ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年12月14日

「絶対に売れない」とか言わない

テーマ:├新規事業・商品開発術

駆け出しのコピーライターの頃、パイオニアの新製品を担当しました
 

ネーミング案のひとつとして[ネビュラ]というものを社内の段階で提案したところ、営業部長から即座に「それはない。発音しづらいから」と却下されてしまいました。

*ネビュラは星雲の意味


若かった私は(そんなに発音しづらくないし)などと思いましたが、いまとなってみれば「まぁ、そうですね」と受け入れられます。


だから、[バーミキュラ]なんてネーミングを見ると、読みづらい、発音しづらい、と思ってしまう。


けれども、個性的な響きである点は「買い」ではないかと。


さて、[バーミキュラ]は、町工場・愛知ドビーの生んだ、鋳物ホーローの鍋からはじまった製品群です


もしも、ガチガチのB2Bである鋳造工場の社長に「家庭向けの無水鍋を開発して売りたいのですが」といわれたら、私は120%止めます。ええ、全力で止めます。


得意分野とはいえ、困難な技術開発


売り込む市場は、未知のターゲット


しかも、ネーミングはバーミキュラ


ない、ない、ない。


しかし、結果はどうでしょう。


1年半待ちの大ヒット


メディアはこぞって取り上げます。


バーミキュラ炊飯器も開発して販売して、これも評価される。


ですから、「こんなものは絶対に売れない」なんて、誰にも言えないんですよね。


「これは売れる」はわからないけれど、「これは売れない」はわかる、なんて考えていた時もありましたが、結局どっちもわからないのです。






 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年12月06日

[コネクター]それは、人のハブ

テーマ:●浅草日記

私は人見知りですし、まったく社交的でもありません
すいません(>_<)


意識してはいないのですが、「声をかけるなオーラ」も出してしまっているのではないかと反省したりもします。


で、社交的で顔の広い友人のことはうらやましくもあり、たいへんなんじゃないの、と思ったりもするのです。


英国生まれのライター、マルコム・グラッドウェル氏によると、究極的に社交的な人というか、多くの人を結びつけたり、あらゆるものを広めたりする「係」のような人が、たまにいる、というのですね。


彼は、自身の著書「急に売れ始めるにはワケがある」のなかで、この[コネクター]と呼ぶべき人について書いています。


よくいわれる[六次の隔たり]も、「なんとなく人を経て」というのではなく、圧倒的なコネクターに行き当たって結びつけられる、と主張するのです。



典型的なコネクターの事例が、以下です。


シカゴに住むワイスバーグという女性は、あるとき思い立ってニューヨークのSF作家の集会に顔を出します。


そこで知り合ったクラークという若い作家が、その後シカゴにやってきてワイスバーグに連絡をする。


ボクが会うべき人っているかい?


