1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-09 08:14:45

熊本地震ご支援ありがとうございます

テーマ:協賛
【2016年熊本地震】

2016年4月14日21時26分に、熊本県熊本地方を震央とする震源の深さ11km、M6.5の地震が発生し、熊本県益城町で最大震度7を観測した。4月16日1時25分には、同県で震度6強の地震があり、M7.3。気象庁は14日以降に続く「本震」と判断した。その後短時間に震度6弱以上の地震が相次いで3回発生。大規模な土砂崩れもあり、阿蘇大橋・・俵山トンネルなどが崩落、ビルや家屋が倒壊。熊本県は4月30日午前9時現在、死者49人・関連死17人・安否不明1人・避難者26567人と発表。



◆有志の皆々様に
個人・団体・各企業の有志の皆々様のご協力で、沢山の支援物資・支援金が‘この指とまれ’事務局に集まりました。また4月20日大分・熊本支援物資発送にあたり物資の仕分け梱包荷積み、その他数々のご協力のお陰で、被災地に迅速かつ甚大な支援ができ心より感謝申し上げます。
大規模な災害ですので、避難生活も長引くと思われます。居住地・ライフライン整備・復興まで、今後も被災者の声をききながら必要とされる支援活動を続けていきますので、皆様のご理解ご協力お願いします。発送しきれなかった物資は、備蓄し要望された被災者に随時発送、支援金は運送費や今後依頼を受けた支援物資購入費につかわせてもらいますのでご了承下さい。

岐阜NGO・アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ 事務局 (代表)後藤 明


◆協賛者

(有)クリーン東海様・小塚メタル(株)様・覚成寺様・ヤマト運輸羽島支店様・福寿小学校様・空手道場「桜塾」様・ミニコミ紙にらめっこ様・カフェぷらな様・いっぽの会様・炙りや藤庵お客様・総菜屋Mam825お客様・建築景観工房エクラ様・なごみや様・さいえいフーズ様・(株)ワークリレーション様・農楽友の会様・ウィーン岐阜合唱団様・陰陽研究塾様・(株)わんなかまんま村様・(有)夢家族様・珠の会様・小谷縫製様・もとすつなぐ会様・ひだまりほーむ様・森のだんごむし様他(個人の御氏名は省略させてもらいます)
多くの方々からご協力いただきました。


◆熊本地震中間収支報告
 (2016.4.17~2016.4.30)
  

【支出の部】
[運送費]
   (宅配便・ガソリン代含む)
  76,804円

[依頼物資購入費]
   (電池・ガスボンベ・使い捨て食器・消毒液・ポリタンク・お菓子・炊き出し材料他)
 289,401円

[雑費]
   (梱包用品/布テープ・マジック他)
  69,626円

[支出合計金額]
 435,831円

  


【収入の部】
[アルミ缶回収換金]
   (小塚メタル株式会社にて)
  30,000円

[郵便口座支援金振込金]
 394,866円 

[事務局支援金現金にて受領]
 223,057円

[収入合計金額] 
 647,923円

  【残金】
 212,092円


皆様からのご協力に感謝いたします。

いただいた支援金を、確実にお届けできるよう、今後も、缶詰プロジェクトなど、熊本地震の支援活動を継続していきます。


ありがとうございました!!
AD
いいね!(8)  |  リブログ(0)
2016-05-04 12:02:43

熊本地震 缶詰募集しております!

テーマ:熊本地震支援
今日もありがとうございます。

熊本地震支援活動のご紹介をさせてください。^^

拡散!シェア大歓迎!

