子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:

こんにちは。子どものこころのコーチング協会代表の和久田ミカです。

 

インストラクター養成講座の募集を始めます。

 

今年度の会場は、東京と名古屋となります。

 

・東京・インストラクター養成講座

 

5/31、7/12、 9/13、11/15(全日程水曜)

 

*他に、4回のスカイプ勉強会

*2017年12月筆記試験

*2018年2月実技試験

*2018年4月認定
 

募集は5月23日ですが、定員になりしだいしめ切ります。

 

お申し込みはこちらです

 

 

・名古屋・インストラクター養成講座

 

休日開催の予定です。

9月に募集します。

 


 

子どものこころのコーチング協会のコンセプトは、

 

子どもを守りたいなら、まずママをサポートすること


ママをサポートできる場所を全国に!

 

ママたちへの働きかけを主にした活動をしています。

 

>>協会HPはこちら

 

 

インストラクター養成講座では、こころのコーチング講座(初級・中級)を自分で開催する資格が得られます。


既に全国で、何人ものインストラクターが講座を開催し、たくさんのママの支援をしています。

 

 


*3月の2周年記念パーティ

 


 

 

■初級講座は「子どものこころのコーチング講座」。
 

「子どもの話を聞く」「こどもに話を訊く」「自分の心の声を聴く」

 

…「聞く」ことにフォーカスを当て、子どものこころに安心感を育てる話の聞き方、叱り方、ほめ方を学んでいきます。

 

image

 

image


■中級講座は「家族のこころのコーチング講座」。


4つのコミュニケーションカラーを学び、自分と家族の違いを受け入れ
家族のコミュニケーションをよりよくするために必要なことを学びます。


*オーストラリアでの中級ミニ講座

 


■上級講座は「自分のこころのコーチング講座」。


自分の中のマイルール、ニーズ、心の地雷……自分の心の奥や根っこを探りながら「自分らしく」生きるヒントを見つけていきます。


 

 

インストラクター養成講座を受講し、認定試験に合格すると、以下の講座を開催できるようになります。

 

 

〇インストラクター


こころのコーチング講座「初級」「中級」のファシリテートを行うことができる人

 

 

 

 

インストラクターになるメリット

 

■社会貢献
 

子育てはりっぱなキャリアです。

 

毎日子育てをする中で悩んだこと、困ったこと…そのひとつが講座の中で活きてきます。

 

今、悩んでいるママたちには、そのあなたの体験が何よりのサポートとなり、宝物になります。

 

また、講座を開催することで、たくさんのママに感謝され、笑顔の循環が生まれます。

 

自分の経験が誰かの役に立つ、ということを心から実感できます。

 

 

■学び
 

学びを深める一番の方法は「人に伝えること」です。

 

伝えるためには自分がしっかり理解していなければなりません。

 

「伝えたい!」「教えたい!」その想いがあれば、楽しみながらどんどんスキルアップしていきます。

 

講座の内容も、他の人に伝えれば伝えるほど、自分にどんどん腑に落ちていき、自分が一番の実践者になれます。

 

そしてまたその経験をママたちに伝えて行くことができます。

 

 

■仲間
 

インストラクターは、長期間一緒に学ぶため、強い絆が生まれます。

 

お互いに子育てや悩みを共有しながら、切磋琢磨し、スキルアップを目指していきます。

 

ママになると、ママ友以外のつながりが持ちづらくなります。

 

ママ友は、仲良しでも距離の取り方に悩むこともあるかもしれません。

 

インストラクター講座で出会った仲間は、同じ目標に向かって進む時間を共有します。

 

きっと一生の友となることでしょう。

 

image
*2期生です

 

 

講座の主な内容

 

・会場での講座(4日間)


■1日目 インストラクターとは/コーチングの基礎(5/31)


・協会の理念や仕組み
・インストラクターとしての活動内容を理解する
・インストラクターとしてのあり方
・基礎的なコーチング技術を学ぶ

 

■2日目 自分を知る・相手を知る(7/12)

 

・コーチングの基礎的な知識を学ぶ

・自分自身の考え方の癖を知る

・自分となかよく・まわりの人ともなかよくする技術

 

■3日目 講座の流れ、講師としてのパフォーマンス練習(9/13)


