早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」

弁護士・元衆議院議員としてあらゆる社会事象について思いの丈を披歴しております。若い方々の羅針盤の一つにでもなればいいと思っておりましたが、もう一歩踏み出すことにしました。新しい世界を作るために、若い人たちとの競争に参加します。猪突猛進、暴走ゴメン。

(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花のブログ



○早川忠孝オフィシャルホームページ

○弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり  通称「早川学校」-横バナー


メールマガジンの購読はこちらから
リンクはこちら⇒弁護士早川忠孝の雑来帳「ザッツライッ」

http://magazine.livedoor.com/magazine/86

◎著者の連絡先


〒102-0093
東京都千代田区平河町1-7-10

大盛丸平河町ビル3階太陽コスモ法律事務所内、弁護士早川忠孝(東京弁護士会所属、元東京弁護士会副会長、元衆議院議員、一般財団法人日本救護救急財団会長・理事、動態的憲法研究会代表、新しい選挙制度研究会代表、一般社団法人産業法務研究会代表理事、国士舘大学大学院客員教授)



参照ブログ


笑顔とやる気の伝導師ビヨンドXプロジェクト(旧鴇田くに奨学基金ビヨンドXプロジェクトのブログ)
http://ameblo.jp/tokitakuni/


新しい選挙制度研究会
http://senkyo.doorblog.jp/
動態的憲法研究会の憲法フォーラム
http://kenpouforum.seesaa.net/


主な出版物


「早川学校―ほんのちょっとの勇気と知恵でキミは輝く」
東大から自治省を経て弁護士となり、衆院議員時代は「穏健保守」を自称した著者のブログから、人生に役立つメッセージを抜粋・再編集しました。戦直後の長崎での幼少期、「良識派」として全共闘に対峙した大学時代、三度の落選を経て当選した議員時代、様々な経験をした著者が、ブログを続ける中で読者とともに考えた、厳しい社会状況にあっても勇気を持ち挑戦をつづけるための知恵。マジメに生きてきた姿は大人も共感できるはず。


動態的憲法研究

早川 忠孝 (著), 南部 義典 (著)
『動態的憲法研究』シリーズ

選挙の神様

『選挙の神様』シリーズ

『震災から一年後の被災地レポート-ビヨンドXプロジェクトの軌跡

被災地


NEW!!


(社)鴇田くにビヨンドXプロジェクト早川学校 第1号奨学生 黄美花
NEW !
テーマ:
案の定、苦労されているな、と思うような話を聞いた。
選挙の実際を知らなかった人には驚くことばかりだろうが、これが選挙だと思っておかれることだ。
これぞと思っていた人がまったく頼りにならなかったり、やたらとお金ばかり要求してくるな、と思う時があるものである。
とにかく選挙の実際を知らない人ばかり集まっていると、誰の言うことを信じたらいいのか分からなくなる時がある。
群盲象を撫でる、で、それぞれの人はそれなりに正しいことを言っているのだが、しかし、そのとおりにやっていいかは別問題である。
私が見ている限りは、音喜多さんあたりに直接指導を仰ぐなり、相談をするのがいいと思うが、しかし多分ご本人はご自分の選挙で手一杯のはずである。
自分の運を信じるしかないだろう。
間違ってもいい、くらいの覚悟が出来ていれば、何とか乗り切れるはずである。
本当に困ったら、私のところに相談に来られることである。
伊達に4回も落選する選挙は戦っていない。
泣いてもいいが、必ずそこから這い上がることである。
選挙ほど人を成長させるものはない。
まあ、怪我だけは絶対にされないように。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:
選挙の経験がない人が初めて選挙に出るのだから、最初はどうしてもおっかなびっくり、恐る恐る、というところだろう。

おう、一人で駅頭をやっているの、と驚かれてしまうかも知れないが、とにかく知名度のない人は早く人前に出ることが必要である。

如何にも素人っぽいと思われるだろうが、意外と初々しい印象を周りの人に与えるものだ。
若い女性が夕刻一人で駅頭に立つという光景は、寂しいように見えるかも知れないが、ひたむきに駅頭に立てば、いずれはそのひたむきさが周りに伝わり、応援団が現れるものである。

自信を持って駅頭に立てばいい。

1ヶ月も駅頭に立ち続けていると、段々に様になるものである。
ガンバレ、ガンバレ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日衆議院を通過して参議院に送付された共謀罪関連法案の参議院での審議は5月29日に始まるようである。

強行採決に抗議して審議拒否だ、などという展開になっては困るなと思っていたが、29日に審議入りすることは参議院の国対関係者の間で合意されたようだから、これはこれで結構なことである。
参議院では一度も共謀罪についての本格的審議をしたことがないはずだから、大方の参議院議員の皆さんにとっては今国会が初めての共謀罪議論への参加ということになる。

