子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
ゆるっと☆にこママコミュ代表・和久田ミカです。

昨晩「世界で一番受けたい授業」をました。

体罰なし、週2日の全体練習でサッカー日本一に導いた高校教師が紹介されていました。

子どもの失敗も含め、あたたかく見守り、子ども自身を信頼している様子が伝わってきました。

こんな先生が もっともっと増えたらいいな、そう感じずにはいられません。

$子育ては「聞く」が9割でうまくいく

私は、教師の頃、怒らない先生でした(新米の頃をのぞく汗)。

怒るときは、本当に 年に数回。怒るときは、半分 演技で、険しい顔をしました。

(やんちゃな子で、怒っても大丈夫なタイプの子は、呼び出して1対1で怒ったりもしましたが…。)

怒らなくても、子どもって ちゃんとわかってくれるし、自分で動きます。

怒らない方が、信頼関係や 子どもの自主性は 段違いに伸びます。


私の子育て講座では「聞く」「承認する」「伝える」「質問する」などのスキルをお伝えしています。

それは「怒る」以外の選択肢を 増やす、という意味もあります。

「怒る」以外の方法を たくさん持っていると、対処がしやすくなるのです。

コミュニケーションの幅を広げることは、とても大事だと感じています。


今、読んでみて「私はやっぱりダメなママなんだ」と思った人いるかな~?

だとしたら、それは 「私はダメ」って落ち込む癖があるんですね。

私は、ママの価値については 話していないですよん。完璧なママになる必要はないじゃん。

怒らないに越したことはないのねん、という 話をしています。そこんとこ よろしく~(^_^)

写真素材 PIXTA
(c) tearoad写真素材 PIXTA


さて、子どものタイプには「怒っても大丈夫な子」と「怒るとよくない子」がいます。

いじけてしまう子。

すねてしまう子。

わざわざ怒られるために 悪いことを繰り返す子


この3つのタイプは、経験上 怒らない方がいいように感じます。

全部、見て見て光線ビームだからねん。自分を見てほしいというあらわれ。

「もっと見て!」「認めて!」「受け入れて!」という思いを満たしてあげた方が、改善しやすいです。

怒る、怒らないについては「子どもをよく見て、その子に合った方法を探すこと」それにつきます。


でね、余談だけど、近所のママたちと話してると、厳しい先生の方が 人気があるのねん。

怒ってくれる。競争させてくれる。甘い顔を見せない。そんな先生。

確かに、私が教師の頃も たまに言われたなあ。

「先生、怒ってください。怒ってくれないから、うちの子が宿題をしません」

本当にそう?ほんとーに 怒ったら宿題するの?怒らないと宿題しないの?

そんなことを 思いましたですよ。

怒ることについて書いたら、まだまだ 語っちゃいそうだけど、長くなるので この辺でおしまい☆

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります