我闘雲舞の決定している試合スケジュールです。チケット料金など詳細はテーマから大会日程&チケット情報を選んでご覧ください。


《開催日程》
・11月24日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)走る人

・11月30日(日)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)

・12月6日(土)市ヶ谷チョコレート広場(18:00)NEW

・12月14日(日)大塚プロレスバンク(13:00)NEW

・12月23日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)NEW

・12月27日(土)板橋グリーンホール(13:00)NEW

・12月30日(火)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)NEW

・12月31日(水)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)NEW


【女子プロレス教室開催中】

毎週火曜日15:00~17:30に女性限定のプロレス教室を大塚プロレスバンクで開催しています。チョキ


プロを目指す女性はもちろん、ストレス解消や運動不足解消が目的という方、プロレスに興味のある女性はぜひ一度参加してみてください。グー


詳細はコチラ → 毎週火曜日に女性限定プロレス教室開催


テーマ:



『2015年あけまして北千住大会』
☆1月12日(月祝)北千住シアター1010ミニシアター(17:30開場/18:00試合開始)


【チケット料金】
・最前列 3500円
・指定席 3000円
・小中学生 全員無料
・高校生(当日のみ。学生証提示) 1000円

※立見禁止のため、指定席にご着席での観戦となります。



【発売場所】
・我闘雲舞大会売店(11月24日市ヶ谷大会より)
・メール予約(11月25日より)
・チケットぴあ(12月2日~1月10日)


【メール予約の方法】
チケットはメール予約でチケットを取り置きします。
メール予約したチケットは当日、会場受付で料金と引き換えでお渡しします。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「1月12日北千住大会」
お名前
席の種類と枚数
お電話番号


以上を明記し、メールを送付してください。


・確認メールを返信させていただきますので受信設定の確認を必ずお願いします。


・『わふー券』の特典を希望の場合、事前に振込をお願いします。事前入金希望と書いてメールしてください。(ぴあで購入の場合も『わふー券』は当日進呈されます)


【注意事項】
・紙テープ、横断幕は禁止となります。ご協力をよろしくお願いします。
・動画撮影はすべて禁止となります。
・試合中の写真撮影はOKです。ただしロビー物販における写真撮影は、他団体の選手含めてご遠慮ください。

AD
いいね!した人

テーマ:



『Gatoh-Move Japan Tour・138』
2014年11月24日(祝)17時開始
市ヶ谷チョコレート広場


◆第1試合 シングルマッチ 10分一本勝負
円華 vs 山田太郎


◆第2試合 シングルマッチ 10分一本勝負
チェリー vs 田村和宏


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
さくらえみ&「ことり」 vs 里歩&帯広さやか


チケットは全席自由席2500円。小中学生無料、高校生1000円となります。


チケットは当日券のほかメールで予約を受け付けています。
全席自由席で整理番号順の入場となります。予約すると当日券より早い整理番号となりますので、ぜひメール予約をご利用ください。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「11月24日(祝)チョコ広」
お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、ご予約メールを送信してください。確認の返信メールが届いたら予約完了です。当日、会場受付でお名前を申し出てください。代金をお支払いいただき、チケットをお渡しします。


・予約後、こちらより確認メールを送らせていただきますので、@gmail.comの指定受信を必ずお願いします。


・ご予約、キャンセルは大会開始時間の5時間前まで受付します。(11月24日は17時開始なので当日の12時までです)


・チケット引き換えは、大会開始の20分前、ご入場は10分前となります。当日券の発売も開始20分前です。20分前より早く会場にお越しいただいたり、会場前の道路でたちどまることは近隣の迷惑になりますので、ご遠慮ください。


・入場は整理番号順ですが、女性、カップル(整理番号が連番のお二人のみ)、お子様連れの方は整理番号にかかわらず開場時間までにお越しいただい場合、優先入場とさせていただきます。


・会場内での写真撮影、動画撮影、録音は、売店での撮影含めてすべて禁止とさせていただきます。ただしメイン終了後の座談会の時間のみ写真撮影OKとなります。


《市ヶ谷チョコレート広場(南海記念診療所)アクセス》
東京都新宿区市谷田町1丁目1-3 市ヶ谷キマタビル
JR市ヶ谷駅徒歩2分


JR市ヶ谷駅の改札を出て、坂を下ったところにあるモスバーガーとサンクスの間の路地を入ってすぐです。

AD
いいね!した人

テーマ:


