ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月17日

書評の、書評

テーマ:●ビジネス書評

出口治明さんの肩書きは、ライフネット生命という保険会社の会長です。


そして中身の充実したビジネス書の著者としても知られています。


しかし、ご本人が公言されているように、実際に書いているのはプロのライターさんであり、ご本人はテーマに沿った中身を口伝するのみ。


経営者としての限られた時間を考えた上での方策であると想像しますが、著書の「あとがき」をご本人ではなく、担当したライターさんに書いてもらったりするという徹底のしよう。


私の知り合いであり、有能なライター、コピーライターである小川晶子さんも、あとがき執筆の依頼が「意外でした」と、本文中で告白しています。


そんな話を聞きますと、あれだけ筋の通った優秀な方であっても、文章を書くことは苦手なのかな、などと勝手に推量していました


ところで、その出口さんは、社員の要望(SEO対策になるから)を受けて書評ブログを書き綴っています。


ライフネット生命代表取締役会長 出口治明の「旅と書評」



読んでみて驚きました。


簡潔にして、理路整然。


絢爛たるボキャブラリーと、主人公らの心情に寄り添う描写


知的好奇心を掻き立て、かつスリリングに読める名文なのです


これだけの文章を書ける経営者、いいえ日本人って、どれほどいるのでしょうか。


テクニックだけではありません。その豊かな知識と教養に裏打ちされた、厚みのある文質


それでいて文芸評論家と一線を画すのは、ビジネスマンという実践家としてかっちり地に足が着いた前傾姿勢


間違っても、空理空論はお書きになりません。


また、お読みになっている本たちの高踏たること(汗)。


自らの低レベルな乱読を振り返れば、いくら身を縮かめても足りません。


というか、これらの本が置かれている棚には手が届きません。


これだけの文才を持ちながら、ライターさんに託す度量の広さとはなんなのでしょう。

著者の端くれとして、出口さんに書評を書いてもらえる日が来たら、どれほど幸福だろうかと夢想してしまいました。

人生を面白くする本物の教養」出口治明 幻冬舎新書

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月25日

商品開発のアイデアをどう出すか

テーマ:├新規事業・商品開発術

商品開発のアイデアを、いかに見つけるか。


以前は(いまも?)、街に出て“タウンウォッチング”せよ、なんて言われました。


売場に立ち続けよ」なんてコンサルタントもいました。


ヒット企画を立ち上げるのは誰でもむずかしいものです。


秋元康氏は、女子高生のアイドルグループ[おにゃん子クラブ]を成功させたあと、インタビューに答え、「素人の次は、プロの時代になる!」と来るべきヒットのトレンドを語りました。


行きすぎた流行には揺り戻しがある。<トレンドへの逆張り>は企画者として常にアタマの片隅にしまってあるセオリーです。


(やはり、そう言うか)と思ったものでした。


しかし果たせるかな、本人が次にヒットを飛ばしたのは、またも素人を集めた[AKB48]という取り組み。


むしろ、<時代は繰り返す>というセオリーのほうでした。


たしかに10年、20年、30年の周期で流行は繰り返す。


ビジネス書でも、10年前のコンテンツをナウに仕立て直して出版する、なんてことがあります。


そんな街の潮流、売場の変化は、現場〜街へ行けば見つかるのでしょうか。


いいえ、見つかるのは[ポケモンGO]に熱中するゲーマーたちばかりでしょう。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月19日

ものづくり小説のネーミング

テーマ:●ビジネス書評

「半沢直樹」「下町ロケット」で知られる池井戸潤氏の新作「陸王」を読みました。


埼玉の片田舎の足袋メーカーが、新規事業としてランニングシューズ開発に取り組む、というストーリー


同氏の小説はものづくり企業の戦いを、温かく感動的に描く作風ですから、私としてはど真ん中です。


「陸王」には、商品開発のむずかしさを語る際に、私が商品企画セミナーで話している類似のフレーズが出てきたりして、ニヤニヤしてしまいます。

「陸王」池井戸潤 集英社

また、支援先のスポーツグッズメーカーがこだわっている機能に重なる特長がフォーカスされ、たいへんインスパイアされました。


著者は、メガバンクに勤務していた経歴を生かし、技術を的に戦う中小製造業の懸命さを描きます


そのため、技術を磨くことのたいへんさ、素材の大切さ、資金調達というカベ、既得権を持つ大企業の横やり、保身だけで動く金融機関などのハードルを用意して、小説にリアリティを持ち込む。


