当ブログにお立ち寄りありがとうございます。こちらに来られる方は日本好きの保守の方や、オーストラリアや海外での就職に興味がある方もおられると思いまとめてみました。
にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村

日本はいい国ということを再認識したい方はこちらをどうぞ~。私は日本を離れるまで気が付きませんでしたよ、とほほ、、、
日本は未来的らしい - Japan is futuristic?
英語が話せなくてよかった -I'm glad I couldn't speak English
日本人とイギリス人の違い - Japanese and English
日本はお金持ち - Japan is a rich country
武道 -Martial Art
日本の宗教 - Japanese religion(s)
日本語は美しい言葉です
日本のカメラは素晴らしい
ブランドバッグ
日本がもっと好きになりますよ その2


あら日本ってホントいい国、おかしいわねなんで日本のことをこんなに低く評価してたのかしら?と思った方はこちら~~
日本の秘密をばらしたら、FBから警告
テレビの悪あがき
日本人洗脳マニュアルがあるのですね
Youtube 動画 オンライン辞書 英辞郎による洗脳
日本の常識^^ これは知っておくべき!
シンクロニシティ(意味ある偶然)か?
Refute 反論しよう 南京事件
オーストラリアで特定秘密保護法案が可決されたら?
日本いじめはやめませんか?


オーストラリア、ダーウィンのことについて知りたいんだけど、、、という方はこちらへ。日本との関わりは深くいい話がいっぱいあります
藤田サルベージ
潜水艦伊124号の遺族の方を探しています。
「戦士の日本兵にも追悼を」NT新首相
トルコはすごい!
日豪関係の始まりは、なんと捕鯨!
潜水艦の引き揚げについて
オーストラリアと中国、ともに戦勝国同士、、


留学や海外で働くこと、シェアハウスなどについて。今後留学についてもっと充実させようと思っています。(会計学とMBAを勉強しました)
シェアハウス体験記 フィリピン人編
シェアハウス体験記 フィリピン人編 後編
シェアハウス体験記 ドイツ人編
シェアハウス体験記 ドッグシッター編
シェアハウス体験記 ペントハウスと露出狂編
シェアハウス体験記 ペントハウスと露出狂後編
シェアハウス体験記 ジャングルのような家編
シェアハウス体験記 ジャングルのような家 後編
いじめには立ち向かいましょう

このブログ主思想信条は一体なんなんだ!?という人はこちらでご確認ください。
日本の果たす役割は大きい
平和を輸出しましょう。
Youtube 動画 日本人にとって靖国神社とは
子供時代は終わりました
原爆後の長崎
焼き場の少年
外国に住むということ

雑談をしたい方、記事に関係のないコメントをされたい時、ブログ主にメッセージを書きたい場合にはこちらにどうぞ。
・コメントはこちらへどうぞ~

アメブロに参加していないが、連絡を取りたいと言う人はメールでご連絡下さい。s.hdarwin@yahoo.com.au

  • 26 Sep
    • 平和と言えば折り鶴

      最近折り紙の依頼が多いのです。明日マラックで開催されるコミュニティーディナーでも折り鶴を教えることになりました。これは毎月末の月曜日に行われているイベントで、今月は国連がスポンサーで、テーマが国際平和、!  ディナーのオーガナイザーから「平和と言えば折鶴よね~という事で折り紙のデモンストレーションお願いするわね、よろしく」という依頼が来ましたよ^^ ブログのタイトルにある通り、私は常々日本は世界平和に大きな役割を果たすと思うのですが、実はダーウィンも重要な土地なのですよ。特に和解ですね(日豪だけでなくアボリジニと白人オージーとも)。ですのでダーウィンで日本の折り紙を教える依頼がたくさんあるというのはとても意義深いなぁと一人感動している次第です^^ さて、コミュニティーディナーは先月も国連スポンサーで200名くらいの人が来てくれたので、今月も多分同じくらい来るのではないかと思います。それだけの人数に折り鶴を教えるのは大変!という事でお手伝いをしてくれる方を募集しています。もしお手伝いいただける方は6時前にDarwin Community Arts に来てくれると助かります。もちろんディナーだけの参加も大歓迎。 それではお待ちしています~  いつも読んでいただきありがとうございます。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村

