2014-07-24 00:26:30

「ゴング」復刊宣言!

テーマ:Pro-wrestling

今回のブログ更新をもって、正式発表とさせてもらいます。

9月9日(火)、ゴング復刊・第0号の発売が決定しました。


販売元=徳間書店

編集部=ペールワンズ(代表・井上崇宏)

編集長=金沢克彦


上記が決定事項です。

それにしても長い日々でした。

ゴング復刊に向けて、月刊書籍『KAMINOGE』編集長の

井上崇宏氏が動き出してから、もう1年以上が経過しています。


ようやく正式決定をみたのは、今年6月に入ってから。

それはそうです。

出版不況はこの10年、まったく変わりません。

そんな状況で、一時にはどん底状態まで落ちた

プロレス界を専門誌として扱うというのは、

いくら「ゴング」というブランド名があったところで

一朝一夕に進む話ではないのです。


まず、歴史と伝統をもった「ゴング」の名前を

再び世に出してくれる徳間書店さんをはじめ、

発売に関して骨を折ってくれた各社、各氏に感謝します。


そして、粘り強く交渉を続けたうえで、

ゴングのベースを作りあげ、

「金沢さん、編集長をお願いします!」

と、強引にふたたび私をゴングのステージへと

引っ張り出した井上氏にも感謝とともにご苦労さまと言いたいです。


そういえば、ゴングが思わぬかたちで

呆気なく休刊を迎えたのは、

2007年3月のこと。

あれから、7年半…当時ゴングに関わっていたスタッフたちは、

みんなそれぞれの世界で生き抜いています。

昔の仲間たちが集合するとか、そういうノスタルジー的な考えは、

実際不可能だし、通用しないことも充分に分かっています。


それでもたった一人、私がもっとも信頼を寄せる男、

週刊ファイト→週刊ゴング→フリーと同じ道を歩んできた

25年以上の腐れ縁にして、最高の仕事仲間である

”O・N君”が仲間としてまた駆け付けてくれました。

こんな素晴らしい友人に恵まれたことにも感謝!


さて、今回、私を見事に引っ張り出した井上氏は、

私が2005年末にゴングを離れフリ―となって以来、

さまざまな仕事を何度も一緒にこなしてきました。

「風になれ」、「力説 長州力という男」の2冊の単行本も

井上氏の尽力があって、私の著書としてこの世にでたもの。


その際、井上氏はお金を受け取ることもなかったのです。


「僕は実より名を取りますから」


つまり、会社(ペールワンズ)にお金を入れることより、

本を出したという実績のほうが大切だということ。

こんな人物に出会ったのは初めてでした。


だからこそ、私は井上氏を信頼しているのです。

彼とO・N君と、その他の仲間たちがいてくれたら、

怖いものなどないのです。


遡ること、15年半前、1999年1月6日、

私は『週刊ゴング』編集長に就任し、

2004年10月15日に辞任するまで、

6年弱、編集長を務めてきました。


恩師である竹内宏介さん(故人)に

編集長就任を告げられたのは、

なんと就任12日前のこと。

あまりの電撃人事に愕然としたし、

葛藤や苦悩を感じる暇もないほど忙しい

世界へと突然放り込まれました。


あのとき、新編集長として最初に書いたコラム原稿の

締めのフレーズはいまでも覚えています。


「正直いって、不安でいっぱい。

ただし、不安より自分自身への期待のほうが遥かに大きい」


あのとき、私は37歳。

いま、52歳になった私が「新生ゴング復刊」へ向けて、

心境を述べるとしたら、こうなるでしょう。


いま、オレは青春してる。

ビッシビシ行くぞ!


某選手が発したコメントがイチバン近いような気がしています。

いまは、復刊0号の制作に全精力を注ぎ込んでいる段階。

その先には、当然定期刊行という目標があるし、

そうしなければいけないと思っています。



こうやって、井上氏らと日夜作戦会議を開催しています。

これはあくまでミーティング終了後の記念写真。

ただ、飲んでいるわけじゃありませんよ、念のため(笑)。


みなさん、大変お待たせしました。

新生ゴング、復刊させていただきます。


なお、本日正午更新の『ビッグファイト』でも

ゴング復刊をテーマにもう少し掘り下げて書かせてもらいます。


また、本日の午後10時~11時まで、

ニコニコプロレスチャンネル『NICONOGE』生放送に

私がゲスト出演します。

今回は偶然にも井上氏の出演回でもあるので、

そこで相当に突っ込んだ会話ができるかと…。


ぜひ、ご覧くださいね!

