田中と子どもの夢

テーマ:

10月28日、加筆。

 

 

田中の夢、無事達成!

 

ご協力いただきた皆さま、

 

本当にありがとうございました!

 

────────────────

 

テーマ【メイン】

かなり長くなりますのでお時間のある時にお付き合いください。

 


既にご存知の方も多いでしょう。

 

 

田中がやってるNPO「セブンスピリット」が一大プロジェクトを立ち上げました。

 

 

それが「コチラ」。

 


俺も年に何度かフィリピン(セブ)に行き子どもたちと遊んだり発表会を観に行ったりしてるけど、

 


それは「現地ですぐに出来る」こと。

 

 

発表会に合わせて行ってその前後で一緒に遊ぶだけだからね。

 

 

でも。

 


今回はその子たちを「日本に呼んで演奏会をする」という大プロジェクト。

 


微力ながら(謙遜ではなく本当に微力ながら)手伝いをさせてもらって何年も経つけど、

 


子どもたちはストリートで汚い格好をし排気ガスまみれになり、

 


そのストリートで物乞いをしたり道端で寝たり。

 


家があっても薄暗いスラム街。

 


そういう子どもたちに「未来」を与えるために田中が作ったNPO。

 


初めて会った時は「ただそこにいる」だけだった子が、

 


次に行った時には普通にリコーダーが吹けるようになっていたり、

 


あるいは合唱ができるようになっていたり。

 

 

この子(ロアンニ)なんてドラムが叩けるようになってましたから。

 

 

成長ぶりにビビりまくりましたから。

 

 

 


少し前まで外で1日中ずっと物乞いをするしか無かったような子たちが、

 


目標を見つけて会う度にどんどん成長してる。

 


俺が遊びに行くといつも「カゾぉ~!」と言って何人も駆け寄って抱きついてくれる。

 


カゾは「カズヤのカズ」なんだけど向こうでは発音が「カゾ」になるんだよね。

 


だからセブでの俺は「カゾ」。

 

 

 

 

 

ね。

 

 

子どもたちが描いてくれた俺の似顔絵がそれを証明しております。

 

 

あと。

 


2年くらい前かな。

 


大型バスを貸し切って50人くらいの子どもたちをリゾートプールに連れて行ったことがある(どこかで書いたと思うけど)。

 


塾長とふたりでお金を出し合ってね(いわゆる「夏休みの大イベント」みたいな感じ)。

 


セブンスピリットでもそういう企画をやりたかったんだけど資金繰りが大変だから、

 


そこを塾長と俺が担当。

 

 

といってもフィリピンは日本より物価が安いので10万円もかからない。

 

 

それなら喜んで出しますよと。

 


で。

 


その時の喜ぶ姿がもう想像の何倍も凄くて。

 


バスの中でずっと歌を歌い、

 


まるでディズニーランドに行くかのようなハシャギぶり。

 


バスで2時間くらいの旅。

 


それじゃあ着くころには疲れちゃうよと思ってたけどプールでさらに元気爆発。

 


ありえないくらいのテンションで楽しんでた。

 


おんぶしてー!

 


ある子どもが「流れるプール」で俺の背中に飛び乗ってきた。

 


動きが激しく大変だった。

 


動きがもっと激しくなりもっと大変になった。

 


しかも重くなった。

 


なにかと思い振り向いたら3人くらいに増えていた。

 


3人をおんぶし(というか勝手に乗られ)て流れるプールを歩かされた。

 

 

 

 

この写真では2人だけど筋トレをしてる気分になったよね。

 


なんていうかこう、

 

 

まるでロッキーのトレーニングみたいな感じ。

 

 

あるいは亀田家のトレーニングみたいな感じ。

 

 

ジムとかに行って最新のマシンを使わず動物的なトレーニングをするパターン。

 

 

後日。

 


その中のひとりが俺たちが帰国した後も毎日プールの話をしてると。

 


塾長や俺に本当に感謝してると。

 


そして。

 


その子が言った言葉を聞いて俺は衝撃を受けた。

 