      44
      1
      テーマ:
  • 23 Sep
    • びっくりした外務省からの返事

      外務省の方々と言うのはエリートばかりですし、表面上はのんびりパーティーばかりに行っているけれども、陰ではすごい暗躍をしているのだろう~と漠然と思っていたのですが、『もしかしたら違うのかも?』と思うようなことを度々経験しました。「海外の地方都市に住む一般人が何を偉そうに!」と思われるかもしれませんが、ダーウィンのような日本人が少ないところでは一人で何役もしなければならず、外務省や日本政府、自衛隊、日系企業の方々と度々お会いすることがあり、その仕事ぶり、対応の違いを目の当たりにしてしまう事が多いのです。 さて私たち在外邦人にとって一番気になるのは外交スキルですよね、だって常に外国人に接しているわけですから、日本のイメージが悪くなれば直に影響をうけますから。慰安婦像や捕鯨問題が新聞ニュースで取りざたされているとやはり肩身が狭い思いをしたりします、、、 そこで私が感じた、あくまで個人的意見のランキングですが、外交スキル第一位はなんといっても自衛隊の方々~さすが日本で反日左翼の面々から「暴力集団!」とか言われて揉まれているだけある、どんな状況でもびくともせず社交的に穏やか~対応されています。二番が日系企業の方々(特に商社の方々、彼らの社交術に会社の命運がかかっていますからね~)、そして第三位が外務省という残念なことに。 (これはあくまでも私が接した限られた範囲での個人的意見です) このように決定的に感じたのが、昨年のダーウィン港での散骨でした。私のブログを読まれている方はご存知と思いますが、簡単にご紹介を。第二次世界大戦時にダーウィン港を偵察飛行中に戦没した日本人パイロットの奥様の遺骨を散骨に日本人のご家族がダーウィンにやってこられました。ご家族が以前こちらに来られた時に心無い言葉を浴びせられたというのを聞いていましたので、今回は絶対にダーウィンを歓迎ムードにしようと思い、市長さんや大臣、政府の方や歴史家などあらゆる人に声をかけまくったら、ちょっとばかり大きな事態になってしまい、大臣が州議会議事堂に招待してくれ、市長さんがティーパーティーを開き、なんと豪海軍が散骨のためにわざわざ船を出してくれることとなりました!普通のご家族の慰霊の旅が、市から準州政府、その上豪軍ということは連邦政府もかかわるというフォーマルなものとなってしまいました。これはもう、『私個人では対応できない!』と思い、日本の外務省の知り合いの方々に連絡をしたのですが、ほぼ無視、、、、その中で数名お返事があったのですが、内容はと言えば「大変素晴らしい民間外交ですね、頑張ってください」とか、「何かまたありましたらご連絡ください」とのお返事。全然まったくこれっぽっちも興味がなさそう、、、、えええ?これって結構大事(おおごと)ではないのかしら???とおもいながら一人で対応することになったのですが、そのほかにも問題が大量発生して色々大変でした、、、、なんて愚痴はおいておいて、しかしこの外務省の方々の対応には驚きましたよ~~ 確かに民間人が始めたことですし、来られるご家族も普通の方です。しかし、その一般人に対する豪州政府は戦没者の家族として敬意をもって対応してくれ、(というか軍の船までだしてくれたのです、、、下世話な話になりますがどれだけ船代や人件費やらかかったのだろう、、、と考えると恐ろしくなります。もちろん豪軍や市からの料金の請求はありません) これもそれもオーストラリアが日本との関係を良好にしたいと考えているこのような至れり尽くせりになったわけですから、私にできる恩返しは日本に伝えることだ!と思い、クラウドファンディングを使って日本の一般の方から援助をいただき短編映画を作りましたが、資金が足りなくて困っていたところまたしても助けてくれたのが、北部準州政府の観光局!戦争被害が大きいダーウィンですが、全く反日都市などではなくむしろ一番の親日都市であるという事をアピールしたいという目算があるからなのでしょうが、それにしても本当に助かりました。そしてその完成した短編映画の短縮版がこちら↓4分ですので見てみてください~ 外務省の方々は民間人の始めたことにはかかわらないのかもしれませんが、しかしどんなことも普通の人間が始めたことをきっかけに大きくなっていくのですのに、どうしてこんないい話が日本側からは無視されるのだろう?と疑問に思います。私が極右との噂が立っているからでしょうかね^^ まあどちらにしても、昨日の記事「使えるものも使わない日本政府」に書いた通り、自分が動かなければ何も変わりません。先日松山市がドイツの姉妹都市に対し「慰安婦像を建てたら断交する」という毅然とした態度をとり、慰安婦像設置を阻止しましたね、素晴らしい~是非私たちも見習って、地方からそして一般市民から行動を起こしていきましょう。 ではでは、いつも読んでいただきありがとうございます。   にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村 

