我闘雲舞の決定している試合スケジュールです。チケット料金など詳細はテーマから大会日程&チケット情報を選んでご覧ください。


《開催日程》
・11月30日(日)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)走る人

・12月6日(土)市ヶ谷チョコレート広場(18:00)

・12月14日(日)大塚プロレスバンク(13:00)

・12月23日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)

・12月27日(土)板橋グリーンホール(13:00)

・12月30日(火)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)

・12月31日(水)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)

・1月12日(祝)北千住シアター1010ミニシアター(18:00)NEW

NEW !
テーマ:


『CHANGO AID』
2014年11月26日(水)19時30分開始
市ヶ谷チョコレート広場


◆第1試合 『我闘雲舞提供』シングルマッチ 10分一本勝負
さくらえみ vs 山田太郎


◆第2試合 『ガッツワールド提供』タッグマッチ 15分一本勝負
吉野達彦&翔太 vs ガッツ石島&円華


◆第3試合 『先駆者提供』シングルマッチ 10分一本勝負
バッファロー vs 藤田峰雄


◆第4試合 『HEAT-UP提供』タッグマッチ 15分一本勝負
アミーゴ鈴木&兼平大介 vs 新井健一郎&PSYCHO


【スタッフ協力】

ヘラクレス千賀

ツトムオースギ

マサ高梨
田村和宏
吉野恵悟
弥武芳郎
帯広さやか


フリーで活躍するCHANGOは今年7月に第7胸椎圧迫骨折で長期欠場中。


この大会の収益はCHANGOの治療費として全額本人に送られる。


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼


■会場アクセス
JR市ヶ谷駅より徒歩2分
《住所》東京都新宿区市谷田町1-1-3市ヶ谷キマタビル 南海記念診療所内


■全席自由席3000円(整理番号順入場。席がなくなり次第、立見となる)


※以下の会場で順番に販売。選手予約など当日予約分の整理番号は会場販売終了後からの番号になる。


・11月23日(日)HEAT-UP王子大会
・11月24日(月)我闘雲舞市ヶ谷大会


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼


チケットガイド
【我闘雲舞よよよチケット】


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「11月26日(水)CHANGO AID」
お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、ご予約メールを送信してください。確認の返信メールが届いたら予約完了です。当日、会場受付でお名前を申し出てください。代金をお支払いいただき、チケットをお渡しします。


・予約後、こちらより確認メールを送らせていただきますので、@gmail.comの指定受信を必ずお願いします。


・ご予約、キャンセルは大会開始時間の5時間前まで受付します。(11月26日は19時30分開始なので当日の14時30分までです)


・チケット引き換えは、大会開始の20分前、ご入場は10分前となります。当日券の発売も開始20分前です。20分前より早く会場にお越しいただいたり、会場前の道路でたちどまることは近隣の迷惑になりますので、ご遠慮ください。

AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:
毎週水曜日にYouTubeチャンネル『Gatoh Move Station』略して『ガト!ステ』で、過去の試合映像を公開しています。

現在のチャンネル登録は303人! コチラからチャンネル登録をお願いします↓

https://www.youtube.com/channel/UC2HtPsU4U7TNSv2mSbPkj0w


本日の更新は2014年8月22日、タイのナコンパトムにあるLIGHT MY FIREというライブハウスでおこなわれた大会より、DJニラvsP-Nutzの試合です。バンコクから車で1時間程度の場所にあるナコンパトムでの酒場での試合。ニラは「Sharaku(写楽?)」とコールされています。タイ人スタッフによる慣れない撮影のため、ブレなどありますことをご了承ください。

先週もタイでの大会に参戦したDJニラは、11月30日の市ヶ谷大会では、タイ遠征で一緒だった「ことり」と初のシングルマッチをおこないます。チケット情報はこちら → 【対戦カード】2014年11月30日(日)市ヶ谷チョコレート広場


なお、公開された試合は全て1ヶ月間の限定公開となります。

AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:

『Gatoh-Move Japan Tour・138』
2014年11月24日(祝)
市ヶ谷チョコレート広場
観衆52人(満員)


◆オープニング


 タイ遠征のため2大会欠場したさくらが帰国。さっそく前説でタイ遠征のみやげ話をあれこれとする。


 さくらが『さやか応援歌』を歌おうとしたところで「ことり」が乱入。「今日、帯広さんは敵なのに、その歌はおかしい」と、『さくらえびちゅ』を提案する。さくらが「歌えない」と拒否すると、「ことり」が「自分がフォローしますから」と言って、2人で『さくらえびちゅ』を歌った。


 入場式の挨拶は里歩。「タイから帰ってきたさくらさんと「ことり」に注目が集まりそうですが、自分たちも留守番を頑張ったんです」と帯広と結束を誓った。


◆第1試合 シングルマッチ 10分一本勝負
○円華(7分53秒、逆エビ固め)山田太郎×


 静かな攻防からスタート。手四つから力比べ。腕の取り合いといった展開となる。


 チョップ合戦は、円華が水平チョップで山田を打ち倒し、スリーパーホールドで絞め上げ、山田を苦しめる。

 円華のボディスラムで山田の足が蛍光灯にぶつかり、客席もざわっとなる。円華のボストンクラブは山田が必死にエスケープすると、レフリーのさくらは山田を応援する。前説によると「顔も体もパッとしない山田に自分を投影している」らしい。


 さくらの声援を受けてか、山田は円華に左右のエルボー連打から、ランニングエルボーをきめる。ブレンバスターは円華に逆に投げ返されたが、ボストンクラブをエビ固めに切り返してフォールにいった山田は、ウラカンラナでカウント2を奪う。

 山田のエルボーと円華のチョップの打ち合いになるが、円華はドロップキックで山田を吹っ飛ばす。さらに窓からのニードロップが山田の肩口を捕えると、強烈なラリアットを一発。山田がなんとか肩をあげて、カウント2。


 円華は「終わりだっ」と叫ぶとボストンクラブへ。一度はエスケープしかけた山田を、マット中央に引きずり戻して絞め上げると山田がギブアップ。円華が勝ち名乗りをあげた。


 勝った円華が次の試合のレフリーをつとめようとしたが、山田がレフリーシャツを奪い取り、自らレフリーをやると名乗りをあげた。


◆第2試合 シングルマッチ 10分一本勝負
△田村和宏(時間切れ引き分け)チェリー△


 握手からスタート。チェリーへの声援が飛ぶと、チェリーは「応援してあげて」と田村を指さす余裕を見せる。


 まずは教科書通りのレスリングの攻防となる。田村のアキレス腱固めにエスケープしたチェリーは、田村に向かって拍手を送る。「なんで上から目線なんだよっ」とイラッとする田村に、チェリーは「やってるね。基礎はできてる」と、あくまで上からの態度をとる。


 チェリーが握手を求め、田村が応じようとしたところ、チェリーは田村のつま先を踏みつける。場内、ブーイング。チェリーは田村の髪の毛をむしり、背中を引っ掻きと非道の限りを尽くす。

 本部席から鉢を持ち出したチェリーは田村を殴打。場内から“悪いコール”がおこると、チェリーはコールに合わせて田村を叩く悪ノリぶり。


 さらにチェリーは田村の耳をつかんで投げ飛ばし、耳そぎチョップ。そして首を絞めて殺そうとするなど、悪行三昧。


 5分経過。チェリーがボディパンチから、どっこいしょを仕掛けると、田村が腕固めに切り返して、ようやく反撃。「折れたっ」とわめくチェリー。田村がショルダー・アームブリーカーを出すと、「反則だろっ」とチェリーは抗議するが、もちろん認められず、田村はもう一発、ショルダー・アームブリーカーをみまう。

 田村は、チェリーを壁にぶつけると、ニーアタックからヒザ蹴り連打。続くエースクラッシャーはチェリーがすかし、目潰しから首固めに入るが、カウント2。


 チェリーは、熟女でドンからダブルリスト・アームサルトで田村を投げるも、これもカウント2。続いての熟女でドンは、田村がかわしてスリーパーホールドに入る。ぐいぐいと絞り上げ、さらにPKをみまうが、チェリーが必死に返す。

 残り時間1分。チェリーが田村を壁にぶつけ「もらったっ」と春夜恋をきめたが、惜しくもカウント2。田村はカウンターのミドルキックを放ち、ジャパニーズ・レッグロール・クラッチを連続してきめ、そのまま胴締めスリーパーに移行。


