早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
来年のことを言ったら鬼が笑うだろうが、鬼を笑わせるようなことをいつも考えているのが私だから、この辺りで本当に鬼が大笑いするようなことを書いておく。

若い方々で都政に関心がある方は、そろそろ来年の都議会議員選挙の準備を始められたらいい。
特にこれまで都会議員選挙にチャレンジしたことがある方にとっては最高のチャンスが待っている。

特に現在の東京都政の問題を熟知している方は、私のブログで鬱憤晴らしをしているよりは都議会議員選挙にチャレンジしてご自分の見識を都民の方々に披歴して差し上げるのがいい。
どういう結果になるかは保証の限りではないが、折角の見識をこのまま市井に埋もれさせておくのはもったいない。
ご自分で出来ないのであれば、自分の代わりに挑戦してくれる仲間を探されればいい。

来年の東京都議会議員選挙で小池さんがどれだけの同志を都議会で確保できるかがカギになる。
東京都政大改革も都議会改革も一人ではとても出来ない大事業である。

選挙は、都政運営への単なるパスポートぐらいの意味しかない。
パスポートは取得したけれど、どこへ行ったらいいのか分からない、と言うのではパスポートを取得した意味がない。

これから勉強する、というのでは困るし、皆さんのお話をよく聞いてから決めると言うのもずいぶん間遠い話である。

まだどうなるか分からないが、小池さんが都知事になったら、小池さんは自分と一緒に歩んでくれそうな同志を沢山必要とするようになる。
若い方々が名乗りを上げるとするなら、今である。

如何か。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
組織はなくとも、人気と知名度と使命感がある候補者にお勧めしたいのが、小池さんの選挙運動である。
放映されている動画もホームページ等に掲載されている写真も洗練されており、選挙の情報発信としては最高の部類だろう。

インターネット選挙運動がついに開花したな。
そういう思いで、小池さんの選挙運動をフォローしている。

人気と知名度があるから、どこに行っても行けば行くほどプラスになる。
表に出れば出るほど評判を落としてしまう鳥越さんとは、まさに正反対。
地べたを這うような選挙運動に徹しているな、と感心している。

東京という広い地域を隈なく歩いていくような勢いで一日中走り回っている。
組織的な応援がない中でよく体力、精神力が続くものだと思うが、少しも弱音を吐かないようなのがいい。

強い女性である。
どんな強敵を相手にしても怯むことなく、最後まで戦うことを厭わない。
何が一人の女性をここまで強くしたのだろうか、と不思議に思うが、戦う勇気とその戦いを自分の有利に運ぶ知恵の持ち主であることは間違いない。

石原元東京都知事が増田さんの支援に回ってもめげない。
森元総理が小池さんにしかめっ面をしても動じない。
安倍総理が増田さんに対して応援のメッセージを送っても手を緩めない。

大したものである。
若狭さんや音喜多君が小池さんを支えてきたからようやくここまで来たのだろうと思っているが、やはりご本人が強くなければ絶対にここまでは来れない。

選挙の結果はまだ分からないが、小池さんが新しい歴史を作り始めていることは確かである。
小池さんが今挑戦しているこの戦いは、後に続く人たちの大きな支えになるだろうと思っている。

孤立無援だと思われていた一人の女性にここまでの戦いが出来た、というのはいずれはレジェンドになる。

私たちは、その証人である。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
参議院選挙の延長上にこの東京都知事選挙がある、ということで、組織のバックがある方々はどうやら参議院選挙の本番中よりも一生懸命選挙運動に力を入れているようである。
組織政党と組織に属していない人との間の死に物狂いの戦い、という様相が徐々に濃厚になってきた。

目下、死力を尽くしているのは、自民党の方だと言っていいだろう。

個人演説会の会場を満員にするくらいは朝飯前、の人たちが揃っているだろうから、どこの個人演説会の会場も盛況で、応援弁士の方々の舌が格段に滑らかになっているようである。

動員されて集まった人たちの前だから、何を言っても許されると思って思いっ切り小池批判を展開しているようである。
多分一般の公衆の面前でそんなことを言ったら聴衆から罵声が返ってきそうなことを堂々と言っている。

選挙では滅多に相手候補の悪口は言わないものだが、自分たちがどうも弱そうだということになると相手候補の悪口を言いたくなるのが人情。
相手の悪口を言ったからと言って自分たちへの支持が拡がることなどあり得ないのだが、ついつい言ってしまう。