      130
      7
      12
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 使えるものも使わない日本政府

      昨日の記事わかりにくかったのでタイトルを「公務員は仮の姿?」に訂正しました。豪州北部準州政府で働く大陸出身の方々が別の顔を持っていて驚いた、という話です。 さてこのように豪州では外国人でも公務員になることが出来ますので、日本人でも政府で働いている人がたくさんいます。私も以前転々としました。北部準州政府の首席大臣室野党党首部、首席大臣室アドバイザー、ビジネス部のアジア関連部門、昨日書いた資源&エネルギー部門です。この遍歴を見たら「スパイし放題じゃないの」と思う人がいるかもしれませんが、そのような”依頼”は残念ながらありませんでした^^ 首席大臣室のアドバイザーと言うのは、自分で言うのもなんですが結構重要な役割でした。準州トップへの影響力は大きいし、市や連邦政府に対しても何かと便宜を図ってもらえ色々なところでVIP扱いされるといポジションだったのです。ぽいっとその役職についた私にはその常用性を理解し、権限を活かすことがなかなか出来ず残念でしたが、しかし政府中枢にいたことは間違いありません。そして普通だったらここで日本政府が接触してくると思いませんか?「○○に関する情報を知らないか」、とか「日本寄りになるように仕向けてほしい」とか言われるのではないか?とウキウキして待っていましたが、全然そんなことはありませんでした。。。 元上司のミルズ氏は私が慰霊活動を行って日豪友好を深めようとしていることをかって、雇ってくれたのですから、保守活動も行うことが出来ました。しかし日本側からは誰も何も言ってこない。これが中国だったら、あれしろ、これしろとか指令が来そうです。というか、内通者として送り込まれそうです。実際にそれらしき人たちがたくさんいますからね。 『これは私の能力が足りないからなのか、,」とも思いました。しかし北部準州はダーウィン港もあり軍事上重要だし、イクシスプロジェクトという液化ガスプロジェクトがあって日本のエネルギー供給減だし、その上ウランやレアアースもあって、どう考えても注視すべき場所です。そうそうそれから第二次世界大戦時に日本軍が空爆して大きな被害を与えた都市なので、反日活動も発生しやすいから注意が必要ですし、、、一体日本の外務省は諜報活動はしているのだろうか?と疑問に思っておりました。 そうしたら、慰安婦問題を通じて、オーストラリアの政治家(それもかなりの重鎮)と結婚された日本人女性とお話をする機会がありましたて、思い切って、「日本の外務省から何かコンタクトありましたか?」と聞いてみたら、「ありません。むしろ避けられてる感じがします」とのこと。私も全く同感です。両国の国益を損なわない範囲で色々できることもあるのに、本当に残念でした。 日本人はとても正直で、色々なことに真正面から取り組み、卑怯なことが嫌いというう素晴らしい国民性を持っています。これが周り全てが日本人であればうまくいくのでしょうが、外国ではそんなやわな事は言っていられないのです。使えるものは何でも使って、情報収集しなければ現代の情報戦には勝てないと思うのですよね。。。。 と言いながらも私も現在は日本サイドのあまりの手ごたえのなさ、それから理解のない方々からの批判や陰口に疲れ、あまり積極的には動いていないのです。。。はぁ疲れましたよ~ でもこれからも出来る範囲で活動して、こちらのブログで細々と情報発信してまいりますよ。いつも応援してくださる方ありがとうございます。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村

