子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
傷つきやすい人がいます。いろんなタイプがいますが、

・あの人のせいで 私は嫌な思いをした、という攻撃タイプ

・あの人が 私を否定した、という すねてるタイプ

・あの人が~なのは 私が悪い、という 自分を責めるタイプ


他にもあるかもしれませんが、共通するのは、「あの人」が とても 大事ということ。

あの人に どう思われるのかが、気になって しまうんですね。

あの人が ほめようが、けなそうが、否定しようが、認めようが 自分は自分。

あの人が 存在しようが、しまいが、自分の価値も 性格も 顔かたちも 何も 変わらないのですが。


話は変わりますが、私は コーチングのとき、どのクライアントさんにも 同じように接します。

でも、受け取り方は ひとそれぞれなんですね。

どういうことかというと…

なぜ、ミカさんは 認めてくれないんだろう、と 感じているなら、認めてほしいという思いが 心にあるということ。

なぜ、ミカさんは 共感してくれないんだろう、と 感じているなら、思いを分かち合ってほしいという思いが あること。

つまり、クライアントさんのココロの中でおこっている事柄は、私うんぬん ではないということ。

私の言葉や声などが クライアントさんのココロの何かと 反応している化学反応なのねん。

コーチングを受ける、ということは 自分のそういった思いと向き合うこと。

「認めてほしい、という気持ちがあるんだなあ」

「わかってほしい、という気持ちがあるんだなあ」

と コーチではなく 自分に 矢印を向けていきます。

なぜあの人は、私を認めてくれないのだろう」と「私は 認めてほしいと思っているんだな

この2つは 全然 ちがいますよねドキドキ

自分と向き合うことのひとつは、ココロの矢印の向け方だと 私は思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります