早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

平河町Sビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
警鐘を打ち鳴らしたつもりだったが、何の足しにもならなかった。

これが私の実力ということだろう。
あっさりと兜を脱ぐところだが、兜を脱いだら今度は早速新しい兜を被ることになる。

これから始まるのが、本当の戦い。
血みどろの戦いになるのかどうかまでは分からないが、明日から戦端が開かれることになる。

私はかねてから7人の侍の側に立つことを表明しているから、求めがあれば7人の侍と共に行動する。

火事と喧嘩は江戸の華というのは死語の類になったのか、と思っていたが、どうもそうではないようだ。
生粋の江戸っ子でない人も案外賑やかなことがお好きなようだ。

まあ、いいでしょう、というところである。

多分、明日からあちこちで火花が飛び散るはずである。
向こう傷を恐れない人が、最後は勝つ。

今度は、赤勝て、白勝て、と両陣営を応援するわけにはいかない。
小池さんと7人の侍をバックアップするのが私の役割になるはずだ。

もっとも、頼まれないと動かないのは、いつものとおりであるが。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
また、日本維新の会はタイミングを外されそうだな、と思っている。

どうせやるなら都知事選挙の前ぐらいにやっておけばそれなりの存在感を発揮できただろうに、今になっては、既に遅い。
東京での拠点づくりはなかなか難しいだろうな、と思っている。
それでも橋下氏が乗り出せばそれなりの格好が付くと思うが、橋下氏にはそれだけの情熱がなさそうだから、結局は不完全燃焼で終わりそうだ。

ズバリ、共産党次第である。

共産党がすべての候補者を降ろして野党統一候補に一本化してくるようだと、自民党と野党統一候補のガチンコ勝負になり、まず第三極の入る余地がない。
自民党がIR法案の可決を急いだために、ガチンコ勝負を戦う格好の材料を提供したことになる。

目下のところ民進党の中でも意見が分かれているようだが、民進党がカジノ法案反対で一本化するようだと、あっという間にカジノ法案賛成か反対かで国民世論が分かれ、カジノ法案に賛成か反対かで有権者の選択が決まるようなことになってしまう。

カジノ法案賛成の日本維新の会の候補者は自民党と何ら異なるところがないではないか、ということになって結局は有権者の選択肢からは弾かれてしまうことになりかねない。

日本維新の会の東京での政治塾が12月中に開かれる運びになっている、という話だが、さて100人集まるかどうか。
一騎当千の強者が100人集まれば、ひょっとしたらそこから大きなうねりが生まれてくるかも知れないが、私が見ている限りではなかなかそうはなりそうもない。
ああ、今の状況では自民党の候補と野党統一候補の狭間で埋没してしまうな、というのが率直な私の感想である。

現在地方議員の職にある人は、ちょっととどまった方がいいな。
そう、思っている。

民進党の候補者の皆さんにも同じことが言えそうである。

地方議員の職にある人は、今は自分の仕事を大事にされていた方がどうもよさそうだ。
まあ、いつものとおり余計なお節介だが。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
ネットの神様は嘘が嫌い、という趣旨のことを音喜多さんが書いていた。

本当に、そうあって欲しい。

しかし、ネットの世界でいつも本当のことが飛び交っているかと言うと、どうもそうではないようだ。
ステルスマーケティングみたいなこともあれば、堂々とデマを流している人もいる。
勘違いで間違ったことを書いている人は、まあ罪がないと言えば罪がないのだが、間違ったことを書かれた人は大変な迷惑である。

音喜多さんが言う「嘘」は、多分本人が真実でないことを知っていながらあえて流す「嘘」だろうが、勘違いで間違ったことを書けば、真実でないという意味ではこれも「嘘」の一種である。

勘違いで間違ったことは書かないでおこう、と心しているのだが、それでも間違いがあるかも知れない。
断定的な物言いは出来るだけしないようにしているのだが、万一間違いがあったら是非指摘していただきたいと願っている。

ところで、音喜多さんが言うネットの神様はどんな神様だろうか。

閻魔大王みたいな顔をしているのだろうか、それとも何かしら魔法の杖らしきものを持った白髪の老人みたいな恰好をした神様だろうか。
一神教の世界の神様は何となく姿かたちが見えてくるような感じがするが、日本には八百万の神がおられるようでどうにもイメージが掴み難い。
噓が嫌いな神様は、きっと噓つきの舌を引っこ抜くようなペンチややっとこを持っている閻魔様なような神様なんだろうな、と思っている。

神様と言うからには、それなりの力を持っておられるはずである。
神様の怒りに触れたら、きっとばちが当たるはずだ。

幸い、今のところばちが当たるようなことは、していないようだ。
少なくとも、私は主観的には何の嘘も吐いていない。

まあ、知っていながらあえて言わないこともそれなりにあるのだが。

皆さんと同じようなものだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
うっかり手順を間違えると本当に血みどろの喧嘩になってしまうので、生粋の江戸っ子、下町育ちの人はあまり啖呵を飛ばさない方がいい。

今の自民党東京都連の執行部の方々はそれなりに辛酸を舐めてこられた方々だろうから、そう簡単に自分の感情の赴くままに暴発するようなことはないと信じているが、苦労知らずの人がトップに立つと時々とんでもない結論を出すことがあるから、ここは一歩も二歩も退いて辺りを見渡すところだろう。

自民党都連の最高顧問とされている方が勇ましい進軍ラッパを吹いているようだが、今はこの方の進軍ラッパに踊らされて何かをする時ではない。

安倍総理が今月末に真珠湾を訪問することになった、というニュースが今朝の新聞のトップに大きく報道されていたが、安倍総理が懸命に自民党に対する支持率を上げようと頑張っている時にこれに逆行するような動きをすることはどう見ても為にならない。

まあ、野党の方々を喜ばせることになっても自民党は筋を通すべきだ、と考えておられるのならまあ仕方ありませんね、というところだが、私から言わせれば、どうも千慮の一失、浅はかですね、ということになってしまう。

折角手を差し伸べたのに手を振り払われたような気になってしまい、これでは男の面子が立たない、などと息巻きたくなるのは自然だが、そこをぐっと抑えるのが大人と言うもの。
ここは、慌てず騒がず、もう一度綱紀委員会を開くくらいでいい。

多分、これから解散風が吹き荒れるはずだ。
ロシアのプーチン大統領との会談は不首尾に終わっても、安倍さんには真珠湾訪問という秘策があることが分かった。

なるほど。
やはり来年1月の通常国会冒頭の衆議院解散は、必至だな。

私なら、そう読むところである。

自民党都連の執行部の皆さんは、7人の侍の除名処分などにかかずらわっておれなくなるはずだ。
ご参考のために。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本維新の会の政治塾が東京でも開催される運びになっているようだ。

こちらの政治塾は、どうやら具体的な選挙を念頭に置いた候補者の選定及び擁立を目指した政治塾で、小池さんの塾とは一味も二味も違うようである。

どちらの方がいいいいとは言えないのだが、具体的な選挙を念頭にした候補者選定及び擁立の塾と言うことになると、日本維新の会の政治理念や政策に共感する人たちの中から塾生を選ぶことになる。
日本維新の会が橋下徹氏の政治団体だということになると全国からそこそこの人たちが集まってくるはずだと思っているが、橋下氏が抜けた日本維新の会は具のない味噌汁、餅の入らないお汁粉、餡のないアンパンみたいなもので、今一つ食い足りない。

小池さんの政治塾はどうやら具体的な選挙までは考えないで、とにかく日本の政治等に関心がある方々の学びの場を提供しようとして発足した、政治に関する一般人の教養を高める本当の塾だったようだから、小池さんの名前に魅かれてずいぶん大勢の方が集まったが、まだ本当の小池政治塾と呼ばれるほどの実態を備えていなかったようだ。

私はついうっかり小池政治塾と呼び名を変えてしまったが、本当の小池政治塾になるにはもう少し時間が掛かりそうである。

塾生を100人くらいに絞れば小池さんとの接点がグッと増えて、如何にも政治塾らしくなるだろうが、今はまだその何段階か前にある。
ああ、これなら今はただの「希望の塾」ぐらいに呼んでおいた方がよさそうだな、というのが私の率直な感想である。

いずれは本物の政治塾に脱皮するだろうが、まず今年いっぱいは無理だろうな、というところである。

何にしても、小池政治塾も日本維新の会の政治塾もそれぞれに頑張られることだ。
切磋琢磨する仲間の姿を間近に見ることが出来る、間近に感じることが出来る、というのは、それはそれで実にいいことである。

ガンバレ、ガンバレ。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
一言で世間の常識をひっくり返すようなことがある。

あまり語感がよくないので絶対におススメ出来ないな、こういう言葉遣いはあまり流行らせたくないな、と思ったのでやや辛口のコメントを書いておいたのだが、少しだけ修正しておく。

インパクトがあって、問題の所在を赤裸々に抉り出す、政治的には実に重く、かつ深い言葉だという意味では、確かに私もこの言葉自体は何らかの表彰の対象になっていい言葉だと思っている。
流行語大賞などというからつい斜めに見てしまったが、向き直して真正面から見詰めると、いや、この言葉は凄い。

いくらでも想像の輪が広がる。
この言葉を発した方の絶望の深さがビンビンと伝わってくる。

いや、そこを何とか凌ぐのがあなた方でしょう、ご両親やご親戚の方々の力を借りてなんとかしましょうよ、どなたか助けてくれる方がおられませんか、などとつい言いたくなるのだが、多分ご本人はあらゆる努力をし、あらゆる伝手を頼って一生懸命にやったが、もうこれ以上は出来ないところまで来ておられたのだろうな、と思っている。

当事者にしか分からない絶望がある。

そういう絶望の声を耳にした人は何をすべきか、という問題だろうと、今は捉えている。

「日本死ね」とは、日本の社会に絶望した人の心の叫びだろうと思う。
若い方々をそういう絶望の淵に立たせることがないようにするのが、政治に携わる人たちの責務の一つだろうと思っている。

山尾さんが流行語大賞を受賞し、民進党の方々も山尾さんご本人も無邪気そうにこれを喜んでおられたようなのでつい辛口のコメントをしてしまったが、この言葉に触発されて国会で保育所不足問題を取り上げた山尾さんはよくやった、と言うべきだろう。

「保育所落ちた 日本死ね」

今までこの問題について大した取り組みをしてこなかった既成の政治家たちの頭をガツンと叩くような凄い言葉である。
この言葉を聞いて政治や行政は大きく動き出したはずだ。

ユーキャンは流行語の一つとしてこの言葉を取り上げてしまったが、日本の政治家の意識を覚醒させる言葉として表彰するのであれば諸手を上げて賛成したところだ。

世論喚起賞とか政治家意識覚醒賞は如何だろうか。

まあ、私のセンスでは適当なネーミングが出来ないが、世間にはこういうことに得意な方がおられるのではなかろうか。
都民ファーストの小池さん、如何ですか。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
衆議院の自民党の国対は、どうも大きな間違いをしているようだ。

この法案が通ってしまった後に国民の間からどんな反発が返ってくるか一切考慮していないような、ずいぶん世論に無頓着な乱暴なことをやっている。
いくら安倍内閣に対する国民の支持率が高いと言っても、一旦国民の信を失ったら釣瓶落としのように支持率が低下していくことがある、ということをご存知ないのだろう。

来年1月の衆議院の解散・総選挙などない、とでも高を括っているのだろうか。

ずいぶん危ないことをやるものである。

おりゃ、知らねー。
そう叫んで布団を被ってしまうような人が現れてもおかしくないような事態になっている。

まあ、これを強行採決だと見做すかどうかは立場によって様々だろうが、審議を尽くしたか、十分国民が納得するような議論がなされ、その議論の成果が法案の中身に十分に盛り込まれたか、ということになると、まったくそういうところは見えない。

およそ問題点についての解決の方向性を具体的に示す程度にまで至らない、未熟な法案だと言わざるを得ない。
なんだ中身の検討は官僚に丸投げするだけの、役所尻叩きだけの、プログラムとも言えないプログラム法案か、ということになる。

こんなプログラム法案を作られたら、役所の方は困るだけである。
中身を決めるのは、国会議員の方たちでしょう、私たちは中身までは決められませんよ、こんな手抜き法案は作らないでください、と真面目な役所の人たちなら言いたいはずだ。

まあ、内閣人事局に人事を握られてしまっているから役所の方々は何も言わないだろうが、議員立法と言ってもこれはいただけない。
あれ、あれ、あれ。今の国会の劣化はちょっと酷すぎるぞ。
そう、言いたくなる。

まあ、良識の府である参議院に行けば少しはまともな議論がなされるのだろうと思うが、国民のコンセンサスがまだないのに、こんなプログラムとも言えないプログラム法案を作ろうとするのはあまりにも乱暴すぎる。

どんな法案か。

世間ではカジノ法案と言っているIR法案である。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さすがに2900人以上もの人の面倒を一度には見れない。
2900人の中から100人を選抜する作業は大変だろうが、やはりどこかで絞らざるを得ない。

選考に漏れたからと言って絶対にダメだと判定されたわけではないから、決して失望することはないのだが、競争社会ではある種のサバイバルゲームがあちこちで繰り広げられている。

頑張って100人の中に潜り込むことである。
約30倍の競争率の中で勝ち残った100人は、それだけである種の箔が付く。
100人の中から本当に都議会議員選挙に挑戦できる人が何人出てくるか分からないが、選ばれた100人の中に入れれば世界がグッと広くなるはずである。