      75
      4
      7
      テーマ:
    • 今だから言えることー公務員は仮の姿?

      今だから言える話第二弾です。 大の台湾好き&日本びいきで、中国と距離を置きたがっていた私の元上司、北部準州首席大臣ミルズ氏がクーデターで首になってから私も同時に職を失い、仕事を転々としていたのですが、あるとき政府の資源省で短期の仕事をしました。コンサルタントと言う肩書でしたが、実際には日本で行われるセミナーの準備のお手伝いで、大した仕事はしていなかったのです。日本語の読み書きや、ビジネスマナーがわかる人が必要だったらしく短期で雇われたのでした。 そこで私の隣でお仕事をしていた大陸系中国人女性、フェイさん(仮名)がいたのです。彼女は私のような短期契約ではないですが、契約のようだったし、役職が付いているわけでも個室があるわけでもなく、それほど重要な仕事をしているようには思えませんでした。彼女の上司や同僚との打ち合わせも手配のような話ばかりのようでした。 その契約が終わってからフェイさんに会うことはなくすっかり忘れていたのですが、その彼女の姿を思いがけないところで見ることになりました。 なんとっ!北部準州がダーウィン港を租借した中国企業ランドブリッジの社長さんと元首席大臣アダムジャイルズ氏が契約成立を祝うニュース映像に、仲良さそうに映っていましたよ、それもワイングラスもって乾杯していました。中には3ショットの写真も!このランドブリッジの社長さんは世界で何十番目に入る金持ちなのだそうですよ。いやいやフェイさんったらそんなに大物だったのね!と驚きました。ただの事務員ではなかった! 余談ですが、このニュース写真でダーウィン港租借の裏側に資源省がかんでいる可能性があることがわかったのですが、これは予想だにしていませんでした。ビジネス部門とか、港湾を含む物流とか、運輸関係の部門、または一大事業ですからチーフミニスターのオフィスが絡んでるのかと思っていましたが、何で資源部??? いや~世の中わからないことだらけ。普通の事務員の様に見える人でもすごい重要な役割を果たしているのですね~ 私はこの写真を見た時に、「うひゃ~」と声出して驚いてしまいましたよ。すごいですね~さすがです!先日の書いた記事「今だからいえることーあれは中国のスパイだった?」と重なって、やっぱり中国は他国への侵略いえいえ、同化して現地に馴染むための努力が違います。お二人ともほんとに普段は普通の人なのに、あれは仮の姿だったのですね~~いやはや。 読んでいただきありがとうございます。”そりゃびっくりするわ!”と共感していただけた方は下記バナーのクリックをお願いします。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村  よ。  

      45
      1
      テーマ:
  • 17 Sep
    • マーケットにヘアドレッサーが

      ダーウィンにやってきた美容師のひとみさん、私のたっての願いを聞いてくれとうとうマーケットにお店を!マラックマーケットプレイス、4時から9時まで〜カット20ドル子供15ドルです。 新しいお店も〜 お待ちしています〜