それだけ追い込まれているのだな、それだけ必死なのだな、ということがよく分かるが、こういうことは大体マイナスに働く。

個人演説会に溢れるばかりの人が集まっていても、皆どこからか動員されて集まってきた人たちだったら、この段階での個人演説会の開催には大して意味はない。
それだけの聴衆を集めた人は鼻高々だろうが、個人演説会に集まっただけでその後に何もなければ、結局は既存の組織票を確認しただけで終わる。
個人演説会に動員されて集まった人がそれぞれに選挙の闘士や選挙の運動員になって帰れば、選挙戦は格段に有利になるが、今回の都知事選挙でそんなことを個人演説会に来てくれた人に期待するというのは無理なこと。
個人演説会で応援弁士や候補者本人の話を聞いて洗脳されるような人は滅多にいない。

特別のカリスマ性を持った、扇動上手な人が話をすればコロッと意識を変える人が現れるかも知れないが、それほどのカリスマ性を持った人はいない。
個人演説会はいわば居心地のいい自分の家のようなもので、そこでどんなに評判が良くても外ではまず通用しない。

個人演説会への動員頼りの選挙は、手間暇の割には効果は少ない。

やはり、不特定多数が集まる街頭演説会が勝負である。
街頭演説会での聴衆が殆どいない、というのはそれだけ候補者には魅力がない、人を呼び寄せる力がないという証拠である。

まあ、こういうことは分かっている人は分かっているだろうが、それでも人は錯覚しやすい。
個人演説会にどれだけ人が集まっても、それだけでは現在の劣勢を跳ね返すことは出来ないのだから、これからの発言にはくれぐれも注意されることだ。
選挙の現場にいる人たちはついつい熱くなって言わずもがなのことを言ってとんでもないトラブルを起こしてしまうことがあるが、選挙の最中の相手候補への誹謗中傷などは言った本人を傷つけるだけで、実際には何の足しにもならない。

それよりも、個人演説会への動員を頼まれた人は注意しておいた方がいい。
動員して集まって
くれた人たちと一緒にどこかの居酒屋に行ってご苦労さん会などをやっていると、皆さんの後ろに警察の人がいる、などということがある。
動員のノルマを果たそうとして無理をすると、うっかりトンデモナイ選挙違反をやってしまう。
ご用心、ご用心、というところだ。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
民進党にも私の大事な若い仲間がいる。
必ず大樹に成長してもらいたいと願っているので、民進党がこのまま立ち枯れしていくのを黙って見過ごしていくことは出来ない。

民進党がこのままダメになっていくと永田町から緊張感が失われていくので、これ以上民進党が劣化して行かないための方策を考えたい。
余計なお世話、と言われるだろうが、ご本人たちは気が付いておられないかも知れないから、言うだけは言っておく。

小池さんが都知事になれば、本格的な女性の時代が始まる。
うっかりすると男の総理大臣も食われてしまいかねないほどに、女性の都知事は世界にアピールすることが出来る。

都庁の幹部に女性を登用する、都政の重要施策の策定に女性の有識者の政策提言を活用する、という方向性を打ち出せば、あっという間に女性が活躍する場が拡がるはずである。
なにしろ女性には華があるから、あっと言う間に世界がばら色に輝いていく。

本格的な女性の時代を迎えているにも関わらず、相変わらず男性だけが殆どの役職を占めている組織はどんどんくすんで見えるようになるはずだ。

岡田さんが民進党の代表を続けているようだと、民進党はどんどん沈んでいく。
民進党が浮上していくためにはどうしても若い力を表に出していかなければならないのだが、中途半端に政権についてしまったものだから旧民主党の人たちにはマイナスイメージが付着してしまっていて、まずこのマイナスイメージは当分払拭できない。

民進党で気が利いている女性の国会議員は今のところ蓮舫さんしかいないな、というのが私の感想である。
蓮舫さんが民進党の新しい代表になれば民進党の建て直しも不可能ではないな、と思っている。

岡田さんは、鳥越さんを都知事選挙に担ぎ出したことで終わってしまった。
どう考えても、もう限界だろう。

いよいよ蓮舫さんに頑張ってもらう時である。
蓮舫さんが頑張ると、井戸さんにも芽が出てくる。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
これからの1週間で何が起きるか、何を起こすことが出来るだろうか、ということを考えている。

