子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★

NEW !
テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

新米コーチだったころに、たーまに言われたこと。

 

それは、 「ミカさんのフィードバックに傷つきました」 というクレームです。

 

 

私の言葉選びが悪かったんだろうか、と悩み、当時のコーチに相談するも、

 

「気にしない。無視!」

 

と言われるだけで、対処法がわからず。

 

なんで「気にしないで無視」なのか、その意図もわからず…。

 

 

クライアントさんのご意見を無視するのもねえ…(T_T)。

 

どうしてよいかわからず、謝罪していましたが、 再発防止に気をつけたくても、「傷つけなくてすむ方法」がわからず、困っていました。

 

image

 

今は、同じことを言われたら「私は、超能力者じゃないよ~」と思います。

 

「あなたの言葉に傷ついた」

 

という言葉の裏には、

 

「私が傷つくのは、あなたの責任」

 

「私の期待にそって、言葉を選んで!」

 

「私を不愉快にさせるべきではない」

 

といった思いがあるのでしょう。

 

自分の感情は「誰かの影響で動かされている」と考えているのですね、

 

 

でも、自分の心は、自分しか傷つけられないんだよね。

 

同じことを言われても、傷つく人もいれば、傷つかない人もいるのが その証拠。  

 

 

たとえば、 「すごいね!」 ってほめたら、

 

「ありがとう!」って喜ぶ人もいれば、

 

「こんなの全然すごくないし…。バカにしてるの?」と不機嫌になる人もいれば、

 

「えー…、そんなことないです」と 恥ずかしがる人もいます。

 

「言葉」そのものじゃないのです。 その「言葉」をどう受け取ったかで、感情は変わってきます。

 

 

また、「心が傷ついたと感じる」ということは、心の地雷が反応した、ということ。

 

もちろん地雷を埋めたのは、過去の自分です。

 

たとえば、 

 

・(他の人を)喜ばせろ!

・一生懸命やれ!

・完全であれ!

・強くあれ!

・急げ!

 

こういった価値観が強すぎるときも 地雷になりますね。

 

(上に挙げた5つは、交流分析という心理学の用語で「ドライバー」と言います)

 

 

たとえば、「他の人を喜ばせろ!」という地雷を持っている人は、いつも人の顔色をうかがっています。

 

不機嫌な人がいると、ドキドキして 機嫌を取ろうとします。

 

不機嫌な人は何も要求していないのに、「勝手に」ドキドキして、機嫌を取ってしまうのですね。

 

他人に気づかいがない人にも敏感です。

 

「空気を読もうよ!周りの人のことも考えようよ!」と、イライラします。

 

 

そんな感じで、自分が自動的にに反応してしまうのが

 

「周りの人が私の地雷を踏む」

 

という状態です。

 

周りの人に「踏まないで!」というより、地雷を撤去したほうが早いですよね。

 

 

で、最初の話に戻りますが・・・ 「あなたの言葉に傷ついた」 と言われても、困るよね。

 

そんなところに地雷が埋まってるって、知らんもん。

 

セッションも経験を重ねていくと、地雷の場所も 見えてきたりしますが、完全に よけるのはムリというもの。

 

 

(あ、クライアントの皆さま。

 

今は、そのクレームから、さらにセッションで深めていけるようにもなってきたので、どうぞ 遠慮なくクレームをおっしゃってね!

 

クレーム大歓迎!!)

 

 

当時は

 

「気分を害した」

 

というクレームをどうとらえたらよいかわからなくて 困ったけど、少しずつ

 

「クライアントさんが 私をどう思うか」

 

に振り回されなくなっていきました。

 

「クライアントさんが 何を感じているか」

 

に焦点が当たるようになってきたように思います。

 

 

どんな体験も、自分の糧となりますね。

 

私に関わってくださった方々、すべてに感謝ですなぁ(*^_^*)

 

 

【追記】

 

傷ついた思いを伝えてはいけない、ということではありません。

 

「あなたのせいで傷ついた」

 

と伝えるのではなく、

 

「私は、○○という言葉を聞いて、△△だと感じた」

 

と伝えればいいのです。

 

お互いに 感じたことを率直に伝える、ということは とても大切なことだと感じています。

 

 

●募集中

 

●茨城・自分のこころのコーチング講座(上級)

 →キャンセル待ち

 

●11/5~6【東京】自分のこころのコーチング講座(上級)

 →優先案内

 

●横浜・子どものこころのコーチング講座(初級)3回講座(満席)

 

いいね!(168)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

昨日は、横浜で「子どものこころのコーチング講座(初級)」の第1回目でした。

 

インストラクターのみなさんも、たくさんお手伝いに来てくださり、ありがとうございました。

 

 

大好きな、がっちゃん(土居一江さん)も来てくださいました。

 

わーい、ハグハグ!!!!