      38
      1
      テーマ:
    • 前向きな国と、後ろ向きの国

      日本の松山市と姉妹関係にあるドイツのフライブルク市に慰安婦像設営の計画があるそうです。同じく姉妹都市関係にある韓国の水原市が提案したのだそうです。ドイツの慰安婦像計画、松山市が懸念伝達 姉妹都市交流に影響も 女性の人権を守るため、といううたい文句ですが、オーストラリアでの慰安婦像設置運動を見れば、「アベ政権を許さない」の人たちによる日本の蛮行を地元の人たちに知らしめるための像になるのは予想が付きますから心配です。 しかし今回はなんと松山市の方々が早い段階で動いてくれているのだそうです。産経新聞の記事によると 「松山市の担当者は「事情を把握せずに設置を進めれば、日独関係や両市の交流に支障が出る恐れがあるとの懸念を伝えた」とした 。とのことです。日本政府や外務省に頼らず(というか頼っても何もしてくれないことに皆気が付いてしまったから?)素早い行動、素晴らしいですね。 そして松山市にはもっと前向きな姿勢を持つ国との関係を深めてほしいですね~と言うのもなんと私の住むダーウィンは松山市にある企業と深い~かかわりがあるのです!第二次世界大戦中日本軍の爆撃によって沈んだ船の引き上げを日本の企業藤田サルベージが行ったのですが、これが松山の会社なのです。詳しいことはこちらのビデオや記事をご覧ください。   このような良い話を知ってもらうことによって、地方間での交流がもっと深まればよいなと思っております。昔のことを根にもちどんなに誠心誠意謝ってもさらなる謝罪と賠償を求める国との付き合いはこの際見直して、オーストラリアのような健全で前向きな国との付き合いを重視するべきだと思うのですよね。 という事で実は先日松山選出の国会議員さんにメッセージを送ったのですが、返事がありませんでした。どなたか松山市職員の方や、市議会議員などご存知の方がいらっしゃいましたらYOUTUBEのリンクを送っていただけないでしょうか?これを見れば、「こんな素晴らしい民間外交が!」と驚いてたくさんの人に知らせたくなること間違いなしです。 う~ん、応援したいけれど松山には知り合いはいないわ、、、と言う方、大丈夫です、↓のバナーをクリックして応援お願いいたします。それではいつも応援ありがとうございます~ にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村  

