Strength 1周年の夜

テーマ:

TAKEさんと出会ったのは、もう4年前になるのかな。

腹の底から、地の底から湧きあがるような声。
小柄な体から発する“気”がすごくて、この人は武道の達人か?と思ったものだ。
オリジナルの「スナフキン」、そして、ジェームス・ブラウンの「マンズ・ワールド」が、
素晴らしかった。


TAKEさんのラジオ番組に出演したこともあった。
夜の公園で収録した、「夜の髪~白川和子に捧ぐ~」。
ギターが下手なのを気にする私に、「ラビィさん、この歌は歌うべきだよ。
この歌で、物扱いされて来た女性が救われるかもしれない。男性だってそうだ」
と、TAKEさんは言ってくれた。その言葉に、背中を押されるように、
私はこの歌を歌い、代表曲の一つとなった。

映画の劇中歌に採用され、上野オークラ劇場の舞台挨拶で、200人ぐらいの
観客の前で歌った時も、TAKEさんは、観客席で見守ってくれた。


そんなTAKEさんが、昨年、新宿歌舞伎町に店を開いた。
木の香りのする、バンガローのようなライブ・バー、Strength。

5月1日の夜、この日は、久しぶりに店主のTAKEさんも歌うので、
私は喜び勇んで、Strength のドアを開けた。

あれ?いつもと雰囲気違う。
テーブルの上にはつまみが置かれ、既に飲み会モード。

「あ、ラビィちゃん、一緒に飲もうよ~!」と、久々の共演のTAMAさんが、
ひまわりのような笑顔で迎えてくれた。


聞けば、この日は、Strength がライブを始めて1周年とのこと。
そうか、それで、TAKEさんも歌うのか。
言うと気を遣うと思って、黙ってたんだな。粋だなぁ。


この日のトップバッターは、初共演のトモクロウさん。



ちょっと少年っぽい雰囲気がいい。
そして、声がカッコいい!澄んだ声で、ブルースなんかも、歌ってしまう。
福岡から東京に出て来て、淋しいこともあるだろうけど、背筋を伸ばして、
生きている人なんだろうなぁ。

“こんな街の片隅で泣く女 涙は見せぬまま……”

「街」という歌、素晴らしかった。



二番手は、49歳TAMAさん。
もう、名前からして、ロックだよね。
49カラットのダイヤ!


ほっそりしているけどパワフルで、腕にギター筋があるのが、カッコいい。
歌も、踊り子と客の情事とか、ストーリー性があって、面白い。
殺処分される動物達のことを歌った「土の中」は、彼女の心の叫び。

そして、この日、ぐっと来たのが、「私を殺してください」という歌。

“あなたは神かもしれないけど あたしは人間でしかない
どうか この精一杯をわかってほしいと日々祈り……
それが出来ないのならば 大いなる力を持つ
太い二本の腕で 私を殺してください”

いつも元気で明るい彼女に、こんな歌を歌われたら、もう全員、殺されるわな。



三番手は、私。


店主のTAKEさん自身がシンガーだからか、Strength のPAは音が良く、
本当に気持ち良く歌える。お店の1周年に、素晴らしい共演者とお客さん。
私も、ノリにノッて、この日は、こんな歌を歌った。

1、桜吹雪のバラード
2、おふくろの手料理
3、墓には入れないよ
4、雪の夜
5、夜の髪~白川和子に捧ぐ~
6、俺と赤兎の物語
7、3・11に生まれた友へ


この日は女性陣にもてて、「ついて行きたい」と言われたり。

なごり雪みたいな歌を歌うのかと思ったら、いきなり“漢”の世界が現れて、
驚いた、と、トモクロウさん。

色っぽいのに男前、と49歳TAMAさん。わぉ。



そして、いよいよ、TAKEさん登場。



 TAKEさんがその歌を選び、歌う時、必ずそこには明確な意志があるので、
思いはまっすぐに届き、沁みとおる。

今回の熊本地震でも、救援物資を届けに行ったTAKEさんは、
東北の震災の時も歌ったという「マンズ・ワールド」を歌った。

「人間には再生の力があると思うんですよ。広島が原爆を落とされても、
あんな近代都市になったように。それって、男性の土木労働者とかの力かも
しれないけれど、その元になっているのは、俺、女性だと思うんですよ。
女性達の力がなかったら、男性は頑張れないし、頑張る意義すら失ってしまう」

と。


天にも届くような声で。

ああ、神も泣いている……そんな気がした。

オリジナルの「リアル」が胸に刺さる。

“自分の理由でさえ人に求めて 結局おまえはフェイクで満足出来んのかい?
誰にも気づかれない そんなもんじゃ 誰にも届くわけない
誰しも本物を手にするために 誰もが光求め……あがけ ”

