グットコンディション

私、塩田 宗廣が運営している、スポーツアスリートを応援する、効果抜群のスポーツコンディショニングオイル・ショップ「グットコンディション」はこちらをどうぞ!

兵庫県パワーリフティング協会
これも塩田 宗廣が管理しているHP、パワーリフティング情報満載の「HPA 兵庫県パワーリフティング協会」はこちらをどうぞ!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-23 10:28:50

ケトルベルチャレンジ2in大阪に出場しました!!

テーマ:スポーツ・トレーニング


ついに出場しました!ケトルベルの大会が大阪に来て出場!!

 

ケトルベルチャレンジ

 

ケトルベルの団体で動いているのが2団体あり、そのうちの一つ「NPO法人日本ケトルベル連盟」の大会です。理事長は高橋理恵理事長。38歳僕と同い年。ちなみに理事長、16kgで178回振っていました!!強烈!!!体重は50kgちょっとですよ!

今年に初試合をしておりバックボーンは、先日紹介した上野社長が運営している「ケトルベル魂」日本でただ一つ公認ケトルベルを売っている会社です。

 

ケトルベル日本でただ一つの公認ケトルベルが売っている「ケトルベル魂」

 

ルールは挙げ方として、

スナッチ 一番ポピュラー 1挙動で下から上まで上げる

ジャーク これもポピュラー 1挙動で胸元から上まで上げる

ロングサイクル クリーン&ジャークみたいなもの

バイアスロン ジャークをしてから、休憩後スナッチ。点数計算はジャークが1回1ポイント、スナッチが1回0.5ポイント

 

 

競技時間は10分です

GSルールとSLルールがあり

GSルールは(ギガスポーツ)とロシアでは言われて国技だそうです。

GSルールは持ち替えは、一個だけ使うケトルの場合は1回のみ、両手を使うケトルは持ち替えなしです。おいたら終了。

SLルールはおいてもOK!持ち替えOKです。

しんどいのは間違いなくGS!!僕はもちろん、「ギガスポーツ」がやりたいので、GS24kgにしました。グッドコンディションのメンバーは全員GS!!本格派志向です!!

 

僕はフライト6番目。フライトとは順番の意味です。

最初のフライトで50代半ばのバイアスロン(ジャーク10分してから、スナッチ10分)の体重70kg弱の選手が出ていました。

僕が審判で数を数えていたのですが、4分ぐらいで死にそうな顔になります。そこから上げる回数も落ちますが、置かない。だんだんあげれなくなりますが置かない。持つだけでもしんどいのです。両手に16kgずつ持って必死に耐えています。

記録は70回ぐらいだったか、だけどおかないで10分耐え抜いた!!

それを見てグッドメンバーは「ヤバいものを見てしまった!!自分の順番が来るのが怖くなります!!そして僕の順番です。

 


見ての通りのぶっ倒れました。

記録 24kgスナッチ GSルール60回 右35左25

自分の自己記録は72回なので、もちろんそれを超えるべく頑張りましたが、根性や気合でどうにでもなるものではなかった。

敗因としては、ケトルベルが新品で、取っ手が滑る。短マグを使ったのですがそれでも滑るから握る。それで握力が先に逝かれて万事休す。

次は握るところにやすりをかけたりして、自分の握りを研究しないといけない。

あの世とはこのことか?ほんとうにぶっ倒れました!

 

 


無理やり出場してくれた高垣選手ことガッキーさん。

ガッキーさんは、無理やり出場してくれて、上げる回数でポイントが付与されるのですが、8kg65回で50ポイントゲット。それ以下はポイント発生せずなので、それを目標に頑張ってくれと言って無理やり出場。

ちなみにフライト順はガッキーさん一番最後。グッドのメンバー3人が先に行いそれぞればたばた倒れるのを見て、恐怖が増していきます。そして僕らもあおって「最後の砦はガッキーさんですよ!!グッドを守るのはガッキーさんですよ!!」とあおます。

 

そうこうして出番。そしてやってみると、置かない、持ち替えない。回数は50・・。100.。と超えていく。そしてなんと回数は155回!!持ち替え1回で155回!!前人未到の女子グッド記録です!!あの高垣さんが!!すごい!!