      47
      4
      4
      テーマ:
  • 16 Sep
    • ダーウィン港のこと、外務省は知っていたんですね~

      だー注目情報ですよ。北部準州の元議員さんとお話をしたら、驚くべきことを教えてくれました~。 なんと、ダーウィン港を中国企業に売るかもしれないという情報を早い段階でつかんでいたその方は、2年半も前に日本の外務省に伝えたのだそうです! 「現政権(当時は地方保守党)が中国とおかしな契約を結ぼうとしているから気を付けた方が良いですよ。あなたの国の港湾物流にも影響がありますからね」と親切に教えてくれたそうですが、残念ながら昨年中国企業ランドブリッジに99年間の租借が決まりました。 なぁんだ日本政府知っていたんですね~。そういえば、日本側からの驚きはあまりなかったような。。。それに比べてアメリカは本当に驚いていましたよ、オバマ総理大臣が直々にターンブル首相に「そんな話は聞いていない!」と苦言を呈しましたからね。そしてそれに対する豪側の返答がすごかった、「NTニュース(という地方紙)に書いていますよ~。購読することをお勧めします^^」と答えたのです。オバマ大統領なめられてます、、、NTニュースというのは日本で言うところの東スポに当たりますからね。安倍総理に対して「最新情報が欲しかったら東スポ読め」と言うようなもんです( ̄□ ̄;)  アメリカとしてはダーウィンに海兵隊を3000人常時派遣して防備をかためているところ、オーストラリアが自ら港を売るとは、、、驚いたことでしょう。日本も知っているのなら教えてあげればよかったのに、、、と思いますし、オーストラリアもこんな重要な軍港を売るなんて理解に苦しみます。やはりチャイナマネーの影響でしょうかね。その議員さんは野党だったので、自分の国の港が外国に売り払われそうになっているのを止めることが出来ないので、日本に助けを求めたのでしょうが、気の毒なことに、、、、  時事通信より中国マネー、豪政界に浸透か=米大使「驚がく」、対策要求 【シドニー時事】中国政府と関わりの深い中国企業が多額の献金をオーストラリアの与野党の政治家に行っている実態が明らかになり、社会問題化している。政策決定にも影響が及ぶ恐れがあり、米政府も対策を講じるよう注文を付けた。 ジョン・ベリー駐豪米大使は14日付のオーストラリアン紙に対し、「中国政府が(献金を通じて)豪政治に深く関与していることに驚がくした」と強調。米国と同様、外国人の政治献金を禁止するよう求めた。  さて現在ダーウィン港ではカカドゥ合同訓練が行われており、日本の海上自衛隊を含めた多国籍の軍艦がたくさん寄港していますよ、中国企業管轄の港に、、、、カカドゥエクササイズに参加している国は United States, navies from Australia, Canada, France, Indonesia, Japan, Malaysia, Papua New Guinea, Pakistan and Singapore, オブザーバーを派遣している国はBrunei, the Philippines, Thailand, Tonga, Timor Leste  Vietnam 国名を見ても、対東シナ海問題対策です。。。。今頃中国企業は大喜びで情報収集しているのではないでしょうかね。。。。 軍関係だけでなく商用利用にも影響があるのは必至です。なんてったって国を挙げて反日教育を行っている中国企業ですからね、もちろん日本企業に対して便宜を図ってくれるなんて親切なことをしてくれるはずもなく、すでにおかしなことが始まっているらしいですよ!大丈夫でしょうか?やっぱり港湾管理の権限を持っているという事は大きい。ちょっと考えただけで妨害の方法はいくらでも考え付きます。もし私が妨害するんだったらですね、先ず工事に必要な物資を積んだ船とかタンカーが入ってくる日を見計らって、わざと食料や家畜など日持ちのしないものを積んだ船を優先的に入港させて、検疫でごちゃごちゃいちゃもんを付けて時間稼ぎをして日本の船をず~っと待たせるなんてことも可能じゃないですかね。なんて嫌な妄想が膨らんできてとまりませんのでこの辺で^^ いつも読んでいただきありがとうございます。外務省は頼りにならない、国民一人一人が何とかしなくっちゃ!と思った方は、先ずは↓をクリックで応援お願いします。行動しましょう~ にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村      

