早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
衆参同日選挙必至と年初に書いておいたが、衆参同日選挙は確定的になくなったようである。

選挙に関わらなくなるといつ選挙になろうがなるまいが、まあどうでもいいことだ、ぐらいの感覚になってしまうが、実際に選挙に備えてきた人たちにとっては決してどうでもいいということにはならない。

常在戦場と言いながら、四六時中息を詰めているのはさすがに辛い。
どこかで肩の力を抜いて息を継ぎたいところだが、衆参同日選挙必至だと言われれば全力で走り続けなければならない。

ずっと尻を鞭で叩かれているような思いをされていたと思う。
まあ、こういう緊張状態を続けるのは3カ月くらいが限度である。
ゴムが伸びきってしまうと、殆ど弾性は戻らない。

衆参同日選挙必至というマスコミ情報に踊らされてありったけの力で走ってきた人は、衆参同日選挙はまずなくなった、という昨日、今日の報道で力が抜けたはずである。

いやいや、やっぱり衆参同日選挙だよ、などと言われても、そう簡単に元に戻ることは出来ない。

まさに波に翻弄された木の葉のようなものだ。
衆議院選挙に備えてこれまで全力疾走してこられた方の悲鳴が聞こえてきた。

そういう方々のために、この記事を書いておく。
要町の早川学校」の事務所の会議室に下の写真の額がある。

波にもまれて尚沈まず、と書いてある。

私が衆議院選挙に挑戦していた頃に朝霞市の書家の方から寄贈された書である。
私は、この書を眺めながら8年間頑張って、ようやく当選した。
少なくとも8年間は波にもまれ続けたわけである。

波にもまれ続けたが、しかし沈まなかった。

沈んでは、絶対にいけない。
ガンバレ、ガンバレ。
懸命に頑張っておられる方々に改めてエールを送っておく。
{45FA01D1-DD30-4114-83B2-177B5083F9E6}

{CF3CD17C-4F5B-477E-BD46-2875F24BDF81}

いいね!(8)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
大分盛り上がりに欠けた国会議員のパーティがあったそうだ。

衆参同日選挙の噂で持ちきりの時に開催される現職衆議院議員のパーティであれば、派閥の幹部や同僚議員、参議院選挙に立候補予定の候補者などが顔を揃えて応援に駆けつけても然るべきだと思うが、どうもこの方の場合は会場が閑散としていたようだ。

これではとても決起大会とは言えない。

日を改めて、今度はお別れの会としてパーティを開催されたらいい。

既に人心は離れているのだから、色々思いはあっても、ここは早目に後進に道を譲るということを正式に表明されることだ。
まだ、石持て追われるような状況ではない。

惜しまれて去る、くらいの環境を整えられることだ。
決起大会の趣旨であれば出席が憚られた派閥の幹部や同僚議員も、お別れの会だということが分かればそれなりに出席されるはずだ。

皆さん、そのくらいの情は持ち合わせておられるはずである。
少なくともその程度の義理は果たされるはずである。

人の出処進退は実に難しいが、どんなことも祝福されてこそ意義がある。
もう、後進の人に道を譲る時である。

いいね!(4)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
私自身はこういう耳障りのよくない言葉は滅多に使ったことはないのだが、今年に入ってからこの言葉が妙に流行り出したような気がしている。

如何にもそうだな、と思わず頷いてしまうことが多くなった。
元々は如何にも軽薄そうな芸能関係者やいわゆるタレントの方々を腐す侮蔑用語の一つだと思っていたが、最近は一部の政治家にこそこの言葉が当て嵌まりそうだ、という気がしてきている。

ゲスにどんな漢字を当て嵌めたらいいのだろうか、とゲスト書いて返還キーを押すと、下種、下司、下衆などの漢字が出てくる。
特定の人物を指してゲス、と呼ぶ時は、下司とか下衆がいいのだろうか。

いよいよ通常国会の閉会日を迎える。

野党の方々は、内閣不信任案を提出することを検討してこられたという。
衆議院に内閣不信任案を提出しても圧倒的多数で否定されることが見えているのに、あえて与党との対決姿勢を示すために不信任案を出すというのは果たしてどうだろうか。
まあ、国政選挙を目前にしての恒例行事だ、ぐらいの感覚でおられるのだろうが、こういう本気度がまったく感じられないパフォーマンスだったらお止めになった方がいい。