『CHANGO AID』
2014年11月26日(水)19時30分開始
市ヶ谷チョコレート広場


◆第1試合 『我闘雲舞提供』シングルマッチ 10分一本勝負
さくらえみ vs 山田太郎


◆第2試合 『ガッツワールド提供』タッグマッチ 15分一本勝負
吉野達彦&翔太 vs ガッツ石島&円華


◆第3試合 『先駆者提供』シングルマッチ 10分一本勝負
バッファロー vs 藤田峰雄


◆第4試合 『HEAT-UP提供』タッグマッチ 15分一本勝負
アミーゴ鈴木&兼平大介 vs 新井健一郎&PSYCHO


【スタッフ協力】

ヘラクレス千賀

ツトムオースギ

マサ高梨
田村和宏
吉野恵悟
弥武芳郎
帯広さやか


フリーで活躍するCHANGOは今年7月に第7胸椎圧迫骨折で長期欠場中。


この大会の収益はCHANGOの治療費として全額本人に送られる。


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼


■会場アクセス
JR市ヶ谷駅より徒歩2分
《住所》東京都新宿区市谷田町1-1-3市ヶ谷キマタビル 南海記念診療所内


■全席自由席3000円(整理番号順入場。席がなくなり次第、立見となる)


※以下の会場で順番に販売。選手予約など当日予約分の整理番号は会場販売終了後からの番号になる。


・11月23日(日)HEAT-UP王子大会
・11月24日(月)我闘雲舞市ヶ谷大会


▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼


チケットガイド
【我闘雲舞よよよチケット】


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「11月26日(水)CHANGO AID」
お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、ご予約メールを送信してください。確認の返信メールが届いたら予約完了です。当日、会場受付でお名前を申し出てください。代金をお支払いいただき、チケットをお渡しします。


・予約後、こちらより確認メールを送らせていただきますので、@gmail.comの指定受信を必ずお願いします。


・ご予約、キャンセルは大会開始時間の5時間前まで受付します。(11月26日は19時30分開始なので当日の14時30分までです)


・チケット引き換えは、大会開始の20分前、ご入場は10分前となります。当日券の発売も開始20分前です。20分前より早く会場にお越しいただいたり、会場前の道路でたちどまることは近隣の迷惑になりますので、ご遠慮ください。

AD
いいね!した人

テーマ:


『LIVE AT SILPAKORN UNIVERSITY』
2014年11月19日(水)
タイ・ナコーンパトム、シラパコーン大学
観衆243人(超満員)


◆第1試合 シングルマッチ 15分一本勝負
○マサ高梨(10分50秒、足4の字固め)フェンリュー×


◆第2試合 シングルマッチ 15分一本勝負
○E.K.バギー(8分20秒、片エビ固め)DJニラ×
※フォーリング・サンクチュアリ


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○ゴーレムタイ&P-Nutz(9分47秒、アルゼンチン・バックブリーカー)ケンちゃん&ガトーマスク×


◆第4試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○「ことり」&さくらえみ(8分35秒、バードリッジ)ブルーロータス&ペパーミント×


-------------------------------------------------------


我闘雲舞は4回目となるナコーンパトム遠征をおこないました。しかし、今回はカフェやビアガーデンでの試合ではなく、シラパコーン大学サナンチャンドラキャンパスにあるタイで伝統の劇場「Songpon」での試合という、今までよりグレードの高い場所での試合でした。


今回のイベントの観客は243人となり、これはタイでの我闘雲舞史上、最高の人数です。応援してくれたみなさん、ありがとうございました。(ツイキャスを見てくれたみなさんもありがとうございます)


第1試合はフェンリューvsマサ高梨でした。フェンリューは我闘雲舞の一番初期(約3年近く前)のメンバーの一人です。今回、フェンリューは驚いたことに一番人気の選手になりました。こんなことは今までありませんでした。これは彼の努力の賜物です。フェンリューはベストを尽くしました。しかし、まだフェンリューは、日本のDDTからやってきた世界的に有名な酔っ払いレスラー、マサ高梨のハイクオリティな闘いに匹敵するには至りませんでした。高梨は、その経験を生かして、フェンリューを足4の字固めでギブアップさせるまで彼の左ヒザを狙い続けました。両選手による素晴らしいオープニングマッチでした。


第2試合は、昨年の新木場1stRing大会の再戦でした。EKバギーvsDJニラの試合です。前回の対戦では、バギーはニラから難なく勝利をおさめました。そして今回も全く同じような展開でした。ニラは名前を“写楽”と名乗りましたが、何も変わっていませんでした。バギーは代名詞のフォーリング・サンクチュアリ(ネックハンギング式バックブリーカー)でスリーカウントを奪いました。


第3試合は、フレッシュスターのケンちゃん&ガトーマスク組が、この惑星で最悪に悪い連中であるバッドカンパニーと闘うタッグマッチでした。ゴーレムタイとP-Nutzは、アルゼンチンバックブリーカーでガトーマスクを半殺しにして連勝記録を伸ばしました。これにより、彼らはタイでのやるべき闘いは、ほぼ完了しただろうことを我々に証明しました。次は…日本?


