ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月18日

どれくらいニッチ?

テーマ:●発想のコヤシ

中小製造業はニッチな分野でトップになろう的なことをセミナーでお話ししています。


典型的なニッチ事例の一つとしてご紹介していたのが、千葉工業所さんの「新つまさん」


ダイコンのつま、かつらむきがするするとできあがる手動の器械です。


買うのは、ちょっと大きめの和食料理店、割烹など。


あまりにもユニークなので勝手にご紹介していたのですが、先日、中小機構さんとひがしんさま主催のセミナー講師を務めました折り、なんとその千葉工業所の社長さんがご参加になっていました


汗顔でご挨拶させていただき、改めてご紹介の許可をいただきました。


「いまではいろいろな製品もつくっていますよ」とのことでしたが、きっといずれもニッチな製品なのだと推察いたします。



ところで、逆にニッチではない製品をつくっていたらどうなるでしょう?


たいがいは、あとから大手企業がやってきて市場をさらっていきます。


そのあとは新興国の企業が参入してきて価格破壊し、市場そのものをダメにしてしまう、ことになります。


ふつう、1千億円の市場規模が見込めると大手企業が参入してくるといいます。


ですので、中小製造業はそれよりも小さな市場でトップを占めることを狙うべきなのです。


成長分野も要注意です。


最初は小さくとも順調に成長していけば、またも大企業の影がちらついてくるからです。


とにかく、王道でわかりやすいメインの商材はつくるべきではありません


靴下をつくるのなら、紳士靴下ではなくてスポーツ用靴下、あるいはサッカー専用靴下をつくる。


液晶パネルをつくるなら、大画面テレビやスマホではなく、医療用や学校向けに特化する。


ニッチ度でいうなら「そんな製品、誰が買うの?」、と首をひねられるような市場に漕ぎ出しましょう。


そして、青い海を航海しましょう。


それが、中小ものづくり企業の選択すべき進路なのですから。



 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月15日

果てしなく遠い数キロ

テーマ:●浅草日記

A地点からB地点まで

この、数キロの距離が遠いのですね。



A地点=築地市場
B地点=豊洲新市場

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月07日

内需も外需も

テーマ:●発想のコヤシ

商品のライフサイクルはますます短期化し、多産多死へ


とくに食品などは、POSテータで“死に筋”と判断されれば1週間で売場から排除されてしまいます。


そのため、中小メーカーはつねに新たな商品企画を求められています


少し前の調査データですが、日用品分野では年間15,000点の新商品が発売されるそうです。


そのうち、1年以内に消えていくものが99%。つまり、市場に残れるのは1%だけというのが現状です。


これが北米では、年間10,000点の新商品が発売され、1年後に残っているのは10%です。


また、欧州では年間7,500点の新商品に対して、1年生存率は25%ていど。


いかに日本の市場が異常であるか、日本の消費者が厳しいかがわかります。

(あるいはムダ弾があまりにも多い?)


P&Gのように日本に参入している海外企業の責任者が、「日本で認められれば世界で売れる」と、よく言いますよね。


まさにそのとおりで、日本で成功すれば世界で成功するのはむずかしくない。


その日本でビジネスをしている私たちは、相当に恵まれているのだと自覚する必要があります。


支援先の売上月次データを見るにつけ、日本の国内内需は底堅いものがあると思っていますが、内需はそのままに、外需も取り込んで行ければ事業の成長余地には夢が出てきます


ただし、アメ車やタイ米が日本で売れないように、現地には現地の事情や指向というものがあります。


中国で家電を売るなら真っ赤か金色にせよ、なんていわれます。


あるいは、インドで冷蔵庫を売るにはカギとバッテリーが必要、というケース。


冷蔵庫からモノが盗まれるのが当たり前なのでカギが必要、頻繁に停電するので中身が腐らないようにバッテリーが必須、というわけです。


そう考えると、フィリピンやインドネシアも停電が多いわけですから、バッテリー付き冷蔵庫はありじゃないか、と類推がはたらきます。


相手を知れば百戦危うからず…ではありませんが、そこをマーケティングすることができれば、世界のどこかで成長する需要をうまくスキミングができるというものです。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月03日

ものづくりの現場を活写する

テーマ:●ビジネス書評

製造業をテーマとする小説では池井戸潤一氏がメジャーです


しかし、今回ご紹介するのはこれからメジャーになる(?)作品。


「わたし、型屋の社長になります」

 


中小製造業が集積する墨田区の金型製作会社を舞台にしたお話。


作者は上野歩氏です。


広告代理店でばりばりと仕事をこなすキャリアウーマンが、実家の父が倒れたのを契機として家業の金型メーカーを継ぐというストーリー


技術と戦い、競合と戦い、金融機関と戦う。


樹脂射出成型の詳しい話や金型の構造などが語られ、面白く読めました。


弓削自身が関わっているのはこういう世界なんだな、と改めて満足感(?)を得られました。


同時に、私ならああもできる、こうもできるのにと、歯がゆい思いも。


ところでこの、急に門外漢の、しかも女性が社長になるという展開。


大田区のダイヤ精機さんを彷彿させますよね。


社長であるお父様の急逝を受け、主婦であった諏訪貴子さんが2代目社長となって奮闘するという、これは実話。
 


上野氏の前作である「削り屋」も拝読しました。


こちらは、やはり墨田区にある下請けの切削加工業の話。
 


上野氏は墨田区のご出身なのですね。


「削り屋」も面白かったのですが、「型屋」のほうが小説としてはリアリティが高まっています。


その分、悪役などの描き込みが控えめになっていますが、すぐにでもドラマ化できるのではないかと思わせられます。


「半沢直樹」のときも、「こんなに面白い原作を、いままでテレビ局はどうして放って置いたのだろう」と感じましたから、上野歩さんの作品も、ドラマ化でも映画化でもどんどんしたらいいんです。


NHKの「プロジェクトX」でもわかるように、ものづくりの現場は面白いんです


そして感動があるんです


それほど長くもない人間の人生。


ものづくり、価値づくりに賭けてみるのもいい選択だと思いますよ。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月01日

世界を変えるのは「もの」

テーマ:●浅草日記

IoTが取りざたされるいまですが


そうした先進技術においても、やはりものづくりの基本を大切にした発想が求められます。


例えば、時代をさかのぼって、アポロ計画の頃。


米国では宇宙の無重力空間ではボールペンのインクが出づらくなることが問題となっていました。


そこで開発されたのが、重力に関係なくインクが排出される新技術のボールペンでした。


これに対し、予算の限られたソ連(当時)は、ボールペンではなく鉛筆(!)を宇宙に持っていくことであっさりと解決したのは有名な話です。


時代は少し下って、エコの時代。


1992年、米国では省エネなどの一環で、便器の排水量を2分の1とする法律を制定しました。


水の量が半分でも、きれいに流さなければならない。


米国を代表するメーカー、アメリカンスタンダード社は便器に圧力タンクを併設し、高水圧で流しきる機構を開発しました。


これに対して日本のTOTOは、タンクの排水口の直径を1.5倍に広げただけで、自然の重力によって排水量の半減を達成したのです。


イタリアのボローニャにある食品・薬品の充填機器メーカーのIMA社は、あるとき日本の食品メーカーから緑茶ティーバッグの充填包装機器の製作を依頼されました。


当時、ティーバッグを留めるのはホッチキスが当たり前。


しかし、日本の文化を深く知るイタリア人担当者は“金具”に違和感を覚えます。


そこで、糸で綴じる方式を発想し、3年間の開発期間をかけてこれを実現しました。


ティーバッグの糸綴じは、紅茶などにも採用され、いまや世界標準となっています。


ジェームス・ダイソンのイギリス


スティーブ・ジョブズのアメリカ


本田宗一郎のニッポン


そして、ドイツ、イタリアも


時代は移り、技術は変われども、人びとの生活を変えるものづくりの魂は不変です。


AIやIoTの時代でも、消費者をあっと言わせる新しい価値が出てくる。


世界を変えるのは、やはり「もの」なのですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。