早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
アゴラに私の記事が転載されることになった。

どういう記事が転載されるのかはまだ分からないが、私にとっては新しいステージに立ったような気分である。
ブロゴスでおなじみの方がおられたらので、私はかねてからアゴラに注目していた。
自分から投稿しようと思ったことはないが、結構な方々がアゴラに出稿されているなとは思っていた。
あの音喜多さんの記事がアゴラに掲載されているということで最近特に親近感を抱いていたのだが、音喜多さんの記事もどこかで書かれた記事がアゴラに転載されるようになっていたのだろうと思っている。

何にしてもブロゴスだけでなく、アゴラでも私の記事が掲載されることがある、というのだから私にとってはビッグニュースである。

なかなか思うようには発信力が付かないな、と思っていたが、そういう私のブログを熱心に読んでおられた方がおられた、というのが私には嬉しい。

最近のアゴラで活発な論陣を張っておられるのが、池田信夫氏と八幡和夫氏である。
私から見てすべて正論だから、これに真正面から反論するのは難しい。

どうやっても弁護の余地がなさそうな人をそれなりに弁護するのがプロの仕事だということは分かっているのだが、蓮舫さんの二重国籍疑惑問題についてはうっかり口を出せそうにないな、と思ってきた。

何とか無事民進党の代表選が終わりますように、と祈っていたので、蓮舫さんが民進党の新代表に選出された時は、それなりにエールを送っておいたのだが、しかし、蓮舫さんの足元は弱い。

誰も問題にしないようであれば、本当は問題であっても大事には至らないで済むだろうぐらいに思っていたのだが、どうやら池田氏や八幡氏の追及は一向に止まないようだ。

さて、いつまで蓮舫さんは堪えられるだろうか。
いつまで持つだろうか、などということを考えている。

誰も問題にしなければそれでお終いの話なのだが、問題にする人がいる限りは、いつかははっきりと決着を付ける必要が出てくる。
これまでは、まず、そういうことにはならないだろうと思っていたが、蓮舫さんの陣営からスパッとした反論なり説明が返って来ていないようなので、これから蓮舫さんの弁護を引き受けられる方は大変だろうな、と思い始めているところである。

何が大変か。

二重国籍問題は蓮舫さんが正式に台湾籍の離脱手続きを取られたので、今は何の問題もない。

問題になりそうなのは、公職選挙法の経歴詐称疑惑の方である。
二重国籍の人が二重国籍であることを知りながら自分の経歴書等にその事実を記載していなかったことが経歴詐称の一種になるかならないか、という問題である。
蓮舫さんに日本国籍があることは間違いないが、公職の候補者として有権者に自分が二重国籍者だということを開示すべき義務があるのかないのか、ということである。

民進党の法律顧問がどなたか分からないが、この辺りのことはひょっとしたら郷原弁護士が解説してくれるのかな、と期待している。

多分、法務省も自民党も既にこのあたりの法律問題は十分に検討しているだろうと思っている。

今はどこからも何の声も聞こえてこないが、いざという時には出してくるのかしら、などとも思っている。
出せば、オールマイティの切り札になるだろう。

そういう切り札を持っている人がいるのかいないのか、とんと見当が付かないが、実に不気味である。

国対関係の人は、こういう事情をすべて分かったうえで事を進めているのだと思う。

どうなるかは、私の立場では今のところ何とも言えない。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
高校生や大学生の方からも入塾の希望が寄せられているそうだ。
楽しみなことである。
若い方々は、自分が心を動かされる何かを見付けたら、思い切って動かれるのがいい。

しかし、希望の塾に入ればそこから何かを得られるだろう、何かを与えられるのだろうなどと期待していると、案外ご自分の期待していたものと違うこともあるから、自分で何かを作り出す、自分で何かを生み出すつもりで取り掛かられるのがいい。

