ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月27日

コンテンツマーケティングの育て方

テーマ:├コンテンツマーケティング

近年、コンテンツマーケティングというキーワードがよく語られるようになりました


背景には、ハードセルといわれるような“売り込み”が受け入れられない時代になったこと、ユーザー側に購入判断力と決定権が移ったこと、そしてSEO上も有効だから、ということがあるようです。


かつてのような「売りっぱなし」にも近い態度では長続きせず、信頼できる企業であることが求められます。


たいした技術力もなく、仕入れた製品を右から左へ動かしているだけではすぐにネット上に「あそこはダメらしい」とうわさが拡散してしまうでしょう。


企業はLTV(ライフタイム・バリュー)を意識し、顧客側も高度な専門性を求める


象徴的にいえば、あれもこれもの大量生産ではなく、1点、2点に絞り込んでいる職人の工房で商談したい、というような図式でしょうか。


そうなると、技術的背景を固め、それを真っ正直にコンテンツとして発信し続けていく、あるいは発信し続けられる企業こそが、信頼できる組織としてユーザーのアンテナに引っかかる、ということになるわけです。


ウェブで引き合いをする段階で、「顧客は必要な検討をほぼ終えている」といいます。


それは購入に際して研究が必要な商材ほど顕著で、クルマは97%、ハイテク製品は92%、(旅行は99%だそう)という調査データが出ています。


つまり、日頃からウェブで専門情報を良心的に発信し、「ここのサイトは役立つ」「ここは信頼できる」「ここで発注すれば間違いない」というステップで見込み客を育成することが必須となります。


そのためのコンテンツ形成が、標題のコンテンツマーケティングということです。


コンテンツマーケティングはリスティング広告のようなコストはかからず、SEOほど時間は要しないかもしれません。


それでも、長期戦の構えでブランディングとともに取り組んでいく取り組んでいく必要があるでしょう。


次回から、コンテンツマーケティングについて何回か書きたいと思います。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月10日

受験生の切実に刺さる

テーマ:├ネーミングでずば抜ける

受験シーズンを迎え、受かりたい切実に刺さろうとするスピンアウト商品たち


もっとも有名な

[キット勝つ](キットカット,ネスレ日本) をはじめ、

[うカール](カール,明治製菓)
[勝てオレ](カフェオレ,AGF)

 などが目につきます。


[きっちり通る](キシリトール,ロッテ)

[Toppa](Toppo,突破,ロッテ)

[うカレーめし](日清食品)

 のような苦しいダジャレが多いなか、久々に(いいね!)と思ったのが
 

[勝ちグミ](UHA味覚糖)
 



これは選挙でも使えそうですし(有権者に配るのはムリですけれど)、起業家やビジネスマンの日常的願望の受け皿にもなれそうですね。


その他、

[合格するぞハッピーターン]・[勝ちの種](柿の種,亀田製菓)

[がんばれ!受験生 麺づくりで点づくり]・[俺は勝つ](マルちゃん)

[さくらさくぱんランド](さくさくぱんだ,カバヤ) など。
 



五角形の合格箸も健在ですし、神仏にも藁にもすがりたい受験生とその家族を、ちょっと脱力気味に応援するというテイストは、わるくないですよね。



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月04日

「不格好経営」を読んで驚く

テーマ:●ビジネス書評

お昼ご飯を食べるついでに立ち寄ったブックオフで「不格好経営を買った

DeNA創業者の南場さんが書いた、起業の顛末記ですね。

 


不格好経営」南場智子 日本経済新聞出版社


今頃?


そうなんですよ。いつか読みたい、面白そう、と思っていたのですが、ノウハウ本ばかりが優先されてしまっていて。


回転ずしをつまみながら読み始めたところ、止まらなくなりました。


やらなければならない宿題はいろいろあるのにもかかわらず、読むことをやめられません。


中身が面白いから?


それもありますが、まず驚いたのは文章のうまさです。


1行目からして舌を巻いた。


   いつも私は去年の自分が恥ずかしい。


太宰治以来の名文ですよ。


その後も、小気味のいいリズム感の短文、絶妙なボキャブラリー、正確無比な「てにをは」、そしてなにより、真面目な中に飄々としたユーモアがツボで、こりゃ本人が書いていないな、しかし超一流のブックライターさんだな、と思いました。


ところが、「本書は一字一句自分で綴った」とある。


校正者はいたでしょうけれど、こんな軽妙洒脱で高踏的な文章をIT起業家が書くの?!

