1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-08 09:28:13

九州北部豪雨視察報告4

テーマ:◉九州北部豪雨◉
九州北部豪雨視察報告
  事務局長 津谷

【福岡県朝倉市杷木/7月16日視察】

赤谷川上流に向け、山側の道を徒歩で視察に向かうと、道路は数ヵ所寸断されており、昨日までの突貫工事で仮の道ができ、さらに上に。
 
川沿いの家屋も山側の家屋も土砂が一階部分を突き破ってむき出しになっていたり、傾いていたり、押し潰されていたり、地域一帯厚い土砂に埋め尽くされていました。ライフラインの整備はいつになることか、大量の土砂や流木の撤去もままならぬ状態。
 
この日は晴天、とても蒸し暑く、二次災害の恐れがある中、住民の方が家に物を取りに戻っていたり、潰れた家屋の上に呆然と立っていたり、ボランティアの方と自宅から家具や建具などを外に出し、土砂を運び出している住民の姿を目に言葉がありませんでした。
 
この地区は立ち入りが規制されていました。まだ広範囲で山崩れが起きる恐れがある状況下、住民の方が自宅で安心に暮らせるのはいつになるのでしょうか。
 
停電で電力会社が復旧工事。川では自衛隊員らが行方不明者の捜索中。市の職員が飲料水を住民に声をかけながら配って回っており被害の大きさを痛感しました。杷木星丸にある松末小
学校までたどり着くと、校庭は厚い泥で埋め尽くされ、車も埋もれている中、自衛隊員の休憩場所となっていました。
 
校舎の裏手の山が崩れていて30台程車が土砂に埋まっていました。そこに消防団の方がいて当日の状況を話してくれました。
 

『5日午後2時前、赤谷川が氾濫し辺りは停電、バケツをひっくり返したような猛烈な雨の中、コミニティから更に松末小学校に避難するよう呼び掛け児童や住民ら50人ほどここに避難した。高齢者の方が小学校まで車で避難に向かうも濁流に襲われ車から救出し、膝まできている濁流の中を背負って小学校まで避難してきた。
 
小学校の3階から外を見たら、川が氾濫し避難してきた道も破壊され校舎も濁流に呑み込まれ孤立状態になったと認識した。山崩れの音と揺れで更にここも危ないと思った。停電で真っ暗闇の中励まし合いながら一夜を過ごし、6日になって、自衛隊も土砂で道路が埋まっていて小学校までこれないということで、救助のバスの待機場まで徒歩で移動した。行方不明者がいる事も知った。』
 

迅速に小学校まで避難できた人が難を逃れたのだと思った。
 

小学校から先は道路が寸断されて進めず、前方には孤立した集落が見えていました。ここでも自衛隊員らが川で行方不明者の捜索、重機での復旧作業をしていました。この先上流に進めず引き返えしながら、あまりにも被害の大きさに私たちは何が出来るのか…。



◆九州北部豪雨から1カ月
今月5日で九州北部豪雨から1カ月になりました。福岡県・大分県で36人(朝倉市では30人)が亡くなり、朝倉市では5人がなお行方不明のまま。国土交通省によると、がけ崩れなどの土砂災害は278カ所、道路被害は1199カ所、流木の発生量は推定約21万立方メートル(約17万トン)に達した。8月4日現在、住宅の全半壊は両県で計775棟。計268世帯540人が避難所生活(1200人以上が自宅外で暮らす)を余儀無くされています。一日も早い復興を。

皆さんご支援ありがとうございました。
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-08-01 19:34:48

九州北部豪雨視察報告1

テーマ:◉九州北部豪雨◉
九州北部豪雨視察報告
  事務局長 津谷

【福岡県朝倉市杷木/7月16日視察】

ここ杷木地区でも7月5日から6日にかけ、猛烈な雨が降り続き、あちらこちらで山崩れ(山腹崩壊)が発生し「赤谷川」も氾濫、犠牲者が出ました。この日も上流で孤立した(川の氾濫・山崩れ・道路寸断)部落の老人が今(7月16日現在)だ行方不明で、川を中心に自衛隊や消防隊が捜索していました。土砂や流木が中堤防をえぐりとり、川の原形が残っておらず、家屋・畑をのみ込み土砂で埋め尽くされていました。
 
ここで酪農(牛)を営んでいる男性は、『この赤谷川の川幅は通常3メール位で、小川のような穏やかな川だったが、土砂で中堤防も道も住宅も畑も破壊して、流木と泥に埋もれた。
 
5日夕方から明朝にかけ小石が降っているような激しい雨音、窓から外を見ると恐ろしい雨の量と降り。裏山からザザーザザーという音と同時に、家が小刻みに揺れ、竹が弾け砕ける凄まじい音がした。
 