参議院は再考の府、という言葉があるくらいだから、衆議院では十分議論されなかった事項について徹底的に議論を尽くしていただきたい。
衆議院から送付されてきたのは、自公維の共同修正案だから、参議院ではさらにこれをブラッシュアップするような充実した審議をしていただきたいものだ。

私は、衆議院と参議院がまったく同じような審議をしないのであれば参議院は無用の存在になる、参議院は良識の府にふさわしい中身のある審議をしていただきたいものだ、と願っているのだが、幸い参議院には良識に富んだ識見豊かな法曹出身の参議院議員が与野党を問わず一定程度おられるはずだと信じているから、出来れば参議院で再度与野党共同での再修正案を提案していただければ幸いである。

政府当局者は政府原案が最高だ、と思っているかも知れないが、国民の代表者である国会議員としては将来への不安事項や懸念事項は出来るだけ取り除きたいはずである。
自民党の参議院法務委員会の理事がどなたか分からないが、多分それなりに世論に敏感な法曹出身の理事がおられるはずである。

出口を急がず、丁寧に議論を尽くしていただきたい。
通常国会の会期は、思いっ切り延長されればいい。

そのことだけで、自民党は、結構良識がある政党だと見直されるだろう。
まあ、そうでない人もいるにはいるのだが。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:
小池政治塾の選挙コンサルタントの皆さんは、もう少し丁寧に一人一人の候補者の選挙運動を指導された方がよさそうである。
余りにも未熟で、心配になってしまう。

ああ、これでは選挙民の心を掴むのは難しいだろうな、ということがあった。

誰が見るかも分からないフェイスブックに、選挙の寄付を募る記事が載っていた。

喉から手が出るくらいにお金が欲しくても本当の支持者以外には絶対にお金の話をしてはいけないのだが、皆さん、金銭的に余裕がないのだろう。
お金の話をしたら大抵の人は引いてしまう、ということが分かっていないようである。

寄付文化がない日本では、まず自ら進んで寄付するような人は一人もいない、ということをどなたかが教えてあげる必要がある。

政治団体を持たない人が自分の政治活動のために他人に寄付を求めたりすると、うっかりすると大変な問題になる、ということを、皆さんご存知でないようである。
まあ、そのあたりのことを教えてくれる本当に役に立つ選挙コンサルタントはまずいないのだから、仕方がないと言えば仕方がないが、どうにも危なっかしい。

素人判断でやってはいけないことが山のようにあるのが、選挙の実際である。

それぞれの候補者の陣営に、選挙の経験者を張り付ける必要がありそうである。
大丈夫かな。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
大阪府警が逃亡45年の指名手配容疑者の身柄を確保したのだとしたら、私が法務大臣政務官の当時に取り纏めた重大犯罪についての公訴時効廃止の提言がそれなりに役に立ったということだ。

殺人罪の公訴時効が15年のままだったら、45年前の警察官殺しの容疑者について捜査を進めることは出来なかったはずである。

容疑者が黙秘を続けているということだから、軽々に容疑者を警官殺しの犯人だなどと決めつけない方がいいとは思うが、報道を見る限り身柄を拘束された容疑者が警官殺しの犯人である可能性が濃厚である。

警官殺しは、今でいえばテロの一種である。

テロの再発を抑止するための最大の方策は、テロを実行した犯人やその仲間を検挙し、厳罰に処することだろうから、45年前の事件であってもとにかく犯人と思しき容疑者を検挙できたということはいいことである。

万一公訴時効が完成していれば、警官殺しの実行犯であることが分かっていながら何も手を出せないところであった。

殺人罪についての公訴時効廃止法案が可決成立したのは私が衆議院議員選挙に落選した年の翌年のことであったが、私が公訴時効の廃止を言い出さなければまず公訴時効廃止法案が日の目を見ることはなかった。

いい仕事をしましたねえ。

誰も言わないから、私が一人ごちているところである。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(2)

テーマ:
もっと支持率が下がるかと思っていたが、ほんの数パーセント下がっただけのことのようだから、官邸は相変わらず強気で押しまくるつもりのようである。

しかし、ああ、危ないな、というのが私の率直な感想である。

今日、衆議院の本会議で共謀罪関連法案の採決をやって参議院に送付する運びのようだが、どうにも拙速に過ぎる。

何でここまで頑ななのかしらと思うが、安倍総理や官邸は何重にもガードを固めておかないとグダグダになりそうなところまで追い詰められてきているということだろうか。
とにかく、きな臭い。
もっと慎重に議論を尽くしていれば私もどこかで、もう、そろそろいいんじゃないですか、というメッセージを出すところだったが、今はとてもそんな物言いは出来ない。