      48
      4
      9
      テーマ:
    • 二重国籍OKなら、私も豪国籍取りますよ。

      蓮舫さんが民進党の党首になりましたね。びっくりしましたが、党としては方針が明らかになって良い事ではないでしょうか?民進党前身の民主党が政権を担っていた2011年、東北大震災が起こりましたが、その時の対応を外から見ていると、どう考えても日本や日本人の命を守ろうとしているとは到底思えなかった!海外からの支援物資を断りまくっていましたし、災害復旧は政府はわざと邪魔をしている?と思えるほどの非効率、「この人たちは日本人じゃないんじゃないか?」という疑惑が沸いていましたが、今度の党首選で蓮舫さんを選んだことで、「民主党ったら、自分たちが外国(中国とか韓国とか)寄りなのを隠す気ないのね~」とほほえましく思っています。 ということで、民進党の党首が外国籍を持っているというのは気になりませんが、しかし日本の国会議員が二重国籍で見つかったら籍を抜けばOKというのはどうなのかしら?とは思いますよ、日本人としては。そんな適当で良いのなら、私も日本国籍持ったままオーストラリア国籍も取得しますわよ。 オーストラリアは2重国籍OKですので、移民の多くは国籍を取得します。しかしほとんどの日本人は、永住権があり生活の基盤がこちらにあっても国籍を変える人は滅多にいないのです。永住権を持っていれば、市民権保有者とほとんど同じ生活が送れるからなのです。保険も効くし、色々な行政サービスは同じように受けられます。一般企業の就職は問題ありませんし、公務員にもなれます。ただ、外務省や軍にはオーストラリア人でなければ入れませんけれど。 大きな違いは選挙権がないこと。「選挙権なんて無くても全然困らない」と昔の私は思っていましたよ。オーストラリアに慰安婦像設置運動が始まるまでは、、、、この時ほど選挙権がないことが不利であると実感したことはありません。オーストラリアで日系住民のために尽力してくれる政治家はいないのです。なぜなら票にならないからです。かたや中国、韓国系は一極集中して住み、約人口の一割を超えたころから影響力を誇示し始め、3割を超えると反日活動を”表立って”始めるようです。噂では、ダーウィンか北部準州に約2万人の韓国系住民が住んでいるとか、、、、(ダーウィン近郊の人口は12万人、北部準州は24万人)恐ろしい。。。 蓮舫さんの二重国籍問題は上記のようなこともあり大変気になります。私も初めてオーストラリアのウェブサイトで「オーストラリアの市民権を取ることが出来るかどうかチェックできるサイトで、チェックしてみましたら、私は今日にでも申請ができるのだそうですよ。わーい。Australian Citizenship Qualification Quiz  まあもちろん私は普通に遵法精神を持ち合わせていますので、こっそり二重国籍なんてやりませんけれどね。もしも国籍を日→豪に変えてしまったら日本に帰る時には観光ビザで、長期滞在もできないという、、、、実際に二重国籍がOKな国の人をうらやましく思ったりすることもないではないですよ、フィリピンとかね。 な~んて国の制度に文句を言ったってしょうがない。移民国家のオーストラリアと日本では国籍に関する考え方が全然違いますからね。オーストラリアは国土の割に人口が少ないので、政府は必死に増やそうとしているのです。フィリピンの場合はよくわかりませんが、発展途上国なのでフィリピン人のままでいようとする人が少ないからかもしれませんね。二重国籍不可にしちゃったら海外に出ている人たちは皆すぐにフィリピン国籍を捨ててしまうと思いますから、日本人とはずいぶん違う。 これを機会に国籍についてよく考える機会となればよいなと思います。「政治なんて誰がやっても同じ」ではないことを民主党が証明しましたし、今度は日本人が知らないうちに「自国の運命を左右する政治家の中に外国人がいっぱい」という事を民進党が知らせてくれそうです、怖い怖い。皆で注視していきましょう。  それではいつも応援ありがとうございます。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村          

      93
      2
      8
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 騙されていたことに気が付いたのかもしれませんね

      民進党の党首選、面白いことになってきましたね。蓮舫氏の二重国籍問題もさることながら、候補者集会で発した前原氏、玉木氏、蓮舫氏の民主党政権与党時代のコメントが興味深い。前原氏は旧民主党政権の失敗を謝罪し、玉木氏は「謝ってほしくない」と涙ながらに訴え、蓮舫氏が「男なら泣くな」と言ったのだそうです。過去の政策への認識が全然違うことに驚きますし、また成人男性、それも百戦錬磨の政治家が集会で号泣するとはよほどのことだと思い、色々考えてな~んとなくわかりましたよ! ここからは、私の想像、妄想、あてずっぽうです。旧民主党時代の政治が日本に大打撃を与え、国力を弱らせ、国民が暗い3年間を過ごしたことは間違いないと思います。そしてその日本弱体化政策を”狙ってやった”か、”図らずもそうなってしまった”、という立場の違いが、上記の対応に大きな違いが出たのではないでしょうか。どちらがどちらとは申しませんが、いわゆる”売国奴”であれば、過去に行った政策に悔いなどはこれっぽっちもなく、再び日本を壊滅させるためであれば、何だってやる覚悟でしょう。方や「日本はこのままではいけない!いったん破壊して新しい日本を作りましょう!」なんて言葉に騙されて、うっかり日本破壊工作の片棒を担ぐことになってしまった人は、今頃薄々気が付いて、後悔をし始めている頃のはず。(良心がおありなら) というわけで、率先して日本を弱体化させた人と、うっかり騙されちゃった組の人との差が顕著になりつつあると推測しております。どちらがどちらというのは私はうっかりここで明言するわけにもいきませんので、皆さまよく考えてくださいましね。 最後に一言。。。左翼志向の方々は他罰志向が強く「あれはだめだ、これはだめだ」と言って権力者側を大きく批判します。監視の目を光らせるのは良いことなのですが、そこをスパイやら工作員やらに付け込まれて、うっかり日本を崩壊させるお手伝いをしてしまうことになるのです。という事で、左寄りのラブ&ピース系の方々、気を付けましょうね。またもちろん右寄りの人たちも極端になると今度は愛国者のふりをした人たちに取り込まれ、排他的になりがちですので、こちらも気を付けましょう(と、これは私が自分に言い聞かせているのです) おお、なるほど!と思った方はこちら↓をクリックお願いいたします。いつも読んでいただきありがとうございます。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村         