今まで聴いた事のない牛の壮絶な鳴き声がかすかに聞こえてきたが、足がすくみ身動きできず。しばらくしてグォグォゴォーという音と同時に今度は家が大きく振れ、土砂と流木が家の横の道を下っていき、とても恐ろしく身の危険を感じた。明るくなってから外を見に出たら、自宅も道も車庫にあったトラックなどが土砂に1メール以上埋まっていた。
 
牛が心配で見に行ったら一頭残らず姿がなかった。
 
近所の男性も家の中で遺体でみつかった。自分が生きているのが奇跡的だ。』と重い口調で語ってくれました。
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-30 15:35:18

新聞に掲載されました。引き続き、ご協力お願いいたします^^

テーマ:◉九州北部豪雨◉
【九州北部豪雨支援】
◆7月24日 岐阜新聞に掲載されました
『NGO・アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ』事務局メンバー被災地視察報告・支援活動・支援金の呼び掛けが記載。

◆口座名
   アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ
◆口座番号
㈰郵便局から
  00810-6-118603
㈪銀行からゆうちょ銀行
  0八九支店  当座118603

[お問い合わせ]
  事務局電話番号 080-3074-4467
  ファックス 058-391-2071
   ご氏名・ご住所・ご連絡先の電話番号・ご用件など必ずご記入下さい

[事務局住所]
◆〒501-6273
   岐阜県羽島市小熊町2-365
     アジア太平洋子供救済センター
   この指とまれ
       (代表) 後藤 明
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-25 07:46:18

【九州北部豪雨支援】◆7月22日第3便発送

テーマ:◉九州北部豪雨◉
【九州北部豪雨支援】

◆7月22日第3便発送
岐阜県羽島市の事務局より『NPO法人BOND&JUSTICE』さんの福岡県三井郡にある支援物資中継地点に、炊き出し用食材ジャガイモ約60キロ・玉ねぎ約30キロ・乾燥野菜(椎茸・トマト他)
水2L×6本入り×50ケースを発送しました。
 



◆支援金のご協力お願いします
頂いた支援金は、被災地朝倉市などで炊き出しをしているボン・ジャスさんから要望のある品の購入費、被災地地元の野菜などの食材の購入費などに使わせてもらいます。避難生活も長期化となるので、炊き出しも続けていきます。皆さまご協力ご支援宜しくお願いします。
 
 
 
◆口座名
   アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ
◆口座番号
①郵便局から
  00810-6-118603
②銀行からゆうちょ銀行
  0八九支店  当座118603

[お問い合わせ]
  事務局電話番号 080-3074-4467
  ファックス 058-391-2071
   ご氏名・ご住所・ご連絡先の電話番号・ご用件など必ずご記入下さい。

[事務局住所]
◆〒501-6273
   岐阜県羽島市小熊町2-365
     アジア太平洋子供救済センター
   この指とまれ
     (代表) 後藤 明
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-22 10:11:50

九州北部豪雨支援報告

テーマ:◉九州北部豪雨◉
【九州北部豪雨支援】

◆7月19日第2便発送
岐阜県羽島市の事務局より『NPO法人BOND&JUSTICE(略ボン・ジャス)』さんの福岡県三井郡にある支援物資中継地点に、依頼品の炊き出し用フードパック2000ヶ・アルミケース(惣菜小分け用)2000ヶ・マヨネーズ1キロ×2本を発送しました。

◆九州北部豪雨から2週間
気象庁は7月19日今回の記録的な豪雨を『平成29年7月九州北部豪雨』と命名。19日現在犠牲者34人・行方不明者7人。朝倉市と東峰村では現在もおよそ800人が避難生活を送っています。19日から小学校の敷地に仮設住宅の建設が始まりました。
 

ボン・ジャスさんは、朝倉市で既に炊き出しを開始。朝倉市役所に申請、中学校やコミュニティセンターなどでの炊き出しの日程も組まれています。また浸水、土砂崩れの被害宅の家屋の掃除などのボランティア活動もしています。
この指とまれはボン・ジャスさんの後方支援をする事にしましたので、皆様のご協力お願いします。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-20 07:22:04

九州北部豪雨視察2

テーマ:◉九州北部豪雨◉
九州北部豪雨視察報告  
事務局長 津谷
 
 

【福岡県朝倉市菱野/7月16日視察】

今回の豪雨で朝倉市では、5日深夜までの24時間雨量が観測史上最大の515ミリ超となりました。朝倉市菱野の筑後川水系「堀川」も氾濫。土砂崩れの土砂や流木が流れ込み大きな被害が出ました。1789年に造られた史跡「三連水車」米どころ朝倉のシンボルは、大量の土砂と流木に埋まってしいました。
16日視察の際には、三連水車や一帯の道路の土砂や流木などは撤去されていました。しかし、大きな水車の歯車にはまだ流木が突き刺さったままでした。街中では店や家屋の土砂の掃除をしている住民やボランティアの姿がありました。
 
街にはまだ手付かずのままの流木があちらこちらに。田園では、田植えを終え成長していたはずの苗は土砂で埋もれ、水田の跡形も無くなっていました。
 
ところどころで車が土砂に埋まったまま。
 
収穫間近な果樹園(桃やブドウ)には、大量の土砂と流木が流れ込んでいました。ブドウ園の持ち主いわく、出荷待ちのブドウは大雨で叩き落とされ出荷できず、果樹園には1メール以上の土砂が流れ込み、年内に土砂を取り除かないと、来年度の出荷が困難。
 
三代続いたこの葡萄園もこれで終わった…と落胆していました。
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-20 07:19:44

九州北部豪雨視察報告1

テーマ:◉九州北部豪雨◉

 

九州北部豪雨視察報告  
事務局長 津谷

【福岡県朝倉市比良松/7月16日視察】

5日の午後6時前から順次、福岡・大分の31市町村に大雨特別警報が発令されました。朝倉市比良松の「桂川」も、今回の豪雨で氾濫。
5日大雨特別警報の出る前の午後3時には警報水位を超え氾濫。川沿いの低い土地の家屋には1時間も経たないうちに床上まで浸水したそうです。区長さんらが公民館に避難するよう呼び掛け、避難できなかった独居老人ら高齢者を腰の上まできている濁流の中背負って、公民館まで避難させたました。昭和28年の大水害の時には、この辺りは浸水しなかったのに…と住民の方が話してくれました。
 

この指とまれ第1便(7月8日トラックで備蓄飲料水持参)は、断水した地域、停電で井戸水(ポンプで地下水汲み上げ)が使用できない家庭に、被害状況を視察しながら転々と配りました。

また、土台がえぐられ校舎が宙に浮いたままの「比良松中学校」を目の辺りにし、自然の驚異を実感。

同行してくれたBOND&JUSTICE大土代表らは、既にこの公民館にて炊き出しを開始していました。そして、朝倉市杷木地区の炊き出しの計画もされており、この指先とまれは、炊き出し等の後方支援をする事になりました。
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-16 16:53:21

【福岡大分豪雨災害支援】炊き出し支援金募集のお願い 

テーマ:【福岡大分豪雨災害支援】

【福岡大分豪雨災害支援】

被災地や被災者への方々に心よりお見舞い申し上げます。

現地に先週、今週とスタッフが二度にわたり現地入りし、現状の支援内容等を確認した結果、NGOアジア太平洋子ども救済センターこの指とまれでは、東日本大震災時より、つながりのある支援団体「BOND&JUSTICE(ボンドアンドジャスティス)以下ボンジャス」さんと連携し、支援活動を行うことに、決定いたしました。ボンジャスさんは、行政と連携し、掃除、炊き出しと、細やかな支援活動をすでに行っております。

「BOND&JUSTICE(ボンドアンドジャスティス)
http://bond-and-justice.com

◉この指とまれの今回の支援内容◉
「炊き出し支援」
支援金を募集いたします。皆様からお預かりした支援金は、日々刻々と変化する避難所からの要望に迅速に答えれるようにするため、この指とまれで取りまとめて必要物を購入したり、現地で購入していただけるように手配して、行います。
(食材をこちらから送るのは食中毒の関係もあるため、行いません)

すでに、ボンジャスさんは、朝倉地区杷木(はき)などでの炊き出しを開始しております。


皆様からのご支援、心よりお待ちしております。


◉支援金振込口座◉

○寄付送金先
・ゆうちょ銀行
・口座名義人:アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ

・ゆうちょ銀行から
00810-6-118603

・ゆうちょ銀行以外の金融機関から
〇八九(ゼロハチキュウ)支店
当座118603

事務局・津谷
電話番号:080-3074-4467



これ以上の被害が出ない事をお祈りします。


写真は、この指とまれスタッフが現地で撮影した、現在の様子です。

 

 

 Hayashi
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-27 17:14:48

東日本大震災から6年

テーマ:被災者からの手紙


◆大熊町立大熊幼稚園より、お便りが届きました

『こちら会津若松市は春なお浅く、朝夕の冷え込みもまだきびしい昨今ですが、お元気でいらっしゃいますか。
この度は、修了記念品として写真入りマグカップをご支援いただきましてありがとうございました。
これまで一緒に過ごしたお友だちの姿が映っているマグカップは、今後離ればなれになったとしても、見ればあの時を思い出すことのできる心強い記念品であります。
遠くから心を寄せてくださり、心強いご支援と温かい励ましのもと、子どもたちは未来に向かって大きく羽ばたいてまいります。この度は誠にありがとうございました。

