2012-07-09 17:09:16

昔ばなし。

テーマ:ブログ
今日のブログは長くなります。なんせ私のほぼ半生ですから。
途中で飽きちゃうかもしれません。
でもよかったら最後まで付き合ってください。

以前のブログで中学の時に似た病気で闘病したと書きましたが、
退院してもその自己免疫疾患は治った訳じゃありません。
突発性血小板減少性紫斑病と言うもので、
基本的にずっと治療していかなければいけない病気です。

でも運良く受験に間に合い無事高校生になった私は、
体育の授業に参加できない以外は
それなりに普通の生活が送れてラッキーなんて思ってました。
人より弱めの体でも用心していれば長く生きられる。
それが何より大事な気がしていました。
実は東京での学生生活に憧れていたけど、
愛知県の大学に進んだのは市役所の職員になるためです。
当時、私の通った高校を出て私の通った大学を出れば
確実に地元市役所に入れると言われていました。
市役所の仕事を軽く考えた訳じゃないですが、
県庁でなく大きな市役所でもない地元の市役所、しかも近所だったら
身体に負担をかけずに働けると思ったのです。何より公務員。
長期の入院をしたとしても辞めさせられることはまずないだろうと、
そんな若者らしくない発想で地元の大学への進学を決めました。
いつしか私は希望を持たないことに長けた
やや枯れ気味の高校生になっていました。

でも、ある時、
好きなこともやりたいことも1度も考えずに、
そうまでして長く生きたいのって何故だろうと、
長さ自体に価値があるんだろうかと突然考えてしまいました。
それまでは敢えて考えずにいた気がします。
考えてしまえば我慢しなければいけなくなる。
両親は絶対に反対するだろうし、
経済的に自立していない私は自力では行動出来ない。
アルバイトをしようにも体力的に厳しいだろう。
結果諦めなければいけないなら妙な欲はかきたくない。
でもしまった。ついうっかり考えてしまった。

私は無宗教だから何の意味も使命もなく
自分は偶然この世に生まれたんだろうと思っています。
何かを背負う気も、生きる意義を考える気もありません。
でも限られた時間確かに生きるんだったら、
楽しい時間が多い方がいいんじゃないかと思いました。
ちょっと人生が短くなったってその方が価値があるんじゃないかと、
そう考え始めたらどうにも止まらなくなり、
勢い大学を中退して上京してしまった訳です。

親に内緒で退学届けを書きました。筆跡を変えて父親の署名をしました。
印鑑を買って押印した時にはもう心は落ち着いていました。
考え始めてから1週間後の行動だったので、
今思い返しても我ながら驚きのスピードです。

両親は泣きました。
両親が諦める番です。
1度言い出したら人の言うことを聞かない娘です。
父が先に頷きました。
最後まで反対したら邑子が家に帰りにくくなる。
だから家の敷居を低くするために父さんは賛成する。と言いました。
私はこの言葉をずっと忘れません。。
無理をしないこと、病院に通うことを約束して私は上京しました。

上京してからもずっと用心してやってきたつもりでした。
東京の病院に治療を引き継いでもらって毎週血液検査を受けました。
業界の飲み会に参加しなかったのも苦手と言うよりは体力温存です。
プライベートでは配送の病人食を食べました。
大好きなお酒は医者がオッケーだと言うので勿論飲みましたが、
睡眠時間も長く取り、週に3日は事務所に休みをもらう。
新人にしては珍しく、且つ、けしからん態度ですが、
持病があることを知らせていたので許されました。

でも仕事が楽しくなってしまったらもうダメでした。
無理をしてでもやりたいものはやりたいし、
私を選んでくれたんだったら全部の期待に応えたい。
そんな役者として当然の欲が出てきてしまいました。
私にとってそれだけこの仕事が楽しかったと言うことです。
夢中でした。
15歳の時からずっと色々なことを我慢してきました。
何1つ本気で打ち込んだことがありませんでした。
私はもう、やりたいことを何も我慢したくなかった。

