ただのメモ




実は今まで一回も勝った事がない誘惑がある。




それが発生すると絶対に食べる。




空腹にも勝ち、食事の誘惑に勝っても、それには絶対に勝てない。




勝った事がない。









最近食べてるから大丈夫かなあと思ってたのだが、宇宙との一体感のようなものが強くなると、呼吸がゆっくりになり、空気と水が異様にうまく感じるようになる。







食べ物はプラスチックのようなものに見え、肉は見るだけでオエっとなる。


※動物肉否定派ではない






空腹が感じなくなり、リラックスしてきて幸せな気持ちになり、ありがとうありがとうと、万物に感謝したくなってくる。


※俺は無宗教







キリストは人はパンだけで生きてるのではないと言ったかも?だけど、キリストが言ったパン以外の生きる力はコレか!?と思えるようなエネルギーのようなものが満ちてくる。




これは宇宙のどこにでもあるものだと感じる。







それを取り込もうと思ってるわけではないんだけど、そのエネルギーが満ちてくる感覚が強くなると、自分が光になってくるような感覚になり、呼吸がいらないものと感じてきて、この先に何かがあるのを感じてくる。




その時は体が絶好調過ぎて気持ち悪い。耐えられない。




表現が変だけど、絶好調なんだけど、冴え過ぎて体がムズムズするし、声には出さないし態度も変わらないけど、体がうおおおおおおおお!と言ってるような感覚になる。




昨日はそれになったので、その感覚を消すために食べた。




食べると体が濁る感覚になり、普通の状態に戻る。









しかし、食べない状態こそが本来の人間の状態のような気がする。




いつもありがとうありがとうと思いながら暮らせるのは、それだけで幸せな気分になる。




この感覚の付き合い方を考えねば。







追記


その状態の時は、目の前に光の粒が見え、通常は見るのが難しいものがゆっくりに見える。




瞬間計算力


(10-2-3-0.3)




頭の体操として、このゲームで足し算をしているのだが、その状態の時はこの数字がハッキリ見えるし計算も出来る。




完全な無の状態になる時、逆に頭は冴えるのだと実感できる。




なぜか呼吸は物凄いゆっくりになるか、止まってる時間が長くなる。




つばに物凄い力を感じるようになる。






更にその上の状態にいくと、太陽があるわけでもないのに虹が見えてくる。




で、一回だけその上に行ったことがあるんだけど、目の前が全て紫になった事があった。




これ以上は怖くていけなかったが、目は閉じてないし目を開けてる状態。




今生きているこの世界はプログラムのようなものだという感覚が強くなる。




ここまでいかなくても、冴えすぎて目の前に光が見え感謝がとまらなくなる状態になると、何かの意志とコンタクトがとれそうになる。









俺の場合は、それは女性意識に近いもので、地球や宇宙の意志のようなものに感じる。




波動のようなもので言いたい事が伝わってくるようになる。




神を憎み、あの世を信じてなかった俺が、その波動に色々教えて貰えた。




何度か声でコンタクトがとれたが、相当気持ちが澄んでないと無理。






これと繋がってる時はとても愛されてる感じがして感謝がとまらない。




この存在は人間の価値で悪人と呼ばれる人ですら平等に愛している。




やんちゃな子供を愛する母のように、凄まじい愛を注いでいる。







話しが色々飛んでしまったが、体が冴えると力が満ちすぎてなんとも言えない感覚になり気持ち悪い。




そして、それは飯を食って体を濁らせると治る。







しかし、最近食っても空気がうまい、水がうまい。




万物に感謝したり、体がさえる状態が止まらなくなってきた。




元々腹が減って食べてるのではないのだが、この状態で食うと絶対に太る。




力が満ちて空腹がないのに食べるから、余分なものが発生してるのかもしれない。







ダイエットの場合は六食食べるのが良いと思ってるが、これは軌道修正しないとやばいかも。




最近は飯を見るだけでオエっとなり、水が異様にうまい。




まじうまい。




なんにせよ、全てにありがとう。




こんな事を書いてるが俺は聖者ではなく、エロが大好きな変態だめ男です











ニート日記 ブログランキングへ





クリックして頂けると喜びます。



AD