司法試験情報局(LAW-WAVE)

  司法試験・予備試験・ロースクール入試の情報サイトです。                          勉強法、教材情報、予備校情報 etc… 司法試験関係の情報を掲載しています。


テーマ:

社会人のロースクール進学のリスクは、よく話題になるところだと思います。


一部のロースクールには、仕事を続けながら夜間で通えるところもあります。その場合であれば、ロー進学の「リスク」は、もっぱらお金と時間(だけ)ということになりますから、(個人的には)意欲のある社会人なら積極的にチャレンジしてもよいのではないかと思います。


しかし、仕事を辞めてロースクールに進むというのは、間違いなく巨大なリスクです。一度失ったものは基本的に取り戻せません。現在のように転職が難しいご時世では尚更です。


このように、社会人のロースクール進学が危険な行為であるという物言いには、相当以上の説得力があります。このリスクが意識されるゆえに、社会人のロー入学者は毎年減少し続けているわけです。


ロースクール進学を考える社会人に「熟考」が求められるのは当然でしょう。


・・・・・


しかしです。これは不思議とあまり議論されることがないですが、22歳で(つまり新卒で)ローに進学することも、社会人のロー進学に勝るとも劣らない巨大なリスクを抱えた行為だと思います。


というのは、日本のように極端に偏った新卒主義を採用している社会では、とりあえず22歳でどこかに就職しておくことの重要性がかなり高い、といえるからです。

日本で22歳という年齢は、「職歴あり」の経歴を身につけるための最大のビッグチャンスです。最高値で自分を売ることができるという意味では、文字通り「最後のチャンス」だともいえます。


新卒でロースクールに進むというのは、その大事な機会を自ら放棄する行為に他なりません。新卒者という「プラチナチケット」を放棄してしまったら、その後は「中古品」として、リサイクルショップでしか自分を売ることができなくなります。


もちろん司法試験に受かれば、あなたの価値はそれ以上のものになるわけですから、「受かることを前提とすれば」すべて何の問題もありません。社会人の場合もそれは同様です。


しかし、問題は「受からなかった場合」です。すなわち「三振した場合」です。


22歳でローに入って、未修に三年通って25歳、三振するような人は傾向として連続三振りはしないで途中受け控えたりするでしょうから、三振したころには30歳くらいになっていることになります。つまり、三振した時点で「職歴なし・30歳・法科大学院卒」という地位が確定することになるわけです。


この「職歴なし・30歳・法科大学院卒」という地位は、社会でどのような評価を受けることになるでしょうか。私が思うに、おそらくは、「30歳までフリーターをやってました」(≒30歳まで何もやってませんでした)というのと大差ないくらいの、極めて低い評価しか与えられないのではないかと思います。


新卒で(=職歴を身につけることなく)ロースクールに入学し、結果三振するというのは、このような悲惨としか言いようのない地位に自らを追いやることを意味するのです。


新卒者の学生は、こういう現実をもう少しシビアに認識するべきだと思います。



ここで、あくまでも一般論としてですが、就職・転職市場を、「採用のされやすさ」順で並べれば、


①「職歴なし」の(22歳の)新卒採用

        ↓

②「職歴あり」の中途採用

        ↓

③「職歴なし」の中途採用


ということになるでしょう。


さらに、この①②③を使って、社会人と新卒者のロー進学のリスクを一言でまとめれば、


◆社会人がローに進学するリスクというのは、

 ①で得られた利益を放棄して、②参入のリスクを負う ということであり、


◆新卒者がローに進学するリスクというのは、

 ①で得られるはずだった利益を放棄して、③参入のリスクを負う ということになるでしょう。



賭けに差し出す「利益」と負う「リスク」を、図式的に整理し直すと、以下のようにも書き換えられます。


      <社会人のロー進学>                   <新卒者のロー進学>


「社会人」という利益 を賭けに差し出して      「新卒者」という利益 を賭けに差し出して

          ↓

「職歴あり無職」 というリスク を負う

                                               ↓

                                 「職歴なし無職」 というリスク を負う




このように、司法試験という「賭け」に対して、「①の利益」を差し出してしまっているという点では、両者の「もったいなさ」は、実は同等なのです。

また、法律実務家という「得られる可能性のある利益」にかんしても、両者は同等です。

さらに、「リスク」についても、②か③かという違いはあるものの、両者は五十歩百歩といえます。

(もっとも、どっちが「五十歩」でどっちが「百歩」なのかは重要な問題なので後述)


このように、実をいえば、「差し出す利益」「得られる利益」「負うリスク」いずれの点についても、社会人と新卒者の間に大きな違いはないのです。


しかるに、ロー進学のリスクが云々されるとき、なぜ社会人のリスクばかりが取り上げられる傾向にあるのでしょうか。なぜ新卒者のリスクが叫ばれることはほとんどないのでしょうか。