      75
      1
      3
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 今だから言えることーあれは中国のスパイだった?

      オーストラリア北部準州の政権が変わりました。なんと首席大臣も副首席大臣も落選してしまいましたので、私も今だから話せることがボチボチ、、、、というのも当時は私も見張られていたようなのですよ、、というお話を。 私はテリー・ミルズ氏が首席大臣であった当時に北部準州に勤めていました。ミルズ氏が東京への公式訪問でオーストラリアをはなれている時に、ダーウィンで議会を招集し、首席大臣の交代の決定が行われました。(クーデターみたいなものですね)東京で公務を行っていた一行は急きょ帰国することになり、私もその使節団の一員だったのですが、もちろんダーウィンに戻ってきたら首です、クビ。その時に妙なことがあったのですよ、、、、 私のCDU学生時代の同級生の女性のご主人である大陸系中国人の男性という、非常~に関係の薄い方が政府の他の部署にいたのですが、私が保守党政府のアドバイザーになったころからやたら声をかけてくるようになりました。合えば立ち話をする程度の中だったのですが、私がクーデターで職を失ってから、お茶でもしませんかという連絡があり、「一体何の用が?」と思いながらも、お茶をごちそうになりました。 それから2か月に一回くらいでしょうか?「ランチを一緒にしましょう」とか、「コーヒーでも飲んで近況報告を」しませんか、などという話が半年ほど続きました。合えば世間話で「最近どう?」なんて話をするくらい。そしてパタッとやみました。今ではメールも電話もありません。 そこで気が付いたのですが、彼は私を通じて元の上司の首席大臣の動向を探っていたのですね。そういえば「テリーは元気?」「今どうしてるのかな?」とか聞かれましたね~~ 良そうですけれど、復讐のために首席大臣の職を奪い返そうとするのではないかと疑っていたようですね。まあ、そんなことをするような性格の方ではなかったのですけれど。実は、ミルズ氏とは全く関係のないところで、ジャイルズ首席大臣に対するクーデターが何度かあったのですが、党内に圧力をかけて何とか抑え込み続けてきたようです。しかし今回の選挙ではさすがに住民全体を押さえつけることは抱きなかったのか、落選しました。 やっぱりお天道様は見ているのですね~悪いことはしちゃいけません。百歩譲ってクーデターは良いとしても、それを公務で海外出張しているときに欠席裁判のような形でやるのは良くない、卑怯ですよ。 さてスパイの話に戻りますが、中国系の方々は普通の一般市民のような顔をしていても色々情報収集しているんですよ。他にも色々目撃しました。日本もその点は見習わなくっては!特に海外在住の皆さま~頑張って日本の目となり、耳となりましょうね~ それではいつも読んでいただきありがとうございます。 にほんブログ村 ワーキングホリデー ブログランキングへ にほんブログ村    

      62
      3
      3
      テーマ:

プロフィール

Sachi Hirayama

自己紹介:
2006年よりオーストラリアに住んでいます。いまだにカルチャーショックの日々です。特に西洋人との違い...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
23619 位
総合月間
7142 位
海外
204 位
ハンドメイド
540 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。