いいね!した人  |  コメント(122)  |  リブログ(0)
金沢克彦さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

122 ■知らんかった!

ゴング復刊おめでとうございます。
録画してたワールドプロレスリングを観てもうビックリ!!
もうこれは絶対買わないといけない!
なぜなら、それが自分の青春だったから。

メディアの形も多様化した今、紙媒体で復刊する事が良い事なのかどうか分かりませんが、だからこそ復刊には尋常ではない勇気と労力が伴う事だったと思います。

その行動力に、プロレス観戦にも通じる力を貰いました。

明日、本屋さんで会えるのを楽しみにしています(^^ゞ

121 ■復刊!

ゴング復刊おめでとうございます。
自分も購入しました、なんか感動です。

120 ■思わず!

コンビニで絶叫しちゃいましたよ!!
これからも楽しみにしてます!!
ゴング万歳!!

119 ■GK おめでとうございます。

もう、これ以上の喜びはないです。とても、嬉しいし感動感謝です!

118 ■ゴング復刊おめでとうございます!

週刊ゴングを小学生の頃から、No300号あたりからずっと購入していた金太郎と申します。

子供の頃からずっとゴング派でした!

今はネットですぐにプロレスの結果等がリアルタイムで見れてしまう時代なんですが、逆に流れが速すぎると思うんですね。(団体も多いですし)

こういうのを逆手に取って、月刊誌にして欲しいと思います!
ひと月前の全結果(各団体の主要試合)を見れるようなプロレス雑誌が欲しい。
ネットの結果って一回見るともう見ないし、手元に残って見返せるものが欲しいんですよね。

かつて月刊誌から始まったゴング。月刊ゴングとして復活させてはいかがでしょうか!?

週プロ4冊分以下の価格で1カ月分の情報量で本が出せれば皆買うじゃないでしょうか?

新しいゴングに期待しております。まずは復刊おめでとうごいざいます!

117 ■ゴング復活!!

ゴング復活おめでとうございます。
最初は週プロ派でしたが、1996年の週プロの一連の取材拒否でゴング派に切り替えました。
その際の金沢さんによる長州のインタビューや、週プロへの反論なども読みました。
新生ゴングを心待ちにしております。

116 ■ゴング復刊宣言!

ゴング復刊したら購入します。ゴングの発売が待ち遠しいです。

115 ■ありがとうございます

復刊を知った時、うれしさがこみ上げ、これからが楽しみだという気持ちになりました。
金澤さんに、ただただ感謝です。
どうかお体を大事にされながら、本物のプロレス雑誌を作り続けていってください。
本当に楽しみです!

114 ■祝 復活祭

ゴング復活、おめでとうございます。

小学生~社会人までずっと買い続けてました。

プロレス会場巡りが大好きでした。

113 ■凄い!

ゴングは中学~高校と読んでいました。前田日明のスープレックスの分解写真に胸ときめいたなぁ…KAMINOGE、毎月読んでいます。
新生GONGも買います!!

112 ■祝☆

俺の青春が帰って来た!
おかえりなさい!(^◇^)

111 ■無題

かつて毎週ゴングを買っていた自分には、週プロはいまだに受け入れられません。そしてGスピリッツでもGリングでもなく、ゴングじゃないとダメです。復刊、待っていました。拡散しまくります!

110 ■夢じゃない

ゴング復刊おめでとうございます。
夢のようです。
いや、夢じゃない。
It's real !!

109 ■はい。買います。

2冊買うかも。

108 ■無題

『新日本プロレス甦る黄金時代』と言う本買いました。昔のプロレスはよかった。昔のゴングの復刻版出してくれたら嬉しいです。

107 ■ウルっと来ました

ゴング復活決定ですか…感慨と共に涙腺が弛みました。

昭和からのファンである私にとってはゴングは、有るのが当たり前でしたから、ここ数年は大切な何かが欠けた感覚でおりました。

復活するからには、ゴングのイズムも再生させてください。期待してます。

「ファイト」を誰か復活させてくれないものですかね…。これ戯言、失礼しました。

106 ■感無量…

最近塞ぎ込みまくっていた僕を奮い立たせてくれる御報告です!時は来た!
とりあえず創刊号は飯代を抜いてでも買いますよ、絶対に。
嬉しい悲鳴が止まりません!キェー!

