『ハドソン川の奇跡』を観ました

テーマ:

今日は『ハドソン川の奇跡』を観てきました。

 

 

解説
名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。
 
09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

 

【感想】
クリント・イーストウッド監督の作品を観るのは久しぶりでしたが、まぁ、外さないだろうなと思ってはいましたが、期待通りのいい映画でしたイイ!!

 

サリー機長が危機的状況の中で下した判断が、結果的に155人の命を救った。しかし、調査委員会は「事故は操縦者の過失によるものでは?」とサリー機長に疑惑の目を向け、展開を意外な方向へと傾ける。迷い、苦悩、そして正しい判断であったことを確信するまでの心情を、トム・ハンクスが魅せてくれましたナイス

 

人生は選択の連続です。「あの時の選択は正しかったのか」と悩みつつも、それでも自分の選択を信じるしかないと改めて思わせてくれた作品です。やれることはすべてやった結果の、彼らなりの最善選択であったと誰もが納得させられたのではないでしょうか感動

 

AD