 チェリーがこらえると、腕ひしぎ逆十字固めに切り替え、チェリーのクラッチを切ったところでタイムアップ。


 時間切れ引き分けに、田村が「チェリーのタップが先ではないか」といったジェスチャーを見せると、なぜかチェリーも「カウントスリーだろ」という意味不明のアピールでレフリーを戸惑わせていた。


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○「ことり」&さくらえみ(12分04秒、バードリッジ)里歩&帯広さやか×


 タイから凱旋した「ことり」とさくらが、日本留守番組の帯広&里歩とぶつかる純血タッグマッチ。「ことり」はタイの国旗を持って入場する。


 まず里歩と「ことり」が2人でさくらを捕えてポーズをきめると、さくらと「ことり」もすぐに同じポーズをやり返し、そのまま卍固めとコブラツイストの二重奏へ。

 里歩が先にさくらにロメロスペシャルを仕掛けようとするが、重くて持ち上がらない。さくらが「ロメロはこうやってやるんだ」と仕掛け返そうとするも、里歩がこらえ、さくらを跳ね飛ばす。


 帯広の「YMZっ」と叫んでの変な突き攻撃や、里歩のチキンウイングにさくらがつかまる展開となる。さくらは里歩にカニ挟みから高速ロメロスペシャルをきめて、ようやく「ことり」にスイッチ。


 「ことり」は里歩に巴投げ3連発。続いて一本背負いを狙うが、里歩がスリーパーホールドに切り返す。「ことり」を左右に振って絞る里歩。

 5分経過。里歩が「ことり」にニーアタックから「オー!」をきめる。替わった帯広のボディスラムを宙で潰してフォールにいった「ことり」はさくらにタッチ。さくらは帯広にダブルアーム式背骨折りを連発する。


 さくらえみ70キロをキャッチして叩き落とした帯広。さくらと帯広のチョップ合戦は、さくらが帯広を客席まで押し込む。

 里歩にチェンジすると、里歩はドロップキックをさくらにみまう。「逗子商店街フットスタンプ」と叫んでのフットスタンプはかわされるが、窓からのウラカンラナ、オクラホマロールでさくらを攻め込む。


 ケフラトーラ・コンヒーロで攻守逆転したさくらが窓にのぼると、帯広も一緒に窓にのぼり、さくらを突き落とすと里歩の足が待っていてさくらを直撃。ここで里歩は「逗子商店街フットスタンプ」を成功させたが、カウント2。

 さくらのトラースキック、里歩のニーアタックの打ち合いとなり、両者同時にチェンジ。「ことり」が帯広に窓からのボディアタックを3連発で放つ。


 10分経過。「ことり」のエビ固め、帯広の首固めとフォールの応酬から、「ことり」が払い腰を3連発。里歩のカットが間に合い、カウント2。

 「ことり」の壁を蹴ってのカウンターエルボーがさくらに誤爆、すかさず帯広が「ことり」をハーフハッチで投げる。フォローに入った里歩が、「ことり」に「新宿地上最大武道会そうまとう」を放つが、かわされ壁にヒザを自爆してしまうと、さくらが里歩を場外に落とし、分断に成功。


 すかさず「ことり」はバードリッジを狙う。一度はこらえて帯広マジックに切り返した帯広だったが、それをまたこらえた「ことり」がバードリッジ。


 ガッチリと決まり、カウント3。「ことり」が凱旋試合を勝利で飾った。


◆エンディング


 山田に対して、さくらは「そもそもレフリーも円華さんにやってほしかった」など、いろいろとひどいことを言ってみんなの非難をあびる。26日のCHANGO AID興行での一騎打ちが決まっており、山田はそこでの決着をアピールした。


 「ことり」のタイの話は初めて成田空港に行ったところの感想から始まるので、全然終わらず、入国したところでさくらがストップ。そんな「ことり」は、次回の市ヶ谷大会で、タイで行動を一緒にしていたDJニラとの一騎打ちが決定した。


 最後は、板橋以来、2度目となる『一番好きな人の名前をさけぼう』を4人で披露した。

AD
いいね!した人

テーマ:


『Gatoh-Move Japan Tour・139』
2014年11月30日(日)17時開始
市ヶ谷チョコレート広場


◆第1試合 シングルマッチ 10分一本勝負
チェリー vs 北沢ふきん


◆第2試合 シングルマッチ 10分一本勝負
「ことり」 vs DJニラ


◆第3試合 6人タッグマッチ 15分一本勝負
里歩&SAKI&MIZUKI vs さくらえみ&マサ高梨&帯広さやか



チケットは全席自由席2500円。小中学生無料、高校生1000円となります。


チケットは当日券のほかメールで予約を受け付けています。
全席自由席で整理番号順の入場となります。予約すると当日券より早い整理番号となりますので、ぜひメール予約をご利用ください。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「11月30日(日)チョコ広」
お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、ご予約メールを送信してください。確認の返信メールが届いたら予約完了です。当日、会場受付でお名前を申し出てください。代金をお支払いいただき、チケットをお渡しします。


・予約後、こちらより確認メールを送らせていただきますので、@gmail.comの指定受信を必ずお願いします。


・ご予約、キャンセルは大会開始時間の5時間前まで受付します。(11月30日は17時開始なので当日の12時までです)


・チケット引き換えは、大会開始の20分前、ご入場は10分前となります。当日券の発売も開始20分前です。20分前より早く会場にお越しいただいたり、会場前の道路でたちどまることは近隣の迷惑になりますので、ご遠慮ください。


・入場は整理番号順ですが、女性、カップル(整理番号が連番のお二人のみ)、お子様連れの方は整理番号にかかわらず開場時間までにお越しいただい場合、優先入場とさせていただきます。


・会場内での写真撮影、動画撮影、録音は、売店での撮影含めてすべて禁止とさせていただきます。ただしメイン終了後の座談会の時間のみ写真撮影OKとなります。


《市ヶ谷チョコレート広場(南海記念診療所)アクセス》
東京都新宿区市谷田町1丁目1-3 市ヶ谷キマタビル
JR市ヶ谷駅徒歩2分


JR市ヶ谷駅の改札を出て、坂を下ったところにあるモスバーガーとサンクスの間の路地を入ってすぐです。

いいね!した人

テーマ:

会場で我闘雲舞前売りチケットを購入する方法の変更についてお知らせします。


対象となるのは、発売日となるチケットのみです。


物販での混雑緩和と公平な購入のため、以下のご協力をよろしくお願いします。



1.その日に発売となる前売りチケットを購入希望される方は、入場の時に整理番号の抽選をおこないますので、必ず整理番号をお引きください。


2.試合終了後、物販の時間となりましたら、入場時に抽選した整理番号の順に整列していただき、順番にチケットを購入していただきます。


※試合後まで整理番号は失くさずお持ちください。


※番号をお呼び出しした時に列にいらっしゃらない場合、番号が無効となり最後列に並んでいただく場合もございます。購入希望の方は、お呼び出しにご注意してお待ちください。


3.一度のお会計で購入できる枚数は、1大会につき3枚までとさせていただきます。1大会のチケットを4枚以上購入希望の場合は、整理番号の呼び出しが全て終了してから、あらためてお並び下さい。


※入場時に整理番号を引かず購入希望の方も、整理番号をお持ちのお客様が全て終了してからお並びいただきます。



11月24日発売開始の1月12日北千住大会の前売券発売より、上記の方法を実施させていただきます。御面倒ですが、スムーズな物販にお客様のご協力をよろしくお願い致します。

いいね!した人

テーマ:



『2015年あけまして北千住大会』
☆1月12日(月祝)北千住シアター1010ミニシアター(17:30開場/18:00試合開始)


【チケット料金】
・最前列 3500円
・指定席 3000円
・小中学生 全員無料
・高校生(当日のみ。学生証提示) 1000円

※立見禁止のため、指定席にご着席での観戦となります。



【発売場所】
・我闘雲舞大会売店(11月24日市ヶ谷大会より)
・メール予約(11月25日より)
・チケットぴあ(12月2日~1月10日)


【メール予約の方法】
チケットはメール予約でチケットを取り置きします。
メール予約したチケットは当日、会場受付で料金と引き換えでお渡しします。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「1月12日北千住大会」
お名前
席の種類と枚数
お電話番号


以上を明記し、メールを送付してください。


・確認メールを返信させていただきますので受信設定の確認を必ずお願いします。


・『わふー券』の特典を希望の場合、事前に振込をお願いします。事前入金希望と書いてメールしてください。(ぴあで購入の場合も『わふー券』は当日進呈されます)