105 ■たのしみにしています!

金澤さん頑張ってくれ!今の週プロなら勝てる!

104 ■無題

昔、白山に住んでいたプロレスファンとして、プロレス雑誌と言えばゴング以外に考えられません。
金沢さん期待しています。

103 ■俺も青春してます^_^

はじめまして、いつも拝見させていただいてます。ゴング復刊うれしいです。大学の頃、よく通学中に見てました。橋本vs小川時代ですね、何度目かの青春、期待してますよ~で、それ言ったからには柴田特集もお願いします(笑)

102 ■リングの上も、雑誌業界も

やっぱり、ライバルがいないと業界は盛り上がりません!高い志に感動しました!

101 ■ゴングが再び鳴った!!

ゴングが再び鳴った!!
長いインターバルが終わりましたね。何ラウンドかわかりませんがまた頑張ってください。

100 ■無題

ゴング復刊オメデトウゴザイマス!

嬉しい限りです!

物事は起こるべくして起こっているんだと思います。
楽しみにしています。顔晴ってください!

99 ■新生GK編集長、爆誕!

ゴング復刊、おめでとうございます。
期待しちゃって、イイですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧

98 ■うれしい!

小学校、反選手会同盟の頃からゴング派ですっ!本当にうれしいです!ありがとうございます!

97 ■とにかく楽しみです!

ゴング復刊、嬉しく思います。

実は金沢さん退社後の少し後からですが、
NSPで編集等の仕事をしていまして、
ゴングの休刊までを、体験しました。

その時から、止まっていた時計が、動き始めるのは、嬉し過ぎます。そして、再び、金沢さんの作るゴング、楽しみ過ぎます。

96 ■たぎってキターッ!!

金沢さん‥‥‥‥出版の世界に、

いや、戦場に戻って行くのですね!

本当にビックリです!!

ゴングを離れた時より、今までしてきた経験が

金沢さんの血肉(新たな武器)となり、

それがこれから生まれるゴングで披露され、

私達ファンに提供されるとは‥‥‥‥‥!!!

夜中にこんな衝撃はないですっ!!!

たぎってしまいました!!!

本当に期待しております!!!

頑張ってください!!!

95 ■復刊おめでとうございます!!

生まれて初めて買ったプロレス関連本が月刊ゴングでした(確か第2回MSGタッグリーグ戦のあたり)。

ボクシングとキックまで載ってるし、某ライバル誌より海外情報が充実してたので、当時小4の自分にとってはすごくお得感がある雑誌でした。

新生ゴングも期待してます(^^)/

94 ■無題

ゴング復刊おめでとうございます。期待してますGK編集長!!

93 ■帰ってくる!

とうとう、「ゴング」が帰ってくるんですね!
結婚してから、「週刊ゴング」とテレ朝のワールドプロレスリングを教科書に
毎週、家で講義を受けていた日々が思い出されます。
新しい「ゴング」はどういうスタンスになるのか、それはこれから明らかになるわけですね。
楽しみにしてます!

92 ■無題

ゴング復活おめでとうございます!


ビッグファイトもチェックしてますよ!

プロレスサイコー!

91 ■流石です!

ゴング復活、おめでとうございます!
私は勿論プロレスファンですが、前回金沢さんがお怒りになった、このブログをちゃっかり読むだけで、コメントするのは初めてのファンです。
ですが、今回の吉報を読ませて貰い、金沢さんが我々には計り知れない、万難を排して、ここまで漕ぎ着けたのだなという事実と、金沢さんの現在の昂揚感が文脈から痛いほど伝わりました。
プロレス云々はさておき、その己の仕事にかける並々ならぬ熱量に、1人のビジネスマンとして芯から敬服し、初めてのコメントをした次第です。
我ながら場にそぐわない堅いコメントで、申し訳ありません。今後とも応援し続けておりますので、頑張って下さい‼︎

90 ■復活おめでとうございます!

ゴング復活おめでとうございます!
90年代、ゴングで育ったので凄く嬉しいです!
今、プロレス界はどんどん盛り上がってきてますが、ゴング復活がそれにブーストをかけてくれれば! って思います!
楽しみにしてます!

