ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月17日

言葉より強く価値を伝える方法

テーマ:●ビジネス書評

ずいぶん前から楽しみにしていた本がついに発刊になりました。


ネット動画界のドン、水越浩幸さんの「これからの中小店は『動画』で販促・集客しよう!」です


れからの中小店は「動画」で販促・集客しよう! (DOBOOKS)


水越さんのユーストリーム番組「メディカツ」には、これまでおもちゃの鑑定士の北原照久さん、歌手の岩崎宏美さん、シンガーソングライターの杉真理さん、元巨人軍の篠塚和典さんなど、民放地上波でも数字のとれるゲストがたくさんご出演しています。


しかし本書を読みますと、「メディカツ」も一朝にして人気番組に登り詰めたわけではなく、周到な準備なく放送開始してしまったエピソードや、ゲスト探しに困った時期があったことなどがあらためてわかり、何事も継続が肝心なのだと教えられます。


…ということで、いまはまさに動画の時代


コトバや図解でも伝わらない商品の説明ができたり、販売している人の人柄を伝えることで共感が広がったりと、ビジネスをする上で「動画」ほど頼りになるコンテンツはありません


ただでさえ、人びとは長い文章を読みませんし、なかなか理解もしてくれない。


ユーストリームのほかにもニコ生やYouTuberも市民権を得ており、もう「テレビがつまらないからインターネットで動画でも観るか」というよりも、「今日はネットでアレを観なきゃ」と、目的的に視聴される時代なのです。


なにしろ、ユースト配信をしている人は“メディア側の人”、ユーストを観ているだけの我々は“ただの人”です。


この差は大きい。


とはいえ、メディカツのように毎週、面白いコンテンツを送り続けるのは容易ではありません。


それゆえ「ちょっと面白い番組」を流しさえすれば、「ちょっと人気の番組」ができあがります。


たくさんの人に流し見される地上波のような番組ではなく、一部の人に熱く支持されるニッチな番組


それでこそ、あなたのビジネスにファンが生まれ、大きな貢献が見込めるのです。


「それなら、ユーストを始めてみようか」


そう思った人にぴったりの手引き書が「これからの中小店は『動画』で販促・集客しよう!」なのです


水越さんのお人柄同様、やさしく、わかりやすく、具体的に書かれているのがうれしい一冊。


あなたのビジネスモデルに合わせた番組コンセプトの設定から、失敗しない機材選びのコツまで、本書を読めばとにかくあなたも“メディアの人”。


本書を読んだ人のなかから、「自分TV」でビジネスの拡大に成功する人たちがぞくぞく誕生することを熱望いたします。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月07日

製品の特長・機能は言わない

テーマ:├キャッチコピーの奥義

自社製品のキャッチコピーを書くとき、何を伝えるべきだと思いますか?


自社製品の機能や特長、こだわりを言いたい。

他社製品、競合に勝っているポイントを盛り込みたい


とうぜん、そう考えますよね。


しかし、それではよいキャッチコピーにはなりません


あなたの製品の機能・特長やこだわった点などに、お客さまは一向に興味がないからです。


その機能・特長のおかげで、私はどんなメリット・便益が、あるいはおいしさがあるの?


ということが、お客さまの関心事だからです。


例えば、太陽電池やベルトコンベアの架台をステンレスに変えた製品をアピールするとします。


第1段階) 「架台にステンレスを採用。」


お客さまの反応「そうなの? キレイな製品なのかな…」


これでは価格の高さを気にする気持ちに負けてしまうかもしれません。


第2段階) 「10年サビないスーパー架台!」


お客さま 「10年もサビないのはいいね。保証とかつくのかな」


サビないことが10年つづくと、具体的な良さがイメージできます。


第3段階) 「メンテナンスコストを4分の1に!」(※当社比)


お客さま 「おっ! コスト削減できるね。社内提案できるかも」


会社にとってのメリット、便益が明確になりました。


第4段階) 「海辺から2キロ以内の作業場にオススメ!」


お客さま 「ウチのことだ…見積もりだしてもらうか…!」


段階が進むにつれて、お客さまの心境にどんどんちかづいて行きます。


製造上の特長を、お客さまがメリットを自分ごととして感じてもらえるところまで伸ばして書いたキャッチコピーこそ、お客さまに刺さる1行となるのです。


ふろく/PS : 実は、もっともよくみられる「第0段階」は、次のようなキャッチコピーです。

第0段階) 「ついに架台はここまで来ました!」

お客様「なにがどうしたんだよ、わからんよ」






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月29日

九州の復興を支援するために

テーマ:●浅草日記

全国の商工会議所様を訪ねているとよいことはたくさんあるのですが、気がかりとなることもあります。


それは、災害などが起きてしまった時です。


現地で出会った方がたや、街角の情景を思い浮かべてしまいます。


先の熊本・大分地震でも、熊本商工会議所様や八代商工会議所様、そして大分商工会議所様にお呼びいただいた時のことを思い出し、いまもご苦労が続いているのではないかと考えてしまいます。


