフルオープン、特にスピリチュアル系で出会う人には、もう全開って感じです。


その通りですね。そのままで行ってください。本当にあなたは柔らかくなっていますよ。別に嫌いでいいんです。本当にそれでいいんです。本当ですよ。そのまま行ってください。そして、あなたのハートはどんどん広がっていっていますよ。自分でも感じるでしょう。なぜなら鏡です。あなたの周りにいる人たち、あなたが仲良くしていらっしゃる人たちを見てください。ものすご~くハートをオープンにしている人たちが多いでしょう。それは、あなたがしているからです。あなたが、愛を溢れさせだしているからです。とってもいい感じですよ。そのまま、何も言うことはありません。とても綺麗なハートです。


さて、あなたのハートです・・・見てみましょう。そうしたら、水晶のハートが見えてきました。その中が虹色に光っていたんですが、何かが動いていたんです。そして、ハートの中をよ~く見たら、不死鳥・・・火の鳥が見えたんです。そして、その火の鳥は水晶から出てきて、虹色の羽根を広げて飛んでいくんですよ。その姿は光っており、火にように見えたんです。どういう意味かわかりますか?


これはもちろん象徴です。あなたのハートです。あなたは一旦死にました。昔・・・ガーンと落ち込んで、ハートがボロボロになったんです。そして、死んだかに見えたんです。そして自分でも、生きているけれどもこの部分だけは開かない・・・という部分を持っていたんです。私たちは知っています。あなたも知っていますよね。


ですから、ものすごく素直なのに、ものすごく疑り深い部分もありましたよね?人って恐いよねって、思っていましたよね。でも、あなたはまた蘇りました。さらに大きくなって、火から蘇りました。ハートが蘇ったんです。大丈夫、別に平気!という気分を持ったまま蘇りました。これがあなたです。


そして、他の人が今、そのまま死んでしまったかのように見えている人がたくさんいますよ。その人たちがまた再び、あなたが今やっているように、同じように羽ばたくのを、そして火を持って羽ばたくのを、あなたはどうしてもやっていきたいと思っていますよね。何故なら、自分もそれで楽しくなってきたから・・・と思っているのかもしれません。


極端な例で言うならば、あなたが大嫌いな人たちはハートがズタボロです。何故あなたは嫌なのか?それは閉じているからです。そこにあなたは、昔の暗~い自分を見るのかも知れません。表面はにっこり笑っているんですが、暗い重いエネルギーなんです。そして、その人たちは人生に一所懸命なんですが、表面的には何も考えていないように見えたり、とても意地悪に見えるんです。


あなたはそんなことはなかったでしょう。どんなに辛くてもにこにこ笑っていたでしょう。でも、どれもこれもちょっと重いんです。あなたにとっては、それがどうもダメなんです。だからダメでいいんですが、今その人たちの水晶の中にいる鳥は焼けてしまって、そして息絶え絶えになっているのと同じだということを忘れないでください。そして別に、嫌だな~と思ってもいいんです。忘れないということが大切です。


そして本当に、もうある程度自分の姿を知っている人、つまりまた、明るくなっている人の中に、あなたが火を点けてあげたいなぁと思う人は誰もいませんよ。実は、その人たちは全然大丈夫だからです。本当の意味で、あなたが本当は抱きしめたい人は誰なのかを自分に訊くことです。そうしなければならないのでなく、ただそれだけです。


でも、あなたはものすごく大きなハートですね。私たちは、だれが何を言おうとも、誰がどんな風にあなたを否定しようとも、誰がどんな風にあなたをジャッジしようとも、あなたの凄さを知っています。あなたは本当に、最高の愛そのものであり、宇宙の智恵を携えて、わざわざ地球までやってくることを選んだ魂だということを知っているからです。大変な事柄がたくさん起きた・・・それも知っています。


でも、今から更にあなたの力を発揮してください。あなたはものすごく、ものすごく力がありますよ。本当にみんな力があるんですが、私たちが申し上げたいことは、あなたが光の伝え手であり、ヒーラーであり、そして、最高の愛の現れであるという事実です。誰がどんなことを言ったとしても、誰がどんな態度を取ったとしても、耳を傾けてはなりません。特別な人間だと思ってもなりません。ですが唯一、特別なパズルのピースのひとつであると自分で思う分には構わないでしょう。あなたは特別です、オリジナルという意味で特別です。


私たちは本当に、あなたの情熱・愛・本当の意味での真実を探求するその飽くなき情熱と真実を広げるという情熱、あったかい平等の優しさが大好きです。自分が出来なかったこと・・・それらを忘れることです。


~ Vol.3 に続く ~