ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月29日

九州の復興を支援するために

テーマ:●浅草日記

全国の商工会議所様を訪ねているとよいことはたくさんあるのですが、気がかりとなることもあります。


それは、災害などが起きてしまった時です。


現地で出会った方がたや、街角の情景を思い浮かべてしまいます。


先の熊本・大分地震でも、熊本商工会議所様や八代商工会議所様、そして大分商工会議所様にお呼びいただいた時のことを思い出し、いまもご苦労が続いているのではないかと考えてしまいます。


東京から、いくら思ってみても届きませんが、それでもできることはあります。


講師仲間の佐藤志憲さんがボランティアで行うのが、7月10日(日)の「九州・熊本地震復興チャリティセミナー」です。

↓facebookページ

https://www.facebook.com/events/154853941596639/


参加費は実費を除いて、すべて被災地に義捐金として寄付されます


こういう形でも、支援はできる。


多くの方にご参加いただきたい、意義のあるセミナーです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「●浅草日記」 の記事
2016年06月28日

自社技術から商品開発へ

テーマ:├新規事業・商品開発術

ものづくり企業は「ウチは技術では負けない」とお考えのところが少なくないと思います。


ただ、その技術は生産・製造技術であることが多いのも事実です。


たとえば、切削加工技術、射出成型技術、研磨、プレス、絞り、実装技術などなど。


受注した製品を高精度で仕上げる技術ですね。


あくまで製造技術ですから、それを核とする新規製品の誕生に直結するかどうかは微妙です。


多くの中小製造業は、こうした自社の製造技術を生かし、だれもが認める成長分野に向けて製品を開発しようとします


たとえば、金属加工技術を生かして介護用品をつくる、などのように。


しかし、その製造技術が市場ニーズにおいて価値を持つかどうかは別の問題です。


「だれもが有望視する成長分野だから売れるはず」では、ちょっと頼りないですね。つまり、


 自社技術×成長分野


であるなら、翼は片方だけ。うまく飛べるかどうかわかりません。


「ウチの自慢の技術だ」は、素晴らしい翼であるといえます。


くわえて、使用現場の切実さ、使用者の表情を思い浮かべるところまでいってこそ確かなニーズをつかめるのです。なので、


 自社技術×切実なニーズ


であるなら、唯一でニッチ、大手企業とは違う道筋が見えてくる。


ニーズ開発よりもシーズ開発を優先することで、自社の個性とユニークさが発揮されます


マーケティング戦略、などと固いことはいいませんが、切実に欲しがってくれる人の都合を懸命に考える時間は、きちんととりたいところです。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月26日

地方紙はじぶん紙

テーマ:●発想のコヤシ

新聞社が、改善せよとの指摘を受けているのが「押し紙」です。


押し紙とは、新聞社が販売店に押しつける余分な買い取り部数のこと


たとえば朝日新聞では公称660万部のうち、25~30%が押し紙とされ、実売部数は400~500万部となります。


他社で似たような状況にあるところもあり、毎日新聞も30%ほどは押し紙ではないかとされています。


新聞を習慣的にとっている高齢者世帯も漸減しています。


「ネットとテレビで十分」とする世代は、もちろん拡大中。


捏造記事などの発覚も、少なからず影響を与えました。


情報源の中核であった新聞も、今後は一社、また一社と減っていくのではないかと思います。


と、そのような中で地方紙が注目されています


各県には、だいたい1紙は地方紙があり、ご当地ではかなりの率で購読されているのですが、なぜ地方紙は元気なのでしょうか。


「自分ごととなると人は動く」といわれますが、掲載されているニュースは地元で話題となっている事柄ですし、なかには地元の人びとの紹介をローテーションのようにして掲載していく新聞もあります。


自分の会社や学校も掲載されますし、知り合いが載っていることもすくなくない。


そうなると、購読しないことには周囲と話が合いませんし、「ウチの子が載った!」と自慢もできません


いわば、SNSの紙版です(なんだか順番が逆のような気もしますが)。


SNSとはいえ、大手紙と違ってインターネットの影響を受けづらいのですね。


著名な投資家のウォーレン・バフェット氏も、全米の地方紙63紙を買収したと伝えられています。(アマゾン創業者のジェフ・ベゾスもワシントンポストを買収)


こう考えると、全国紙と地方紙は似ているようでまったく性質が異なっていることがわかります。


地方紙は紙面のつくり方しだいで、まだまだ面白いビジネスとして伸びていくところが出てきそうですね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月22日

会社案内のつくり方

テーマ:├チラシ・カタログの作法

これだけウェブに注力する風潮が広まっても、やはり会社の信用力をカタチにした「会社案内」は必須のようです。


本記事では、会社案内を制作するにあたり、企業担当者が何をどのように考えなければならないかについて書きます


さて、会社のえらい人から「会社案内を改訂するように」と言われたからつくる、ということでは実効性のあるツールとはなりえません。


なんのために、誰に向けて、何を訴えるのか


ここから考えていかなければ、ただのウェブの紙版と堕してしまうのです。


では、順番に項目別で見ていきましょう。


●目的は?