そうして何年もするうちに血液の数値はどんどん下がっていきました。
当然体にも自覚できるくらいの症状が現れてきました。
だから本当は私は何年も前から
自分の病気が悪化していることを知っていました。
そのうち別の免疫疾患が発症した疑いが出て
主治医に改めて精密検査を勧められましたが
一次検査でひっかかったので二次検査を受けに行きませんでした。
きっと良くない結果が出ると思ったからです。
目の前にこんなにやりたい仕事があるのに
ここで止まりたくないと思いました。
そのうち倒れてもいいから今は走りたいと。
それから病院に行かなくなりました。
私はついに両親との約束を破りました。
実家に帰るたびに何度も検査結果は良好だと嘘をつきました。

3年くらい前から全身の痛みが我慢できなくなって、
痛み止めを飲みながら仕事をするようになりました。
そのうちスタジオで立ったり座ったりするのもしんどくなりました。
何とか保たせられないかと統合医療の病院に通ったけど無理でした。
去年から誰かに支えてもらわないと階段の登り降りが出来なくなりました。
収録は1人だけの抜き録りにしてもらいました。
イベントでは常に椅子を出してもらいました。
周りに心配させまいと思いながら、
私は周りに心配と迷惑をかけ続けました。

そしてついに事務所が嫌がる私を半ば力ずくで病院に運びこんで、
今にいたる訳です。

本当にありがたい。

私は自分のことばかり考えて、
そのうち倒れてもいいから今は走ろうなんて
一人よがりな覚悟をしました。
勝手です。なんてアホだったんだと思います。
その間ずっと見守ってた人達はどんな気持ちでいただろう。
そんなことも分からない私は本当に頭が悪い。

私が倒れてこんなに心配してこんなに悲しんでくれる人達がいました。
父さん母さんはもちろん、
スタッフ、友達、コメントやメールをくれるみんな、
私はやっとそのことに気付きました。
気付かせてくれたのはみんなの言葉です。
本当に遅いけど、ありがとう。

ここまで痛いことをたくさん書いたけど、
今回入院して何より嬉しい発見がありました。

自己免疫疾患の治療法がほぼ確立されていたことです。
私が15歳だった頃はまだほとんどの免疫疾患が
原因不明、不治と言われぶっちゃけ一か八かの方法が取られていました。
当時の主治医は両親に死の告知をしました。
それから20年以上の時間が経ったのが大きいのでしょう。
(あらおかしい。公表年齢と微妙に計算が合わないわ。)
症例数が多かったのも功を奏したのだと思います。
知らない間に医療は進んで、ほとんどが完治しないまでも
上手くコントロールして付き合っていける病気になっていました。
そんなことも知らず私は1人で足掻いていた訳です。
新たな自己免疫疾患の病名は全身性エリテマトーデスでした。
紫斑病を持ってる人はこっちにもなりやすいとのこと。
それを私に告げた主治医も
「この病気では死にません。それよりあなた、心臓です。」と言いました。
その時私はポカンとまぬけな顔をしていたと思います。
だって昔言われたこととあんまり違うんだもの。

今回このブログを書こうと思ったのは、
コメント欄に書いてくれた人はもちろん、
HPのメールに闘病中の人から多くのメールが届いたからです。
正直こんなにも大勢いるの?と驚きました。
でも皆さんが私にメールをくれたこととても嬉しかったです。
多くのメールに私のように明るく前向きになりたいと書いてありました。
だから、私も同じだよと言いたかったのです。
みんなのお手本になれるような病人では決してないです。
迷惑かけて、心配させて、嘘もついて、無知でネガティブなアホです。
考え方なんて中学生の頃から今の今までブレまくってます。
私の言葉で皆さんを救えるなんて思いません。ただ、
そうか、後藤さんもこんな風だったのかと、
皆さんの気持ちがほんの少しでも軽くなったらいいなと思います。

長い長いブログ。
最後まで付き合ってくれてありがとう。
次回からはまた日常のブログを書くね
(*^▽^*)