下町ロケットに重なる人物造形のパターン化はあるものの、やはりクライマックスでは目頭を熱くさせられてしまいます。


ところで、小説のタイトル「陸王」は、主人公らが取り組む新製品のネーミングそのまま


クラシックであり、昔風のレタリングで書かれたロゴが、とてもよい味わいを醸しています。

 
もうひとつ、新商品開発の過程でたどりついた素材を、同社の既存製品に活用することで派生的に生まれる新商品のネーミングが[足軽大将]。


素材の特長は軽いことですから、従来の丈夫さを守りながら軽い地下足袋ができるわけです。


「軽い」という特長を前面に出したネーミングが[足軽大将]ですから、なかなかうまい。


こんなところにも、ものづくり企業ならではのリアリティが垣間見えます。


ということで、「陸王」は、長いけれども一気に読めてしまう力作。


ものづくりのプライドを貫く物語ではあるものの、いわば人の生き方にも通じるテーマ性があるともいえます。


正しい人が評価され、正しく生きる人に褒美がもたらされる。


そういう世の中であってほしいと、強く願います



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月15日

1日も早くメジャーへ行こう!

テーマ:●浅草日記

夏休み・お盆休みを、いかがお過ごしでしょうか。


先日、イチロー選手がメジャー3,000安打を達成しました。


それに関連して、野球のことを書きたいと思います。


少し前、仕事をご一緒した人との食事中に「プロ野球の人気選手はメジャーに行くべきか」というような話になりました。


これについて私は、どんどん行くべきだ、という考え方です。



かつて松井秀喜選手が巨人からニューヨークへ渡るとき、「裏切り者と思われるかもしれませんが…」という言葉を記者会見で述べました


「なに言ってるんだ!」本当のファンなら一緒に喜んでいるよ、と思ったものでした。


野球選手のプレー寿命は長くなく、ピークも30歳前後であったりします。


もしも受け入れてくれるチームがあるなら、1年も早くメジャーに移籍するべきです。


そして、トップ・オブ・トップの環境でプレーするべきです。


では、どのように日本と環境が異なるのか


まず、指導層のレベルが高い


メジャーのコーチに指導されれば、投手の球速は7〜8㎞はすぐにあがります。


松井選手は遠投やキャッチボールのうまい選手ではありませんでしたが、向こうに渡ってからは外野からの返球が格段によくなりました。


そして、ファンのレベル


日本の野球ファンは、勝敗に一喜一憂する人がほとんどです。


あるいは顔のいい選手を応援するなど。


しかし、メジャーのファンは一つひとつのプレーを観ています。


優れたプレーにはスタンディングオベーションで応え、凡プレーには容赦ないブーイングを浴びせます


しかも、内野手があらかじめ守備位置を左右に移動して捕球したり、1塁ランナーが後続のヒットで3塁に至るのを外野手が捕殺するような、一見地味なプレーもしっかり観ています。


イチロー選手は安打製造機としても評価されていますが、「レーザービームのほうが好きだ、すごいと思う」ファンも多いでしょう


極東の島国からやって来た、ひょろりとしたコンタクトヒッター(イチロー選手)が、最初の年に3ヵ月プレーを見せただけで、オールスターのファン投票でダントツの1位になる国です。


