• 18 Feb
    • 市教委が「慰安婦映画」を後援!

        リブログ記事です。     日本の教育、法律、官僚等すべての根幹は既に乗っ取られています。         戦後直後から愛国者ではない人達が要人に就いたため、日本は乗っ取られたところからスタートしていると言っても過言ではありません。     これをなんとかしていくのが我々の役目ですが     我関せず、見てみぬふり、政治はどうでも良い。     状態のお花畑日本人は滅びの道を進んでいます。         「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、他人によく思われたいだけの偽善者である」  「大切なことは、遠くにある人や、大きなことではなく、目の前にある人に対して、愛を持って接することだ」  「日本人は他国のことよりも、日本のなかで貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところから始まります」  「愛の反対は憎しみではなく無関心です」              日本人を犠牲にして他国に愛を注ぐのを善行と感じているお花畑日本人は、憎しみ以上の苦しみを無自覚に与えているのを気付かない。             乗っ取り完了の官僚 http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-12223284414.html     教師が実行するマルクス主義について http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38853069.html     日教組が日本を壊す http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11947054493.html    

  • 17 Feb
    • 日本人は現在3つにわけられる

      ブログ引っ越しました。引っ越し先http://dameotokoseityou.hatenablog.com/以下コピペや自分の言葉日本人は3つに分けられる。国の未来を憂う者。政治に無関心な者。日本を貶める 者。あなたはどの日本人ですか?日本人が目覚める時(完全版)】3分の動画です。興味がなくても3分我慢して見てもらえますか。平和団体沖縄の「平和団体」の連中が、自分らの象徴である色の「赤」いテープを、基地の金網に縛りつけているところです。連中が去ったあと、これを取り、下に散らかったゴミやペットボトルを集めて捨てるのは、地元の近隣住民です。 沖縄県外や隣国から妨害活動に来ている人多数。平和を掲げる団体には過激派や工作員がまぎれている場合が多々アリ。平和の響きに流されず自分で判断する力を持て。反戦運動家の正体 クリックpic.twitter.com/za6nxNp2A4沖縄の「平和団体」の連中が、自分らの象徴である色の「赤」いテープを、基地の金網に縛りつけているところです。連中が去ったあと、これを取り、下に散らかったゴミやペットボトルを集めて捨てるのは、地元の近隣住民です。 沖縄県外や隣国から妨害活動に来ている人多数。弁護士、教師、福祉慰安婦捏造の日弁連。心神喪失無罪に見られる犯罪者に優しい日本。いじめはなかったとする教師。自虐史観や性教育による日本崩壊を現在進行形で実行中の教育界。外国人や犯罪者を優遇する福祉。GHQが悪と戦わない教育を最も強烈に行った場所が上記三つであろう。彼らは「悪を擁護しお客様扱い」する思想を植えつけられている。彼らの中で悪人は社会的弱者であり国の被害者である。とんでもない。その悪に襲われ苦しんでいる人こそ本当の弱者であり被害者である。あらゆる生物で襲った側を弱者と認識する存在は人間をおいて他にない。思想が染まってるだけでなく、敵側の思想を持ったまま帰化している人達も多数。乗っ取り完了状態である。そのため今行われているのは外国人優遇という日本人差別や犯罪者擁護が平然と行われている。悪に優しく善人に厳しい世界。頑張る人になにもなく、怠け者が支援される世界が既に誕生している。国の正義の根本が狂っているが中の人はそれに気づかない。正しいと思い一般人を苦しめる思想が蔓延する。 その先には国家崩壊が待っている。少年非行を環境のせいにして国家転覆を狙う反日勢力 クリック人権は金になると豪語している人もいる。安易に権利やお金を与える仕組みを作れば国は混乱する。それを狙ってる連中に乗せられてはいけない。【日教組】性モラルの崩壊で日本を滅ぼす!クリック憲法制定当時の真相「米国に脅された」クリックマザーテレサが日本の慈善に疑問を呈す クリック移民問題多文化共生はその大部分は失敗している。無関係に思える日本も現在進行形で移民問題で苦しめられている。なぜ歴史から学ばないだけでなく、現在の失敗からも学ばない。ドイツ メルケル首相彼らはいずれ帰国すると考え受け入れたが、彼らは帰らなかった。違う文化を持つもの同士が仲良く暮らすという試みは完全に失敗した。英国 キャメロン首相 我々は移民の独自文化を尊重した。だが彼らは我々の価値観にはむかってきた。フランス サルコジ大統領全ての民主国家は移民の独自性に気を遣い自国の独自性をないがしろにしてしまった。移民に親和的な人の特徴1経済合理性しか考えない2「今」の視点しか持っていない3間接侵略に対する考えが希薄4日本の在留資格が厳格に出来ていると錯覚している5犯罪統計見ない6ミラーイメージで外国人労働者は日本人と同じだと思っている間接侵略 乗っ取り 背乗り韓国に唯一の誤算があったとすれば、多くのリベラルな日本人が持っているプライド(あえて“愛国心”とは言わない)だったのではないだろうか。日本人を“奴隷”として扱おうとした瞬間、“ちょろい味方”連中が牙をむいてきた。 http://getnews.jp/archives/399019日本を支配しようとしている彼らのやり取り。超重要必見。http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11772136539.html背乗りとは戸籍ごと乗っ取られることである。もしかしてあの人が?http://ameblo.jp/shippou-japan/entry-11922835972.html日本は現在進行形で乗っ取りが進んでいる。http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11950279233.html中国人が語った乗っ取り方。こちらの意見を聞いてくれる純粋な人を探す。彼らは疑わず我々の話しを聞く。そうして賛成派の意見を増やし反対派を減らしていく。最終的に乗っ取りが成功したら約束は守らない。甘い話しに乗らない反対派が本当は正しかったのだ。信頼、信用しやすい人ほど敵側のコマにされることを知るべし。日本の政治家が日本のために動くと思うな。他国のために動く政治家多数。政治も乗っ取られている。慰安婦問題も国内の政治家が仕掛けたことだ。無関心は国を滅ぼす。政治に関心を!歴史捏造 自虐史観「日本に対して歴史問題を永遠につきつけていく! 日本をコントロールする方法は2つある。 一つはアメリカを介して影響を与える。 二つ目は日本の国柄を利用することだ。 日本は押すと引く国である。押す時に口実として歴史認識を使うのが有効だ。 日本は自分が悪かったと思っている。自国の歴史を知らない国民なのだ」 (中国で06年に発売された「江沢民文選」)  歴史を知らない無知な日本人を韓流好きにしろとリンク動画で言っています。利用してるとはっきり発言しています。 堂々と歴史に興味の無い韓流好きの人達と鼻で笑いながら得意げに話しています。歴史に無関心な韓流好きの取り込みについてを語っています。こんな人達の所に東方神起は二人で顔を出しています。「国際舞台で日本を外交的に孤立させるため、南京大虐殺・独島・慰安婦などを全て絡めた韓中民間協力が重要である。」これがパク代表による中国での講演のテーマでした。http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393340483/-100戦争問題現在日本は嘘の平和主義を教わっている。無抵抗、無防備だらけの国民になった時、戦争のトリガーは発射される。その時はもう目の前だ。中国は20年後に日本は無くなっているだろうと公言している!無防備都市宣言をした都市が攻撃されている事実http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/34294166.html日本は現代のカルタゴ=滅亡http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11882584175.html▼スイス政府 国民保護庁 著「民間防衛」武力を使わないで他国を侵略する段階を説明しています。第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」 イマココ誇りを取り戻せニミッツ元帥(太平洋艦隊司令長官)この島を訪れるもろもろの国の旅人達よ。故郷に帰ったら伝えてくれよ。この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!サンティアン・アムステルダム市長本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人のほうです。日本は敗戦したが、その東亜の開放は実現した。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。ビルマ バーモウ(元首相)日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。しかしまた、日本ほど誤解を受けている国はない。あるアメリカ人 「日本軍の上層部が敗北を十分に認識した上で大勢の若者を神風特攻隊に任命したのは、絶望的な大義のために命を捧げた若者たちの倫理規範が、以後何千、何万年と、人々の自己犠牲精神をかき立て続けるであろうと考えてのことだった。彼らの最後の望みは、未来の日本人が特攻隊の精神を受け継いで、強い心を持ち、苦難に耐えてくれることだった。現代を生きる私たちは、神風特攻隊という存在をただ理解できないと拒絶するのではなく、人の心を強く引きつけ、尊ばれるような側面もあったのだということを、今こそ理解すべきではないだろうか。」 日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争 クリック天皇陛下私は、天皇が、戦争犯罪者として起訴されないよう、自分の立場を訴え始めるのではないか、という不安を感じた。連合国の一部、ことにソ連と英国からは、天皇を戦争犯罪者に含めろと言う声がかなり強くあがっていた。現に、これらの国が提出した最初の戦犯リストには、天皇が筆頭に記されていたのだ。私は、そのような不公正な行動が、いかに悲劇的な結果を招くことになるかが、よく分っていたので、そう言った動きには強力に抵抗した。  ワシントンが英国の見解に傾きそうになった時には、私は、もしそんな事をすれば、少なくとも百万の将兵が必要になると警告した。天皇が戦争犯罪者として起訴され、おそらく絞首刑に処せられる事にでもなれば、日本に軍政をしかねばならなくなり、ゲリラ戦が始まる事は、まず間違いないと私は見ていた。結局天皇の名は、リストからはずされたのだが、こういったいきさつを、天皇は少しも知っていなかったのである。 しかし、この私の不安は根拠のないものだった。天皇の口から出たのは、次のような言葉だった。 「私は、国民が戦争遂行にあたって、政治、軍事両面で行った全ての決定と行動に対する、全責任を負うものとして、私自身をあなたの代表する諸国の裁決にゆだねるためにおたずねした。」  私は、大きい感動にゆすぶられた。死を伴うほどの責任、それも私の知り尽くしている諸事実に照らして、明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする。この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までも揺り動かした。私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても、日本の最上の紳士である事を感じ取ったのである。下巻P142 ポツダム宣言受諾のご聖断の際、昭和天皇は御前会議で「多くの者が戦死し、その家族の者は今も苦しんでいる。もうこれ以上、臣民を苦しませることはできない。私はどうなってもよいから臣民を救ってやりたい」とご落涙なされた。 このとき昭和天皇は戦勝国の手で自らが処刑される御覚悟を持っておられたのだ。 人類史上において、民を守るために生命を捨てようとした君主は、昭和天皇をおいて他に存在しない。 もし仮に昭和天皇が死を怖れフセインのように逃亡して穴ぐらに隠れていたならば、本土決戦と民族玉砕は現実のものとなっていたのだ。 http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33852306.html残酷だと教わったご先祖様や天皇が命をかけて守ってくれたからこそ今の日本がある。彼らがいなければ日本はチベットのようになっていたであろう。ご先祖様は命をかけて守ってくれた誇り高き戦士であり天皇は素晴らしき君主である。それを残酷と教えている教育こそ真の残酷なのである。この価値観のおかしさを正し、ご先祖様に感謝し、のちの世代に安全な日本を引き継ぐのが我々の役目である。ご先祖様ありがとう。GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーは、アメリカ上院軍事合同委員会である証言を­­した。日本の皆さん、先の大戦はアメリカが悪かったのです。日本は何も悪くありません。日本は自衛戦争をしたのです。  

      150
      7
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 世界で日本だけが愛国心を持てない

      日曜日、アメリカ、イギリス、フランス、オランダ、在日朝鮮、そしてオイラたち日本人の、計32人でバーベキュー大会を開催した。 全て教育関係の方々。 そして、全ての方々が日本語ペラペラでした。 そして、前回日教組のクソッタレと言い合いになった時に速記をしてくれた先輩がまた力になってくれました。 そして、この日のルールは、お互いの意見を否定しないこと、でした。 宴もたけなわ、いい感じにアルコールも進み、皆の口も滑らかになってきた頃合を計って、外国人の方々に問いかけてみた。 オイラ(K)『お尋ねします。あなた達にとって、愛国心とは何ですか?』 一様に、皆さん怪訝な顔を向けてきた。 オイラが一番下っ端だから、なんだかでしゃばってしまったのかな・・・と思っていたがさにあらず。 普段質問もされないことを聞かれたことに対する怪訝な顔だったのだ。 そして、イギリス人の方に次の様に答えられ、オイラは言葉に詰まってしまった・・・。 『おいK、なぜ日本人は、愛国心を「理屈」や「思想」で語ろうとするのか? 親が子供を慈しむだろ。そして、子供は親を慕う。夫婦もそうだ。夫が妻を妻が夫を愛す。それぞれがそれぞれを尊重し労わる。 それと同じだ。 国家に対して、愛情を注ぎ慈しみ慕い、愛し尊重する。 当たり前のことを、なぜ日本人はさも特別のように考えるんだ? 俺達にはそのことのほうが不思議でならない。』 この言葉に、他の国の方々も一斉に大きく頷いていました。 そして、アメリカ人の方が、 『ケネディの就任演説で、「国民は、国家に対して何をして欲しいかではなく、何ができるかを問え」と演説したんだ。 コレに対して、アメリカ国民は当然のように受け止めることが出来た。 アメリカという国に対する愛国心があるからだ。 今の日本で、時の首相が同じ言葉を発したら、Kはどの様に受け止めるのかな?』 オイラ『それは、その時の首相により違ってくると思います。 今のような政権でしたら、きっと反発心が出てしまうでしょう。』 『そこだと思うんだよ。なぜそこに自分の思想を入れて考えるのかな。 国を愛することに、思想信条は関係ないだろ?』  フランス人・・・ 『カサブランカという映画があるんだけど、今度見てください。 そこにフランス人の国に対する気持ちが描かれています。』 イギリス人・・・ 『K、私は常々不思議に思うことがあるんだ。 それは、なぜ日本人は、国旗・国歌を大切にしない? よその国ではありえない。』 オランダ人・・・ 『それに、天皇陛下。 素晴らしいではないか。 なのに私のいたある学校では、天皇陛下・国旗・国歌を肯定的に生徒に話をすることが、一種タブー扱いにされていた。 なぜ日本人は尊敬し、誇りに思わないのだろう・・・。』 この時点で、オイラたち日本人よりも外国人の方々が盛り上がってきてしまいました。 皆さんが一様に不思議がっていたこと・・・それは・・・ 【御皇室の存在の否定】 【国歌国旗の否定】 【拉致問題を乗り込んででも解決しないこと】 【領土問題 (尖閣・竹島・北方領土) の弱腰】 【教科書問題での対応】 【中国・韓国・北朝鮮への弱腰外交】 【国軍を有しないこと】 【自国の憲法を持たないこと】 【参政権を与えようとしていること】 【わざわざ移民を受け入れようとしていること】 すべてにおいて、皆さんが一貫していたのは、自国を否定することから始めてはいけないと。 他国に否定されようが、そんなものは気にしなければいい。 自国民がしっかりと国を愛していれば、それでいいではないか。 なのに日本人は自国の否定から入る人たちがいて、それが一定の権力を握っている。 他国にもそんなヤツラはいるかもしれないが、極々僅か。 決して権力を掌握し、国家まで否定するような行動までに至らない・・・ 日本で教育関係に関わっているだけあり、オイラの周りの日本人よりも物凄く勉強されていた。 オイラが考える当たり前であって欲しいことが、そこにはあった。 アメリカ人・・・ 『K、全ての日本人が愛国心を当たり前に持てるようになるには、どうすればイイ?』 オイラ『はい。それは教育だと思います。時間はかかることは分かっています。 ですが、戦後廃退してしまった日本人としての誇りを取り戻し、愛国心を持つことが当然の世の中にするには、教育です。』 アメリカ人・・・ 『そうだよな。 今日、先日Kとトラブルになった日教組の端くれをここに招待しなかったのは、あいつらが日本をダメにしているからだよ。 私たちは日本が好きだから、あんなヤツラと食事もしたくはないからね。』 ここで在日朝鮮人・・・ 『私は日本で生まれ育ちました。 確かに朝鮮学校では、いわゆる反日教育をされていました。 ですが、数人の友人達と、放課後地区の図書館に行き、本当の日本の姿を勉強してきました。 そこには、教えられていた酷い日本とは正反対の良い日本の姿がありました。 ですが、日教組の方達は、朝鮮学校の先生達と一緒になって反日教育に努めていました。 実際に、よくお互いの先生方が行き来しているのを見ています。 なぜ、日本人なのに日本を悪く言う教育に加担するのかが不思議でなりませんでした。 まあ、私のような考えに至る朝鮮人はほんの僅かでしたが・・・ 仮に大勢いたとしても、それを口にしたり態度に出したりはできませんでしたが、怖くて。 私は、本当は日本人になりたいんです。帰化したいんです。 が、親が許してくれません。』 イギリス人・・・ 『K、今日ここに来ている皆は、大きな共通点があるんだ。 それは、日本が大好きだ、ということ。 だがな、Kの友達に伝えて欲しいんだけど、日本人よりも日本のことを愛している外国人が多いというのは、 日本にとって決してよいことではないと思う。 なぜなら、自国に確たる主権を持ち、過去現在未来の自国に責任を持つのはその主権者たる国民だから。 ってことは、日本人が日本国を愛し守らなければ、日本という国の存在が危ぶまれる。 自分の国を守るのは、同盟関係でもなんでもない。 自分たちの気持ちと行動なんだ、とね。』 オイラ・・・『・・・・・・・・』 何も言えなくなってしまった。 自国を愛する、自国民を愛するという当たり前のことを、万人が堂々と言えない国、日本。 今のままで、未来の子供達のために、この国を、日本国として残すことが出来るのだろうか・・・。不安に駆られながらも、改めてその決意を確たるものにした一日だった。 今、日本人はもう一度、この映像を心のそこから見る必要があるのではないだろうか。 【東日本大震災】天皇陛下のお言葉 http://www.youtube.com/watch?v=mOERcHmrCkA 以上、わかってたまるか!さんの日記からコピペしました。 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1722636458&owner_id=34458703&comment_count=107 今年の都立高校卒業式で撒いているビラ http://bit.ly/geDoRl http://bit.ly/hzLrQ6 先生方の「国による国旗国歌の強制は不当だ!」「日本には日の丸を燃やす自由がある」「国境がなくなれば戦争にならない」って主張の意味や根拠が未だにわからない。子供には何と説明しているの? 国によってその思想の自由を保障されてるのに、その国を否定するという矛盾に気がつかないのでしょうか。 まるで親のおかげで食っておきながら親を憎む権利があるというのと同じです。 そんな人は親元から出て1人暮らしするものですが、彼らは日本から出てってくれません…。 世界で最も人気がある国、ニッポン。しかし日本人が一番この国の良さを分かっていない http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5858 日本人が日本人であることの誇りを失ったのは、戦後GHQの占領政策にまんまと嵌った左翼的な教科書作りに負うところが大きいと、『日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか』の著者、竹田恒泰氏は言う。  文字数オーバーの関係で続きはこちらhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/40401607.html