ゴットゥーザ様(恐縮です)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

563 ■いやー

(;▽;)また感動しちまったぜぃ。
すみませんm(__)m軽々しく感動なんて言ってしまって。

大事なことを、さらけ出すのは容易ではありません。でも 後藤さんはその勇気がある人ですね。

今までに至る行動が……間違ってるとか、そんな風には全く感じませんでした。

ただ感じたのは、子供の頃からの病気があったからかも知れないし、いや違いますね。
生まれた時から“両親が後藤さんの味方である”ということです。

すてきなご両親です。

病気があってもなくても、実は同じような“このまま生きてること”に疑問を持つ人はいるんじゃないかなと思うんです。
私もです。
ココだけのナイショですが、
“いなくてもいいんじゃないかなぁ”って冷静に考えてしまうことも何度もあって……
でも
“今は充電中なんだな” って前向きに捉える努力中です。


全然レベルは違ってて申し訳ないですがm(__)m


後藤さんも今は充電中!!
信頼出来る方も周りに沢山!!( v^-゜)♪


うちのナマの向日葵の鉢植えにはアマガエルが沢山!!!!!( ̄▽ ̄;)ちっちゃいので、か、か、かわいいですよ。

564 ■無題

あなたのせいでアニメにはまりました。
だから責任とってこれからもその声を聞かせてください。

お願いします。

565 ■無題

昨年関西の某大学の学園祭でのトーク&ミニライブイベントに参加した際は、後藤さんは体調の悪さを微塵も感じさせずにステージに立っていました。
一緒に参加した友人も後藤さんのファンになっており、会場全体が後藤さんのトークや歌に元気をいただきました。

今回ブログで緊急入院の記事を読み、あの時笑顔の裏では痛みに耐える姿があったのかと思い返すと、改めて勇気や励ましをいただいた気がします。多謝。

体調が万全になって、また後藤さんの声をテレビやラジオから聞ける日を楽しみにして、今までも、今も、これからも、ずっと後藤さんを応援していきます。

566 ■後藤さんのお写真掲載希望

後藤さん大丈夫ですか?

567 ■無題

大変参考になりましたありがとうございます。

568 ■初カキコです

SLEですか。自分の知ってる先生の研究テーマです。
そして、自分は紫斑病です(でした?)。


難病といわれ、成人は無理などいわれていたため、自分の世界の中(見て、認識出来る中)に同じ病気の方がいるなんて
そして、講義に出てくる様な病気を身近に感じるなんて

……と、自分の浅慮と覚悟の甘さを実感しました。


精進します
後藤さんもお返しの為に、元気になってもう少し長く生きてください
気がついたらヨボヨボって未来まで

569 ■無題

これからも頑張って下さい!

570 ■無題

読んでいるうちに、泣いてしまいました。。

邑子さんの早い復帰を待っています!!

571 ■お帰り待ってます

後藤さんの演じるキャラクターは全て好きです。
かわいい女の子から大人の女性、敵役もこなしちゃう。
すごい声優さんです。
声に惹きつけられる本当に素敵な声優さんです。
早く復帰して、また声を聞かせて下さいね。

572 ■無題

私も同じ病気で現在入院治療中です。
まだまだ続く入院生活、後藤さんのブログを読んで勇気をいただいてます(*^^*)

これからもブログ楽しみに読ませていただきます♪

573 ■無題

今思うと、ハルヒのイベントではかなり無理をされていたのでは??
3曲も踊っていましたし。。
でも、そんな頑張る邑子さんが私の憧れです!!

574 ■無題

つらかったことと思います。でもこれからは肩の力を少し抜いて下さい。
はっきりしているのは、私が邑子さんの声に魅力を感じるということ。
邑子さんが私の好きな地球ラジオのパーソナリティーであること。
あわてずゆっくり、そして必ず戻って来て下さい。それだけで私は幸せになれます。

575 ■がんばって。

私も、とある病で苦しんでいます。
苦しんでいる人には、助かって欲しいと願います。
少しでも、良くなりますように……。

576 ■無題

応援してます。これからも、元気なあなたでいてください。
あなたがいないと、僕にとって世界はつまらなくなってしまいます。

577 ■落書き

ラジオや映像でみるゴトゥーさんは憧れだった
なんというか、生き様がかっこよかった
自分とははるかに別の世界の人のように思っていた


しかし
ゴトゥーさんはがんばっていたのだ
がんばって、がんばって自分や皆の憧れであり続けていた
ニュースを見て駆けつけて、今回で初めてわかった


今ではゴトゥーさんが前よりも少し近い存在に感じます。
人間としてのゴトゥーさんを知れた気がします。

いつものゴトゥーさんも、がんばっているゴトゥーさんも両方応援してます!やっぱかっこいいよアンタ!




