ブログランキング  ←広くみなさまにお読みいただき、視点を共有できますよう、クリックをお願いします。


選挙に行きましょう。

心からの一票を投じたいのにそれができない方(除:丸川氏)のためにも。


~~~

そろそろ20日が近くなってきた ので、核施設停止のことなどの動向を見ようと、IAEAと文字を追っていたら、こんな記事が引っかかりました。

産経(共同通信) 柏崎原発、全面調査必要 IAEA事務局長

 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は18日、クアラルンプールでの記者会見で、東電柏崎刈羽原発について「地震の強さが設計(の想定)を超えた可能性があり、日本は原子炉の構造、システム、構成部品について全面的な調査を行う必要がある」と述べた。また日本が透明な調査を行うことを期待しているとし、「IAEAは国際的なチームを通じて調査に参加する用意がある」と述べた。(共同)

(2007/07/18 18:10)

そして、
日経BP(ロイター)

IAEA、柏崎刈羽原発の事故調査で協力の用意  (キャッシュ

2007年7月18日 水曜日
 7月18日、IAEAのエルバラダイ事務局長は柏崎刈羽原発(写真)の事故調査で協力の用意があると発表(2007年 ロイター/Issei Kato)
 [クアラルンプール 18日 ロイター] 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は18日、新潟県中越沖地震により東京電力<9501.T>()の柏崎刈羽原子力発電所から放射能を含む水が海に流出するなどした事故に関する調査で、日本の関係当局に協力する用意があると表明した。

 エルバラダイ事務局長は記者団に「IAEAは、日本に協力して国際チームを派遣し、(刈羽原発の)事故を調査し、そこから必要な教訓を引き出す用意がある」としたうえで、「日本の当局からは情報を得ている。今回の地震は、東電がすでに指摘しているように、発電所の設計時に想定した以上に強い規模だったことは明らかだ」述べた。

 エルバラダイ事務局長は、原子炉の構造は損傷を受けていないが、日本がこの件について徹底的な調査を行うことは必要だとの見方を示した。

 事務局長は「原子炉の構造またはシステムが損傷を受けたというわけではないが、日本が原子炉の構造やシステム、部品を徹底的に調査し、この地震から必要な教訓を引き出すことが必要だ」と述べた。

 また「日本がこの調査で透明性を保つことを望んでいるし、またそうすると信じている」と付け加えた。

なんで私の国にまるでIAEAが○○○に言うようなこんなひどい言葉を投げつけてくるんだよう、透明な審査ができないと思われてるかもしれないけど、でも悪いのは原子力で不祥事を起こした電力会社だもん、と総理大臣は歯ぎしりをしているでしょう。


しかし、もはや当然の対応と言ってよいはずです。

ご周知の通り、断層の指摘は従来よりなされていたわけですから・・・。


    参議院 質問主意書  質問第七号
    柏崎刈羽原子力発電所の地盤に関する質問主意書

    右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

     平成六年十一月一日  稲村稔夫   
          参議院議長 原 文兵衛殿


Mainichi-MSN 中越沖地震:東電が活断層を過小評価? 原発建設前に発見
 新潟県中越沖地震を起こした断層の一部を、東京電力が柏崎刈羽原子力発電所(新潟県柏崎市・刈羽村)の建設前調査で見つけていながら、影響を過小評価していた可能性があることが18日分かった。東電が同日の会見で認めた。気象庁などは、地震を起こした断層面が原発の直下まで広がっている恐れがあると分析しており、事前調査の甘さが浮かび上がった。

 東電によると、問題の断層は80年代の建設前調査で見つかった4本の海底断層のうち1本。


原発の沖合約20キロにあり、海岸と平行に延びている。東電は、国に提出した柏崎刈羽原発の設置許可申請書で、この断層を長さ最大8キロで最近は活動していないと評価。大地震をもたらさないとみなしていた。

 しかし、中越沖地震の余震分布から推定すると、実際には、この段層が中越沖地震を起こした断層の一部と一致するとみられることが分かった。

 東電は「当時は断層を過小評価した恐れがある」と話しており、今後、数カ月かけて、同原発を中心に半径30キロ程度の海域で改めて海底の地質調査を実施することを決めた。中越沖地震を起こした断層の規模の推定や、さらに未知の断層がないかを調べる。その結果に応じて同原発の耐震性を強化するという。

 また、東電は、中越沖地震の断層面が同原発直下まで広がっている可能性を認めた。しかし、原発から地下の断層面までは20キロ以上あるとみられることを理由に「断層が地表近くの岩盤のずれを起こすことはなく、直下にあるというだけですぐ危険とはいえない」と訴えた。【高木昭午】

毎日新聞 2007年7月18日 21時11分 (最終更新時間 7月19日 0時36分)

現地の方はどれだけ怒っていらっしゃるだろうかとまた悔しさでいっぱいです。


過去の来歴もさることながら、今回、放射能漏れが確認できていないとシオザキ氏が語った時点で水蒸気が噴出していたのだから、すでにかなりの深刻さの認識が官邸を含む関係者にはあったはずです。

それを「確認できていない」(確認したとも明言していない)という不届きな発表があったことから、この国に透明性は期待できないというのがIAEAの読みであるかもしれません。


元々読みたかった、IAEAでの検索記事はこうしたあたりでした。


東京新聞 北朝鮮の5核施設が停止 IAEA確認、一部封印も
2007年7月18日 18時40分

 【クアラルンプール18日共同】国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は訪問先のクアラルンプールで18日、停止・封印対象となっている北朝鮮の5つの核施設すべての稼働停止をIAEAが確認し、いくつかの施設で既に封印措置が取られたことを明らかにした。

 IAEAは15日に寧辺の実験用黒鉛減速炉(5000キロワット)の停止を確認。残り4施設の停止も確認されたことで、2月の6カ国協議で合意した核放棄に向けた「初期段階措置」履行がより進み、核兵器用プルトニウム生産に一定の歯止めがかかったことになる。

 北朝鮮の核施設稼働停止は、2003年初めに米朝枠組み合意で凍結していた核施設を再稼働させて以来、約4年半ぶり。

 エルバラダイ事務局長は「今後数週間、必要な監視・検証活動を続けるつもりだ。稼働停止は非常に肯定的な一歩だが、長い旅路の第一歩だ」と話し、北朝鮮の協力姿勢と6カ国協議進展の必要性を指摘した。

この5つの核施設に対する監視活動での「数週間」は「2週間程度」という読みもあるようですが、日本の監視は数週間では済まされないでしょう・・・


どこまで誤魔化し東電だけに責任を転嫁して見苦しい芝居を演じるつもりかは分かりませんが、IAEAが真に監視したいのは、やはり実は理事国である日本 そのものであるようにも思えます。


ところで、コメントもいただいたようにIAEAは核の軍事利用を抑制することが第一の目的にあり、Wikipedia『国際原子力機関』 によれば、


国際原子力機関(こくさいげんしりょくきかん、International Atomic Energy Agency (IAEA))は、原子力の平和利用を促進し、軍事転用されないための保障措置の実施をする国際機関である。2005年度のノーベル平和賞を、エルバラダイ事務局長とともに受賞した。

ということで、日本の所轄官庁も経済産業省ではなく外務省となっています・・・


