MAD FES【前編】

テーマ:

テーマ【音楽】

 

いや〜〜。

 

終わりました!

 


ライブが無事に終わりました!

 

もう、

 

完全燃焼!

 

燃え尽きましたよ。

 

当然これまでもそういう感覚はあったんだけど、

 

これまでとはまったく違う燃え尽き感。

 

というのも。

 

今回は20周年であると同時に「マッパチバンド最後のライブ」。

 

そういう気持ちでやったからね。

 

去年。

 

パチスロ必勝ガイド誌上でマッパチの20周年を祝ったんだけど、

 

なんかこう、もの足りなかったというか。

 

パチスロ必勝ガイドという雑誌で結成したライターコンビが誌面上で周年を祝うのは当たり前。

 

そこで祝うことができれば充分なんだけど、

 

やっぱり「なにか」をしたくて。

 

考えに考えた結果「ライブだ!」という結論に。

 

それでニイサンに声をかけて昨年から水面下で動き始めましてね。

 

本当なら昨年内にやりたかったんだけどスケジュール的にどうしても無理で、

 

なにより「やるならしっかりと」ということで、

 

充分な練習期間を取るために3月にした。

 

 

はい。

 

決意の坊主です。

 

決意の坊主なんですが話の途中なんで後回しにします。

 

え〜と・・・。

 

そう。

 

なんせ「20周年」なワケですよ。

 

コンビを結成してコンビとして「成人」したワケですよ。

 

これはスゴいことだなと。

 

偉いとか立派とかじゃなくて「なかなかできないこと」だなと。

 

コンビを組まずに普通にやってれば「ライター歴」だから、

 

別に何周年とかやらないでしょ?

 

でもマッパチはコンビ。

 

活動内容は大きく変わったし最近ではふたりで仕事をする機会も減ったけど、

 

それでもコンビとして20年間やってきた。

 

ライブもそのために決めた。

 

となると。

 

 

これまでの感覚とはまったく違うワケ。

 

というか「まったく違うことに気づいた」ワケ。

 

ここ数年のマッパチライブは「久しぶりにやりますか!」。

 

あるいは「誘われたから出ますか!」。

 

そういう感じだったからね。

 

どちらかというと「とにかく楽しんじゃおう!」と。

 

いかに楽しんでやろうかと。

 

でも。

 

今回は自分たちの20周年を祝して自分たちが主催するフェス。

 

責任感がハンパないんです。

 

ワンマンでやるならともかく他のバンドも誘ってるからね。

 

それを自分の中で何度も何度も考えた時に、

 

よほどの覚悟が無いとできないなと。

 

そういう意味でまず自分を追い込むためにジムに行ったりキックボクシングのトレーニングを受けたり食事を節制したり、

 

そういうのを始めて。

 

ただこれは身体を鍛えるというより精神を鍛えるのが目的。

 

いろいろ追い込むことでいいライブをできる自分を作っていけたらいいなと。

 

動きもそうだけどメインは内面的な部分。

 

 

でね。

 

そうやって身体を鍛えたりし始めたんだけど、

 

なんかそれだけじゃ足りないような気がしてきまして。

 

20周年ライブを死ぬ気でやる。

 

これまで体験したことの無いような満足感や達成感を味わいたい。

 

そのステージで死んでもいいと思えるほど燃え尽きたい。

 

あれこれ考えてる内にひとつの答えが出た。

 

ラストライブ。

 

そう。

 

マッパチバンド最後のライブという覚悟で挑んだらどうだろう。

 

そうすれば「後が無い」。

 

失敗しても次のライブが無いんだから絶対に失敗できない。

 

絶対に失敗できないのであればこれまで以上に必死になってやれるだろう。

 

俺は心に決めた。

 

これが最後。

 

マッパチバンド最後のライブだ。

 

20周年だけど。

 

節目だけど。

 

ここで終わりにしよう。

 

しかもこれ、

 

メンバーどころかニイサンにも黙って決めたからね。

 

相談ナシ。

 

一切ナシ。

 

それを聞いたメンバーがどう思うか分からない、

 

なによりニイサンがどう思うか分からない。

 

でも。

 

俺の「覚悟」は伝わるだろうと。

 

多くの言葉を交わさなくても俺の発言や態度で伝わるだろうと。

 

 

結果。

 

ライブは大成功だった。

 

共演バンドのみんなが最高だったのはもちろん、

 

たくさん来てくれたお客さんも最高。

 

マッパチのメンバーも最高。

 

出し切った。

 

演り切った。

 

でも。

 

やっぱり寂しかったよ。

 

歌いながら「1曲ずつ減ってる」という感覚があってね。

 

やればやるほど「終わりに近づく」からね。

 

真ん中あたりに差しかかった時に「うわ〜もう半分じゃん!」。

 

マジでライブを中止したくなったから。

 

ストップ!