・初級講座の進め方について、具体的に学び実践する
・講師としてのわかりやすいファシリテート(進行の仕方)
・受講者の学びにつながる、自分の体験談の上手な活かし方
・受講者との距離の取り方、意見の聞き方

 

 

■4日目 インストラクターのあり方、ブログ講座(11/15)

・インストラクターとしてのあり方

・ブログの作り方、告知記事の書き方

・これからの活動のフォローアップ
 

 

インストラクター養成講座をすべて受講された方は、認定試験を受けることができます。

(初級~上級講座が未受講の場合、正式な認定は受講後に行われます)


認定試験は筆記(12月末)と実技(2月)があります。


インストラクター養成講座は、初級・中級・上級講座と並行して受講していただいても大丈夫ですが、できれば 初級講座は事前に受講しておくことをおすすめします。

 

image
 

 

インストラクター特典

 

 

■継続的な勉強会(希望者のみ)


1、2ヵ月に一度、スカイプなどの無料通話で勉強会を行っています。

 

(無料通話zoomの導入も検討しています。いずれもパソコンやスマートフォンで参加できます)

 

内容は、初級~上級講座の基礎的な知識の確認や、活動に関するフォローアップなどです。

 

 

■すまいるママ塾

 

年に数回、協会の主催で、専門性のある講師を招いて勉強会をしています。

 

スタッフとして参加する中で イベント開催の方法を学べたり、インストラクター認定後は 参加費が割引になったりする特典があります。


ユーストリーム(動画)でネット配信をするときもあるので、遠方の方でも学ぶことができます。

 

 

■再受講割引

 

インストラクターの認定を受けた人は、代表の和久田の講座を無料で再受講することができます(テキスト代は有料)。


ぜひ何度も受講してくださいね。

(先輩インストラクターでも、割引価格で再受講を受け付けている方もいます。)

 

 

■活動についてフェイスブックグループでフォロー


フェイスブックのグループを通して質問ができます。

 

講座以外にも、スカイプの勉強会を通して、メンバーとの交流と活動へのアドバイスを行います。

 

 

■協会のホームページでプロフィールを紹介


インストラクターに合格後は、顔写真とともに、活動への想いや実績について紹介します。

 

 

■ホームページや協会メルマガなどで、講座を紹介
 

インストラクターが開催する講座を紹介し、サポートしていきます。

 

 


 

 

「子どもを守りたいなら、まずママをサポートすること」


「寺子屋のように身近な場所で、子育てについて話し、聞き、学び、想いを安心してシェアできる“ママの居場所”を作る」

 

そんなビジョンをもって、インストラクターは全国に活動を広げています

 

・東京・インストラクター養成講座


・日程

5/31、7/12、 9/13、11/15(水)10時半~16時半

 

*他に、4回のスカイプ勉強会

 ・聞き方について ・初級講座について ・活動について

 

*2017年12月筆記試験(自宅)

*2018年2月実技試験(東京)

*2018年4月認定(合格者は活動開始)

 

*欠席された場合は、お振替で対応いたします。

・場所

飛行機・新幹線ともに利便性がよい、品川近辺を予定しています

 

・参加費

25万円(231481円+消費税)

*内訳:受講料23.5万円+認定料1.5千円

*入金後は、返金に応じかねます。

 

・しめ切り

募集は5月23日までですが、定員になりしだいしめ切ります。

 

・お申し込み

こちらからお願いいたします

 

>>全国で活動中のインストラクター一覧はこちら

 

>>無料会員のお申し込みはこちら(メルマガが届きます)

 

>>お問い合わせはこちら

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(8)

テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。
 

札幌で、家族のこころのコーチング講座(中級)を開催します。

中級講座では、「コミュニケーションカラー」を通して、自分や家族を見ていきます。

 

昨年、Eテレでも紹介させていただきました。

私が6年かけてまとめあげたもので、とってもおもしろいんですよ!

家族だけでなく、職場の人間関係やや営業、カウンセリングの現場でも役に立つと好評です。

 

北海道には、次いつ行けるかわからないので、ぜひいらしてくださいね!