NGOアジア太平洋子供救済センターこの指とまれが、東日本大震災の時よりおつきあいをさせていただいている、
BOND&JUSTICEさんより、熊本地震支援物資として、ご飯のおかずとなり、食が進む缶詰を送っていただきたいと、依頼がありました。
BOND&JUSTICEさんは、福島県郡山を拠点として活動、東日本大震災の時から発足し、各地の災害地へ出向き、支援物資の手配や、炊き出しなどを行っています。
現在も、熊本市内で炊き出しを何度も行っておりますが、自宅に持ち帰るのに便利な缶詰をたくさんの方に届けたいとのことです。
前回、皆様からご支援いただいた、支援金の一部で、私たちも缶詰を購入し、発送する予定ですが、数がまだまだ足りません。
ご協力いただけましたら幸いです。

■必要物資■
缶詰(鯖缶・イカ缶詰など、おかずになる缶詰・賞味期限の長い物)
第一弾
5月15日締め切り
5月20日発送予定
第二弾
6月20日締め切り
6月25日発送予定 

持ち込み場所
岐阜県羽島市小熊町2-365
小熊保育園東側向かいの倉庫
NGOアジア太平洋子供救済センターこの指とまれ

宅急便で送っていただく場合
岐阜県羽島市小熊町2-365
NGOアジア太平洋子供救済センターこの指とまれ

お問い合わせ先
現地での支援活動まで来ないけれど、
離れていても、できることはある^^
ぜひご協力をお願い致します!


問い合わせ先
事務局長 津谷080-3074-4467


BOND&JUSTICEさんフェイスブックページ
https://www.facebook.com/bond.justice.5?fref=ts


ぜひご協力をお願い致します!

AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)
2016-05-03 00:11:02

熊本地震支援 夢枕100個発送

テーマ:熊本地震支援
熊本地震支援

この指とまれを手伝ってくださっているサポーターの方が、お友達と製作された、籾殻の入った調布の枕100個を、この指とまれの事務局より、現地ボランティア団体に発送させていただきました。

この枕は、避難所生活の中で、少しでも快適に寝ていただくことができればと、東日本大震災の時より発足したボランティア活動の一環だそうです。

呼びかけに、約10名の方が集まり、JAでいただいてきた籾殻を使い、
流れ作業で、1日で100個完成。

次の日には発送という、心のこもった枕。
子供たちも手伝ったそうです音譜












夢枕プロジェクトは、今回物資をお届けさせていただいた、め組ジャパン熊本支部さんとのご縁もあり、この指よりお届けさせていただきました。

以下、プロジェクトの紹介です。
5月8日まで受付をされているそうなので、興味のある方は是非、下記をお読みくださいませ。

自分用にも作りましたが、かなり!寝心地が良く、まだまだ作りたい衝動にかられたそうですニコニコ


避難所での生活が、少しでも、体の負担なく送れますように。。。。



*****************

【 熊本 夢枕プロジェクト★ 】
  
熊本地震の被害に遭われて、避難所くらしを
してる方が少しでも安眠していただけるよう、  
枕を大募集します! 目標は1万個!
  
何件か避難所をまわってきましたが、
枕のない避難所があります。
  
そこで、被災者の方が少しでも避難所くらしを
快適に過ごせるように、枕を募集します!
  
枕カバーにメッセージを入れるなど、
想いのいっぱい詰まった枕大歓迎です!
  
個人で作っていただくのも
もちろん有り難いのですが、
     
学校の先生(教職員の方)や、
学生のみなさん!
団体をまとめてるリーダーのみなさん!
経営者のみなさん!
仲間のいっぱいいるみなさん!
  
まとめて送れます!呼びかけてみます!
という方、ぜひご協力よろしくお願いします!
  
  
※「夢枕」は、2011年東北震災の時に、
埼玉県 岩槻商業高校 野球部の監督と部員が
実際に呼びかけていたこと参考に
させていただきました。
全国に材料製作を呼びかけ、
生徒、先生、市民のみなさんが一丸となって、
籾殻と1羽の折り鶴を詰めて枕を完成させ、
当時、5,012個の枕を東北に届けられたそうです!
_____________________  

  
そして、そのプロジェクトの事を
覚えていたてんつくマンから
  
「少しでも快適に寝てもらえるように、枕や!
東北の時に高校生がやってた枕を送る企画や!」
   
とのかけ声から、 熊本でも、当時のアクションを
参考にさせていただきながら、
枕を集める事になりました。
   
         
  
1万個の夢枕!ご協力よろしくお願いします!
  