多分、こういう塾の一番いいところは、志の高い、有能で、立派な新しい仲間と巡り会えることだろうと思う。
ワクワクしながら希望の塾に入られたらいい。

もっとも、何でも受け身の人は、こういう塾に入っても思ったほどには収穫がない。
どんなことにもマイナスはないだろうが、他の人が100も200も獲得しているのに、自分は5か10ぐらいしか獲得できるものがなかった、というのは、実に勿体ないことだ。

他の人が100学ぼうとしているのであれば、皆さんはそこから300とか500、学ぼうとされればいい。
300とか500を目標にすれば、まず他人から大きく遅れるようなことはない。

何でも受け身の人は、これがなかなか出来ない。
頑張られることである。

幸い小池さんや小池さんの周りの人には、オーラがある。
希望の塾から何かが生まれそうな予感がする。
皆さん、大いに頑張られることだ。

BOYS&GIRLS, BE AMBITIOUS! 


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
もう参議院選挙の余韻も東京都知事選挙の余韻も残っていない。

まだ民進党の代表選挙の余韻が残っているが、1カ月もすると皆さん来年1月の通常国会冒頭解散に備えて気もそぞろ、ということになるのだろう。

今日臨時国会が開会し、新任の閣僚がようやく国会で所信を披歴したり、答弁の席に就くことになる。
何人かの新任閣僚は答弁に詰まるような場面が来るのだと思うが、まず安倍改造内閣が窮地に追い込まれるようなことはないだろうと思っている。

多少安倍内閣の支持率が落ち込んできている、という世論調査もあるが、政権運営に不安を感じさせるような要素はどこにもない。
無理を押し通すようなことをしなければ、この臨時国会を無事乗り切って盤石の態勢で来年の衆議院の解散・総選挙に臨んでいけるのだろうと思っている。

補正予算の審議は、まず滞りなく進むはずである。

来年度の予算案の策定作業も順調に進んでいるようだ。
波乱含みなのはTPP問題だが、アメリカの大統領選挙の帰趨次第で日本としての方針の見直しが求められるようになるのかも知れないから、多分じっくり腰を落として対処しようということになる。

急ぐのは天皇の生前退位(譲位)制度の導入問題だが、国民の大多数がこれに賛同しているという状況を踏まえると、静かに議論していれば自ずから落ち着くところに落ち着く。
民進党の中ではこれを政治問題化しようとしているのかしら、と思うような動きがあるが、1カ月もするとそういう国民から反感を買いかねないような物言いをする国会議員はぐっと少なくなるはずだ。

有識者会議の皆さんが懐の深い議論をされれば、何とか早い結論を、と求めている大方の世論は有識者会議の示す方向性を支持するようになるだろうし、多分国会議員の皆さんもあえて議論を拡散するような方向には行かないはずである。

憲法審査会の会長に森英介元法務大臣が就任されたが、この臨時国会での憲法改正論議はあくまで憲法改正項目についての国民的合意形成のための足慣らしのようなもので、与党と野党で激しく対立するようなものにはならない。

本格的な論争や対決は来年の通常国会以降に回そうということで、私の目からすると、この臨時国会は一種の凪のようなものになる。

アメリカの大統領選や都政の動きについては多くの国民が固唾を呑んで見守っている観があるが、日本の国会については、皆さん大どころでは安心して見ているようである。

現職の皆さんは、次の衆議院選挙に何とかして勝ち残ることを考えて行動されるはずである。
国政に挑戦しようとされている新人の皆さんには、結構厳しそうだな、というのが現時点での私の感想である。

今の段階で新人の方々が挑戦してし甲斐があるのは、来年の都議会議員選挙だろう。
まあ、余計なお世話だろうが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小池さんの希望の塾に入るつもりだ、と言っておられる若い方が、私のところでも学びたいと申し出て来られた。