 

このまま進めたらラストライブが終わっちゃう!

 

すべて終わっちゃう!

 

と。

 

でも別の精神状態もあって。

 

ライブまでの間に自分をいろいろ追い込んだことで生まれた精神状態。

 

カッコつけた表現だと「ゾーン」みたいなね。

 

言葉で説明するのは難しいんだけど初めての感覚があった。

 

ストレートの剛速球をずっと投げ続けてる、

 

投げ続けられるような感覚。

 

んー。

 

違うかなー。

 

なんかこう「無敵ゾーン」みたいなね。

 

ライブが終わる寂しさと同時に「いくぞオラ!」と終わりまで突っ走りたい自分もいたというか。

 

共存し得ない感覚が共存してた。

 

 

で。

 

結果として。

 

燃え尽きたのです。

 

すごく達成感があったなー。

 

これまでのライブを適当にやってたとかじゃないし適当にやるワケがないし、

 

ずっと一生懸命やってきたんだけど、

 

今回は「未知の達成感」と遭遇したような感じ。

 

やっぱ20周年だからね。

 

みんなも人生でいろんなことがあると思うし、

 

趣味でも仕事でも、

 

なにか続けてるものがあるだろうけど、

 

20年も続けるというのはレアだと思うんです。

 

マッパチバンドがCDを出したのは2000年だからバンドとしては17年になるんだけど、

 

それも立派な年数だと思うし誇りに思ってる。

 

ただ。

 

単に「解散してないだけ」という考え方が無いワケじゃない。

 

だから俺は覚悟を決めたかったのかもしれないね。

 

1ミリでもそういう思考が及ぶ可能性があるのであれば、

 

それを打破するような覚悟を決め、

 

100%の達成感を味わうための精神状態に持って行かないといけない。

 

だから「後が無い状況」にしたんだと思う。

 

と。

 

こういうのを書いてると俺はクソみたいに長くなっちゃうから、

 

今日はこのあたりで。

 

とにかく。

 

出てくれた皆さんも来てくれた皆さんも興味を持ってくれた皆さんも、

 

すべての方にお礼を言いたいです。

 

ていうか言います。

 

ありがとう!

 

追伸。

 

どうしても自分を抑え切れず気づいたらダイブしてました。

 

ちゃんと背中から行ってお客さんを蹴ったりしないように足を上げて、

 

お客さんもいい感じで運んでくれてたんだけど、

 

勢い余って途中で落ちました。

 

 

このあと、

 

床に。

 

ええ。

 

後頭部から。

 

でも。

 

ぜんぜん痛くなくてそのままステージへ。

 

アンコールも大暴れしてライブが終わったのでした。

 

で。

 

ライブが終わった現在。

 

なんかこう、

 

後頭部?

 

首?

 

痛いです。

 

 

 

AD

チケット取り置き開始

テーマ:

 

押忍。

 

ガル憎でございます。

 

公式ツイッターの方でも発表がありましたが、

 

これまでイープラスでしか販売していなかったライブチケット。

 

その方が楽かと思ってたんだけど、

 

どうやら「取り置きがいい!」という方も割といらっしゃるようで、

 

出演者と協議した結果、

 

その取り置きシステムを導入することになりやした!

 

マッパチに関して言えば、

 

tmpb_777@yahoo.co.jp

 

コチラ。

 

お名前と希望枚数を書いて送信、

 

当日にその名前を言って支払いを行い入場してください。

 

ちなみに入場は「イープラス優先」なので、

 

取り置きの方はそれが終わってからしか入れません。

 

あらかじめ御了承を。

 

とにもかくにもライブが迫って参りました。

 

俺は自分を追い込むためジムに行ったりド下手ながらキックボクシングのトレーニングを受けたりしてます(試合に出るとかじゃないよ)。

 

どこまで行けるか。

 

どこまで生けるか。

 

次回ライブはまったく考えてないので是非ともお越しを!

