武士道シックスティーン


誉田哲也  文藝春秋 2007年7月


小さい時から剣道一筋、全中2位の香織は、区民大会で無名の相手早苗に負けてしまう。香織は、早苗を負かすべく東松学園高校へ進学するが・・・・・・・・


勝つことに命をかけている剣道一筋の香織と、日舞出身、勝負にこだわらない早苗。この対照的な二人が、同じ剣道部となるのだ。衝突することもあるし、うまくいかないこともある。けれど、真剣に悩み、お互いを思いやり、刺激しあいながら成長して行く姿がいいな。剣道が好き、この気持ちが大切なんだろう。


交互に香織、早苗の視点で書かれているので、お互いの気持ちがよくわかる。テンポよく読むことが出来た。


剣道を知らない人にもわかりやすく、試合のシーンは迫力があった。スポ根もので、読後感もさわやか。


しおりが、赤と白と2本なのも、剣道だからなのだろう。考えられているな。


お気に入り度★★★★

AD

コメント(12)