私が教えて差し上げることなど何もないと思うが、反面教師という言葉もあるくらいだから、学ぼうと思えば誰からも学ぶことが出来るかも知れない。

ありがたい申し出だと思っている。
まあ、共に考え、共に学ぶ、ぐらいの感覚がいいと思う。

私は自分の未熟さを知っているから、せいぜいできるのは若い皆さん方に考えるヒントを提供することぐらいだろうと思っている。
答を出すのは、皆さんである。
私と同じ人生を皆さんが歩むことが出来ないのと同様、皆さんの人生を私が歩むことも出来ない。

ああ、こっちの道を歩んだ方がいいですよ、と言うくらいのことは出来ても、必ずそうしなければならないというものでもない。
決めるのは、すべてご自身だ。
私から学ぶことがあると思えば私の周りに来られればいいし、他の人から学ぶことがあると思えばその人のところに行けばいいだけのことである。

私は、あくまで皆さんが切磋琢磨する場を提供しているだけで、私が直接若い方々をしごき上げるようなことはしない。

子は父親の背中を見て育つ、という言葉があるが、まさにそのとおり。
わが家でもそうだったし、私の法律事務所でも、国会議員時代の私の事務所でもそうだった。
それなりに大勢の若い弁護士や司法修習生、さらには秘書や秘書見習いの方々を指導してきたからまずまずの教育者の一人だったと言ってもいいのかも知れないが、若い方々と比較して私が一段と優っていた、などということはない。

大したことはない。
勘違いもすれば、覚え違いもあり、知らないことも沢山ある。
ただし、それなりの経験がある弁護士として、これはちょっとおかしい、何か変だぞ、筋が悪いな、この辺りのことはもう少し調べる必要があるな、という嗅覚なり、直感の働きはそれなりにあるだろうと思っている。

言葉では簡単に言い表せらないようなもの、理屈を超えたものがそこにあることは確かだ。
教えて教えられるようなものではないが、一緒にいるとそのあたりのことが何となく分かってくる、ということはあるだろうと思っている。

私の周りに来て、損をすることはない。
私から学ぶことがあると思われれば、どうぞ遠慮されないで私のところに来られればいい。

ビヨンドXプロジェクト全体会議は、そういう場である。
学ぼうとする人にとっては、それなりに役に立つ。

なにしろ、この会議の主宰者の正式名称は、鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクト早川学校である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「目黒のさんま」と言えば大抵の方はご存知だろうが、さて「新座栄4丁目のさんま」はどのくらい有名だろうか。

目黒のさんまと言っても、別に目黒でさんまが獲れるわけではない。
しかし、東京でさんまと言えば、たちどころに目黒と出てくるほどだから、ネーミングは重要である。

「目黒のさんま」と同じぐらいに「新座栄4丁目商店会のさんま祭り」という呼び名を定着させたいものだと願っているが、さてそんなことが可能だろうか。

昨日のビヨンドXプロジェクト全体会議でメンバーのユアメディアの高辻君から新座栄4丁目商店会主催の第5回さんま祭りの紹介があった。
復興応援感謝と銘打っているから、栄4丁目のさんま祭りは参加するだけで東北復興支援になるのだと思う。
石巻漁港から1万本ものさんまを直送してお客さんに振舞うというものだから豪気なものである。
1万本ものさんまを焼くとなったら、煙も相当なものになるはずだ。

ひょっとして日本一のさんま祭りになるのかな、と思って出向いてみた。

長い行列が出来ていた。

昨年もさんま祭りがあったそうだが、早々に売り切れてしまったということで、今年は1万本に増やしたということである。
石巻の復興にも貢献するだろうが、栄4丁目の商店街にも貢献する祭りになっている。

豊洲の風評被害が問題になっているが、こういう祭りが出来るとあっという間に雰囲気が変わってくるものである。

私は賑やかなことが好きだから、祭りを作り上げてくれる方々に対して日頃から特別の敬意を表している。
新座栄4丁目のさんま祭りを立ち上げていただいた新座栄4丁目商店会の皆さんやさんま祭りを支援されている皆さんに、まずは心からエールを送らせていただく。