──「いままで生きてきた中であの日がいちばん楽しくて幸せだった」と。

 


真剣な顔で田中にそう言ったらしいのだ。

 

 

インジュンという子が。

 

 

 

 

さっきの似顔絵を描いてくれたインジュンが。

 


日本では当たり前のように行けるプール。

 


毎年どころか同じ夏に何度も行ったりできるプール。

 


それが「いままで生きてきた中であの日がいちばん楽しくて幸せだった」。

 


連れて行って良かった。

 


喜んでもらえて本当に良かった。

 


そういう気持ちと同時に「フィリピンの現状」を改めて感じた。

 


前から知ってたしスラム街も行ったしストリートチルドレンも数え切れないほど見てきたけど、

 


でもその言葉でハッとした。

 


この子がこれまでどんな環境で生きてきたのかを想像した。

 


ちなみにインジュンはさっきのリンク、

 

 

といっても戻るの面倒だろうだから「コチラ」をクリック。

 

 

この中にある「セブンスピリットのとりくみ」。

 


そこにも出てる(読み進めると「インジュンの成長」という記事アリ)。

 


そういう子どもたちを田中が助けています。

 

 

俺なんかはたまに行って少し手伝ったり手助けしたりするだけ。

 

 

田中はずっと頑張ってる。

 


音楽を通じて未来を与え団体行動を教え自信をつけさせている。

 


その子どもたち。

 

 

学校に行けばいいじゃん?

 


いえ。

 


学校に行くお金なんて無いんです。

 


だから勉強ができないんです。

 


そして勉強できないまま大人になって犯罪に手を出すようになる。

 


まさに悪循環。

 


そんな子どもたちが頑張って頑張って音楽を勉強して練習して、

 


日本でその「努力」を「披露」してくれる。

 


最高だ。

 


本当に本当に長くなってしまったけど、

 


田中が「人生最大の夢」と言っている今回のプロジェクト。

 

 

少しでも協力していただけるとありがたいです。

 


よろしくお願いします。

 

 


 

 

AD

修羅の予習と復習

テーマ:

 

テーマ【北斗の拳】

 

 

北斗の拳・原作公式親善大使からのお知らせです。

 

 

今月30日、パチスロ北斗の拳「修羅の国」篇デビューに先駆け、

 

 

まさにその「修羅の国」篇を完全収録した一冊がこの乱世に放たれます。

 

 

今月30日が「上巻」で来月15日が「下巻」。

 

 

あ。

 

 

二冊ですね。

 

 

いずれにしても、これで修羅の国を完全網羅することが可能!

 

 

自分は上巻のカラーページでパチスロの簡単な解説をしてるんですが、

 

 

表紙を見てビックリ。

 

 

写真が載ってるじゃないですか!

 

 

ああ、もう!

 

 

表紙に載るんだったらちゃんと髪とか切れば良かった!

 

 

ああ、もう!

 

 

という話をしたいのではありません。

 

 

北斗って、いわゆる第一部(ラオウの死)で卒業した人、

 

 

あるいはその後からあまり読まなくなった人がいると思うんだけど、

 

 

北斗神拳の歴史に関するエピソードがてんこ盛りで、

 

 

それがあったからこそ「蒼天の拳」が生まれたといっても過言じゃないと思うんです。

 

 

もちろんラオウが死んだところで終わってた方が良かったという声もある。

 

 

でも。

 

 

それだと単なる「世界中を巻き込んだ大規模な兄弟ゲンカの漫画」なんですよね。

 

 

もっと言えば「そのお陰で南斗聖拳の主要流派が全滅しちゃった」んですよね。

 

 

いい作品であることは間違いないけど「深み」という意味では修羅の国が本当に大きい。

 

 

なので、パチスロが出る前に予習として読むもヨシ、

 

 

単に「あのころ読んでなかったな~」という人が改めて読むもヨシ。

 

 

かなりの発行部数になると聞いてますんで、

 

 

ほぼ例外なく全国の主要コンビニに置かれるんじゃないかと。

 

 

というワケで、まずは第一弾の「上巻」。

 

 

是非ともよろしくお願いします。

 

 

追伸。

 

 

印税契約じゃないんで、いくら売れても俺には入ってきません。

 

 

AD

成就の刻

テーマ:

テーマ【野球】


一夜明けたワケで。


よくやく書ける
精神状態になったワケで。


まずは8日。


地元優勝に望みをかけて夕方に東京から無理やり帰省、


居酒屋でテレビ観戦をしている仲間の元へ向かうタクシーの中で坂本が藤川からまさかのスリーラン。


この瞬間に「地元優勝」の可能性が消えた。


まだ現場に着いてないのに消えた。


運転手とふたりで「あ~~~~~~~っ!」と絶叫、


居酒屋に着いた瞬間に「東京から来たばかりなんですけど帰っていいですか?」。


自虐的なギャグを言うしかなかった。


本当は東京で試合開始からガッツリ観るつもりでいたんだけど、


仕事をしながらずっと考えてたんです。  


自分に「お前はどこで誰と優勝を味わいたいんだ?」と聞いてみたんです。


その答えは「広島」と「広島の仲間」でした。


東京がダメとかじゃなくて、


自分の生まれ育った街と空気の中にいたかった。


そこはカープを生んだ場所だから。


たとえ移動中に試合が観られないとしても、


歓喜の瞬間に間に合えばそれでいい。


旧市民球場時代から共に応援し続けた仲間たちと抱き合いたい。


そう思って夕方から急きょ広島に向かいました。


翌日には東京に戻るつもりで。


しかし。


地元優勝を逃した後もその気持ちは変わらなかった。


9日。


もう1日と考え広島に残った。


ここでも優勝しなかった。


迎えた昨日。


自分が住んでいる東京で試合と胴上げの可能性があるにも関わらず、


やっぱり広島に残った。


何度「お前はどこで誰と優勝を味わいたいんだ?」と聞いても、


答えは同じ「広島」と「広島の仲間」だったから。


ほんの2日前「自分が行った時点で優勝の可能性が無くなっていた店」に再び仲間が集結した。


今度は試合開始前からみんなと観戦した。


古くて汚い旧市民球場時代、


帰省の度に何人かで一緒に観るようになり、


2007年からは「球場を真っ赤に染めたい」という想いを多くの人に伝えるため、


自費でTシャツを制作し無料での配布を開始した。


それが「廣島魂」。


せっかくだから同じ場所で観よう。


同じ場所で観た方が「赤さ」が際立つから。


そしてその面積を広げていこう。


いつしか想いに賛同してくれた仲間と一緒に観るようになった。


舞台が新球場に変わっても同じだった。


その仲間といたかったんです。


全員が集まれたワケじゃなかったんだけど、


いつものようにみんなで「廣島魂」を着て応援したかった。


一期生と呼んでいる初期メンバーたちもその店に駆けつけた。


そしてカープは優勝した。


ドキドキもソワソワもワクワクも共にし、


歓喜の瞬間に抱き合って泣いた。


良かった。


やっぱりこの街とこの仲間だった。


{CFD09171-91CE-4315-9B83-F11121029ABC}



これは最後に残ったメンバーでの写真から全員じゃないけど、


あっちの席にはこのメンバー、


こっちの席にはこのメンバー、


あっちに行ったりこっちに行ったり。


出会った時に小学生だったチビが車を運転できるようになったり酒を飲めるようになったり、


独身だった連中が結婚して家族を作ったり子供が増えたり、


そんな中で引き続き俺は全開バリバリの独身だったり、


なんか俺だけ昔のままじゃんとか思ったり、


下手したら上で書いた「出会った時に小学生だったチビ」の方が先に結婚するんじゃないかと身震えしたり、


という話ではなく。


みんなで共に歩んだトンネルの先にようやく見えた「栄冠」の二文字。


ようやく掴んだ「優勝」の二文字。


まだまだ会いたい&抱き合いたい人は広島にも東京にも他の場所にも沢山いるけど、


自分に聞いて自分が選んだ場所で最高の涙を流すことができました。


それにしても。


25年の我慢が一瞬で歓喜に変わるって凄い。


我が選んだ場所に一片の悔いなし!

