$羽黒神社宮司のブログ


        羽黒神社公式ホームページ

      

         正院町雅楽会のページ


         羽黒神社お祭りのページ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月29日

祓戸(はらえど)の設置

テーマ:社務日誌

昨夜、本殿の外陣を清掃して、終わってから撮った画像ですが、暗かったため、いまいちピントが合っておりませんね(^^ゞ

今朝は、境内の清浄な真榊を切り、本殿前に神籬台(ひもろぎだい)を設置して、榊を立てました。

これは、30日の大祓式に、社殿全体を祓戸(はらえど)に見立てる為であります。

 

大祓式はあくまでも「式」であり、「祭」ではありません。

 

本来は、祓戸は社殿の外で、境内の一画をしめ縄等で仕切り、そこで修祓(しゅばつ=祓いの儀)を行い、心身を清めてから殿内に参入するのですが、

 

当社のように、多くの小規模神社では、本殿前を避けた、社殿の傍らに祓戸が設けられていることが多く、

祭典の最初に、この場所で祓詞(はらへことば)を申し、祓戸四柱大神(はらへどのよはしらのおほかみ)のお力によって、神饌(しんせん=お供え物)や参列者をお祓いしてから、お祭りが始まります。

 

しかし、大祓式は半年分の内外の罪・穢れ・禍(わざわい)をすべてお祓いするため、社殿全体を、臨時の祓戸にするわけでございます。

 

で、

 

その祓戸の四柱の大神とは、

 

瀬織津比売神(せおりつひめのかみ)

=早川の瀬に坐し、罪穢禍(つみけがれまがごと)を大海原まで運ぶ神

 

速開都比売神(はやあきつひめのかみ)

=荒潮の中に坐し、大海原に運ばれた罪穢禍を潮のなかに呑みこむ神

 

気吹戸主神(いぶきどぬしのかみ)

=気吹戸(いぶきど=潮風の元の場所)に坐し、潮に呑みこまれた罪穢禍を、根の国底の国へ吹き放つ神

 

速佐須良比売神(はやさすらひめのかみ)

=根の国底の国に坐し、罪穢禍を失せしめる神

 

であります。

 

人々の罪穢禍を、一旦託すのがお人形(ひとがた)であり、

大祓式後、羽黒神社近くの飯川(ままがわ)にて、宮司がお人形を流し、以降、祓戸四柱大神の為せる大御威(おおみいつ)のまにまに、半年間の罪穢禍は祓われるのでございます。

 

 

延喜式(えんぎしき~キリスト暦967年)には、6月と12月の2回、朱雀門にて国の大祓を行うことが定められていますが、当時は1年の前期と後期というよりも、1~6月と、7~12月は別の年、というようなとらえ方であったようです。

 

そういうわけで、古代でありますと、年末にあたります昨日今日、お掃除もシッカリいたします!

本殿まわりは、雑草、とくにドクダミがべた~っとはびこるこの季節、

 

草刈り機なんか買う予算は神社にはございませんので、

鎌一丁で汗だくでやりましたっ。゚(T^T)゚。

 

さ!

だいぶ準備ははかどりました。

 

「祭」ではない、と申しましたが、

 

30日は、大祓式の後に、氏子崇敬者の皆様の、疫災除け祈願祭も、併せて齋行いたします。

 

多くの方に、ご参詣されたく存じますm(_ _ )m

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月28日

バナナちまき\(゜□゜)/

テーマ:社務日誌(?)

昨夜は、お隣の飯田町鎮座、春日神社さんの市姫祭の助勤奉仕に行っておりました。

合祀されている大市比売(おおいちひめ)命は、飯田の市の神様として祀られ、本来は、6月27日の朝、お神輿が二七の朝市(毎月2と7の付く朝に市が立ちます)が立つ大町通りに渡御し、飯田町の殖産繁栄を祈るお祭りだったのですが、

 

もう40年ほどお神輿はお出ましになっておらず、神社だけでの祭礼となっております。

 

お神輿はお出ましにならずとも、朝、御霊(みたま)が遷され、拝殿で一日を過ごし、還幸の祭典のみ、助勤奉仕いたします。

 

数年前に結成された、飯田町雅楽会も演奏奉仕されております。

祭典が終わって、宮司や伶人の方々と雑談をしていると、あっというまに夜の10時を過ぎてしまい、

 

帰宅して、遅い晩酌をしておりますと、

 

 

「コレ、今日中に食べんといかんから!」

 

と、女房が持ってきましたのが、

 

ん?

 

ちまき?(・・;)

これがナント!

 

ベトナム菓子のムイネーさんの新作(?)、バナナのスゥィーツのちまきだそうで、

ナンダこの食感はっヽ(*'0'*)ツ

 

たしかにバナナなんだが、プルプルでモチモチ・・・

 

で、わりと焼酎とでもいけます≧(´▽`)≦

 

 

 

ちまきといえばですね、

 

いちおう中国起源なのですが、どうも日本とは逆方向で、タイやベトナムにも地方独特のちまきがあるようなのですが、

 

日本では、最初は茅(ちがや)で巻いていたから「ちまき(茅巻)」と言ったそうで、

 

それが後々、茅の輪くぐりの起源ともなる、盞鳴尊(スサノオノミコト)と蘇民将来の逸話にあやかって、祇園祭などに用いられるようになったもので、

 

縁起がいい♪ヽ(゜▽、゜)ノ

 

というわけで、

 

私は、今日はこんな地味な作業をしております。

茅の輪くぐり(夏越大祓式)の、おさがりの袋詰めなのですが、

 

こういう、ゴム印を押した袋も珍しくなりましたね~・・・(;^_^A

 

 

完成♪

 

さ!

 

本殿清掃しよ(`・ω・´)ゞ

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月27日

雨上がりのハグロトンボ

テーマ:ブログ

ずっとお天気続きで、川の水が少ないせいか、今年はぜんぜんいないな~・・・と思っていたハグロトンボが、今朝、境内の本殿付近におりました。

わかります?

 

 

今年、初お目見えですね~♪o(^-^)o

ご先祖の御霊(みたま)を導いてこられる、神様のお使いのトンボとして、「神様トンボ」と呼ばれる、このハグロトンボですが、

その年その年で、雨の量だったり、農薬等の関係だったりで、ほとんど見かけない年もあれば、毎日ひんぱんにヒラヒラ飛んでいる年もございます。

 

胴体が青みかかっているのが雄だそうで、これはまるっきり真っ黒で、

女の子ですかね~・・・(*^o^*)

 

 

今日も快晴でした。

 

真榊(マサカキ)の花には、くまん蜂がブンブン来ております。

 

 

自宅には、迷い込んだタマムシ。

コイツも久しぶりに見ましたな・・・

 

 

 

いろんなもんがやって来ますな、しかし・・・(;^_^A

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。