_____________________
  
~熊本 夢枕プロジェクト~
   
  
●募集してる夢枕のポイント!
  
○枕本体とカバーセットで送ってください。
※2011年夢枕プロジェクトは
本体とカバーの布材料のみの募集でしたが、
今回は枕本体が必要です。
   
  
○枕は新品でお願いします。
(使用済みの枕はご遠慮ください。)
  
  
○枕カバーにメッセージを書いた
布を安全ピンで止めてください
(取り外してメッセージが残せるよう。)
*毎日の避難所生活で使用します。
「枕カバー両面にメッセージを書くのは控える。」
など、使用する方の気持ちになって届けてください。
  
  
○「枕をたくさん送りたい!
でもメッセージを書く時間がない。」
 
そんな方達の想いももちろん大歓迎です。
一日でも早く枕を届けることも大切ですので、
そのままお送りください。
その際に手紙を添えていただけると嬉しいです。
  
  
○宛名を書く際、品名の所に
『枕の数』を記入もお願いします。
  
  
○2011年に呼びかけていた
野球部の皆さん同様に、
籾殻(もみがら)や綿などを集めて、
グループやお仲間たちと
枕本体から製作するのも大歓迎です!《※1》  
↓↓↓↓
_____________________
  
《※1》
2011年発起人となっていた須合先生より、
枕製作時のポイントをお聞きした。
  
本体から作成を考えている方はご参考にください。
   
【枕について】
■サイズを一定にする 
 
■2重構造にする
・籾殻(もみがら)や綿、等を入れる袋
・カバーとしての布(清潔さを出すため)
 
■籾殻と一緒に折鶴を1羽入れる
 
■お米の籾殻(もみがら)は、JAさんやライスセンターで
無料で提供していただける所もあります。
 
■蕎麦の籾殻も良く、蕎麦実を卸す問屋さんに
当時片っ端から連絡しました。
 
■綿も、布団屋や製綿所さんに行けば、
事情を説明すると無料で頂ける所もあります。
 
■尚、蕎麦のアレルギーの方対応に、
『そば』と記入してください。
  
【呼びかけについて】
■応援メッセージは、幼稚園生からプロ野球選手まで、
たくさんの方に呼びかけ、5,012個届けました。
  
【製作作業について(仕上げ)】
■学校の家庭科室を使用しました。
時間と日程を決めて地元の方、全国の教員が
学校に集合して作業。
 
以上
_____________________
  
●当時、夢枕プロジェクトを応援してた方が、
本体とカバーの作り方を書いてましたので
ご参考にください。
http://ofukurojuku.sblo.jp/s/article/46405368.html
みんなで一緒に枕を送って、熊本の避難所生活を送る
方に少しでも安眠できる日々をお届けしましょう!
  
 
目標は1万人に届けること!!!
  
_____________________
  
●夢枕プロジェクト
呼びかけ人
渡辺泰三
tel.090-8376-3989
板倉未来
tel.080-6539-0892


□送り先はこちら!
861-2108
熊本市東区昭和町8ー4
ちかけん
  
□お問い合わせ先
090-9727-8007

□締め切り日
5月8日までに送ってください。


*********************

AD
いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016-04-26 09:43:44

熊本地震 県外避難の方へ物資郵送

テーマ:出発した便の情報



◆4月25日岐阜県羽島市の事務局より、現地スタッフからの依頼先(熊本県外で避難生活をされている乳幼児のいる家庭)に紙オムツ・おしりふき・ミルク・離乳食をヤマト運輸にて発送。
4月20日事務局より支援物資依頼先の大分・熊本に発送したトラックに載せきれなかった物資は、随時依頼先に発送いたします。
皆さんのご協力のお陰で、沢山の支援物資・支援金が集まりました。心より感謝申し上げます。熊本地震の支援活動はスタートしたばかりです。東日本大震災支援活動も続けております。被災地の現状を把握し求められている支援活動を続けていきますので、ご理解ご協力お願いします。