      87
      7
      テーマ:
  • 11 Feb
    • ”【緊急拡散】辛淑玉の犯罪”

        ちなみにこの方、本を多数出版し、マスコミ関係にも多数出演。 危機を訴えても日本人は危機感を持てない。 日本人は詰んでいる。 国民総無関心の今の日本。  国民葬になった時に初めて危機を見れるのだろうか。  以下ヘレンケラーの格言  安全とは思いこみにすぎない場合が多いのです。 現実には安全というものは存在せず、子供たちも、誰一人として安全とは言えません。 危険を避けるのも、危険に身をさらすのと同じくらい危険なのです。人生は危険に満ちた冒険か、もしくは無か、そのどちらかを選ぶ以外にはありません。  みんながみんなのために働く、それがほんとうの愛国心。 科学は、たいていの害悪に対する解決策を見出したかもしれないが、   その何にもまして最悪のものに対する救済策を見出してはいない。すなわち人間の無関心さに対する策を。  世界で日本だけが愛国心を持てないクリック  不当行為には断固抗議せよ 周りと協調して生きることは非常に大切なことである。しかし、それは正当な相手に対してである。不当な相手、不当な行為に対しては断固抗議しよう。自分さえ我慢すれば・・・の姿勢が一番よくない。その低姿勢が、相手の攻撃心をさらに助長させる。ユダヤ式交渉術」より転載 無防備宣言都市が攻撃された事実 ←クリック     反戦運動家の正体←クリック    日本はまさに「現代のカルタゴ」=滅亡←クリック   

      46
      4
      テーマ:
  • 05 Feb
    • アパホテルが狙われている!?(◎_◎;)

      日本に来ている中国人は全て中国国家の支配下にあります。  国に忠誠を誓っていなくても家族を人質にとり手足として動かしありとあらゆる手段で日本を陥れます。   既にトロイの木馬作戦は成功しているのを多くの日本人が認識していない。  参考に。ここから過去記事です。   -----------------------------日本がチベット化しそう、もしくはしても綺麗事を言える人は「当事者」でないから綺麗事を言えるか、もしくは敵側の思想を持つ人、現実が見えないお花畑のどれかしかいない。数年前の記事再アップ。管も仙谷も中国の行動原理を知らない。 相手が一歩引けば10歩踏み込むのが中国のやり方。弱ければ襲い強ければ引く、弱肉強食の世界。 中華文明は他国との対等関係を絶対に許さないんです。 中国では同じ力を持つ存在は二つは認められない。どちらかが屈服する以外にない。 相手が強いか弱いかという、力によって上下関係を決めるだけなんです。 だから中国における「話し合いの解決」というのは強者が弱者に一方的に主張を認めさせることです。 善悪ではなく損得で行動を決める。策略と騙し合いは当たり前。和解などない。 逆に、中国は自分が「かなわない」と思った相手にはとことん従順なんです。 中国人は強い相手に対しては恥も外聞も誇りもかなぐり捨てて従順になるような奴隷根性がある。 「中国人とは奴隷になりたがる民族」とは魯迅の言葉です。 数千年にわたる易姓革命の「力の支配」の経験から、独裁権力を認め肯定する体質が深く刻まれている。 「情況不利になれば戦わず」「没法子」に代表される一種の諦観です。 また、異民族に対しても、「かならず漢民族帝国に膝を屈するもの」 という意識が深層心理として植え付けられています。 そして日本政府がいかに謝罪しても完全に中国に服従しないかぎりは「謝罪した」とは認めない。 それだけでは納得しない。なぜなら謝罪は今後絶対服従を誓うことを意味するから。 さらにさまざまな命令や要求を突きつけ、服従の証を立てるように迫ってくる。 例えば、真摯な態度は中国には通じないんです。 何が友好なのかの解釈権はすべて中国側にある。 友情の微笑みですら、嘲笑、冷笑ととらえ、「中国人をバカにした」と解釈する。 何をしても悪意をもって解釈されるなら、 日本が正しいことを正しい法律や手続きで主張しても彼らが相手では無意味になることがあるのです。 反日教育をされている国では、スポーツの試合場で日本が「ありがとう」と横断幕を貼っても「偽善だ!」と憤慨します。 首相が謝罪した時も「土下座しろ」と無茶な要求しますし、 「右翼雑誌を放置しているのは反省していないからだ」なんですね。 彼らの言う真摯な態度っていうのは朝貢であり、一億総懺悔です。 もちろん、一人でも日記で悪口言ったら、「日中友好を妨げる!」で袋だたきが理想です。 言論弾圧して、日本人全員が真摯に懺悔するなんて絶対に無理なことです。 日本は民主主義だからいろんな発言をする人がいるということが、 全体主義の彼らにとっては理解しにくいんです。 日本人のほとんどが平和で安全な暮らしを続けたいと思っているし、 他国を侵略しようなどという悪意も実感もないでしょう。 それどころか、自分の領土から他国が資源をストローで吸い取っているのを、 日本は指をくわえて見てるだけの有様です。 ばりばり議論できて、意見をきっぱり言う人間や、指導力のある強い人間が国際社会では尊敬されます。 自尊心のない個人が他人から尊敬されないように、 いつもペコペコしている人間をバカにします。 「中国に媚びるその姿勢こそがかえって日中関係をこじらせている 」 という認識を政治家にもってもらいたいものです。 中国では、断固と靖国参拝を続けた元小泉総理に一目置く人が多かったとか 。 とにかく「中国を怒らせない」「波風立てない」が日本の国策になっています。 なぜなら息苦しいから。 緊張感に耐えられないんです。 「怒らせない=怖い」なんです。 それから外交を「社交クラブ」と勘違いしているところがある。 だから外交の目的が「仲良くすること」になってしまう。 でも中国にとって「仲良く」とは手段でしかありません。 そして日本の役人は「せめて自分の任期中には、懸案事項はなるべく先送りしておき何事もなければ出世できる」と考える。 譲歩すれば事は収まるとの甘い考えで「事なかれ主義」「弱腰外交」 うやむやにして風化を待つ「問題先送り」 今ではこれがよけい中国の横暴を増長しているんですよ。 中国人は軒を貸してくれるような親切な者がいたら、母屋まで乗っ取るような民族です。 残念ですが、「世界の舞台は、国益の奪い合いで悪意に満ちている」 「どの国も自国の利益が第一であり、そのためにはどんな駆け引きでもする」 というのが現状ではないでしょうか。 相手のことを思いやってというのは本当に良い理想なのだけれど、 残念ながら、世界では現実にはそれが通じない。 隙あらばつけこみ利用されるのがオチ。 他国の文化や他者の考えを尊重しようとする姿勢が、かえって舐められ利用されてしまう原因になることもある。 日本の体質(すぐ妥協する、脅しに弱い)は中国にとって格好の餌食。 初めから譲り合っていてはその国は滅亡するだけです。 アメリカ国務省関係者は、今回の無罪釈放後以下のような発言を行っています。 『日本は愚かな国だとつくづく思うよ。中国の言いなりになって国家主権を放棄した以上、中国の脅威に日々おびえているアジアの国々は日本を相手にしなくなり、一層米軍に自国の安全保障を頼ることになるが、アメリカは日本を放棄してアジア諸国の安全保障だけに注力することになる。 事実上、日本は中国に飲み込まれることになり、日本列島すべてが中国の管轄下に入ることも十分あり得、その場合、極東アジアのバランスが崩れ、ロシアと中国が日本列島の帰属を巡ってまともに対峙する事態もあり得る。』 すでに世界の軍事関係者は、『日本という国が地球上から消滅することもあり得る』とみており、中国側の日本侵略作戦が加速することも十分あり得ます。 ━─━─━─━─━─日本の未来火炎放射や射殺権限でウイグル人を弾圧。天安門に見られるように自国民に対しても残虐になる民族に対し、話せば通じると思っている日本人はバカである。以下引用略「(中国新疆ウイグル自治区の主要都市である)ウルムチには少年政治犯収容所があり、学校でトラブルを起こしたり、親が処刑されたりといった何らかの政治的な理由で、8歳から16歳の子供たちが収容されている」略殺害方法も残虐で、昨年9月に起きた衝突では火炎放射器が使用された。また、習近平政権は末端の警察官に、ウイグル人を現場で射殺する権限を与えており、ウイグル人が中国人とにらみ合うなどのちょっとしたトラブルを起こしただけで、命を落とすこともあるという。(政治部 小野晋史)引用元:http://www.sankei.com/premium/news/160701/prm1607010004-n1.html中国式 日本人取扱いマニュアルこれらは聡明で誠実な人物に特に有効な方法である。 1 まず、怒鳴りつけろ。 2 無理難題を吹っかけろ。 3 徹底的に我侭を通し、鼻面を引き釣りまわすこと。 4 日本人が、怒ったり理詰めで反論してきたら、「南京」「731」・・旧日本帝国の「悪行」をわめき立ててテーブルをひっくり返せ。 5 同時に媚中派の日本国外交官を使って、「中国人は面子を重んじる。 ここで相手の顔たてなければいけない。」と妥協工作を厳命せよ。 6 「妥協案」を持ってきたら取り合えず「食え」。 7 日本人に「交渉成立」と思わせて油断させろ。ただし、将来的な言質は一切与えるな。 8 『手打ち』の「儀式」には中華料理で歓待せよ。 30年来の友人のような笑顔で。その際、日本人にあてがう女性を用意すること。 9 『手打ち』式の翌日は、日本人に落ち度がなくても、 以前にも増して怒鳴りつけ、最大限不機嫌に振舞うこと。 「 何故、ご機嫌を損ねたのか」その理由を常に相手に考えさせること。 これは聡明で誠実な人物に特に有効な方法である。 10 日本人が「友情」を求めてきた場合、 友情の証として、 祖国、所属する組織、家庭、等帰属団体に対し何らかの 「裏切り」を要求せよ。 いきなり、大きな獲物を求めてはいけない。 些細な「裏切り」から始めて、徐々に倫理観を麻痺させること。 当方の「友情の証(あかし)」の代償は、利権、金銭、女、等 「即物的・世俗的」なものを過分に与えるべきである。 また「名誉」を与えてはいけない。 11「内輪の交渉」を推奨する。 「内輪の交渉」とは当事者同士で行う交渉であり、 党本部への事前報告、 および、何時でも食言して「使い捨て」にできる日本人であれば、どのような「口約束」をしても構わない。 12「内輪の交渉」では、日本人の上司に「嘘の報告」をさせることが成功の第一歩である。   中国は軍拡をし、占領し、略奪しようと動いているhttp://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11846891871.html   香港での中国人のふるまい。香港地下鉄を悩ます「大小便被害」http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11857552958.html 台湾人が異様だと感じた悪を教えない教育。http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11783408214.html 

      65
      7
      テーマ:
  • 04 Feb
    • どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)