東京から、いくら思ってみても届きませんが、それでもできることはあります。


講師仲間の佐藤志憲さんがボランティアで行うのが、7月10日(日)の「九州・熊本地震復興チャリティセミナー」です。

↓facebookページ

https://www.facebook.com/events/154853941596639/


参加費は実費を除いて、すべて被災地に義捐金として寄付されます


こういう形でも、支援はできる。


多くの方にご参加いただきたい、意義のあるセミナーです。




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年06月28日

自社技術から商品開発へ

テーマ:├新規事業・商品開発術

ものづくり企業は「ウチは技術では負けない」とお考えのところが少なくないと思います。


ただ、その技術は生産・製造技術であることが多いのも事実です。


たとえば、切削加工技術、射出成型技術、研磨、プレス、絞り、実装技術などなど。


受注した製品を高精度で仕上げる技術ですね。


あくまで製造技術ですから、それを核とする新規製品の誕生に直結するかどうかは微妙です。


多くの中小製造業は、こうした自社の製造技術を生かし、だれもが認める成長分野に向けて製品を開発しようとします


たとえば、金属加工技術を生かして介護用品をつくる、などのように。


しかし、その製造技術が市場ニーズにおいて価値を持つかどうかは別の問題です。


「だれもが有望視する成長分野だから売れるはず」では、ちょっと頼りないですね。つまり、


 自社技術×成長分野


であるなら、翼は片方だけ。うまく飛べるかどうかわかりません。


「ウチの自慢の技術だ」は、素晴らしい翼であるといえます。


くわえて、使用現場の切実さ、使用者の表情を思い浮かべるところまでいってこそ確かなニーズをつかめるのです。なので、


 自社技術×切実なニーズ


であるなら、唯一でニッチ、大手企業とは違う道筋が見えてくる。


ニーズ開発よりもシーズ開発を優先することで、自社の個性とユニークさが発揮されます


マーケティング戦略、などと固いことはいいませんが、切実に欲しがってくれる人の都合を懸命に考える時間は、きちんととりたいところです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月26日

地方紙はじぶん紙

テーマ:●発想のコヤシ

新聞社が、改善せよとの指摘を受けているのが「押し紙」です。


押し紙とは、新聞社が販売店に押しつける余分な買い取り部数のこと


たとえば朝日新聞では公称660万部のうち、25~30%が押し紙とされ、実売部数は400~500万部となります。


他社で似たような状況にあるところもあり、毎日新聞も30%ほどは押し紙ではないかとされています。


新聞を習慣的にとっている高齢者世帯も漸減しています。


「ネットとテレビで十分」とする世代は、もちろん拡大中。


捏造記事などの発覚も、少なからず影響を与えました。


情報源の中核であった新聞も、今後は一社、また一社と減っていくのではないかと思います。


と、そのような中で地方紙が注目されています


各県には、だいたい1紙は地方紙があり、ご当地ではかなりの率で購読されているのですが、なぜ地方紙は元気なのでしょうか。


「自分ごととなると人は動く」といわれますが、掲載されているニュースは地元で話題となっている事柄ですし、なかには地元の人びとの紹介をローテーションのようにして掲載していく新聞もあります。


自分の会社や学校も掲載されますし、知り合いが載っていることもすくなくない。


そうなると、購読しないことには周囲と話が合いませんし、「ウチの子が載った!」と自慢もできません


いわば、SNSの紙版です(なんだか順番が逆のような気もしますが)。


SNSとはいえ、大手紙と違ってインターネットの影響を受けづらいのですね。


著名な投資家のウォーレン・バフェット氏も、全米の地方紙63紙を買収したと伝えられています。(アマゾン創業者のジェフ・ベゾスもワシントンポストを買収)


こう考えると、全国紙と地方紙は似ているようでまったく性質が異なっていることがわかります。


地方紙は紙面のつくり方しだいで、まだまだ面白いビジネスとして伸びていくところが出てきそうですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。