ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月18日

なんとか間に合った「君の名は。」

テーマ:●浅草日記

あまりにも評価が高いアニメ作品であり、「オチがある」なんて言われると、本編を観る前に誰かの囁きを聞くことになるのではないかとの危惧もあって観に行きました


その感想は。
 



美しい。とにかく映像が美しい。


キタノブルーではなく、シンカイブルーと呼びたくなるような淡い青紫の世界。


暗箱カメラの登場が印象派を生んだように、実写と見まごうCGの進化が「絵」であるがゆえの表現の可能性を開いた


そこへ、RADWIMPSの疾走感あふれるJ-POPが乗っかり、言葉が刺さってくる


モチーフは極めて日本的です。


新宿やスカイツリーなどの高層建築と、対照的なひなびた村


若者も、とうぜんのように参加する伝統行事


日常のなかに起こる、天災


これは世界中に観てもらい、日本を知ってもらうのにうってつけの作品だわ

そんな風に整理してしまっては身もフタもないのですが。


以下はネタバレです。これから観る方は、後日にお読みいただけると幸いです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに、もうひとつの日本らしさは「入れ替わりもの」です。


「転校生」ですよね。


しかし、ウォーレン・ベイティの「天国から来たチャンピオン」を好きだったおじさんとしては、どうしても比較してしまいます。


あのラストシーンは感動的でした。


それだけに、あれと同じ「オチ」を持ってこられると、予想がついてしまい、しらけてしまうことは否めません。


 

「君の名は。」では、流星が落下するという天災から村人を守るために主人公らが奔走する(「オーロラの彼方に」?)。


大切なはずの名前を互いに忘れてしまう二人。


美しい天体ショーのような隕石落下をカタルシスとして、ストーリーは盛り上がります。


そして、ラストの決めシーンへ。


本家から40年近く経ち(2002年にリメイク作品あり)、ラストへいたる味付けが違えばいいのでしょうかね。

若い方向けの1品。

 

何も考えずに観たら、全編RADWINPSの長いプロモビデオだったりして。

 


(帰りに映画館の売店で「この世界の片隅に」のプログラムを買って帰ったのでした。この映画のことは、思い返すだけでも泣けます。)


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月16日

ユースト番組にゲスト出演しました

テーマ:●テレビ・ラジオ出演

室井俊男さんが主宰するユーストリーム番組、「一生成長TV」にゲスト出演しました。
 


室井さんは「できる上司とダメ上司の習慣」や「リーダーの教科書」(いずれも明日香出版社)などのベストセラーがあるコンサルタントさんです。

  

この放送では、なぜマーケティングコンサルタントになったのか、なぜ全国で講演活動をするようになったのか、[ノートパソコン]を命名したいきさつは? など、いろいろお話させていただきました。

 

1時間ほどの出演動画をアーカイブでご視聴することができます

動いてしゃべる弓削を観たい方はぜひどうぞ。


↓ご視聴はこちらから!

「一生成長TV」

 

 

 

 

 

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月15日

あけましておめでとうございます

テーマ:●浅草日記

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、トランプ景気とかトランポノミクスなんていわれまして、

雇用創出(恐喝?)やインフラ投資など、ベタな景気対策が米国の景気を刺激、ドル高となるために円安傾向がつづき、株高になる、ということで、なんとなくよさそうな2017年のニッポン。

 

どうなるかなんて誰にもわかりませんが、
目の前の課題をひとつひとつクリアしていくのみです。

 

2017年の弓削の活動は、

支援先企業へのマーケティング支援をメインに、

講演・セミナー講師活動、

ラジオなどメディア出演と出版に注力をしてまいります。

 

