19年続く、静岡大環境サークル“リアカー”主催のリサイクル市に行ってきました。
2017年4月1日

 

<静大リサイクル市とは?>
卒業生のもう要らなくなった机、冷蔵庫、洗濯機、などを回収して、
新入生に格安に譲るという典型的な「リユースイベント」です。
 

いわゆる新入生だけでなく、留学生もやってきます。

毎年この時期にやるイベント。用意されモノがあっという間に売り切れです。
まだ使えるものを有効利用して、無駄なく使ってもらおうというのが主旨。

 

しかし、それだけでなく普通の家庭で、子どもを大学に行かせることは大変な出費。
そして、一人住まいさせて、冷蔵庫や、洗濯機、などをそろえるともっとすごい出費。
環境問題というより、大きな経済問題ですね。

 

<静岡大環境サークル“リアカー”>
 

この大切なイベントを数名の学生たちが、大変な思いしながらモノを集め
このイベントに品そろえをする。頭が下がります。(拍手)
 

静大は丘の上にあるので、回収した電気製品をリアカーに載せて運ぶのが重労働なんですよ。
でも、そんなイベントをみんなで楽しくやっていました。

 

リサイクル市以外に、古紙回収、海岸清掃、みかん園農業支援、そしてゴミゼロフェスタのボランティア参加と充実したサークル。20年前に出来た時は数十名の大軍団でしたが、何故かここ数年、毎年の新入部員が少なく、昨年、今年のリサイクル市はもうできない??と心配したものでした。

 

インタビューに応じてくれた進代表の斎藤君も元気一杯\(^o^)/

 

もちろん、ゴミゼロフェスタも手伝ってくれそう\(^o^)/

 

2017年4月1日記 「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク  壷阪道也
 

AD

皆様

 

 

(1)ゴミゼロフェスタ チラシ・マニュアル改定

(2)最終処分場の運命・・・

(3)静岡SAでのゴミゼロフェスタの可能性、2・4現地打合せ決定(参加者募集)

 

(1)ゴミゼロフェスタ チラシ・マニュアル改定

去る1/14に第232回ゴミゼロネット定例会を9人の参加で行ないました。

すでに決定した第24回ゴミゼロフェスタ(4・23開催)のチラシとマニュアルの修正を行ないました。

 

チラシは、できるだけ字数を減らして少しすっきりさせました。

●第24回ゴミゼロフェスタ チラシ(2017年4月23日開催)

ダウンロードアドレス http://yahoo.jp/box/IFsNDK

 

主に車での持ち込み終了後、持帰り開始前の「来場者の待機場所の変更

仮置場の固定化」などをしました。

●第24回ゴミゼロフェスタボランティアマニュアル

ダウンロードアドレス http://yahoo.jp/box/IQXDNZ

●第24回ゴミゼロフェスタボランティ誘導・受入グループのメモ

ダウンロードアドレスhttp://yahoo.jp/box/8lJ3XK

 

 

(2)最終処分場の運命・・・

時間がありましたので、静岡市の最終処分場の現状についても報告させてもらいまいた。

推定で、2017年1月現在で沼上最終処分場の残余量=焼却灰などを埋立可能量が8万㎥(推定)

最近は年間9千~1万㎥年間埋め立てられていますが、年間8千㎥に減量化して

あと10年で一杯になってしまうという予測が立てられています。

 

現在沼上清掃工場の焼却灰はおおよそ

4割は直接最終処分場へ 4割は灰溶融でスラグ化 2割は西ケ谷清掃工場で溶融スラグ化

されています。

 

溶融後、スラグ化できなかった溶融飛灰、溶融不適物も最終処分場に持ち込まれます。

 

現状で、最終処分場の延命のために静岡市が行なってきたのは

たんにゴミを焼却して、焼却灰にするのではなく、

燃やした焼却灰をごみ発電の電気を使ってスラグ化(砂利状の物体)して路盤材にすること

灰溶融炉(2004年4月竣工)約70億円 維持費年間7億円 

しかし竣工直後の爆発事故など、今日まで当初計画の全量スラグ化はできず、

能力の半分程度の運転を維持してきた。

 

そこで、2010年4月に竣工した約200億円の西ケ谷清掃工場

新日鉄シャフト炉式溶融炉によって、年間3億円のコークスを燃やす

溶鉱炉の原理で、ゴミを溶融(鉄を溶かすように)しスラグ化。

とにかく、市民の努力によるごみ減量に頼るのではなく、

現代技術と税金の投入によって、最終処分場の延命を計ってきた

と言えます。

 