と、驚いてしまい、どんどん読んでしまったんです。


軽快な文体なので早く読めるけれど、ふつうのビジネス書と違って読み飛ばせない(味わわないともったいない)から、やっぱりちょっと時間がかかる。


そして、中身もとても面白い


(自分はアホだけど、賢い仲間に助けられて成功できた)と、ご本人は書くけれど、本当にアホな人に優秀な人たちはついてこない。


自身を差し置いて、社員たちを褒めれば褒めるほど自身がおいしくなるという、謙譲の我田引水。


競合企業や、もめた相手すら褒めちぎるという、褒め殺しは美談過ぎるけれど、やはりちょっと感動。


創業からこっち、DeNAが何をして成功し、何をして失敗したかは、ニュースでだいたい知っている。


その裏で進行していた、壮絶で微笑ましい事どもが、ときに熱く、ときに自虐的に語られます。


本のエンディングに向かってどう盛り上げるのか、と思っていたら、後継社長のメッセージをうまく使い、手柄を譲って終わる。


キャッチコピーを書くのにセンスはいりません、と言ってはいますが、ここまでの文章となると、実はセンスです



 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月25日

本が格差を固定する

テーマ:●浅草日記

本格的に本が売れない時代になったといわれます


英国のような階級社会では、読書層と非読書層とは明快に分かれていて、それが格差を固定する役割も果たしています


日本は、そこは柔軟ですので、スポーツ新聞やゴシップ週刊誌くらいしか手に取らなかった人も、ある日突然、不動産投資本を読んだりします


それでも、本を買う層は確実に減っている


一方で、PCやスマホで読書体験に近い情報収集をする人は格段に増えています


ゴシップ雑誌Loveの人が、体系だったリーダーシップのノウハウに触れる機会が偶然のクリックから生まれているともいえます。
 


 

また、新刊本を買わなくとも、ブックオフやアマゾンマーケットプレイスで「回読」人口に加わる人びとも膨大


つまり、なんだかんだで読書体験=活字接触の機会は増大している

 


 

それでも、本のありがたみは貴重ですね。




 学びて思わざれば即ちくらく、思いて学ばざれば即ちあやうし



専門家が考えを煮詰めた成果や実例、実体験を、ほんの千数百円で手にすることができる


人生やビジネスに、これを活用しない選択肢はありえません。


本を手に取らなければ、私たちの立ち位置は昨日と同じまま。


もともと日本人はおしゃべりではなく、余計なことを話さない人が信頼される傾向にあります。


これが南米や南欧(イタリア、スペインなど)、アジアならフィリピン人などは、人が近くにいたらずっーとしゃべり続けているのが普通です。


つまり活字ではなく、口コミの情報比重が非常に大きい。


これに対して日本では、口コミ情報は比較する限り限定的です。SNSは拡大しつつありますが、絶対的な情報量は多くありません。


口コミは、しょせん口コミであり、無責任なものです。


上記のおしゃべりな国々の経済、財政状況を鑑みれば明らかです。


私のようなおじさんになれば、本から得られる新情報・ノウハウは相対的に漸減していきます。


それでも、私は毎日、読書する


大東亜戦争が終結した直後、「本が読みたい、目がつぶれるほど活字が読みたい」という人びとがたくさんいました。


その熱量を、いま私たちも




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日

彷徨える深夜族のために

テーマ:●浅草日記

ファミレスの24時間営業がなくなっていくそうで、深夜族としてはたいへん憂慮しております


人口減少が元凶なのですが、今後もずるずると減少が続けば、コンビニも夜11時で閉店になったりするでしょう。


こうした現象に対して書きました記事がこちらなのですが、

 人口減少社会への処方箋


年初にあたり、もう少し考えました。


高齢者も元気に働く一方で、新社会人も即戦力で働けるようにする


そうなると、いまのように大学を出ても何も学んでおらず、企業があいさつの仕方や敬語の使い方から教えなければならないのでは間に合いません


大学が、専門的な学問の他に、リベラルアーツにも力を入れ、自己啓発セミナー的な授業や、コミュニケーション(もしかしたらNLPも)、あいさつやマナー、仕事のコツなども教え込んだら、就職先で喜ばれるでしょう。


となると、仮に偏差値は高くなくても「あそこの学生はすぐに打ち合わせに出せる」と評価される。


とうぜん、就職先に恵まれる


少子化で減っている受験生も集まりやすくなる


瀟洒な校舎もいらず、また著名な教授がいなくてもいい


大学院やMBAで学ぶ中身の実質的なところを教える。


「ウチは一流ではないから」と自認する大学こそ、この体制を整えたらよいと思います。


大学の先生と話していて思うのは、必要なのは高度な教育よりも自己啓発


どこで覚醒するのかわかりませんが、とにかく若者の覚醒ボタンを押し続けなければならないのです。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。