ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
       $ひばなの シネマの天地

        ジャンル : ドラマ
         製作年 : 2008年
         製作国 : 日本
         配給 : 東宝

         監督 : 真田敦
         原作 : 吉田玲雄
         出演 : 岡田将生
             倍賞千恵子
             長谷川潤
             喜味こいし
             正司照枝
             蒼井優
             深津絵里
             松坂慶子


       $ひばなの シネマの天地

熱狂的なファンを持つ吉田玲雄の同名作の風と言葉とその温もりを映画化するために、あらゆるジャンルの才能たちが、すべてをハワイ島ロケで実在するホノカアの町を舞台に、優しい映画を作り上げた。

監督はユーモアと人間の繊細さを徹底したディテールで描く『いぬのえいが』の短編「ねえ、マリモ」の真田敦。

主人公レオを、本作が初主演作品になる若手実力派俳優・岡田将生が演じる。(作品資料より)

        $ひばなの シネマの天地

ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うという…。

      $ひばなの シネマの天地

恋人に振られ、大学を休学したレオは、とにかく日本を離れ、ただ違う風景の中にいたかった。

そして、ひょんなことからホノカアの映画館で映写技師として働くことに。

レオが初めてこの町にやってきたのは半年前。見た者に最高の祝福をくれると言われる“月の虹【ムーンボー】”を探し求めて、恋人と一緒にハワイ島に。

しかし“月の虹【ムーンボー】”は見られず、かわりに道に迷って辿り着いた町がホノカアだった。

不思議な魅力に吸い寄せられるように再びやってきたこの町でレオが出会ったのは、風変わりだけど優しい人たち…。

出会い、恋、ごはん、そして別れ。

レオが大人になるために必要なもの。そのすべてがホノカアにはあった…。


       $ひばなの シネマの天地

作品の雰囲気と このホノカアの町の雰囲気がマッチした のんびりほのぼのした作品です。

あまりにものんびりなので つい。。。ボーっと見てしまいます。

でも ボーっと見ていても ホノカアの人々の優しさが伝わってきます。


      $ひばなの シネマの天地

      $ひばなの シネマの天地

私もほんのちょっとの間 ハワイに居ついたことがあります。 

きっとこんな のんびりした空気がそうさせてしまうんですね。。。。

誰も急がせない。。。 レオだけではなく 大人への1歩を踏み出す準備をする場所としては 最高の場所ですね。


      $ひばなの シネマの天地

      $ひばなの シネマの天地

レオとビーさんの出会い。

そして ビーさんの乙女心。。。。。 女性は幾つになっても 乙女です。

そんなビーさんの ご飯へのこだわりが とてもあったかくなります。


      $ひばなの シネマの天地

      $ひばなの シネマの天地

人は誰かと出会うために 生きている。 らしい。

そうかも知れない。。。。。 人のいる場所に行けば そこには出会いがあるんですもんね。


      $ひばなの シネマの天地

      $ひばなの シネマの天地

      $ひばなの シネマの天地

おいしいご飯と 優しい人々と レオの素直さと。。。。

お腹は空くけど 心は満腹になる作品です。。ごちそうさま。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。