$羽黒神社宮司のブログ


        羽黒神社公式ホームページ

      

         正院町雅楽会のページ


         羽黒神社お祭りのページ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月04日

能登から立山連峰

テーマ:社務日誌

富山湾越し、のはずが、海は見えないのに、立山連峰。

これはですね、

 

本日、大麻頒布に行っておりました、飯塚乙谷出地区から、私が住んでる正院地区を見た風景でございまして、

 

羽黒神社が鎮座する、正院小路(しょういんこうじ)から、飯塚までは、八丁(はっちょう)と呼ばれる田園が延々続いていて、民家や社寺の杜が遮って、まるで地続きのような立山連峰が拝めるわけでございます。

 

 

今朝は晴れていましたが、飯塚地区は霜が降りてまして、

朝日にあっためられて、一面、靄がかかっておりました。

 

わずか11戸の氏子さんですが、一軒一軒ご丁寧な対応をいただき、いつもどうりですが、お昼までかかりまして、

 

帰りの風景がコレですが、

これは、羽黒神社の杜越に見る、立山連峰でございます。

 

最近、「立山」って書くとね、

 

「それは○○岳っ!」

って、写真家の友人からお叱りをうけるので、おおざっぱに書いているのでございます(;^_^A

 

で、

正院小路というところは、霊峰から霊場、そして八丁の穀倉を経て、いにしえの八箇の霊山につながるところなわけであります。

 

 

この大麻頒布時期は、戸数が多い氏子を回っていると、こういうことを考えてる余裕もないんですけどね、

 

今日はゆったりなので、荘厳な立山連峰が目に入ってきたわけであります(^^ゞ

 

 

 

午後から、ようやく車のタイヤ交換をしまして、

 

二の腕がイタイまま、次の大麻頒布行程のチラシを印刷して、兼務社の氏子会長さん宅を数軒まわり、

 

 

ご不幸があった氏子さん宅に配布するチラシを追加印刷。

年内にご不幸があったお宅は、忌明けのお祓いをご奉仕いたしましてから、神宮大麻をお納めいたします。

 

 

明日も40戸弱の大麻頒布ですが、

 

 

むかしから、海岸越しに立山(連邦)が見えると、翌日は雨!って言われてますので、

 

 

 

ちょい、心配なのでございます・・・(^▽^;)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016年12月03日

注連縄(しめなわ)を届けていただきましたm(_ _ )m

テーマ:ブログ

今日は諸準備のため、大麻頒布はお休みにして、境内清掃を終えましたら、

 

毎年、神社と自宅の注連縄を作っていただいている、兼務社の氏子さんが、新しい注連縄を届けてくださいました。

 

コチラが自宅用で、神棚、御霊舎(みたまや)、玄関と勝手口の4本でございます。

 

そして、コチラが羽黒神社用で、本殿、拝殿、齋館、神輿庫、祭具庫、手水舎、鳥居の7本。

毎年立派な注連縄を編んでいただいて、本当にありがたい限りでございます。

 

自宅の神棚の、昨年末に取り替えました注連縄ですが、

通常、もち米のワラが一番いいそうですが、

 

いずれにせよ、注連縄は神域の結界として、神々がつかさどる神聖な「お米」を収穫した、その年のワラを使うのが本義でございます。

 

注連縄の張り方については、羽黒神社のホームページの、「神棚のハナシ」に詳しくございますので、参考にして下さい。

 

 

ちなみに、北陸の神社の多くは、鳥居をはじめ、境内のあらゆる建物に注連縄が張られていることが多いですが、

 

実は全国的には、鳥居や本殿は「もともと神聖なも」ので、注連縄が無く、拝殿や神門にのみ、注連縄、という神社も多くございます。

 

伊勢の神宮などは、鳥居の両脇に、紙垂(しで)がついた榊がついているだけで、鳥居にも御正殿にも注連縄はございませんね。

 

ただ、撮影が禁止なので、画像は有りませんが、神楽殿の中には注連縄が張られていて、それがなぜか、通常の神社と逆になっております。

 

伊勢の民家の玄関に付けられている注連縄も、我々のとは逆なのですが、

この、蘇民将来子孫家というのは、いわゆる盞鳴尊(スサノオノミコト)が旅の途中、一泊の宿をもとめた蘇民将来が、疫病にかからずに子々孫々まで栄えた、という故事によるもので、

 

ようするに、「疫病などの悪いものは、この家に入っても無駄だよ!」という意味でございますが、

 

それと同時に、スサノオ様には、「どうぞお入りください、歓待いたします♪」という意味も含まれ、

 

つまり、どちらかというと、外に向けて張られているような意味合いに思えます。

 

 

そうやって考えると、神宮は神域すべてが神聖な場所ですから、人間がいる俗な場所こそ、結界で仕切らねばならない???・・・ということですかね?

