早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
まだ収束を見ていないのだが、それでもそろそろ検証作業を始めた方がいいのかしら、と思っているのが森友学園問題である。

失敗の研究事始めというか、失敗学の研究なるものを始めた方が世の中の役に立ちそうだな、という予感がしている。
九分九厘成功しそうだったことが一番大事なところで躓いた、という好個の事例になりそうなのが森友学園問題である。

とても仕上がりそうになかったことが、ある日突然動き出し、あれよあれよと思う間に形を成していく。

まるで神風が吹いたようだ。

そう籠池氏が外国特派員協会の記者会見で述べたことが印象に残った。

あれよあれよと思う間に形が出来上がり、9分9厘出来上がったところで、あれよあれよと思う間に崩れて行った。
神風が吹いたと思ったら、その神風と同じくらいの強い風が吹いて元の木阿弥になり、残ったのは10数億の借金だけ、ということになったら、誰でもこれは何だ、ということになるだろう。

神風が吹いたように思った時は、何と自分は運のいい男だろう、と思っていただろう。
しかし、今振り返ってみれば、何と自分は不運だろうと思っているに違いない。

ある弁護士からの情報公開請求に対する近畿財務局の対応のちょっとした誤り、あるいは不適切な対応からすべてが始まっている。

あの時に隠さなければ、ここまで大きな問題に発展せず、今頃は瑞穂の國小學院の開設が認可されて、入学式の準備が進んでいたかも知れない。
ほんの1カ月でも開示の時期がずれていれば・・・・、などとあれこれ考えると、やはり近畿財務局が弁護士の情報公開請求に対して過度の警戒心を示したことがそもそもの間違いだったのではないかと思えてくる。

こういう時は、普通の応対をするのがいい。おや、と思うような応対をするから、情報公開請求裁判を起こされ、しかも裁判沙汰に慣れていない方々は慌てふためいて下手を打ってしまう。

うん、失敗の研究事始めの第一弾は、森友学園問題だな、と気が付いたところである。

様々な部署での失敗が満載のようである。
おいおい検証していくことにしよう。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:
役所が情報公開を恐れ、やたらと文書を破棄するようになったのは困ったことである。

森友学園問題については、近畿財務局が国有地払い下げ後まもなく関係資料を廃棄していた、という事実が判明したが、関係資料が残っていないのになんで適正な手続きで処理したと断言できるのだろうかと不思議でならない。

不正を疑われないように、万一に備えて事情が分かるような必要な資料を保存しておく、というのが普通の公務員が採るべき態度だと思うが、最近の公務員の感覚はどうも違うようだ。
よっぽど世間に知られては都合の悪い事情があったんだろうな、と知らない人が邪推するのは無理がない。

防衛省の日報破棄も酷いもんである。
日報の存在を知りながらこれを破棄するように指示した幹部がいるというのだから、組織が腐り始めていると言わざるを得ない。

文部科学省でも天下り問題で省挙げての証拠隠しが判明した。

まだ国民の不満が爆発するところまでは行っていないが、こういうことが続くといずれ爆発する。

逃げるな、隠すな、恐れるな。

逃げれば追うし、隠せば暴こうとする。
真実を開示することを恐れてはならない。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
おう、真相解明に一歩近づいたな、というのが私の感想である。

あることないことで皆さんがそれぞれに妄想を膨らませるようなことにならなければいいが、と思っていたが、ほぼ落ち着くところに落ち着いた。
籠池氏の証人喚問、やってよかったじゃないか、というところである。

証人喚問なんかやって自民党は失敗したな、と思っておられる方がおられるかも知れないが、国民の信用、信頼を大事にする国民政党として如何にも真相隠しに走っているような印象を持たれたら自民党は決定的な失敗をすることになる、と心配したが、今日の籠池氏の証人喚問でずいぶん闇に隠されていた部分が明らかになった。

総理夫人の安倍昭恵さんがずいぶん森友学園に肩入れしていたことは明らかだったが、だからと言って昭恵夫人が政府の役人に不当な圧力を掛けた事実がないことがいよいよ明らかになった。
あれこれ困りごとを持ち込まれそうな昭恵夫人だが、自分の出来ることは出来る範囲で一生懸命やってあげるが、自分が出来ないこと、してはならないことにはいささかも手を出していないということが分かる。

昭恵夫人はどんな人にも優しい人のようである。
天真爛漫過ぎてちょっと危ないな、と思わせるところがないではないが、まさに、いい人の典型である。
親切過ぎてちょっとトラブルに巻き込まれてしまったが、別に違法なことをしたわけではないから大騒ぎすることはない。