目指せ、日本一のさんま祭り。

あちらこちらで、こういう祭りを興していただきたいものである。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
テレビでいわゆる有識者と称される方々が、私でもある程度知っている政治のことや選挙のことについて如何にも何でもご存知のような顔をしてトクトクと語っていても、なんだかなあ、ちょっと違うんだけどな、あまりに一方的に極め付けない方がいいですよ、ああ、危ない危ない、まあここは話半分で聞いておきましょう、ということになるのだが、私が知らないことについてテレビに登場するいわゆる有識者やコメンテーターの方々が自信たっぷりに話をされると、ほう、そうなんだ、と思ってしまう。

情弱だと言われてしまうが、自分が知らないことについて自分で各種の資料に当たって自分なりの判断をする、などという面倒な作業は、よほど自分の生活に関わりがありそうなこと以外しないものである。

識者の方々がこれはいいと言ったら、そうかと思い、これは悪いと批判したら、自分で調べるまでもなく批判されるからにはどこか悪いのだろう、などと思ってしまう。
まあ、法律に関することだったら大体のことは分かっているつもりだから、テレビで誰が何を言っても滅多に左右されることはないが、知らない分野のことに関してはどうにも私は弱い。
まあ、お茶の間に座っておられる皆さんと同じようなものである。

豊洲市場の土壌汚染対策や建物棟の地下ピットやそこに所在する地下水の問題についても似たようなものである。
ほんの素人だから、専門家と称される方々の話に簡単に左右されるところがある。

しかし、私のブログの読者やブロゴスの読者の中には、テレビに登場するいわゆる有識者やコメンテーターの方々を遥かに凌駕する知見の持ち主がおられるようで、いわゆる有識者の見解を一刀両断に切り捨ててその間違いを指摘してくださることが多い。

たまたまブロゴスの読者のコメントを読んだら、複数の読者の方が、このブログは凄いと書き込んでおられるのを知った。

辛口のコメントを寄せておられた方々が異口同音に感嘆の声を上げておられたので、私も読んでみた。

本当に凄い。

全部の記事が文句なしにいい、とまでは言えないが、少なくとも豊洲市場の建物棟の地下ピットに滞留している水問題についての考察は実に説得的で、まず非の打ち所がない。
皆さんにご紹介しておく。

ブログのタイトルは、「マスメディア報道のメソドロジー」http://ameblo.jp/kazue-fgeewara/entry-12201552847.htmlである。

小池さんや小池さんの周辺の方は、早目に一読された方がいいだろう。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
なかなかスカッとした解決の方法がなさそうなので弱ってしまうが、小池さんはなるべく早く豊洲市場問題は担当者に任せて、スカッと爽やかになりそうな次のテーマに移った方がよさそうだ。

都議会議員の皆さんは失点をカバーするために、ここぞとばかりに豊洲市場問題ばかり取り上げているが、3日もすると世間の関心は別のことに移っている。
小池劇場の舞台はまもなく東京オリンピック、パラリンピックに変わる。
多分こちらの方が登場人物も多彩で、本当のドラマティックな舞台になる。

どこまで踏み込めるのか分からないが、小池さんのメスのふるいようがあるのはこちらの方だと思う。

豊洲市場は99パーセント完成しているものなので、いくら知事が変わったからといって簡単に白紙にできるようなものではない。
魔法を使ってもマジックを使ってもどうしようもないものについては、ほどほどのところで誰かに任せて、小池さんは手を引いた方がいい。