 

 

 

 

 

押忍!

AD

チケット降臨

テーマ:

テーマ【告知】


さて。


お待たせしました。


ついに!


ついに!


今日から!


前売りチケット発売開始!


あ。


更新日を過ぎて見る人の方が多いかもしれないな。


じゃあ。


前売りチケット発売中!


ココから買えます。


ポチッとやればイープラスに飛びます。


今回のライブは取り置きチケットなどを用意しないことになっているので、


皆さまイープラスからお買い求めください。


ライブの概要は前回の更新で書いたとおりなのですが、


戻るのが面倒という人はココをポチッとな。


さあ。


なんだか「迫ってきた感」あるよね。


テンション上がるよね。


俺も走ったりジム行ったりして頑張ってます。


このライブに20年のすべてを捧げます。


来るべし!


押忍。


{15DC20BE-5E48-4AC1-8AB3-7BBAD2DEA869}

AD

MAD FES

テーマ:

 

テーマ【告知】

 

はい!

 

本日発売の「パチスロ必勝ガイド」2月号。

 

マッパチのページでも告知されているとおり・・・・。

 

ズドン!

 

 

ライブです!

 

そう。

 

マッパチバンドです!

 

しかも。

 

20周年です!

 

今年でマッパチはコンビ結成を20周年を迎え、

 

誌面ではそれを祝う企画をしたんだけど、

 

なんかこう・・・ね。

 

パ〜ッといきたいなってのがありまして。

 

そうなるとライブだよな。

 

ライブしか無いよな。

 

と。

 

水面下でプロジェクトを進行させてようやく情報解禁となりました!

 

そして!

 

素晴らしき共演陣が集結!

 

・No stock

・ColAsloAT

・Jerry.Fish

・鋼鉄潤滑油

・Tom(MC)

 

 

アニかつ、ガル憎、マッパチに縁のある方に声をかけ、

 

ステキな快諾をいただきました!

 

前売り券の発売を始めとする詳細は随時お知らせします。

 

ここにも書くけどツイッターの方が早い場合もあるので要チェクで。

 

いや〜。

 

嬉しいよ俺は!

 

燃えているよ俺は!

 

なんせ2年7ヶ月ぶりだから!

 

次も決まってないから!

 

マッパチ結成20周年のお祭りに是非ともご参加を!

 

押忍!

田中と子どもの夢

テーマ:

10月28日、加筆。

 

 

田中の夢、無事達成!

 

ご協力いただきた皆さま、

 

本当にありがとうございました!

 

────────────────

 

テーマ【メイン】

かなり長くなりますのでお時間のある時にお付き合いください。

 


既にご存知の方も多いでしょう。

 

 

田中がやってるNPO「セブンスピリット」が一大プロジェクトを立ち上げました。

 

 

それが「コチラ」。

 


俺も年に何度かフィリピン(セブ)に行き子どもたちと遊んだり発表会を観に行ったりしてるけど、

 


それは「現地ですぐに出来る」こと。

 

 

発表会に合わせて行ってその前後で一緒に遊ぶだけだからね。

 

 

でも。

 


今回はその子たちを「日本に呼んで演奏会をする」という大プロジェクト。

 


微力ながら(謙遜ではなく本当に微力ながら)手伝いをさせてもらって何年も経つけど、

 


子どもたちはストリートで汚い格好をし排気ガスまみれになり、

 


そのストリートで物乞いをしたり道端で寝たり。

 


家があっても薄暗いスラム街。

 


そういう子どもたちに「未来」を与えるために田中が作ったNPO。

 


初めて会った時は「ただそこにいる」だけだった子が、

 


次に行った時には普通にリコーダーが吹けるようになっていたり、

 


あるいは合唱ができるようになっていたり。

 

 

この子(ロアンニ)なんてドラムが叩けるようになってましたから。

 

 

成長ぶりにビビりまくりましたから。

 

 

 


少し前まで外で1日中ずっと物乞いをするしか無かったような子たちが、

 


目標を見つけて会う度にどんどん成長してる。

 