【注意事項】
・紙テープ、横断幕は禁止となります。ご協力をよろしくお願いします。
・動画撮影はすべて禁止となります。
・試合中の写真撮影はOKです。ただしロビー物販における写真撮影は、他団体の選手含めてご遠慮ください。

いいね!した人

テーマ:
毎週水曜日にYouTubeチャンネル『Gatoh Move Station』略して『ガト!ステ』で、過去の試合映像を公開しています。

現在のチャンネル登録は293人! コチラからチャンネル登録をお願いします↓

https://www.youtube.com/channel/UC2HtPsU4U7TNSv2mSbPkj0w


本日の更新は2013年11月8日、市ヶ谷チョコレート広場大会より、趙雲子龍&「ことり」vs帯広さやか&CHANGOのタッグマッチです。

CHANGOと帯広の“おびちゃんご”がタッグを結成。CHANGOを意識したのか、帯広が(帯広のイメージする)ルチャ的な動きを見せました。なお、CHANGO選手は、現在、第7胸椎圧迫骨折で長期欠場中。11月26日には大会収益が全額CHANGO選手に贈られる大会『CHANGO AID』が開催されます。大会情報はこちら → 11月26日(水)市ヶ谷チョコレート広場『CHANGO AID』の全対戦カード決定

なお、公開された試合は全て1ヶ月間の限定公開となります。

いいね!した人

テーマ:


『LIVE AT BLUEBOX STUDIO』
2014年11月21日(金)
タイ・バンコク、Мシアター
観衆102人(超満員札止め)


◆第1試合 シングルマッチ 10分一本勝負
○ケンちゃん(6分52秒、片エビ固め)フェンリュー×
※ボディプレス


◆第2試合 ハンディキャップマッチ 10分一本勝負
○E.K.バギー(6分20秒、片エビ固め)河童小僧&ガトーマスク×
※フォーリング・サンクチュアリ


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○「ことり」&ブルーロータス(12分00秒、バードリッジ)さくらえみ&ペパーミント×


◆第4試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○P-Nutz&ゴーレムタイ(14分39秒、片エビ固め)マサ高梨&DJニラ×
※ダイビング・ヘッドバット



レポート


タイでの2周年記念大会が終わり、私たちはより大きなビジネスのため次のステップに挑戦します。今までタイでの我闘雲舞は、桜道場や、他に入場無料でできる場所で試合をしてきました。最初はたった10人のお客さんの前から始まりましたが、今はファンも増え、タイのメディアも多くの関心を寄せてくれています。私たちはまだ若く、そして大きな会社ではありませんが、少なくとも歩き続けているのです。タイにプロレスを定着させ、リングで試合をおこなうという私たちの目標を早くかなえたいと思います。


今回のショーは、ツイキャスだけでなく、来週の日曜日にテレビ放映もされ、日本のインターネットでも視聴ができます。(詳細はさくらえみのツイッター @sakuraemi のスケジュール紹介をご覧ください)。これはお客さんを増やす大きなチャンスです。


会場名はMシアターにあるBLUEBOX STUDIOといい、バンコクの中心にあります。最初に有料チケットを売ろうという計画があったとき、私はたぶんチケットは売れないのではないかと心配しました。しかし、メンバーみんなが一生懸命に挑戦することを望みました。そしてチケットは3週間前に完売しました。我闘雲舞は、こうしてまた大きくなっています。


第一試合は、我闘雲舞のもっとも初期のメンバー同士による闘いでした。彼らは3年近く前に初めて出会い、一緒に練習を続けてきました。試合は何度もカウント2.9となる展開となりました。試合はケンちゃんが代名詞のスカイハイ・ボディプレスで終わらせました。フェンリューの初勝利はまたお預けとなりました。


第二試合は“サイコマスター”E.K.バギーが、ガトーマスク、そして本日タイデビュー戦の河童小僧のチームと闘うハンディキャップマッチでした。バギーはパワフルなファィトで、タイでは多くのファンがいます。ガトーマスクと河童小僧もできる限りのことはしましたが、バギーから勝利をおさめるには十分ではありませんでした。バギーの代名詞となる必殺技、フォーリングサンクチュアリの最新の犠牲者となったのはガトーマスクでした。とにかく河童小僧はタイでも有名でした。(UMA ! UMA ! UMA! )