しかし、私の試算では、こうのスラグ化による最終処分場の延命効果は

静岡市の半分以下の焼却ゴミしかない東京都日野市と同程度です。

 

焼却ゴミがもしも半分だったら(日野市なみなら)

200億円の西ケ谷清掃工場も、70億円の灰溶融炉も不要?だったかも。

 

そういった施設もすでに存在するのであるから、活用は仕方がないだろうが

ごみ減量の余地はたっぷりある。何故なら、政令市でトップクラスのごみ量だから

 

頑張れば、最終処分場は更に延命できる。次を探さなくても済む。

それともあなたの身近な場所に、若者や子供たちのそばに最終処分場をつくるのでしょうか?

 

(3)静岡SAでのゴミゼロフェスタの可能性、2・4現地打合せ決定(参加者募集)

今秋の新東名高速道路 静岡SAでのゴミゼロフェスタ開催に向けて

NEXCO中日本の方と調整中です。

この度、2月4日(土)午前10時から、現地調査と打合せを行なうことになりました。

参加希望者は、壷阪 mirai2@bj.mbn.or.jp まで連絡ください。

 

********************************************************
第232回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年2月11日(土)午前10時~
所 アイセル21 2階 22集会室

第233回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年3月11日(土)午前10時~
所 アイセル21 1階 11集会室

ゴミゼロフェスタボランティア打合せ会兼第234回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年4月8日(土)午前10時~
所 アイセル21 集会室

********************************************************

AD

皆様 今年もやります。ゴミゼロフェスタ

でも、ボランティアあってのゴミゼロフェスタ。皆様のご協力を強く願っております。

早速募集中です。

●ゴミゼロフェスタのボランティア募集と登録の協力のお願い
------------------------------

(1)氏名
(2)連絡先 Email TEL 
(3)4
月8日ボランティア説明会参加  
(4)4月23日ボランティア参加 ※参加時間帯(午前、午後など)

  11時~13時が一番忙しいです。

  ・フル_8時~15時30分 できるだけフル参加でお願いします。

  ・午前_8時~12時30分 ・午後_12時~15時30分
(5)来場手段 (相乗り歓迎) JR駅での送迎希望 JR送迎車提供可など
(6)昼食 希望 (希望者にはおにぎりを用意します)

  推奨 お弁当と水筒持参

(7)4月23日夕刻 懇親会 参加(会費 2000円程度)

(8)希望ボランティア種類 例 何でもOK, ~~こそやりたい など

--------------------------------------------------

<<<ボランティアの種類>>> ※全体にダブります

事務局ボランティア 10名程度 全体を取り仕切ります

 

①誘導・駐車場ボランティア 15名以上 (8時~14時) 

  ※ 会場内への車の誘導、駐車場誘導、駐車場より徒歩の誘導など

②不用品受入れ、会場内誘導 ボランティア 20名以上(8時~14時)

 ※車で搬入された不用品、古着などを車から降ろし、所定の場所に運搬

  11時以降、会場内への入場誘導、会場内での駐車誘導など

③会場設営ボランティア 10名以上(8時~12時)

 ※持ち込まれた不用品、古着を午後の「持帰り」に向けて陳列・保管などの役割

④不用品・古着担当ボランティア 30名以上(12時~14時) ※押し寄せる人々の交通整理

 

●後片付け  総力 40名以上

14時~15時 の短時間で会場残り物(古着は古紙回収業者 不用品は、不燃・可燃の分別をして工場側に渡す)整理

 

●送迎ボランティア

JR静岡駅、JR清水駅からボランティアの送迎

時間詳細は未定 7時半頃現地集合出発 沼上清掃工場へ

お昼頃 沼上清掃工場出発 各駅へ

3時半頃 沼上清掃工場出発 各駅へ

 

<参考、チラシとボランティアマニュアル>

第24回ゴミゼロフェスタ チラシ(2017年4月23日開催)

ダウンロードアドレス http://yahoo.jp/box/IFsNDK

第24回ゴミゼロフェスタボランティアマニュアル

ダウンロードアドレス http://yahoo.jp/box/IQXDNZ

第24回ゴミゼロフェスタボランティ誘導・受入グループのメモ

ダウンロードアドレスhttp://yahoo.jp/box/8lJ3XK

昨年は久しぶりの最終処分場訪問。

どんなにがんばってもあと10年で最終処分場がいっぱいになってしまいます.