{5D6DDC55-C836-4FF7-81B5-9C2764B9FE19}


AD

STH FES Vol.3

テーマ:

 

テーマ【pray for japan】

 

 

広島土砂災害の風化を防ぎ語り継ぐため、

 

 

福岡地震の被災地に寄り添うため1年ぶりに開催された、

 

 

──『 STH FES Vol.3

 

 

 

 

 

 

お陰さまで大盛況&大盛り上がりで終わり、

 

 

復興支援イベントとしても大成功で終わったんだけど、

 

 

その大トリとして出演してくれた、

 

 

──『 the LOW-ATUS 』

 

 

今回、俺は司会としての参加だったから、

 

 

どうしても彼らに託したい「歌」がありましてね。

 

 

それは。

 

 

──『 STH FES Vol.1 』

 

 

記念すべき「初回」で俺が先輩たちと歌わせてもらった曲。

 

 

ビギンの「島人ぬ宝」。

 

 

以前からこの歌が好きで、歌詞を広島バージョンにできるなって思っててね。

 

 

歌詞の「この島」という部分を「広島」に変えれば字数も同じだからすんなり歌える。

 

 

タイトルは「広島の宝」。

 

 

広島土砂災害があった後に開催したイベントだったから、

 

 

それにちなんだ歌詞、広島にちなんだ歌詞にして歌ったワケです。

 

 

で。

 

 

その時はアコースティックライブだった。

 

 

で。

 

 

──『 the LOW-ATUS 』

 

 

彼らもそう。

 

 

で。

 

 

そういうことなら歌ってもらおうと。

 

 

というか「歌ってほしい!」と。

 

 

前は自分目線・・・つまり「広島人」として歌ったんだけど、

 

 

歌詞の「僕」の部分を「君」に変えて歌ってもらいたいと。

 

 

言ってしまえば単なる替え歌なんだけど、

 

 

広島について心を込めて考えた歌詞だから今回のお客さんにも聞いてほしかった。

 

 

だからトシロウ君に「歌ってほしい曲があるんだ」と言って頼んだ。

 

 

できるか分からない。

 

 

原曲を完璧に覚えていればできるかもしれないけど。

 

 

そういう返事だった。

 

 

でも。

 

 

当日。

 

 

会場に行ったら、楽屋でその歌詞とコード表を見て練習するトシロウ君の姿があった。

 

 

嬉しかった。

 

 

ちゃんと俺の想いを受け止めて「歌おう」としてくれていたのだ。

 

 

鬼にも優しさがあったのだ。

 

 

で。

 

 

細美君はこの日、山口県で開催される野外フェス「ワイルドバンチ」に出演していて、

 

 

それが終わった足ですぐ広島に向かいこっちのフェスに出演するという強行スケジュール。

 

 

だからこっちではリハもできない状態だった。

 

 

そういうこともあって、トシロウ君が「みーちゃん(細美君)いないからガルちゃん歌ってくれる?」。

 

 

楽屋でトシロウ君の練習に付き合った。

 

 

何度か歌って合わせた。

 

 

ギターを弾きながら歌詞を見ていたトシロウ君が「三番はガルちゃんが歌った方がいいんじゃねーかな」。

 

 

ポツリと言った。

 

 

もちろん俺も「歌いたい」という気持ちはあった。

 

 

替え歌とは言え、一応、広島を想って心を込めて書いた歌詞だから。

 

 

ただ。

 

 

俺は彼らに託したワケだから、出しゃばるのはヤメた。

 

 

もしそういう展開になれば、そうなるだろう。

 

 

ならなければ、それは正解だろう。

 

 

そんな感じで。

 

 

迎えた本番。

 

 

彼らはこの曲を最後の曲にしてくれていた。

 

 