手がないところに手を打つのが選挙を応援する人の役割だから、何もしないわけにはいかない。
これから電話架けをしたとしても、既に一通りの電話を架け終っているはずだから、もう投票は済ませた、とか、くどいといって怒られるのが関の山である。

それでは手紙を出してはどうか、戸別訪問をしてはどうか、ということになると、今頃出す手紙は大体は文書違反になり、戸別訪問はそもそも相手がいない確率の方が高く、選挙違反のリスクを覚悟して行うほど有効性のあるものでもない。

法定文書の場合は、組織選挙の場合は同じ相手に何通も同じ文書が届くこともあり、まず浮動票の獲得には何の効果もない。

やはりそれなりの効果があるのは、人が集まる場所で候補者本人が多少の演説をして集まってきた人と握手することである。
それでも1日に1000人以上の人と握手するのは不可能だから、これからどんなに頑張っても動くのは数万程度の票でしかない。

組織の縛りが強い人たちを動かすのにはとっておきの方法もあるのだが、これは典型的な選挙違反になるから、最近はそういう危ないことをする人はいない。
人気のあるなし、知名度のあるなし、が決定的な要素になるから、人気を落とした人が態勢を立て直すことはこれから1週間では不可能である。

結局、夏祭りや盆踊りの期間中は、祭りの会場や盆踊りの会場にせっせと足を運び、飲んだり踊ったりするしかない。
合間を縫っての電話当番はノルマだから、みんな引き受けるが、まあ、どうしても申し訳程度になってしまう。

組織の力で何とかなる、などと嘯いているのは、自らそういう負ける選挙をやったことがない人の話で、この段階で劣勢を引っ繰り返すことが出来るような選挙の神様なり選挙プランナーの方がおられたら、一度お顔を拝見したいものだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
おおさか維新の会が全国的に支持を拡げるには丁度いい機会になるな、と思っていたが、おおさか維新の会の人たちの動きがまったく見えなかった。

橋下徹氏は例のごとくご自分のツイッターで特定の候補の発言をばっさばっさとなで斬りにしているが、それはツイッター上で留まっており、表に出て誰かの応援をするまでのことはしないようだ。
ああ、やっぱり政治の世界からは一歩身を退くことにしたんだな、と少々残念な気がするが、これはご本人の選択なので如何ともし難い。

それでは現在のおおさか維新の会の幹部の方々はどうなんだろうか、と思って見ていたのだが、どうやら大阪の地元の市長選挙で忙しくて東京都知事選挙には関わらないことにしていたようだ。
東京でおおさか維新の会の本当の拠点を作るとすれば、今回の東京都知事選挙が最高の舞台になっただろうにと思わざるを得ないが、結果的にはこれが功を奏しているようである。

今回の選挙では、政党の色が付かない、組織の縛りがない、あくまでも一般の東京都民の目線で都政を考え、都民のための政治を実行する、ということが最大のテーマになるはずだったから、特定の政党や組織が表に出てしまうと、その候補者は、その特定の政党や組織の利害や思惑に左右されることになるかも知れない、弱い都知事、ということになってしまう。
本当はそうではないかも知れないが、とにかく特定の政党や組織の言いなりにならざるを得ない候補者、というイメージが付き纏ってしまうことになる。

おおさか維新の会としては、あらゆる機会を利用して自分たちの活動を広めたいところだったろうが、よくぞ我慢した、というところだろうか。
おおさか維新の会に期待する人もいるだろうが、東京ではそれほどでもない、ということが過日の参議院選挙で明らかになったばかりだったから、結果的におおさか維新の会の方々が動かなくて正解だった、ということになりそうである。

昨日、名古屋市長の河村たかし氏が小池さんの応援演説に駆け付けてきている。
丁度いいタイミングだったと言っていいだろう。
河村氏が来たからと言って小池さんが食われるようなことはない。

今の調子でこのままいけば、小池都知事の誕生は確実である。
多分、小池さんは小池さんで自ら何らかの旗を掲げるはずである。

その時が楽しみである。

時には、政党は何も関わらない方がいい時もある、という好個の事例になりそうである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
インターネットだけで情報を得ようとするととんでもない錯覚に陥ってしまうぞ、と思うような出来事を見てしまった。