      日本統治時代を知っている世代が世を去り、反日教育で育った世代が韓国を牛耳るようになった。 以前は国内の求心力のために反日を利用していたが、近年はウソの歴史を信じて本気で敵意を剥き出しにするようになった時効を無視して日本企業に戦時賠償金を迫り、日本を仮想敵国として軍拡も始めている。 日韓関係が悪化している原因は韓国にあるが、日本の対応もマズかった。 日本人は、相手が騒いでいるとひとまず謝っておこうとする。 これがいけない。 日本人は気軽に謝罪してしまうが、簡単には謝らない文化の韓国人からすると「簡単に謝る日本人は他にも謝るべきことを隠しているに違いない」と探ろうとする。 日本は、対日感情が好転すると期待し、返す必要のない文化財を返還した。韓国に配慮して抗議を受け入れたりする。 これがいけない。 配慮は弱さと解釈し、ますます高圧的な注文をつけるようになる。優しくするとつけあがる。こちらが大人しくしていると居丈高になる。 日本は、事を荒立てまいとして反論しなかった。綺麗事ばかり言った。相手にしないのが大人の態度だと思ってるから。 日本人は相手を忖度して相手を立てたり、あいまいな対応をする。 これもいけない。 日本の思いやりや善意は韓国には通じない。「疚しいからそうしたのだ」と考える。 韓国人は悪いのは常に他人と考える。日本が何も言わなければ承服したと見なす。そもそも異論を受け付けない。検証しない。韓国人は冷静な議論が苦手だ。 自分の不都合な事をはっきり認識しなければならない心理的負担に耐えられないから、冷静な分析が苦手。 論理的な議論になりかけると態度を一変させて大声を出して相手を罵るか論点をすり替えるか自説を押しつけようとするだけで、冷静に説得する努力は行わない。 なんでも自分の都合のいいように解釈する。幸せな仮想現実に安住して、事の真相を検証しようとしない。自分の主義主張に事実を合わせようとするのが韓国流なのだ。自分の間違いや矛盾は気にしないから、多少オーバーに語る。ウソがバレても平気。前言を翻して何事もなかったかのような顔をする。一度決まったことを自分の都合で蒸し返したり否定するのは当然で、国同士の条約ですら覆す。 日本はもっと怒りをもって韓国にしっぺ返しをしなければいけない。韓国は痛みを感じない限り、反日をやめない。説得ではやめないのだ。 他の国であればベトナムでの韓国軍の行いをあげつらね責め立てることぐらいやるだろう。 罪のことを自分から持ち出して謝罪するなど持ってのほか。 功について、おおいに恩着せがましく言い立て続けなければならない。日本による協力、恩恵、援助などを教えてやらなければならない。日本人は恩着せがましくすることを嫌う。言わなくてもひとりでに判っているという状態が理想とする。口に出すと安っぽく感じる。 だが韓国が相手の場合は以心伝心が通じない。何度でも繰り返して恩着せがましく言うしかない。 韓国が誇大宣伝をした時には反論しなければならない。 言う時は「そっちの誤解だ。でっちあげだ。内政干渉だ」とストレートに言った方が通じやすい。 一時には摩擦も起きるだろうが、長期的には両国のためになる。 日本では互いの相違点があっても、ないように振る舞うのが大人の態度とされている。面と向かって「それは間違ってます」と言わず、「おっしゃることはごもっともですが」と口ごもりながら正反対の意見を述べたりする。 この湾曲な言い方では韓国人からすると「自信なくて後ろめたいからそんな弱い言い方になるのだ」と見えるし、つけいる隙にも見える。何より意味不明である。 韓国人は自己主張がすべてだ。結論をストレートに言うから欧米人にも理解されやすい。虚偽でもわかりやすいから広まっていく。だから慰安婦や東海など歴史捏造が世界に拡散していく。韓国の発信力はバカにできないのだ。 長期的に見れば、不言実行の日本人の言うことが信頼できると判ってもらえるだろうが、自己弁護も主張もしない日本人は短期的には不利な立場に立たされる。 めんどくさいが、いちいち反論しなければならない。声高に国際社会に訴えるべきである。 韓国人は我慢をしない。日本人にとっては忍耐は一種の美徳だが。韓国人は喜怒哀楽をはっきり表現する。日本人はつつましいが。 これらの例からわかるように、韓国人と日本人はまったく異質なのだ。 日本人は「人間みな同じ」という妄想に囚われがちだが、国民性の違いや行動様式の違いを知ることの方が大事だ。 でなければさらに対応を誤り続けることになる。 本文ではなぜ韓国がそんな国民気質になったのか歴史背景を説明している。それを読まないと説得力がないのだが、ここでは結論だけをまとめた。どの面(ツラ)下げての韓国人(祥伝社新書)/祥伝社¥842Amazon.co.jp日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33726135.htmlシャープとサムスン 恩を仇で返す韓国http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33768480.html日本は絶対に韓国に勝てない理由 http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33514018.html 韓国企業が急速に技術力をつけた背景http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11845461382.html韓流と反日はセットであるhttp://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11712965120.html

      75
      6
      テーマ:
  • 02 Feb
    • 心にナイフをしのばせて

      「高一の息子を無惨に殺された母は地獄を生き、同級生の犯人は弁護士として社会復帰していた!」 事件後少年は、家裁調査官とのやりとりでこう供述している。「事件をプラスに生かして絶望的になるまいと考えた」と。   殺害を悔いているとか反省とか謝罪の言葉がどこにもなく、自分を励まし、自分を正当化するために法律の勉強を始めていた。   その後、少年は、少年法に守られているおかげで、刑事処分もなく前科もつかず、人生を一旦リセットし、社会復帰をする。   月々2万を30年払うという慰謝料の約束は、勝手に2年で止めてしまった。   進学し結婚しマンションを購入。その間ずっと、遺族への謝罪はなし、墓参りもなし。 一方、被害者遺族は時間が止まったように苦しみ続けている。  腹の底から沸き上がる犯人への憎しみに押しつぶされそうになる。精神的な傷が深すぎて素直に怒りを表現できなかったりする。    なぜか被害者遺族が後ろ指を指されて噂されたり、無神経な言葉に傷ついたりする。世間は被害者遺族の感情にも無知なのだ。    ふさぎ込み脱毛症になったり病気がちになったり、何かに依存し始めたり自殺未遂をしたり、何十年も事件に縛られずっともがき苦しみ続けている。  30年、時が経った。  被害者遺族は家賃滞納で立ち退きを迫られていた。    そんなタイミングで、少年Aを見つける。なんと少年Aは弁護士として事務所を構えていたのだ!   一人の命を奪った少年が、国家から無償の教育を受け、少年院を退院したあとも最高学府に入って人もうらやむ弁護士になった。   一方わが子を奪われた母親は、今や年金でかろうじてその日暮らしをしている。にもかかわらず、弁護士になった少年Aは慰謝料すら払わず平然としているのだ。 被害者遺族は動揺した。あんな事件を起こしたのだから、当然生活にも困っているだろうと同情すら寄せていたのに、弁護士とわかって裏切られた気分がした。   慰謝料の話をすると、少年Aは「少しぐらいなら貸すよ、印鑑証明と実印を用意してくれ、50万ぐらいなら準備できる。」と一方的に電話を切ってしまう。   本来なら慰謝料を払わなければならない立場なのに、なぜ「貸すから印鑑証明と実印を用意しろ?」となるだろう。   謝罪の意志がないどころか高圧的な態度だ。理解できない。しかし相手は法律のプロだ。被害者遺族は怖くなってしまう。   被害者遺族が「なぜ謝りに来ないのか、謝ってくれ」と言うと、「なんで俺が謝るんだ」と言って電話を切ってしまう。    その後も「今さらなんだ」「話が違う」「誰かに入れ知恵されたのか」と暴言を吐き、以後音沙汰なくなってしまう。 彼にとってはあの事件はすでに過去の出来事なのだ。加害者少年は早い段階で開き直り、謝罪もせず、前向きに人生の再出発に成功しているのだ。   少年法の趣旨からすれば、彼は間違いなく「更正」したといえる。 だが一方で、彼によって奈落に突き落とされた家族は、いまだ癒されずに背負い続けている。   税金は、加害者の人権にきめ細かく配慮しながら、被害者の遺族には何のケアもせず、彼らを癒そうとする手だてすら持たない。  なんと不公平なのだろう。被害者でなくとも釈然としない。 少年法を免罪符に、加害者もその親も責任を免れるとしたら、少年法のどこかが間違っているのである。   「更正」とは、彼ら被害者が少年Aを許す気持ちになったときに言える言葉なのだ。心の底から「ごめんなさい」を言えないのなら、更正したとは言えない。  心にナイフをしのばせて (文春文庫) Amazon     「犯罪者にも事情がある」平岡秀夫クリック  良心を持たない人達 25人に1人という恐怖http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11932469416.html

      73
      12
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 新版 裁判官が日本を滅ぼす (WAC BUNKO)

      裁判所は真実の追求をする場ではなく、法廷ゲーム。 しかも裁判官が最悪。 非常識で未熟な裁判官が、一段高いところから見下ろして裁いている、という実態に空恐ろしくなった。 まず裁判官は育ちと職業柄のせいで性格が悪い。 傲慢で尊大。エリート意識が強い。 世間知らずで人並みの常識がなく、正義のかけらもない。 一般社会から隔離された狭い世界の社会で生きているので、視野が狭くなる。 時事問題について知ろうともしない。世間に疎くなっていく。 そして、お粗末な事実認定で当事者を呆れさせる。 万能感が肥大してるから物事を適切に対処することができないのだ。 一段高い壇上から庶民の争いごとを見下ろしていればいい、となるから、目下の人たちの話に耳を傾けない。 高いところから高圧的な態度で非常識な判決を下す。「わからない奴にはわからなくていい」と思ってるから難解な法律用語を使う。 賢くて従順な人が裁判官になる。 出世のため常に上級庁を意識して、上からひっくり返されないような判決を出そうとする。 退官後の銀行顧問弁護士という椅子が欲しくて、銀行に対して甘い判決を出す。 一般常識がないから事実を見抜く力がなく、機械的に判断する。 判例主義だから、極限にまで人間性を排す。 例えば判例では「被害者一人=死刑回避」となっているから、その結論にあわせて屁理屈を述べ判決を出す。 判決文に書かねばならない要件事実だけを選別するので、背景や事情は判断の材料にならないからスルーしてしまう。 公式以外の計算ができないのと同じで、自分の回路にあてはまらない情報を排除してしまう。 そしておかしな判決が次々生み出される。 陰惨なリンチで人を殺し全く反省していない少年に対して「少年には内省力があり、感受性が豊か」と空疎なフレーズを添えて減刑してしまう。 裁判官は人を見る目なんかないくせに機械的に「感受性が豊か」と決まり文句を書く。 そして少年は鑑別所暮らしさえ遊び気分で2年でシャバに出る。被害者遺族は徹底的に排除され冷たく突き放される。 陰惨な事件をおこしておきながら、自分の名誉を侵害されたといって雑誌を訴えた殺人者。そんな図々しい犯人の「名誉とプライバシーを侵害された」を裁判所は認めてしまう。 そんな機械的な判断でいいんだったら、機械に判決出してもらえばいい。 ━─━─━─━─━─感想ここまで現在、14歳以上20歳未満の少年少女は日本の人口の7%にすぎないが、強盗事件など凶悪犯罪の40%、そして総犯罪数の過半数をこの僅か7%の少年層が引き起こしている。 刑法犯として検挙された成人は人口10万人あたり平均167人だが、未成年では人口10万人あたり平均1691人、つまり未成年は成人の10倍の比率で犯罪を起こしているのだ。 中高校生の50人に1人が刑法犯として警察に検挙されており、未成年による殺人、強盗、強姦、放火という凶悪犯罪の検挙率はこの10年間で三倍になっている。 平成11年を境にして殺人で検挙される犯人は未成年が成人を上回り、強盗事件を見れば、少年の起こした事件数は成人の起こした事件数の8倍にも達する。 さらに14歳未満による凶悪犯罪も平成15年はなんと前年比87%増だ。 つまり現在、日本で起こる犯罪のほとんどは、不法外国人と少年が引き起こしているということなのだ。 これは一般にはあまり知られていないことなのだが、 現在の少年法を起草し日本政府を押し付けたのは、GHQのPSD・PD(公安・行政局)主任B・ルイスであり、 ルイスは自他ともに認める共産主義者でもあった。 米国では共和党の反対で制定できなかった少年法を ルイスは日本を「実験」の場にして、この奇怪な法律を制定させたのだ。 少年法がいかに歪んだ適用をされているか、実際の事例を対比して挙げてみよう。 平成12年に愛知県で17歳の少年が「人を殺してみたかった」といって何の罪もない主婦を殺害して逮捕された。 また同年に同じく愛知県で自殺未遂で植物人間になった双児の兄の介護に疲れた17歳の弟が、「自殺に失敗して植物人間になったら、お前の手で殺してくれ」という兄の言い置きの言葉どおりに兄を刺し、殺人未遂で逮捕されている。 読者諸氏はどちらの罪が重いか考えるまでもないと思われる筈だ。 名古屋地裁は、学校を中退してまで兄の介護に尽くし続けて思い余った少年に対しては、懲役2年以上4年以下を申し立て、家裁も「刑事処分が妥当」と決定した。 ところが主婦殺人犯の少年には「少年法の精神」がどうのこうのと述べたてる左翼弁護団が応援についた為、それに屈した名古屋地検はこの少年には刑事裁判を受けさせず保護処分としたのである。 この二つの事件を比べたときに、まさに「法の下の平等」と言えるだろうか。 この処分の違いの理由はただ一つ、 弁護士が左翼で「少年法の精神」だのと主張したか否か、それだけである。 甘すぎる少年法と左翼がドッキングした場合には、凶悪な少年犯罪者は罰も受けずに街へ放たれるのだ。 左翼は死刑廃止を主張しているが、終身刑がないままで死刑まで廃止したら、 日本は犯罪天国になる。 裁判官が日本を滅ぼす (新潮文庫)/新潮社¥価格不明Amazon.co.jp「困った」裁判官―独占公開!日弁連「問題裁判」実例アンケート (別冊宝島Real (#006))/宝島社¥価格不明Amazon.co.jp新版 裁判官が日本を滅ぼす (WAC BUNKO)/ワック¥価格不明Amazon.co.jpお花畑と弁護士のせいでヤ○ザよりも凶悪なあれがはびこるhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38852961.html人権派()死刑反対の弁護士が妻を殺されたら死刑賛成派に変わり法律を変えた話しhttp://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-12117968243.html兵庫県弁護士会(米田耕士会長)は23日、韓国籍の白承豪(はく・しょうごう)さん(54)が、2017年度の会長に無投票で決まったと発表したhttp://hosyusokuhou.jp/archives/48783035.htmlブログ引っ越し先http://dameotokoseityou.blog.jp/アメブロもたまに書きます。

      69
      6
      テーマ:
  • 23 Jan
    • ”【米軍犯罪】日本人に子供を産ませない10のこと”

      俺の記事も追加で。  お見合いを否定 モテない男性でもできていた結婚の機会を奪い少子高齢化を加速。 それはのちに国家衰退に繋がる。 恋愛至上主義のため恋愛感情がなくなれば離婚。    家族のため子供のために家庭を維持していた関係は崩れる。 良い恋人と良い妻は必ずしも一致しない。 しかし、今の日本人はそれがわからない。    恋愛至上主義は実は家庭円満に見えて家庭崩壊の紙一重のところにいる。   大和男子を絶対に復活させるな。  世界が畏怖した強く優しい大和男子を否定し、虚弱男性と外国人をかっこよく思わせ日本人をかっこ悪く思わせる。   歩兵レベルなら世界一強かった日本兵。  しかも金のために働くのではなく、自分が生き残るためでもなく、国家を、家族を、これから生まれる子孫を守るために戦う。   さらに知能指数も高く、家庭も大事にして、個々の戦闘力も高く、自分の命まで投げ出す。   日本兵は指導者の立場から見れば理想的な存在だった。   日本人が強くなっては困る。  細マッチョという言葉を流行らせよう。 女性のような男性を沢山見せよう。 横暴な男性を男らしいと思わせよう。   横暴な男は男らしいのではない。 理性を感情で抑えず我儘に暴れる存在なのだ。 我々が畏怖した道徳心、知能、肉体が高い武士のようなかつての日本人を作ってはならない。   武力と知力、道徳心を持つ大和男子を書いている漫画を見たことがあるか。そんな作品はほとんどないはずだ。   今の日本は横暴な人と真の大和男子の区別がつかない。  横暴な男と結婚すれば家庭は崩壊し、離婚し、国力は弱まる。 日本人に誇りを取り戻すことはさせてはならない。  日本人は現在3つにわけられるクリック     