そうだ、あがけ。


玲兎君の流麗なピアノ、北川さんの時にパーカッシブなベースが、
TAKEさんの歌を、さらに盛り上げる。


私達も、踊ったぞ~。うれし恥ずかし、バックダンサー、初体験。







ライブバーのマスターと友達になることはあっても、切磋琢磨し合った
音楽仲間が、ライブバーのマスターになることって、そうそうないだろう。

その意味でも、すごくうれしい。

開かれているけど、侵されない。店主の人柄そのままの Strength。

木の香りがふっとする時、TAKEさんが好きだと言った、仏師の円空を思い出す。
あんな風に、何も持っていない代わりに、精一杯、柱や薪に仏像を彫るがごとく、
歌を置いてゆきたい、とTAKEさんは言ったっけ。

私も、何も持っていない代わりに、精一杯、この脈打つ血で伝えよう。

歌には人を温める原初の力があることを。



7月24日(日)に、Strength で、
「山と山とは出会わないが、人と人とは出会うものだ」
というイベントを主催します。

タイトルは、私が暮らしたアフリカの、スワヒリ語のことわざから取りました。
出会いのエネルギーに感謝をこめたイベントにしたいと思い、
これぞ、と思うミュージシャンに、声をかけました。

私のステージでは、ジャンベやチャンゴとも絡み、
日本語詩を付けたアフリカの曲もやります。

ぜひ、お越しください!


●7月24日(日)新宿歌舞伎町・Strength

蓮沼ラビィ企画ライブ
「山と山とは出会わないが、人と人とは出会うものだ」

開場 16:30

開演 17:00

料金 1500円+ドリンク

※フード持ち込み自由。

17:00~17:40 栗原優&鈴木峻

17:50~18:30 鳴弦

18:40~19:20 黄秀彦

19:30~20:20 蓮沼ラビィとマラフィキ(ギター:高岡冬樹、ジャンベ:南部輝久、他)

※マラフィキとは友人達の意味で、何人かのミュージシャンとコラボします。



~近日ライブ~

●福島県南相馬市仮設住宅慰問ライブ

5/14(土) まごころサロン 10:00-11:30 千倉 13:30-15:00

5/15(日) 寺内塚合 10:00-11:30 西町第一 13:30-15:00

☆5月14日(土)、「ポレポレ方式復興応援ライブ全国大会 in SOMA CITY」にも出演!
日本全国から15組、北は札幌、南は石垣島のミュージシャンが参加。
私は7番手で、19時台の出演です。

HEATWAVEの山口洋さんも出演。
最後に、「満月の夕」を、みんなで歌います。

日時: 5月14日(土)18時開演
場所: 福島県相馬市菊地蔵(フレスコキクチ本店敷地内)
出演: 日本全国から15組
主催: MY LIFE IS MY MESSAGE.
協力: Boogie Man’s Cafe POLE POLE(広島県福山市)、
円山夜想(北海道札幌市)、JAZZ BARすけあくろ(沖縄県石垣市)


●5月21日(土) 新宿・カールモール

とらのこゆうバースデーライブパーティー


開場: 13時半
開演: 14時
料金: 2000円+1ドリンク500円~

※参加人数が20人になれば、1500円+1ドリンクに。

14:00~ 道魚
14:30~ マッシュ
15:00~ とらのこ ゆう
16:00~ 蓮沼ラビィ
16:30~ 高橋ユキオ
17:00~ カラメルポップ
17:30~ 猫丸エクスプロージョンズ

☆占いもあり。

・カード占い ホロスコープ《とらのこゆう》
・カラー占い《ちほみ》
・レイキヒーリング《きょうこ》

※占い料金は一律500円

※とらのこゆうの占い希望の方は、生年月日と生まれた時間、
生まれた場所を調べてきてください。
昨年パーティーで配った無料チケット使っていただいても構いません。
未使用なのに失くした方も無料にします。



●5月27日(金) 新宿・ソウルキッチン

開場:19時 開演:19時半

料金:1500円+DRINK

出演: じゅんじゅん、ライジング・マツ、志田歩、蓮沼ラビィ


AD

砂の楼閣でガウンを羽織って

テーマ:

ゴールデンウイークが終わって行きますね。

私は、普段と変わらず、仕事だったけど、夜は、音楽仲間のワンマンライブに
行ったり、自分のライブがあったり、7月の主催イベントのコラボ練習のために
スタジオに入ったり、と、それなりに充実していた。

さて、えどにしきさんのワンマンライブ。
 



ミュージシャンでなかったら、作家になっていたんじゃないかな、
それも、三島由紀夫のように、戯曲も得意な作家に、と私が思う人だ。
自作自演で、演じきる役者でもある。

私も、一人芝居の役者のようだ、と言われたことがあるが、
えどにしきさんも、また・・・・・。



この日は、2時間にわたるワンマンライブということもあって、
ステージの上でも下でも大活躍で、作者えどにしき、俳優えどにしき、
ホストえどにしき、と、3つの顔で楽しませてくれた。

