ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

原題 ROMEO AND JULIET / ROMEO E GIULETTA
製作 イギリス/イタリア
ジャンル ラブ・ストーリー
日本公開年度 1968
上映時間 139分

監督 フランコ・ゼフィレッリ
出演者 オリヴィア・ハッセー
レナード・ホワイティング


言わずと知れたシェイクスピア戯曲の映画化作品。

数限りなく舞台化、映像化、翻案作品化されており、本作は原典に近しいイギリス・イタリア資本の作品だ。

ジュリエットを演じたオリヴィア・ハッセーは当時15歳で、その可憐な魅力もあって日本でも大ヒットした。

$ひばなのシネマの天地

 ルネッサンスの花咲く15世紀、イタリアのヴェローナ。

モンタギューとキャピュレットの2つの名門家は、血で血を洗う抗争を繰り広げていた。

ある夜、モンタギュー家のロミオ(L.ホワイティング)は、キャピュレット家の舞踏会に紛れ込み、ジュリエット(O.ハッセー)と出会う。

惹かれあう2人だが、お互いの素性を知り、悲嘆にくれることとなる。

バルコニーに出たジュリエットを見つけたロミオは、たまらず愛を告白。

2人は結婚を誓い合うが……。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

注意軽くネタばれ注意注意

誰もが知っている有名なストーリーですね。

この2人が演じた「ロミオとジュリエット」が一番好きです。 何度も何度も見たのに 劇場でだけは見たことがなかったので TOHOさんの企画の御蔭で やっと見ることが出来ました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

悲恋の代名詞ともいえるこのストーリーは 見る度に 切なくなってしまいます。

ひばなのシネマの天地

こんなに若いのに 初めて人を好きになって それが命がけの恋だなんて。。。。

ひばなのシネマの天地

2人の幸せをよそに いがみ合う両家の若者。

その代償の大きさに 後悔しても。。。。

埋葬される2人の美しさと言ったら。。。。


$ひばなのシネマの天地

スクリーンに映し出される 懐かしい映像は 今見ても 古さを感じない みずみずしいオリビア・ハッセーともどかしい恋物語。

$ひばなのシネマの天地

いいものはいい!!!

映画の素晴らしさをまた 感じることが出来た 良い時間を過ごせました。


ロミオとジュリエット [DVD]/オリビア・ハッセー,レナード・ホワイティング,ミロ・オーシャ

¥1,500
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。