配信された動画だけを見るとそう見えてしまうのだろうな、と思うが、一部だけを切り取った映像に騙されてはいけない。

有権者は、クールである。
有権者かどうか分からないが、街頭演説を聞きに来る人たちもクールである。
確かにどの陣営にも熱狂的な支持者がいるものだが、私が見ている限り熱狂的でかつ盲目的な支持者は共産党の方だけであって、如何に多数の聴衆が集まってきている小池陣営の街頭演説でも、北海道にいる猪瀬弁護士が仰るようには熱狂的な叫びは上げていない。

小池さんが確実に支持を拡げているが、それでも小池さんの周りに集まっている人が何か熱に浮かされた集団のように取り上げている猪瀬さんの記事は明らかに間違いである。
まあ、このくらい書けばブロゴスの記事の中で上位にランクされやすいのは分かるが、現場を確認されていないようだから、この程度の記事で善良な方々が日本の前途を憂うるようになっては困る。

小池さんがどんなことを語るのか、と聞き耳を澄ませている人たちが増えていることは間違いないが、まだ全都に小池コールが轟くようにはなっていない。
相当の人数が集まるようにはなっているが、まだ周辺を埋め尽くすほどにはなっていない。

地道に努力し、地道に支持を拡げているというだけで、それ以上のものではない。
まあ、ネットだけ見ていれば相当の脅威を感じられて、つい大袈裟な物言いになってしまうのだが、100メートルほど離れてしまえばいつもの風景が広がっている。
街頭演説が終われば、スーッと人波が引いていくのだから何も心配されなくていい。

しかし、それでも今回の東京都知事選挙は小さな革命の引き金ぐらいにはなるかも知れない。
選挙についての関心が参議院選挙より高まっているのは、確かである。

自民党という組織と一般の東京都民の間での綱引きのようになっているから、この選挙で勝って小池さんが東京都知事に就任すれば、確かに東京が変わっていくことは確かである。
小池さんを支持する人が増えれば増えるほど小池さんは、東京を変える力を獲得していくことになる。

どうやら200万票以上獲得出来そうな展望が見えてきたようだが、小池さんのパワーをもっとつけるためにはもうひと頑張りして300万票台に乗せてもらいたいものだ。

あと一歩、もう一歩ですね、というところである。
まだまだ、緩めるような状況ではない。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
これから1週間の戦いだ。まだ勝敗は決していないな。

そう思うような都知事選挙である。
決して一方に風が吹いているような状況ではない。

鳥越さんはまったく健闘していないが、それだけ共産党の方々の選挙運動に力が入っている。
通行人からは殆ど無視されているのだが、昨日の北千住駅では西口と東口に10人近くの年輩者が集団で鳥越さんの応援をしていた。
昨日は北千住の花火で駅周辺は大混雑。
駅に溢れんばかりの人が集まっているのだが、西口では年輩者の方々がそれぞれメガホンを持って懸命に鳥越さんへの投票を訴えている。
よくあれだけの情熱を傾けられるものだと感心する。
鳥越さんの淫行疑惑報道などどこ吹く風の風情である。

これだけ真剣に選挙の応援をする集団は、滅多にない。

私のリストでは鳥越さんはもう当選可能性がある候補者の中に入っていないのだが、これだけ熱心な支援者がいると何が起きるか分からない。
共産党侮るべからず、というところである。
民進党が共産党の組織力、行動力を当てにしたくなるのも分かる。
誰からどんな批判を受けてもまったく堪えないのが共産党の方々である。

いや、これは凄い。

もっとも、北千住駅に集まってきた人のお目当ては花火だから、どうも通行人の大半はイマイチ選挙には興味がなさそうだった。
この群衆はいつ燃えるのだろうか、と思うが、どうもいつまでも燃えそうにない。

もっと燃えているかと思っていたが、そうでもない。

なかなか厳しい選挙になる。
結局は、組織の応援がある方が強くなりそうだ、という気がしないでもない。

通行人の8割から9割は、燃えない人である。
これから1週間の間に、こういった燃えない人をどうやったら燃えさせることが出来るか、がカギである。
これからが本番だ、と言っていいだろう。

これから1週間の間に、ドラマの一つか二つか出てくるか。
ドラマを作った方が勝ち、というところか。
それぞれの陣営で、特別な工夫が必要なようである。

やはり、決めるのは貴方である。
貴方の一票で、勝敗の行方が決まる。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
あくまで頭の体操である。