この指とまれ・熊本地震支援金の振り込みは下記までお願いします】
支援物資の受付けは、4月20日で終了いたしました。支援金は、被災地からの依頼品の購入費、支援物資の運送費、活動費(炊き出し材料費・梱包などの諸経費)につかわせてもらいます。
◆口座名
   アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ
◆口座番号
①郵便局から
  00810-6-118603
   ※熊本地震支援金と記入お願いします

②銀行からゆうちょ銀行
  0八九支店 当座118603

[お問い合わせ]
  事務局電話番号 080-3074-4467
  ファックス 058-391-2071

   ご氏名・ご住所・ご連絡先の電話番号・ご用件など必ずご記入下さい。

[事務局住所]
◆〒501-6273
   岐阜県羽島市小熊町2-365
     アジア太平洋子供救済センター
   この指とまれ
  (代表) 後藤 明/(事務局長) 津谷 幸子

いいね!(6)  |  リブログ(0)
2016-04-26 07:47:00

熊本地震支援活動 由布市と、熊本市に物資お届けの報告

テーマ:熊本地震支援
いつもありがとうございます。

先週18日から募集させていただいた物資は、30トン近く集まりました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

20日に、25トントラックに乗る限り乗せ、熊本へ出発。
21日午前6時ごろ、大分県由布市の庄内庁舎で、必要とさてていた「水・お茶・お菓子・紙皿紙コップ、割り箸」などをお届けしました。





その後、北阿蘇を通り、熊本入り。

一番被害のひどかった益城町を通過しながら、熊本市東区に入り、
東部浄化センターへ物資をお届けいたしました。

こちらは熊本市内で一番被害のひどかった場所ということで、
できるだけ多くの要望のあった物資をお届けしたかったのですが、
大雨警報が出ている中の荷下ろしとなり、
雨に濡れてしまっては、せっかく皆様からお預かりした物資が濡れて使い物にならなくなってしまうということで、
できる範囲の物資をお届けいたしました。

雨の中、ご対応いただいた東部浄化センターの皆様、自衛隊の皆様、本当にありがとうございました。
一般からの物資と違い、仕分け梱包、きちんと中身が明記されている物資を、とてもありがたく思っていただけました。
岐阜羽島でのボランティアさん、皆さんのおかげです。
心より感謝いたします!





その後、予定では、西区、南区等へお届けする予定でしたが、
大雨警報の中、屋根のない場所での荷下ろしは、これ以上無理だと判断し、

熊本市内で集積場を持ち、行政ではなかなか把握できない小さな避難所等へ、直接物資を運んでいる「め組ジャパン熊本支部」の玉名市倉庫へ、残りのすべての物資役20トンをお届けいたしました。







NGOアジア太平洋子供救済センターこの指とまれとしては、初めてコラボレーションする団体なので、一部のご協力いただいた方から、それはどんな団体ですか?

と、お問い合わせがありました。今回は、事務局はやしのつながりあるこの団体に、物資を託させていただきました。

簡単にご紹介させていただきます。

************
NPO法人 MAKE THE HEAVEN
め組ジャパン熊本支部
http://maketheheaven.com

中国や、モンゴルへの植林始め、地球を笑顔に!をコンセプトに様々な活動をしているNPOです。
各地に支部があり、東日本大震災の時からは、災害で被災された小さな避難所等へ、直接物資をお届けしたり、細やかな対応で、現地に根付いた活動を行っている団体です。

この熊本地震についても、震災直後より現地入り。熊本支部をつくり、物資を、福岡と、熊本市を拠点に集め、現地での小さな避難所等の調査を始め、支援物資を的確に必要な方々へお届けしています。

ボランティア数は、1日あたり70名から100名にのぼる日も。
現地の方もボランティア参加され、要望に沿った活動を、現地に根ざして行っています。

現地熊本支部事務局には、岐阜から行った方が、事務局リーダをされています。

細かな情報は、フェイスブックのページをご覧ください!!