578 ■無題

とりあえず…良かったです。
医療の発達で完治できないまでも抑える事が出来るというのはありがたいことですね^^
あと…考えなんて絶対変わるものだから気にしなくてもいいと思うます。嘘をついてまでやりたい仕事があるというのは正直羨ましいです。
最後に…迷惑をかけたと思うなら、元気になって皆も前に姿を見せてください^^それが一番の恩返しになると思います。
なので今は完全体になる為に休んでください^^

27のガキが生意気書いてスイマセンでした><

579 ■応援しています

ずっとずっと応援しています。
どうか早く元気になりますように。
大好きです

580 ■無題3

波乱万丈の「半生」を送られた後藤邑子さん。

神様ではないのだから、色々と後悔はあると思いますが、声優というアニメを通して多くの人に夢を与えてくれる仕事にフルアタックで打ち込み、それによって命を吹き込まれた数々のキャラクター(まんまのキャラクターもいるようですが・・)に感動を受けた多くのファンが、こうして後藤さんを慕い、心配し、囲んでいるという状況ができたのならば、あとは無事に退院して我々ファンを喜ばせてくれれば、とりあえず第一幕は大団円ということで宜しいのではないでしょうか?!

ただ、さすがにそろそろ無理をぶっ通すお年頃ではない(おおっと失礼)と思いますので、「波乱万丈」から「波乱千丈」くらいに落としてもよいのではないかと・・

私はあと数日でアラフォー世代と呼ばれるには困難な年齢に達するオジサンで、朝早くて夜遅い生活の中でテレビアニメは殆んど見ません。自分が子供のころに好きだった声優さんと言えば、山田康雄さん、富山敬さん、青野武さん(この時間平面から移動された人たちばかりだな)などという世代です。ところが最近、「涼宮ハルヒ」という強烈なキャラクターとと出会ったことをきっかけに、小説を全買いし、その中で朝比奈みくる(小&大)という可愛らしい&艶っぽいキャラクターが大好きになりました。

「口に色と書いて何と読むんだ?」と検索して後藤さんのことを知ったのが半年前くらいでしょうか?その過程で「ゴットゥザ様」なんて呼ぶ人がいたので調べてみると、特攻服に木刀かなんかとマスクのキャラが出てきて、「あれ、人違いかな?」と一瞬思ったり・・

過去でも未来でもなく、この時間平面上で後藤邑子さんの声を聞き、元気な姿をを見ることができるのが今の私にとっての一番の幸せです!今はゆっくり養生してくださいね。

581 ■どうか無理をせずに

ひだまりスケッチ(ヒロ)役なんだね

10月スタート楽しみにしているんだが

邑子さん体が一番ですから

どうか無理をせずに

582 ■無題

後藤さん……ここまで無理をしてでも頑張って来たんですね。

上手くは言えないけど、今はゆっくり休んで、また元気な声を聞かせてください。

待ってます。

583 ■ほっとしました。

まだ入院中なのに、ほっとした、というのは不謹慎かもしれませんが、
入院されたと聞いてからなんだか怖くてブログも避けてしまっていて。
昨日ひだまりスケッチを見ていたら、後藤さんに会いたくなって
ついにブログに来てしまいました。
笑顔の後藤さんを見たら、ほっとして、涙が出てしまいました。
その笑顔が大好きです。

ゆっくり体をいたわって、また優しい声を聞かせてください。

584 ■映画だったらアメコミのスパイダーマン

映画だったらアメコミのスパイダーマンがお薦めだと思っている鰹のたたきです。後藤さんこんにちは!具合はどうでしょうか?心配です!!!
今週もお疲れ様ですこれからも頑張って下さい
余談ですが病室で映画が、見れるのでしたら
スパイダーマンがお薦めですそのお話は敵に遺伝子操作された蜘蛛に体をかまれた主人公が蜘蛛の能力を得てしまいその事に苦悩するという素晴らしい物語でございます!
僕はここから男とは何か正義とは何かを学びました!ぜひ見てみてくださいね!

585 ■明日のために

後藤さんは休む時も全力で休んでください。
これから先、もっともっと素晴らしい仕事を
私たちファンに届けてくれるために。

586 ■再び歩き始めて。

初投稿、失礼いたします。

ニュースで容態を拝聴し、ここで現状を確認させていただき、他人事ではないと感じました。

やりたいことは、思える時でないと、決意固めて打ち込むことができない。
それを逃したら、ずっと憧れのままになってしまう。

でも、言う事を聞いてくれない部分がある。
それをどこまで押して(あるいは相談・なだめながら)やって行くのかは、やってみないとわからないし、ひょっとしたら中途半端にしかできないかも知れない。

今の私も同じです。
歯がゆさを噛みしめながら、それでも前に進みたい。
そう思い続ける日々です。

治療法は、日に日に進歩して行きます。良く耳を傾けながら、納得の方法を選択して頂きたい、と思います。そして、あなたにしかない、この瞬間の幸せを、めいいっぱい受け止めて欲しいと願います。

重々しくなりましたが(汗)。先の希望を望みつつ、かけがえのない、あなたらしさを大切に。

Simple is your “butter” .
It becomes you colorful butterfly .

心配は、かけられるうちに。よりかかっていいんです。

587 ■無題

改めて思いましたが、やっぱり私はあなたのファンです!

588 ■もう一つのおすすめ

後藤さんこんにちは!もう一つ僕の大好きな作品スーパーマンのアニメの動画を貼っておきます!これも前回のコメントの際にご紹介させていただいたアメコミの仲間なのですがこれも同じくアニメ史に残る最高傑作ですので楽しんでいただければ嬉しいなぁと思います。このスーパーマンのお話はどういうものなの?と思うと思いますので具体的に面白おかしくやる夫くんに紹介していただこうと思います
まあ彼はあれだお後藤さんも家族という顔と声優さんという顔を持ってると思うおでも時には自分について苦悩するわけだおこれも前回言った
スパイダーマンにも共通するところなんだお
ここまではいいかお
もう一つのこの作品の魅力はなんといっても映画音楽の素晴らしさがよくわかるという面だお
まあ僕が実際に言うよりも作品を見てもらったほうがいいと思うお
それではまああれだおやる夫なりに面白おかしくスーパーマンの魅力を紹介してみたお
こっから見れると思われるので見てみてほしいお
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1394349
                             
アカウントのない場合はこのサイトを利用するといいお                         上のURLをニコニコ動画のURLと書いてある検索窓にコピペすればおそらく見ることが出来るお
ちなみにスマホにも対応しているみたいだお
http://nicoviewer.net/

589 ■感謝

私の大好きな役者さんへ

あなたの演技から貰った、大切なものを少しでも返したくて
この場を借りて感謝を。

私はまだ、あなたと同じ時を過ごしたい
あなたの演技を見ていたい。

だから今は安らかに。
今後は末永く、ご活躍できる事を願います。

ここにいてくれて、ありがとう!

590 ■無題

初めまして。
少し前に後藤さんが病気で倒れられたと聞いて,ここにきました。

ラジオで声を聞いている限りではいつも元気な方だと思っていたので,昔から病気と闘っていたとしり、とても驚きました。

そんなに、つらい状態でも私たちを楽しませる為に、頑張っていただき本当にありがとうございます。

しっかり体を直して、また私たちに元気な後藤さんの声を聞かせてください。

591 ■あえて違う視点からのコメント

>(あらおかしい。公表年齢と微妙に計算が合わないわ。)


ゆうこさん、さすがです(笑)
真剣にブログを読んでいたのに、思わず吹き出してしまいました。。。

まずここは、今まで無理をかけた分だけゆっくりと休んで、また元のペースに近いかつ自分のやりたいペースに合わせて、お仕事を続けていってくださいね!