どうぞ、あいかわらずよろしくお願い申し上げます<m(__)m>

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月26日

買えないと買いたくなる

テーマ:●発想のコヤシ

あえて情報を伝えずに、ジラすのがティーザー広告


これに対して、わざと売らないことで欲しい気持ちをあおるのがディマーケティングです。


先日、テレビで観たのは「賞味期限が1時間(!)のモンブラン」。


東京・杉並にあるそのケーキ店では、お持ち帰り時間が1時間以上であればモンブランのお買い上げを断っているというのです。


その理由は、モンブランの土台となっているメレンゲのサクサク感が、時間がたつと損なわれてしまうから


「お断り」されるお客様も、味や食感を大切にする本格志向が伝わり、なんだか逆に感心してしまいますよね。


同じようなディマーケティングでは、パン屋さんの事例もあります。


新規開店したばかりのパン屋さんが、あえて少量のパンしか焼かない


すると、混み合うはずのお昼前には売り切れてしまう。


お客様は「すごい人気だな。美味しいからなのかな?」と考えて、次回は早めに来店したり、並んだりする。


それを見た通りすがりの人が、「午前中から行列ができるほど人気なのか!」と考えて、自身も来店意向を高める、というわけです。


ラーメン店などでも同様ですね。


店内のカウンターに置く椅子の数をあえて少なくしておき、お客様の待ち時間を延ばす


昼が近づく頃には店外にも行列ができる。


行列するお客様というのは何よりの“POP”ですから、販促効果は抜群です。


口コミが起きて、尾ひれもつき、「あそこは旨いらしい」とウワサが広まる。


スタートダッシュに成功して、ほんとうにまぁまぁ美味しければ、あとは椅子の数を適正に戻してもお客様は通ってくれるでしょう。


単純に売り込むだけでは嫌われてしまうこともある時代がゆえの、売らないマーケティング


とはいえ、セールスに消極的であるだけでなく、買いたい気持ちを育てるような戦術のあることが重要なのですね。





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月21日

ウチの工場はどこへ行く?!

テーマ:●発想のコヤシ

中国からの撤退、もしくは事業の撤回・縮小を企図する日本企業は増えています


その理由は、中国の人件費高騰、尖閣などくすぶる反日政策、人民元高、労働争議の頻発、撤退時の大変さ、知財侵害、各種の規制・参入障壁、バブルの崩壊など。


中国からベトナム、インドネシア、ミャンマーなどへ、あるいは国内へ工場を移転していく動き。


とはいえ、たとえばベトナムにはまだまだ製造業の下地がない。それを順調に立ち上げるにはどうすればいいか


この問題を解決するやり方が、優秀なベトナム人たちを日本の工場でみっちり研修し、その間に建設した現地工場にリーダーとして戻すことでロケットスタートを実現するという作戦でした。

その一方で、ベトナムなどへ移転したアパレル系企業は生地やボタン、糸などを近隣の他メーカーから調達できずに「機会損失が起きた」という話が伝わってきました。


アパレル──ファッション産業とは、流行に乗っかったアイテムを速く店頭に並べなければ、売り逃がしが起きてしまうビジネスですから、生産のスピードは重要なのですね。


つまり、中国といえどもそれなりに成熟した生産体制があり、製造業を成立させるだけのサプライチェーンの集積があったということに気づかされるわけです。


デリバリーを考えても、東南アジアなどの国々は中国に比べてちょっと遠方でもありますし。


ところが、アメリカ新大統領のトランプ氏に中国は目の敵にされており、今後、関税が45%(?)になったりするかもしれない(?!)


さぁさぁ、いったい日本企業はどうすればいいのだ!!


昨年、私は中国の製造業の現場を取材しに、シンセン、広州、香港を訪れたわけですけれど、その時の同行者で、今月も同じような現場を見てきた人によれば、「また、ずいぶん変わっていました」とのこと。


アジアの時間は日本国内の流れとは異なり、矢のように飛ぶ


ということで、ある見方があるときは正解であっても、次の瞬間、それは誤りとなる。


また、マクロな見方は、かならずしもミクロな視野での正解とも限らない


以前から言っていますが、中小企業が巨大投資をして海外へ進出し、日亜(先進国と新興国)の異なる時間軸をコントロールしようとするのには無理があるのですよ。

(そんなことを言っても、私の支援先企業で上海・香港に現地法人があったり、広州に子会社があったり、韓国・台湾に製造委託しているところもあるのですが)


ただ、あれだけ大勢の消費者、ユーザーが住んでいる地域もないもので、市場として対応していくには越境ECという選択肢もとれる。


国内生産にこだわって成功する方法もある。


リスクをとらないことがリスク、という言い方もできますが、やはりリスクはリスクなんですねぇ。




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。