      44
      1
      テーマ:
  • 22 Jan
    • サイコパスに分類されるような人は遺伝8割で環境は2割に過ぎなかった

      国や環境が変わっても凶悪性が変わらない人達って沢山いますよね。面白い記事を見つけたので過去の記事と合わせて再アップ。「犯罪者の子どもは所詮、犯罪者なのだろうか」 海外では「サイコパスと遺伝」についての驚くべき研究結果も発表されている。 イギリスで、1994年から3年間に生まれた5000組の双子の子どもたちを対象に、反社会的な傾向の遺伝率調査が行なわれた。 それによると、「冷淡で無感情」といった性格を持つ子どもの遺伝率は30%で、残りの70%は環境の影響だとされた。次いで研究者は、教師などから「矯正不可能」と評された、きわめて高い反社会性を持つ子どもだけを抽出してみた。 その結果は、衝撃的なものだった。 犯罪心理学でサイコパスに分類されるような子どもの場合、その遺伝率は81%で、環境の影響は2割弱しかなかった。しかもその環境は、子育てではなく友だち関係のような「非共有環境」の影響とされた。もちろん、あくまでもイギリスでの一研究結果に過ぎず、また犯罪全般ではなく「サイコパス」に限っての話である点は忘れてはならない。安易に「犯罪と遺伝」を結びつけるのは許されないことだろう 。しかし、昨今、何不自由なく育ったにもかかわらず、異常な殺人や誘拐などをおこなった「少年」「少女」のニュースがよく伝えられる。 恵まれた環境で、教育熱心な親に育てられたのに、理解しがたい残酷な事件を起こす若者の「動機」については、多くの場合、納得のいく説明はなされないままだ。 (以下略)http://www.dailyshincho.jp/article/2016/05120520/?all=1 ━─━─━─━─━─思いやりのある人と自己中心人間とでは、脳の構造がそもそも違う人を思いやったり、はたまた無償で自分の臓器提供をしたりなどの心優しい人の脳は、そうでない人とはどう違うのでしょう? 米ケンタッキー州のジョージタウン大学の研究によると、そうした人たちの脳は情動を司る部分である扁桃体が大きく、動きも活発だとのこと。調査を率いたアビゲイル・マーシュ氏教授は、「経験よりも、脳の仕組みが重要な役割を果たすようだ」と話しています。 調査のきっかけとなったのはハロルド・ミンツ氏という米国人男性の話だそうで、同氏は一切の報酬を受けず、匿名で腎臓を提供したとのこと。こうした背景から、調査チームは、19人の臓器提供者を集め、臓器提供未経験者との脳の動きの違いをMRIにて検証することにしました。 実験では、参加者たちに「恐怖」の顔、「怒り」の顔、そしてどちらでもない「ニュートラル」な顔の3種類のイメージを見せ、それに反応した脳の動きを調査。そうしたところ、「恐怖」の顔を提示された時、臓器提供経験者たちの右偏桃体がより活発に動いていることを発見しました。 偏桃体そのものも提供未経験者に比べ、大きいことが明らかに。 また、それぞれの表情に対する「怒っているのか」、「恐れを感じているのか」、といった判断も、提供経験者の人たちの方がより正確でした。先に同教授が行った別の調査では、精神異常者の脳は他者の苦しみや恐怖の感情に対する反応が乏しいことに加え、偏桃体の大きさも小さいことがわかっており、アビゲイル氏は「他者への思いやりが強い人と精神異常者は、ある意味正反対のポジションにいるのかもしれない」と述べています。 元の記事はこちら http://woman.mynavi.jp/outline/141005-58/?gaibu=/3869226/43/妻をめとらば韓国人!?」より「思いやり」という言葉 一学期が終わって日本人学校に通っている娘が通知表をもらってきました。担任の先生の所見欄を見ると、娘は「思いやりがあり・・・」と書かれています。 韓国人の妻は、「ここのところ、よくわからないから全部韓国語に訳してみて」といいます。 私は困りました。というのは以前、日本に長く住んでいる韓国人の友人から「韓国語に絶対訳せない日本語があるんだけど何だか知っているかい?」とたずねられた事があるのです。 それがまさにこの “思いやり” だったのです。※だめ男メモ。在韓の人に聞いたら本当に思いやりがなかった。辞書を見ると韓国語で「同情する事」「推測すること」などとなっています。 しかし、これでは “思いやり” という言葉に含まれた深い気持ちは表現できません。 結論から言ってしまえば韓国人は “思いやる” ということをしません。 そういう言葉がないということは、そういう気持ちも、そういう行為もないことになります。小さい時から、家庭教育、学校教育、社会教育の中で “思いやり” に類したことは全く教育されていないのです。韓国では幼稚園でも小学校でも、日本のように「皆と仲良く」とか「他人に迷惑をかけるな」という教育を一切やりません。反対に、一貫して強調されているのは「一番になれ」「他人に勝て」という事です。 父親の仕事の都合で、日本の幼稚園や小学校で何年間か学んだ韓国の子が,韓国へ帰ってから何事かにつけ同級生たちに遅れをとって困るという話もよくききます。他人を思いやったりしているうちに何でも先を越されてしまうそうです。こうなると韓国社会への復帰は容易ではありません。私が韓国で娘たちといっしょに公園へ行くとよく目にする光景があります。それは例えばブランコの前で子どもたちが順番を待っているところへ、子どもを連れたお母さんなり、おばあさんなりがやってきます。 すると並んで待っている子はおろか、ブランコに乗っている子も引きずり降ろしてその大人の連れて来た子がブランコに乗ってしまうのです。 その他の子どもたちもそれをまたごく当然の事として受け止めているのです。 良い悪いは別にして、これが韓国人の行動パターンの原型です。自分の事しか考えないのです。他人の事を思いやったり、他人への迷惑を気にするのはバカげたことなのです。我が家でも夫婦喧嘩をする原因のほとんどは,私が他人の事を心配したり,親切にしてあげたり,思いやったりすることから始まります。妻に言わせればすべてよけいな事なのです。「そんなひまがあったら,なぜもっと私の事を考えてくれないの」というわけです。日本人と韓国人は似たように見えてもこれほど違う民族なのです。呉善花(元韓国人)一般の韓国人は日本人をお金としかみていない。ゆえに無条件に「こちらを助けてくれるでしょう」というスタンスでくる。しかも、助ければ感謝の気持ちをもたれるかというと、そうでもない。逆に、小さな援助では「私の価値はこれしかないのか」と、さらに怒ってくるほどだ。日本人は、汗も流さないでタダで助けてもらうことはみっともないと感じる。だが韓国人は、汗をかかないでタダで助けてもらえれば、それは自分に力があるからだと考える。これは政治も同じで、韓国人は、日本が韓国を助ければ「助けるほどの価値がこちらにある」「助けないとあなたが困るからだ」と考える。だから助けたとしても絶対に感謝を表明しない。謝罪も同じで、心を込めて謝るといったことは通用せず、「では、その気持ちを金で表せ」と言ってくる。そしていったん助けたら一生、お金を出し続けなければいけない。53. 匿名 2014/01/03(金) 16:19:16 安倍晋三さんのFBよりシェアある精神科医からの書き込みです。------------------------------------------------応援しています。 私は精神科医です。日本のため心から懸念していることがひとつあります。少し長くなるのですが、是非聞いて欲しいと思っています。これは精神科医としての立場でないとなかなか言えない事だと思います。それは韓国との関係です。私は基本的に人間みな仲良く話し合って物事を解決するものだと思っています。しかし、韓国だけはそれをしていい相手ではありません。韓国は国民がほぼ全員精神疾患(人格障害)です。精神疾患は遺伝するので国民が全員疾患という可能性はありえます。国民が全員精神疾患なんてありえないと普通思うでしょう。ただし韓国の場合は間違いなくそうだと思います。(代々続く近親相姦の結果、遺伝子がこわれ精神疾患が多くなったのだという説もあります。それはかなり可能性としても高いのではないかなと思います。それではなぜ長い期間でこのような精神疾患ばかりになったのでしょうか。近親者では遺伝子変異が高確率におきます。その場合、多くは身体的な障害が起こるのですが身体疾患になった場合は長く生きられません。それゆえ精神疾患のみの遺伝子変異が生き残ったと考えられます。病身の舞という韓国特有の文化が遺伝子変異による障碍者の方が多かったことも示唆しています。)それではこの精神疾患の場合どのような影響があるのでしょうか。人格障害の特徴として、自分の利益のためなら他人を操作する、目先の利益のためならとんでもないエネルギーを発揮する、人を人と思わない非人道的な行為をとる、慢性的な抑うつから自殺率が高い、アルコールやネット依存などの依存症が多い、顔を気にしすぎて美容整形をよくするなどなどです。どれも韓国の特徴と当てはまっていることがわかるでしょう。このことからも韓国が人格障害であるという事実は疑いようがないです。 56. 匿名 2014/01/03(金) 16:21:55 続きそれではどうすればいいのか。今回、それを精神科医として意見を言えればと思います。それは人格障害の付き合い方そのものを韓国に応用すればいいのです。まず人格障害は治りません。それゆえ話し合いでわかり合おうとすることは絶対にできません。DVをする男性は繰り返すこととも同じです。人格障害の方はほとんどが最終的には共倒れになります。それゆえ大切なことは韓国とは一切関わらないという事です。彼らはあの手、この手で利用してきます。一見いい人に見える場合も多いのでついついだまされてしまいます。しかし決してだまされてはいけません。淡々と距離をとり日本にいる韓国人を基本的に本国へ日本のお金を使ってでも送り返すべきです。またすぐに国交断絶することは難しいかとも思います。その場合は枠組みをきちんと作り相手の意見は聞かないことです。その枠組みには色々な方法があると思います。援助をしない、ビザを厳しくする、淡々とルールを決めて竹島の問題を提訴するなど。決して相手との交渉にはのってはいけません。話し合ってわかる相手なら地道に解決の方法を探すべきです。しかし韓国の場合は違います。一生治らない精神疾患の可能性が極めて高いのです。ですので一刻も早く韓国だけとは縁を切るべきです。そうでないと人格障害と関わった人間のように共に滅びていきます。やっかいな事は表面上だけみると一見いい人にみえる場合も多いということです。それゆえ自分が困るとすりよってきていかに相手を利用して自分の利益にするかのみを考えています。中々納得のいくものではないかもしれません。しかし韓国は国民全てが精神疾患。これは間違いがないと思います。全て戦争をして解決するべきとはいいません。ただひとつ関わると確実に不幸になる相手です。共倒れになります。お願いします。国交断絶し、日本国内にいる韓国人を全て送り返すように前向きに検討して頂けると幸いです。そのためには私の税金を使っても構いません。自国に帰る事、これは韓国にとっても害はないと思います。日本にとってはとてつもない大きなプラスです。犯罪も減ると思います。足を無駄に引っ張られることもないと思います。戦後多くの命を落とした日本人、多くの強姦などの被害にあった日本人のためにも英断を期待しています。長くなり申し訳ございません。  30代韓国人男が「日本帝国はすばらしい国だった」と話した90代老人に激怒、タコ殴りにして殺害―韓国ソウル反日教育に毒されていない老人が事実を語っただけで殴り殺されました・・・(ご冥福をお祈り申し上げます)どうして高齢で足が不自由な老人を死ぬまで殴り続けるようなことができるのでしょうか?自分と異なる価値観を認めることができない。怒りに我を忘れると自制出来ない。韓国人のDNAの欠損が原因と言われています。韓国人の遺伝子の特徴について米人類学者Cavalii-Sforzaの遺伝子勾配データによれば、 朝鮮人は世界でも類を見ないほど均一なDNA塩基配列の持ち主であり、これは過去において大きな Genetic Drift(少数の人間が近親相姦を重ねて今の人口動態を形成)か、あるいは近親相姦を日常的に繰り返す文化の持ち主だった事を表します。(文献:The Great Human Diasporas: The History of Diversity and Evolution.1995.. Luigi Luca Cavalii-Sforza and Francesco Cavalli-Sforza. Addison Wesley Publ. ISBN 0-201-44231-0)韓国では、昔から若くて綺麗な娘達は中国に献上されていたので、女性が足りず近親相姦が繰り返されてきた。遺伝子レベルで見ても「父と娘」「母と息子」が結ばれないと出来ない遺伝子が大多数見つかっている。umiushiakaiドイツで人類のゲノム解析やってる大学教授の話朝鮮民族は近親相姦の物と思われるゲノム上の痕跡(修正不能)が多すぎて、他の民族では考えられない異常な近親相姦を、民族として繰り返してたと思われるあまりにショッキングで常軌を逸した内容なので、そのゲノムの発表は出来ない。また、朝鮮人男性の40%に発症すると言われる統合失調症も、それが原因である可能性が大きい。異常な民族と言わざるを得ない。日本では古来から「血が濃くなると良くない」とされ近親婚を避ける先人の知恵がありました。韓国ではこういった理性が働かず、近親相姦が繰り返された結果、劣性遺伝子が濃く受け継がれ修復不可能な状態になっているとのこと。「韓国人の92%が遺伝子レベルの精神異常者」韓国紙大手の中央日報が「異常な韓国人」原因分析韓国人にだけ存在する6万個のDNA、クラウド利用で発見http://japanese.joins.com/article/611/143611.html韓国人に特徴的に現れる遺伝子変異がクラウドコンピューティング技術で明らかになった。KTは非営利研究法人のゲノム研究財団、バイオ企業のテラジェンイーテックスと共同で、韓国人20人の遺伝子解読と分析に成功したと7日に明らかにした。ゲノム研究財団とテラジェンイーテックスが進める「韓国人個人ゲノムプロジェクト(KPGP)」の一環として20人の韓国人ゲノムを分析するのにKTがクラウドコンピューティング技術を提供した結果だ。   人間の遺伝子は30億個の塩基で構成されており、今回のプロジェクトを通じて876万個の遺伝子変異を発見した。このうち184万個は既に発見されたものと違い今回新たに発見された変異だった。その中でも6万3000個余りの変異は20人のうち13人から共通して発見されたもので、韓国人特有の遺伝子変異と解釈される。   こうしてわかった韓国人特有の変異は、病気に関連した遺伝子から身体特性に関するものまで多様だった。代表的なものが辛い味を好む韓国人の特異的変異だ。20人中6人から共通で発見された変異で、唐辛子の辛さの成分のカプサイシンによって活性化するたんぱく質と関連があることが明らかになった。この変異によって機能が変わったたんぱく質が辛い味を好む韓国人の食生活習慣を説明する端緒になると予想される。また、味噌・キムチのように醗酵食品が好きな韓国人の特異な趣向遺伝子も出てきた。   テラジェンイーテックスのパク・ジョンファ博士は、「世界的に300件余りのヒトゲノム解読結果が公開されているが、大部分が西洋人やアフリカ人、一部東洋人のもので、韓国人に対する遺伝情報は不備だった。今回6万個余りの韓国人共通変異を発見したことにより韓国人のためのゲノム解読が可能になった」と説明した。世界で朝鮮にしかないと言われる病気 火病【参考】H・B・ヘルバートによる朝鮮人分析 朝鮮人は正気を失うほど激しく怒る。自分の命などどうなってもかまわないような 状態になって、牙を剥き出した動物へと変身する。口から泡を吹いて、まるで 獣のような顔になるのだ。残念なことにこの怒りの衝動、自分を見失ってしまう 悪癖は、男だけの専売特許ではない。朝鮮の女も恐ろしいばかりの ヒステリーを撒き散らす。 朝鮮人は幼い頃から自分の気分を制御することは躾けられないようだ。 子どもたちも大人たちを見習って、気に入らなければそれこそ狂ったように 駄々をこねるが、結局自分の意志を貫いて達成するか、さもなければ長い 時間をかけて鎮静させることで落ち着くのである。(H・B・ヘルバート『朝鮮滅亡』)【参考】金文学による朝鮮人分析 韓国人は自分の感情をコントロールする術をあまりにも知らなすぎる。 自分と些かでも異なる見解・意見を持っている人に対しては、たいていの 韓国人は、たとえ初対面であってもためらうことなく感情を剥き出しにする。 相手の言葉を聞き入れることを知らない。まず自分の話を前面に押し出す。 自分が何でも知っていて、自分があらゆる面で相手より優れていると 主張するのだ。(金文学 金明学『韓国民に告ぐ』)韓国式 日本人取扱いマニュアル1、日本人が動揺したらそこには金の沸く泉がある。2、過去に反省する日本人は金が貯まらない。3、日本人が反論してきたら、大きな声で怒鳴りつけろ。4、テレビ局を味方に付けろ。5、体面を気にする日本人は国際社会で叩けば金を出す。6、日本人に弱みを見せるな。7、日本人の女は日本人より先に犯せ。8、生粋の日本人など居ないと奴らに吹き込めば従順になる。9、日本国内での公害も、言いがかりをつけて賠償させろ。10、日本人が正しいことを言い始めたら、関係の無い間違いを指摘してはぐらかせ。11、親日は親でも殺せ。12、愛国心は法律を超える。13、金も技術も無いときは甘い声で日本に近づけ。14、外国の同胞はいい道具になる。15、機械は動くなら修理するな。16、謝罪するくらいなら相手を訴えろ。17、強い奴には媚びておけ、いつでも裏切れる。18、商談の後は女にたっぷり接待させろ。19、騙せない相手でも、一度試して見ることは常識だ。20、被害を受けたら必ずいつか倍返し。21、相手がうんざりするまで交渉は引き延ばせ。22、贈り物を拒否して困惑させろ、日本人ならもっといい物持ってくる。23、手のひらは反すためにある。24、日本人の前では困って見せろ。魯迅は言った。「暴君の統治下の愚民は、暴君よりもさらに凶暴である。福沢諭吉は言った。その国の政治が厳しいのは民が愚かだからである。環境が人を作るのは間違いない。しかし、その逆、人が環境を作ることも忘れてはいけない。怠け者しかいないなら国は困窮する。絶望に負けず国の発展を考える人達なら困窮を乗り越え国を発展させる。その国の人民にあった文化が形成されていくのを知らないお花畑は、善意の気持ちで違う文化の人間を招き入れる。彼ら自身が愚かだからこそ国が混乱している場合でも、全てを環境のせいにしている人はそれに気づかないのだ。世界は移民でカオス化するhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/34294463.html

