子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★

NEW !
テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

すっかりご無沙汰になってしまいました。

 

やっと いろんなことが 一段落したので、ブログに向かうことができます。

 

 

昨日は、自宅近くの事務所で 自分のこころのコーチング講座(上級)でした。

 

インストラクター0期生が送ってくださった、ミカちゃん人形とウエルカムボードで お迎えしました。

 

 

引っ越した事務所は6階なのですが、目の前に遮るものがないので とても眺めがいいです。

自宅が一軒家なので、なおさら 開放感があります。

 

家から近いこともあり、事務所に行きやすくなって 快適。

 

空を流れる雲を見ながら、のんびり仕事をするのも、気持ちがいい!

 

まだ 家具がそろっていないので、これからそろえていくのも 楽しみです。

 

 

 

さてさて。

 

今日は、人間関係の大切さについて、です。

 

 

私は、「誰と付き合うか」を とても 重視します。

 

自分が自分らしくいられて、ラクな気持ちでいられることが 第一条件です。

 

肩書とか、お金とか、そういったもので 友達を選ぶことはありません。

 

 

特に、気を付けているのは 私のエネルギーを奪う人と付き合わないということです。

 

人によって いろんな基準があると思いますが、私は いっしょにいて 体が重くなる人は ムリかなあ。

 

なんか エネルギーを吸い取られる感じがして、疲れる。

 

 

疲れちゃうと、家庭でイライラするし、それが 思春期の子どもにも伝わって、子どももトゲトゲしたり。

 

付き合う人によって、時間の流れや 過ごし方まで変わってくると感じています。

 

 

エネルギーを吸い取る人には、いろんなタイプがいます。

 

私が 今まで 吸い取られがちだったのは、「困っている人」です。

 

 

困っている人に共通するのは、「自分を見てほしい」という思い。

 

教えたがりの私に、

 

「教えてください」

「困ってるんです」

 

と 切々と悩みを 書き連ねてきたりします。

 

 

ときには、

 

「お金がないので、無料でお願いします。

 

 本当は、話を聞いてもらって、こちらが お金をもらいたいぐらいです。」

 

なんて メールが来たことも(ずいぶん昔ですが…)。

 

 

こんなつらい思いをしたんだから、

 

「♪俺の話を 聞けぇぇぇぇぇ~(こっちが金をもらいたいぐらいだ)」

 

と 思っている人が、少なからずいることに 衝撃を受けたりもしました。

 

 

最初は そういった人たちにも 親切にお返事したんです。

 

励ましたり、共感したり、アドバイスしたり…。

 

 

でも、途中で わかったのは、

 

「彼女たちは、別に 問題を解決したいとは思っていない」

 

ということです。

 

ただ 共感してほしいだけ、ただ 自分の苦労を認めてほしいだけ。

 

そして、問題を解決しないことで、ずっと かまってもらえることが 目的なんだなあ…と。

 


ただ、残念なことに 本人たちは 自分の中に

 

「私の存在を見てほしい。かまってほしいい」

 

という欲求があることに 気づいていないことが 多いのです。

 

 

おそらく、ですが

 

「こんなに かわいそうな私なのだから…」

 

「こんなに 困ってるんだから…」

 

「だってお金ないし…」

 

「私なりには 頑張ってるし!!!」

 

「まだまだ足りない!もっと、もっと!!」

 

と、本気で思っておられるように見えました。

 

 

でも、こちらは のれんに腕押し気分で いっぱいになります。

 

アドバイスしても「でも~」「それは~」「むり~」と そんな返事ばかり。

 

「がんばります!!」というものの 言葉だけの人も…。

 

うーん・・・(;´・ω・)。

 

 

その辺で、方向転換をしました。

 

ボランティアをやめて、仕事にすることにしました。

 

お友達であっても、講座を受けてくださった方であっても、ご相談を受けるにあたって お金をいただくことにしました。

 

(↑初期の活動では、ボランティアで講座をしたり、相談を受けたりしてたんです)

 

 

守銭奴と言われてもいい、そんな人だと思わなかったといわれてもいい、

 

本気で自分を変えたい人たちとだけ 付き合いたいと思うようになりました。


解決する気がない人の相談に乗ることほど、不毛なことはありません。

 

 

アドバイスも なるべく やめました。

 

これね、親切のつもりだったけど ちがってた。

 

「助言してあげてるんだから、言うことを聞けー!」

 

だったかも。

 

私の中の傲慢さにも気づきました。

 

 

私の中の「お金への罪悪感」にも 気づきました。

 

「ママをサポートする人が お金儲けをするなんて…」

 

と どこかで 思っていたんです。

 

 