592 ■ゴトゥーザ様へ

最後まで読みました
私はらきすたの武道館ライブで生ゴトゥーザ様を観てファンになりました
姉はハルヒでゴトゥーザ様のファンになりました。姪っ子はDVDをレンタルして観たひだまりの中でヒロが一番好きだと言ってました
母と一緒にライブを観に行った事もあります
誰からも好かれるゴトゥーザ様
ファンを大事にしてくれるゴトゥーザ様
私はゴトゥーザ様の家来…ではなく下僕…でもなく兵隊…でもなく『家族』だと勝手に想っています gotusong2毎日聞いてます      また元気いっぱいで威圧感のあるゴトゥーザ様がみたいです
声が聞きたいです

何ヶ月、何年でも待ちます
元気な姿が観たい、声が聞きたいです。じっくり療養して下さい。     

593 ■無題

とにかく今はゆっくり休んでください!
また元気になって舞台に戻ってくることを僕は待ってます

594 ■無題

ファンの一人です。

今はゆっくり休養をとって下さい。

再起、いつまでもお待ちしております。

595 ■人という字は支えあってできている

姐さんこんにちは
うまく言葉が出なくて遅くなってしまいました
まさかそのようなことがあったとは知りませんでした
私が見ていた姐さんはいつも豪快で明るくて
すごく演技に真剣な、そんな憧れの人でしたから

ありきたりの言い方かもしれませんが
人の漢字は互いが支えあうことで成り立っている
誰だって独りじゃない、必ず隣に誰かがいてくれる
だからこそ事務所の方たちは無理にでも
病院へ連れて行くことを決めたんだと思います
それは私たちと同様に姐さんが心配だったから

今こうして姐さんも同じ病と闘う人たちの支えになれている
どんなにブレたって姐さんは姐さんです
これからも自分の思うように進んでください
イチ応援者として私はこれからも姐さんを応援しています

でわ。

596 ■初めまして


少し前に後藤さんを知り、ブログを拝見させていただいておりました。

今回心臓のご病気の他に、ITPであった事を書かれていたのでコメントさせていただきます。
自分は今年でITPになって21年になりました。

自分も最初は怪我をしてはいけない。
と、全力を出す事を恐れていました。
でも、ちゃんと経過観察をしていれば大丈夫と気付き、普通の人に負けない気持ちでやれるようになってきました。

40を越え、身無理をさせると身体が悲鳴をあげるようになってきましたが、コレは年相応(笑)

自分の場合は『一病息災』だと思って、無理せず悲観せず諦めずでゆる~くマイペースで行こうと思っています。

病気と闘うのではなく、なだめてすかして、それも自分の一部なんだと思うようにしています。

人より数値が低いのも個性
と、中々そこまでは悟り切れませんけど・・・

焦らず、のんびり行けば道はひらけると思います

後藤さんも病気と上手く付き合って行けますよう、お祈り申し上げます。

597 ■無題

いち早く復活してください

598 ■とても元気をもらいました

後藤さん、こんにちは。初めてコメントします。

すごくすごく元気をもらいました。
後藤さんの日記を見ていたら、自分の若ハゲというコンプレックスがどうでもよくなってきました。いや本当に(笑)

599 ■はじめまして。

邑子さん、はじめまして。
私も邑子さんと同じ病・SLEを抱えております。
私も子供の頃から原因不明の体調不調を繰り返してました。当時ははっきりとした病名や原因がわからず、その都度何かしら投薬や治療をされてたように記憶しています。
不調になったり元気になったりを繰り返しつつ、誤魔化しつつ生きてた数年前。
突然体が悲鳴をあげ、肝臓に攻撃され、入院。退院まで数ヶ月かかりましたが、たまたま担当医になってくださった医師が膠原病の専門医だったこともあり、命がつながりました。
ちなみに入院した年は結婚が決まり、式にむけて様々な準備をしていたときでした。

幸い式は延期せず、退院後に無事花嫁になれましたが・・・次の記事で邑子さんがおっしゃってるように私もムーンになりました(^_^;)

ムーンのまま一生に一度の結婚式の記念写真がばしばし撮られたわけです(笑)
今となっては笑い話ですが、当時は死ぬほどイヤだったことを覚えてます。

これからも様々な副作用との戦いとなると思いますが、どうかがんばってください!
陰ながら応援しております。
(長文大変申し訳ございませんでした)