 


 

これが試合前!写真で見たら案外余裕??ちなみにケトルベルは公式鉄球はどの重さも全部同じ大きさです!色が違う。

8kgピンク、12kg青、16kg黄色、20kg紫、24kg緑、28kgオレンジ、32kgは赤です。

 

グッドコンディション新メンバーひょっとこハム太郎君。何かのプロ目指してるみたいです。

SLルールだとひょっとこ君は24kg130回ほど、練習で行ったみたいですが、今回は70回。

ちなみに練習GSルールも72回まで行っています。

 

そしてカーディラー君も出場。練習GSルール76回まで行きましたが、70回で終了。

全員の言葉が手が滑るとのこと。案外ポイントは滑りにあるようです。

やすりと滑り止めは絶対必需品ですね。

 

そして、その重量で100回をGSルールで越えないレベルだと、根性だけではどうにもならない。

コンディション、元のポテンシャル、フォーム、何かを変えないと上には行けない。

GSルールで10分間以内で置いたのは、わがグッドコンディションだけ。それでも僕で6分強、ほか三人は7分強持つことができました。この重量でもてた時間でも自己新です。



そうそう、最初のフライトでこの選手です。死にかけても、どうなってもおかずにやり遂げていました。これを見て本当に「ヤバいことになったなあ!エントリーするんじゃなかった!」と恐怖に陥りました・・・。


この選手は理事長JR!7歳だそうですが、5kgのジャークを両手で100回以上していました!そして同じく死にかけの表情になりましたが置かない!!母親の激がバンバン飛びます!!

母親and理事長きびしいーー!!息子には容赦ないですが、見事完遂で自己新!

体重比でのGSポイントではトップで優勝していました!!すげー!!

ちょっとポイント軽量級にあまいんじゃないのーーー(:^^)負け犬の遠吠えです・・・。


 

ルール説明です。左の女性が理事長、高橋理恵理事長、右がメインスポンサーで理事の上野社長です!

 


 

上野社長、試合前こういっていました。

「練習やりすぎて腰が痛くなって、練習できていないんですよ!自己ベストは厳しいです!塩田さんどうでしたか??」

絶対三味線と思いました。上野社長「本当ですよ!全然できないんですよ!!」確実に三味線と思いました。

ちなみに上野選手の審判は僕が買って出ました!!

結果、20kgロングサイクル74回!自己ベスト4回プラス!!な!三味線でしょ!!

上野社長「いやーー。本当にできなかったんですよ!!塩田さんが審判ついて応援してくれるから火が付きました!!」

いやいや、絶対やると思ってましたよ!!

ちなみにポイントが

僕120ポイント

ガッキーさん、ひょっとこ君、カーディラー君140ポイント

上野社長 320ポイントほど?

理事長ジュニア 540ポイントほど?

上野社長、理事長ジュニアもすごかったけど、ちょっとポイント割り振り軽量級と女子あまいんじゃないのー??敗者の言いわけです・・・。「敗者は去れ!」

ちなみにポイント表はこれ

 

最後にサプライズというか、お願い事が。「フライト2人ずつですが、最後1人しかいないので塩田さんとなりでやってくださいよ!」と上野社長からお言葉が。そのお言葉の発端は理事長からだとのこと。謹んで自分に鞭打ってやりました。

 

最後16kgSLルール10分!!

最初の目標は理事長の178回を超える。

次の目標は200回

次の目標はケトルベルのyoutubeによく乗ってる藤田選手の225回。

 

いざスタート。やっているうちに意識がぼーっとしてきて、とにかく目標は「絶対置かない!!」に決めました。とにかくおかない。結果置かずに人生初めて10分完遂!記録185回高橋理事長を超えました!!