よいプレーヤーには惜しみない敬意が払われる。


まさに野球の見巧者が、よってたかって選手や野球文化を育てているのです


それに比べて日本のファン、スポーツメディア。


勝ち星や打率、防御率くらいでしかチーム、選手を観ていません。


それでいて、フィールドに背を向けてスタンドでカネや太鼓を打ち鳴らしている連中がもっとも熱心な応援者のように考えられている。


もっとじっくりプレー自体を観て楽しんだらどうか、と言いたくなります。


メディアもそうです。


かつて、阪神は主力選手と監督と球団首脳と地元スポーツ新聞とカベ新聞とが、お互いをののしり合い、プレーの本質とはまったく無縁のお家騒動に血道を上げていました。


スポーツ新聞は、選手の実力を分析したり、将来性を評価するのではなく、グラウンド外でのくだらないネタを優先させているイメージ。


イチロー選手がマスメディアを相手にしなかった理由がよくわかります。


そして、審判のレベルも高い


プロ野球では毎試合のように誤審がありますし、選手がかわいそうなことに高校野球なんて素人並みのミスジャッジも少なくありません。


メジャーでは誤審がないなんてことはいいませんが、そのレベルは世界一でしょう。


また、球場は広めなので、ホームランを打つのも、外野を守るのもたいへんですが、それはお互いさま。


それと、試合での遠征距離は長くなりますが、自分で道具を運ぶ必要がなかったり、チームのジェット機に搭乗できたりで移動は楽です。


近年はプロ野球を観ていないので選手をよく知りませんが、大谷翔平選手などは1日も早くメジャーに行くべきだと思います


それによって国内の野球がつまらなくなるなんてことはありません。


1軍の選手が一人抜ければ、2軍から可能性のある選手が一人上がってきます


そして、日本人選手がメジャーで活躍して目立てば、野球をやろうとする子供たちが増えます


そうすれば野球人口の底辺が広がり、ピラミッドのトップにはいま以上に素晴らしい選手が君臨することになるでしょう


こうした公益を考えなくても、個人の選手として最高の場所で勝負したいと願うのは当然の感情です。


小さなお山の大将でいるより、世界水準を知って謙虚になれれば、もっとパフォーマンスは伸びるに違いありません。


だいたい、日本人にはサッカーやラグビー、テニスよりも野球のほうが向いているのです。


優れた身体能力を持つ日本人は、野球を選べば成功する確率がもっとも高まるのです。


あ、年俸や年金も魅力ですよね。


日本側の所属球団も、ポスティングなど入団形式によってはその恩恵にあずかることもできます。


ということで、球団も選手の出し惜しみをせず、広い心で送り出してやって欲しいと思います




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年08月08日

ウリは[QCD]以外に求める

テーマ:●発想のコヤシ

製造業の社長さんに「ウリはなんですか」と問うと、多くの場合は「QCD」に落ち着きます。


Qとはクオリティ、つまり品質、技術精度です。

Cはコスト、つまり費用。

Dはデリバリー、つまり納期となります。


すなわち「技術がウリです」「低コストで生産できます」「短納期を実現します」というケースが多いわけです


業種によっては、オーダー許容度やサポート体制、安全性、環境対応などを挙げる場合もあります


Q


多くの中小製造業は“技術力”を強みとしていますが、そのほとんどは「製造技術」を指しています


つまり、切削加工や実装技術など、発注元からの課題をクリアする製造のための技術です


それは、いままでなかった製品を生み出すためのコア技術ではありませんし、斬新な商品企画アイデアでもありません。


だから下請け体質なのだ、といわれてしまうことにもつながりますし、“枯れた技術”を組み合わせてiPhoneを創り出すこともできないわけです。


最近は、品質を高めすぎてしまう「オーバースペック」の弊害もよくいわれるようになりました。


C


コスト競争に突き進めば、競合とともに疲弊するレッドオーシャンへ船出するようなものです


コストで来てくれた顧客は、もっと安い工場を見つけて去っていきます。


D


一時期、試作品の短納期を標榜して顧客を集めた加工下請け工場が多くありました


しかし、いまはどうでしょうか。


ムリな短納期受注が、人が辞めてしまう原因となってしまったところもあると聞きます。


「1週間」といえば「3日間」が現れますし、やがては「24時間」というところも出てくるでしょう


高価なマシニングセンターや3Dプリンタが実現する短納期なら、他社も実現可能のはずです



誤解を恐れずにいえば、QCDはウリではない、ということではないでしょうか


もはや、国内なら品質は高くて当たり前、コスト競争にはキリがない、デリバリーもすぐに追いつかれるようなこと、なわけです。


「では、うちのウリはなんなのか?」


お盆休み前の納品が一段落したら、ぜひ考えていただきたいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。