子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表・和久田ミカです。

三連休はいかがお過ごしですか?私は片頭痛で動けずです(T_T)

早く治れ~!と願いつつ、明日までキッザニアに行ってきます。

久しぶりに、起業ママに向けた記事ですよ。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

よく「子育ての仕事で、食べていくのはムリ」というお話を伺います。

ムリだとは思わないけど、たしかに 大変だなあとは思います。

「講座をしたいんだけど、いくらなら来てもらえる?」って聞くと、たいてい「500円」って言われます。

それだと、大赤字。まず、会場代が払えない。

先行投資した勉強代は 回収どころか、持ち出しとなります。


私の講座や個別相談は ある程度の金額をいただくことが多いです。

あるカウンセラーさんから「高すぎる」とご指摘いただいたこともありますが、コーチング業界の中では 安い方です。

フリーランス(自営業)のお金事情って特殊だから、いまいち ご理解いただけないのかもしれません。

会社とは、給与の形がちがうのです。

お勤めをしていた頃は、いろいろ引かれて、お振込される金額が手取りです。

でも、フリーランスは お振込された金額が手取りではありません。

そこから、税金・健康保険・年金・さまざまな経費(勉強代・交通費・サロン家賃などを含む)などが引かれます。


そして、一番違うのは ここ ↓。

お金をいただける仕事って ほんの一部だということ。

会社員なら、事務をしている時間も 営業に行っている時間も、企画を考えている時間も、お給料が出ます。

フリーランスは そういった仕事をしても、お給料は出ません。

地味~な仕事は、ほとんど無給です。


だから、無給で働いた分を補てんする必要があります。

つまり、お金をいただける仕事をしたときは、心持ち 多めにいただくということ。

パートの時給と同じ感覚で仕事をしていたら、困窮してしまいます。

これは、体験してみないと わからないかもねん。

私自身、2年ぐらい このからくりに気づかず、「なんで、働けど働けど 赤字なんだろう…」と 不思議に思っていました。

(フリーランスよりも、よっぽどパートの方が、お金をいただけます)

好きな仕事で起業したいなら、お金のことも 学ばないと…ですよ(*^_^*)

20
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります