ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
$ひばなのシネマの天地

ジャンル : スリラー/サスペンス
製作年 : 2008年
製作国 : アメリカ
配給 : カルチュア・パブリッシャーズ
監督 : ジョナス・アカーランド
製作 : マイケル・ベイ
出演 : デニス・クエイド
チャン・ツィイー
ルー・テイラー・プッチ
クリフトン・コリンズ・Jr
パトリック・フュジット


ハリウッド屈指のヒットメーカー、マイケル・ベイが挑んだサイコ・サスペンス。新約聖書の「ヨハネの黙示録」の四騎士に根差した連続殺人事件に巻き込まれていく刑事の運命を描く。

ひばなのシネマの天地

人気アーチストのビデオクリップを数多く手がけ、『SPUN スパン』で披露したシャープな映像感覚が話題となったジョナス・アカーランド監督のセンスが光る一作だ。

主演は、近作『バンテージ・ポイント』でもいぶし銀の渋さを見せていた名優デニス・クエイド。

彼を翻弄する猟奇殺人鬼にチャン・ツィイーが扮して、新境地を開拓しているのに注目だ。

ひばなのシネマの天地

薄幸の美少女が突如、魔性の悪女に豹変するさまは大きな見どころとなってる。


ひばなのシネマの天地

妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリンは、とある猟奇的な連続殺人事件を担当することになる。

ひばなのシネマの天地

遺体はさまざまな姿勢で釣り針に宙につるされ、現場には毎回「COME AND SEE(来たれ)」というメッセージが残されていた。

ひばなのシネマの天地

謎めいた事件の迷宮にはまり込んでいくブレスリン。

彼は、高校生の長男アレックスとの確執に悩んでいた。

ひばなのシネマの天地

そんな中、ある第2の犠牲者の養女クリスティンが衝撃的な告白をするのだった。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

チャン・ツィイー主演で話題になった サスペンス・スリラーです。

猟奇的な殺人が続く ホラー的な印象のある作品ですが 新約聖書の『ヨハネの黙示録』。。。と聞いて 真っ先に思い浮かんだのが ブラッド・ピット主演の『セブン』でした。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

『セブン』では 人間の7つの大罪をかたどった猟奇殺人だったんですが 今回は 四騎士を蘇らせる。。。。。

猟奇殺人には 聖書が欠かせないらしい~ と何となく ありがちのストーリーなのかなぁ?? と思ってしまいました。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

予想では チャン・ツィイーがもうちょっと とんでもない役なのかな? と思ったいたんですが。。。。

ストーリー・テラー的な役割も持っているんですが 物足りない気もしました。 

もっともっと 少女の顔と悪女の顔の落差があると 恐ろしさが増したかもしれませんね。。。。


ひばなのシネマの天地

ひばなのシネマの天地

恐ろしい連続殺人の裏に隠された 四騎士の悲しいドラマ。

こんな結末だとは 予想できませんでした。。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。