まあ、一般の方々は、テロ準備罪という名称を鵜呑みにして、テロ対策のための法案なら早く通した方がいいでしょうという結論になりやすいだろうが、テロ対策法案としては殆ど中身がないことが明らかになっているのだから、そんな言葉だけでの誤魔化しはしないで、実際の法案の中身に即して、審議を尽くしてくれぐれも懸念事項はしっかり取り除いてくださいね、とお願いしたいところである。

今日衆議院で無理に採決しても、参議院での審議がグダグダになる可能性がある。
もう潮目が変わっていますよ、ということは既に指摘したところだが、私には自民党の中がガタガタになってきているように映る。

目下のところ、安倍内閣や自民党に対する支持率自体はそんなに落ちていないが、自民党の中のがたつき具合が一般の方々の目にも明らかになると、何が起きるか分からない。

ご用心、ご用心、というところか。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
アエラの目次には、「【共謀罪】廃案時の責任者 元自民党衆院議員が苦言」と書いてあった。
アエラ59頁の見出しは、「共謀罪」法案が法相フラフラ答弁の果てに衆院通過へ 低調な議論にダメ出し、である。
どんな記事かは、やはり現物を見ていただいた方がいいだろうと思って、記事の写真を皆さんにご紹介する。
ほら、私の写真は、身分証明書の写真よりも小さいでしょう。
{B2747E84-5D79-48C5-A109-FD31FA6E6C73}

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここらあたりが打ち止めかな、と思っていたが、今日発売のアエラに私が登場した。

私の写真が大きく載るのかなと思っていたが、大きな写真で登場したのは金田法務大臣である。

金田法務大臣にはそれなりのスター性があるが、やはり私には証明写真ぐらいの価値しかないようである。
もっと格好良く映りたいな、という気がしないでもないが、どうひっくり返っても私自身はスターにはなれないようである。

ま、いいか、というところだ。

スターになる人にはそれらしい雰囲気がある。
金田法務大臣には、スターの素質があった、ということだ。
金田さんがここまでの個性を発揮する、とは考えたこともなかった。

いいことか悪いことかはともかく、国会の歴史に残ることは間違いない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私は埼玉県の住人だから、いくら一票を入れたくなっても誰にも投票できない。

野次は飛ばさないから野次馬ではないが、今度の都議会議員選挙では、あくまでその他大勢の一人である。

まあ、お神輿の周りで一生懸命大きな団扇をあおいでいる他所から来た世話人さんの一人というところか。
とにかく、賑やかになればいい。
とにかく、大勢の人が祭りに出てきてくれればいい。

かつては、私自身がお神輿のお先棒を担いだり、神輿の担ぎ手になったりしたものだが、さすがに自分でお神輿を担ぎに飛び出すほどの勇気も力もない。

神輿を担ぐのは、若い方々にお任せしたい。

私自身は、喧嘩神輿も好きである。
どうせなら、激しくぶつかり合って欲しい。
ぶつかり合っていく内に、皆、それぞれに強くなる。

遠慮することはない。
それが、本当の祭りである。

私が注目しているのは、女神輿である。
最近の女性は強いから、お年寄りが担ぐ神輿よりは遥かに勢いがあるはずである。

都民ファーストの会には、ファーストペンギン中のファーストペンギンと呼ばれる人がいるようである。
とかくの噂がある人よりも、ファーストペンギン中のファーストペンギンを代表にすればいいだろうな、というのが、私の感想である。

何かの時に参考にされたらいい。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
小池さんが登場しない場でどれだけ聴衆を引き付ける力があるか、ということが問われている。

小池さんだったら大勢の人が集まるだろうが、小池さんがいないところで演説して、おっ、結構いいじゃないか、と耳を澄まして続きを聞いてくれる人が何人いるか。

まずは、演説力を磨かれることだ。
小池政治塾に通った程度では聴衆の心を鷲掴みにするような演説はとても出来ないだろうから、とにかく今は街頭に出て演説の練習をすることだ。

小池さんは、テレビで見ても、街頭演説の場所で聞いても、しっかりと聴衆の心にアピールするような話が出来る。

小池さんは絵になる人である。
絵になるような話が出来るから、結局はテレビによく登場する。
普通の人には無理な話である。
皆さんの演説力を磨かないと、とてもテレビでは取り上げてもらえない。

目下のところ、自民党の候補予定者の方が都民ファーストの候補者よりもより多くの支持を獲得しそうな勢いだが、小池さんが馬力を出してくるとあっという間に形勢が逆転していくはずである。

小池さんの前では、さすがの自民党都連のドンの影が薄くなるのは止むを得ない。
ドンに担がれた人が少々気の毒だ。
小池さんには、目下のところとても及びがつかないようである。

まずは、演説力を磨くことですね。
そう申し上げておく。

もっとも、小池さんでも自分の陣営の候補者全員を当選させるまでの力はない。
100人力ではあっても、100万馬力ではない。

選挙は、結局は自分の力で戦うしかない。
小池さんを当てにすべからず。
そうも申し上げておく。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)