600 ■無題

はじめに、わたしはあなたのことを知りません。ごめんなさい。
他人(ヒト)がコメントをしているのをみて、深く考えずに携帯をポチポチしていたらここにたどり着きました。

でもこのブログをよんで泣いてしまいました。(それも東京駅のホームで(;_;))

以前から思ってはいましたが、健康でいろいろ恵まれている方にもかかわらず、頑張れないときがある自分が情けなくなりました。加えて、もっともっと強くなりたいと思いました。

一種の感動です。大切な気持ちに気づけたと思います。ありがとうございました。

601 ■無題

良いお話をありがとう、読み終えてほんと自分もしっかりせなアカンなと今までの自分を殴り飛ばしたい気持ちです(;´д`)俺もまだまだ頑張らなくちゃダメだわと思い知らされた感じです、本当に良いお話をありがとうございました。同世代同年齢としゴフゴフ……これからも頑張りたいと思います(`ω´)b

602 ■無題

邑子さんの半生のお話に涙ぐんでしまいました。

親に嘘をついてまで働き続けていたのはいいことなのかわからないけど、それだけやりたい仕事にめぐり会えたことはきっと幸せなことなんだと思います。
私もそれくらいの情熱をかけて何かをやりたい!そんな気持ちになれましたよ。

焦らずにゆっくり治してください。
たとえお仕事ができなくても、あなたが元気にされているだけで、ファンはうれしいものなのですから。

素敵なお話をありがとう。

603 ■はじめましてです

タイトルにもあるように、はじめましてとなります。そしてやや長文になります失礼をお許しください。
僕はつい最近まで後藤さんがこんなにも思い病気だったなんて知りませんでした。後藤さんのことは知ってはいましたが、本当に名前しか知らないような状態でした。ただ、笑顔の素敵な、元気な人だな、という印象だけでした。ラジオで話す声も、とても明るくて僕の心を晴れやかにしてくれました。それがこのような苦しみの上にあったなんて思いもしませんでした。僕は持病はありませんが、三年ほど前、痛みもないままに盲腸が二倍ほどの長さまでまで膨れ上がり、先半分は腐りはじめて胃に癒着、破裂寸前のところでようやく痛みが現れて摘出に間に合った、という経験があります。もう少し遅れていれば命の危険さえあったと言われました。知らず知らずのうちに結構な綱渡りをしてしまった僕ですが、そのときから後悔だけはしたくないな、と考えるようになりました。なんかとんでもなく痛いことを言うような気がしますが、人は何かのために生きるというよりは、生きるために生きるんだと思います。生きることこそが生きることの目的であり、手段であり、死はその完成じゃないか、と。絵に例えるなら、筆を滑らせることと自分の感性を表現することの重要性が比べられないような感じだと思います。もしも後藤さんの考え方がまた変わって、なりふり構わず突っ走っていくようになっても、僕は応援します。例えどれだけ変わったとしても後藤さんの生きた時間こそが僕にとっての後藤さんですから。
本当に下らないことを長々と失礼しました。これからもあなたの笑顔と声を待っています。

604 ■ゆうこねえさん!

はじめまして。こんにちわ。
ブログ最後まで読みました。どうしても伝えたいことがありコメント書いています。

僕はラジオアニメロミックスからゆうこねえさんを知りファンになりました。
明るく可愛い声でお姉さんキャラというなんともなんとも萌える設定で好きになってしまいました。それから出演されている作品を観ていきさらに好きにました。
そんなゆうこねえさんが入院し仕事を休むとニュースで知った時は驚きました。

病気だったというのはブログか何かで知っていたのですがまさか入院する程とは思ってなかったからです。そして7月9日のブログを読み思わず今コメントを書いています。
ゆうこねえさんは今、病を治すために入院中ですが僕に出来る事は無事に回復しお仕事に復帰できるように祈ることしかありません。
それとひとつだけ、ご存知かも知れませんが生意気ですが病を治すための心持ちを本で読んだ事ですが伝えたいと思います。


