早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
今のところ小池さんの読み通りの展開になっていると思われるが、ここらあたりで手綱を引き締めた方がよさそうである。
小池さんの決意のほどは関係者に十分伝わっているはずだから、後は淡々と政策作りや人脈作りに集
中された方がいい。

懐を広く大きく開いているのが、今は一番いいはずである。
あえて、敵を作ることはない。
マスコミの煽りに乗せられて、余計なことは一切言わないことだ。
大本命だとみんなが認めているのだから、出来るだけかっこよくやることである。
一旦流れが出来れば、どんどん人が集まるようになる。

今は、待つだけでも十分かも知れない。
慌てて下手は打たないようにしていればいいだけのことだ。

まあ、参謀の方は、そんなことは百も承知だと思うが・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
この一両日の攻防がカギだと思うので、もう一言述べておく。

切羽詰まったら崖から飛び降りるくらいのことはあってもいいが、東京スカイツリーには飛び降りるような場所はどこにもないのだからまあそんな無謀なことは勧められないのがいい。
崖から飛び降りても、運が良ければ大怪我をすることもなく無事に目的を達することがある。
崖の下は上からは見えないだろうが、案外あちこちに木の枝が張り出していて崖から飛び降りる人を遮ったり、崖のすぐ下に平坦な場所があったりして助かったりするものである。

普通の人は崖から飛び降りるだけの勇気がなくすごすごと現場から引き返すだろうが、小池さんは既に自ら崖を飛び降りてしまったのだから、飛び降りもしないで上の方からワイワイ言っていても仕方がない。

心を決めた、とご本人が言っているのだから、もはやご本人に翻意させる道はないと思い知るべきである。

まあ、醜態をこれ以上曝け出さないことだ。

小池さんを上手に盛り上げていくことを考えられたらいい。

来年の都議会議員選挙や来るべき衆議院の解散・総選挙のことを考えたら、ここでこれ以上下手を打たないことである。
女性の東京都知事の誕生のために、この際、皆さん汗を流されたらいい。

ここで野党統一候補が名乗りを上げても、女性には敵わないはずである。

何となくこれで東京都政に風穴が空きそうな予感がしている。
新しい知事の下で、女性の皆さんが益々輝いてくれるのを楽しみにしている。

もっとも、女性であれば誰でもいい、というわけではないので、念のため。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
自民党都連の方々としては、これしかない、と思ってあれやこれや模索されているのだろうが、今はなるべく不協和音を響かせない方がいい。
私の周辺には色々知恵のある方がおられて、こういう時の解決策をあれやこれや献策されている。

そうか、そういう手があったか、と思うような一文を頂戴した。

私のブログを読んでおられる自民党都連の関係者は少ないと思うが、何かの参考にされたらいい。
小池さんにとってもマイナスになることではなさそうだ。

自民党都連の方々や都議団の方々が現在の状況の中で実務型の知事を求められるのは、極めて自然なことである。
しかし、副知事経験者や現職の副知事の中から候補者を選んだのでは自民党都議団の操り人形みたいな印象になってしまうだろうから、ここは自民党都議団の操り人形にはなりそうもない人格識見共に優れた人を選びたいはずだ。

私は個人的に増田博也氏を存じ上げないが、自民党都議団や自民党都連の中から増田氏の名前が上がったのは当然だろうと思っている。
増田氏は有力な候補者である。

しかし、だからと言ってこの段階で自民党が力づくで小池さんを引き摺り下ろそうとすると結果的に増田さんの足を引っ張るようなことになってしまう虞が濃厚だ。

お二人を互いに競い合わせるのではなく、互いに協力することが出来るような特別の組み合わせを考え出すことがどうもよさそうだな、という印象である。

まあ、そんなことを考える人は滅多にいないだろうが、決して不可能ではない。
押すだけでなく、たまには引いてみたら、というところだ。

これで1+1が3か4になったら大したもんだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
増田寛也元岩手県知事の名前が急浮上している。

改革派知事として著名な方であり、自民党内閣時代の総務大臣経験者でもあるのだから、自民党が名前を挙げるとしたらこの方が一番最初になって然るべきだと思っていたが、嵐の人気に便乗したいと思ってか桜井氏の方に固執し過ぎていたのが惜しかった。