 

著書のあとがきにも、名前を掲載させていただいてます。

 

こんなご著書もありますよ。私も持ってます。

 

小説仕立てで、読みやすいですよ。

 

 

 

さてさて。みなさま。

 

「子育て楽しんでますか?」

 

 

私は、よく

 

「子育てを楽しもう!!」

なんて キャッチコピーを見るたび、ケッ(-""-)て思いました。

楽しめない私が悪いんかいっ!って 悪態をつきたくなりました。


「後から振り返ったら、今が一番かわいい時期よ。」

って言われるたびに、笑顔で

「そうですよね~」

って言いながら、

「私は今を生きてるんじゃ~。”今”大変なんじゃー!」

と思ったり。

 

 

誤解を恐れずに言うならば、娘が小さいときに、

 

「子育て、楽しい~~~~!」

 

と思うことは、少なかったです。

 

必死だった記憶ばかり。

 

 

教師時代は 子どもとの関わりが、すごく楽しかったのに、いざ 自分の子育てとなったら

 

「♪こんな~はずじゃ~なかったよね~」

 

って俊ちゃんの歌が頭に流れるほど、想像とまったくちがっていました。

 

 

子どもはかわいい。

 

すっごくかわいい。

 

でも、幼稚園に入るぐらいまでは、つらかったなあ。

 

つらくて、つらくて、毎日 実家に行ってた。

 

 

24時間休みなしの家事・育児から 離れるために、

 

「買い物してくるから、30分(子どもを)見てて」

 

ってお願いして、その30分間が 私の息抜きでした。

 

  

子育ては、

●人に頼れるか

 

●まわりのサポートを受けられる環境か

●自分の時間を持てるか

●完璧にできない自分を許せるか

 

●子どもの要求に全部応えなくていいと思えるか

 

その辺で だいぶ 大変さの度合いが変わるように感じます。

 

 

当時は、全部 自分で抱えてこんで、がんばって、がんばって、ボロボロ。

 

がんばっても、こんなに我慢してても、誰も評価してくれないことに、イライラ。

 

ラクをしたらいけない!犠牲になってなんぼ!と、自分を監視する自分に ヘトヘト。

 

 

そんな中で、ひとつひとつ 自分の課題を見つけていき、自分と向き合ってきました。

 

子どもとともに、自分も育ててきたような感覚があります。

 

 

で、今はとても楽ちん。

 

自分との関係が楽になったこともありますが、娘が成長したことも大きいかな。

思春期に入り、腹が立つことも多くなりましたが、娘の屁理屈に ムカムカしながらも、相変わらずかわいいです。


明けない夜はない。

あの頃は、明けないような気がしてたけど。

子育ては がんばらなくてい。楽しめなかったら、楽しめなくていい。

お子さんが小さいみなさま、ふんばろう~。あとすこし!!

 

 

それと。

 

娘がお母さんになるころには、さらに子育てがしやすい社会になっているといいな。

 

お母さんが一人で頑張るんじゃなくて、みんなで子どもを育てられるような社会になっていたらいいなあ。

 

当協会の「こころのコーチング講座」も、娘が大きくなったころには、全国に広がって、たくさんのママに 参加いただけていますように。

 

さて、お仕事がんばろう。

 

 

●募集中

 

●茨城・自分のこころのコーチング講座(上級)

 →キャンセル待ち

 

●11/5~6【東京】自分のこころのコーチング講座(上級)

 →優先案内

 

●横浜・子どものこころのコーチング講座(初級)3回講座(満席)

 

いいね!(194)  |  コメント(6)  |  リブログ(2)

テーマ:

こんにちは。和久田ミカです。

 

アメブロに「リブログ」という紹介機能が付いたので、さっそく使ってみようと思います「和久田ミカさんの本を読んでから少しずつ気をつけてる、

 

子どもの話を聞くこと、受け止めること、子どもの存在をまるごと認めること。

 
今までのことを振り返ると、私ってしゃべりすぎてたなぁー…って感じたショック


人が何か言うと『何か反応してうまいこと返さなきゃ!』みたいな気持ちがあって、

 

子どもに対しても『何かいいこと教えないと!何か為になること教えないと!』

 

と思って、色々話しすぎてたね。

 

うちの場合特に次男の反応が変わってきた」

 

ありがとうございます!

 

次男君の成長ぶりは、tomoさんのブログをご覧になってね(*^-^*)

 

 

わーかーる~~~~~!私もそうだったから。

 

私は、大人に対して。

 

相談されたときなども、気が利いた事を言わなくちゃいけないと 思って、話も上の空。

 

「それは ○○した方がいいよ!」

 

と 速攻で 返事してましたたもん。

 

 

コーチングを学び始めたときも、絶句しました(T_T)

 

相手の話を途中で切って 話し出す癖があることに 気づき、

 

沈黙に耐えられず、待てない癖があることに気づき、

 

相手の人が 期待していることを 言わなくちゃ!と 考えすぎていることに 気づき…。

 

 

だから、子育てをしながら 少しずつ、少しずつ、聞く技術を習得してきた感じです。

 

おかげで、以前よりも 相手の話をゆったり聞けるようになったし、コミュニケーションが苦痛でなくなりました。

 

TOMOさん、ありがとう!

 

 

子どものコミュニケーションについては、こちらの教材もおすすめですドキドキ

 

○世界一の「大好きだよ!」を伝える10か月プログラム

 

一日おきにメールが届きます。

 

もちろん、こちらの本もおすすめです(*^-^*)

 

 

 

●募集中

 

●茨城・自分のこころのコーチング講座(上級)

 →キャンセル待ち

 

●11/5~6【東京】自分のこころのコーチング講座(上級)

 →優先案内

 

●横浜・子どものこころのコーチング講座(初級)3回講座(満席)

 

 

 

 

 

 

いいね!(148)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)