日本振興銀行(東京都)が金融庁の立ち入り検査を妨害したとされる問題で、警視庁は11日、金融庁から刑事告発を受け次第、銀行法違反(検査忌避)容疑で同行の本格捜査に着手する方針を固めた。

 同行は11日、「当局の調査に全面的に協力するとともに、管理体制の見直しに取り組みたい」とのコメントを出した。

 金融庁によると、昨年6月から今年3月にかけ同行に立ち入り検査をした際、貸金業者との違法性のある取引などに関する電子メールが意図的に削除された形跡があった。同行幹部が関与した疑いもあるという。

 同行は04年4月、日銀出身で小泉政権時代に金融庁顧問を務めた木村剛氏が設立した。全国に125店舗あり、今年3月末の預金残高は約5900億円、貸出残高は約4200億円。

 10年3月期決算は51億円の最終赤字を計上し、木村氏が会長を引責辞任した。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
金融庁:振興銀を刑事告発へ 検査忌避容疑で
<出資法違反>岡本倶楽部:系列ホテル11カ所など捜索
<質問!>消費者金融、なぜ規制強化するの?
<貸金業法改正>主婦への審査、厳しく/上
日本振興銀行:立て直し迷走 特別調査委、全委員が辞任

択捉と色丹欠けていました…切手シート販売中止(読売新聞)
<亀井氏>「約束守らないと政党政治は死ぬ」 退任会見で(毎日新聞)
決戦は水曜日 「ノー残業デー」ビジネス活況(産経新聞)
参院選勝敗ライン変更せず=菅首相(時事通信)
【イチから分かる】政策調査会復活 政府と党の分離立て直しへ(産経新聞)
AD