メインイベントは日本の群馬県からやってきた16歳のセンセーションが、海外デビュー戦です。「ことり」は師匠とのチームで、ペパーミントとブルーロータスの、ザ・タイスタイル・コンビネーションと闘いました。日本とタイにわかれての試合です。観客にとってはこの試合は運命のように見えました。そして最後には国際的な闘争となりました。「ことり」はハイスピードな技術を駆使し、見事なバードリッジでペパーミントを下し、勝利をおさめました。


最後はミニライブもおこなわれました。「ことり」とさくらが、日本ではすでに入手できる最新シングル曲を歌いました。243人のファンが音楽にあわせて我闘雲舞のために声援を飛ばしました。我闘雲舞は日々、どんどん大きくなっています。一緒に進んでいきましょう!


1人で見る夢はただの夢、みんなで見る夢は現実になる夢! ありがとう!



【原文】


GATOH MOVE PRO WRESTLING
"LIVE AT SILPAKORN UNIVERSITY"
-------------------------------------------------------
243 fans (Full House).


1. Fenryu vs Masa Takanashi
winner : Masa Takanashi (Figure-4-Leg Lock) : 10.50


2. DJ NIRA vs EK BAKI
Winner : EK BAKI (Falling Sanctuary > One Leg Pin) : 8.20


3. Gatoh Mask / Ken Chan vs Bad Company
Winner : Bad Company (Argentine Rack) Golem > Fenryu : 9.47


4. Blue Lotus / Peppermint vs [kotori] / Sakura Emi Winner : Kotori (Bridging Pin > Peppermint) 8.35



REPORT
Gatoh Move Pro Wrestling goes to Nakorn Pathom for the 4th time in the company's history. However , It’s not in the coffee shop or any beer bar but we move to the higher position, the Thailand’s legendary theatre “Songpon”at Silpakorn University Sanamchandra campus.


The total paid audiences of this event are 243 people which become the highest amount in Thailand’s history. Thank you for all the support ! (Also Twitcasting fans , Thank you !)


The first match was Fenryu vs Masa Takanashi. Fenryu was one of the very first student in Gatoh Move’s history (nearly 3 years ago already). This time , Fenryu surprisingly become the most beloved wrestler! This situation never happened before. So, this mean his hard-work pays-off. However, even he tried his best. He still can’t match the high quality of Masa Takanashi, the world-famous beer drunker from DDT company in Japan. He use his experiences to focus mainly on Fenryu’s left knee until submitted him with Figure-4-Leg Lock. Great opening match from both wrestlers.


The second was the rematch from Shin-Kiba 1st Ring last year. It’s EK BAKI vs DJ NIRA. On their first fight. Baki didn’t have any problem to get a win over Nira. And this time , everything is going in the same way. Although Nira wrestled by the name of “SHARAK” but nothing change. Baki beat him up with his trademark finisher “FALLING SANCTUARY” (Neck-hanging Backbreaker) for the 3 conts.


The third was a tag-team match of the fresh stars , Ken Chan and Gatoh Mask against the most bad-ass team on the planet , Bad Company. The team of P-Nutz and Golem Thai continued their winning streak by putting Gatoh Mask into the Argentine Rack and nearly broke him in half ! So, they proved to us that maybe their task in Thailand is already complete. Next , Japan ?


THE MAIN EVENT saw the 16 years-old Sensation from Gunma, Japan made her historical debut outside Japan. [kotori] teamed up with her mentor against the Thai-Style Combination , Peppermint and Blue Lotus. Since the team separate as Japan vs Thailand. The audiences seems to be a lot into this match. Finally, it become the international war ! [kotori] used her high-speed skill to get a win over Peppermint by the beautiful bridging pin and upset the Thais.


The last scene was a small LIVE singing. [kotori] and Sakura sang their latest single that already available in Japan. 243 fans are chanting for the GATOH MOVE name along the music. ! Gatoh Move is getting bigger day-by-day. Please go forward together!