今回は、友達割があります。

 

お一人当たり、1,980円お得になっています。


>> お申し込みははこちらです

 

●場所:札幌駅近くの会議室

 

●日時

1日目: 7月16日(日) 10時~16時半

2日目: 8月6日(日)10時~16時半

 

●最低催行人数:15名以上

 

 

 

講座の様子は、こちらの動画をごらんくださいませ。

 




こころのコーチング講座は、初級~上級までありますが、大きなテーマは

・自己受容
・他者受容

です。

簡単に言うと「自分となかよく まわりの人ともなかよく」。


それぞれのステージによるテーマは、

・初級「子ども」
・中級「家族」
・上級「自分」

となります。

スタッフともども「子どもを守りたいなら、まずは ママを支えること」という言葉を胸に、活動を広げています。


中級講座では、4つのカラーを通して、自分と、生まれ育った家族、現在の家族について見ていきます。

家族と向き合いながら、自分とも向き合っていく方法についてお伝えしています。

 

 

4つのカラーってなに?

 


「4つのカラー」は、人が持っているキャラクターを表しています。

赤(パーフェクトタイプ )は、しっかりもので完璧主義

黄(チアフルタイプ )…ムードメーカー楽しさ抜群

青(スペシャリストタイプ)…状況分析が得意で論理的

4 ピンク(スマイリータイプ )…気づかいがあり、人の和を重視


昔の戦隊ものを思い出すと、イメージしやすいと思います。

この4つのタイプは、アニメや小説を見ていると 必ず出てきます。

基本的なキャラクターです。



そして、だれしも4つの資質を持ち合わせていますが、講座では主に、ファーストカラーとセカンドカラーを見ていきます。

 

講義は少な目。たくさんのワークを通して、話したり、聞いたりします。

頭じゃなくて、体で実感しに来てくださいね。

 

 

自分を知り、まわりの人を理解する



まず、1日目は 自分を知ることがテーマです。

ちなみに私は「青」の気質が強いです。

学者タイプなので、職人気質で 自分の世界を極めていくのが好きです。

だからちょっとがんこで、ゆうづうのきかないところもあります。


この4つのカラーを知るまでは、そんな自分の性格があまり好きではありませんでした。

変わりたい、変えたい、そればかりを考えていました。


でもね。

カラーを知ることで、自分と同じようなタイプの人が たくさんいることを知りました。


話をしてみると、「わかる~!」「私も~!」の連続。

そうやって、お互いにシェアをしていくうちに 

「別にいいじゃない。このままでも」

そう思えるようになりました。


さらに、資料を通して 客観的に自分の特性を知ることで、自分を受け入れられるようになりました。

「わたしはわたしでいい」

そう思えるようになったら、とても楽になりました。



↑上は、講座で使う 4つのカラーのイラストです。

左から、赤・青・黄・ピンク。

それぞれ 雰囲気がちがうのが 伝わってくるでしょうか?


カラーを通して まわりの人を知ると、

・何に心がときめくか

・どんなときに心が閉じてしまうか

・他のタイプと接するとき感じること

などが、見事にちがうことがわかります。


「自分が常識でスタンダード」だと思っていると、お互いにズレが出てきてしまうのです。

相手を「非常識だ!」と思うこともあるかもしれません。

相手のカラーを理解し、その人に合った接し方をする必要があるのですね。

中級講座では、ちがうタイプにどう接するのかについても お互いに考えていきます。





 

 

自分を知り、家族とのかかわりを考える

 


2日目は、「家族」という枠で カラーを見ていきます。

あなたの生まれ育った家族。現在の家族。

それぞれのカラーは何でしょう?


家族は さまざまなカラーの人が、密に暮らしている場所です。

そこから見えてくるものは何でしょう?

きっと、家族同士がどう向き合い、接したらよいのかを知る ヒントが見つかると思います。



毎回、参加者同士で コミュニケーションを取っていただいたり、私が突っ込んだりしながら進めていくのですが、抱腹絶倒で 笑いが絶えません。

「え~~~~~!?」

と驚きにも、ため息にもつかない 叫びが聞こえてくるのが常です。

あなたも、中級講座に参加して、目からうろこを落としてみませんか?(*^_^*)

お子さんのほめ方や叱り方、やる気の出させ方についても ワークで紐解いていきますよ。

 

 

性格も人間関係も変えられる!



