やぐい釣日記だけぇ~が。。。

「やぐい」とは遠州弁で、「ボロい」、「モノが悪い」という意味。
浮子フカセによる、浜名湖のチヌ釣りと紀東のグレ釣りがメインです。
日々の「やぐい」釣行を綴ります。(T_T)/~~~


テーマ:

広島のマルボー〇を反省する間もなく.....

 

リバーはどうだかね??

 

ということで、葭本川のどシャローポイントへ。

 

ここ、ホンマに浅いです汗汗

 

(水深1m有りません)

 

 

 

さぁ、やるでやるで~ビックリマークビックリマーク

 

 

 

見えチヌ沢山・・・・・

 

年無しウジャウジャ・・・・・・・・・・・・・・

 

濁りも適度に入ってますウインク

 

しかし、撒き餌に反応する個体・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ゼロガーン

 

 

勿論、チーンハートブレイク

 

でございますゲロー

 

ちょっと早かったか!?!?

 

 

取り敢えず、配合だけは載せときますショボーン

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

広島土産は・・・・

 

やはり定番??

にしき堂のもみじ饅頭

 

開店8:00に店へ(笑)

 

 

途中下車は尼崎の「福山雅治??」こと、

 

リブランの信ちゃん。。。

 

マシンガントーク炸裂でしたね(≧▽≦)

 

あまりの毒吐きに

 

 

スリーパー・・・

 

って、首絞めとるやんビックリマーク爆  笑

 

信ちゃん、お土産沢山ありがとうラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

明けて6月11日(日)

 

毎年恒例の広島チヌミーティング(^-^)

 

筏チヌマイスターのデスラー総統閣下は地元の奉仕作業があり、見送りのため、わざわざ景気付けに来てくれましたおねがい

 

宇品港からの出船。

 

今回の参加者は20名。

 

昨年までは30名の参加でしたので、今回は全員一艘でワイワイと出船ですグラサン

 

週中までの予報は雨でしたが、何とかもちそうな感じです。

 

全速20~23ノットで大黒神島沖へ。

 

40分ほどで到着し、筏にコンパネ(一人2枚分)を敷いて釣り座にします。

 

 

私は3番目の筏へ降りました。

 

同降者はkizakuraテスターのM口さんと、何故かライジャケののネームスペルが違っているN山さん(笑)

 

一つ飛ばしでお隣の釣り座(地向き)

 

 

そして、乗った筏。

沖向きです。

私は地方寄りの角へ入りました。

 

朝の2投目。

 

元気よく竿を引っ手繰っていったのは、広島筏では狙うと釣れない高級魚のサバ。

 

直ぐに処理され、M口テスターの食卓へ行くことになりましたチュー

 

 

しかし、今年の釣りは最後まで考えさせられました。

 

沖向きの角に乗ったN山さんが15枚。

中のM口テスターが5枚。

私は・・・・・マルボーズ・・・・・ガーン

 

渋いのは開始して直ぐに分かりましたが、潮流、タナに対応する仕掛けの入れ込みが出来ずに撃沈笑い泣き

 

改めて、持っている仕掛けのバリエーションの少なさを実感しました。

 

チャリコはオマケで釣れたようなものですあせるあせる

 

港へ戻り、記念撮影して、遠方の方はお帰りになりました。

 

お疲れさまでした。

 

 

・・・・で、まだまだ続く広島ナイト。

 

反省しない反省会・・・・

 

強力トーナメント集団、釣闘会の会長&顧問も参加してくださいました。

 

A部ちゃんはいつもの通り、、、、、(笑)

 

 

二次会はカラオケ・・・

 

ホテルに帰ったのが深夜2時過ぎでした

 

段取りをしてくださったチーム広島の皆様、水口海運様お世話になりましたおねがい

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年もお世話になった大知渡船。

 

昨夜の熱燗が効いてますパワー満タンで前日釣りです。

 

世界遺産「安芸の宮島」での釣りニコニコ

 

レジャーフィッシングの取材でU海さんとI橋さんが同船。

 

Nセンセ、大ちゃんと前夜一緒に同席したK田さんそして、大知昭名人というパーティーで出船。

 

休日ともあり、船内は盛況です。

 

 

ゆっくりと宮島へ航行。

 

 

昨年はアオノリという磯でしたが、その隣の「マルキユーバエ」へ。

この磯はその名の通り、M-1CUP チヌの戦場となる磯だそう。

 

 

 

大知昭名人を横に見ての釣りです。

 

 

K田さんは船着きへ入り、私は大知名人とK田さんの間に入ります。

 

(K田さん)

 

 

仕掛けはこちら。

開始2投目で早くも・・・・・チュー

 

 

しかし、その後が全く続きません。

 

ガン玉と浮子のバランサー付けたり外したりしながら、沈み加減やスピードを調整。

竿2本前までは浅いので、その先の深みを沖40mまで探りながらの釣りとなりました。

 

そんな中でも名人はポツリポツリチヌを拾っていきますポーン

 

 

 

水平ウキの黒魂ふわりも使い、仕掛けの入りの角度を調整し、まるでグレ釣り・・・・(笑)

 

 

 

午前中まで何とか4枚あせる

 

1枚はスカリ入れの時にサヨウナラ(≧▽≦)

名人は残り1時間で猛スパート。

 

浮いたチヌを数枚掛けて、水を開けられました(←勝とうと思ったらアカン!!