(ポイントでは6倍以上の差)

 

これは残り15秒の動画!

 

ケトラーズハイ(ランナーズハイみたいな状態)というのを初めて経験しました!!ぼーーっとしちるけど無意識にできるみたいな!!

試合に出てみて感想は、「きつかったけどやり切った爽快感がすごい!!」「記録をさらに上げてまた出たい!」です。

というか、僕はたまたま兵庫県パワーリフティング協会の理事長なので、パワーやベンチとコラボでケトルベルの試合をすると、パワーやベンチの人は基礎体力の向上の一環となるし、ケトラーは、一発の筋力を鍛えることによって、ケトルベルの上げにトルクが増したり出力が増すと思う。

パワーの人はケトラーが10分間耐え抜く姿を見て何かを感じるだろうし、ケトラーは一発にかけるリフターの姿を見て、何かを感じると思う。

 

そんな大会ができたらいいなと、個人的には思います。ちょっと実現したいな!!

 

そんなこんなの初めてのケトルの大会、きつすぎてぶっ飛びましたけど楽しかったです!

次も出ます!!目標GS24kg100回!!

 

AD
2016-08-05 16:19:27

古性優作選手と三谷竜生選手、そして三谷将太選手、オールスター競輪に出ます。

テーマ:競輪
href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160805/16/good-condition/1b/ad/j/o0200015013715585161.jpg">

来週の木曜日8月11日から、松戸競輪場においてビックG1「オールスター競輪」が開催されます。弊社のアドバイザー村上義弘選手、博幸選手、市田選手、渡邊晴智選手選手が出場しますが、現在進行形で来てくれている、基礎トレーニングジムチームの古性選手、三谷竜生選手、将太選手も出場します。

ジムメンバー一人目古性優作選手。昨日ジムに来てくれました。古性選手は、大体僕が言ったトレーニングを黙って一つ一つこなしていきます。25歳なんですが、風格があります。たぶん同年代とかはよくしゃべると思うし、質問を投げたらかなり機転の良い返しをする、お話上手ですが、基本ジムの時は余計なことはしゃべりません。
そして独特のオーラを持っています。空気的には10年後の村上義弘というオーラです。
競走スタイルも、逃げもまくりも、横もいなしも何でもするタイプ。
BMX上がりの選手ですが、直線的な力が自分にはないと悟っている分、無駄なことをしないでいかに自転車が進むか?ということを常に考えています。

その古性選手、昨日は開口一番このように言いました。「前の基礎トレーニングしてから感じが悪かった。初期の練習に戻してほしい。」

前のトレーニングは
ケトルベル 持ち替え1回だけで振り続ける。ちなみに古性選手は16kgで140回
ハンマーたたき 50回

これがメインのトレーニング。腕が相当張って感じが悪かったとのこと。さっき言ったように直線的な力は自分はないのを悟っている古性選手。末端(手を握る行為)を使うのが嫌だなとすぐに悟りました。

そこで昨日は
セーフティスクワット 110つぶれ 90×8
フリーケトルベル 38kg5回
ヘキスバーデッドリフト 155×3
タイヤ押し 72kg→40kgまで落として20m
ハンマーたたき 鉄ハンマー10回 木槌10回
白鵬すり足100m

このように変えて、今日電話で話したところ感触がだいぶんいいとのこと。
古性選手は自分でよく考えて、いい感触を常に導こうとしているので、さすがだなと思います。
スクワットやっているときに、重量を上げきって落とした時に、いい感じが僕にも分かった。

href="http://stat.ameba.jp/user_images/20160805/16/good-condition/ce/1a/j/o0300040013715585160.jpg">

