ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月01日

一部のクレームにどう対応するか

テーマ:●発想のコヤシ

こんなストーリーを聞いたことはありませんか。


累計12億冊のヒット商品、[ジャポニカ学習帳]の表紙写真


10年ほど前から、保護者や教師から、昆虫だと気持ち悪い、買えない、という「意見」を受けて発売を終了。


結局、表紙写真は花など植物のアップだけになりました。


ところが2015年、歴代表紙の人気投票をおこなったら、上位のほとんどが昆虫という結果に…。


これは、クレーマーを揶揄する格好のネタとなりましたが、事実は少し違います


寄せられたのはクレームではなく、「ウチの子がダメみたいなんですが、他の表紙はありますか?」、あるいは先生が一括購入する際に「別のデザインはありますか?」という“お問い合せ”だったのです


ところが、例えば「国語」で製造されている表紙は1種類のみ。


昆虫がダメなら、その科目の学習帳を買うことができません。


「それなら誰でもOKの写真にしよう」という、シェアトップの企業としての思いやり、またはリスクを減じたという結果なのです


しかし、世の中にはごく一部の、そして声の大きな、偏った意見の人に引きずられて、誤った対応をしてしまう例がよく見受けられます


もちろん、販売量から考えられる閾値を超えた、統計上の優位なサンプル(回答者)数からクレームが来ていればしかたありません。


しかし、ノイジー・マイノリティ(声の大きな少数派)の後ろに、サイレント・マジョリティが広がっているのが実際のところ。


“おもてなし”がいきすぎる──。


私も、支援先企業へ届いたクレームには真摯に回答(代筆)しますが、それを受けて施策を変えるよう提案することは、まずありません。


ま、これも中小企業だから許されるのだとは思いますけれどね。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月30日

製造現場の情報化を!

テーマ:●発想のコヤシ

中小製造業の価値は現場にあり。


という意思のチカラを感じさせるサイトを見つけました。


製造現場ドットコム


製造業の経営や技術などに有益な情報提供をするサイト、です。


主宰している方は、那須直美さんという女性。


トップページは、ヤマザキマザックやAMADA、森精機など、日本を代表する工作機械メーカーさんのリンク・ロゴも目につくデザインとなっています。


こうした情報サイトは、中小メーカーさんにとってたいへん役に立ちますね。


必要な情報に効率よく触れることができる、いわばキュレーションポータルです


といいますのも、大手製造業各社はライバル会社同士であっても現場の技術者はけっこう交流しているのですが、中小製造業となるとなかなかそういう場も時間もないようなのです。


であれば、ネット経由で情報収集できたり、つながれたりすればいいわけで、こうしたサイトがどんどん出てくればいいなと思います。


中小製造業の技術者が情報収集のために閲覧するサイトは、どうしても何らかの販売やマッチングなど、マネタイズを目的としたところになりがちで、そうなると情報の公平性が失われることもあるでしょう。


あるいは「全日本製造業コマ大戦 」のような、リクツ抜きのトーナメントを核として製造業の技術者や現場の人たちが集まり、なんとなく交流にいたる、というイベントもいいですね。


そう思いついてコマ大戦のサイトを見てみますと、「製造業とメーカーをつなぐMAKER’S TICKET」なんていうバナーも貼られていて、やっぱり主催者の考えもそこにあるのだなと気づかされます。


製造業にまつわるキーワードの中には、「サービス化」「ソフト化」「知財が大切」などがありますが、「情報化」も古くて新しい課題。


技術者も、もっと「情報」にどん欲になってもいいのかもしれません



製造現場




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月26日

生産停止のリスクを回避する法

テーマ:●発想のコヤシ

熊本、大分の震災では余震が収まってきたようにみえます。


3.11のときもそうでしたが、サプライチェンの要所は全国に連なっていることを再確認させられますね。


今回も、アイシン精機やソニーセミコンダクタ、ルネサス セミコンダクタなどの操業停止により、トヨタ自動車、ソニー、ルネサスエレクトロニクスの生産・出荷に大きな影響が出ました。