※このまま行くとあと約8年で満杯

 

静岡市は、ごみ減量に頼るというより、

2004年4月竣工の沼上清掃工場の灰溶融炉

2010年4月竣工の西ケ谷清掃工場のコークスを燃やす新日鉄シャフト炉式溶融炉

によって焼却灰をスラグにして、路盤材として活用することで延命をしきました。

 

しかし、それでも最終処分場へ飛灰や溶融残渣を埋立なければなりません。

 

※2006年度に埋立量が減ったのは、灰溶融炉が竣工直後2004年7月に爆発事故を起こし

本格運転ができない状態が続き、2006年度からようやく、処理能力の半分運転を始めたため。

 

最終処分場の延命は、技術や巨大施設、エネルギーの消費によるのではなく、

消費生活の見直しによるごみ減量しか道はないと思います。

 今年も定例会やります。是非ご参加ください

********************************************************
第231回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年1月14日(土)午前10時~
所 アイセル21 1階 22集会室
第232回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年2月11日(土)午前10時~
所 アイセル21 2階 22集会室

第233回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年3月11日(土)午前10時~
所 アイセル21 1階 11集会室

ゴミゼロフェスタボランティア打合せ会兼第234回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年4月8日(土)午前10時~
所 アイセル21  集会室

********************************************************

AD

2017年に思う解決へのヒント 東田直樹 若者 和解の力・・暗中模索

 

「体力」「好奇心」「語学力」

旅を楽しむ3要素とは思いつつも

語学力の基礎の日本語ですら、衰えを感じる。

 

努力が足りないのはもちろんだが、

年とともに衰えは避けられない。

 

我が人生の最大の反面教師=百歳になる父。

未だに食欲旺盛、元気なれど、かつての面影なし。

しかし、それは明日の私だと気が付かねばならないと思う。

暗中模索の私は、「東田直樹」という「天才通訳」に出会った。

「自閉症」というハンディキャップの世界を

13歳の時に本にまとめ、自ら解説している。

 

560円の文庫本があるのを知り、Amazonで早速購入。

年末にやっと届く、「自閉症の僕が跳びはねる理由」

そしてすぐに、「自閉症の僕が跳びはねる理由2」も入手した。

 

認知症、ガン、失語症、孤立感・・・現代人は、いつも危機と裏表にいる。

そうなったら、「どん底」=回復不能・・と思いがちだ。しかし

私には、東田直樹さんが、「何も心配はない。少し違うだけだから・・・」と語りかけてくれたと思えた。そこには奇跡的な希望が見えた

君が僕の息子に教えてくれたこと(NHK2014年放送)

https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1417185638321569/

http://www.dailymotion.com/video/x29ebah


自閉症の僕が飛び跳ねる理由 / 東田直樹さん 投稿者 JKzappa

 

自閉症の君が教えてくれたこと(NHKスペシャル2016/12/ 11放送)

https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1419144598125673/

 

 

「若者は若者であるという時点で社会の中で生きづらさを感じている」

「若者が、商品や物品の、さらには自身の人生の『消費者』になってしまい、

けっかとして自身の人生をも自分で決めることができなくなってきている」

自分の若かった頃と彼らは別次元なのだということを、何故気がつかなかったのだろう。

同世代であっても、それぞれの個性が違うのに、「現代の若者」と何故くくってしまっていたのだろう。

自ら主催するゴミゼロフェスタのボランティア集めのこともあったり、次世代に繋ぎたいという思いもあったり、若者・学生が主催するイベントにはそれなりに参加してきたが、昨年末にやっと気がついた。

何にもわかっていなかったんだ!

10・22わかもののまちづくりフォーラムでの両角 達平君からのメッセージ

 

https://www.facebook.com/gomizeromirai/videos/1354146077958859/

https://youtu.be/xkLmzxrqq4M

そして両角 達平君のこと

http://wwuffingtonpost.jp/tatsuhei-morozumi/

http://tatsumarutimes.com/

 

 

このフォーラムでのテーマは、若者が中心となって企画運営する街創りがテーマだった。
彼らは、全国の青少年センターの先進地区を紹介し続けていた。

何度も聞いていたつもりだったが、11・26東京のユースセンターの視察報告会で言葉が脳裏に焼きついた。

 

「若者は若者であるという時点で社会の中で生きづらさを感じている」

かつて「若いという字は苦しい字に似てるわ~♪」という歌があったが、そういう意味ではなさそうだ。

何でもある24時間コンビニ世代と言えども、バブル崩壊してから生まれ育った若者と、貧しくても高度経済成長の中で育った私の世代は、比べることなどできない。

若者が何かを失ってしまっていることと、この国の保守化、右傾化とは関係が深いと思っている。

政治に無関心と言いながら、安部内閣の高支持率を支えるのは相対的には若者世代であるとも聞く。

 

「過去の過ちを認めないで、和解すること」を「和解の力」と表現、

他国へ出かけて行っても必要なら武力行使ができるとしながら、「不戦の誓い」だと。

その直後の稲田防衛大臣の靖国参拝。「祖国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意と追悼の意を表することは、どの国でも理解して頂けると考えている」

誰が虐殺をしたのか、他国との歴史を振り返らなければ、居心地の良い言葉なのだろうか?