公衆電話からだったそうです。


ワイスバーグは「とにかくウチに来れば」と電話を切って人を探します。


そして、アイザック・アシモフがシカゴに来ていると聞きつけ、家に呼びます。


ロバートなんとか、という作家もいいんじゃないかと思って、家に呼ぶ。


結局、彼女の書斎には、アーサー・C・クラークと、アイザック・アシモフと、ロバート・A・ハインラインがやってきます


SFファンは「ウソだろ!」と、のけぞるところですね


のちにSF小説界のビッグスリーと賞賛される3人が、顔を揃えたのですから。


たくまずして、こんなシーンを演出してしまうのが、コネクター。


ビジネスでいえば、クチコミの起点になってくれるような人なのですね。




*作家と代表作

ロバート・A・ハインライン…「夏への扉
 



アーサー・C・クラーク…「2001年宇宙の旅」




アイザック・アシモフ…「ミクロの決死圏」「アイ・ロボット」
 




・ちなみに、1冊を選ぶならハインラインの「夏への扉」。
これは[ドラえもん]や[バック・トゥ・ザ・フューチャー]など、すべてのタイムトラベルものの元ネタです。








 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月26日

土浦商工会議所が展示会開催

テーマ:├展示会で集客する方法

先週は土浦商工会議所さんの異業種交流会に伴う展示会でした


その1ヵ月前、同商工会議所でウリを発見するセミナーに登壇しまして、そこに参加していた会社さん5社が出展しました。


じつは、土浦商工会議所さんでは、さらに1年前には展示会活用セミナーの講師で呼ばれています。


そのときも、展示会を控えているのだから勉強しよう、という趣旨だったのです。


他地域の商工会議所でも、展示会の出展を成功させよう、どのように活用したらよいかを学ぼう、という機運が高まっています


これは私の支援先でも同様で、担当者は「来場者や商談が増えていますね」と語っています。



ということで。


写真は、出展社さんのブースの模様です。


メタル製の新しいベーゴマを開発したのは、スピニングトップさん。
 



[メカベー]というネーミングのコマや、プレイ台の形状やデザイン、製造過程の話が面白い。


私も回してみましたが、やはり実演のあるブースは来場者を集めやすいですね。

→ スピニングトップ

 



こちらは、車いすをオーダーできる[もんちゃん]という会社さん。

 



新品の車いすは高額ですが、なかなか補助金が降りにくいそうです。


そのうえ、汎用的につくられているので、使用者は不便を感じることも多い。


[もんちゃん]では、中古の車いすを「リビルド」し、使う方の勝手に合うように改造してくれます。
(上の写真は、座面が上昇し、立っている人と目の高さが同じになる車いす。指揮者のユーザーさんもいたそうです)

それでいて価格は新品の3分の2から半額。より多くの人に知ってほしい会社さんです。

→ もんちゃん


こちらは、写真館を運営するカメラマンさん。
 



異業種交流会ですので、名刺や企業ウェブでの写真の効果的な使い方について提案をしていました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月16日

中小企業展示会の決定版

テーマ:├展示会で集客する方法

[産業交流展2017]に行ってきました

 

今年は東京ビッグサイトでおこなわれた「中小企業による国内最大級のトレードショー」、産業交流展。
 



東京商工会議所や東京都商工会連合会、東京都中小企業団体中央会、東京都中小企業振興公社、中小機構、東京工業団体連合会など、主な公的支援機関が顔をそろえる、決定版といってもいい中小企業のための展示会です。


ブースでは、耐震住宅の新技術、工場や物流の人手不足に対応する新製品など、面白い展示がいろいろ見られました。


また、公的機関のブースは、例年ですとあまり印象的な出展ではないのですが、今年はちょっと違っていました。


いくつかのブースは共同出展ながら、立ち寄りたいと思わせる演出をしているところが目立っていた気がします(相模原市産業振興財団さん、東京都商工会連合会さんなど)。


一方、出展しなれていない中小企業さんでは、何の展示かわからず、何がウリか伝わらず、声をかけることもせず、ひっそりとしているブースが、しこたまありました。


助成金も出ていて負担が少ないので、そのようになるのかと思いますが、もったいないですよ。


ブースにたたずんでいる時間も、コストですからね。
 



それと、ノベルティの[ファイル]や[うまい棒]、[ティッシュ]を配りながら、名刺を要求してこないブースが多いのは改めて意外でした。


どん欲じゃないんですね。


まぁ、カタログを一方通行で配って効果につながることもありますからね。


体験や実演もある展示会、[産業交流展2017]は、明日までですよ。

 





 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年11月14日

ネーミング・なーーう!

テーマ:├ネーミングでずば抜ける

米語には、母音を重ねて単語の意味を強調するという表記法があります。


たとえば、


cool → coool! (超クール!)

super → superrr (とってもスーパー!)

so → sooo (と、て、もっ!)



これをネーミングに生かすとどうなるか


SEOの会社は[Speee]

スピード、とすら言い終わらないうちに結果を出すぜ、という意味でしょうか。


太陽光発電の会社は[LoooP]

どこまでもループして再生可能、って感じがします。


その他にも、


ユーチューバーをマネジメントする会社は[UUUM]


エンタ系メーカーの社名[BOOOM!]


そういえば、アーチストで[GReeen]っていましたね。


日立の液晶テレビは[WOOO]でした。



いずれも、それほど意味を追いかけてもしようのない気がします。


若い人がノリでネーミングしました、というところでしょうか。



こうした今風のネーミングの困るところは、ブーーームが過ぎると、オーーールドに見えてしまうということですね (^_-;)






 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。