https://www.facebook.com/megumijapan.maketheheaven/?fref=ts

*************


今回初めてコラボレーションさせていただきましたが、
熊本市内入りしてからの、車のガイドの手配など、大雨警報が出ているにもかかわらず、たくさんのサポートをしていただきました。
それは、現地のスタッフがいるからこそできるサポートであり、これから長く続くであろう避難生活や、支援活動において、その土地の方々とつながりあい、全国からの応援してくださる方々の想いを届けていくためには必要不可欠な活動をされています。

また、行政とも連携をとり、協議をしながら、進めている団体ですので、信頼できるかと思います。

本来なら、皆さんにどこにお届けしたかのご報告をしなくてはいけないのですが、
他団体とのコラボにより、いつもとは違う形のご報告となってしまったこと、もしも不愉快に思った方がいらっしゃったとすれば申し訳ありません。め組ジャパン熊本支部さんからの、。この指から届きました!報告もこちらでご紹介させていただくのが本当かもしれません。

ただ、現場はこちらとは違います。
日々届く物資、お届けする段取りに対応。
余震の中、現場はめまぐるしく動き、なかなか情報の更新ができないこともあります。
また、全国から届く多くの物資支援車すべてを、め組ジャパン熊本支部さんが紹介していくのは大変な作業かと思います。

今までの、物資を行政の倉庫にお届けするとは違い、また、震災が落ち着き、仮設住宅などへお届けしていくのとも違い、今回は、信頼できる他団体に物資をお届けしたため、私(はやし)からのご報告となってしまったこと、今までご支援いただいている皆様に大変申し訳なく思います。

必要な場所へ的確に届くことの方が、今は大事、相手側にとって有益かが大切との判断で、あと一箇所しか荷下ろしできない状況であれば、確実に困った方へ届ける力とネットワークのあるNPO法人MAKE THE HEAVEN め組ジャパン熊本支部さんへお届けすることになりました。


私たちの届けた物資は、玉名市にある倉庫より、ボランティアの皆様が、すでに各避難所等へお届けをしてくださっています。支援してくださった多くの方々の思いは、確実にお届けされていますニコニコ

岐阜の思いは、熊本でお困りの方々へ、め組ジャパン熊本支部さんを通して、お届けできています。
ご報告がいつもと違う形であることを、ご了承いただけましたら幸いでございます!

ご協力いただいた、め組ジャパン熊本支部さん、本当にありがとうございます。

熊本支部での様子






また、その後、22日に、この指とまれのサポーターをしてくださった中城菜穂さんが、同じくめ組ジャパン熊本支部さんへ物資をお届けするのとともに、絵本の読み聞かせに出かけるということで、倉庫にある必要物資を託させていただきました。こちらの呼びかけは、ペットの義足などを作っている阿蘇さんからの呼びかけで、ペットシーツや、ペットフードなどもたくさんお届けされたそうですニコニコ


ペットも家族。大切な家族です。








1000人の避難所での絵本読み聞かせの様子



また、この指とまれからは、一緒に、お野菜、お肉、調味料、バーベキューセットを乗せていただき、小さな避難所で、そこの方々と一緒に、バーベキューをご提案しました。
新鮮なお野菜、そして、お肉、あったかいご飯など、とても喜んでいただけました。

これからしばらくは、者としての支援から、心のサポートに変わっていくのだと感じました。






熊本といえば、くまモン。トマトが岐阜より逆輸入されて、熊本の方々に食べていただき、本当に喜んでいただけました。(現地でのお写真がないのは、お許しください。まだ届いておりません)


今後も、仮設住宅ができたり、様々な場面での支援活動が必要になるかと思います。
時期を見計らい、長い目で見ての支援活動をしていきたいと思います。


ご報告が、なかなかできず、遅くなり、誠に申し訳ありませんでした。

いいね!(1)  |  リブログ(0)
2016-04-20 10:41:34

最新情報!

テーマ:最新の「今欲しい支援」情報
(拡散!お願いします!)