第三試合はペーパーミント&さくらえみvsブルーロータス&「ことり」のタッグマッチでした。「ことり」はタイでの第2戦目でしたが、たくさんの「ことり」への声援がとび、成功だったと思います。「ことり」は誰も返すことのできないバードリッジでペーパーミントを破りました。試合は長く、タッグチームとしてのみどころがたくさんありました。「ことり」には、またすぐにタイに来てほしいと思います。


メインイベントは2周年記念興行の劇的な再戦でした。バッドカンパニーは、半年前にチーム結成以来、連勝記録を続けています。しかし、高梨とニラは同じ結果は望んでいませんでした。試合はゴング前の奇襲からスタートしました。互いにぶっ壊そうと、椅子や壁がたくさん使われました。最後はダイビングヘッドバットで、P-Nutzがニラから再び勝利しました。日本での再戦も見たいと思います。


最後は「ことり」とさくらが歌いました。タイのファンは、とても夢中になりました。ミックスを打ち、一緒に歌って叫んでいました。よい思い出となるととともに、新しいビジネスは好発進です。


最後に、本当にありがとうございました!



【原文】


GATOH MOVE (21.11.14)
LIVE AT BLUEBOX STUDIO , M THEATRE
BANGKOK , THAILAND.
102 paid (Full House)


1. FENRYU vs KEN CHAN
WINNER : KEN CHAN (Body Press ) 6:52


2. GATOH MASK & KAPPA KOZO vs EK BAKI
WINNER : EK BAKI (Falling Sanctuary > Gatoh Mask) 6.20


3. Blue Lotus , [kotori] vs Peppermint , Sakura Emi WINNER : [kotori] (Bird Ridge > Peppermint) 12.00


4. BAD COMPANY (P-Nutz&Golem Thai) vs DJ NIRA , MASA TAKANASHI WINNER : Bad Company (Diving Headbutt by P-Nutz > Nira). 14:39



REPORT


After 2 years anniversary in Thailand. We try to move to the next step to be more business. Before, GatohMove in Thailand always located at Sakura Dojo or some places that we can ft charge for the ticket fee (Most of the shows are free). We started from just 10 audiences in the beginning but now, we have more fans and many interests from Thai 's media. Although we fre still young and not big company but at least we keep walking. Soon, I hope we fll reach our target to establish pro-wrestling in Thailand and wrestling on the ring!


Not only on Twitcasting but this show will be on TV next Sunday which you can watch in Japan on internet (Please kindly check Sakura 's twitter @sakuraemi for the information schedule) ! This is our good chance to expands our audiences.


The Venue name is BLUEBOX STUDIO at M Theatre which located in the center of Bangkok. At first when we plan to sell ticket, I worried that maybe we can 't sell ticket. However , because all member want to challenge and working hard. Finally, the tickets are sold-out in less than 3 weeks. Gatoh Move is getting bigger here.


The first match was the battle of Gatoh Move 's very first two students in Thailand. They met each other for the first time nearly 3 years ago and keep training together. The fight was long and had so many near-falls ! Finally , It was Ken Chan who ended the match with his trademark SKY HIGH body press. Fenryu is still waiting for his first win.


The second was handicap match between the team of Gatoh Mask and Kappa Kozo who made his debut in Thailand against 'The Psycho Master 'EK Baki. Baki had many fans in Thailand because of his powerful move. However , even they tried to do everything they can but it was not enough to secure the win over EK BAKI. Finally , It was GatohMask who become the latest victim of his trademark finisher, Falling Sanctuary. Anyway , Kappa Kozo was famous in Thailand ! (UMA ! UMA ! UMA! )


The third was a tag-team bout between Peppermint and Sakura Emi against Blue Lotus and [kotori]. It was her second match in Thailand and I think it was success ! so many [kotori] 's chant !! [kotori] didn 't get anybody upset after she defeat Peppermint by Bird Ridge. The match was long and had many interesting tag-team spots. I wish [kotori] will come to Thailand again soon !


The main event was the dramatic rematch from our 2nd anniversary event. Bad Company continues their winning streak since they formed the team half years ago. However , Masa and Nira didn 't want the same result again ! The fight began before the bell start! They use many chairs , wall etc. to destroy each other. Finally, Bad Company won again by the driving headbutt from P-Nutz to Nira. I wish a rematch in Japan soon.