営業支援寄りの会社案内としたいのか、それとも理念を伝えるブランディングツールとしたいのか…


いずれにしても、結局、自社のウリはなんなのか? が明確でなければデザイナーさんへのオリエンテーションもできないでしょう


企業のメディアとしては、下記のようなものがあります。


・企業サイト

・通販サイト

・SNS

・商品/パッケージ

・展示会

・プレスリリース/広告

・製品カタログ


これらのアイテムの中で、どのように有機的な連携と補完性をはかっていくのか。

会社案内の位置づけを、明確に考えなければなりません。


●対象は?


会社案内よりも学生向けの入社案内の要素が強かったり、環境報告書/CSR的な性質が強いケースなど、読み手の中核をどこに置くかも重要です。


取引先(主に新規先)であれば、生産機械の型番など、充実した生産体制を訴求するページが必要でしょう。


あるいは、金融機関・投資家を対象とするなら、財務諸表や売上げ推移など、IRっぽくなるかもしれません。


はたまた学生向け、つまりリクルート目的であれば会社の施設、社会貢献の報告などに重点が置かれるかもしれません。


●内容項目は?

上記の項目を決め込んだ上で、実際に入れ込む内容項目を検討します。


・企業理念

・代表挨拶

・事業内容

・技術・商品

・歴史・沿革

・組織図

・会社概要


●規格・仕様は?


つぎに判型とサイズ、ページボリュームをどうするか、ですね。


ふつうはA4タテの中綴じ(背中をホチキッス止め)、12ページ、16ページですが、変形サイズもありです。


郵送の都合(封筒サイズ)に合わせる、ということもあるでしょう。


A4サイズでもヨコ開きにする、真四角にする、観音開き、蛇腹にする…。


カバー式にして、内容はすべて1枚ものを挟む


ページものにはするけれど、「会社概要」は変更が多いので、別に1枚ものでつくり、印刷コストを下げる。


興味を抱かせ、開いてもらえるようなギミックとして、表紙に穴をあける、高級感が出るようにカラ押しをする、などなど。
デザイナーさんに提案してもらうのもいいでしょう。


●業者選定は?


どこに依頼すればいいのか。。どちらの中小企業も悩んでいる点です。


見積の安いデザイン会社で納得のいかないつくりになったことがある。


しかし、価格の高いデザイン会社が必ずよいツールをつくるとは言えない、

かといって印刷会社に依頼すれば陳腐なものができる。。


最近は、クラウドソーシングも選択肢に入れてみてはどうか。


など、カタギ(?)には不案内な世界であるだけに、どうやって決めたらよいかを、決めかねている状態です。


実は「どの制作会社に依頼すればよいか」というコーディネートは、弓削がご支援先から期待される重要なポイントのひとつです。


●スケジュールは?


まず、制作の企画やコンセプトを決める、そして業者を選定するわけですが、具体的なステップとしては、


・コンセプト決定

・業者選定、オリエンテーション

・企画・構成案決定

・素材収集/撮影/CG加工/イラスト

・キャッチコピー(取材/インタビュー)

・デザイン

・プレゼンテーション

・決裁者承認

・修正・確認

・印刷入稿


制作者のタイプによっても異なりますが、おおまかには上記のように進みます。


実際の日数は制作会社さんにスケジュールを出してもらいましょう


社内のご担当者としては、競合も含めた他社の会社案内をできるだけ収集し、分析して参考にするとよいでしょう


そうすると、「なんの会社かわからない」ような独りよがりの失敗例などが目につき、自社ではこうするまい、という客観的な視点を持つことができます。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年06月14日

大前研一氏の本

テーマ:●浅草日記

大前研一氏の著書は以前から読んでいますが、点数が多いので全部は読めていません。


目につくたびに古書も含めて入手しているのですが、先日、読み終えたのが「考える技術」。



2004年発刊の本です。


このなかで、大前研一氏はさまざまな予想や分析を披露しているのですが、とりわけ「さすが!」と再認識させられたのが、スマホを予想しているくだりです。


2004年当時はまだガラケーの時代であり、iPhoneの登場は2007年まで待たなければならない段階。


しかし、彼は「5年後の携帯電話はこうなる」として、サーバーからダウンロードして聴く音楽プレーヤー、「○○とは?」と声で検索できたり、GPS機能で「近くのイタリアンは?」と問える音声認識機能、そしてケータイはパソコン化していくだろう、などと予想


すごいですね~。。


私たちの問題は、大前氏の過去予想を答え合わせすることはできるけれど、直近でなされた予想のどれが当たるのかが不明な点。


しかし、日本を代表する知性であることはまったく疑いがありません


かつて読んだ「企業参謀」をもう一度、読み返したくなりました。


きっと、初めて読んだときには気づかない凄みが再発見できるのではないかと思うからです。


ところが、本棚のどこにあるのか、くたくたになったので捨ててしまったのかがわからない。


いまどきは電子書籍で読めばいいのでしょうかね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。