自腹を切って、料理をふるまう。それで酒のオーダーも増える。
お客も店も喜ぶ。幕間には、客席も周る。なかなか、出来ることではない。





だが、決して、だれることなく、ステージになると、見事に切り替わる。

この日は、三部構成で、第一部はキャッチーな曲、第二部は自分と店に
関係のある音楽仲間の曲のカバー、第三部は組曲をイメージしたという、
世界観を前面に出した曲。



一番重厚なものを最後に持って来た構成も、見事。
第三部が始まった途端、スイッチが入ったのがわかり、客席は静まり返った。
私も、思わず、料理の皿を置いて、一番後ろの席で一人、立ち上がって観た。

「マンジュ・バザール」「沈みゆく舟」……現れた。
これが現れると、この人は、無敵なのだ。

暗い海に、月光の道がかかった。





私も、えどにしきさんも、満州からの引揚者の母を持つ。
敗戦後、7歳だったお母さんの満州からの逃避行を描いたのが、
えどにしきさんの「マンジュ・バザール」だ。

この歌を聴くと、私もまた、母達の物語を書かねば、という思いに駆られる。


そして、私もえどにしきさんも、仕事から戻る母の帰りを、真夜中に待っていた、
という記憶を持つ。「午前三時の警笛」は、そのお母さんが憑依したかのような歌だ。

二人とも、子供から見た親ではなく、親そのものになりかわったかのような
視点で描く。私が、「雪の夜」で、少年時代の父になってしまったように。

親に限らず、思い入れのある他者が憑依する。

意図して、というより、生理的にそうなるのであろう。
私が、えどにしきさんを、物語作者のようだと思うゆえんだ。


私の中の詩人の魂を刺激するのが小林薫さんなら、
物語作者としての私を刺激するのが、えどにしきさんなのであろう。




そんなえどにしきさんと、来年は、ツーマンの計画がある。

互いにストーリー性を持ってやれたらいいね、と話している。

嘘と真のあわいを愉しもう。

砂の楼閣で、ガウンを羽織って。









~近日ライブ~

●福島県南相馬市仮設住宅慰問ライブ

5/14(土) まごころサロン 10:00-11:30 千倉 13:30-15:00

5/15(日) 寺内塚合 10:00-11:30 西町第一 13:30-15:00

☆5月14日(土)夜、「ポレポレ方式復興応援ライブ全国大会 in SOMA CITY」にも
出演決定!HEATWAVEの山口洋さんも出演予定。
最後に、「満月の夕」を、みんなで歌います。

日時: 5月14日(土)18時開演
場所: 福島県相馬市菊地蔵(フレスコキクチ本店敷地内)
出演: 10組程度
主催: MY LIFE IS MY MESSAGE.
協力: Boogie Man’s Cafe POLE POLE(広島県福山市)、
円山夜想(北海道札幌市)、JAZZ BARすけあくろ(沖縄県石垣市)


●5月21日(土) 新宿・カールモール

とらのこゆうバースデーライブパーティー


開場: 13時半
開演: 14時

出演: とらのこゆう、猫丸エクスプロジョンズ、えくれ庵のマシュー弾き語り、
 カラメルポップ、道魚、高橋ユキオ、蓮沼ラビィ

占いもあり。
カード+気学占い《とらのこゆう》
カラー占い《ちほみ》、
レイキヒーリング《きょうこ》


●5月27日(金) 新宿・ソウルキッチン

開場:19時 開演:19時半

料金:1500円+DRINK

出演: じゅんじゅん、ライジング・マツ、志田歩、蓮沼ラビィ



AD

絶滅危惧種の野生動物

テーマ:

「蓮沼ラビィは、絶滅危惧種の野生動物だから」

と人に言われたことがある。

小林薫も、まさにそんな男なのではないかと思い、
ツーマンライブのタイトルを、

「絶滅危惧種の野生動物!~ラビィと薫の物語~」

とした。


蓮沼ラビィ史上、最高のライバル。
口の悪い幼馴染のような小林薫。

最後に、互いのソロから一曲ずつ。


●小林薫「僕の半分はすでに腐っている」

作詞・作曲: 小林薫




●蓮沼ラビィ「3・11に生まれた友へ」

作詞・作曲: 蓮沼ラビィ




一人で立つのは日常。

二人で立つのは祭。

祭は終わり、やがて日常へと戻って行く。


ありがとう。

またいつか。



~近日ライブ~

●福島県南相馬市仮設住宅慰問ライブ

5/14(土) まごころサロン 10:00-11:30 千倉 13:30-15:00

5/15(日) 寺内塚合 10:00-11:30 西町第一 13:30-15:00

☆5月14日(土)夜、「ポレポレ方式復興応援ライブ全国大会 in SOMA CITY」にも
出演決定!HEATWAVEの山口洋さんも出演予定。
最後に、「満月の夕」を、みんなで歌います。

日時: 5月14日(土)18時開演
場所: 福島県相馬市菊地蔵(フレスコキクチ本店敷地内)
出演: 10組程度
主催: MY LIFE IS MY MESSAGE.
協力: Boogie Man’s Cafe POLE POLE(広島県福山市)、
円山夜想(北海道札幌市)、JAZZ BARすけあくろ(沖縄県石垣市)




AD