      125
      9
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 【日常】私生活は地獄

      ニート歴三年以上を経験したあとホワイト企業に就職したのは何度か書いていますが、今の状況について詳しく書いたことはなかったですね。    普段政治色の強い記事ばかり書いていますのでたまには日常について。      就職してから今ままでを例えるなら地獄。  間違いなく地獄。現在進行形で地獄。  生きてきた中で今が一番つらい。       ホワイト企業なら天国と思っているなら大違い。 ホワイト企業でも人間関係の悩みはある。      仕事を辞めたくなるほど人間関係に悩む人は良く聞くけど、その中身を見れば多くの人に悩まされたのではなく、ある特定の少人数、あるいは個人に悩まされたケースがほとんどではないだろうか。     そんな感じで俺も少人数の人間に悩まされている。 しかも向うは善意のつもりでやっているから折れない止まらない。       昔の俺なら即退職しただろうし悩みで頭がおかしくなったかもしれない。自死しても不思議ではない。    でも、今の俺は違う。地獄でも平常心を心掛けることが出来る。   辛いと思えることも成長の糧と思うことも出来る。           俺の思いを代弁している本を最近見つけたのでこの本の言葉を簡略化して載せてみる。  ダントツになりたいなら、「たったひとつの1,500円Amazon 私は子供の頃、偉人の伝記を読むのが好きだったが後から気づいたのが  多くの偉人が私よりも遥かに苛酷な環境で過ごしていたことだった。  成功の決め手は自分の思いを貫くことだとわかった。     俺が言いたいことはこの言葉に凝縮されている。 辛い思いをしない人間はいない、試練の無い人間はいない。    成功している人はその試練を乗り越える強さ=信念。志 を持っているのだと思う。      別の本で見つけた言葉を引用すると  ダメな人は環境に左右される優柔不断な人間である。 成功する人はダメな環境を自分でなんとかしようとし、環境が変化するものだということを受け入れている。         俺は成功者じゃないけど環境のせいにする生き方だけはしたくない。  環境のせいでこうなった。  慈愛に満ちた言葉としてコレを使う人が多い。     でも、俺はこの言葉は真逆のものにしか聞こえない。  これって  別の親の元で生まれていたらもっと幸せな暮らしが出来ていた。 生まれる場所を間違った。    と、ほぼ同じ言葉なのに。       俺はどんな環境に生まれても生きてきて良かったと思えるようになりたい。  貴方の子供で良かったと言えるような人生にしたい。     それには環境も大事かもしれないが、良い人生にするために努力することが一番大事なのだと思う。      戦争、飢饉、天災、何万発の爆撃から核攻撃まで様々な困難をものともせず、他国なら移民になって逃げだすような状態でもそれに立ち向かい、絶望の環境を良い環境にしようとしたご先祖様のお陰で今の豊かな日本がある。   俺が育った環境は過酷だったんだ。だから悪いことも平気でした。   ではなく、俺が育った環境は過酷だったけど悪いことには手を染めず「頑張ってきた」   になるよう、困難に負けない強さを身につけねば。     困難に遭って倒れるようでは、汝の力はまだ弱い。旧約聖書     自分を認めてくれる人がいないことを気に病むのではなく、人に認められるだけのことをするような努力が大切なのです。人間は逆境において人間の真価を試される。人生の達人は逆境を楽しみ、順境もまた楽しむのです。 孔子 生まれを問うな、行為を問え。釈迦   俺はだめ男だけど偉人も俺と同じようなことを言っている。俺の言うことは信用できなくても偉人の言葉には耳を傾けてほしい。   追記 だめ男ブログ引っ越し先http://dameotokoseityou.hatenablog.com/ 

      71
      1
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 朝鮮でも日本でも、親が子を売るのは当時では一般的でよくあることだった

      当人が家族を助けるために自らすすんで申し出るケースもあったし、親が子を騙して送り出すケースもあった。     女衒という人さらいが暗躍しており、ぶらぶらしている思春期の女の子に声をかけて「良い仕事があるよ」と騙して連れて行くケースもよくあった。     昔は乱交とか夜這いは日常で、女性に処女性を求めなかった。明治維新頃までの日本は性に奔放であった。     古くから朝鮮では客に自分の妻や娘を差し出す風習があった。 朝鮮の男性は金を貰っては自分の妻に売春をさせていた。   つまり日韓併合前は、朝鮮人女性=ほぼすべてが売春婦 だった。 昔はそのような行いは仕方ないと思われている程度だったが、 今は法律で規制されるようになった。   だから今の感覚で当時を裁いてはならない。 __________________________________ 自らすすんで申し出るケース __________________________________ 山田清吉『武漢兵站』p100より 朝鮮から女をつれて帰った楼主が、まだ17,8歳に見える女の子をつれて兵站にきた。 戸籍謄本を見ると16歳である。これでは営業の許可はできない。 楼主は、貧しい田舎の習慣で出生届がおくれたので、実際は満18歳だという。 「馬鹿をいうな。年の足りない者に商売がさせられるか」とはねつけておいた。 すると一ヶ月ほどして、 その女の子が自分で兵站へやってきて、ぜひ働かせてくれと言い出した。 「どんなことをするのか知っているのか?」 「知っている」 「兵隊さんは乱暴だから辛抱できないぞ。泣いたって知らないぞ。」 「泣かない。どんなことでも辛抱する」 「そうか。それじゃ軍医さんに証明書を書いてもらって来い」 あるいは事実出生届がおくれたのかも知れないと思い、結局楼主の希望を入れ、軍医の身体検査をうけた上許可することにした。 この妓には美千子という名をつけてやった。 また天成の素質があったものか、二、三ヶ月経つと色気のある身のこなしがすっかり板について、いっぱしの女郎タイプになってしまった。 _________________________________ 田村正太郎『ビルマ脱出記』 より ビルマから脱出前の捕虜収容所での話だが、英軍将校から「兵士たちの相手役を つとめる社交的な婦人を10名ばかり」差し出してくれと要請された自治会幹部は、クジで選ぶしかないと覚悟を決め、女子宿舎の100人ばかりを集め打診すると、「一人もいないはずの希望者が全員の半数を越える50人以上」という予想外の結果となり、10人をえらぶクジ引きをやったという。 しかも、選ばれた女性に英軍兵士からのプレゼントが多いのを知って、女子宿舎連中の羨望の的となったのを聞き、「幻滅感もまた大きかった」 __________________________________ 「憲友」1992年春季号の森分稿と森分談 娼婦になった動機を尋ねたら「家計を助けるために前借りしてきた」というのが殆どで、残りは「お金が儲かると友達に誘われたから」というものであった。 借金返済の終わった者もいて、豪華な毛皮のコートを持っていた者、せっせと親許へ送金している者もいた。 __________________________________ 親が売るケース __________________________________ 伊藤桂一『兵隊たちの陸軍史』P290(以下私が要約しています) 中国のある村で日本兵が駐留した時の話。 兵隊が村の娘に「代償をやるから慰安婦になれ」とスカウトした。 父親と相談させ馬と金を贈ることで話がつき、娘は一隊の駐留間に慰安婦をつとめた。 翌年、その隊はまたその村へ駐留したら、前年は逃げていた娘が全部村に残っていた。 彼女達は慰安婦になって金と馬を得たいと思い、誰ひとり日本軍を避けなかったのである。 __________________________________ 「女の戦記」 春子は、昭和16年前後、地元の朝鮮人巡査に「お国のために」と騙され売春宿(吉田という日本人の男と玉子という女の夫婦)に売られた。(金を受けとった記述はないが)「女子愛国奉仕隊」に志願したという建前になっているが、それは巡査の嘘で強制的に村から五人をまとめて連れていかれたようだ。 __________________________________ 「吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日」 大正13年。吉原に売られた少女の日記。 「楽に稼げる仕事だから」という周旋屋の甘言を信じた世間知らずの19歳の娘、光子。 何をさせられるのか、よくわかってなかった。 客に「何もしないから」と床につかされてもまだ男を信じていた。 周旋屋への怒り、自分を売った母への怒り、騙された自分の馬鹿さかげん…その悔しさ、とまどいぶりが手に取るようによく伝わる。 __________________________________ 当時の価値観を知ることのできる話 __________________________________ 「からゆきさん」 明治から昭和の初めの頃に少女時代を過ごした元からゆきさんの老婆に話を聞くと、「おんなのしごとをしとった」とあっけらかんとしているという。 当時のある地域では性に対する価値観が今よりおおらかだったようだ。だから子守りも女中も娼妓もひとしく奉公と言い、差別しなかった。 昭和初期まで離島や僻地では、乱交や夜這いの風習が残っていたという。 「明治37年(1904年)福岡県筑紫郡岩戸村恵子でのことである。 村の娘が数えの13歳になると親から村の若者組に酒肴が贈られ、水揚げと称して性の自由が認められていたが、それが新聞上でとりざたされていたのである。もともとこのような成人後のしきたりは各地にあった。村によって差はあったが、一定の年齢に達した男女がそれぞれ若者組や娘組に入って夜のひとときを楽しみあうのである。 岩戸村でのこの若者たちの風習が新聞記事となったのは、一人の幼すぎる少女の死によってであった。」p50 __________________________________ 「ソウル城下に漢江は流れる」 客人として地方の有力者の家で一夜を過ごす場合、泊る客人の身分にもよるが、たいてい食事の世話をするのは饌婢と呼ばれるはしためである。接客する方も夜伽を差し出さねばすまないほどの高貴な客が来訪すると ー むかし朝鮮では一時、賓客が訪れると娘や妾を差し出して添寝させる風習があって、これを客妾といった ー どんな大監であっても、夫人とか娘を客に供し、かの女たちはそれぞれ独自の方法で相手を勤めたものである。 p16 __________________________________ 近年の感覚 __________________________________ こんな大昔だけではなく、近年でもこんな感覚だった。 現代の慰安婦たち―軍隊慰安婦からジャパゆきさんまで リンク切れ韓国で意欲的に女性解放運動にとりくんでいる女性評論家がこう発言している。 「身体を売る女はどこの国にもいる。 キーセン観光は国家的政策であり、     女性問題ではない。  日本の「とりあえず謝罪」が通用しない理由http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33726135.html  慰安婦問題は日韓研究者の間では決着がついてますクリック 形態は違うが、他の国にも慰安所はあったクリック いわゆる従軍慰安婦は単なる売春婦ですクリック 

      76
      8
      テーマ:
  • 15 Jan
  • 14 Jan
    • 安倍政治について理解しやすい例が出た!