余談ですが、カラーは固定的なものではありません。

私は、小さいころから青の気質が強く、黄の気質が弱いと感じていましたが、最近は ずいぶん、「黄」の気質が出てきました。

講師業をするにあたって、黄の人たちを観察したり、黄の人たちの価値観を取り入れたりしたからです。

ここ数年でずいぶん印象が変わったのではないかな、と感じています。


自分の性格って ある程度変えられるんです。

変える、というよりは、枠を広げる、という感じでしょうか。

隠れていたカラーを、表に出すのです。


そのためには、自分以外のカラーの人の意見を聞くこと。

そうすると、さまざまなとらえ方、考え方があるのに気づきます。

世界が広がるのです。


そして、この講座の目的は、カラーを決めつけること、ではありません。

自分を知り、受け入れ、生かしていくこと

自分の枠を広げ、さらに可能性を広げること

自分を知り、周りの人を知ることで、さらに いい人間関係を築くこと



いろんな角度から、自分と周りの人を見ていきます。

お互いを知り、お互いを受け入れていけたら、世の中だって変わる、と私は信じています。

image

 

お申し込みについて

●場所 札幌駅近くの会議室

 

●日時

1日目: 7月16日(日) 10時~16時半

2日目: 8月6日(日)10時~16時半

 

●最低催行人数:15名以上


●受講料 39,980円(32,018円+税・テキスト代5,000円 税込)

 

●友達割 2人で 79,960円 →76,000円

 (70648円+税・テキスト5,000円 税込)

 *お一人当たり 1,980円引き

*再受講 15,000円(8,888円+税・テキスト代5,000円 税込)

 

>>お申し込みはこちら



*携帯電話のメールアドレスを記入される場合には、

・パソコンからのメールを受信OK
・info@kodomokokoro.jp の受信設定

をお願いいたします。

*お申込みをしていただいた直後に、自動返信の確認メールが届きます。

この確認メールが届かない場合は、

・入力されたメールアドレスが間違っている
・パソコンからのメールや info@kodomokokoro.jp からのメールを 受信できていない

 

可能性があります。

ご確認のうえ再度お申込みいただくか、info@kodomokokoro.jp (事務局)までご連絡ください。

 


*このセミナーにはキャンセル規定があります。

 

2週間前まではキャンセル料はかかりません。
2週間前~1週間前・・・50%
1週間前~3日前・・・80%
3日前~当日・・・100%

返金の際の振込手数料はご負担ください。


*お休みされた場合は、・お友達に権利を譲ることができます。

 

・お振り替えをすることもできます。(和久田が行う中級講座にて)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(4)

テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

中学校に進学した娘ですが、吹奏楽部に入るようです。

 

「コンクールでいつも入賞しているし、ちゃんと先生が楽器を吹いて教えてくれるの!」

 

まだ仮入部ですが、いろんな楽器を吹かせてもらって楽しそう。

 

 

小学校での部活は、楽器の吹き方を友達同士で教え合い、

 

パートの入れ替えも リーダー的な子が決める、

 

という感じだったので、新鮮だったようです。

 

 

練習が厳しいと聞いているので、親としては ちょっと心配ですが、

 

「がんばってね!」

 

と伝えました。

 

©Simple Man

 

そんな娘の、小学校時代の部活の話。


6年生のとき、学校から帰ってきた娘が、わんわん泣きました。

「(吹奏楽で)下の学年の子に 演奏の仕方を教えていたら、同じパートの子が 上のパートに上がったの。

 私の方が、うまく演奏できるはずなのに。」


自分より下だと思っていた子が、むずかしいパートに移ったことに納得がいかない、

後輩に教えている間に 自分の存在が 見逃されたのではないか、

と 考えているようでした。

 

先生に言っても 取り合ってくれない、と 涙が止まりません。


親としては、いろいろ言いたいことがあったのだけど、

全部 横に置いて、話を聞きました。



「そっか~、それはくやしかったね」

「一生懸命、練習してきたものね」

「高い音も出るようになったんだものね」

そうやって、今までの努力をねぎらいました。



5分ぐらい、うえーんうえーんと泣いて、娘は 何事もなかったかのように泣きやみ、

「おやつは?」

と食べ始めました。



人は、わかってくれる人がいて、吐き出せる場所があって、感情を味わえると すっきりします。

もちろん、くやしい気持ちは ゼロにはなっていないでしょう。

でも、だいぶ軽くはなったようです。

がんばれ、ママは いつもみっちゃんの味方だよ~!