The last is the singing from [kotori] and Sakura. Thai fans were very into it. They mixed , sing and shout together ! Good Memories and good start for the new business way.


The last thing c Thank you so much!

いいね!した人

テーマ:


『LIVE AT SILPAKORN UNIVERSITY』
2014年11月19日(水)
タイ・ナコーンパトム、シラパコーン大学
観衆243人(超満員)


◆第1試合 シングルマッチ 15分一本勝負
○マサ高梨(10分50秒、足4の字固め)フェンリュー×


◆第2試合 シングルマッチ 15分一本勝負
○E.K.バギー(8分20秒、片エビ固め)DJニラ×
※フォーリング・サンクチュアリ


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○ゴーレムタイ&P-Nutz(9分47秒、アルゼンチン・バックブリーカー)ケンちゃん&ガトーマスク×


◆第4試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○「ことり」&さくらえみ(8分35秒、バードリッジ)ブルーロータス&ペパーミント×


-------------------------------------------------------


我闘雲舞は4回目となるナコーンパトム遠征をおこないました。しかし、今回はカフェやビアガーデンでの試合ではなく、シラパコーン大学サナンチャンドラキャンパスにあるタイで伝統の劇場「Songpon」での試合という、今までよりグレードの高い場所での試合でした。


今回のイベントの観客は243人となり、これはタイでの我闘雲舞史上、最高の人数です。応援してくれたみなさん、ありがとうございました。(ツイキャスを見てくれたみなさんもありがとうございます)


第1試合はフェンリューvsマサ高梨でした。フェンリューは我闘雲舞の一番初期(約3年近く前)のメンバーの一人です。今回、フェンリューは驚いたことに一番人気の選手になりました。こんなことは今までありませんでした。これは彼の努力の賜物です。フェンリューはベストを尽くしました。しかし、まだフェンリューは、日本のDDTからやってきた世界的に有名な酔っ払いレスラー、マサ高梨のハイクオリティな闘いに匹敵するには至りませんでした。高梨は、その経験を生かして、フェンリューを足4の字固めでギブアップさせるまで彼の左ヒザを狙い続けました。両選手による素晴らしいオープニングマッチでした。


第2試合は、昨年の新木場1stRing大会の再戦でした。EKバギーvsDJニラの試合です。前回の対戦では、バギーはニラから難なく勝利をおさめました。そして今回も全く同じような展開でした。ニラは名前を“写楽”と名乗りましたが、何も変わっていませんでした。バギーは代名詞のフォーリング・サンクチュアリ(ネックハンギング式バックブリーカー)でスリーカウントを奪いました。


第3試合は、フレッシュスターのケンちゃん&ガトーマスク組が、この惑星で最悪に悪い連中であるバッドカンパニーと闘うタッグマッチでした。ゴーレムタイとP-Nutzは、アルゼンチンバックブリーカーでガトーマスクを半殺しにして連勝記録を伸ばしました。これにより、彼らはタイでのやるべき闘いは、ほぼ完了しただろうことを我々に証明しました。次は…日本?


メインイベントは日本の群馬県からやってきた16歳のセンセーションが、海外デビュー戦です。「ことり」は師匠とのチームで、ペパーミントとブルーロータスの、ザ・タイスタイル・コンビネーションと闘いました。日本とタイにわかれての試合です。観客にとってはこの試合は運命のように見えました。そして最後には国際的な闘争となりました。「ことり」はハイスピードな技術を駆使し、見事なバードリッジでペパーミントを下し、勝利をおさめました。


最後はミニライブもおこなわれました。「ことり」とさくらが、日本ではすでに入手できる最新シングル曲を歌いました。243人のファンが音楽にあわせて我闘雲舞のために声援を飛ばしました。我闘雲舞は日々、どんどん大きくなっています。一緒に進んでいきましょう!


1人で見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる夢! ありがとう!



【原文】


GATOH MOVE PRO WRESTLING
"LIVE AT SILPAKORN UNIVERSITY"
-------------------------------------------------------
243 fans (Full House).