震災以前、福島県大熊町には熊町幼稚園と大野幼稚園の2園町内にあり、合わせると500名以上の県内のでも有数の大規模園でありました。
しかし、東日本大震災及び原発事故に伴い、同じ県内の会津若松市に全町避難となりました。
そこで幼稚園が2園合同で再開することとなり、当初170名を越える園児が在籍しておりましたが、各家庭それぞれ苦渋の決断により、全国各地に避難する形で、現在では6名となってしまいました。
放射能という見えない敵から逃れるため、どんな状況でも家族は一つ屋根の下で生活したい、また、住み慣れたふるさとのできるだけ近くに住みたいなど、世帯の分だけ想いがある中、引き留めることすらできずに、私たちにとっても身を切られるような辛い6年間でもありました。
しかし、どんな時でも、励ましてくれたのは近くにいる大熊幼稚園の子どもたちの笑顔でした。子どもたちの生きる力の大きさには驚かされるばかりです。ありがたい存在です。
今年度1名が卒園し、1名が転園ということで次年度は5名となる見通しです。さらに園児は減ってしまいますが、最後の一人までしっかりと育てながら、全国各地へ広がった大熊町の子どもたちが、その地への愛着をもって感謝の気持ちを絶やさず、明るい未来を切り開いていってくれることを心から願っています。

2017年3月17日   
大熊町立熊町・大野幼稚園   渡辺 滝』



{56D16E4D-289A-494A-B92E-F516A68FBA4F}




◎『この指とまれ』では皆様よりのご支援と寄付をお願いしております。

○ご支援いただける方は以下にご連絡ください。

事務局・津谷
電話番号:080-3074-4467



○寄付送金先
・ゆうちょ銀行
・口座名義人:アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ

・ゆうちょ銀行から
00810-6-118603

・ゆうちょ銀行以外の金融機関から
〇八九(ゼロハチキュウ)支店
当座118603

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-27 17:09:45

大熊町立大熊幼稚園に卒園・修了記念品寄贈

テーマ:出発した便の情報

【東日本大震災支援】
3月17日 第335便寄贈

◆支援先
福島県会津若松市東町
  『大熊町立大熊幼稚園』


◆支援内容
卒園・修了記念品/園児たちの写真入り思い出マグカップ14個

{E6D94DA8-32CF-4EB6-8CC2-EE7049B8B587}




◆被害状況
2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生から6年を迎えました。
巨大地震、大津波、東京電力福島第一原発事故という複合被害で15893人が亡くなり、今も2553人の行方が分かりません。長引く避難に伴う震災(原発事故)関連死は二千百人余り。
復興庁によると岩手・宮城・福島3県の災害公営住宅は1月現在、計画する約三万戸のうち2割超が未完成、高台などの宅地造成は4割が終わっていません。約12万人が依然自宅に戻れない状況。
原発事故で避難指示が出されていた、福島県飯舘村など4町村では今春、放射線量が高い地域(福島第一原発が立地する双葉町・大熊町と帰還困難区域)を除いて相次ぎ避難指示が解除されます。
しかし、子どもたちの避難先でのいじめ被害など新たな問題が表面化。2012年6月この指とまれ後藤代表が、支援先の二本松市仮設住宅に訪問したお宅のご家族から『浪江町から避難先の中学校に転校した娘(女子中学生)が、地元の男子生徒から、お前は被爆しているだろう。学校に来るとみんなが被爆するから来るな!絶対結婚できない。生まれてくる赤ちゃんは奇形だぞ!などと言われ、体調を崩し学校に通えなくなった。
浪江町の避難指示は爆発事故が起きてからだったので被爆している』など辛い厳しい虚しい現状を聞く事になりました。原発廃炉の行方は見えず、復興にはほど遠い。




◆協賛
今回の大熊幼稚園の卒園・修了記念品のマグカップは、
岐阜県各務原市の田島様と岐阜市の平工様からの支援金より寄贈させてもらいました。
震災当初より、この指とまれに支援金を送金して頂き心より感謝申し上げます。





◎『この指とまれ』では皆様よりのご支援と寄付をお願いしております。

○ご支援いただける方は以下にご連絡ください。

事務局・津谷
電話番号:080-3074-4467



○寄付送金先
・ゆうちょ銀行
・口座名義人:アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ

・ゆうちょ銀行から
00810-6-118603

・ゆうちょ銀行以外の金融機関から
〇八九(ゼロハチキュウ)支店
当座118603


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。