増田さんが清水の舞台から飛び降りる気になるかならないか、というところが微妙だが、ここまで来ると実務型の手堅い官僚出身者がいいか、ちょっと組織の長としての手腕に不安があるが、何しろそれなりに独創的な企画力や情報発信力があり、かつそれなりに華があり大臣経験もある元ニュースキャスターの女性がいいか、という選択になる。

私はどちらの方になってもいいと思うが、堅物だと思われている増田さんがそうそう簡単に自民党都議団の出馬要請を受け容れるとは思わない。
小池さんの出番を潰そうとして自民党都議団の方々が増田さんを担ぎ出そうとしているのだったら、増田さんにも小池さんにも失礼ではないかと思う。

貴方しかいない、と言って頼まなければ、普通は出ない。

選挙は、自分たちでやります。
お金は、出さなくて結構です。
万一不首尾の場合には、然るべくその後の面倒は見ます。
ご家族には何の面倒もお掛けしません。

そのくらいのことは言わないとダメだ。

まあ、すべてのお膳立てが整ってから出馬を決める人を選ぶか、自民党の組織の反発を覚悟で、清水の舞台から飛び降りる覚悟で自ら名乗りを上げた勇気ある女性を選ぶかの選択である。

私なら、それだけの勇気のある女性を選ぶ。
東京都民の皆さんがどういう選択をされるかが、これからの見ものである。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
どうもイギリスの連邦制度は紛らわしくていけない。

イギリス連邦と言ってしまうと、イギリスとその植民地であった独立の主権国家から成る緩やかな国家連合のことで、UKの崩壊が議論になっている現在イギリス連邦の崩壊などと言ってしまうとトンデモナイ間違いをしてしまう。

UKのことを指すつもりで現在のイギリスは連邦国家のようなもの、と言いたかったのだが、どうも不適切だったようだ。
今、問題となっているのはスコットランドや北アイルランド、ロンドンの自立に向けた動きのことだから、崩壊が懸念されているのはUKであってイギリス連邦ではない。

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland グレートブリテン及び北アイルランド連合王国が今問題となっているイギリスの国名だから、正しくは連合王国としてのイギリスの崩壊と言うべきであった。
早速私の間違いを指摘してくださった読者がおられたので、先の文章の一部を修正させていただいた。

それにしても、イギリスのEU離脱の国民投票が連合国家としてのイギリスの国家としての崩壊の引き金になってしまうかも知れないと言うのだから、大変なことである。
ソ連邦の解体は武力の行使が引き金になったが、イギリスでは国民投票が連合国家の解体の引き金になるかも知れない、というだけの指摘である。

まあ、国家の指導者はそんなことは望まないはずだが、どこの国でも思いがけないことは起こる、というくらいの指摘だと思っていただければ幸いである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
国家というものは案外こんなところから解体していくのかしら、と思っている。

イギリスのEU離脱国民投票が連邦国家としてのイギリス(ただし、この場合はUK、グレイト・ブリテンのこと)解体に結びつくのだとしたら、キャメロン首相はとんでもないことに手を付けてしまったのだな、と思わざるを得ない。
パンドラの箱を開けてしまったのだろう。
スコットランドや北アイルランドがUKからの離脱を選択し、独立の国家としてEUへの加盟を志向するようになると、イギリスはもうかつてのイギリスではなくなる。

結局、国家は一つのフィクションでしかなかった、ということになるのだろうか。

一つの国民投票がUKの解体を齎すのだとしたら、これこそ革命である。
イギリスの国民投票は、やりかた次第で国民投票が流血なき革命を齎すことがある、という好個の事例になりそうである。

そんなことは誰も予想しておらず、誰も希望していなかったはずだから、どこかでストップがかかると思っているが、誰もストップをかける人がいないとズルズルとUKは解体への道を歩む。
よその国のことだから私たちがあれこれ心配しても詮方ないのだが、これで世界の力の均衡が破れて、諸外国の政情不安の引き金になり、ひいては国際金融市場の破綻や恐慌に結びついてしまう事態になってしまうことを恐れている。
誰かがブレーキを掛けてくれるはずだと思っているが、イギリスの保守党の党首選に名乗りを上げた人たちは、今のところ誰一人としてブレーキを掛けそうにない。

