ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地

        ジャンル : スリラー/サスペンス
        製作年 : 2008年
        製作国 : アメリカ
        配給 : ショウゲート
        上映時間 : 93分

        監督: ロドリゴ・ガルシア
        出演 : アン・ハサウェイ
             パトリック・ウィルソン
             デヴィッド・モース
             アンドレ・ブラウアー
             クレア・デュバル

飛行機事故で奇跡的に生還した乗客のカウンセリングを担当するセラピストが、不可解な事態に巻き込まれていく心理サスペンス。

主人公の身の周りで起こる摩訶不思議な出来事にハラハラしながら、やがて明かされる事実に驚愕する…。

すべての謎が解き明かされる結末には、誰もが予想を裏切られること間違いなしのサスペンスフルなドラマだ。

セラピストを演じるのは、『プラダを着た悪魔』で人気を不動のものにしたアン・ハサウェイ。

『プリティ・プリンセス』のお姫様から『ゲット・スマート』で見せたコミカルな役まで、実に芸域の広い女優だ。監督は、『彼女を見ればわかること』など、心の機微を描くことに定評のあるロドリゴ・ガルシア。


     $ひばなの シネマの天地

     $ひばなの シネマの天地

セラピストのクレアは、飛行機事故で奇跡的に生き残った5人の乗客の、トラウマ的なストレスを治療する役割を突然命じられる。

彼女は生存者たちの記憶から浮かび上がる数々の謎を解き明かそうとする。

だが、患者たちは自分たちの記憶と航空会社の公式説明の食い違いに悩み、自分たちの記憶も曖昧になってくる。

やがて、事故の核心に近づくたびに患者たちが次々と失踪しはじめ、彼女の周辺でも不可解なことが続発し始める。


     $ひばなの シネマの天地

     $ひばなの シネマの天地

     $ひばなの シネマの天地

劇場で鑑賞予定だったんですが。。。。他サイトの映画ブロガーさんから DVDでも充分と助言を頂いたので やっと鑑賞できました。

。。。。その通りですね~(笑)

評価を見ると皆さん バラバラの意見が多くって・・・ 何故なんだろう?とずっと気になっていました。

        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

全くの先入観なしに 鑑賞してみたんですが。。。

序盤は これから何が起きるのか・・・ちょっとドキドキします。 けれども 中盤を過ぎた頃に まさか。。。もしかして??

という先が見えてしまう展開になってきます。 

色々な作品を見ている人なら 同じような展開の2作品を思い浮かべてしまうでしょう~

そうなると 出きれば終盤に期待させて欲しいと望むばかりです。。。


        $ひばなの シネマの天地

        $ひばなの シネマの天地

プリティ・プリンセスの頃のアン・ハサウェイから思うと 大人の役もこなせるようになったんだと感心しますが。。。。

今回の作品は ストーリーに捻りがなくて 私の望みも叶うことなく。。。。

残念なラストを迎えてしまいました。。。

このラストにするなら 途中のストーリーでもう少しクレアの 恐怖感や葛藤を浮き彫りにして欲しかったな~と思いました。

ラブストーリー仕立てでも 彼女ならよかったかも・・・

嫌いな題材ではないので ちょっと残念な気がしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。