病を治す時に病と闘うという気持ちであってはならないといいます。病と闘うというふうに考えると心の状態が病と対立する関係になり無駄なエネルギーを生じてしまう。ですが病を忘れこの状態が普通だこういうものだと考えると対立関係にならずエネルギーを回復の方のみ使う事ができ安静にして時を待てば治るという。また早く治すと思ってもいけない。時を立つのを待つ。


僕の記憶なので間違いがあるかも知れませんがこういった内容だったと思います。もちろん心の状態なので、薬や医療の力を使う事は行うのですが心の状態を対立関係にして欲しくないという事を伝えたかったんです。
詳しくは中村天風という人の書籍に書いてあるので是非読んで欲しいです。(勧誘の者ではないですよ)
言葉たらず伝えるのが下手ですがどうしても伝えたく書きました。

ゆうこねえさんから元気を貰ったものとして少しでも何かお返しになればと思い書き綴りました。失礼します。

605 ■はじめまして♪

母のいつも聞いているNHKラジオ(地球~)から、あなたの病床からのメッセージを聞き、失礼ながら、初めて邑子さんのことを知りました。

実はわたしも闘病中で、今日は実家に身を寄せているのです。まだ薬を飲み始めて一週間。先の不安な毎日に、邑子さんの声を聞きました。

なんと表現したら良いかわかりませんが勇気を貰いました。
入院、大好きな仕事の休養、辞める仕事の選別、決断に至るまでの心中お察しいたします。

母に甘えるのは、わたしも久しぶりですが、有り難いものですね。我が家と実家から見える空はさほど高くありませんが(笑)それでも希望の空です。

みんなのコメント読みましたが、わたしも職場では"姉さん"と呼ばれていたことを思い出しました。同世代です(*^_^*)

のほほん丸さん↓のコメントにならい、この時期を乗り越え、早くすっぴんの写真などを笑顔で撮れるほど元気になりたいです。

素敵なメッセージありがとうございました。
またコメントさせてください(^_^)




606 ■無題

この日記を何度も読む度に人生とは何か?と考えます。

607 ■はじめまして

自分は東北で整形外科医をしています。SLEの治療に関しては詳しくないのですが、おそらく寛解導入に向けて薬の量を調節しているところかと想像しています。色々な新薬が出てきていますので、しっかり治療を続ければきっと復帰できると思います。ステロイドの副作用もありますが、だんだん減量できると思いますので、応援しています。

608 ■無題

サンキュー主治医

609 ■待っています

今さらですが、ブログ読みました。
涙が止まりませんでした。
この気持ちを言葉にすることはできません。
病気の人にガンバレとは言えません。

だから一言。
帰ってきてください、待っています。

どれだけ時間がかかっても、待ち続けます。
だからゆっくり、キチンと治療してください。
私たちは待ち続けます。

だから、帰ってきてください。

610 ■ありがとう

ここ一年ほど色んなことで悩み、迷って、ふて腐れて、自棄になってました。
たまたま友人と会話していて後藤さんの病気のことが話題にあがり経緯を知るに至りました。

この記事を読んで吹っ切れました、今はすごくやる気に満ちてます。

これから目標まで長い道のりになるかもしれませんが頑張ってみる気になれました。

ありがとうございました。

611 ■無題

良い経験ですね、それはこの先もずっと!あなたの大切な宝物になるでしょう。ですが…宝物であると同時に大切だからこそ、時に重荷に思う事もあるかも知れません。
願わくばそれを思った時には、自身で書いたこの思いを読み返してほしい、きっとあなたなら大丈夫でしょう。

612 ■無題

少し前の記事へのコメント失礼します。

僕も生まれつき大動脈弁狭窄症という病気で、水泳、徒競走、鉄棒、縄跳び、ジェットコースターetc.を禁止されています。
ただ、将来のことについてはまともに考えていませんでした。
その分後藤さんはすごいと思います。身体のことを考えて公務員を選んだり、思い立ったらすぐに行動できたり…。

えーと、何を言いたいかというと……、

だんだんと良くなっているようで、なによりです。
僕なんかが親近感なんて口にするのはおこがましいかもしれませんが、応援させてください!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み