第3137回「日本におけるナルシズムについて その6」

高度成長期とナルシズム

この影響は、次に登場してくる全共闘世代にも大きく影響しました。彼らはかつての軍国主義、大日本帝国主義への嫌悪や反発を叩き込まれて育ち、日米安保条約に反対し、六十年安保闘争、七十年安保闘争の中心的存在になっていきます。安保反対の背景には「原爆許すまじ」、「水爆実験反対」などの平和主義の声が高まっていたこと、および安保改正は、改憲・再軍備につながるのではないかという危惧がありました(半藤、2009)。しかし、六十年安保のデモが終了した直後の週刊文春の見出しは、「デモは終わった、さあ就職だ」(半藤、2009)であり、七十年安保の五年後には、荒井由美(現:松任谷由美)さん作詞の「いちご白書をもう一度」がヒットしました。この曲の二番は、次のような詩です。

僕は無精ヒゲと 髪を伸ばして
学生集会へも 時々出かけた
就職が決まって 髪を切って来た時
もう若くないさと 君に言い訳したね

君も見るだろうか 「いちご白書」を
二人だけのメモリー どこかでもう一度
二人だけのメモリー どこかでもう一度
詩:荒井由美

「いちご白書をもう一度」がヒットしたころ予備校生だった私は、「えっ?就職しちゃうの?」と驚きましたし、少々当惑したものです。

侵略的で無謀な戦争をしてしまったという日本人としての恥の感覚の中で育った当時の全共闘世代の人達は、安保闘争をはじめとする学生運動によるエネルギーの発散によって、新たなアイデンティティを確立しようとしたのかもしれません。彼らは軍国主義と言う日本の悪しき過去のイメージを、水爆実験を行いベトナム戦争に突入していったアメリカに投影し、それを攻撃することにより過去に対する恥の感覚を払拭しようとしたのではないかと思います。戦前戦中の人びとを、まったく異人種かのようにとらえ、自分達自身のことを、彼らのような愚は犯さない人間と規定しようとしていたのです。

しかし、それはかりそめの解決に過ぎません。人は、黒白の二分論で理解することはできません。だれの中にも、黒の部分と白の部分があります。変容内在化し、次の成長段階に進み新たなアイデンティティを獲得するためには、過去の価値観や世界観を徹底的に見つめ挑戦すること(直面化)が必要です。すなわち、自分自身をごまかさずに、自分の中のネガティブな部分を含め、ありのまま見つめるプロセスが必要です。単に、環境が欲求する価値観に服従するだけでは、過去を乗り越える成長は起きません。そこにあるのは、一時的なかりそめの自己満足だけです。このようなかりそめの自己満足は、代用満足と呼ばれます。

こうして、脆弱なアイデンティティはそのままに、学生達は学生運動というお祭りを卒業し、就職して高度成長下の企業戦士になるという、次なる環境が欲求する価値観に、自らを同一化させていきました。

戦後の日本が変容内在化のプロセスをバイパスしてしまったもうひとつの要素に、ナルシスティック・エクステンションが挙げられます。戦没者三百十万人以上(読売新聞戦争責任検証委員会、2009下巻)とも言われる戦争によって、将来への希望や欲求を捨てざるを得なかった人達は、非常に多かったはずです。彼らは自分の子供たちに失われた希望を託すようになり、その中でナスシスティック・エクステンションが広まっていったのではないかと思われます。

私は敗戦後十二年目で生まれたのですが、私の少年時代にはすでに受験戦争とか教育ママという言葉がありましたし、主に都市部の小中学校では、教育熱心な親なぜかしょっちゅう学校にいて、先生達と談笑している風景も見られました。学校は子供と先生の世界ではなく、親が侵入してくる世界となりました。そうした親の子供の世界である学校への侵入は、やがてモンスターペアレントの出現によって、ますます顕著になっていきます。そして、親子が一体となって子供の偏差値を上げることに全力を注ぐような世の中へとつながっていきます。
<つづく>



☆ 新著【吉福伸逸の言葉】は、好評発売中です。


【自分をドンドン傷つける「心のクセ」は捨てられる】は、好評発売中です。


セラピストビレッジは、セラピストおよびセラピストをめざす人、セラピーや心理学に興味を持っている人たちの相互勉強会です。勉強会と言ってもお固いものではありません。自分たちが思いついた事を試してみる場です。参加者が自分たちのセラピーを作り出し発信して行く場にしたいと思います。


アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院日本校は、文部科学省より「外国大学日本校」として指定されています。統合的カウンセリングが学べます。