自分が犠牲になって、かわいそうな人を 救うんだ!!!!ぐらいの勢いでした。

 

正義の味方だから、「助けてくれ」と いう人が現れて 当然ですよね。

 

ええ…、困っている人たちを 私が引き寄せてたんです(ーー;)

 

 

そうやって、

 

・対等に付き合える関係

 

・私が ラクに自分らしくいられる関係、

 

を模索していった結果、とても 今はラクチンです。

 

友人であっても、クライアント様さんであっても、受講生であっても。

 

 

私は 少し距離を取って 付き合うぐらいが、心地いいみたい。

 

密な関係、共有しあえる間柄が 快適な人もいるので、味気なく感じる人もいるかもしれませんが・・・。

 

 

誰と付き合うのか、は 人生において ものすごーく大切なこと。

 

人間関係は、自分がハンドルを持つ。

 

エネルギーを吸い取られるなら、その関係を断つだけでなく、自分自身を見つめなおす。

 

自分が甘い蜜を振りまいておいて、寄ってきた蝶に「来ないでよ!」っていうのも 変な話ですからねん。

 

 

あなたのまわりには、どんな人がいますか?

 

その関係は エネルギーがチャージされるものでしょうか?吸い取られるものでしょうか?

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

もっと幸せになりたい、そう思うとき、

 

・すてきなことを 引き寄せよう!

 

・もっと すてきな自分になろう!

 

そんなふうに思うかもしれません。

 

でも、あなたが「何を見るか」だけでも 人生は大きく変わるのです。

 

 

ご存知の方も多いかと思いますが、私のコーチから紹介いただいた動画をご紹介します。

 

次の動画を見て、

 

「白い服を着ているチームが、何回ボールをパスするのか」

 

を数えてください。

 

巻き戻してはいけませんYO!

 

30秒ぐらいしたら画面が停止しますので、そこで 動画を一時停止してください。

 

 

数えてみましたか?

 

画面に、「正解は13回」という表示が出たので、パスの回数はわかりましたね(*^-^*)

 

 

でも、このテストには 本当は ちがう問いが隠れています。

 

それは、

 

「あなたは、ムーンウォークをする熊を見ましたか?」

 

です。

 

見つけられたでしょうか?

 

 

着ぐるみがいるのは わかったけど、ムーンウォークには気付かなかった、なんてこともありそうです。

 

動画を最後まで見ると、もう一度 スローで見ることができます。

 

確かに、熊がムーンウォークしながら 入ってきていますね。

 

 

 

私たちの目には、さまざまなものが映ります。

 

でも、脳は その中で「見たいもの」だけを 選別していきます。

 

 

私が妊娠したときは、やたらと 妊婦が目につきました。

 

比較的子どもが多い地域とはいえ、高齢化社会。

 

そんなに いるはずはないのに。

 

車がほしいときには、興味のある車種を 見かけることが多くなりました。

 

新しく売り出された車なので、そんなに走っているわけがないのに。

 

こういった現象は、「思考」でも 同じ事が言えます。

 


こんなテストがあります。

 

「『わたし』を主語にして、『わたしは〇〇です』という文を10個書いてください。」

 

あんまり 考えずに、直感的に書くことが 大事なのですが、

 

自分の好きなもの・嫌いなもの・性格・行動などなど、「わたし」について 書いていきます。

 

「わたし」から浮かぶ言葉や場面を、箇条書きにしていくのです。

 

どんな「わたしのイメージ」が 浮かび上がってきましたか?

 

 

ある人は 自分の好きなものをたくさん書いています。

 

ある人は やりたいこと、行きたいところなど、未来のことを書いています。

 

ある人は、失敗したこと、うまくいかなかった思いなど、過去のことを書いています。

 

ある人は 自分の欠点やいやなところを 書き連ねています。

 

何を書いたから「よい」「悪い」ではなく、ただ眺めていくと、傾向が見えてきます。

 

「自分と」どう付き合っているのか、その片鱗が見えますね(*´ω`*)

 

 

あなたは あなたと どう付き合っていきたいですか?

 

あなたは あなたに対して、どんな 言葉をかけていきたいですか?

 

あなたは あなたの どんな部分に、目を向けていきたいですか?

 

 

あなたが 自分の中の どの部分に目を向けるのかは、選ぶことができます。

 

「ああ、なんて自分はダメな人間なんだ」

 

というところに 焦点を当てて生きていくのか、

 

「私は 直したいところもあるけれど、すてきなところも たくさんある」

 

と 思って生きていくのかで、人生が変わってきます。

 

「自分をどう思うか」によって、まわりの人が あなたをどう思うか、も変わってくるのです。

 

 

心に目には、本当は すてきなところも 映っているはず。

 

それを 見ようとしないのは、自分自身。

 

 

「わたしには すてきなところなんて、ない!!!」

 

もしそう思う人がいたなら、

 

「わたしには すてきなところが たくさんある、と 思おうとすると、心の中で何が起こるのか」

 

に目を向けていくといいかもしれません。

 

 

あなたの中に 裁判官のような存在がいて、すてきなところを 探させないようにしているかもしれないから。

 

「もっとがんばらないと”すてき”じゃない」

 

「もっと上のレベルでないと”すてき”とは言えない」

 

「もっと人に認めてもらわないと、”すてき”なんて言ってはいけない」

 

そんなふうに、私たちの心の目に すてきなところが映らないようにするのです。

 

 

もったいないね。

 

ああー、もったいない。

 

 

「私、すてきなところ たくさんあるんです!」

 

って言ったって、誰も なーんも 文句言わないのにねん。

 

文句を言ってるのは、あなたの中の 裁判官なのに。

 

 

わたしたちは、「今ここにいるわたし」と 一生付き合っていきます。

 

だったらさ、気持ちよく 付き合っていきたいよね。

 

自分のことをほめるのが苦手だったら それでもいい。

 

せめて 自分の悪口を言わないようにするだけでもいい。

 

 

思うんだけどさ。

 

自分の悪口ばっかり言ってる人は、覚悟ができてないんだよ、きっと。

 

自分と生きていく、という覚悟ができてない。

 

腹をくくって、「こんな自分」と 最後まで添いとげよう。

 

こんな自分だけど、いいところ、いっぱいあるよ。

 

人の脳は、「見たいように見、聞きたいように聞く」ようにできているのですから。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(11)

テーマ:
こんにちは。和久田ミカです。

11月5~6日に、自分のこころのコーチング講座(上級)が開催されます。

今年の上級講座は、こちらで最後となります。

初級~中級を受講していなくても、大丈夫です。

来年は 少し値上げする予定ですので、ぜひこの機会にご参加くださいませ。


優先案内を希望される方は、こちらからお願いいたします。

優先案内で定員数を超えてしまったので、10名ほど増席いたしました。

【東京】自分のこころのコーチング講座 優先案内

9月はじめに、一般募集よりも前に ご連絡差し上げますね。








自分のこころのコーチング講座(上級)は、ハードなワークを まったく行わないのですが、なぜか

「気持ち悪い…」

「涙が止まらない」

という方が、毎回、何人もおられます。

いつもとはちがう感覚を使うからでしょうか。

image


上級講座のテーマは「自分自身」です。

一番身近な存在である、自分自身。

うまくつきあっていくためにはどうしたらいいのでしょう?

さまざまな視点から考えていきます。


自分自身を知るために必要なもの


顏に汚れがついていたとします。

その汚れに気づくためには、どうしたらいいでしょう?

鏡を見るか、ひとに教えてもらうか、この2つが多いと思います。


自分の性格や心の癖も同じです。

自分を知るために、自分で自分を見ようとしても無理なのです。

自分ひとりだけでは、自分を外から見るのはむずかしい。

鏡を持ってくるか、客観的にどんな状態なのかを教えてくれる人が必要です。


では、「心を映す鏡」や「教えてくれる人」はどこにいるのでしょうか?



生きづらさを感じたら



最近、よく「生きづらさ」という言葉聞かれます。

うまく人間関係が作れない

なぜ、こんなに怒りを感じるのだろう。

なぜ、こんなにうまくいかないのだろう。

なぜ、私はこんなにダメなのだろう。

そうやって、自分を卑下して、責めてしまう。


また、そこまでではないけれども、

大きな悩みはない

仕事も家庭もある

でも、何か欠乏感やうまくいっていない感じがある。


「何か足りない」そう思いながら生きているとき、

「こんな自分は本当の自分ではない」

そう思っているときが多くあります。



そんなとき、

もっとがんばらなくちゃ
もっと我慢しなくちゃ
もっと人より秀でなくちゃ


私が悪い
あの人が悪い
社会が悪い

そうやって、誰かを痛めつけても、心に空いた穴は小さくなりません。



自分の心は誰も傷つけられない。傷つけるのは自分。


「なぜ私の周りの人は、私の心の地雷を踏むのだろう」

といらだち、心が傷つくことはありませんか?


その地雷は、実は自分が埋めたものです。

しかも、踏まれているのではなく、"自分で"踏んでいるのです。


心の地雷、というのは、

●劣等感
●罪悪感
●おそれ
●義務感
といったものです。

まわりの人の言葉や態度に反応して、自爆します。



でも、地雷を埋めた場所、地雷を埋めたわけを知ることができたら、踏まなくてすみますよね?

地雷の撤去も進んでいくことでしょう。

ちょっと抽象的ですが、地雷を扱う方法を知ること。

それも「自分とうまく付き合っていくための方法」のひとつです。



地雷の場所を教えてくれる鏡は


「心の地雷」

その場所を教えてくれる鏡は、実はまわりの人です。


特に、

●何かイライラする人
●もやもやする人
●苦手な人

そんな人が鏡になって教えてくれます。


イライラする、もやもやする、

その心のゆれ自体、地雷が反応している証拠だからです。

上級講座では、「他人を通して自分を見る」ワークをたくさんしていきます。

「苦手な人」は、どんな鏡になって、あなたの地雷を教えてくれるでしょう?





上級講座の内容


上級講座では、

●感情と体

●心の欲求とエネルギー

●思考の中の裁判官とマイルール

●思考のアンテナ

を柱として、自分を理解していきます。

きっと「自分らしく生きる」ためのヒントが見つかることと思います。


自分らしさを掘り出すためには、足し算ではなく引き算が必要です。

子どものときから握りしめていたものを、手放し、いらない殻を脱ぎ捨てましょう。

つるんとしたゆで卵みたいなあなたが出てきますように。


出てきた自分は、「完璧な自分」ではありません。

不完全でも大丈夫、という安心感を得た自分です。

本当の強さとは、どんな自分にも価値がある、と思えることです。



上級講座に関するQ&A



●上級講座だけの参加はできますか?

はい。できます。どうぞ、いらっしゃってください。


●この講座に出れば、私は変われますか?

この講座の目的は「変わること」というよりは、「戻ること」。

本来の自分に返る、ということなのです。

今はもういらなくなったものを、感謝をこめて脱ぎ捨てていきます。


●人生や仕事がうまくいくようになりたいのですが...

うまくいかない、と感じている要因は何でしょう?

どんな状態であれば「うまくいっている」と感じているでしょう。

この講座では、もともと持っている資質(おっちょこちょい、せっかちなど)は直すことができません。

しかし、おっちょこちょいでも、せっかちでも、幸せに生きる視点をお届けします。

「うまくいく」についてのとらえ方も変わるかもしれません。


●劣等感が強く、自信が持てません。もっと強くなれますか?

強くならなくても、自信がなくても、自分を卑下しなくなります。

ひょっとしたら今は「自信を持たないこと」で、何か”得るもの”がある状態なのかもしれません。

「私ダメなんです」と言っていた方がラクな気持ちがしませんか?

その辺も講座で見ていきましょうね。


●2回の講座で、効果が出るのでしょうか?

効果が出る、ともいえるし、効果が出ない、とも言えます。

まず、どのくらいのところに目標を立てるか、です。

気づくステップ、わかるステップ、できるステップ、学びにはさまざまな段階があると思います。

今、どの段階にあるのかを知ることからはじめましょう。

そして、学んだことを続けていくこと。

何十年もかかって培ってきた考え方の癖は、そのときは取れたように感じても、揺り戻しが来たりします。

わかったように感じても、いざとなったらできなかったりします。

私自身もそうでしたが、それがふつうです。

学んだことを続けていくことが、必要になっていくことでしょう。


● きっといい講座のはずです!でも、その後が怖いのです。ただの満足で終わってしまいそうで...。

講座での学びをちゃんと役立てなくちゃ!!と思うのですね。

「楽しんでみてみよう」の方がいいかもしれません。

「役立てなくちゃいけない」という思いの裏には、

「 私なんかが、お金を使ってはいけない」

「役に立つ人間でなければ、価値がない」

などの、なんらかの思いが、映し出されているかもしれませんね。

楽しもうとすると、自分の中で何が起きるでしょう?

その辺も感じてみるといいかもしれません。






●日時
●11月5日(土)10時~16時
●11月6日(日)10時~16時

●場所
フクラシア品川クリスタルスクエア

●受講料:49,800円(46,111円+税・テキスト代込)

 再受講:20,000円(テキスト代込み)

●定員:50名


*携帯電話のメールアドレスの場合、事前に以下の2つの設定をお願いいたします。

・パソコンからのメールを受信できるように

・staff_office@heart-strings.jpからのメールを受信できるように


*お申込みをしていただいた直後に、自動返信の確認メールが届きます。

この確認メールが届かない場合は、

・入力されたメールアドレスが間違っている

・パソコンからのメールや staff_office@heart-strings.jpからのメールを 受信できていない

ということになります。

お手数ですが、ちがうメールアドレスで登録いただけると助かります。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)