子育ては「聞く」が9割でうまくいく

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒント★


テーマ:
今日は、東海村の福祉協議会主催の 講座でした。

テーマは、「タイプ分け(コミュニケーションタイプ)」。

タイプ分けの参考記事は、http://www.web-labo.jp/other/typecheck.htmlが わかりやすいかな~。

4つのコミュニケーション別タイプに分けて、見てみるというもの。

実際に 4つのグループになってもらったんだけど、観察していると おもしろい~ビックリマーク

見ただけで、コミュニケーションタイプが 違うのが わかります。
丸プロモーター

・声が大きく、にぎやか。よく 笑う。
・反応が早い。
・どんどん 話が広がる
・「私」の話が好き

丸サポーター

・みんな にこにこしている
・おだやか
・「みんな」のことを 考えて 話している

丸アナライザー

・真剣に話している
・言葉が むずかしい
・「客観性」のある話が 多い

コントローラーはいなかったので、私が 代弁しました。

他に「こんなふうに 接してほしい」「こんな風にほめられたい・叱られたい」についても 話し合いました。

この辺は 種明かしになってしまうので、土曜日コースの方のために ふせておきますね★

目から ウロコですよビックリマーク


感想として一番多かったのが、「夫を理解できた!!」という お話。

特にコントローラーの夫を持つ方から、腑に落ちたという感想をいただきました。

そうなんですよね、なんで この一言が 相手を不機嫌にさせているのか わからない…。

どんな言葉で 相手のモチベーションが上がるのか わからない…。

こうやって 自分を知り、相手を知ることで やっと わかります。


前回の優位感覚も 今回のタイプ分けも 人を理解する、分かり合うために とてもいい ツールだと思います。

優位感覚も タイプ分けも、ふつーに学んだら ○万円ぐらいかかります。

(うちの夫が 会社の研修で、わざわざ 東京まで行って 同じようなことを学んだそうです。

目玉が飛び出るような金額でしたよ~。ドル東海村の皆さま、すごい ラッキーですドキドキ

この講座の難点は、ある程度 受講者がいないと 開けないこと。

受けてみたい人がいれば やりますよ。お声かけくださいね★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「聞く子育て」で子どもの心を育てる・和久田ミカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント