ジージとの再会

テーマ:

67


最近、神との対話を読んだときに感動した内容を、より多くの人が理解できるよう親しみやすく書かれた素敵な書籍に出会いました。それが、今日ご紹介したい“おーじみなこ”さん著作の【ジージとの再会】です。 

 

今の社会に違和感を覚え、自分を愛すること・許すことが出来ないでいるたくさんの傷ついた人々に、是非とも想い出してもらいたい内容がここにはあります。私が心に響いた対話・・・おーじみなこさんに内在する創造主ジージと、彼女との対話の一部を抜粋して掲載させていただきますので、あなたの心で・魂で感じてみてください。

 

★ジージ

肉体に入る前は、私を感じることは簡単だ。けれど、三次元の肉体というところに入ってしまうと、私とひとつだったことを忘れる。けれど、ほんとうはみんな覚えているんだよ。身体の細胞や、魂の奥でちゃんと記憶している。

 

☆おーじ

でも、なぜそんなことをしたんですか。私はあなたをうらみたくなるくらいつらい思いをしました。あなたがそっとさえしておいてくれれば、私たちはこんなつらい思いはしないで済んだのです。なにかの本で読みました。

あなたがなぜ私たちを分けたか。それは宇宙に唯一自分しか存在しなかった。だからどうしてもその自分を見たかったために、体験したかったために、自分にそっくり似せて私たちを創ったと。でも、それってあなたの気まぐれじゃないですか。私たちがこの地球上で、どんな苦しみや悲しみ、痛みや、迷いの中で、生死を繰り返してきたか。たったあなたが自分を見たかっただけでですよ。

 

~中略~

 

★ジージ

私の愛しい者よ。お前は、誰かが書いた本、誰かが言った言葉で私がお前たちを創った理由を解釈したね。どうして私に直接聞いてくれないのだね。どうか、その小さな胸いっぱいになっている思いを、改めて私に投げかけ、お前たちを創った理由を聞いておくれ。

 

☆おーじ

あー、そうでした。私はあなたに直接聞いていませんでした。教えてください。今私の愛する友が、私以上に苦しんでいます。私はこの大切な友を救いたい。教えてください。なぜ私たちをお創りになったのですか?

 

★ジージ

愛したかったのだ。

  

☆おーじ

 ・・・・・・・・・・・

  

★ジージ

私は、私を愛したかったのだ。私は、愛そのものだった。だから愛することができなかった。だから愛する存在を創ったのだ。

  

☆おーじ

・・・・・・・・・・・

すいません。先にそのことを苦しんでいる友達に話してきます。とにかく彼女の苦しみをとってあげたいので。

  

★ジージ

行っておいで、話してあげなさい。

  

◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 

どうだったかい。私は全知全能。だからお前たちの会話もちゃんと聞けるけれど、お前の口から教えておくれ。

  

☆おーじ

ありがとうございます!!この私の胸の悦びが聞こえますか。彼女は救われました。生きることの苦しさの上に、肉体を離れても苦しみはつづくと思い、その苦しみから逃れるには、自分の魂すべてを消滅させるしかないと思っていたのです。でも自分が存在している理由が、あなたご自身を愛したいために私たちを創ったと聞いて、彼女は歓喜しました。希望の光を見つけました。まだ手放しにその苦しみの恐怖から脱したわけではありませんが、とにかく二人で泣きながら、生き抜こうと話しました。

 

★ジージ

私は自分自身を愛したいために、お前たちを創った。そして私が創ったお前たち同士が、こうやって愛し合う姿を見守ることも最高の悦びなんだよ。

お前が彼女を思う想い。お前が彼女のために流す涙。こちらに来て自分を眺めてごらん、どれほど美しく輝いていることか。その姿こそが私そのものだ。わかるかい。そして彼女もお前の愛を受け取り、そしてお前のことを大切な存在として愛しいと感じている。その姿もまた私そのものだ。

 

~中略~

 

お前たちはあえて制限の多いその三次元の肉体に入る決心をした。そして幾多の困難を克服し、自分たち自ら創造主である私と同じ能力を使い、その輝きを私に向けて発する。そしてその輝きで、ともに地球に生まれし魂の仲間の記憶を取り戻す。ひとつまたひとつと輝きが増すごとに、私は全宇宙を揺るがし歓喜する。そう、この瞬間、お前たちを深く深く愛している。そしてそれは、私が私を愛している瞬間でもあるのだ。

 

☆おーじ

愛されたかったのではなく、愛したかったのですね。

 

創造主ジージとの対話、如何でしたでしょうか?

興味を持たれた方は、是非読んでみてください。お薦めです!

この本を読んだとき、私は感動とともに、書かれてある対話のほとんどの内容を既に知っていたと感じました。懐かしいような嬉しいような、とても安らかな気持ちでした。もっと、その懐かしい感情に出会えるよう、私も自分の中にある創造主との対話にチャレンジしてみようと思います。既に自分の内なる神との対話を経験された方がいらっしゃれば、ぜひとも報告してください。

 

愛そのものである神は、自分が愛であることを経験するために、たくさんの魂を創られました。そして、自分と同じ創造する力を与えられた・・・その存在が私たち人間なのです。私たちが生まれてきたことには、とても素晴らしい意味があります。本当は、誰もが楽しい人生を選択することができるのです。それだけの力を持って生まれてきているのです。私たちに内在する宇宙の創造主である神は、私たちひとりひとりの存在を愛してくださっているのです。その神の部分を有する自分自身を、心から信じてあげてくださいね。

 

~私にこの書籍を紹介してくれたDⅠさんに感謝を込めて~

AD

61

先週末に東京であった、ライフスクールのオープンクラスに参加してきました。今回、オープンクラスに参加して、またまた新しい素敵な出逢いがありました。私が自分の進む道を決めてからというもの、何か見えない力が働いているとしか思えない状況になりつつあります。先日のチャクラ・リーディングでは、今の私に足らないものは、遊ぶこと(ゆとりを持つこと)だと言われました。今回の唯一の宿題は、自分が心から楽しいな~と思えることのできる時間をとるようにすることだそうです。あせらずに、楽しみながら、ゆっくりと自分の決めた“ヒーラーへの道”を進むようにしたいと思います。

ライフスクールでスピリチュアルな仲間に会えたからか、日曜日に行ったhanacannaのライブでパワーを貰ったからか、心に少しばかりの余裕ができ、忙しい中でもブログを書きたいという衝動が込み上げてきたので、久しぶりにブログを更新します。


人は誰もが、自分の中に神としての意識を有しています。そして、一人一人の中にある神の意識の部分でもって、全ての人が繋がっているのです。ですから、本当は『あなたも神であり、私も神』なのです。心を澄ますことによって、誰もが自分の中にある神(宇宙の創造主)と対話できるということは、“神との対話”を読んだとき、私が感じることの出来た最高の悟りでした。私が今までに抱いてきたほとんどの疑問が、この事実を受け容れた瞬間に氷解したのです。


地上にある宗教が、どちらの教義が正しいかでいがみあい、聖者(救世主・教祖)が生きた時代の人々を救うために語った神からのメッセージを伝えた言葉が、何百年・何千年も経つ現在にまで影響を及ぼしている現実。そうした宗教上の価値観の違いにより、多くの人々が殺しあう愚かな戦争にまで発展してしまう地球上にいる私にとっては、とても大きく価値のある気付きでした。誰もが自分の中に在る宇宙の創造主である“大いなる存在”と一体化することができるのです。その事実を、心から信じることが出来るかどうかだけで。私たちの魂が求めている真の答えが、本当は一人一人の心の中にあるのだということに。

AD