その理由は、社会人という地位が、「職」という実体と既に結びついているからだと私は思います。現在従事している「職」というものは、既に獲得した実体として、はっきりと目に見えているものです。現に社会人であるという事実は、いわば、既に引き渡しの済んでいる物権みたいなものなのであって、リアルな実在感(自分の支配下に置かれているという実感)のあるものです。それゆえ、その地位を手離すことへの喪失感(=もったいなさ)も強く自覚されてしまうのだと思います。


一方で、新卒者という地位は、「職」という形ではいまだ実体化していないものです。いわば、契約の締結は済んだ引渡し前の物権、あるいは実体化していない「権利」みたいなものです。「権利がある」という点では、「社会人という地位」との利益的な差は、実はないはずなのです。ただ、新卒者という「これから行使できる権利」は、実際の「職」という形では未だ実体化していません。それゆえ、新卒者は、大事な「新卒者という地位」を、危険な賭け(司法試験)に差し出してしまうことに、社会人ほどの喪失感(=もったなさ)をおぼえないのだと思います。


しかし、新卒だろうと社会人だろうと、司法試験という「賭け」に差し出さなくてはならない利益大きな違いはありません


「現に所持している100万円」を捨てるということと、「100万円を貰える権利」を放棄するということとの間に、本来価値的な差はないはずです。単に、前者のほうが100万円を失った「喪失感」が強くでるだけのことで、ちゃんと想像力が働く人であれば、両方とも同じだけ「もったいない」と感じるはずです。


その意味で、ロースクールに進むということが、社会人にとってのみやたらとリスキーな行為であり、新卒者にとっては普通の進学行為(それまでの中学→高校、高校→大学と同じプロセス)に過ぎない、と考えるのは、かなりバイアスの強い、楽観的に過ぎるものの見方だと言わざるを得ないのです。


・・・・・


ここでひとつこぼれた条件をいえば、弁護士事務所への就職のしやすさという点を加味すれば、やはり若い方であればあるほど有利になる、ということはいえるでしょう。ですから、私も新卒者のロースクール進学のリスクを、必要以上に大きく煽るつもりはありません。


ですが、問題は「受からなかった場合」です。「リスク」というのは失敗した場合に使う概念なのですから、そういう意味では、失敗した場合のリスクの大きさこそが注目されるべきなのです。


もし、社会人経験が1年でもあれば、たとえ失敗した場合でも、「職歴ありの再就職」という形で再スタートを切ることができます。こちらはまだしも「普通の光景」だといえないこともありません。


しかし、新卒でローに進学した方は、もし失敗すれば、「職歴なし・30歳」という地位から新たにスタートしなければならなくなるのです。そして、こちらは全然「普通の光景」ではありません。


上で、社会人と新卒者のロー進学のリスクを「五十歩百歩」と書きましたが、実際は「新卒→ロー進学」で失敗した場合のほうが、結果はより悲惨なのではないかと思われます(五十歩百歩ではありますが)。


受験界で、三振者の「その後」が伝えられることは、その人数の多さに比してあまりにも少ないです。しかし、多くの「職歴なし・30歳」の辿る道が、(楽しくロー生をやっている頃には考えもしなかったような)かなり残酷なものになっているであろうことは想像に難くありません。

特に、昨今のように、即戦力ばかりが求められる(企業が社員を一から育てる気がない)状況の中では、法科大学院卒という「頭の良さ」や、それまでの「努力」が、正当に評価されることはあまりないでしょう。逆に、頭の良さは「プライドの高さ」に、三振という事実は「要領の悪さ」に、それぞれ読み替えられてしまう可能性のほうが高いと思います。


もう一度繰り返しますが、社会人がロースクールに進む際のリスクの採り上げられ方に比べて、新卒者のロースクール進学のリスクは、不当に軽く見積もられています。まるで、そんなリスクなどないかのように扱われている、とさえ言っていいです。


しかし、いくら「入口」で危険を知らされていなかったとしても、「出口」の悲惨さに違いはありません。入口が入りやすくなったからといって、安易にロースクールという門をくぐるべきではないと思います。

現時点でさえ、ロースクールに入学した学生の半分が三振するという現実があるわけです。そこに今後は予備試験組という強者が、毎年少なくとも100人単位で参入してくることが決まっています。さらに、予備試験合格者数が(司法試験の結果如何では)200人、300人と増えていくかもしれない中で、全体の合格者数のほうは削減されていく可能性も示唆されています。まさに事態は楽観を許しません。


これからロースクールへの進学を考えている学生さんには、この辺の「現実」をきちんと認識された上で、新卒者という「人生最高のプラチナチケット」を、司法試験という巨大なリスクを伴った「賭け」に、本当に差し出してしまっていいのか、という点について、もう一度だけ冷静に考えて直してみることを是非ともおすすめしておきたいです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

NOAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。