      追記です。   今ありとあらゆる良くないことを「安倍首相一人のせい」にして責めている人を多数見かけます。   日本は独裁ではなく一人では決められないようになっているため、周りに従わなければいけない側面があることを何度か述べていますが、わかりやすい例が出たので追記です。  小池7人の侍が決死の告発「都議会自民のウラの顔」引用http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e5%b0%8f%e6%b1%a07%e4%ba%ba%e3%81%ae%e4%be%8d%e3%81%8c%e6%b1%ba%e6%ad%bb%e3%81%ae%e5%91%8a%e7%99%ba%e3%80%8c%e9%83%bd%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e8%87%aa%e6%b0%91%e3%81%ae%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%81%ae%e9%a1%94%e3%80%8d/ar-AAlOEOk?ocid=spartandhp#page=2逃げ回る内田茂、閉鎖的な都議会 今回私が除名処分されることになったのは、「都知事選で自民党の方針に反して小池さんを応援したから」です。 略) 自民党都連は面子にこだわって暴走を繰り返している印象です。政権内部でも、安倍晋三総理と二階俊博幹事長は厳しい処分に対して否定的だと聞いていました。  引用ここまで 安倍首相が処分に否定的なのに他の人の意見が通って除名処分になっていますがこれって誰が悪いんでしょう。  何度も言うように日本の政治の仕組みは一人では決められない。   国民総お花畑状態で日本人は無自覚の反日になっている。だから政治家もそのような人が多数を占めている。   世界一の反日は〇国だと言っている人達を見ますが、俺が思う世界一の反日国は日本です。    敵国は日本に関心がある。魅力も知っている。だから責めている。   でも、日本人は自分の国のことには無関心で、平和のために死んでもいいと思っている人もいる。   自分だけでなく家族も土地もすべて残酷に奪われることすら慈愛の気持ちで受け入れる、狂った平和主義を教えられているのである。   平和主義という名の洗脳http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11712963997.html ここから過去記事 これを書いた時は安倍首相を褒める記事がほぼなかったですが最近増えてきて良かった!━─━─━─━─━─ 最近様々な視点から安倍政治を批判する記事を目にしますが、俺の視点からも安倍政治を見てみます。      日本経済の色々な指標、収入、雇用の数値を使い安倍政治を叩く人が増えているけど誰も注目していない点がある。     原発が爆発し、前代未聞の大津波、大地震が起きたことだ。 死者多数、街も崩壊。 そんな中、多くの著名な経済学者はどのように言っていたか当時を思い出して欲しい。    日本はこれから貧しい国になります。 と、多くの人が言っていたはずだ。   しかし、今の日本はどうか。  事故前よりも遥かに日経平均が上がり、円安も進み、オリンピック招致まで成功している。  これは恐らく日本以外では不可能なことだと思う。       繰り返すけど、多くの人が見逃している点は、この国は世界でも類を見ないほど前代未聞の大災害、大事故を経験していて、本来ならそこから厳しい状況になるのは当たり前なのに比べる指数は事故前のものを平気で出している。      しかし、事故前のデータを出されても今のほうが良い。  何度も言っているがこれは奇跡的。 これだけでも評価に値すると個人的には思う。 大震災のあとに民主ならこの国は終わっていた。自民で良かったと心底思う。      政治家の給料が高いと言っている人がいるけど、日本を良くしてくれるなら政治家に限らず給料が高くてもいいと思いますよ。  その金はまわりまわって国民に流れているのですから。      次に質問。 先進国や我々が耳にするような経済発展著しい国で移民に消極的、もしくは拒否に成功している国はあるか? ただし中国は除外する。     なぜかというとこの国は21世紀に入り武力で他国を侵略し、現在もその手を緩めようとしていない。  またそれを他国が非難しようとも正当化する姿勢を崩さない。  つまりこの国はお花畑的な考えが通じず他国民を排除、差別するのに躊躇(ちゅうちょ)がない。     答えを言ってしまえばこの国を除けば多くの国で移民を受け入れているはずだ。 日本とは比べ物にならないレベルで。 しかし、その多くは失敗している。 でも、どの国でも失敗しています。やめよう。とできないのがこの問題をさらに難しくしている。      アメリカ:仕事を奪うだけの低レベル移民に反対の声高まる、潮目来るか? カナダ :中国移民がやりたい放題で都市の治安風紀が激悪化、移民規制の声強まる スイス:難民・移民規制強化を承認 フランス:失業問題や移民の暴動多発で国民は移民規制強化を要求 ドイツ :移民がコロニー化&やりたい放題でコントロール不能に、移民規制へ イタリア:中国人等の移民のコロニー化が社会問題化、規制の機運高まる スペイン:アフリカ系・中国系移民の急増&失業問題で移民規制へ ロシア :東欧・中国からの違法移民問題続発などもあり、規制続く 現在同国には400万人にのぼる違法労働移民が存在している 。 キルギスタン:中国人移民急増、雇用や産業の軋轢と中国依存への警戒で政治問題化 オーストラリア:中国政府誘導の大量移民で政治経済を掌握中、国が乗っ取られ中 ザンビア:中国からの援助と大量移民で経済搾取開始、国が乗っ取られ中 ガーナ :違法就労を発端に移民中国人への反発強まる、移民局が強権発動 南アフリカ:中国人移民が無法行為と産業掌握により現地と軋轢、社会不安定要因に ガボン :中国が巨額援助で政府懐柔しつつ年に万単位で中国人移住&資源搾取、 現地で軋轢 アンゴラ・ナミビア・ジンバブエ: だいたい同じ 日本 : 自民は移民受け入れ慎重派が多数 しかし経団連はそろばん勘定のみで推進派 民主党に至っては中国人1000万人受け入れや選挙権付与を画策 中国 : 移民は受け入れない (が、逆に「3億人送り出して世界中を植民地化」をこっそり実行中)   移民問題で自民を叩く人が多いが、世界的に見れば日本は移民問題に関して上手に対応している部類に入る。    移民問題はどの国でも国民の意識はNOだと思う。   でも、どこにでもお花畑あっぱらぱーと海外からうまい汁を吸いたい連中がいるのでそれが出来ない。   この流れで日本だけ強固に移民に反対することが出来るのか。現実的に考えてそれはとても難しいはず。なぜなら日本人は外面を気にする国民性であり、話せばすべて解決すると思っているから。    国民の多くが移民の危険性に気づけばそうはならないが、今の日本人には警戒は悪口に聞こえている。俺自身、誰一人としてお花畑から覚醒させた知り合いはいない。     だからと言って移民を受け入れと言うのではなく、絶対に忘れてはいけないのが移民問題は安易に許されてはいけないもので日本も例外ではない。     多くの政治家が無能というのがあるかもしれないけど、世界的に見れば優秀すぎる部類の政治家に見えるのは俺だけだろうか。    それと、拉致問題、ロシアの領土返還、慰安婦等の問題も安倍のせいになっているけど、これも多くの人が見逃している点がある。   これってその問題が発生してから進展してない問題だらけじゃないの?   つまり他の誰が担当になってもこの問題で責めることが出来る。次の人も次の人も解決するまで叩くことが出来る。    戦後ずっと続いている問題ってことはそれだけ難しい問題。 追記) ロシアとの共同経済特区が主権放棄であるとあったけど個人的にはそんな馬鹿なと思う。    「今までほぼ日本は介入不可能」なところにいて島での経済活動など出来なかったのが、島で経済活動を行えるようになった。これは前進だ。      沖縄の時も一気に返還されたんじゃない。経済活動云々小さなステップを積むことで返還された。    ただしロシアは漁夫の利を得る性質を持っているので常に手のひらを反す可能性を忘れてはいけない。   今までよりマシだけど敵が近くなっただけとも言えるので。      税金の問題もそう。少子高齢化の日本の仕組み上、税金のカットや減額は避けられない。アップしないのではなく今の構造なら出来ない。   これも誰がなってもそうなってしまうしこれからどんどん厳しくなるはず。  これらを安倍のせいにするのはどうかと個人的には思う。      あと皆マスコミが仕掛けた無自覚の洗脳にかかっている。 安倍首相であって安倍ちゃんでも安倍さんでもない。 小泉ちゃん、小沢ちゃんと言ってるマスコミがいる?  呼び名はどうでもいいと思っていたり、可愛く身近に感じるからむしろ良いことと思っている人が多いはず。    しかし、ここに敵の意図がある。    彼らは自由、平等、平和、差別を武器に自分達の立場を良くしたい。 彼らの定義では偉い人、敬う人がいては平等ではない。 明確な上になってしまう。 だから天皇も邪魔なのだ。    首相をさんやちゃんで呼ぶことで彼らは無自覚に尊厳を無くそうとしている。       最近敵の動向を調べると、直接的に攻撃するのをやめて「誰でも批判する問題」を見つけそこを軸に攻めることにシフトしたように見える。  俺から見ると保守のブログに見せかけた敵のブログが沢山ある。       モラルハラスメントの心理構造より抜粋 美徳による支配というのがあり人は綺麗な言葉には逆らえないようになっている。 あなたのためと言われたり、俺を信じろと言われたら人は聞かざるをえなくなる。   これと似たような手法を今、敵が使っている。  移民問題、税金、「誰でもNOと言う問題」を軸に使い安倍政治を攻撃する。 これらの問題はもちろん俺も大反対。     移民なんてとんでもない。税金も負担下げろと思う。    あと多くのブログを見て思うのだが、色々な制度の反対意見ばかりが目につきプラスの視点がなさすぎる。     例えばマイナンバー制度って俺はとても良いと思う。脱税する人、犯罪者、戸籍を追いにくい人など、今より取り締まりが厳しくなって犯罪者は暮らしにくくなる。   しかし、見方を変えれば我々の生活が厳しくなると。   その厳しい部分にピントが合いすぎて良い部分を見ているブログがとても少ない。   色々な意見があるのだが、ここで一番の問題が敵が誰かわからなくなること。   それと敵が消し去りたいと思っている人を味方も一緒になって消し去ろうとすること。     そんな時に役立つのが投資の世界で使う逆指値。 下手な人の逆に貼れば正解なのだが、今の日本には明確な日本の敵がいる。    彼らが反対するなら俺は大賛成だけど、例をあげれば今回のカジノ法案。    カジノ法案は社民、民進、山本が反対している。カジノが出来ると資金源であるパチンコ業界にダメージがくるためカジノ法案に反対していると見ている。    俺的には共謀罪だって万々歳!これを決めてくれて有難う。集団的自衛権も!でも、見方を変えればがらりと変えられてしまう。     マスコミ、官僚、中韓朝、在〇、ありとあらゆる反日勢力に嫌われている安倍首相は俺的には良いと思う。     でも、今は敵と一緒になって安倍首相を辞めさせる流れが出来そうになっている。  彼らは安倍首相がいたら困る「何か」を知っているのだ。  そしてその何かを日本人の多くは知らないのだと思う。     ここまで書いてあれだけど、安倍政治に限らずこれから日本の政治、世界の政治は悪い方向に進むはず。   安倍政治も評価しているような描き方をしているけど本当はそうじゃない。他の人より評価しているだけで俺も移民、慰安婦、とにかく色々不満だらけ。     それらを解消していくのは政治家だけでなく、我々国民の義務でもあるのでもっと政治に興味を持っていきましょう。    国民の質は政治の質であり、政治が愚かなのは国民が愚かだからです。国民の声の後押しがないと政治は変わりません。     今、政治家が日韓断行と言ったらどうなりますか?保守の記事ばかり見ている人は実現可能と思うかもしれません。   でも、国民総お花畑あっぱらぱーになっている今の日本を「現実的」に見ればそれは不可能と俺は感じます。日本人はまだ警戒を悪口にしか思っていません。     悪口と思っているからこちらの声を聞いてもくれません。この洗脳を何とか解き敵国の危うさを国民が知れば政治家は自ずと変わります。    今は国民の後押しが少なすぎるのです。  政治を変えようと思うならまずは自分から。そして、自分の周りからです。    @yma12251029: 志 ・こころざし・zhi 2016-12-14 10:40昨日 総理が全国の自治体に朝鮮学校補助金支給停止命令勧告発令しました。皆様のお陰で要約此処まで漕ぎ着けました事を心より感謝申し挙げます。誠に有難う御座いました。安倍総理、全国の自治体に「朝鮮学校の補助金停止命令」を発令:億ったー←戦後こんなことを積極的にやろうとした総理はいただろうか。 アベノミクスがじわじわ来る http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/50180220.html  経常黒字、10月は1兆7199億円 28カ月連続黒字 財務省が8日発表した10月の国際収支状況(速報)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は1兆7199億円の黒字だった。 黒字は28カ月連続。QUICKがまとめた民間予測の中央値は1兆5670億円の黒字だった。 貿易収支は5876億円の黒字、第1次所得収支は1兆4696億円の黒字だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕 日本経済新聞 2016/12/8 8:52 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL06HJP_W6A201C1000000/  雇用も良い 正社員、1年で74万人増 非正規上回る http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480450400/1 15~24歳の失業率、日本が主要国で最低5・3% - OECDが評価 「若者を労働市場につなげることにうまく対処した」 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480666741/ 大学生の就職内定率 10月1日時点で71.2% 1996年の調査開始以来、97年の73.6%に次ぐ高水準 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479601189/1 高校生内定率60.4%、4年連続改善 60%を超えるのは1992年以来、24年ぶり 9月末時点 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479601001/1 大卒初任給 女性 初の20万円に http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479817697/1 アルバイト・パート平均時給、過去最高に 40ヶ月連続で前年同月比プラス http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1479808963/1 大学進学者2万人規模が対象、返す必要のない給付型奨学金、月額3万円 - 政府方針  http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480509512/1 同一労働同一賃金、企業は警戒 -安倍政権が年内に指針 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480474758/1 氷河期世代を正社員化、採用の企業に助成へ 政府 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1478085846/1     安倍晋三の実績●就任わずか3カ月で、教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、 ●就任早々から各国との外交を精力的にこなし、 ●国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、 ●北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、 ●パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、 ●貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、 ●「女系天皇容認」を白紙に戻し、 ●「日本海」を「平和の海」に改名しようと提案した盧武鉉大統領のアホな要求を見事に拒否し、 ●人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、 ●国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、 ●中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、 ●在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。 ●これが、在任1年での功績。 しかし報道されなかった!  安倍総理大臣の所感の全文です。 オバマ大統領、ハリス司令官、ご列席の皆さま、そして、すべての、アメリカ国民の皆さま。 パールハーバー、真珠湾に、いま私は、日本国総理大臣として立っています。 耳を澄ますと、寄せては返す、波の音が聞こえてきます。 降り注ぐ陽の、やわらかな光に照らされた、青い、静かな入り江。 私のうしろ、海の上の、白い、アリゾナ・メモリアル。 あの、慰霊の場を、オバマ大統領とともに訪れました。 そこは、私に、沈黙をうながす場所でした。 亡くなった、軍人たちの名が、しるされています。 祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て、乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いたとき、紅蓮の炎の中で、死んでいった。 75年が経ったいまも、海底に横たわるアリゾナには、数知れぬ兵士たちが眠っています。 耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と、波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。 あの日、日曜の朝の、明るく寛いだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。 生まれてくる子の、幸せを祈る声。 一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。 愛する妻や、恋人がいた。 成長を楽しみにしている、子どもたちがいたでしょう。 それら、すべての思いが断たれてしまった。 その厳粛な事実を思うとき、私は、言葉を失います。 その御霊よ、安らかなれー。 思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に、花を投じました。 オバマ大統領、アメリカ国民の皆さん、世界の、さまざまな国の皆さま。 私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪った、すべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ、無辜の民の魂に、永劫の、哀悼の誠を捧げます。 戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。 私たちは、そう誓いました。 そして戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら、不戦の誓いを貫いてまいりました。 戦後70年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。 この場で、戦艦アリゾナに眠る兵士たちに、アメリカ国民の皆さまに、世界の人々に、固い、その決意を、日本国総理大臣として、表明いたします。 *** 昨日、私は、カネオへの海兵隊基地に、一人の日本帝国海軍士官の碑(いしぶみ)を訪れました。 その人物とは、真珠湾攻撃中に被弾し、母艦に帰るのをあきらめ、引き返し、戦死した、戦闘機パイロット、飯田房太中佐です。 彼の墜落地点に碑を建てたのは、日本人ではありません。 攻撃を受けた側にいた、米軍の人々です。 死者の、勇気を称え、石碑を建ててくれた。 碑には、祖国のため命を捧げた軍人への敬意を込め、「日本帝国海軍大尉」と、当時の階級を刻んであります。 The brave respect the brave. 「勇者は、勇者を敬う」 アンブローズ・ビアスの、詩(うた)は言います。 戦い合った敵であっても、敬意を表する。 憎しみ合った敵であっても、理解しようとする。 そこにあるのは、アメリカ国民の、寛容の心です。 戦争が終わり、日本が、見渡す限りの焼け野原、貧しさのどん底の中で苦しんでいた時、食べるもの、着るものを惜しみなく送ってくれたのは、米国であり、アメリカ国民でありました。 皆さんが送ってくれたセーターで、ミルクで、日本人は、未来へと、命をつなぐことができました。 そして米国は、日本が、戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた。 米国のリーダーシップの下、自由世界の一員として、私たちは、平和と繁栄を享受することができました。 敵として熾烈に戦った、私たち日本人に差しのべられた、こうした皆さんの善意と支援の手、その大いなる寛容の心は、祖父たち、母たちの胸に深く刻まれています。 私たちも、覚えています。 子や、孫たちも語り継ぎ、決して忘れることはないでしょう。   安倍首相所感「和解の力」全文 12月28日 7時26分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161228/k10010822371000.html  関連スレ 96歳の元米兵、安倍首相に「ありがとう」 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482904073/ 米退役軍人「安倍首相、謝る理由ありません」 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482927062/ 日系2世の元米兵 安倍首相・オバマ大統領の2人と握手し感涙 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482925476/ オバマ大統領、安倍首相の真珠湾訪問は「歴史的」と評価 -アメリカ大統領と「アリゾナ記念館」を訪問するのは初 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482916559/ 米国務省、安倍首相の訪問を高く評価 米メディアも強い関心  http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482918025/ 安倍首相演説「慰霊と和解の力を日米に、そして世界に示したい」 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482893336/ 安倍首相が真珠湾で演説「パールハーバーは和解の象徴」「世界は和解の力を必要としている」 http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482925396/AD     ここで政治に関して福沢諭吉先生の言葉中略)こうした愚かな民衆を支配するには、道理をもって教え諭すことはとても無理なので、威圧して脅して支配するしかない。西洋のことわざで言う「愚かな民の上には厳しい政府がある」とはこの事である。これは政府が厳しいのではなく、愚かな民衆が自ら招いた災いなのだ。そして愚かな民の上に厳しい政府があるならば、良い民の上には良い政府がある、という理屈となる。今この日本においても、この水準の国民があるから、この水準の政府があるのだ。もし仮に国民の道徳の水準が下がって、より無学になる事があったら、政府の法律もより厳しいものとなるだろう。もし反対に国民全てが学問を志して、物事の道理を知って文明を身につけるようになれば、政府の法律もより寛大なものとなるだろう。法律が厳しかったり寛大であったりするのは、ただ国民に人徳があるか否かによって変化するものなのである。厳しい政治を好んで良い政治を憎む者など誰も居ない。自分の国が豊かになり強くなる事を望まない者など居ない。外国から侮りを受ける事をよしとする者もいない。これらは人として当然の感情である。今の世の中に生まれて国家に報いようとする者は、何も思い悩んで苦悩する必要などない。大切な事は、人としての感情に基づいてまず自分の行動を正しくし、熱心に学び、広く知識を得て、それぞれの社会的役割に応じて知識や人徳を身につける事だ。そうすれば政府は政治をしやすくなり、国民はその支配で苦しむ事もなくなり、お互いに責任を果たして、一緒になって国家の平和を守っていく事ができる。今私が勧めている学問というのも、ひたすらこの事を目的としているのである。  引用ここまで  集団的自衛権は当たり前http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11851131109.html 日本はまさに「現代のカルタゴ」=滅亡http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11882584175.html『日本という国が地球上から消滅することもあり得る』byアメリカ国務省関係者 http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11933292938.html 