籠池氏は如何にも補助金詐欺を企みそうな変なおじさん風だったが、今日の証人喚問で根は単純で、本当に小学校の開設に情熱を燃やしていた普通のおじさんがちょっと舞い上がって、ほんのちょっぴり悪いことに手を出してしまった程度のことだということが分かってきた。

神風が吹いたようだ、と籠池氏は述べていたようだが、まさにその通りだと思う。

右派系の政治家や有識者が森友学園が経営する塚本幼稚園の独特の教育に魅かれて自分の周りに集まり始めた、というのがそもそもの切っ掛けだろうと思う。
幼稚園の園児が教育勅語の暗唱をする姿は、伝統保守を標榜する方々にはそれなりの感動を与えるものである。
伝統保守政治家のご本尊のような平沼氏が森友学園の教育を推奨すれば、平沼氏を敬愛する多くの政治家がそれに靡くのは自然のことである。

昭恵夫人が何度も講演に来訪し、ついには開設する小学校の名誉校長まで引き受けてくれるというこちになれば、森友学園は自然に破格の扱いを受ける存在になってしまう。

籠池氏が、自分の与り知らないところで大きな歯車が動き出した、神風が吹いた、と思うのは当然だろう。
特定の政治家の不当な政治力や圧力で何か不正なことが行われた、という事案ではないことがほぼ明らかになったと思う。

へー、こんなことがあるんだ、と思うような意想外の出来事が次々と起きたようだが、すべてそれなりの理屈が付き、またそれなりに必然のことだったのだろう、ということが概ね分かってきた。

参議院の予算員会も衆議院の予算委員会もしっかり自分たちの役目を果たしていた。
引き続いて参議院の予算員会では参考人の質疑を行うことを決めたようだが、これもいい。
中途半端なところで幕引きをしようなどということを誰一人として考えていないようなところがいい。
都議会の100条委員会よりは遥かに見応えがあったはずである。

誰も損はしていませんよ。

念のため、そう申し上げておく。
勿論、安倍総理の辞任なども考えなくていい。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
自民党は、明日の証人喚問の順番に相当拘ったようだ。

何でも一番がいいと思っておられる人が多いだろうが、明日の籠池氏の証人喚問は最後に質問する人が一番重要になる。
多分、最後に証人喚問の場に立つ自民党の議員の質問が一番長く、かつトコトン籠池氏の証言を追い詰めるような質問になるはずである(残念ながら、葉梨議員の質問は委員長の後になり、一番質問の時間を取ることになったのは民進党の枝野氏だそうだ。私が願っていても叶わないことがある、という事例がまた一つ増えてしまった。悪しからず。)。

自民党の現職の国会議員の中でこういうことに一番長けていると思われるのが、私と当選同期の葉梨氏である。
警察官僚出身ということもあるが、言葉遣いは丁寧だが実に鋭い質問をする、いわゆる頭が冴えている国会議員だ。

それまで気持ちよく証言していた籠池氏の顔色が一変するような展開になると面白い。
エース登場。
そう、申し上げておく。

私が見ている限りは、この局面では葉梨氏が最適任である。
どういう結果に終わっても、皆さん、納得されることである。

そうか、葉梨氏がいたか。
自民党には、やはり人材が多い。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
偉いものだなあ、と感心している。
こういう方に国政の場に出てもらえば、政治もずいぶん身近になるだろうに、と思っている。

総理夫人という肩書は、この方には不要である。
自分の言動に自信があり、どんなことがあっても責任を回避するようなことはなさそうだ。
自分が出ると約束した会合には必ず出席するし、自分がいいと思ったことは必ず実行する。
森友学園の名誉校長をお辞めになってからも、自分が出ることを承知した会合にはすべて出ておられるようだ。

針の筵にでも座っておられるのかと思ったが、席が温まる暇がないほどにあちこち動き回られているようだ。

歴代総理のご夫人方とは、一味も二味も違う。
実に逞しい。
こういう方を、狭い家の中に閉じ込めておくことなど不可能である。

最早自分の手には負えない存在だと思っておられるから、総理はすべてを受け容れることに決められているのだと思う。

ああ、ここにも女性の時代の到来を象徴するような方がおられた。

それにしても、このくらいあっけらかんとご自分の存在を主張される方は珍しい。

うじうじと女性に恨み言を言って言い止まないどこかの男性と比べると、安倍昭恵さんの立ち居振る舞いの見事さが一段と光ってくる。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:
豊洲移転の決定について石原元都知事に法的な責任を問うことは、無理だろうと思っている。

どんな対策を講じても不安要素の解消が出来ず、豊洲移転が絶対に無理だというのであれば別だが、東京都が組織を上げて長年検討し、その都度議会の承認を得ながら進めてきた事業がまったくの間違いだったとはとても言い難く、ましてその責任を一人の知事に押し付けてしまうようなことはとても出来ない。