さらにステージ上で、この歌をどうして歌うことになったか、

 

 

同時に俺、つまり「ガル憎」の説明をしてくれた。

 

 

普段、合えば仲良く話して酒を飲んで酔ってワイワイやる関係だけど、

 

 

お客さんの多くは俺のことを知らないから。

 

 

細美くんが「俺が若いころパチスロ必勝ガイドはバイブルだった」。

 

 

そう言って、マッパチと俺の説明をしてくれた。

 

 

彼が俺のファンであった話をしてくれた。

 

 

お客さんはビックリしていた。

 

 

そりゃそうだよね。

 

 

天下の細美武士が憧れていた存在がパチスロ雑誌のライターなんだから。

 

 

パチスロ必勝ガイドは白夜書房。

 

 

マッパチはアニかつとガル憎のコンビで、

 

 

アニかつの正式名称はアニマルかつみでガル憎は昔ニューガルーダ石川だった。

 

 

めっちゃ細かく説明してくれた。

 

 

写真に写る時に歯を食いしばるようにして顔に力を入れてるのは俺のパクリだとか、そういうことまで(俺は前に聞いて知っていた)。

 

 

なんて言うんだろ。

 

 

俺を紹介してくれた嬉しさというより、

 

 

彼は日本ロック界のトップレベルにいる男だからね。

 

 

俺(=ガル憎)に対する思いを話しても得することなんて無いと思うのよ。

 

 

むしろパチスロが好きだとか好きだったとか、

 

 

イメージ的にはマイナスになるかもしれない要素じゃない?

 

 

そういうのを普通に言ってくれたことが嬉しかった。

 

 

俺の紹介(説明)が終わったところでトシロウ君が「そんなガル憎が歌ってくれって言った曲を」。

 

 

同時に細美君が「ガルちゃん!」と俺を呼び込んだ。

 

 

慌ててステージに上がり、演奏が始まり、俺は三番を歌った。

 

 

最高の時間だった。

 

 

ふたりが歌い、弾いてくれてるだけでも嬉しいのに、

 

 

一緒に歌うことができた。

 

 

お客さんからしたら俺の存在は邪魔だったかもしれないけど、

 

 

広島への想いを、1年半ぶりに届けることができた。

 

 

そんな「広島の宝」。

 

 

トシロウ君は「広島人(ヒロシマンチュ)の宝」と紹介してたけど、

 

 

実際は「広島の宝」だけど、

 

 

細かいことはいいかな。

 

 

とにかくその歌詞が、ひとつ前に更新した「コチラ」なのです。

 

 

二人は大切な友達だし仲間だけど、

 

 

今回のフェスでこれを歌ってくれたこと、

 

 

心から感謝します。

 

 

ありがとう。

 

 

広島の宝(the LOW-ATUS Ver)

テーマ:

 

テーマ【音楽】

 

★広島の宝(原曲/島人ぬ宝・作詞/ガル憎)

 

君が生まれた 広島のことを
僕はどれくらい 知ってるんだろう
地名の由来も いつからあるかも
詳しいことまで 分からない

でも 誰より 誰よりも知っている
街も空気も 人もカープも
どこよりも温かい 広島を

教科書に書いてあることだけじゃ分からない
大切なことがきっと ここにあるはずさ
それが広島の宝

君が生まれた 広島の涙
僕はどれくらい 知ってるんだろう
原爆が落ちて すべてを失い
未来が途絶えた あの夏を

でも 誰より 誰よりも知っている
焼け野原から 決して逃げずに
今を作ってくれた その力
世の中が忘れてるこの街の真実を
訪れて 泣き笑い すべて感じよう
それが広島の宝

ワシが育った安佐南区に
突然 不幸が訪れた
安佐北区と共に 打ちのめされて
なす術 失った あの夏を

でも 誰より 誰よりも待っている
風化させずに 復興遂げて
心から喜べる その時を
ワシらには 広島の 魂が宿ってる
困難を 乗り越える たくましさの血潮
それが広島の宝
それが広島の宝
それがこの街の誇り