A dream you dream alone is only a dream, A dream you dream together is possible ! . Thank you !

いいね!した人

テーマ:
毎週水曜日にYouTubeチャンネル『Gatoh Move Station』略して『ガト!ステ』で、過去の試合映像を公開しています。

現在のチャンネル登録は293人! コチラからチャンネル登録をお願いします↓

https://www.youtube.com/channel/UC2HtPsU4U7TNSv2mSbPkj0w


本日の更新は2013年11月8日、市ヶ谷チョコレート広場大会より、趙雲子龍&「ことり」vs帯広さやか&CHANGOのタッグマッチです。

CHANGOと帯広の“おびちゃんご”がタッグを結成。CHANGOを意識したのか、帯広が(帯広のイメージする)ルチャ的な動きを見せました。なお、CHANGO選手は、現在、第7胸椎圧迫骨折で長期欠場中。11月26日には大会収益が全額CHANGO選手に贈られる大会『CHANGO AID』が開催されます。大会情報はこちら → 11月26日(水)市ヶ谷チョコレート広場『CHANGO AID』の全対戦カード決定

なお、公開された試合は全て1ヶ月間の限定公開となります。

いいね!した人

テーマ:

我闘雲舞では各選手のポートレート(A4)を1000円で販売しています。


こちらのページで、現在発売しているポートレートを一覧にして、随時、更新していきます。


会場での物販利用の際のご参考にしてください。また、通販『帯印良品』でもポートレートを扱っていますので、ご利用ください。(当ページの更新前後で売り切れとなっている場合がありますのでご了承ください)


※『帯印良品』の送料は無料サービスとなります。(わふー券はつきません)



【帯印良品のご注文の流れ】


▼ご購入される方は、メールで yoyoyoticket@gmail.com  まで、下記を明記して送信してください。
・郵便番号
・住所
・名前
・電話番号
・購入するポートレートのナンバー


▼こちらより代金確認、および振込口座を返信メールいたします。
※返信が届かないお客様がいらっしゃいます。ご注文前に受信設定を必ずご確認ください。


▼返信メール到着後、一週間以内に代金をお振込ください。振り込み確認後、商品を発送いたします。


▼注意事項


・お振込手数料はお客様のご負担となります。


・ポートレートには全てサインをお入れして発送します。サインなしの希望、お名前を入れる希望などある方は、注文の際にお書き添えください。



【発売中ポートレート】


《帯広さやか》


No.71


No.80


No.102


No.107



《里歩》


No.104


No.106


No.114



《さくらえみ》


No.84


No.100


No.103


No.108



《「ことり」》


No.87


No.95


No.98


No.101


No.111


No.115



《北沢ふきん》


No.43


No.105


No.112



《里歩&「ことり」》


No.38


No.62



《聖菜》


No.99


No.113

いいね!した人

テーマ:



『Gatoh-Move Japan Tour』の2014年11月日程です。すでに発表されている11月2日の板橋大会は第135戦としてカウントされます。

《開催日程》
『Gatoh-Move Japan Tour』
・第135戦 11月2日(日)板橋グリーンホール(18:00)
・第136戦 11月8日(土)大塚プロレスバンク(14:00)
・第137戦 11月15日(土)大塚プロレスバンク(14:00)
・第138戦 11月24日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)
・第139戦 11月30日(日)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)


《前売券発売日》

・11月市ヶ谷&大塚各大会の前売券は9月28日の市ヶ谷大会会場で試合終了後の物販より発売開始です。メール予約は翌9月29日より受付開始となります。

※発売日の9月28日に購入されたお客様は、女性優先より先に入場できるスーパー優先チケットとなります。


・11月2日板橋大会チケットは発売中です。


《市ヶ谷チョコレート広場アクセス》

東京都新宿区市谷田町1丁目1-3 市ヶ谷キマタビル南海記念診療所下
JR市ヶ谷駅徒歩2分


JR市ヶ谷駅の改札を出て、坂を下ったところにあるモスバーガーとサンクスの間の路地を入ってすぐです。


《大塚プロレスバンクアクセス》
東京都豊島区南大塚3-24-4 メゾン南大塚1F
JR山手線大塚駅徒歩5分


都電荒川線向原駅の目の前にあります。

http://llpw-x.com/access/



《市ヶ谷&大塚大会のチケットの料金と入場のシステム》

・市ヶ谷大会と大塚大会のチケットは全席自由席2500円となります。(小中学生は無料、高校生は1000円)
※大塚大会はオールスタンディングです。


・チケットには整理番号がついていて整理番号順の入場となります。

・試合開始10分前より係員の指示により入場となりますので、開場時間までにお越しください。

・女性、カップル(整理番号連番)、お子様連れの方は整理番号に関わらず優先入場とさせていただきます。


《メール予約の方法》
チケットは我闘雲舞の各大会での会場で販売するほか、メール予約でチケットを取り置きします。
メール予約したチケットは当日、会場受付で料金と引き換えでお渡しします。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「◯月×日○○大会」