不審な事実が表面化した時には、あれやこれや真相解明のための作業を続けなければならないのは当然だが、しかし事案の全容の解明が済んだら適当なところで鉾を収める必要がある。
もう少し調査しなければならない事項が残っているだろうが、報道されているところから判断すればそろそろ結論を出してもよさそうである。

証人喚問の場に呼びだされて石原さんもさぞ不本意だったろうが、しかしだからと言って石原さんが自分を証人喚問の場に呼び出した都議会議員や証人喚問への道筋を付けた小池さんにご自分の不満や怒りをぶつけるのは筋違いだろう。

そろそろ決着を付けてもいいのではなかろうか。

そのためには、まず石原さんがご自分の物言いを変えることだ。
ご自分の物言いさえ変えれば、案外この問題の決着は早くなる可能性がある。

昨日既に書いておいたが、石原さんが次のように言われれば、皆さん、よーし、分かった、ということになるかも知れない。

「部下を信じてすべてを任せてしまい、何のチェックもしようとしなかった私が悪かった。
豊洲移転の結論自体は当時の判断としていささかも間違っていなかったと信じているが、自分の不見識のために豊洲市場の安全・安心の水準をあまりにも高く設定し過ぎてしまったかも知れない。

豊洲市場の操業開始のための安全・安心の水準は私の後任の知事の舛添君が設定し直した水準ぐらいで丁度良かったのではないかと思う。
舛添君が知事を辞職せざるを得ないような状況となり、舛添君の設定し直した水準が白紙になり、結局小池さんは私が設定したハードルが高過ぎる水準での豊洲市場の操業開始を目指さなければならなくなったことの遠因は、私にある。

しかし、今改めて考えるに、私の設定した安全・安心水準は間違っていたと思う。
豊洲移転を心待ちにしておられた関係者のことを考えると、胸が張り裂ける思いである。
一日も早く豊洲移転を実現していただきたい。
今日の事態を招いた責任は、私にある。
もはや私には何の欲もない。

私の判断について何らかの法的責任があるというのなら、その責任を他人に転嫁しようとは思わない。
小池さん。お願いだから、一日も早く豊洲問題を解決していただきたい。」

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(1)

テーマ:
良識の府とされている参議院の予算委員会の証人喚問から始まるというのがいい。

参議院予算委員長の山本一太氏が良識の府に相応しい証人喚問にしたいと、実に冷静沈着で公正さを保とうとされているのがいい。
参議院の予算委員会には共産党の小池晃氏がいる。
山本氏と小池氏がいれば、籠池氏がどんな証言をしようと、慌てず騒がず丁寧に事実の確認に努めるはずである。

籠池氏はどうもその場限りの虚言を弄しがちだが、証言の虚と実をしっかり見極めないとなかなか真相の解明には辿り着けない。
共産党は懲りているはずだから、籠池氏がどんな証言をしてもすぐそれに飛び付くようなことはせず、一つ一つ事実を確かめながら次の証人喚問に結び付けられる材料の発掘に努めるはずである。
自民党の質問者はどちらかと言うと籠池氏の証人喚問で切りを付けたいだろうから、籠池氏に対して糾問的な質問に終始し、森友学園問題についての本当の問題点についての言及を避けるような質問になるだろう。
如何にも証人を弾劾しているような口調に見えるだろうから、テレビの視聴者には、おう、自民党の議員もよくやっているな、と映るかも知れないが、得られる成果はそう大きくないはずだ。

民進党の議員がどこまで切り込めるだろうか、と思っているが、安倍総理からと言われている森友学園への100万円の寄付に拘っていると、本当の問題点についての大事な証言を籠池氏から引き出すチャンスを自分で潰してしまうことにもなりかねない。

大阪の松井知事なり、近畿財務局の当時の責任者、財務省の当時の理財局長などの参考人招致や証人喚問がどうしても必要だな、と自民党の議員に思わせるような質疑が出来るかどうかがポイントになる。

衆議院予算委員会での証人喚問は、参議院予算委員会での証人喚問を受けての証人喚問だからどうしても参議院予算委員会での証言の真偽を確かめるための反対尋問的なものにならざるを得ないだろう。
少なくとも、自民党の議員の方々はそういうつもりで証人喚問に臨むはずである。

この尋問は難しいぞ、と教え諭しておられる方がおられたが、まあ、肩に力が入り過ぎると案外へまをするものである。

いずれは偽証罪で告発するつもりがあっても、そんなことはおくびにも出さないで、淡々と証言を求める方が結果的にいいこともある。

各政党とも精鋭と言われる方々が集まって明日の証人喚問に臨まれるのだろうから、明日の証人喚問は期待していい。
少なくとも都議会100条委員会よりも成果は挙がるはずだ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:
籠池氏を証人喚問してそれでお終い、なんていうことになったら、自民党はいずれ大方の国民から蔑まれるようになるだろうな、と思っている。