トヨタは例のかんばん方式ですので、「仕掛かり品留置や部品調達をぎりぎりまで絞り過ぎなのでは?」と思いました。


また、「自然災害を恐れて生産拠点を全国に分散しているからこその影響?」とも考えてしまいました。


北陸や九州は震災の少ない地域として評価されています。


それゆえ、とくに北陸はデータセンターなどがかなりの集積を見せています。


いずれにしても、1地域の影響がかつてより高まっているのではないでしょうか。


こうしたことに対応する方法として、2つのことをご提案したいと思います。


ひとつは、生産能力のある工場のデータベース化。


ふだん、つきあいはないけれど、次善の候補として発注できる工場の情報を共有する、または閲覧できるポータルをつくるのです。


イプロスなどはこれに近いはたらきを持っていますが、ことが起こってからの検索、商談では間に合いません。


きちんと対応可能な工場をリストアップしておくイメージです。


こう考えたのは、3.11でペットボトルのキャップ製造が停まってしまったことからでした。


震災後、キャップ生産の能力を有している富山県の工場が、「生産受注量になんの変化もありませんでしたよ」と話すのを聞いたのです。


発注側は生産能力のある工場を知らず、工場側は生産停止の事実を知らない


ここに情報のスタックがあったわけです。


もうひとつは、同業の工場同士の協業化


生産工場は、災害時に他工場へ仕事をとられてしまえば、その仕事はまず戻ってきません


そうなってしまうくらいなら、最初から遠隔地の“代替工場”を決めておいて、有事の際に紹介するのです


そして、自工場に生産能力が戻ったら、仕事を返してもらう


お互いに約束をしておく関係です。


こうすれば発注側も安心ですし、生産工場側も失注することがないのです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月23日

他人のいかない道を選ぶ

テーマ:●発想のコヤシ

少し前に熱帯魚用製品の価格が高すぎる、という記事を書きました。


道に落ちていそうな石が数千円、植え込みに引っかかっていそうな枯れ枝も数千円、という市場です


水槽の水をろ過する機器類も、パフォーマンスの割に高価格。


初期不良も多く、すぐに故障したり、部品が割れたり、それでいて
短期寿命。


いまどき、オンオフのスイッチがなく、プラグの抜き差しで通電をするのですよ


しかし、私もアマゾンで「買い合わせ商品」(2000)に少し足りなかったとき、500円の枯れ枝(流木)を買ったところ、思いがけずよい形状のものが届いたので「これはいい、安い買い物をした!と思ってしまいました。


もう、術中にはまっていますよね。


そんなところから、先日、水槽水のろ過技術も開発できそうなとある会社の社長さんに熱帯魚市場の説明をしたところ、

「なぜ参入する会社がないのだろう?
ああ、市場が小さいからだな」
と納得していました。


実際のところ市場規模は大きくありません。


しかし市場が大きければとっくに大手企業が参入してきていることは事実でしょうし、技術が特段のものでなければ新興国企業も攻めてくるはずです。


逆に言えば、だからこそ中小企業が参入できる余地があるのです



有望な市場とは、大きな市場や成長市場ではありません。


小さくとも、供給をうわまわる需要がある市場です



そうした市場は値崩れが起きにくく、利幅を確保できる環境にあるといえます。


小さな市場、ニッチな市場であれば、より幸い


先述のように体力のある大手企業や新興国企業の参入もありません。


しかも、ペット産業など趣味性の高いカテゴリーは、「コレでなくてはダメ」「気に入ったので高くても買う」が成立する、一種、稀有で切実な市場


くわえて、近年は売上規模が漸減していますので、撤退する企業はあっても、新規参入を企図するところはない


これ以上においしい市場って、なかなかないですよね。


他社と同じ発想をしていては、自社固有の市場をつかみとることはできないということです





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年05月12日

半世紀前の卓見

テーマ:●浅草日記

最近の日本映画は面白くなっていると感じますが、昭和の作品はさらにその上を行きます。


1966年の東宝作品「クレージーだよ 奇想天外」を、いまさらのように観ました。


物語は、地球から戦争をなくす使命を帯びて派遣された宇宙人エージェント(谷啓)が、文化の違いに戸惑いながら、すったもんだの末、核開発計画を阻止する、というもの。


タイトル通り荒唐無稽なのですが、劇中、宇宙人としての疑問や、精神異常者ゆえの発言などが耳に留まります。


「君はお金で買えないものはない、と言ったよね?」(弟の重病に悩むヒロインに、谷啓が)


「どうして勉強しなくちゃいけないの?」「いい大学に入るためだよ」「どうして?」「いい会社に入るためだよ」「いい会社って?」「大きい会社だよ…」(谷啓の問いに答えるヒロインの弟)


そして、自分を総理大臣と妄想している精神病患者、植木等が告発する平和法案の狙いとは、自衛隊などの軍備を縮小し、新型核爆弾を抑止力としようというもの


基本的にはSFスラップスティック・コメディでありながら、社会風刺と警句をちりばめ、さらに愛を知らなかった宇宙人が次第に人を愛することに目覚めていく過程を描く…。


ちょうど50年、半世紀も前に制作された映画とは信じられないほど、現代に通じるテーマ性、メッセージ性を持った作品なのです。


本作は加山雄三さん主演の「アルプスの若大将」と同時公開され、東宝の興行成績の新記録を樹立しています。


翻案すればハリウッドでも通用するような一作。


お時間のある方にお勧めします。






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。