少なくともこれからどうなるのか、どなたかに確かなことを述べていただきたいところだ。

先が見えないのがよくない。
なるようになるさ、などとはとても言えない。

誰かがどこかでストップを掛けるはずだ。
UKの解体を喜ぶ政治指導者はいないはずだ。

根拠はないが、今はそう信じるしかない。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
まあ、私が何を書いてもどこにも影響力がないことは、皆さんご承知のとおり。

影響力はないが、ものの見方、ものの考え方の参考にはなるだろうぐらいな軽い感覚で書いているので、参考にされてもいいし、されなくてもいい。

自民党は桜井さんにご執心だったようだが、桜井さんを地方行政のプロと見誤っていたところに落とし穴があった。
どうせならもっと早くその勘違いに気が付いて別の方の擁立に動いておればよかっただろうにと思うが、最初の勘違いが結局は最後まで尾を引いてしまう。

桜井さんに固執していることが大きく報道されてしまったのだから、桜井さんに固辞されたからそれでは次の人に、などとやったら、誰でも自分が二番手、三番手だということが分かってしまうから、そうそう簡単に分かりました、という気にはなれないものだ。

三顧の礼を尽くしてようやく腰を上げる、三顧の礼を尽くされてようやくその気になる、という人は結構多い。
今か今かと自分に声が掛かるのを待ち受けていた人でも、一度は二度は逡巡した素振りを見せるものだが、一番手の人に断られたから、という理由がよく分かっていておいしい話に飛び付くような人は滅多にいないものだ。

ああ、こういう人が名乗りを上げてくれるといいのだが、と私が思っていた人は大体が奥床しい人ばかりだから、滅多なことでは都知事選挙に名乗りを上げるようなことはしない。
それこそ、三顧の礼を尽くす必要がある。

三顧の礼を尽くすのには、もはや時間がない。

都知事選挙の公示予定日が7月14日だそうだから、これから候補者を決めようとしてもポスターの写真も選挙の政策もパンフレットの作製もまず間に合わない。
臨戦態勢ですべての準備を終えていたはずの衆議院選挙の候補者ぐらいしかこの急場には対処できないはずである。

あれやこれや考えると、自ら名乗りを上げてくれた小池百合子さんを応援するのが無難かな、という結論に落ち着くはずだ。

自分たちの頭越しに勝手に記者会見をやって、などと一時期はおかんむりだった人たちも、よくよく考えると、この道しかなかったかなと思い始める頃である。
まあ、機先を制されてしまったかな、やられちゃったな、と思っておられる方もおられるだろうが、政治に携わる人にはこのくらいの機転が利く人がいい。

どうせ応援されるのであれば、どんどんおやりになればいい。

女性の都知事誕生で、新しい女性の時代が開く。

多分、イギリスの新しい首相も女性になる。
アメリカの大統領も女性、国連の事務総長も女性ということになると、女性の東京都知事誕生が新しい女性の時代の先鞭をつけた、ということになるかも知れない。

自民党にとってマイナスは特にないはずだ。
森さんのことは気にかけない方がいい。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
若い方々は政見放送を見る時間がなさそうだからあまり関心がないだろうが、政見放送を適当に流してしまった政党は多分臍を噛むことになる。

昨日見た某党の政見放送はあまりにも単調で、傍らにいた人が実に眠そうな目をしていたのが印象的だった。
物静かなのはいいが、これで視聴者の心が動かされるはずだと思っていたら大間違いである。

主張がどんなに良くても、力を感じさせないのは如何にも拙い。
粗削りでも、若い方々に力を与えるような迫力が欲しい。

7月10日の投票日まで11日のところまで来たが、フェイスブックで見ている限りどの陣営も真面目に頑張っているようだ。
ここに来てインターネット選挙運動の成果が上がってきているような気がしている。

各陣営とも動画や写真の使い方が格段に上手くなっているような気がしている。
街頭演説の現場に行かなくても候補者の演説も応援弁士の演説もある程度は聞けるようになったのだから、大変な進歩である。
皆さん、街頭演説の場所の告知が上手である。
関心のある人は街頭演説の場所に出向いて、候補者の演説を聞いたりその顔を見ることが出来る。

大変な時代になったものである。

フェイスブックで流れてくる映像の中には、これはどうも選挙違反臭いぞ、と思うような映像も紛れ込んでくる。

街頭演説の標記がない場所というか、駅のホームで気勢を上げている集団の姿がアップされていたり、通りがかりの人に選挙違反を注意されて逃げているのかしら、と思うような写真がアップされている。
今は誰でもスマートフォンで写真を撮ったり、動画を撮る時代である。