問題は、2900人余りの中からどうやって100人を選抜するかである。
相当人の目利きが出来る人が必要になる。

維新はどうもそのあたりが上手く行かなかったようだ。
なんでこういう人を選んだの?と思うような人もいれば、なんでこの人を選ばなかったの?ということもある。

多分、小池政治塾でも同じようなことになるのだろう。

人の目利きは、そう簡単なことではない。
たとえ選ばれなくてもガッカリすることはない。
選考に漏れても、選挙の本番では結構有権者から支持されるような人もいるものだ。

ガッツがある人が、最後は勝つ。

頭の良し悪しは、殆ど関係ない。
丸っ切り演説が出来ない人はダメだが、訥々とした物言いの人でも結構有権者にアピールするものである。

やってみますか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自民党都連執行部の皆さんにはお気の毒、としか言えないが、7人の侍の方々は何の書面も出さないことに決めたようだ。

まあ、都連に何か書面を出すということになったらどうしても都連が決定した来年の都議選の公認候補者を応援します、という一文を書かざるを得なくなっただろうから、そこまでの約束は今の段階では出来ません、という意思表示が7人の侍側からなされた、ということである。

たとえ自民党から除名されるようなことがあっても、私たちは小池さんを援ける側に立つ、と悲壮な決意をもって7月の都知事選挙に臨んだ侍たちだから、その志は今でも些かも揺るがない、という姿勢をこんな形で表明したのだと思う。

都知事になった小池さんの都政運営を援けるために自分たちがやれることは全部やる、と固く決意しているのだから、都連側がどんな揺さぶりをしてももう無理だということである。
無理なことをどんなに押し進めてみても、無理は無理。

まあ、都連側としては事態を静観し、来年7月の都議選が終わってから改めて処分を検討する、ということにせざるを得ないだろう。

こんなことなら、先の離党勧告処分という名の停止条件付除名処分を撤回しなければよかった、などと考えておられる方もおられるだろうが、一度撤回したものをまた生き返らせる、などということは普通はしないもの。

大人の風格で、ここはグッと呑み込んでしまう方がいい。

これで、小池さん側が本気で来年の都議選に自分たちの候補者を擁立するつもりだ、ということがいよいよ明らかになったということである。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
聴く人の心をグイッと掴むような話が出来る人は少ないが、私は石破さんはそういうことが出来る稀有の人だと思っている。

鬼瓦のような顔で損をしているように見えるのが玉に瑕だが、しかし政治に関心のある若い方々が聴くのなら石破さんがいい。

どんなことでも分かりやすく解説してくれる人、話し方がザックバランでとにかく親しみが持てる人、話の枕に上手なたとえ話を持ってきて自分の言いたいことを要領よく語ってくれる人などなどいわゆる話の上手な人はあちこちにいると思うが、いわゆる話が上手な人の話は聞いていて耳に優しいが、ただそれだけのこと。

若い方々の心に火を点けるところまでは行かない。

今政治を志す人に若い方々にとって必要な人は、多分そういう人ではない。
若い方々の心を揺さぶり、共に行動しようという想いを掻き立てる人、若い方々の心に火を点ける人だろうと思う。

一度だけ野中広務さんの街頭演説を聞いたことがあるが、野中さんも人の魂を揺さぶるような話が出来る人だなあ、と思ったものだ。

大阪の橋下氏が政治の第一線にいた時は、多分橋下氏もそうだろうと思っていたが、単なるタレント弁護士に戻ってしまった現在どの程度若い方々の魂を揺さぶるような話が出来るかどうか分からない。

小池政治塾に何人かの話し上手な方々が登場して講演されるようだが、やはり若い方々の心に火を点けそうな人は今のところ小池さん一人だろうと思っている。

小池さんは大変な覚悟をして崖から飛び降りた人だから、小池さんの話を聞いて奮い立つ人が何人もいるはずだ。
小池さんの応援のために立ち上がった豊島区長や若狭さん、7人の侍に擬せられているなども豊島区議や練馬区議などの話を聞けば、自然とこれらの人の興奮が伝わってくるはずだ。

学ぶべきなのは、そういう方々の話である。

崖から飛び降りたことのない人の成功譚や人生訓を聞いても大して役に立たないだろう。
評論家的な政治談議も今一つピンと来ないはずである。
講師の皆さんから血が滴るような話が聞ければずいぶん役に立つと思うが、さてどこまでの話が聞けるか。

本当の話は、ごく少数の人しか聞けないものである。
政治塾が本当に役に立つようになるのは、多分年明けからだろうと思う。

今は、話が上手な人の話し方を学ぶだけでいいだろう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)