 

以前に神宮の神職さんに聞いたことはあるのですが、なんか曖昧でよくわからなかったのでした・・・(;^_^A

 

で、

もう一つ、よく訊かれるのがこの、

出雲大社の大しめ縄なのですが、ヤッパリ、通常の注連縄と左右が逆でございまして、

 

 

神社では、左(向かって右)を上位としますので、注連縄も上位(向かって右)から編み始めるわけで、

 

実は、鳥居の笠木(かさぎ=一番上の部分)なんかも、木造の場合、根っこの部分が向かって右と、厳密には決まっているわけでございます。

 

しかしながら、古代出雲地方では、上位が逆だった、という説もあるのですが、それはそれとして、

 

構造上、大社造りの場合、真ん中に大黒柱があり、御神座は向かって右奥に、向かって左を向いて鎮まられておるのでして、

そうしますと、神殿に入る場合は、なるべく遠い、つまり向かって右から入り、いったん左折するわけでして、

 

人間は下位から徐々に上位に進むと、けっきょく、左右が逆になっちゃうわけ、

 

ではないかと思うのです(-"-;A

 

 

 

むか~し、ですね、ある神職が、伊勢の神宮固有の故実をまねて祭祀をされていたことがあって、

 

それは、他社が真似てはいけないから、「神宮固有」ではないのか?

 

と、少々(いや、大いに)批判気味に見ていたことがありますが、

 

 

 

ようするに、地方は地方で、むか~しからの通りにやった方が、いいですよ♪

 

 

 

と言いたかったのですσ(^_^;)

 

 

 

注連縄のお取替えは、御用納め以降になりそうです。

(↑昨年の画像です)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年12月02日

ダイコン、おいし♪

テーマ:社務日誌

ブログでは、何度も申しておりますとおり、

 

母や家内が作る料理で、ウマイっ!と思うものは、私は最初から手を出さないのでございます。

 

逆に言うと、

「なんじゃこりゃ~っ!!ヽ(`Д´)ノ

こんなもん、オレが作ったる~っ!!!」

 

っていうものは、

 

まあ小手先のモノばかりですが、女房衆は、そこでプライドをいたく傷つけられるわけですね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

 

 

まあそれはそうと、

我が家のゆず味噌に、ふろふき大根は、とてつもなくウマイ♪ヾ(@°▽°@)ノ

 

前日の、大麻頒布で、氏子さんがお供えして下さった大根と柚子ですが、

 

 

まあ、ありがたいことでございますm(_ _ )m

ダイコンのまわりの、大豆も♪

 

 

おいし~、ホント・・・(゚ーÅ)

 

 

 

で、

 

今日も大麻頒布に出かけていたわけですが、

午前午後で、30数軒、

 

30年前からみると、10数軒も氏子が減っちゃって、

 

 

独居家庭も増えて、畑を作る家庭も減って、

 

殊に、今年は気候の関係で、野菜がよく育たなかったらしいのですが、それでも、

 

「神主さん、あんましよ~ないけど、持ってってくだしね~」

 

と、たくさんの野菜を頂きました。

 

 

 

野菜作ってないんで・・・って、こういうお宅もございました・・・(^o^;)

べつに、野菜をお供えしてください、って案内をしているわけじゃないんですけどね、

 

「ウチ、畑無いし、アンタ、酒好きやさかいね~♪」

 

 

ハイ、そのとおりですけど、

 

 

きのどくなね~・・・σ(^_^;)

 

 

 

昨夜の突風で、羽黒神社は杉葉でムチャクチャで、

朝は時間がございませんので、

 

お昼の時間に一旦帰宅し、ササッと掃除し、

ワンセグで朝ドラ見つつ、お弁当を大急ぎで食べて、後半スタートっ!!

 

 

 

30数軒のうち、長期不在(年末年始のみ、帰省)のため、親戚の方に神宮大麻を預かっていただいているお宅が数軒、

 

高齢者夫婦で、入院のため不在の方2軒、

 

ご不幸があって、忌中(50日が明けない)お宅が一軒、

 

で、いつもより早く終わった感じですが、

 

いただいた大量の野菜、

 

あいかわらず、私はまったく手を付けず、女房衆の仕事でございます。

 

 

ブリ大根とか、おいしいですよね~♪

 

 

氏子に漁師さんはいませんので、

 

 

 

ブリは買わないかんか・・・( ̄□ ̄;)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。