今は野党の皆さんが頼りないから相対的に自民党を頼りにする人が多いが、頼りになりそうな人たちが現れたら一斉にみんながそちらの方に靡いていく。

小池さんの登場はそのはしりのようなもので、この流れはそうそう簡単には消えない。

自民党の党本部は結構こういうことに敏感なようで、要所要所で機敏に動いている様子が窺えるが、問題はこれからである。

森友学園の籠池氏に捜査の手が伸びるのは必至だが、籠池氏を血祭りに上げたら森友学園問題はそこでお終い、などというメッセージを出したら、世間の批判は間違いなく自民党や官邸に向かう。

籠池氏は国や大阪府から親切にしてもらった人で、本当に糾弾しなければならないのは森友学園に過度の新設をした人たちである。
当時の近畿財務局長を証人喚問しないで終わったら、自民党や官邸、あるいは財務省が本人を隠したに違いないと思われる。

親切過ぎる人を呼び出して、真実を追及せよ。

取り急ぎ、そう申し上げておく。

森友学園問題は、そう簡単には幕引きしてはならない大事な問題である。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
宇佐美典也さんの「(豊洲)第5回専門家会議概要〜問題解決まであと一歩〜」というブログ記事がアゴラに転載されていた。

宇佐美さんの議論には日ごろから一目置いていたものだから、小池さんにやたらと批判的な宇佐美さんの論稿を目にすると心が痛くなったものだが、宇佐美さんのこの記事を読んで少しだけ気が軽くなった。

そうかそうか、あと一歩のところまで来たのか、と思ってホッとしている。

私のブログの読者の方々からも最近は小池批判を沢山聞くようになっている。
マスコミの論調も微妙に変化している。

こういうのは、段々効いてくるぞ。
早く手を打った方がいいのだが、小池さん、大丈夫かな。

そう、心配していたのだが、小池さんに批判的だった宇佐美さんが、問題解決まであと一歩、だというのだから、本当にあと一歩なのだろう。

どうやら専門家会議の皆さんがしっかりした仕事をされているようである。
うん、これなら、専門家会議の正式な報告書が出てくるのを待っていればいいんですね、という気になってくる。

こういう情報は、やはり実際に現場に出ている人から聞かなければならない。

インターネットを通じて色々な意見や情報が入ってくるが、宇佐美さんのこの記事は実にタイムリーで、しかも信頼性が高い。
アゴラもいい仕事をしていますね、というところである。

なお、宇佐美さんの記事は、アゴラで確認していただきたい。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
世間では質問した議員に逆捩じを食わした証人の方を高く評価しがちだが、大体は間違いである。

証人に質問する議員の方には何のペナルティも用意されていないが、証人喚問で100条委員会に出頭した証人の方には大変なペナルティが待っていることが多い。
慎重な証人は言葉を選び、どこからも突っ込まれないような物言いに終始するのだが、自分に過剰な自信を持っている人はつい興奮して言わなくてもいいことまで言ってしまうようなことがある。

その辣腕ぶりで定評のあった浜渦元副知事などは、自分に自信を持ち過ぎのタイプに属していたようだ。

質問した議員を瞬時黙らせるくらいの迫力を示したようだが、さてそれが吉と出るか凶と出るか。

役人が勝手に覚書を作成した、自分は何も知らない、などと断言していたが、ご自分が副知事で役人の一人であった、という認識が浜渦氏にはそもそもなかったということだろう。
石原都知事の信任が厚いことをいいことに都庁に君臨していたと評される浜渦氏だから、部長級の職員は皆役人で、自分は役人ではなく政治家の一人だとでも思っていたのだろうか。

浜渦氏から勝手なことをした役人呼ばわりをされた方々が100条委員会に証人として出頭されるようである。
浜渦氏の証言が正しいのか、それとも新たに承認として100条委員会に出頭した当時の部長級職員の証言が正しいのか、という問題になる。

忘れた、と言えば特に問題とはならないことでも、ことさらに真実と異なることを供述すれば何らかの責任を問われることになる。

責任を問うか問わないかを決めるのは、100条委員会の委員、質問した議員の方である。
ぎゃふんと言わしたつもりが、実は墓穴を掘っていた、ということにもなりかねない。

証人を興奮させて、あることないことを証言させる、というのは、一つの証人尋問のテクニックである。

ひょっとしたら上手いこと乗せられたのかも知れないな、と思っておられることだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)