多分どなたかが責任を取ることになるのだと思うが、責任を取るのは一人か二人でいい。

こういう場合の責任の取り方、取らせ方はなかなか難しいが、上手におやりになることだ。

環境アセスのやり直しが必要だという声が上がっているようだが、環境アセスのやり直しのために1年も2年もかけるのは愚の骨頂だろうと思う。
全体としてそう問題がないのであれば、何らかの便法を講じられるのがいい。
豊洲市場の問題を来年度まで引き摺るのは、どうもよくない。
そのためにも、専門家会議の皆さんは、出来るだけ早く結論を出して欲しい。
今月の29日までに結論を出すのは難しいだろうが、衆議院の補欠選挙が終わる頃までには役割を終えられるのがどうもよさそうだ。

いよいよ来週、都議会が開かれる。

自民党を含め各会派の都議団の方々は、小池都政に協力する姿勢を示されるのだと思う。

小池潰しを狙う人がいれば、小池さんとしては徹底的に相手を叩いていかなければならないだろうが、世論をバックにして当たり前のことを当たり前のように進めようとしている小池さんに真正面から攻撃を仕掛けようとする無謀な都議会議員がいるとは、とても考えられない。
まあ、そういう人が現れたらじっくりお手並みを拝見することにするが、若狭さんを公認した自民党の都議会議員の方々が党本部や自民党都連の新執行部に反旗を翻して、単独で小池さんに挑みかかってくるとは、私にはとても思えない。

多分、都議会議長さんも態度を改めるはずである。

小池劇場の本番は、これからである。
どういう舞台にするかを決めるのは、小池さんである。

第一幕がどの程度続くのか分からないが、来年の6月まで、どうやっても観客を飽きさせるようなつまらない舞台にはならないだろうと思っている。
豊洲はほんの前座だった、ということがまもなく明らかになると思う。

私の中では、点滅していた黄信号はもう消えている。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
そう、こういう仲間を増やしたかった。

今日のビヨンドXプロジェクト全体会議に3人の地方議員の方が出席してくれた。
一人は私の地元の朝霞市議1期目の津覇さん、もう一人が新宿区区議5期目の野頭さん、最後の一人が目黒区議1期目の小沢さんである。

皆さん、保守系無所属である。

小沢さんは昨年目黒区区議会議員選挙に初挑戦して当選し、今年の4月大学に進学し、今大学1年生というのだから異色の経歴の人である。
学びながら政治に携わっている、というのが実に面白い。
ご自分の未熟さを自覚して、今は先人から何でも学ぼうとしているから、実に謙虚であり、しかも人との間に一切垣根を築いていないのがいい。

津覇さんは二回目の挑戦で朝霞市の市議会議員になった若者だが、最初の挑戦で敗れた後、4年間愚直に地元で活動してきた人だから、どこにも尊大なところがない。
自分は地元の便利屋だと思っています、ドブ板に徹します、と宣言しているくらいだから、本当に毎日地元の小間使いのようによく動き、よく働いている。

野頭さんは、地方議会に挑戦しようとしている保守系無所属の若い候補者を応援しようと志して独特のネットワークを構築してきた人だ。
野頭さんのお蔭で地方議員に当選した若者が何人もいる。

私も各級の選挙を沢山見てきているが、国政選挙と地方議員の選挙では質量とも違う。
見るのとやるのとは大違いで、そういう意味では、私は地方議員の選挙の実際は実はあまり知らない、と言っておいた方がいいかも知れない。

やはり経験者から学ぶのがいい。

どこの組織にも属さないで地方議会の選挙に挑戦しようとする若い方々には、野頭さんの様な存在は実にありがたいはずである。
選挙の実際を知らない人が政治塾を開いても、大して役に立たないだろうと思っている。

小手先の選挙戦術や演説術などを学んでも大して役に立たないだろうが、最低限選挙運動のマナーや常識ぐらいは教わっていた方がいい。
実はそのあたりの微妙なことを教えてくれる人は殆どいない。
全体が分かっている人などどこにもいない、と言っていいくらいだ。

それでも、実際に選挙を戦ったことがある人は、自分が経験したことはよく分かっている。
その限りで、選挙の経験者から学ぶことは沢山ある。
本当のことは滅多に教えてもらえないかも知れないが、気心が知れてくると案外先人は本当のことを教えてくれるものだ。