~~~

大きな事故の話題のあと、労働問題という異質の話題に移るのですが、ホワイトカラー・エグゼンプション警報が本格的に発令されました。

昨日の日経の記事をスキャンしました(クリックで拡大します)。



070718日経

参院選の争点として雇用ルールの説明をするはずなのに、なぜか詳細説明はWEについて。


当時、奥谷氏に怒っていた人にもう一度このことを伝えてくださるようお願いします。


・・・経済界が導入を求めたが、「残業代ゼロ法案」との批判にさらされ、お蔵入りになった。

 「ワーク・ライフ・バランス」を実現する柔軟な働き方を推進するためにも、同制度を支持する声は大きい。慶応大の清家篤教授は適用された人の健康面に配慮することなどを条件に、「仕事を労働時間で評価しにくい高度で自律的な仕事をしている専門職などに導入していい」とみる。

清家教授は、労災保険の民営化などで、アンチ宮内路線を語っていたはずなのですが。

となると、もう政府の本気さに諦めに入りせめて運用で問題を回避したいということかもしれません。


けれど、残念ながら今の段階では、専門職でかつ健康面に配慮してもらえる職場環境は、完全に民間だとすれば非常に希少な存在でしょう(組合員でなければさらに)。


平成15年度 第9回総合規制改革会議 議事概要 少数意見(清家委員ほか)
1. 日時  平成15年12月16日(火)10:00~11:15
2. 場所  永田町合同庁舎総合規制改革会議大会議室
3. 出席者
(委員)
宮内義彦議長、鈴木良男議長代理、奥谷禮子清家篤、高原慶一朗、八田達夫、安居祥策、八代尚宏、米澤明憲の各委員
(事務局)
小平統括官、河野審議官、福井審議官、浅野間審議官、宮川事務室長、中山事務室次長

~~~

カナダde日本語 』の美爾依さんが、きっこさん作成バナーをアップ していらっしゃいます。使用させていただきます。きっこさん、美爾依さん、ありがとうございます。



きっこさん作成バナー


わたしは、非常時も平時も庶民(一般人)というだけで安心できない世の中を作ってきた人たちにNO!を言い渡します。


---

トラックバックピープル「安倍晋三」 に参加しています。

トラックバックピープル「2007年参議院選挙 野党共闘 」 に参加しています。

News for the People in Japanリンク集 に登録していただいています。

AD

コメント(6)