ひばなのシネマの天地

映画 海外ドラマ 音楽 ゲーム 好きな事がいっぱい!!

だから 感じたままに・・・
 


テーマ:
        $ひばなの シネマの天地


          ジャンル ドラマ
        監督   ミヒャエル・ハネケ
        製作国 フランス=オーストリア
        制作年 2001年

        出演 イザベル・ユペール
           ブノワ・マジメル



 “普通でない”性的嗜好をもつ中年女性が、そうとは知らずに近づいてきたハンサムな青年の一途な恋に戸惑い、スレ違いの性的情感に苦悩するさまを繊細にして力強く描いた切なく激しい愛の物語。

監督は「ファニーゲーム」のミヒャエル・ハネケ。2001年のカンヌ映画祭において、グランプリの他、最優秀主演女優賞、最優秀主演男優賞の三冠に輝いた。
 
ウィーン。小さい頃から母親に厳しく育てられたエリカ。40歳を過ぎてウィーン国立音楽院のピアノ教授となった今でも母と二人暮らし。

ある日、エリカは私的な演奏会の席で青年ワルターに出会う。

彼のピアノの才能に特別な感情を抱くエリカだったが、それ以上にワルターのエリカに対する思いは強かった。

彼女に執拗につきまとい、ついには音楽院の試験に合格し彼女の生徒となってしまう。

ワルターはある日、思いあまってトイレにいたエリカに強引にキスを迫る。

ワルターの思いが通じたかと思われた瞬間、エリカがひた隠しにしていた秘密があらわになる……。


     $ひばなの シネマの天地

実は。。。「ピアノ・レッスン」と間違えてみてしまいました・・・(笑)

女性作家の自伝的作品の映画化です。

主人公は母親に抑圧されて育った 一卵性親子。 お互いに強く必要としているのに 愛情の形を間違えてしまった親子。。。。

そして なぜか。。。「キャリー」を思い出してしまいました。


     $ひばなの シネマの天地

一途にエリカを思っていたワルターも エリカの異常な愛の形に いつしか壊れていく。。。

ファニーゲームを思い出させるような 理不尽なシーンと 異常な行動。

エリカの心の中に渦巻く 闇と恐怖が怖くなってしまいます。


     $ひばなの シネマの天地

そして。。。

何もなかったかのように 屈託なく笑うワルターを見た エリカがとった行動は。。。。。


愛しても 愛することができない

ぼくは あなたがどんなに哀しい秘密を持っていても 愛しています。


彼の言葉を 信じていた。。。。?
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひばなさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。