ああ、野党の皆さんは惰性でこんな無駄なことをやっているんですね、と多くの国民から侮られるような材料を作るだけである。

サミットが大過なく終了し、アメリカのオバマ大統領がアメリカの大統領としては初めて広島の原爆慰霊の碑の前に立ち、頭を下げるという歴史的瞬間を迎えた直後に、何故安倍内閣の不信任決議を上程しなければならないのか、不信任の理由がよく分からない。

舛添東京都知事に対しての不信任なら多くの国民が快哉の声を上げるだろうが、外交、内政面でそれなりに具体的な成果を挙げてきたと見られている安倍内閣にこの段階で不信任を突きつけるというのはいささか筋違いのような感じがする。

単に惰性で不信任案を出すのなら止めた方がいい、というのが私の感想である。

品がなく、しかもずいぶん無駄なことをするものだという意味合いで、ああ、これはゲスの極みですね、と言いたくなる。
まあ、普段使い慣れていない言葉なのでこういう時に使うのは本当はふさわしくないのではないか、と思っているが、あえて使ってみることにする。
悪しからず。
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
これを朗報と捉えるか悲報と捉えるかはそれぞれの立ち位置で異なるだろうが、これで確定的に衆参同日選挙はなくなった、と言っておきたい。

やはり沖縄の米軍軍属の死体遺棄事件の影響は大きかった。

明日、沖縄県議選挙が告示されるようだが、この問題はこれから日々燃え盛っていくばかりだと覚悟しておいた方がいい。
6月の20日前後にピークを迎えるだろうから、7月10日の投開票がほぼ確定していると言われる参議院選挙で自民党が圧勝するなどとは考えないことだ。

衆議院を解散しようがしまいが、参議院選挙の結果にはあまり影響がなさそうだ、ということになったら、現有議席を相当数失いかねない衆参同日選挙は止めておこう、というのは素直な考えだ。

野党の統一候補擁立戦略がそこそこに奏功しそうだ、という感触が広がりつつある。
自民党も安閑としていられないな、という雰囲気が出来つつある。

何よりも二階総務会長が明確に衆参同日選挙に否定的な態度を表明したのだから、安倍総理が二階氏の意向を無視して解散に雪崩れ込む、などということは考えられない。
多分、自民党の衆議院議員の方々はこれで一旦鎧を脱いだはずである。

遅くとも来年の6月までに衆議院解散の話が再燃すると思われるが、衆参同日選挙に備えていた衆議院選挙の候補者の方々は、とりあえずここで一息吐いていいのだと思う。

ご参考までに。
いいね!(5)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
オバマ大統領にとって一世一代の大舞台だと思って、ヒロシマ・ナガサキに向き合ってもらいたいと思っている。

日本の国民にとってアメリカの大統領としてオバマ氏が原爆投下について謝罪するかどうか、は今となってはさして重要な問題とは言えない。

あれだけの悲惨な事態についてアメリカの大統領がアメリカの国民を代表して謝罪したからと言って何がどうなるものでもない。
口先だけの謝罪や低頭で何が変わるわけでもない。
失われた命は戻らず、また多くの人々から奪ってしまった青春が返ってくるわけではない。
どうやっても償いようのない事柄である。

しかし、心からの哀悼の心は捧げて欲しい。
核廃絶への堅い決意を、改めて示して欲しい。

核の保有や使用を必要悪として認めようとしている人たちが多い中で、アメリカの大統領が核廃絶の誓いをすることは現実的には実に難しいことだと思うが、それでもオバマ氏には核廃絶への熱い思いを語って欲しい。
アメリカの大統領という立場があることは重々承知しているが、オバマ氏はノーベル平和賞の受賞者である。
核廃絶など理想でしかない、夢物語だ、などという声も上がるだろうが、それでもオバマ氏の最後の言葉として核廃絶への意思を熱く語って欲しい。

原爆資料館の訪問や被爆者の方々との面談も当然のことだ。
アメリカの次期大統領選出のための大統領選挙に悪影響があることを懸念する向きもあるが、そういう目先のことには惑わされないで、理想主義者オバマ氏らしい、歴史に残るスピーチを広島の地で遺して欲しい。

安倍総理にもお願いしておく。

一世一代の舞台にふさわしい名スピーチを心から期待している。
いいね!(1)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ああ、もうちょいですね、というのが私の感想である。