お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、メールを送付してください。


・確認メールを返信させていただきますので、@gmail.comの指定受信をお願いします。


・ご予約締切は当日の試合開始5時間前まで受付します。キャンセルする場合も同じく当日の5時間前までにお願いします。


・チケット引き換えは大会開始の20分前よりおこないます。当日券の発売も20分前からです。それより早い時間にお越しいただくと近隣などへの迷惑になる場合があるため、20分前からお越しいただくようご協力お願いします。


・整理番号は会場で販売するチケットから早い整理番号をお渡しし、メール予約分のチケットはすべての会場販売が終了後の番号からお渡しします。ですので、会場で購入する機会がある方は、ぜひそちらをご利用ください。(メール予約済の大会チケットを会場で購入する場合、その場でメール予約をキャンセルできますので、お名前をお申し出てください)


・また会場販売でチケットを購入する場合、2000円ごとに1枚、『わふー券』をプレゼントします。当日券や、メール予約で当日取り置きの場合、『わふー券』はつきませんのでご注意ください。


・メール予約で『わふー券』の特典を希望の場合、事前に振込をお願いします。事前に入金された場合、振込日時点での整理番号で取り置きいたします。事前入金希望と書いてメールしてください。振込先を返信いたします。
いいね!した人

テーマ:



『Gatoh-Move Japan Tour』の2014年12月日程です。


《開催日程》
『Gatoh-Move Japan Tour』
・第140戦 12月6日(土)市ヶ谷チョコレート広場(18:00)
・第141戦 12月14日(日)大塚プロレスバンク(13:00)
・第142戦 12月23日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(17:00)
・第143戦 12月27日(土)板橋グリーンホール(13:00)
・第144戦 12月30日(火)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)
・第145戦 12月31日(祝)市ヶ谷チョコレート広場(14:00)



《前売券発売日》


・12月市ヶ谷&大塚各大会の前売券は10月26日の市ヶ谷大会会場で試合終了後の物販より発売開始です。メール予約は翌10月27日より受付開始となります。
※発売日の10月26日に購入されたお客様は、女性優先より先に入場できるスーパー優先チケットとなります。


・12月27日板橋大会チケットは11月2日より発売開始です。



《市ヶ谷チョコレート広場アクセス》


東京都新宿区市谷田町1丁目1-3 市ヶ谷キマタビル南海記念診療所下
JR市ヶ谷駅徒歩2分


JR市ヶ谷駅の改札を出て、坂を下ったところにあるモスバーガーとサンクスの間の路地を入ってすぐです。



《大塚プロレスバンクアクセス》


東京都豊島区南大塚3-24-4 メゾン南大塚1F
JR山手線大塚駅徒歩5分


都電荒川線向原駅の目の前にあります。


http://llpw-x.com/access/



《市ヶ谷&大塚大会のチケットの料金と入場のシステム》


・市ヶ谷大会と大塚大会のチケットは全席自由席2500円となります。(小中学生は無料、高校生は1000円)
※大塚大会はオールスタンディングです。


・チケットには整理番号がついていて整理番号順の入場となります。


・試合開始10分前より係員の指示により入場となりますので、開場時間までにお越しください。


・女性、カップル(整理番号連番)、お子様連れの方は整理番号に関わらず優先入場とさせていただきます。



《メール予約の方法》


チケットは我闘雲舞の各大会での会場で販売するほか、メール予約でチケットを取り置きします。


メール予約したチケットは当日、会場受付で料金と引き換えでお渡しします。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「◯月×日○○大会」


お名前
枚数
お電話番号


以上を明記し、メールを送付してください。


・確認メールを返信させていただきますので、@gmail.comの指定受信をお願いします。


・ご予約締切は当日の試合開始5時間前まで受付します。キャンセルする場合も同じく当日の5時間前までにお願いします。


・チケット引き換えは大会開始の20分前よりおこないます。当日券の発売も20分前からです。それより早い時間にお越しいただくと近隣などへの迷惑になる場合があるため、20分前からお越しいただくようご協力お願いします。