オムツ、トイレットペーパー、ミルク、ティッシュ等は、在庫が溜まり始めているとのことなので、一旦ストップします!
もしもうご準備された方は、長い支援になると思いますので、こちらで保管させていただき、必要な時期にお送りさせていただきます。もしくは、ご自宅保管していただいても大変ありがたいです!
おしりふきに関しましては、衛生上の問題もあるので、随時必要とのことです。



必要物追加事項
・紙コップ
・紙皿
・深めの汁物を入れる使い捨ての器
・割り箸

どこの避難所も欲しいとのことです!
炊き出しが始まり、毎日大変多く消耗していきますので、ご協力お願いいたします。
アルコールスプレー
使い捨てのビニール手袋
絆創膏
サランラップ
ゴミ袋
サランラップ
カセットコンロのガスボンベ
電池(単1・単2・単3)
お菓子類t>はどこの避難所も欲しいと要望がありました!
由布市の避難所は、子供の人数がわかっているので、すべての子どもたちに行き渡るよう、こちらで準備します。
ですが、その他の避難所は、2万人規模のところもあり、
必要とされております!
ぜひ、よろしくお願い致します!
本日17時まで受付をしております。
ありがとうございます!
岐阜県羽島市小熊町 小熊保育園向かいの倉庫で集めております!
いいね!(10)  |  リブログ(0)
2016-04-19 16:42:33

今から欲しいもの情報

テーマ:最新の「今欲しい支援」情報
【緊急拡散】
オムツ、トイレットペーパー、ティッシュ、離乳食、レトルト、お米、生理用品、
ご準備をこれからされて持ち込んでいただく予定の方々は、
購入品目をこちらに指定させてください。
現地担当者さまより指定品が出ています!
衛生状況を改善するために要望が多いそうです!
1アルコールスプレー(手用)※石鹸ではありません!
2ウエットティシュ(おしりふき)
3マキロンなどの消毒
4絆創膏
5紙皿
6紙コップ
7割り箸
8使い捨てビニール手袋
9カセットボンベ(卓上コンロ用)
以上、現場サイドで要望の多いものです。
もしも、今後購入されるのであれば、こちらをお願いいたします!
*******************
最終宜しくお願い致します!!
支援物資出発は4月20日(水)
17時まで
場所
岐阜県羽島市小熊町2-365
小熊保育園東側向かいの倉庫
NGOアジア太平洋子供救済センターこの指とまれ




いいね!(5)  |  リブログ(0)
2016-04-19 12:25:58

小塚メタル株式会社 

テーマ:協賛
いつもお世話になっている瑞穂市にある、

小塚メタル株式会社様
http://kozukametal.com


今回の熊本支援物資を集めるために、今まで倉庫でためていた、アルミ缶を回収換金してくださいました。

ありがとうございました!




いいね!(2)  |  リブログ(0)
2016-04-19 12:07:54

緊急! 熊本地震支援物資を集めています!

テーマ:最新の「今欲しい支援」情報
【緊急拡散・シェア希望】

支援物資4月20日水曜日に発送します!

「平成28年(2016年)熊本地震」
熊本・大分避難所への支援物資ご協力お願いいたします!


岐阜県羽島市を拠点とし、各地に支部をもつ、NGOアジア太平洋子ども救済センターこの指とまれです。平成9年ナホトカ号重油流出事故の支援活動より発足し、国内外各地の被災地に向けて支援物資を搬出し続けています。3.11の時にも二日目という早い段階から緊急看板を持って被災地入りをし、現在も仮設住宅などに支援を続けています。今回も、地震発生3時間半後にはバイク部隊が現地へ向かい、ブルーシートや毛布等を届け始めています。


このたび、熊本地震で被災されている、大分県の避難所への支援物資を送る準備をしております。
運送会社さんとの兼ね合いで、急きょ4月20日(水)17時に現地に向けて出発を決めました。
手伝ってくださるサポーターさんも、物資も足りません。
郵送で送っていただくには時間がありません。
直接お持ち込みいただく方と、配送料としてかかる費用を支援してくださる方を募集しております。
以下の内容で支援してくださる方は、是非ご協力をお願い致します。
また、必要物リスト以外のものを持ち込まれると、その処分費用や仕分けの手間がかかります。
リストにあるものでのご支援をよろしくおl願いいたします。