いわゆるヤメ検と弁護士の世界で呼ばれる弁護士のグループがある。
検察官出身の弁護士の方々で一つの狭い村を作っておられるようで、お互いの間で事件を回したりする。

検察官という公的な職務を経験されているから、この方々が普通の弁護士よりも中立公正な立場を標榜しやすいのは自然の成り行きで、第三者委員会などという名が付く仕事が回ってくるときは、こういう方々の名前が上がりやすい。
特に刑事事件がらみの話になると、元検察官の目で関係資料を見たり、検察当局の捜査手法に準じて必要な事実調査をしてもらいたくなるのは、これまた自然な流れである。

舛添氏は自分の政治資金収支報告書の記載について検察官出身の2名の弁護士の方に精査方をお願いしたそうだ。

調査に当たる弁護士の氏名についてはその弁護士の方々から当面非公開にして欲しいという申し出があり、昨日の記者会見では担当弁護士の名前は明かされなかった。

まあ、そういう申し出にもそれなりに理由はあるが、国民の関心がここまで高まっているときに担当弁護士の名前を非公開にすることが適当かどうかについては多少の疑念がある。

中立公正な第三者としての立場を大事にしたいと言うのであれば、この調査にはそれなりの公益性があると認めたわけだから、舛添氏の政治資金調査報告書等の問題点を精査し、それなりの判断を下すことになる弁護士は、ある種の公益の代表者的色彩を帯びるということだ。

公益の代表者に徹するのであれば、それらしく振舞うのがいいのではないかと思う。
堂々と名乗りを上げて、調査に当たる方針等を一般の方々に向けて説明する方がむしろ公正さを演出するうえではよかったのかも知れない。

舛添氏は2名の検察官出身の弁護士を指定したようだが、これはあまりいいことではない。
2名の弁護士の見解が対立したり、調整が必要になった時に統一した意見を出す方法がない。

3人寄れば文殊の知恵、という言葉がある。
こういう世間の注目を浴びるような取り扱いが微妙で、大事な仕事は3人で担当することが肝腎である。

まあ、それなりの方々がこれから仕事をされるのだろうが、3人ではなく2人の弁護士しか指定しなかったといところに舛添氏の中途半端さがある。
多分、大方の納得を得られるような調査結果を出すことは至難の業だろう、ということだけ取り急ぎ申し上げておく。

弁護士は2人よりは3人がいい、ということだけは、皆さん覚えておかれることだ。
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
安倍内閣の一員であるという立場を考えると島尻さんの立ち位置はずいぶん難しいだろうと思うが、私は自民党沖縄県連会長としての島尻さんの発言を支持している。

今回の沖縄県内で発生した米軍の軍属による死体遺棄事件について沖縄県の方々が心の底からの怒りを表明するのは自然のことで、沖縄県民の心情を顧慮して島尻さんが地位協定の改定を主張されるのは至極当然だろうと思っている。

今回の事件は一応地位協定とは切り離して考えた方がよさそうだということは理屈では分かるが、そういう法律論だけで済ませられるような簡単なことではない。
沖縄県知事の翁長氏が安倍総理を通じてオバマ大統領との会談を申し入れたくなるのも自然だし、島尻さんが法律論はともかくとして地位協定の見直しや改定に言及したくなるのも当然だ。
沖縄に住み、沖縄で選挙を戦う以上沖縄県民の訴えに泥を塗るようなことは出来ない。

今の島尻さんは、忠孝の狭間で悶え苦しむようなかつての武士のような心境でおられると思う。

しかし、沖縄の問題については、八方美人を続けることは到底無理である。

自民党執行部や官邸とは対決せざるを得ないような苦しい立場に立たされるだろうが、そういう場合は沖縄県民の心に沿うことに決めたらいい。
地位協定の改定を主張することで安倍内閣の閣内不一致が咎め立てされるのであれば、沖縄北方担当大臣を更迭されてもいい、ぐらいの強い態度で臨むことだ。

いずれは、島尻さんの苦しい立場を分かってくれる人も現れるはずだ。
いいね!(6)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
待ちに待ったその時がやってきた。

このまま現職市長が7期目の市長選挙に挑戦するのだろうか、とやきもきしていたが、今朝の新聞各紙に立候補しないとの記事が掲載されていた。

4選しないと公言していたのに前言を翻して4期目も5期目も立候補し、ついに6期まで務めていたので、もうそろそろ引退して後進に譲ったら如何か、と思っていたのだが、そういう本当のことを言える立場になかったのでズルズルと今日まで引っ張ってしまった。