たぶん、「聞く」ことを学んでいなかったら、アドバイスをしたり、話を途中でさえぎったりしたことと思います。

「もう一回、先生に言ってみなよ~」

「後輩に教えるのが上手だから、今のパートにいてほしかったんじゃない?」

「こんなふうに考えてみたらどうかしら?」

そんなふうに。



一見、ポジティブな言葉に聞こえますが、根っこにあるのは、

「娘が、悲しむ姿を見たくないから、早く泣き止んでほしい」

という、私の不安。


この場を、なんとか解決してあげないといけない、

 

と どこかで思っているから。

子どもは未熟な存在だから、親が導かないといけない

 

と 感じているから。

本当は、子ども自身にも 気持ちと折り合いをつける力があるのですけどねん。



私は、

「こうしたほうがいいよ」とか

「そんなふうに考えない方がいいよ」とか

「そういうときは、ああすべき」とか

そんな助言は、少ない方がいいと考えています。

協会のインストラクターにも、講座ではなるべく助言しないで、とお願いしています。)



アドバイスをしてはいけない、わけではないですよ。

 

求められたなら、提案として話してみるのはいいですよね。


もし、求められてもいないのに どうしても アドバイスしないと 不安になってしまうときは、

少なくとも、子どもが 全部 話をし、感情を感じ切ったあとに話すこと。



子どもが失敗する姿を見たくない、

もっといい方法を教えてあげてあげたい、

そんな親心から、いてもたってもいられないときもあるよね。



でも、忘れちゃいけないのは、

そのアドバイスを選択するかどうかは、子ども自身が決めるということ。

子どもに選択権を渡さずに アドバイスすることを、脅迫と言います。


脅迫は、子どもの思考力をうばいます。




でね。

それは、このブログに関しても同じことが言えます。


いろいろ書き散らかしてますが、選択権はあなたにある、という前提に書いています。

私が書いていることは、「正解」ではなく、あくまでも「私が感じていること」にすぎません。


それを、採択するかどうかは、自分で決めてください。



選択権を放棄して さまざまなコラムを読むのは、とても危険です。

心がふりまわされます。

正しさなんて、ただの好みだからねん。


自分がどうするのかは、自分で決めよう。

いつも中心に、自分自身をおいておこう。

「私はどうしたいかな」

「私は何を感じているのだろう」

と考える癖をつけるだけでも、人の意見に振り回されにくくなります。



また、読んでいて「それはちがう!」と思ったときは、自分と対話しよう。

「わかってほしい」と思っている自分に気づこう。


私に文句つけても、

「あなたはそう思うんだねー。ふーん。」

で終わってしまうので、のれんに腕押しに終わります。

(心の中では、ちょっともやもや~んとしてますけど。)



昔は、いちいち反論していた時期もあるのだけどね、ほぼ不毛だった。

「正しさ」と「正しさ」がぶつかると、戦いになります。

戦争だって、テロだって、原理は同じだもんね。

 

「どっちが正しいか」の争い。


アドバイスも、反論も、根っこは同じです。

相手が求めていないときに投げかけるとと、ぶつかって、

「どっちが正しいか」「どっちが上か」

という話になっていきます。

本当はただ、「そうだね」ってわかってもらいたいだけなのに。



コミュニケーションは、お互い平和で安心できるものがいいなあ。

聞く、にしても、助言する、にしても。

ね(*'ω'*)

 


 

では、今日は 税理士さんと打ち合わせがあるので、東京に行ってきます♡

 

それと。札幌での中級講座の早割は今日までです。

 

●<早割>札幌・家族のこころのコーチング講座(中級)

 

札幌は次にいつ行けるかわからないから、ぜひいらしてね!

 

 

【現在募集中の講座】

 

●<早割>札幌・家族のこころのコーチング講座(中級)

 

●子どものこころのコーチング協会・インストラクター養成講座

 

 

【今後の予定について】

 

●初級…茨城・東京

 

●中級…神戸、札幌・広島

 

●上級…博多、東京

 

*予定は今後半年ぐらいまでのものです

*変更される場合があります

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(9)