***********

1支援物資

・子ども用おむつ
・おしりふき
・ウエットティッシュ
・ボックスティッシュ
・生理用品
・新品20リットル飲料水用タンク
・お米(精米)
・タオル(新品)
・粉ミルク
・離乳食(レトルト)できればパウチ
・お菓子類
・水
・保存食(賞味期限の長い物)
・野菜ジュース(箱に限る)



-------------------------------------------------


2サポーター募集

4月18日(月)11時より18時
4月19日(火)10時より18時
4月20日(水)10時より18時

4月20日はトラックへの積み込みをして、17時から18時に岐阜を出発予定です。
できるだけ多くの人手が必要となります。
場所:NGOアジア太平洋子ども救済センターこの指とまれっ事務局:岐阜県羽島市小熊町2-365
   小熊保育園向かいの倉庫

----------------------------------------------------

3輸送費・避難所指定の支援物資購入資金としての支援金募集
連絡を取り合っている現地の自治体からの要請に応じた必要物を購入し、お届けいたします。
ご協力、ご支援のほど、よろしくお願い致します。


[振り込み先]

 ◆口座名
   アジア太平洋子供救済センターこの指とまれ
 ◆口座番号
  ①郵便局から
    00810-6-118603
    ※通信欄に『熊本地震』と明記お願いします。
   
  ②銀行からゆうちょ銀行
    0八九支店 当座118603


*************************

[お問い合わせ]
 事務局電話番号:070-5251-9591

電話でのお問い合わせの開通は4月18日正午以降を予定しています。つながりにくい場合もございます。ご了承くださいませ。
以上、時間もあまりない中での支援物資を送る活動となりますが、一刻も早く避難所で生活されている被災者の方々へお届けしたく、皆様のご協力をお願い致します。


NGOアジア太平洋子ども救済センターこの指とまれ
代表 後藤明



いいね!(3)  |  リブログ(0)
2016-04-18 23:32:05

【フレンズ・フォー・ジャパン】チャリティコンサート

テーマ:出発した便の情報

3月18日 第331便

◆支援先
福島県会津若松市東町
   『大熊町立大熊幼稚園』


◆支援内容
卒園・修了記念品/年長・年中・年少各クラスごと園児たちと先生写真入り思い出マグカップ 27個


◆協賛
2015年11月26日オーストリアのザルツブルク・スタインウェイザールにて、ザルツブルク音楽院主催、フルート奏者の佐藤智子さんとピアノ奏者のアルフォンソ ソルダーノ氏によるベネフィットコンサート "フレンズ フォー ジャパン"が開催されました。
佐藤智子さんは、オーストリア・ザルツブルク在住で、カメラータ・ザルツブルクでの演奏を中心にフルート奏者として活躍されています。東日本大震災発生後すぐに音楽家を中心とする支援プロジェクト団体【フレンズ・フォー・ジャパン】を立ち上げました。震災の年の4月と5月には、オーストリア・カメラータ・ザルツブルク管弦楽団定期演奏会にて、音楽仲間たちと募金活動をされました。この指とまれのご協力者で、佐藤さんのご友人でもあられる『NPO法人岐阜・なじみのふるさ』の小島智美さんを通して、募金を当団体に託して頂きました。その募金で、福島第1原爆事故により会津若松市に移転した大熊町立大熊幼稚園から依頼されたキーワード・本箱など寄贈、大熊町役場にはベビーカー・紙オムツ・衣類などを贈りました。
今回の募金60227円より『大熊町立大熊幼稚園』に卒園修了記念品のマグカップを購入3月18日卒園式に寄贈、一部は災害公営住宅完成入居にあたりカーテン・照明購入費にも使わせてもらいました。
大震災から5年が過ぎ、フレンズ・フォー・ジャパンの皆様は、音楽仲間の繋がりで海外と日本でのチャリティーコンサートの開催や被災地訪問など、今も継続して支援活動をしていただいています。3・11を忘れないでいてくださる海外の方々、当団体に多大なご協力をしてくださるフレンズ・フォー・ジャパンの皆々様に心から感謝申し上げます。




いいね!(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。