青年市長としての面影は既に消え失せていたのだが、とにかく選挙には滅法強く、それなりに仕事をしてこられた人だから、面と向かってご本人に引退を迫るような人は滅多に現れない。
もういい加減にされたらいい、そろそろ潮時でしょうと思っている人が結構いることは分かっていたのだが、ご本人が言い出さない限りどうしようもない、というのが実際だった。

何となくの包囲網が出来ていたのだと思うが、やっとその日が来た。

次にどなたが名乗りを上げるのか分からないが、私が、この人だったらいいだろう、と思っていた人の出番がようやく来たようだ。
私の見るところ、あらゆる環境が整っているようだ。

この日のために備えておられたんだな、ということがよく分かる。
多分、上手く行く。
多分、これでみんなが丸く納まる。

軽挙妄動しなくてよかったですね。

そう、声を掛けて上げたいところである。

え、何の話?
私の選挙区の新座市の話である。

誰も傷つかなかったのがいい。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
依頼者が費用を負担していたからと言って依頼された弁護士が費用負担者の言いなりになる存在だと思っておられる人が多そうだが、必ずしもそうではない。

依頼の趣旨に忠実なだけで、あくまで中立公正な第三者の目で徹底的に調査して欲しいと言われれば、大抵の弁護士はそれなりに依頼の趣旨に応じた仕事をする。

東芝の第三者委員会の弁護士もそれなりに仕事をしたはずである。
もっとも、依頼された時点で特定事項についての調査は対象外にするという特別の条件が付されていたためにその方面の事実関係の調査には踏み込まなかったということで、東芝の抱える本当の問題点を炙り出すことには成功しなかったようだが、これはそういう制約を付けた側の問題で、第三者委員会の担当弁護士の仕事ぶりにケチをつけるような事柄ではなさそうだ。

舛添氏が政治資金規正法に精通した弁護士等の第三者に調査・検討してもらうと述べたこと自体は、特に非難されるようなことではない。
調査を委ねられた弁護士が依頼の趣旨に基づいて徹底的に調査すればいいだけのことである。

依頼した人が自分でその費用を負担することになっているからと言って、その弁護士が依頼した本人に阿って調査の手を抜いたり、法的判断を曲げる、などということはまずない。
まあ、企業の監査を担当する監査役や公認会計士と同じようなものだと思えばいい。

弁護士には色々な面があり、純然たる第三者の目で客観的に調査を遂げ法律判断をして欲しいと頼まれれば、まず間違いなくそのように行動する。
弁護士としての職務に誇りを持ち、弁護士としての名誉を護りたいと思っていれば、結構第三者の目で事実関係の調査をしたり、法律的判断をするものである。

もっとも、今のところ政治資金規正法に精通した弁護士などと称される弁護士はいないので、本当に一般の方々を納得させるような調査結果は出てこないだろうな、とは思っているが。

さて、どういうことになるか。
仕上げは見てのお楽しみ、というところかしら。
いいね!(3)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
縁にも良縁と悪縁がある。

私とたまたま縁が繋がった人は、とりあえず良縁に恵まれた、と思っていた方がいい。
良縁にするのもしないのもご本人である。
ご本人が良縁だと思ってそれなりに努力すれば、大した縁でなくても結構な縁になる。

少なくともこれまでは私と縁があったために不幸のどん底に落ちた、という人は一人もいない。
何の変化もなかった人もいるだろうが、大体はいい運に恵まれている。
1カ月や2ヶ月では分からないだろうが、半年か1年縁が続く人は大体がそれなりに成功している。
悪縁でないことだけは、保証する。
その瞬間は分からないだろうが、いずれはじわじわっと分かってくるはずだ。

今日、一人の男性が私に会いに来られた。

今の段階で私がお役に立てることは何もなさそうだが、今日私と会って話したことがいずれはご本人にとってこれからの活動の大きな支えになるはずである。
東京在住ではないからしょっちゅう私のところに顔を出すことは出来ないだろうが、フェイスブックやブログでずっと繋がることは出来る。

今取り組んでおられることをもう少しブラッシュアップすれば、それなりに有用人材になる。

楽しみである。
花が咲くのは1年後か2年後か分からないが、既に相当いい線を行っていることは間違いない。

頑張られることである。
ガンバレ、ガンバレ。
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)