・整理番号は会場で販売するチケットから早い整理番号をお渡しし、メール予約分のチケットはすべての会場販売が終了後の番号からお渡しします。ですので、会場で購入する機会がある方は、ぜひそちらをご利用ください。(メール予約済の大会チケットを会場で購入する場合、その場でメール予約をキャンセルできますので、お名前をお申し出てください)


・また会場販売でチケットを購入する場合、2000円ごとに1枚、『わふー券』をプレゼントします。当日券や、メール予約で当日取り置きの場合、『わふー券』はつきませんのでご注意ください。


・メール予約で『わふー券』の特典を希望の場合、事前に振込をお願いします。事前に入金された場合、振込日時点での整理番号で取り置きいたします。事前入金希望と書いてメールしてください。振込先を返信いたします。

いいね!した人

テーマ:



『2014年最後の板橋大会』
☆12月27日(土)板橋グリーンホール(12:30開場/13:00試合開始)


【チケット料金】
・さくらシート(最前列指定席) 4000円
・りほシート(2列目~3列目指定席) 3000円
・おびシート(4列目以降自由席) 2500円
・レディースシート(北側3列目指定席。女性限定) 1500円
・小中学生自由席 全員無料
・高校生自由席(当日のみ。学生証提示) 1000円


【発売場所】
・我闘雲舞大会売店(11月2日板橋大会より)
・メール予約(11月3日より)
・チケットぴあ(11月2日~12月25日)


【自由席の入場順について】
・自由席(おびシート)に整理番号はありません。開場時にお並びの順番のご入場となります。


【メール予約の方法】
チケットはメール予約でチケットを取り置きします。
メール予約したチケットは当日、会場受付で料金と引き換えでお渡しします。


yoyoyoticket@gmail.com


こちらのアドレスに


タイトル「12月27日板橋大会」
お名前
席の種類と枚数
お電話番号


以上を明記し、メールを送付してください。


・確認メールを返信させていただきますので受信設定の確認を必ずお願いします。


・『わふー券』の特典を希望の場合、事前に振込をお願いします。事前入金希望と書いてメールしてください。(ぴあで購入の場合も『わふー券』は当日進呈されます)


【注意事項】
・紙テープ、横断幕は禁止となります。ご協力をよろしくお願いします。
・動画撮影はすべて禁止となります。
・試合中の写真撮影はOKです。ただしロビー物販における写真撮影は、他団体の選手含めてご遠慮ください。

いいね!した人

テーマ:

『Gatoh-Move Japan Tour・137』
2014年11月15日(土)
大塚プロレスバンク
観衆44人


◆オープニング


 先週に続いてタイ遠征中のさくらが不在となる大会。前説をつとめたのは帯広。試合の見どころでは、メインで闘う「ことり」に対して「タイに行くからと言って調子に乗ってる」と嫉妬交じりの敵意をむき出しにする。


 帯広が『さやか応援歌』を歌おうとしたところで乱入してきたのはブリバトの2人。『ビリーブ!~ハートが見えた~』をフルコーラス歌った。


 入場式の挨拶は里歩。「さくらさんがいない大会も今日までということで少し残念」「帯広さんが自分たちの試合のみどころをアイドル3WAYと言ってたけど、チェリーさんはちょっとちがう」というかわいい毒舌からの掛け声で大会開始。


◆第1試合 3WAYマッチ 10分一本勝負
○チェリー(5分15秒、春夜恋)MIZUKI×
※もう一人は里歩


 チェリーは、MIZUKIとは仲良く握手を交わすが、入場式で挑発してきた里歩の手ははねのける。さらにチェリーは背後から里歩にニーアタックをくらわす奇襲攻撃。チェリーの「オー!」というアピールに、早くも客席からは「えーっ」の声が上がる。


 まずは里歩とMIZUKIの攻防。チェリーも加わろうとランニング・ネックブリーカーを狙うが、かわされると腰を押さえて場外へ。そのまま若い2人の闘いをリング下で見守る省エネファイトモード。


 里歩がMIZUKIにフェースロックを極めたところでチェリーが中に入り、里歩の髪の毛をむしる反則に走る。チェリーはさらに里歩の背中を引っ掻き、ブーイングをあびる。

 チェリーは「地獄に落ちろ」と口走ってから里歩を仕留めようとするが、ブレンバスターで投げ返されると、再び場外へ戦線離脱。里歩とMIZUKIによるフォールの応酬でカウント2が繰り返されると、チェリーが「長いんじゃ、ボケ」とカットに入る。