向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)
ハートコンシェルジュ
向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)へのカウンセリングのご相談は... http://www.heartc.com/
AD

第3136回「日本におけるナルシズムについて その5」

健全な自己が育ちにくい時代・社会

敗戦によるアイデンティティの喪失

これまで述べてきたように、健全な自己感を持つ人は、自分自身の感覚、感情、欲求と思考、行動に、大きな矛盾がありません。それに対して、偽りの自己は、自分の外の価値観に自分をあわせすぎてしまうことによってできあがりますので、自分の中に矛盾が生じた状態となります。そして、環境に急激な変化が起き、その変化に遅れることなく自分をあわせていかなければならないような状況では、その変化を新たなアイデンティティの確立へと変容させる時間的余裕もなくなるため、偽りの自己が生じやすいと言えるでしょう。
一九四五年の日本の敗戦は、日本人の精神構造に大きな影響を与えました。そしてそれは、変容内在化して新たなアイデンティティを確立するには、あまりに急激な変化でした。日本の価値観は、一夜にして国家のために自己を犠牲にして尽くす軍国主義から、主権在民の民主主義へ転換したのです。

例えば、終戦の年の十二月には、「日本は侵略戦争を行い、アジアや世界の人々びとに対して次々に残虐行為をした。つまり、満州事変以来、日本人はあらゆるところで侵略を繰り返して世界を動乱に導き、これら軍国主義の横暴によって国民はひどい目にあった」という内容の「太平洋戦争史」が、GHQからの命令により、新聞に載るようになりました(半藤、2009)。

また、作家で精神科医の加賀乙彦氏は、次のように著書の中で語っています。

マッカーサーが厚木基地に到着した八月三十日には、アメリカに反旗をひるがえす者など誰一人いない。親も周囲の大人たちも新聞も知識人と言われる人々も、「これからの日本は民主主義の国だ。自由だ人権だ」などと話している。その変わり身の速さ!(加賀、2006)

加賀氏の話は、敗戦の二週間後のできごとですから、驚きです。これだけの大きな価値観の転換がありながら、戦争に対する冷静な検証も内省もなされることはありませんでした。保阪正康氏は、著書「あの戦争は何だったのか」の中で、敗戦の翌年一九四六年の時の記憶を、次のように述べています。

学校でよく映画館に連れて行かれ、アメリカが戦時中撮った戦闘の記録フィルムを見せられた。画面では、日本の特攻隊の飛行機が、次々と撃ち落とされている。そうすると私たち小学校二、三年生が観ている中で拍手が起こるのだ。誰が拍手をしているのか見ると、教師たちであった。私自身そうした記憶はトラウマのように頭に残っている。こういうことが平和教育だったのだ(保阪、 2005)。

マスコミや教師など敗戦により地位を失わなかった知識人達は、戦前戦中には「鬼畜米英」、「八紘一宇」、「一億玉砕」などの軍部のプロパガンダを応援してきたのですが、その上位に過敏で下位に傲慢な姿勢は敗戦を期に、あっさりと過敏さを向ける対象を軍部からGHQに代えていきました。このように、意見を百八十度変えながらも何の内省もなく、自分は正しいという立場を変えず、自分の新たな価値観に沿わないものは軽蔑し攻撃を加える彼らの姿勢は、ナルシスティックなモラルハラスメントの基本的なスタンスとも言えると思います。

敗戦当時小学生から思春期あたりの人達の多くは、この安直な価値観の転換に、アイデンティティが崩壊するような感覚に見舞われたと思います。このように、「日本の軍国主義によって国民も世界の人々も苦しんだ」という価値観を強要され内省もなく受け入れてしまった戦後においては、過去を否定することで偽りの自己を作り上げていくしかなかった人達、あるいは、過去の一方的否定に根差した価値観に違和感を持ちながら内的な葛藤を抱えたまま生きていかざるを得なかった人達は数多くいたと思います。敗戦により、日本人のアイデンティティは変換を迫られたのですが、こうした安直な価値観の転換により、新たなアイデンティティを獲得するのに失敗してしまったと言えます。そして、侵略的で無謀な戦争をしてしまったという日本人としての恥の感覚を持ちながら、その恥の感覚を挽回しようという意識が、日本のその後の発展の原動力の一要素になっていったと思います。
<つづく>



☆ 新著【吉福伸逸の言葉】は、好評発売中です。


【自分をドンドン傷つける「心のクセ」は捨てられる】は、好評発売中です。


セラピストビレッジは、セラピストおよびセラピストをめざす人、セラピーや心理学に興味を持っている人たちの相互勉強会です。勉強会と言ってもお固いものではありません。自分たちが思いついた事を試してみる場です。参加者が自分たちのセラピーを作り出し発信して行く場にしたいと思います。


アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院日本校は、文部科学省より「外国大学日本校」として指定されています。統合的カウンセリングが学べます。


向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)
ハートコンシェルジュ
向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)へのカウンセリングのご相談は... http://www.heartc.com/


AD

第3135回「日本におけるナルシズムについて その4」

ナルシスティック・エクステンション

親達の中には、自らの自己愛的な欲求を、子供を代役として実現しようとする人達がいます。このような心理過程は、ナルシスティック・エクステンション(narcissistic extension)と呼ばれます。エクステンションとは、拡張とか延長という意味です。

ナルシスティック・エクステンションに支配されている親達は、子供を自分の延長、ないしは分身だと思っています。彼らは自分の欲求と子供の欲求は同じであると勘違いし、子供のことをなんでもわかっているという妄想的確信を持っています。また、彼らの多くは子供の進路に対する明確なランキング・システムを持ち、子供の達成したゴールに同一化しがちで、逆に子供が自分の設定したゴールに達さなかった時子供以上にがっかりしたりします。

そして、子供が自分の理想とするコースをはずれそうになると、そのコースを修正するために、過剰で執拗な努力をする事もあります。そうした過剰な努力の例(McWilliams, 1994, p.173)を以下に示します。

〔例〕
母親は、自分の息子が「最高の」大学に行く事を希望していました。そして、彼女にとって「最高の」大学はハーバードでした。息子は非常に優秀で、ハーバードの入試には失敗したものの、いくつもの超一流校の入試に合格し、その中からプリンストンを選び進学しました。彼にとってハーバードに落ちた事は問題ありませんでした。なぜなら、彼の進みたい分野では、プリンストンの評価の方が高く、充実した教育が得られると考えていたからです。彼はプリンストンで勉強を始めたのですが、母親は「息子がハーバードに落ちた」事がどうしてもがまんなりません。そして、ハーバードの当局者達とかけあい、結局息子をプリンストンからハーバードに転校させてしまいます。

この例では、母親は自分の自己愛的な欲求を、息子を代理として満足させようとしています。彼女にとっては、息子は彼女の自己愛的な延長(ナルシスティック・エクステンション)であり、ひとりの個人とは認識していません。母親は自分の延長である息子がハーバードに入学した事であたかも自分自身が称賛されているかのように感じるのかもしれませんが、息子にとってはなんらメリットがありません。彼は、深い無力感を感じたに違いありません。このような介入を受け続けた子供は、たとえ優れた資質を持っていても、それを自らの中に認めることができなくなります。

ナルシスティック・エクステンションは、日本で非常に多く見られます。子供を有名校に進学させようと奔走する親、子供の結婚相手にあれこれ条件をつける親などはその例と言えるでしょう。彼らは、自分の子供が達成した成果をあたかも自分の成果であるかのごとくふるまうことも少なくありません。子供が望もうが望まなかろうが関係なく、彼らにとっての「高いレベルの人達」と対等に付き合おうとします。そして、そうした付き合いこそ、彼らが自分自身の人生の中で獲得することができなかったものなのです。

ナルシスティック・エクステンションの環境の中で育った子供達は、その環境自体に反旗を翻さなければ、親のナルシスティックな欲求を自分の中にとりこんで自分もナルシズムの傾向を強くしていきます。

ナルシスティック・エクステンションをする人達が、元々ナルシズムの傾向を持っていたとは必ずしも言えません。例えば、不慮の事故や災害、あるいは戦争などによって自分の希望を奪われた場合、次世代に希望を託すというのは自然な心理です。その度合いが強くなり、子供を同一視するようになるようなレベルになると、ナルシスティック・エクステンションとなります。
<つづく>



☆ 新著【吉福伸逸の言葉】は、好評発売中です。


【自分をドンドン傷つける「心のクセ」は捨てられる】は、好評発売中です。


セラピストビレッジは、セラピストおよびセラピストをめざす人、セラピーや心理学に興味を持っている人たちの相互勉強会です。勉強会と言ってもお固いものではありません。自分たちが思いついた事を試してみる場です。参加者が自分たちのセラピーを作り出し発信して行く場にしたいと思います。


アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院日本校は、文部科学省より「外国大学日本校」として指定されています。統合的カウンセリングが学べます。


向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)
ハートコンシェルジュ
向後善之(ハートコンシェルジュ・カウンセラー)へのカウンセリングのご相談は... http://www.heartc.com/


AD