三谷竜生選手は地元奈良の配分前に来てくれて、奈良は地元初優勝を飾りました。
自分一人で来るのは初めてでしたが、結果が出てよかったです。

奈良前のトレーニングは

ケトルベル振り込み 20kg5分で120回。
セーフティスクワット 100kgほどだったか?
タイヤ押し
ロープ引き
メイスベル
ハンマーたたき

のような感じだったと思います。
古性選手と共通しているのは、ケトルベルを振るのがうまい。そして回数行ける。無駄な力は入れていない。力が強くて、ケトルベルの回数が行くのではなく、動力を利用してちゃんと運動をしているところ。動く方向に自分から邪魔しない。
古性選手が動力に邪魔しないのは天下一品で、竜生選手はそれより少し劣るが、直線的な強さは竜生選手のほうが少し上といったところ。腕力といったほうが正確か。

この2人に関しては相当の確立で、いずれタイトルを取る率が高いと思う。今の競輪界自分の脚力オンリーでタイトル取れるのは、新田祐大選手だけのように感じます。それも展開パターンがズバッと決まってというところ。あとはラインや展開が自分の展開がどうしてもいるような感じがする。
この2人は基本なんでもできるので、「順番」「展開」「運」があれば、ものすごくイメージがしやすい。その時がいつ来るかが全く分からないので、その時ものにできるようにこれからも頑張ってほしいし、わがジムにも来てほしい。




三谷将太選手は、実は基礎トレーニング前から、ひそかにジムに来てくれた選手。
基礎トレーニングがどうの、ウエイトトレーニングがどうのというよりも、自分が気心知れたメンバーと、僕とで一緒に追い込んで練習したいタイプ。
僕もそれは悟っているので、将太選手が来るときは何気に手配をしています。
将太選手は、トレーニング系はそんなに強くないですが、それでも鎖骨を何度もおっていながら、地道に重量を伸ばしてきました。
自宅にも自分ジムを作り、環境を整えています。
普段は自分で、ここぞというときにジムに来る感じ。

なに気な電話、ラインをできる仲は将太君です。自分の中には心にズバッとくるものがある。
縦足はGクラスでは厳しい状況だが、ラインを守る気持ちや、レースに対する覚悟はどの選手よりもある。
オールスターでは、着があれば一番いいが、それより将太君すごい!さすがやなーというレースを見せてほしい。

それにしても、競輪選手とともに僕も仕事させてもらっていますが、競輪選手の競技に対する向き合い方は本当にすごい。僕もなりたかった職業ですが、改めてすごさを感じます。

オールスター、まずは無事に走って、次に着、その次に内容・闘志!期待しています!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-04 18:32:07

2016B&Fカップの司会をしてきました!オーバーオール優勝は松岡啓選手!

テーマ:ブログ



日本一の規模を誇る伝統のB&Fカップ。7月30日に行われました。
B&Fの塚本会長が、もう僕を8年ほど指名で司会に呼んでくれます。ありがとうございます。

今年のB&Fカップはフィジークも導入し、僕は初めて見ます。司会をするので一応動画などを見て勉強してきました。






さて開幕として、ミス大阪の大森選手と、大阪クラス別75超王者の松岡啓選手のミックスポーズからスタートしました。
大森選手はフィリピンからの帰化で日本人になり、ボディビルにのめりこんだ選手。ものすごく人当たりが良く気さく、そしてめちゃくちゃ明るくずっと笑顔の選手です。
それに対して松岡選手はしぶめの職人気質。僕こういう選手結構好きで、フリーポーズの眼光とか、一つ一つの流れの動作が、ボディビルの愛情をものすごく感じます。





その松岡選手は、オーバーオールを優勝し、2016年ミスターB&Fに輝きました!!
今年はミスター大阪→ジャパンオープンと進むのでしょうか?