      142
      18
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 男女平等を追い求める国は崩壊する。

      平等を追い求めた共産主義は失敗に終わった。なぜ誰もが求める平等が国を滅ぼす破壊力を持つのか。簡単に説明すると、平等を求め多くの企業が国営化したが、それは頑張りが報われない、頑張りが必要ない世界の入り口となった。平和に思えたこの考えは、向上心が意味のない世界でもあった。だから良い商品を作ろうとする意欲もなくなり、それは国力の低下を招き、国は貧しくなり崩壊に至った。ここで言いたいのは、綺麗な言葉を単純に信じて実行すれば滅びの道に繋がる場合が、共産主義に限らず多々あるということである。学校だって、通勤だって、どこにいても何をしていても、一転して絶望のふちに陥るか対応不可能になる場合がある。なぜなら綺麗事で対処できない事柄は確実にあるのに、綺麗事に固執するからその場が混乱してしまう。簡単にいえば対処方法を間違っている。でも綺麗な言葉だから間違っていると認識できずドツボにはまる。悪を「本来良い人」だとか「悪いところは見ないようにしましょう」などという価値観が広がってるから悪に対処できない。しかし、ここまで書いてもなぜ対処できないのかわからない人が多い。将棋でも、ボクシングでも、企業でも、相手のことを研究し尽くすから勝てるのである。悪の対処をしようとしているのに悪を見ようともしないのは、対処方法として恐ろしいほど間違ってるのになぜ気づかない。平和をもたらしたいなら今まで見なかったドス黒い部分も真摯に受け止めたうえで平和を考えなければいけない。これから私が危険だと思っている平等や平和をいくつか紹介することにする。男女平等を追い求める国は崩壊する。何かの参考に夫婦別姓&ジェンフリ 根底は「マルクス主義」http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38853069.html男女平等を求める国は、女性が安心して働ける社会をスタートとして始まるはずだ。しかし、これは女性が働かないと生活できない社会に繋がっている。もちろんそれを意識して行う人はいない。勝手にそうなってしまう。女性が社会進出する。男性が働いていた仕事の雇用も奪うことになる。結婚でやめる人が多く、企業が費やした費用が無駄になる場合がある。つまり、国全体の平均賃金が下がったり、男性を雇用するより企業に負担をかけたりする(害1)社会進出することで子育てに専念するのが難しくなる。もしくは子育てや結婚そのものに魅力を感じない女性が増える。つまり少子化に繋がる。(害2)男性と女性は平等の前に構造が違う。男は力と体力がある。しかし、女性は細かな気配りを男性よりは出来るだろうし、手先も器用で、男性には不可能な母乳で育児が出来る。これは優越の次元ではなく作りの違いで、どちらが優れているとかの問題ではない。しかし、平等を求めれば差別や働きにくさ繋がる。構造が違うのに平等を求めるから、そこにどうしても無理な歪みが生まれるのだ。例えば男性が女性に抱きついたら事件になりえる。しかし、女性が男性に抱きついたらどうか。事件になるなど滅多にないはず。男性が持つ重いものを女性に持たせたらどうか。いじめにとられたりしないだろうか。女性が子育てに専念するのを職場の事情で許可したくないところや、できないところもあるはずだ。しかし、これを断ればこれまた事件になりかねない。差別や事件の誘発。つまり働きにくさ、雇いにくさを呼び込む(害3)男女平等を求めすぎた場合、貞操観念が低下する。それは安易な結婚。そして安易故の離婚を生み出す。母親は子育てのために社会に出なければならないが、子供がいて仕事を見つけにくい。見つけてもよほど能力が高くなければ高給はもらえない。つまり女性の貧困化(害4)少子高齢化を加速させ、国の賃金低下までもたらし、結局は女性自身が一番つらい思いをするところにたどり着いてしまう。男女平等とは言っても、構造的には平等に作られていない。母乳が出る女性は元々が子育てに専念できるようになっている。種の法則として子供に付き添うになっているのだ。男らしさ、女らしさと言うのは、実は種の保存にも役立っている。仕事を頑張り家族を守る男。家庭で子育てをしてくれる女。恥じらいがあり貞操観念も強いので安易に浮気をしない。男性は安心して家庭を任せられる。女性は子育てに専念できるから、子供を安心して何人でも生める。それは国の豊かさにも繋がる。今はこれの真逆をやろうとしているのである。この恐ろしさが伝わるだろうか。このままでは貧困が進み、少子高齢化が進み、女性が働ける社会ではなく、働かなくてはいけない社会になるのだ。悪魔の平和理論 女性の社会進出救出と少子高齢化脱出編女性の社会進出を打ち出す国は、同時に子育てを安心してできる国作りをしなければならない。仮に今から打ち出す国があれば、子育てを安心して出来る国にしてから、女性の社会進出を推し進めるべきだ。それは今までの保育所や幼稚園では対応できない。なぜなら本当の社会進出は、フルタイムで働くことだからだ。新しい仕組みは必須なのである。子供を育てるというのは、ただ大きくすることを言うのではない。愛情を持って育て、心も育み、知的好奇心の源泉も刺激するものでなければいけない。三つ子の魂100歳まで。この部分を怠れば国は確実に廃る。女性の社会進出を推し進める力は、子育てを安心して出来る社会と同義と考え対策を練るべし。ただし、例外として、経済規模や国の経済の形態、風習、その他の条件で、必ずしも男女平等が破壊に繋がるものではないことを注意しておきたい。しかし、多くの先進国でそれは当てはまるはずだ。私が考える対策女性は専業主婦になり子育てに専念し、夫が働くのが理想だが既に女性の多くが社会進出しているため、昔のように専業主婦に専念する形態に戻すのは実質不可能である。核家族化が進んだが、本当は昔ながらの大家族、多世代家族の形式が一番子育てをしやすい。おじいちゃん、おばあちゃんが子供を見てくれてる。仕事にも専念しやすくなり、核家族の時より時間もお金も得になる。寂しい思いをさせることも少なくなるので、心を育む観点から見ても良いのだが、プライベート重視や生き方の多様化など、それに拒否反応を示す人も多くなっているので、それも考慮し、核家族でも出来る形式を提案する。私の提案は、国が安心して、生み、育て、亡くなる仕組みを作ること。つまり、子育てにかかる費用を負担するだけでなく、高齢者が安心して亡くなることが出来る仕組みを作る。安楽死は科学の進歩がもたらした現代の特権である。私は子供の名前がわからなくなり、自分の意識がない中で、糞尿を垂れ流し苦しみながら死ぬよりは、安らぎの中で安心して亡くなりたい。そして、仮に財産があるなら孫や子供に残したい。経済や家庭を見ても、身内が寝たきりになった途端、家族の経済活動や心的負担は大きな影響を受ける。長年やってきた仕事をやめなければいけない場合は、家庭だけでなく会社にも大きな負担がかかる。それを支える医療費も莫大なものになる。つまり経済活動に大きな影響がある。安楽死を認める仕組みが出来れば、それを一気に解決することが出来る。亡くなる時の費用や遺産処理も国に頼れる仕組みも作ってしまう。つまり老後にかかる面倒なことだけでなく、亡くなったあとのことも国がやってくれる仕組みを作る。文字通り人生で役立つ税金の使い方となる。そこで浮いた費用を子育てにまわせば、実質ゼロ負担に近い形で子育てが出来るようになるはずだ。安心して生み、育て、亡くなることが出来る仕組みの完成である。現在、先進国の多くは少子高齢化である。そして、それは国を間違いなく衰退させる。この仕組みは残酷だと思われるだろうが、現代の状況にあった人道的な方法だと考える。私の中ではもがき苦しみ、それでもなお生きなければならないほうが遥かに残酷であり、可能であるなら「今までありがとう」と感謝を言える意識を保ったまま亡くなりたい。安楽死は老人に限らず、他にも考慮するケースを想定すべきである。他、私が考える税金の無駄を無くし、http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11794469474.html←税金の無駄。クリック。外国人に生活保護、年金支給、奨学金返還不要制度など様々な税金のおかしな使い方。このお金を子育てに投入し安楽死も認めれば少子高齢化は解決できないだろうか。日本だけでなく世界的に言えることだが移民で人口を増やすより、自国民が安心して子育てができる仕組みを作り人口を増やすべきだと思う。お勧めの教育方法教育は0歳から始められることを多くの人は知らない。ここで詳しく書かないが、早期英才教育というのがあり、これを国が奨励すれば人類は今より一歩進化することになる。多くの人が行えばそれはいずれ国民性として当たり前になるからだ。七田式、ドッツ教育、横峰式、あらゆる教育を考慮し取り入れるべし。しかし、頭脳の教育と心の教育は別物である。心を誰よりも育てられるのは両親なのだから、親も子育ての仕方を学ぶべき。つまり、「親学」のようなものを作り、子育ての仕方を心の問題も踏まえて教える仕組みをつくる。なぜなら現代人の多く人は、どのように子供を育てて良いかわかっていないからである。安心して子育てが出来る環境とは、子供を安心して預けられる環境ではなく、一家団欒を感じながら子育てが出来る状況のことである。子育てには親ありきで考えるべき。もちろん修繕の教育のような心の教育も復活するべし。なぜならモラルはあらゆる面で最重要のものだからだ。反論集安楽死を認めたら生きる気力を失い死ぬ人が増えるからやめろ。今までと違い老後はさらに有意義な暮らしが出来るような仕組みにします。老後の暮らしは今と全く変わらないどころか浮いた税金の分、更に豊かにします。また、安易な気持ちで死なないように規約をきちんと作ります。死にたいです。わかりましたって単純な仕組みにしていたら、国の仕組みとしてなりたちません。死を認めるのは残酷だ。先ほども言ったように私は自分が誰かわからなくなり、もがき苦しみながら、何年も生きるほうが残酷だと思っています。しかし、それを考慮しても残酷ということですね。そうだ。国が殺すのは残酷だ。では、あなたは他国が日本に攻めてきた場合、戦いますか?どうしますか?戦いは争いの連鎖を引き起こす。私は戦わない。自国が人道的に痛みもなく亡くなることを許可しないのに、あなたは敵国が残酷にあなただけでなく、多くの人を殺すのを許可するのですね。そのほうがよほど残酷ではありませんか。他にも多くの反対意見ができるだろう。しかし、この仕組みは日本だけでなく世界を救うと私は確信している。こんな感じの俺なりの平和理論が、本一冊分出来たのです。他の一例http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11873133684.htmlでも、本になりませんか?と声をかける場所を見つけるのも一苦労で、努力のしようが無い。漫画の投稿のようにバンバン見てもらうことも出来ない。見てもらうことがハードルが高い(T_T)どっかの出版社の方、見てたら声かけてください。マジで泣いて喜びます;;メールはこちらから送れますのでよろしくお願いします。と書いても虚しく響く俺の願い( ´(ェ)`)http://msg.ameba.jp/pub/send/index?toAmebaId=ganbaredameomajide専業主婦差別を助長する男女共同参画俺と似たようなことを言ってる人がいた!専業主婦は頑張ってない人ですか?違いますよね。子供と一緒に過ごしたいのは誰でもそうじゃないですか。何兆ものお金がここにつぎ込まれています。そのお金を子育てや福祉にまわしてください!ブログ引っ越し先http://dameotokoseityou.blog.jp/

      109
      1
      テーマ:
  • 22 Dec
    • 再掲載 母親を100回以上刺して無罪の日本!