89 ■復刊おめでとうございます。

ゴング復活嬉しいです。(^-^)


9月9日期待してますo(^-^)o

88 ■おめでとうございます!

待ってました!絶対買います♪

87 ■待ってました!

俺は「ゴング派」です。

わけあって今は週プロ読んでます(笑)

だから、ゴングが復活は感無量です。

だから、ぜひ続けてください。

すぐ終わるのはダメです

続けてください。

86 ■無題

ゴング来るーー!!( ≧∀≦)ノ☆

9・9待ちきれないっ!
超超超~楽しみにしてます!ビッシビシお願いします!嬉しいっ!

85 ■たまたまですが

プロレスファンになり初めて手に取ったプロレス誌がゴングでした。それ以来ゴング派でした。復活楽しみです。

84 ■待ってました!

週間ゴング楽しみにしてますね!

毎週、私は週間プロレス、週間ゴング両方読んでました。

大仁田劇場の金沢さん、好きでしたよ!

楽しみにしてます。

ガンガン、我々ファンを熱くしてくださいね。


でも、このブログは止めないで下さい!

金沢さんに意見や感想を知って頂く大切なツールです!

特に『事件』や『価値観』を問われた時にはファンの意見にも編集長に知ってもらいたいです。

83 ■キタキタキタ

金沢さん♪初コメです♪ゴング復活嬉しすぎて(泣)

高校時代は、携帯なんてなく情報はゴングでした!
駅のキヨスクで必ず買ってました♪♪♪
淡い青春時代が甦ります♪
身体に気をつけて無理せず爆進お願いいたします(笑)

82 ■無題

ゴング復刊、期待してます。
ゴングと週プロのおかげで、ひとつの出来事(試合)を違う視点から見る習慣がつきました。

81 ■表紙に注目!

衝撃でした!金沢さんが編集長になられた時から、急激にゴングがグレードアップしたと感じたのは、私だけでしょうか?特に大仁田が京都に乱入した時に、リング上で長州がトーキックをぶち込んでいる表紙には、度肝を抜かれました。あれが金沢編集長の号砲であったと思います。Gリングの創刊号の表紙はグレート・ムタでしたが、今度はどんな表紙になるのか要注目です。ポスターも付くのでしょうか? 今から楽しみで仕方ありません。
ゴング派は週プロを否定する訳ですが、プロレスの灯を消さずにここまで継続し続けていることに関しては、全てのプロレスファンは、素直に賞賛するべきだと思います。

80 ■待ってました!

初めてゴング買って、読んだ時の引き込まれた文章が金沢さんの記事。
また本で読めるのは幸せ♡
スマホに予定入れました(笑)

79 ■ゴング復刊が、感無量です!!

ゴング復刊、おめでとう御座います!!凄すぎる信頼の結晶ですね。
m(Τ皿Τ)m
嬉しいを通り越して、言葉に成りません(嬉涙)!!この嬉しすぎる気持ちと共に、熱い夏を過ごしてます。
そして新しい伝説誕生の9月9日以降に、再びコメントさせて頂けたらと思っております。
ゴング復刊、これからの更なるプロレス黄金時代の到来。
ゴング復刊、スタッフの皆様、金沢さん、皆様、最高ダァー!!
(≧皿≦)ノ

78 ■ありがとうございます

待ち遠しいです。ゴング魂は消えない!
金沢さん、飲み過ぎに気をつけて。

77 ■ありがとうございます

ゴング復活・・・うれしいです。
ゴングが廃刊して熱も冷めてました。
息の長い雑誌を期待します。
がんばってください。

76 ■GKファン

ついにこの時が来ました!
ゴングファンとしてこれ以上の喜びはありません!
ただ編集長になられても、テレビ解説&ブログは引き続きお願いします!

75 ■無題

うレ~~~ベルの違う、イヤァオなプロレスの教科書たるゴングの復刊!たぎるゼァッ!!!ホーーーーーーッ!!!
金沢さん!応援してますっ!
あ~いしてま~す!!!

74 ■無題

今まで、ゴングは読んだことがないので、期待して待ってます(^ω^)

73 ■スゲーにこんがらがって

この嬉しさを、俺なりに表現するとしたら

ごつフッカン・ゴング 14 ON FIRE !!

もうコレしか思い浮かばないよね
楽しみすぎんだろ!ロッケンロー!!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み