僕のお目当て、椿正範選手は、今年も元気よく登場。完全にボディビルとともに歩む人生、ボディビルの修道士といっていいんじゃないでしょうか。
ボクシング上がりで、体は小さいです。大きさやバルクではとても太刀打ちできないので、自分でできることをとただひたすら追求しています。大阪クラス別でも大激戦バンタムを優勝し、日本クラス別にも出場しています。
そしてフリーポーズが本当にうまいし、見入ってしまいます。
ボディビルを本当に好きな選手はフリーポーズがうまいです。フリーポーズで見入ったのが、松岡選手と椿選手。こういう選手はもっと増えてほしいし、フリーポーズの決勝審査は、全選手のフリーポーズ終了後の、一度全員前に出すのと、規定ポーズ取らすのはやめたほうがいいと僕は思う。フリーポーズでの全体での点数をやっぱり大事にしたほうがいいと僕はお思います。
そこで全員出させてしまうと、順位をつける比較になってしまう。





その椿選手は、ボディビル恒例の「ファーストコール」に今年は呼ばれず。番号ないのを読み上げるのは、僕としてはつらい仕事です。
優勝は西村拓史選手で、椿選手は4位。





今年から導入のフィジーク。審査はスポーティで筋肉美でなんちゃらかんちゃら。よくわかりませんが試合が始まるとボディビルとは違い、ものすごく会場が明るくなり、楽しくなりました。
女受けはいいのは間違いないです!!
司会としても、「フロントリラックス、ターンライト、ターンザフロント」これだけでいいのでめちゃくた簡単。審査も一瞬で終わります。今迄の努力がこんだけで終わるの?というぐらい一瞬。





優勝は泉昌弘選手でした。ボディビルとフィジー区と全然表情も、印象も違う!!
これは楽しい試合形式です!





クラス1には、立石修平選手が出場。この選手とは10年ほど知合いですが、ぶっちゃけ気合をガンガンするタイプではないです。
つい最近までパワーリフティングに出場していました。

それが今回ボディビルに出場。それも結構仕上がりは良い!フリーポーズでは、呼ばれると思っていなかったらしく、まったく練習していなくて、それも見た瞬間練習していないとわかるレベルです。
しかしクラス1には「フリーポーズは審査対象はなし!!」
逆に「持っている選手!!」です。そして結果は??






見事初優勝!!たぶん人がせっている競技で、人生で初優勝と思います!結果表見たとき、ええーー?とおもいました!しかしできるだけ顔に出さずポーズダウンを読み上げて、できるだけ引っ張って引っ張って、「優勝者はこの世にただ一人!チャンピオンはただ一人!!」とあおって、「優勝者はたていしーしゅうへい!!チャンピオンはたていししゅうへい!!おめでとう!!!」とコールさせていただきました!さぞやうまい酒を飲んだことでしょう!おめでとう!






チャレンジクラスはこのような結果でした。毎年毎年読んでくれてありがとうございます。ビルダーはお盆が終われば、後半戦に入り、ミスター大阪・関西、関西クラス別、ジャパンオープン、日本選手権と移ります。皆さん後半戦も頑張ってください!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-08-04 17:23:16

松井宏典選手、トライアスロンで人生初の表彰状!3年目での初受賞!

テーマ:ブログ




ついにやってくれました!初賞状をジャパンショートトライアスロン赤穂大会にて、年代別3位(40代の部)を成し遂げました!





タイムは、トータルで2分短縮。
スイムで去年より2分オーバー
バイクでほぼ同タイム
ランで4分千縮めての2分短縮です。

年代別5位となっていますが、総合は8位までが入賞で、総合入賞者は年代別は除外になりますので、3位入賞となりました。





この日は最初行く予定はなかったんですが、なんか来てほしいオーラが出ていましたので、朝がめちゃ苦手な僕は、目覚ましセットしまくって赤穂に行きました。

10時前に到着しましたが、その時は気温が涼しい感じで曇り。トライアスロンとしては絶好のコンディションでしたが、10時を超えるとあっという間に気温が上がって、これは厳しいコンディションと直感しました。

タイムは計測していましたが、バイクを終えた段階で去年より少し早いペース。最後はランだけど最近克服しつつある、感じがしているのでもしやと思いましたが見事自己ベストで、最後は年代別3位フィニッシュを成し遂げました。