名誉棄損で告訴された時の法的な対抗策は、告訴した相手を誣告罪で告訴することに尽きる。
名誉棄損の成否はなかなか難しく、そう簡単に決着することがない。

告訴した、と言えば、大抵の人はそこで怯んでしまって案外そこで事実上の決着が付いてしまうものだから、力のある人はすぐ告訴を考える。
金と力に任せて相手をねじ伏せようとするときのテクニックである。

しかし、こういうことに慣れた人の場合は、告訴されたぐらいでは怯まない。
費用を惜しまない人だったら、きちんと誣告罪で逆告訴する。
双方から告訴状が出されると、告訴状を受け取った検察庁は告訴を受理するかどうかを決めなければならなくなるから、告訴状の受理の前に丁寧に事案を調べるようになる。

告訴した側は大抵は告訴した、という事実だけが大事で告訴状が受理されるかどうか、本当に名誉棄損等の罪が成立するかにはあまり関心がない。
告訴した、告訴したと触れ回る材料にしたいだけで、とにかく当座の窮地を凌げればいいだけである。
案外告訴した本人は、検察庁が本格的に捜査に着手することは望んでいないものである。
どこで自分の旧悪が暴かれるか分からないから、とにかくうるさい相手の口を封じたいだけ。

まあ、鳥越氏の本音がどこにあるかは分からないが、週刊文春は簡単には口封じが出来ない相手のようである。
噂では今週中に第二弾の文春砲が炸裂するそうだ。

週刊文春が誣告罪で逆告訴をしたがどうかは分からないが、鳥越氏が泥沼の中にいることは間違いない。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
増田さんの応援部隊の中にも私の大事な若い仲間がいるので、本当のことを書いておく。

組織力がある自民党のことだからどんな選挙でもそこそこの成果を出せることは間違いない。
軍艦だ、と言われるくらいに大変な組織のバックアップがあるのだから、どこの会場に行ってもそこそこに人は集まる。
特に個人演説会場などは国会議員、都議会議員、市町村区議会議員の支持者の人たちで簡単に埋め尽くすことが出来るから、如何にも盛り上がっているように見える。

しかし、動員して人を集めてもみんながみんな投票してくれるわけではない。
動員をかけてきた人に対しての義理を果たしただけで、それ以上のことはない。
自分たちにとって死活問題だということが分かれば死に物狂いで応援するだろうが、基本的に同じような政策を掲げている人たちばかりだと誰を選んでもそう大差はないな、ということになる。

業界団体の場合はそうはいかないので、業界団体の会合で支持が拡がるようだと少なくともその会合に出席した人たちの票は確実に入るが、その一方でそういう業界団体の支持を獲得した人の活動はずいぶん窮屈なものになる。

候補者はなるべくフリーハンドでいたいはずだから、あまり特定の業界団体が表に出ることは好まないはずである。
多分、増田さんの選挙は業界団体の色は薄いはずである。
それ相応の盛り上がりを見せていても、それでもって自分たちの選挙運動が着実に成果を挙げてきている、と思わない方がいい。
自民党の国会議員や都議会議員の人たちは来年の衆議院選挙や都議会議員選挙の選挙運動をしているのだ、と考えるくらいで丁度いい。

軍艦だ、戦艦だ、などと言っても少なくとも今回の東京都知事選挙では大して役に立たない。
今朝の読売が世論調査の結果を発表していた。
小池さんと増田さんが並んだ、鳥越さんが一歩退いた、などと報じているが、増田さんが鳥越さんを超えたことは確かだが、小池さんと並んだ、並んだ、などと得意にはならない方がいい。

増田さんの陣営の選挙運動がどうもあさっての方向を向きだしたな、という印象である。
奥多摩をはじめ多摩地区を重点的に回り始めたようだが、どうも一歩も二歩も遅れている。

あれれ、ちょっと慌ててしまっているぞ、今から人里離れた地域に行ってどうする、多くの人と出来るだけ親しく接した方がいい時期なのに、如何に舛添さんが多摩地区に足を運ばなかったからと言って、今から多摩地区巡りをしてどうするの、他の場所に行く時間がなくなってしまうよ、と教えてあげたいところだ。

船頭多くして船、陸に上る、と言うが、増田さんの動きは今一つピンと来ない。
自分で選挙をやったことがないから、増田さんは選対の言うとおりに動いているだけだな、ちょっと気の毒だな、と思わざるを得ない。

まあ、余計なお節介だろうが。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)