今日の3人を含めて、私の周りにはいざという時に頼りになれそうな人が増えてきた。
この力を活かさない手はないな、と思っている。

次回のビヨンドXプロジェクト全体会議は、10月15日(土)午後1時から要町の事務所で開催する。
関心のある方は、是非ご参加いただきたい。

上手くすれば、選挙の教室が再開できる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夢も希望もない、などとぼやきそうな人を尻目に、小池さんは「希望の塾」という政治塾を開催されることにしたようだ。

多分、今のペースで行けば10月の1日頃にスタートするのだろうと思っているが、私は「希望の塾」に大いに期待している。
学びたい人は出来るだけ大勢受け容れて、大いに切磋琢磨させることだ。
かつての橋下氏の「維新塾」を凌ぐほどの人が集まるようだったら、間違いなくここから新しいうねりが出てくる。

若い方々を中心にどんどん声を掛けられたらいい。
政治塾という触れ込みだが、必ずしも政治にだけ特化することはない。
日本の社会が直面している様々な課題についてある程度体系的に学べる場にしていただければ、政治方面のみならず各方面に志のある有能な若い方々を有用人材として送り出すことが出来るようになる。

蓮舫さんは小池さんとの会談で、民進党の関係者にも「希望の塾」への参加を促すことを表明したそうだから、結構多様な人材が多方面から集まりそうである。

夢と希望を育てる塾が、いよいよ東京に出来ると言うのがいい。
如何にも面白そうだ。

講師陣に石破氏などを呼ぶことが出来れば、益々面白くなる。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
新潟県民としては、泉田路線を継承すると標榜してそれなりの候補者が名乗りを上げてくれたことを歓迎するのではないかしら。

それにしても、米山氏が民進党に見切りをつけて、生活や共産党の支援を受けて無所属で新潟県知事選挙に立候補すると聞いて、大抵のことには動じない私もビックリした。

どれだけの成算があるのか分からないが、米山氏は大変な勇気の持ち主であることは間違いない。
踏まれても踏まれてもなお起ち上がるだけの気力、体力、財力があるという証拠である。
参議院選挙で生活の党と民共の選挙協力が功を奏したことの余韻がなお残っている、ということだと思う。

自民党から日本維新の会、日本維新の会から維新の党、維新の党から民進党、民進党から生活と共産連合軍へと目まぐるしく所属政党や支持政党を変えているが、ご本人はその時々で最も当選する可能性が高いと思う選択をしたつもりだろう。

これを変節したとか節操がない、などと評価しない方がいいと思う。
多分、ご本人は、いつの場合も、至って大真面目なはずである。

これだけ所属政党や支持政党を変えてしまうと、いつまた変えるかも知れないと思われてその言動に対する信頼性を失うものだが、それでも知事選に擁立しようとする人がいるというのは、米山氏がただものではない証拠だろう。

何でも自分で考え、自分で結論を出す人のようだから、まず他人のアドバイスに耳を傾けることはないだろうと思う。
維新の党の分裂騒ぎの時に維新の党に残留する組側に入って大阪維新側の橋下氏の独自の議論に面と向かって反論したり、噛みついていた時の様子を覚えているが、米山氏は論争好きの人のようで、橋下氏と同様思い込んだら命懸け、みたいなところがある。

多分、今回の新潟県知事選挙には米山氏の血をたぎらせるような何かがあるのだと思う。
負ける選挙だから止めておけ、などという野暮なことを言うつもりはない。

原発推進政策やTPP締結交渉に反対という姿勢を貫き通すために、誰かが立候補する必要がある、誰も名乗りを上げる人がいなければ、損得抜きで自分がやる、というのであれば、それはそれで一つの美学だと思う。

カッコ悪いだろうが、まあ、頑張って、というところか。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)