勝因としては

1 スイムは去年よりタイムオーバーだが、筋量がついて浮きにくくなったのと、水温が熱くてペースを上げると体力をとられそうになったので、そこは冷静に温存したこと。

2 バイクに関しては、自信があったので、自分が攻め切れるスピードで冷静に攻めれた。

3 ランに関しては長居の練習会の成果

4 塩

僕としては4の塩が出かかったのではないか。



これはトリノックスの塩です。なめたり飲むと、体の軸のセンターが出て、ものすごい効率の良い動き方になります。文書だけで見れば、摩訶不思議なことしか書いていませんが、飲んで動けば意味が分かります。

軸に関しては間違いなくいいのですが、それより良かったのが「攣りが来なかったこと」
今年のトライアスロンのレース、3つこなして全部ランの途中でアクシデントが起こりました。
主にふくらはぎ系統。それでキロ当たり5分オーバーかかりました。

そこで対策したのはこの塩。確実に練習中に攣りが来なくなりました。

あと飲む水も変えたとのこと。今回はこのOS1で、効果を感じたとのこと。


この水でレースに挑みました。

サプリメントはいつも通り、パワースピリッツ、ピークコンディションは絶対、そして魂を1個投入。

それらのおかげでランが大幅に自己ベスト更新で、トータルタイム2分短縮で見事初賞状です。


とにかく実際の練習レース、そして検証、対策の繰り返しで見事に目標達成しました!

対策として僕が知っている限り

トリノックス ネックレス(主に自転車)
トリノックステープ サポーター(主に自転車・ラン)
サプリメントとして
パワースピリッツ
ピークコンディション



基礎トレーニング
タイヤ押し
ケトルベル
メイスベル
踏み台

ここまで対策打ちました。次回からは

自転車のホイール、ハンドル
スイムのウェット
長居のラン教室
トリノックス、ラン用の配置
ウェットの道具の使いこなし

こんな感じでしょうか。
先週の日曜日も淡路島一周150kmを5時間で完走。それも休憩10分2回、信号はちゃんと守るでクリアしました!相当トライアスロンに熱が入っています。

ショート 1時間9分台
スタンダード 2時間27分台

ここは絶対いけると思います。あと3戦あるようです!ばっちりやり切りましょう!!



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-07-26 13:55:21

中卒たたき上げで関取になるには本当に難しい。琴豊関はすごい!!

テーマ:スポーツ・トレーニング


僕が相撲界に入れた恩師、琴豊関です。中学たたき上げで相撲界に入り、十両在位は5場所でした。

琴豊関のウェキペディア

HNKに映る相撲界は華やか。そして関取と言われる幕内と十両力士は、幕内42名、十両28名。計70名が「相撲界で飯を食って、華やかな人たち」です。
十両になれば月100万円(もちろんここからいろいろ引かれますが)、付け人がついてくる、着物は豪華、雑用一切なしです。幕下は年90万円で、付け人もつかないといけないし、雑用もあります。
それだけ待遇が違います。
今は力士は700名前後を推移。上位10%だけの世界です。それも無差別級です。それも2部リーグとか3部リーグでなく、1部リーグしかありません。

関取のレベルを他の競技で例えてみましょう。

日本のプロ野球は12球団。支配下登録は70名、1軍登録は28名です。

三役以上 ジャパンを張っている人
幕内   各球団レギュラー
十両   常に1軍、実際の出場試合50試合以上
幕下上位 時々1軍
幕下   1軍以外の支配下登録選手
三段目  NPBの育成選手 独立リーグ 大学のいい選手
序二段  高校野球のいい選手
序の口  たとえようがない

こんな感じです。競輪で例えると

横綱・大関 SS級
三役    日本選手権特選メンバー(賞金上位27名)
幕内    特別競輪常連
十両    S1級
幕下上位  S2級
幕下    A1級
三段目   A2級 アマチュア国体表彰台級
序二段以下 A3級 アマチュア国体入賞者級

