ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : ドラマ
製作年 : 2009年
製作国 : イギリス
配給 : 東宝東和
監督・脚本 : リチャード・カーティス
出演 : フィリップ・シーモア・ホフマン ビル・ナイ
リス・エヴァンス ニック・フロスト
ケネス・ブラナー トム・スターリッジ


英国ロックヒストリーを語る上で、忘れてはならないのが海賊放送局だ。

60年代、ビートルズやストーンズといった面々がチャートを独占していたが、彼らのレコードが国営ラジオでかかる時間はごくわずか。

「レコードをかけると演奏家達の仕事が減る」との理由で、ビートルズでさえレコードではなく生演奏を余儀なくされた。

そんな中、若者たちのニーズに応え最新のロックを流していたのが、英国の法律が適用されない海洋上からの「海賊ラジオ局」だ。

キンクス、ストーンズ、ザ・フー、ヤードバーズらの名曲が全編を飾り、音楽好きにはたまらない。

また、本作はコメディなのでコアなロックファン以外でも十分に楽しめる内容になっている。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

1966年、北海に浮かぶ船に高校を退学になったカールがやってくる。

更正のため、母親に名付け親のクエンティンに預けられたのだ。

ひばなのシネマの天地

この船は海賊ラジオ局で、クエンティンはその経営者。

ひばなのシネマの天地

1日45分しかヒットレコードをかける時間がないBBCラジオに対し、24時間いつでもロックを流すこのラジオ局は若者に圧倒的な支持を受けていた。

ひばなのシネマの天地

しかしその一方、政府はこの海賊ラジオ局を潰そうと画策しているのだった…。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

チョーご機嫌な作品です。

オープニングからキンクスの曲でノリノリ!!!

もっともっとハチャメチャなストーリーを想像してたのですが。。。やってることはとんでもない??

60年代のロックとDJの雄たけびで 大満足の作品です。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

イギリス当局とのバトルも楽しいのですが。。。

やっぱり ロック!!!

ラジオを聴いて ノリノリのリスナーを見ると なんだか懐かしい気持ちになります。

お気に入りのDJがセレクトする最高な曲を聴くのって 至福の時ですよね!


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

見ている私も リスナー状態です(笑)

ラストでは 伯爵のトークにみんなと一緒に 泣けてしまいました~


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

どんな圧力にも屈することのない魂・・・

まさにロックだぜ~~!!!!!

エンドロールの最後の最後まで 映像と音楽で楽しませてくれて 満腹の作品でした。


パイレーツ・ロック [DVD]/ニック・フロスト,エマ・トンプソン,ケネス・ブラナー

¥3,990
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。