 チェリーは里歩に強烈な腹パンチから、首を絞める蛮行。するとそこへMIZUKIがトップロープからボディアタックをみまい、2人まとめてフォールに入り、カウント2。

 MIZUKIはコーナーに2人を投げてドロップキックを放つが、チェリーがかわし、里歩にだけ命中する。するとチェリーは里歩を指さし「クスクス」とわざとらしく笑うと「バーカ、バカバカ」とバカにして「2人で、このバカ女をやっつけよう」とMIZUKIに共闘を呼び掛ける。


 しかし、里歩は2人まとめて飛びつき十字固めから、2人まとめてそうまとうを命中させる反撃へ。さらに里歩はMIZUKIにノーザンライト・スープレックスをきめたが、これはMIZUKIが自力で返す。

 里歩がさらにMIZUKIにそうまとうを狙って走ったところ、チェリーが場外から足を引っ張る。そしてチェリーは里歩の両手両足をサードロープに固定し、里歩を拘束して身動きできなくしてしまう。 


 「よし、クソバカ女をやってしまおう」とMIZUKIに指示したチェリー。MIZUKIが指示通り里歩に向かって走ろうとしたところ、チェリーが足を引っ掛けMIZUKIを転ばす。そして狙い通りの春夜恋をきめて、カウント3。


 あっけにとられるMIZUKI。チェリーが持ち味の姑息な作戦で、ピュアなMIZUKIを手玉に取って勝利をおさめた。


◆第2試合 シングルマッチ 10分一本勝負
○梶トマト(6分23秒、首固め)くいしんぼう仮面×


 レフリーは試合を終えたばかりの里歩。トマトが入場でトマトダンスを踊ると、里歩も一緒に踊る。


 まずはクリーンな握手からスピーディーな攻防が繰り広げられる。しかし、早くもくいしんぼうが脳天パンチを放ち、トマトがダメージ。両手をあげてアピールし拍手をあびるくいしんぼうと、パンチに反則を取らないレフリーの里歩。

 何発もパンチを打ち下ろすくいしんぼうに苦戦のトマトだが、ドロップキックを放ち、反撃する。くいしんぼうが場外にエスケープするとトマトもおいかけ、場外乱闘になる。


 観客の目の前で激しいチョップ合戦が繰り広げられ、くいしんぼうは場外でボディスラムをみまう。 


 リングに戻っても執拗にパンチを食らわすくいしんぼう。今度は空き缶を持ち出し、リングに立てると、なんとその上にトマトをボディスラムで投げ落とす。思わぬハードコア攻撃に、大ダメージのトマト。

 さらに新しい空き缶を持ち出し、またもそのうえに2発目のボディスラム。くいしんぼうのかわいさにごまかされてパンチに拍手を送っていた客席も、さすがに「ひどい」という声が飛ぶ。くいしんぼうはヤンキー座りのポーズをきめ、本性をあらわに。


 くいしんぼうのブレンバスター狙いを、トマトがこらえて投げ返し攻守逆転。トマトはスピーディーなロープワークからのラリアット、ミサイルキック、コーナーへのスピアーと攻めたてる。

 トマトのコーナーのエルボーをかわしたくいしんぼうは、雪崩式フランケンシュタイナーをきめる。ここでくいしんぼうがラリアットを狙うが、トマトがかわし、スクールボーイ。くいしんぼうも返して、スクールボーイ。そして、くいしんぼうはなぜかレフリーの里歩にもスクールボーイ。


 里歩がカウント2で肩をあげると、くいしんぼうはなんと里歩にパンチを打ち下ろす。これには大ブーイング。するとくいしんぼうは客席に中指を突き立て挑発する。

 くいしんぼうがコーナーにトマトをふり、さらに里歩もふってぶつけようとする。しかし里歩がこらえ、逆にくいしんぼうにジャンピング・ニーをおみまい。


 すかさずトマトが首固めで、カウント3。くいしんぼうからフォール勝ちをゲットした。


 くいしんぼうは試合後はノーサイドで握手…と見せかけ、またもパンチ。頭を押さえながらも、トマト、そして里歩が勝利のトマトダンスを踊った。


◆第3試合 タッグマッチ 15分一本勝負
○米山香織&「ことり」(11分55秒、片エビ固め)SAKI&帯広さやか×
※ダイビング千豚♪


 タイ遠征を控えた「ことり」の壮行試合。「ことり」以外の3人はタイ遠征の経験があり、SAKIは先週、タイから帰ってきたばかり。


 「ことり」に敵意を抱く帯広の奇襲からゴング。帯広がエプロンからボディアタックを場外に放つが、かわされてSAKIに誤爆。「ことり」が逆にエプロンから走ってのボディアタックを帯広とSAKIにみまう。