どちらを見ても十両以上は「とんでもなく強い」です。

十両以上を見れば、野球なら常に一軍、競輪ならS1級です。めちゃくちゃ強いです。
努力だけでは無理な世界、根性だけでは無理な世界です。

それを、僕を相撲界に紹介してくれた琴豊こと椎葉さんは成し遂げた。それでも16年間やって5場所しか十両に入れませんでした。それだけ厳しい世界です。

面白いページがありました。新序出世披露した人がどれだけ関取になれたかの表がありました。
新弟子検査合格数と関取推移 

琴豊関は平成9年に初土俵を踏んで9年組ではただ一人の中卒たたき上げ関取。8年の時も1人だそうです。

そして今の琴豊関を引退して、椎葉さんになりました。


明るくて、その場をよく盛り上げ、そして仕事ができます。
今は写真の後ろの店舗の「ルークス ロブスター」という、伊勢エビをホットドック風にしたお店のエリアマネージャーです。
ルークス



僕もいただきました。パクパク食ってしまいます。うまいです。

何が言いたいかというと、やっぱり向き合って、現実離れしているおとぎ話でなく、どれが自分にできるのか、どれが自分に合っているのか、何が相手を困らせられるのか(普通の仕事では喜ばせれるか)というのを、本当に向き合わないと、結果が出にくいということです。

豊関は僕と相撲やっている時に知り合って、知らないサプリメントを研究することによって一つの壁が破れ、3度目の再十両を果たしました。しかし膝のけがから大負けをして引退に追い込まれました。

このときケアとか、トリノックスの使い方の確立ができれば、大分違う結果になっていると思います。このときは僕も今に比べるとだいぶ知識がないです。


そして引退後、椎葉さんは大きい服のショップを始めたり、空いた時間ではバイトもしながら生計を立てましたが、今の仕事になりメキメキ力をつけて、今はエリアマネージャーです。

昔から弟弟子を束ねたり、持ち前のコミニュケーション能力の高さから今の地位になっていると思います。なかなか相撲界の中卒たたき上げで、外の世界に行って、それも人ととの対面商売で、地位をつかめませんよ。

体重も40kgも痩せて、今の社会に対応しています。本当に自分に向き合って対応している。


話は大きくそれましたが、ものすごい厳しいプロの相撲界の関取にになるには、僕がおぼろげに見えるのは、

引きやうまさがめちゃくちゃある、なおかつフィジカルもめちゃくちゃ高い体重125kg以上
宇良関、里山関、石浦関系 恵光関もこっちタイプ

突進力や強烈なパワーがあって、なおかつ相撲勘のある150kg以上。フィジカルも絶対必要。

こんな感じに思います。

とにかく絶対的な体の大きさがいる。もちろん相撲勘も絶対。しかもフィジカルも強くならなければならない。

相撲勘は相撲のけいこ以外にない。しかしフィジカルは基礎トレーニングやウエイトトレーニング併用そして相撲のフィジカル強化の、四股すり足、てっぽう。これにどれだけ向き合えるか。

トレーニングやけいこをやったら、ケアをしなくてはならない。自分に合うケアは、よく行っててなおかつ結果を出している人に聞いて、実際どのケアが自分にいるか検証しなくてはならない。

ちゃんこ以外の栄養も、ここぞというときはサプリメントに頼らなくてはならない。しかし普段のちゃんこもめちゃくちゃ大事。

睡眠も質のいい睡眠のほうがいいに決まってる。自分に合うマットレスはどれか?枕はどうか。


とにかく、これはしたら絶対いいというのではなく、いろいろな物事をして、検証して、一番自分にしっくりきて、実際結果や成長をしていることが正解です。

だから根性とか気合だけでなく、実際に自分に向き合ってあっている方向に、突き進まなければならない。

プロの世界は勝っている時は本当に華やかだし、ものすごくいい世界ですが、勝っていない時やその他大勢は、本当に苦しみながら頑張っています。

僕を含めて本当に向き合わないとと思いました。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。