 

私には、「汝殺すなかれ」「金持ちが救われるのはラクダが針の穴を通るよりも難しい」とする聖書を信じ、妊娠中絶を否定するほどは「命を尊び」ながら、無差別殺人=空爆を積極的に肯定する米国のキリスト教原理主義者の心の闇も不思議でならない。

安倍総理や稲田防衛大臣がもてはやされる意味がわからない。支持の意味がわからない。

当たり前の表現で、この動きを批判すると「良識」ある若者が私に助言する。

そんなにヒステリックに批判したら、伝わらない・・・

 

この絶望を認めるところからしか、始まらないのだろう。

 

2017年も暗中模索の赤とんぼ・・・

 

2017年1月2日記 壷阪道也

10月16日開催の第23回ゴミゼロフェスタの報告書を完成させ

11月18日(金)報告書の提出と反省会のために沼上清掃工場に行ってきました。

 

午前10時、清掃工場の管理棟に灰ってビックリしました。

あの広いロビー一面にあった「ゴミの中からの展示」がすべてなくなっていたのです。

工場長にお聞きしたら、「最近、上からの指示で、キレイに廃棄処分した」とのこと。

 

これらがすべてです。すべてなくなっていました。廃棄処分=捨てられたのです。焼却・埋立です

 

ゴミとして集められたものの中には、未だ使えるものがたくさんあり、中にはかなりの貴重品も多いのです。

子どものオモチャ、時計、ギター、家具とにかく色んなものが展示されていました。

 

ゴミゼロフェスタの際は、トイレ使用のために、中に入られた方も多いでしょうが

間違って持ち帰られないように、キチンと柵をしてあったくらいです。

 

実はこの展示コーナーは、沼上清掃工場竣工(平成7年)当時からあったのですが、

今から数年前に、更に増え現在までのようになったのです。

数年前沼上清掃工場の職員だった方が、ゴミの中から集め、このくらいの大規模なものにしたのでした。

当時の出会いについては、下記のようにブログに記してあります。

 

2011-04-09 05:41:12

ゴミの中からの展示コーナー・沼上清掃工場が変わった理由!

http://ameblo.jp/gomizeo/entry-10856057724.html

 

私は、18日の午後に情報公開請求の資料を受け取るために、静岡市役所本庁に偶然行きました。

実は、その職員方の転勤先がわかっていたので、早速報告しました。

私は、「大きな場所を占拠していたので、縮小という選択もあっただろうに、

どうせ廃棄するなら、直前のゴミゼロフェスタに出せば、欲しい方はいっぱいいただろうに」

 

その方は

「あの展示の意味が廃棄せよと命じた方はわかっていなかっただろう。

見学に来た子どもたちが、ゴミの中に、こんなに宝物があることに驚いていた。

安易にゴミにしようとする風潮におかしさを感じてもらえていたのになあ・・

整理が悪くて見てくれが悪かったら、整理整備すればすむことを・・・残念ですね

教えてくれてありがとう」

 

短い会話でしたが、心の通った会話でした。

 

確かに、静岡市はゴミゼロフェスタ=不用品を生かすイベントに協力してくれています。

ただ、「廃棄せよ」と命じた方、それに従った方々は、

ゴミゼロフェスタの意味をわかってくださっているのだろうか?

 

 

ボランティアスタッフ約70名

入場乗用車台数498台

バイク自転車約30台

入場者数約1300名(推定)

会場カンパ18,015円

 

第23回ゴミゼロフェスタ報告書

http://yahoo.jp/box/N5pMlm

 

第23回ゴミゼロフェスタ大成功 2016年10月16日

https://www.youtube.com/watch?v=I7WmDa8uWgw

 

まあ、そうは言いながらもゴミゼロフェスタは続きます。

********************************************************
第230回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2016年12月10日(土)午前10時~
所 アイセル21 2階 22集会室
第231回「ゴミゼロプラン静岡」市民ネットワーク定例会
2017年1月14日(土)午前10時~
所 アイセル21 1階 22集会室
********************************************************