 リングに戻り、米山と「ことり」がタイ・トレイン。米山が「カオマンガイ」「グリーンカレー」とタイ料理の名前を叫びながら前転するが、「ことり」は「タロイモアイス」ばかり連呼する。タロイモアイスをよほど食べてみたいか、タロイモアイスしか知らないかのどちらか。

 米山が帯広にゆーとぴあ攻撃を狙うも、案の定、自爆する。帯広とSAKIが米山をつかまえ、エプロンでタイ語で10まで数えながら交互にチョップ。SAKIがカンパーナ、エルボードロップ、ボストンクラブと米山に攻勢。


 「ことり」との連携で攻守逆転した米山が、「ことり」と鮮やかな連携のダブルドロップキックをSAKIに放ち、拍手をあびる。米山はランニング・セントーンをSAKIに落とすが、SAKIが自力でカウント2で肩をあげる。

 替わった「ことり」に、SAKIがダイヤル固め。「ことり」がフロント・ヘッドロックを極めると、SAKIは強引に持ち上げ、ボディスラムで切り返すパワーを見せ、客席を驚かせる。


 米山vs帯広の局面となり、激しいチョップ合戦に。帯広が水平チョップで押し込むが、米山はモンゴリアンチョップからの腹パンチ。さらに米山は「Y、M、Z」とポーズをきめての地獄突きを帯広にみまう。

 帯広はカウンターのダブルチョップで反撃すると、米山をコーナーにふってのドロップキック。SAKIがリバーススプラッシュでフォローし、帯広がミサイルキック。しかし、これは当たりが浅く、カウント2。


 10分経過。米山のコーナーからのセントーンを帯広がかわして自爆させると、帯広マジックであわやのカウントが入る。帯広はすかさずバースを狙うが、米山がすかして後頭部にランニングニー。

 米山はミサイルキックで帯広をふっとばし、再びコーナーからのセントーンを狙う。しかし、帯広が立ち上がって防ごうとしたため、「ことり」がフォローに入り、帯広を投げ倒してから、味方の米山に雪崩式巴投げ。帯広の体の上に、米山の体が落下命中する。


 ダメージを受けた帯広に、米山がとどめのダイビング・セントーンでダメ押し。高々と飛んだ一発に、帯広が沈みカウント3。


 米山が勝利し、「ことり」壮行試合を勝利で飾った。


◆エンディング


 さくら不在の座談会の司会を任されたのがチェリー。


 MIZUKIが「チェリーさんはやっぱりズルい」と不信感を口にすると、チェリーは「みずぴょんのズルいと思う心がズルい」と言い返す。里歩は、17日のイサミ興行新宿大会でチェリーとのシングルマッチが決まっているため、MIZUKIのリベンジを約束した。

 米山は、タイに行く「ことり」に、「ケンちゃんによろしく、バギーとナッツはちゃんと『ゴム人間のうた』の練習してるか確認して、シューズ安いから買ってきて…」などお願い攻め。


 先週、タイに行ったばかりのブリバトも「ことり」にいろいろアドバイスする。帯広もタイ経験から「ことり」にアドバイスするが、帯広が行ったのは約2年前のため、情報が古い。


 「ことり」に「帯広さんの情報は古いですね」とダメだしされると、帯広がエキサイト。すると、そんな帯広をチェリーが鎮める。チェリーは、さくらからの伝言として、来週の市ヶ谷大会では、タイ遠征組のさくら&「ことり」と、留守番組の里歩&帯広による純血タッグマッチがおこなわれることを発表。「ことり」と帯広は、そこで対戦することになった。

 チェリーがその他のカード発表後、里歩、帯広、「ことり」で『ファイト!』を熱唱。


 最後は「ことり」が「一週間のタイ遠征ですけど、たくさん学んで、また成長して日本に帰ってきたいと思います」と挨拶し、「「ことり」のタイの行先は?」からの我闘雲舞のいつもの掛け声で大会をしめくくった。

いいね!した人

[PR]気になるキーワード