 

「けんちゃん、浮いとるで~」

 

と、アドバイスをもらいましたが、沈む浮子と飛ばない撒き餌では対処方法が無く、、、、笑い泣き

 

回収の14:30を迎えました。

 

 

Nセンセは長寸撮影カメラ

軽く盗撮しときました(笑)

大知名人、大知渡船様お世話になりました。

 

そして、夜は・・・・

 

広島焼きの店

 

「武酉」

 

勿論、大ちゃんの案内・・・・広島でも拉致されっ放しです爆  笑

 

 

肉玉+そばシングル+チーズ乗せの定番ビックリマーク

 

小倉から駆け付けた海童坊主さんも合流して

 

広島2日目の夜も楽しく過ごせました。

 

 

大ちゃんとはここでお別れ。

 

2日間、ありがとう・・・・・

 

 

3日目はいよいよメインイベントですグラサン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
毎年恒例となった広島詣出( ^-^)
 
金曜日は移動日。
 
中間点??の山陽道、龍野西SAで、「塩味生大福」爆  笑
 
美味しゅうございました。。。。。
 

 

それを撮影しているNセンセ(笑)

 

お互い、なにやっとん!?

 

 
夜は地元に帰った大ちゃんがホテルまでお迎え。。。。
 
土曜日の前日釣りの前に歓迎会を開いてくれましたチュー
 
「和食明石」
 
ここのオーナー板前さんは潮塾という釣りクラブのメンバーの方らしいです。ニコニコ
 
 

 
手が写っていますが・・・・
 
 

 
どの料理も最高に美味しく、、、
 

 
ハナシも釣り談義で盛り上がりました爆  笑
 

 

 
2合徳利の熱燗・・・・
3本は飲んだという記憶が・・・・・
 
 
「え?6本でしたよ」と、Nセンセ爆  笑
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
年に一度のチヌ王国広島へ。
 
兎に角、何でこんなに釣れるの??
 
というくらい、こちらとはポテンシャルが違いますラブ
 
 
牡蠣筏でユラユラと・・・・
 
長靴持って行かんとおえんなウインク
 
 
前日釣りも有るから、この3本で行きます(≧▽≦)

 

そして、晴れ雨くもりあとは天気だけ・・・・

 

A保大明神がいらっしゃるので、大丈夫だな爆  笑

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古和浦 スズキのハナレ。

 

潮無し。

 

アタリ無し。

 

 

直ぐ近くに、大島のハナレが・・・・

 

竿は曲がっていましたおねがい

 

ササノハベラ君だけが遊び相手。

 

 

回収時はいつものようにポーター役のボランティア・・・・

 

今日の仕事はこれだけですえーん

 

利用渡船

 

国丸渡船

 

丸ボーズなので

配合の画像も小さくしました・・・・

 

 

 

懲りずにまた行きます。

 

しかし、記憶に無いくらいの良い天気でした(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
色々と臨時収入が有ったので・・・・ラブ
 
気になっていたチヌ竿を仕入れました
 
がま磯チヌSPECIAL 黒冴 〇六-五三
 
 
0号竿にしようか迷いましたが、がま竿では究極の胴調子アテンダーⅡの0号が有りますので、少し号数が上位の竿にしました。(←シリーズが違いますので、まるで調子も違いますが(笑))
 
 

 

・・・・とは言っても、広島まで出番は無いのか??

 

その前に一度は曲げてみたいおねがい

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

古和浦へ。

 

筏釣りの客が沢山居て、出船後もこの人数ポーン

 

タックルやら格好を見ると、どうやら磯からのアオリ狙いが大半でした。

 

磯の上物客は私を含め4名。

 

アオリ狙いの方達と一緒に5:00出船です。

 

 

 

一見、穏やかな古和浦湾内。

しかし、熊野灘に近づくに従い、嫌なウネリが・・・・・滝汗

 

土曜の当番磯は4番磯で、湾口を西に出てしばらく西に航行した西磯エリアの中間点。

 

その中でも乗れれば長島という希望だったのですが、波が磯の反対側まで越していたので、断念えーん

 

カド石の地の地へ渡礁。

 

 

磯の地形は悪くは無いのですが、雨上がり後の爆風と洗濯機状態で、釣り座が限られます。

 

取り敢えず、出来るところは船着きだけのよう。

 

 

長島へ乗れれば尾長??という目論見が、アテ外れ(笑)

 

全層仕掛けで洗濯機の沖を沈めていきますが、手前側に浮遊物があるため、ラインが捕られ、2投で断念滝汗

 