天網恢恢疎にして漏らさず。

誰かが見ている。
誰かが写真を撮っている。
誰かが録画している。

誰かが証拠を持っている、と覚悟しておく必要がありそうだ。

皆さん、どうぞ怪我をされませんように。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
想定外のことが起きるのが永田町なり政治の世界のことなので、その時になって、あ、まさか、そんな馬鹿な、ということがないように、今のうちに一言述べておく。

そんな馬鹿な、ということなのだが、ここで書いてしまうと多分消えてしまうようなことだ。

政治の世界では、よくやる手である。
名前が上ったら、大体は潰される。
人間は結構天邪鬼的なところがあるから、報道されてしまったらその嘗にある人は報道とは違ったことをやりたくなるものである。

人事を潰すためには、報道で名前を先に出させてしまう、というのが一つの手である。

報道で名前が出たら、誰がリークしたんだ、とその嘗にある人が怒り出して、名前が出た人の名前をリストから外してしまう、などという話はしばしばある。
国会の同意人事でもあるが、それ以外でもある。

今朝の読売に面白い記事が載っていた。
都知事候補として自民党や民進党で俎上に乗っている人たちが現在どんなコメントを出しているか、という一覧表である。

ああ、この一覧表に載っていない人が最後の本命かしら、と思っているところである。
後出しジャンケンが有利だと言われているのだから、名乗りを上げた候補者がパッとしなければ、今は名前が上っていない人が彗星のように現れれば一気に流れが出来そうな気がする。

多分、この人が一番の適任者なんだろうが、結局はこの人は最後まで表に現れないかも知れない。
切り札を切らないでも済むのだったら、ずっと温存しておけばいいのではなかろうか。

さて、今のところ誰も語らないシナリオがある。

7月10日に結果が判明する参議院選挙では、特に東京の選挙区で民進党の苦戦が露呈するのだろうと思っている。
一人は当選するが、もう一人は次点で落選する。

東京都知事選挙の告示日は、7月14日である。
民進党が擁立しようとする都知事選挙の候補者は、どうやっても通りそうにない。
そういう時に、さてどうするか。

普通はあり得ない話だが、当選した民進党の候補者が当選を辞退して都知事選挙に鞍替えする、というウルトラCがある。
民進党の参議院の一議席は、これで確保できるということになる。

まあ、国政の場でやるべきことがあると宣言して参議院選挙に立候補した蓮舫氏がそんなことをするとは思えないが、貧すれば鈍するで、何があるか分からない。

頭の体操でしかないが、そういう事態にも備えて万全の手を打っておくのが自民党の選対だろう。

参考にされるのもよし、されぬのもよし、というところだ。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
選挙に関わった人なら皆さんよくご存じのはずだが、本人はなんとか対処できても、困るのは大抵ご家族の方々である。

立候補するのなら離婚しますと宣言して実際に離婚した方もおられるくらいだから、どんなに有能な人であっても、ご本人が嫌だ嫌だと言っているのだったら、立候補を無理強いするものではない。

出たい人より出したい人が大原則ではあるが、それまでまったく選挙に関わってきたことがない人に甘い言葉を囁いて難しい政治の世界への転進を勧めるものではない。
政治に関わりたいと思っていた人は、自ずからその日頃の言動に気持ちが滲み出るものだから、周りの人が何かしら知っているはずである。

当然、ご家族の方もある程度は分かっている。

平々凡々とした生活を送ってこられたご家族に突然都知事選挙への出馬の話が舞い込んだら、ご家族の一人一人の生活設計が根本的に変わってしまうかも知れないのだから、ご本人だけで決断できるような軽いことではない。

自民党都議会の方々はそれぞれご自分の選挙を通じてそのあたりのことは十分ご存知だと思っていたのだが、他人のことになってしまうとそんなことも忘れてしまわれるのだろうか。

嵐の人気に便乗して前の総務次官を担ぎ出そうとしていた、というのであれば、これは悪手としか言えない。
まあ、お止めになることだ。

何はともあれご家族の方々が認めてくれるのならいいが、反対の声が上がれば普通の人は無理はしない。
素晴らしい方のようだが、どうもこの状況で都知事選挙に出てしまうとあちこちで不都合が起きそうである。

もう、そっとしておいてあげるのがいい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)