1. Fenryu vs Masa Takanashi
winner : Masa Takanashi (Figure-4-Leg Lock) : 10.50


2. DJ NIRA vs EK BAKI
Winner : EK BAKI (Falling Sanctuary > One Leg Pin) : 8.20


3. Gatoh Mask / Ken Chan vs Bad Company
Winner : Bad Company (Argentine Rack) Golem > Fenryu : 9.47


4. Blue Lotus / Peppermint vs [kotori] / Sakura Emi Winner : Kotori (Bridging Pin > Peppermint) 8.35



REPORT
Gatoh Move Pro Wrestling goes to Nakorn Pathom for the 4th time in the company's history. However , It’s not in the coffee shop or any beer bar but we move to the higher position, the Thailand’s legendary theatre “Songpon”at Silpakorn University Sanamchandra campus.


The total paid audiences of this event are 243 people which become the highest amount in Thailand’s history. Thank you for all the support ! (Also Twitcasting fans , Thank you !)


The first match was Fenryu vs Masa Takanashi. Fenryu was one of the very first student in Gatoh Move’s history (nearly 3 years ago already). This time , Fenryu surprisingly become the most beloved wrestler! This situation never happened before. So, this mean his hard-work pays-off. However, even he tried his best. He still can’t match the high quality of Masa Takanashi, the world-famous beer drunker from DDT company in Japan. He use his experiences to focus mainly on Fenryu’s left knee until submitted him with Figure-4-Leg Lock. Great opening match from both wrestlers.


The second was the rematch from Shin-Kiba 1st Ring last year. It’s EK BAKI vs DJ NIRA. On their first fight. Baki didn’t have any problem to get a win over Nira. And this time , everything is going in the same way. Although Nira wrestled by the name of “SHARAK” but nothing change. Baki beat him up with his trademark finisher “FALLING SANCTUARY” (Neck-hanging Backbreaker) for the 3 conts.


The third was a tag-team match of the fresh stars , Ken Chan and Gatoh Mask against the most bad-ass team on the planet , Bad Company. The team of P-Nutz and Golem Thai continued their winning streak by putting Gatoh Mask into the Argentine Rack and nearly broke him in half ! So, they proved to us that maybe their task in Thailand is already complete. Next , Japan ?


THE MAIN EVENT saw the 16 years-old Sensation from Gunma, Japan made her historical debut outside Japan. [kotori] teamed up with her mentor against the Thai-Style Combination , Peppermint and Blue Lotus. Since the team separate as Japan vs Thailand. The audiences seems to be a lot into this match. Finally, it become the international war ! [kotori] used her high-speed skill to get a win over Peppermint by the beautiful bridging pin and upset the Thais.


The last scene was a small LIVE singing. [kotori] and Sakura sang their latest single that already available in Japan. 243 fans are chanting for the GATOH MOVE name along the music. ! Gatoh Move is getting bigger day-by-day. Please go forward together!


A dream you dream alone is only a dream, A dream you dream together is possible ! . Thank you !

いいね!した人

テーマ:

我闘雲舞では各選手のポートレート(A4)を1000円で販売しています。


こちらのページで、現在発売しているポートレートを一覧にして、随時、更新していきます。


会場での物販利用の際のご参考にしてください。また、通販『帯印良品』でもポートレートを扱っていますので、ご利用ください。(当ページの更新前後で売り切れとなっている場合がありますのでご了承ください)


※『帯印良品』の送料は無料サービスとなります。(わふー券はつきません)



【帯印良品のご注文の流れ】


▼ご購入される方は、メールで yoyoyoticket@gmail.com  まで、下記を明記して送信してください。
・郵便番号
・住所
・名前
・電話番号
・購入するポートレートのナンバー


▼こちらより代金確認、および振込口座を返信メールいたします。
※返信が届かないお客様がいらっしゃいます。ご注文前に受信設定を必ずご確認ください。


▼返信メール到着後、一週間以内に代金をお振込ください。振り込み確認後、商品を発送いたします。


▼注意事項


・お振込手数料はお客様のご負担となります。


・ポートレートには全てサインをお入れして発送します。サインなしの希望、お名前を入れる希望などある方は、注文の際にお書き添えください。



【発売中ポートレート】


《帯広さやか》


No.80


No.102


No.107



《里歩》


No.104


No.106


No.114



《さくらえみ》


No.84


No.100


No.103



《「ことり」》


No.87


No.95


No.98


No.101


No.111


No.115



《北沢ふきん》


No.43


No.105


No.112



《里歩&「ことり」》


No.38


No.62



《聖菜》


No.99


No.113

いいね!した人

[PR]気になるキーワード