俺が遊びに行くといつも「カゾぉ~!」と言って何人も駆け寄って抱きついてくれる。

 


カゾは「カズヤのカズ」なんだけど向こうでは発音が「カゾ」になるんだよね。

 


だからセブでの俺は「カゾ」。

 

 

 

 

 

ね。

 

 

子どもたちが描いてくれた俺の似顔絵がそれを証明しております。

 

 

あと。

 


2年くらい前かな。

 


大型バスを貸し切って50人くらいの子どもたちをリゾートプールに連れて行ったことがある(どこかで書いたと思うけど)。

 


塾長とふたりでお金を出し合ってね(いわゆる「夏休みの大イベント」みたいな感じ)。

 


セブンスピリットでもそういう企画をやりたかったんだけど資金繰りが大変だから、

 


そこを塾長と俺が担当。

 

 

といってもフィリピンは日本より物価が安いので10万円もかからない。

 

 

それなら喜んで出しますよと。

 


で。

 


その時の喜ぶ姿がもう想像の何倍も凄くて。

 


バスの中でずっと歌を歌い、

 


まるでディズニーランドに行くかのようなハシャギぶり。

 


バスで2時間くらいの旅。

 


それじゃあ着くころには疲れちゃうよと思ってたけどプールでさらに元気爆発。

 


ありえないくらいのテンションで楽しんでた。

 


おんぶしてー!

 


ある子どもが「流れるプール」で俺の背中に飛び乗ってきた。

 


動きが激しく大変だった。

 


動きがもっと激しくなりもっと大変になった。

 


しかも重くなった。

 


なにかと思い振り向いたら3人くらいに増えていた。

 


3人をおんぶし(というか勝手に乗られ)て流れるプールを歩かされた。

 

 

 

 

この写真では2人だけど筋トレをしてる気分になったよね。

 


なんていうかこう、

 

 

まるでロッキーのトレーニングみたいな感じ。

 

 

あるいは亀田家のトレーニングみたいな感じ。

 

 

ジムとかに行って最新のマシンを使わず動物的なトレーニングをするパターン。

 

 

後日。

 


その中のひとりが俺たちが帰国した後も毎日プールの話をしてると。

 


塾長や俺に本当に感謝してると。

 


そして。

 


その子が言った言葉を聞いて俺は衝撃を受けた。

 


──「いままで生きてきた中であの日がいちばん楽しくて幸せだった」と。

 


真剣な顔で田中にそう言ったらしいのだ。

 

 

インジュンという子が。

 

 

 

 

さっきの似顔絵を描いてくれたインジュンが。

 


日本では当たり前のように行けるプール。

 


毎年どころか同じ夏に何度も行ったりできるプール。

 


それが「いままで生きてきた中であの日がいちばん楽しくて幸せだった」。

 


連れて行って良かった。

 


喜んでもらえて本当に良かった。

 


そういう気持ちと同時に「フィリピンの現状」を改めて感じた。

 


前から知ってたしスラム街も行ったしストリートチルドレンも数え切れないほど見てきたけど、

 


でもその言葉でハッとした。

 


この子がこれまでどんな環境で生きてきたのかを想像した。

 


ちなみにインジュンはさっきのリンク、

 

 

といっても戻るの面倒だろうだから「コチラ」をクリック。

 

 

この中にある「セブンスピリットのとりくみ」。

 


そこにも出てる(読み進めると「インジュンの成長」という記事アリ)。

 


そういう子どもたちを田中が助けています。

 

 

俺なんかはたまに行って少し手伝ったり手助けしたりするだけ。

 

 

田中はずっと頑張ってる。

 


音楽を通じて未来を与え団体行動を教え自信をつけさせている。

 


その子どもたち。

 

 

学校に行けばいいじゃん?

 


いえ。

 


学校に行くお金なんて無いんです。

 


だから勉強ができないんです。

 


そして勉強できないまま大人になって犯罪に手を出すようになる。

 


まさに悪循環。

 


そんな子どもたちが頑張って頑張って音楽を勉強して練習して、

 


日本でその「努力」を「披露」してくれる。

 


最高だ。

 


本当に本当に長くなってしまったけど、

 


田中が「人生最大の夢」と言っている今回のプロジェクト。

 

 

少しでも協力していただけるとありがたいです。

 


よろしくお願いします。