いつもより太仕掛けのタックルしか用意が無いため、ご覧の通りの仕掛けです。

 

 

 

浮遊物が竿2本位前に帯状に漂っているので、際から竿1本までをタナを刻んで探ります。

当て気味の潮が沖へ出て行けば浮遊物が離れて釣り易いですが、その兆候は全くありません(笑)

 

 

 

当然、撒き餌には餌取りが群がり・・・・

 

歯の丈夫な方に包囲されますガーン

 

仕掛けと撒き餌を離し、餌取りの層を通過すると・・・・

 

浮子がマッハで消し込みます雷

 

少し竿を叩く引き

 

やはり、サンちゃん爆  笑

 

連発ですえーん

 

当て気味の潮なので、際に仕掛けが張付くと・・・・

ちょっと不細工な方が・・・(笑)

 

 

グレのタナは見つけましたが、コッパばかり・・・・・ショボーン

 

 

サンちゃん、たまにコッパグレのパターン。

 

まともなサイズが足の裏位爆  笑

 

終始、このパターンは続き、

 

足の裏サイズのキーパーは5枚あせるあせる

 

サンちゃんはツ抜けでしたびっくり

 

 

「どやった~?」船長の何時もの声に応える釣果は無く、、、、

 

やぐい釣りはまだまだ続くでしょう爆  笑

 

本日の配合

 

 

 

 

利用渡船

 

国丸渡船

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

尾鷲の半夜釣りを終え、夢古道の湯に浸かり、気力を回復グラサン

 

そのまま、紀伊長島の石倉渡船まで移動。

 

YAIBA磯祭りへユーザーではない「外様」での一般参加です。

 

抽選番号は82名参加中の67番ショボーン

 

石倉渡船Bの船割で出船。

 

操舵キャビンの後ろの特等席を陣取り、いざアップアップ

 

 

 

やまちゃん、「怖い人乗ってるからビックリマーク

 

・・・・と、隣の船から指さして言わないで~(笑)

 

 

老番なので、多分半島に近い磯だな・・・

と、思っていたのが、上手磯の沖から降ろしていきますチュー

 

 

 

乗ったのは上手(うわて)磯群でも一番沖に位置するA級磯「黒島」

 

期待大ですアップアップ

 

YAIBAの大会なので、3年ぶりにYAIBA鈎を用意しました(笑)

 

スタンダードなYAIBAグレを使います。

 

 

仕掛けはこちら。

 

1.5号を巻いたスプールを忘れてくるチョンボをしましたが・・・・

 

ま、いいでしょ爆  笑

68番の方とペアで若番が釣座優先権なので、沖向きをチョイス。

 

目の前にサラシは有りますが、微風なので仕掛けのコントロールには許容範囲です。

 

サラシの沖30m付近に良い潮目が有ったので手前から入れて、その潮目へ引かれる潮を釣ります。

 

今日もノーガン沈め。

 

竿を立てて、ラインがサラシの波にとられないようゆっくり仕掛けを馴染ませていきます。

 

竿1本・・・・沈黙。。。。

 

更に・・・・入れても沈黙。。。。

 

流石にノーガンでは2本以上入らないので、G8を一つ鈎上に打ち、入れていきます。

 

 

 

投入後、かなり入ったな~

 

そろそろ回収・・・・といったところで、ラインが少し張ります。

穂先に少し変化が有ったので、合わせると乗りましたチュー

 

しかし、最初の走りだけで、難なく浮いてきます・・・

 

35㎝位のイサキ照れ

 

お土産ゲットです(笑)

 

そしてもう1本同型を追加・・・

 

グレの反応は全くなしで、潮が止まり、イサキ時合もこれまで滝汗

 

その後、9:00まで全くアタリが無いまま釣座を交代。

 

隣に乗った組は沖のシモリから出てくるグレを仕留めていましたが、潮なし、シモリなしの釣座では反応も有りませんえーん

 

深く深く入れ込むと、バチンと持って行くアタリが有りましたが、沖へ逃げるような引きで浮いたのは赤い食べ頃サイズのマダイショボーン

 

そのアタリを最後に、12:00まで無反応の釣りで回収・・・・笑い泣き

 

 

 

検量するグレは無く、、、、

 

表彰式笑い泣き

 

釣る方は釣ってます。。。

 

ファイナル出場を決めた方々、おめでとうございますパー

 

まだまだ修行が足りませんねショボーン

 

お楽しみ抽選会で新製品の鈎ケースが当たりましたが、これが最大の運(笑)

沖磯の大島エリアはかなり厳しい状況だったようです。。。

 

イサキとマダイ。

 

お土産が釣れただけマシだったかもビックリマーク

 

 

 

当日の配合

 

東名阪名物の渋滞にハマりながら帰りました爆  笑

 

YAIBAスタッフ、参加された皆さま

お疲れさまでしたニコニコ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。