      母親を100箇所以上刺して殺したけど心神喪失だったので無罪上の事件が日本で起きたので再掲載。━─━─━─━─━─ブログ引っ越しました。引っ越し先http://dameotokoseityou.blog.jp/━─━─━─━─━─日本はなぜキチガイに優しくなったのか。左翼の「人権屋」勢力が「加害者の人権」なるものを騒ぎ立て続けたその結果である。 左翼どもは「命の大切さを教育すればわかってくれる。信じる事が大事。根っからの悪人はいない」と勘違いをしている。 確かに教育でなんとかなる子どももいるが、残念ながら、絶対に善良になれない人間も存在する。 生まれつき良心の欠落した人間(人格障害)がいて、彼らは生きているかぎり同じ行為を続けていく。 なぜこれだけ精神医学や遺伝学、脳科学が発展した今でも、生まれつきの悪人や、改善しない悪人がいないとされているのか甚だ疑問である。再犯を繰り返す証拠となる数字的な検証データもまるで意味をなさない。数学者でなくても数字を見れば誰でも一定数の改善しない人がいるのは一目瞭然なのに、再犯率が長年変わりません。信頼が大事です。で終わる。事実から目をそむけ人の良いところだけ見ようとして無意識に悪を助ける現代の構図がそこに見える。事実、恐るべき事態も起きている。 中1の時に4歳下の少女への殺人未遂を「なかったこと」にした学校関係者。 15歳の時の殺人に対して2年弱の医療少年院でお茶を濁した少年法関係者。 先天性異常をなきものとして、30歳時の殺意を否定した刑事司法関係者。 関係者全員がそのときどきの「現在」に関心があるだけで近い未来に同じことが繰り返される危険性についてあまりにも無頓着かつ無責任なのである。 日本の刑事裁判では、 「正常」な犯罪者には厳罰を、 「若干ヘン」な犯罪者には神経耗弱や心神喪失を適用し、 「かなり異常」な犯罪者は存在しないことになっている。 動機が不可解は通り魔殺人は無罪にしてよい、ということになっている。 例えば、22歳による5人殺しは、「異常」であり「了解不可能」とされしたがって「心神喪失」の可能性が高いゆえ不起訴となる。 心神喪失で無罪というのが必要であれば、必ず刑事治療処遇施設があるべきなのに、日本にはそれがない。 精神病は簡単に治らないのをわかっていることなのに、 殺人しても無罪になって数ヶ月で出所し通常の生活を再開する… 予防も治療もいいかげん。まさに野放し。 精神障害殺人者のうち、およそ85%が不起訴となっていて、再び犯人が近所を歩いている可能性が高い 。 そしてしばらく精神病院に入り退院してから再び同じ犯罪を犯す者が後を断たないのだ。 欧米先進国では精神異常の殺人者が不起訴が放免されることなど、絶対にありえない。 知恵遅れだろうが麻薬幻覚患者だろうが犯罪者は犯罪者であり、凶悪犯罪を犯した者は生涯病棟に拘禁するべきである。 いわゆる「言葉狩り」に反対する立場なので敢えて頭のおかしい人間のことをキチガイと呼ぶが、 日本がこんなに「キチガイに優しい国」となってしまったのも、 左翼の「人権屋」勢力が「加害者の人権」なるものを騒ぎ立て続けたその結果である。 「成人の事例でも、とりわけいわゆる『通り魔事件』のような犯罪では、最近では加害者に精神障害の疑いがあるというだけで、その後の報道は差し止め状態になり、事件は闇に葬られるというのが通例」(産経新聞) という状況に日本はあるのだ。 キチガイを「差別せよ」と言っているのではない。 社会から隔離して「区別せよ」と言っているのだ。 左翼の「人権屋」はそれを「差別」だと言い、政治家も左派マスコミの批判を怖れて尻込みする。 しかし何故キチガイを正常人と「区別」するとそれが「差別」ということになるのか。 その根底にあるのはマルクスに由来する悪平等主義 ←クリック に他ならない。 平成17年から「心神喪失者等医療観察法」が施行される。 これは凶悪犯罪を行った心神喪失・耗弱者が専門医療施設を退所した後も「治療的な保護観察」を行うというものだ。 同法制定について精神医学者の小田晋博士は、 「およそ社会から犯罪を減らそうということに反対したい人たちがいて、人権を口実にして、『保安処分反対運動』を行ってきて、この法律の制定を長年にわたって防げてきた。この法律の制定にあたっても、反対対論に譲歩し、妥協しなければならなかったために法律はかなり弱いものになっていることは否めない。」と述べておられる。 しかも同法実施は法務省ではなく厚生労働省が「医療福祉行政」として行うことになっている。 何とキチガイの凶悪犯罪者に与えられるのは「刑罰」ではなく「福祉」なのだ。 実は厚生労働省には共産党系組合員が多いのだが、同法制定施行にあたって厚生省は狂った基準を設けている。 キチガイ凶悪犯の医療施設収容期間を「平均一年六ヶ月程度とする」という基準だ。 これについて小田晋博士も 「本法の対象となるのは、殺人、放火、強姦など重大犯罪者である。 それが一年六ヶ月で出所してくるというのでは、 精神障害は犯罪に対する自由通行証を得ることになる」 と述べておられる。 マルクス主義的悪平等主義を信奉する左翼の「人権屋」はキチガイ再犯者に殺されても本望だろう。 しかしその被害を国民全体にまで及ぼそうとすることは絶対に許されない。 収容が一年六ヶ月で十分だと一体誰が決めたのか。 国会で十分に審議されたのか。 キチガイの殺人者が一年六ヶ月で街に放たれる社会、つまらない偽善は抜きにしてそんな社会に暮らしたいと思うような日本人はどれだけ存在するであろうか。普段信じる事が大事だと言ってるあなたの隣に、善悪の判断がつかない、人を殺した実績があるこういった人が来ても、きっと仲良くしましょうと言えるだろう。手を取りあえるのだろう。これを言うだけでなく「実行」できなければおかしな話しである。いつも言ってる綺麗事を言うだけなら簡単の意味がわかってもらえるだろうか。言うだけでなくそれを行使し、改善を求め、なお悪意の刃が変わらないなら「どうしても」それ以外が必要な時がある。でも、今はそれがない。ならどうするか。彼らを信じて解き放つのだ。これが解決なのである。私は悪人も救われる存在だと思っているが、それ以上に罪のない善良な一般人を救いたいのである。救うべきは「改善する気のある悪人」であり、快楽で人を殺すような人は救う対象ではなく、警戒と恐怖の対象以外の何ものでもない。刑法第三十九条は私に言わせれば狂人犯罪者保護法であり、即時廃止するべき愚法である。 弱きを助け強きをくじくのが正義のヒーローなのに、今は弱きを殺したらもう見ない。悪いものこそ救いましょうというわけのわからない世界。同情するのは実際に傷を負った人にすべきでは?と、言っても今の仕組みに染まった人には通じない。治安が悪化しないならいい。困らない人が増えないなら今の仕組みでもいい。でも、今の仕組みはあまりに悪に優しすぎて、それが逆に悪を増やしていると思えて仕方ないのである。私は悪いことをした人が注意され、被害を受けた人が「大丈夫」と声をかけてもらえるのが正常な世界だと思っている。これに異論を唱えるものはいないだろう。しかし、この真逆を教えられ、実行しているのが今の日本の仕組みなのだ。教育の崩壊と司法の崩壊は繋がっている。マザーテレサは慈善は身近からと言った。私は法律の問題も全く同じだと思う。「身近な人」を殺されたほうの身にもなってみろと言いたい。悪を注意出来ないどころか悪を信用しようと言い続ける「現代の正論」が日本を壊していく。憲法信者は周辺国が日本を殺せと言ってる中でも、日本が軍を持ち相手を攻撃することを心配し、私達が攻撃される心配をしていない。犯罪が起きたら何か事情があったのかと殺した人を心配し、心と体に傷をおった人には何の支援もない。親は子育てで心配が募るだろう。どうやったら我が子をいじめない良い子に育てることができるのか。いじめから身を守る子供にできるのか。残念ながらその心配は今の日本では解消されない。日本をあらゆる面で非武装にしようとして考えられた9条は、敵と味方を上記に見られるようにごく自然に逆転させることに成功しただけでなく、あらゆる面で日本を強くする要素を排除することにも成功している。理論武装が出来ないだけでなく、現在の私達は心の教育で子供達の心を強くし、いじめない、いじめられない子供をつくる教育を「学校で」うけさせることができない。敵を信じる「味方」が日本の心の教育は残酷だとして封印しているからである。彼らは敵と味方の区別ができない。なぜなら悪業を行う者は世の中の被害者であり、みんなで彼らを助けるべきだと思っている。彼らに襲われている本当の被害者を救う視点が希薄になり、敵と味方を無意識に逆転させてしまっている。つまり悪は救われ善人は犠牲にされる。ドラえもんの道具の中で最恐、最凶の道具に「悪魔のパスポート」をあげる人がいる。些細な犯罪から凶悪な犯罪まで許されてしまう道具なのだが、これが発行されれば世の中が狂うのは誰でもわかる。しかし、これは既に誕生し世の中の仕組みに組み込まれている。それを発行するのは「同情と思いやり」を重視し、思考が停止したお花畑と、国家転覆を狙う連中である。憲法9条の目的は、偽平和主義を信じたお花畑日本人が、敵を招き入れ味方を苦しめる思想を平和主義だと信じて行い内部を破壊。そして、外からは敵が攻め放題になる図式を作り日本を弱体化。占領。洗脳することにある。キチガイに優しい国にしたのも死刑反対と騒ぐのも善意の名の元にお花畑を操り国家破壊の人員を増やすために他ならない。世界をあっと言わせた日本人より抜粋。○たとえ万国が平和を望んだとしても、一国だけでもその気がなければそれだけで平和を守ることはできない。○平和運動こそ戦争を防ぐどころか、戦争の誘因になる危険性がある。○日本における無抵抗平和主義は日本弱体化のための姦計、侵略者の野望を助長するだけのものだ。○平和主義は生存権の放棄につながるものであり、平和を得たとしてもそれは「奴隷の平和」でしかない。○日本の平和主義者は敵と味方の区別がほとんどできないため、隣国で行われている人権侵害に対しては「対岸の火事」扱いである。○戦争と平和は隣り合わせであり、戦争の備えがなければ平和は無力である。日本人がお花畑から目覚めることが、教育や犯罪などの問題も劇的に改善すると私は確信している。しかし、善意でそれらを行い、綺麗な言葉しか言わない彼らは、それが破滅に繋がるとは気づかない。本物の善意に包まれた、思いやり溢れた綺麗な言葉は、確かに何一つ悪い要素はないように思える。だからこそ彼らに我々の言葉は届かない。しかし、ただ一点だけ問題がある。それで効果が出るのは人によるという概念がない。今は無差別にそれを行っている。不当行為には断固抗議せよ 周りと協調して生きることは非常に大切なことである。しかし、それは正当な相手に対してである。不当な相手、不当な行為に対しては断固抗議しよう。自分さえ我慢すれば・・・の姿勢が一番よくない。その低姿勢が、相手の攻撃心をさらに助長させる。 ユダヤ式交渉術」より転載人殺しを許す慈悲は人殺しを育てるに等しい。シェイクスピア悪い人間に親切をすると二度ひどい目にあう。金を失って、しかも感謝されない。テオグニスなぜキチガイに優しくなったのかについて感想がキタ!http://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11970190249.htmlお花畑と弁護士のせいでヤ○ザよりも凶悪なあれがはびこるhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/38852961.html日本人が日本人をお花畑にする自主的な洗脳の仕組みhttp://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-11910359476.htmlお花畑平和主義者はB層という専門用語までつけられている敵国の無自覚のコマであるhttp://ameblo.jp/ganbaredameomajide/entry-12016293731.html武力を使わないで他国を侵略する段階一 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」二 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」三 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」四「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」五「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」最終 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」 イマココ

      158
      5
      テーマ:
  • 18 Dec
    • 日本たたきのルーツはアメリカでありGHQにある

      フランクリン・デラノ・ルーズベルト(FDR)は1943年末、蒋介石を呼んでカイロで会談を開いた。  中国が白人国家側に寝返って日本の足を引つ張った、その論功に金一封をやろうというのが会談の趣旨だった。  加えて彼の母は中国の阿片貿易で大儲けしたデラノ家の娘だった。  その贖罪気分もあって満州もやろう、台湾もやろう。望むなら仏印も香港も取り返してやってもいいと蒋に持ちかけている。  実際、FDRはオリバー・スタンリー英植民地相に「香港はまともに買つたのではないはずだが」(クリストファー・ゾーン「米英にとっての太平洋戦争」)と咎めてもいる。  スタンリーは「ええ、米国がメキシコ領ヒを脅し取ったのと同じ手口で」とぴしゃり言い返している。  米大統領はこのカイロ会談にもう一つ仕掛けをした。それが「奴隷状態にある朝鮮」という一語だ。  奴隷は米国の専売特許だ。黒人や苦力からヒスパニックまで使ってきた。  日本に奴隷はない。江戸時代に来たツュンペリーは奴隷を使うオランダ人を心から軽蔑する日本人を描いている。  ヘンなことを言うと蒋は訝ったが、チャーチルは理解できた。奴隷も知らない高貴な日本を奴隷国家米国が偉そうに戦後処理できるか。嘘でもいい、日本を奴隷同家に仕立てちまえというFDRの本心を。  案の定、彼は翌年夏にも「アジアの民は日本の奴隷になることを望まない」と声明を出した。  そして終戦 米国はいち早く「奴隷・朝鮮の解放」を宣言し、200万在日にも、もう自由の身だ、国に帰れるとキョトンとする彼らをどしどし送還した。  送還を拒んだ60万人にはGHQの指導で「在日朝鮮人連盟」が結成され、「我々は日本から搾取と奴隷的差別を受けた。解放されたいま我々は連合国人になった」と宣言させた。 連合国人とは日本での治外法権を意味し、不逮捕特椎も付いていた。 加えてマッカーサーは新聞に連合国人の犯罪を伏せるよう命令していた。  つまりGHQ公認で犯罪ができた。在日は喜んだ。  すぐ事件が起きた。満員の汽車に数人の朝鮮人が窓を割って乗り込もうとしたのを乗客が注意した。朝鮮人は彼を直江津駅ホームに引きずり出してスコップで殴り殺した。警察は手も出せなかった。  朝鮮人犯罪を報道した新潟日報社が襲撃され、ついには首相官邸も襲われた。  彼らはあの食糧難時代に一人で100人分の配給米を要求した。断れば殴る蹴る。  そうやって集めた米で密造酒を造った。川崎市で密造酒手入れをした税務署員が報復で殺される事件もあった。  彼らは儲けた金で不法占拠した駅前一等地にパチンコ屋を建てた。そんなうまい話があるのかと戦後に波ってきた朝鮮人は多かった。孫正義の父もその一人だった。  吉田茂は思い余ってマッカーサーに「全朝鮮人の強制送還」を頼んだが、彼は無視した。  翌年、朝鮮戦争が起きてマッカーサーは日本に再軍備して戦えと命じたが、今度は、吉田が拒否した。  しかし講和条約後もFDRのこしらえた「朝鮮の奴隷支配」の嘘は生き残った。朝日新聞の努力が大きかった。  奴隷支配の罪滅ぼしに在日の犯罪者に不利な「指紋押捺を廃止せよ」と騒いだのも朝日だった。  同紙の植村隆は「日本軍は朝鮮女性を徴発して従軍慰安婦にした」という真っ赤な嘘を書いてFDRの朝鮮人奴隷説を半世紀ぶりに補強した。  日本は男を奴隷にし、女を性の奴隷にしたと。  米ニュージャージー州で先日、慰安婦を追悼する碑が建てられ、地元の市長も参列して犠牲になったニ十万人の朝鮮女性を悼み、ついでに日本を呪った。  同じころ、バージニア州議会で日本海を朝鮮風に東海と呼べという法案があわや成立するところだった。  少し前には朝鮮人の残忍さを背景にした「ヨーコ物語」が米国の副読本から外されている。  日本の新聞は「なんで日本の正しさを米国が理解しないのか」と首を傾げる。  日本を悪く言う元凶が米国だとなぜ気づかない。 変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き: 高山 正之: (二〇一二年二月十六日号)━─━─━─━─━─当時のGHQは、日本という小国がなぜアメリカを苦しめたのかを調べました。このような小国がアメリカだけでなく、多くの白人至上主義達に勝ち続けたのは、まさに信じられない事でした。GHQは日本を調べあらゆる面で驚愕します。大人も子供も教育レベル(知能レベル)が高すぎる。それだけでなく、武力も高くあらゆる武器の扱いにたけ勇猛果敢である。しかし、それ以上に道徳心の高さと愛国心の高さに驚愕しました。なるほど、苦戦するわけだ。そこで、あらゆるものの解体が始まりました。特に強さの根本であった教育は、念入りに戦前の色を消すように解体され、教育は愛国思想ではなく、自虐史観を喜んで教えそうな左翼側の教育者を送り込まれ、自虐史観や、愛国主義を排除する教育を広めるような人が教育者になりました。※これがこれから否定する変な平和主義が増えた原因。あらゆる武道組織も解体されましたが、その矛先は将棋にまで向かいます。以下エピソード引用日本将棋連盟は終戦後GHQに呼び出されました。当時升田幸三は将棋界の関西本部長代理という肩書きで、それほど力は持っていませんでしたが、将棋連盟の代表には升田が選ばれました。その知識・頭の回転の速さ・度胸・そして将棋の強さ。どれをとっても升田にかなう人間はいなかったからです。GHQの呼び出し理由はこうです。「日本の将棋はチェスと違って、取った駒を自軍の兵士として使用する。これは捕虜の虐待思想につながり、国際条約に違反する。将棋は日本の捕虜虐待に通じる思想だ」と言いがかりをつけました。 升田幸三は至って平然として、出されたビールを飲みました。「なんだコレ。マズいビールだな!」といきなり大きな声を出したので、GHQはビックリして升田を見ました。「それならナポレオンがあるがどうする?」升田はまだ洋酒というものを知らず、当然ナポレオンが最高級酒であることも知らない。「ナポレオンみたいな冬が来たら負けるよな酒はいらん」GHQは困った顔をしましたが、さらに升田節は続きました。「チェスでは取った駒を殺すんだろ?それこそ捕虜の虐待だ。日本の将棋は敵の駒を殺さないで、それぞれに働き場所を与えている。常に駒が生きていて、それぞれの能力を尊重しようとする正しい思想である」GHQは升田の毒気に押されて苦笑するばかりです。「アメリカ人はしきりに民主主義・男女同権を訴えるが、チェスは王様が危なくなると女王(クイーン)まで盾にして逃げようとするが、あれはどういう事だ?」ここまで来るともうGHQも何も言えません。しだいにGHQも升田の話に興味持ち出して、こういう問答が5,6時間続きました。そして最後に 「君は実に面白い日本人だ。土産にウイスキーを持っていけ」 と最後には升田に敬意をしめしました。戦う、守る、そんな気持ちがなければ将棋も守れません。今の日本は差し出すこと。無抵抗なことを平和と勘違いしている。敵側からすればそれこそ自滅してくれてるようなものなのに、それに気付かないお花畑になっている。日本の平和主義こそ薄情主義、自滅主義そのものなのに。天皇に戦争責任はないhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33852306.html       いわゆる従軍慰安婦は単なる売春婦ですhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/30475115.html    弱者で居る方が世論誘導工作と権利要求できるhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33366226.html       在日朝鮮人は「警戒」を「差別」にすり替えるhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33328856.html        日本はスパイ天国 http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33769843.html       在日が役所を襲撃して金をせびった事件http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33531813.html危機に気付いた人や納得した人はクリックして頂けると喜びます。

      94
      9
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 在日を強制送還できない理由【1991年の日韓覚書】

      俺フェイスブックやってないんですが、この記事のアクセスとんでもないことになってます。気になったのでアゲ。ここから転載フリーということで、約1年前に書かれたものですが、転載させていただいております。【在日特権を斬る】在日を強制送還できない理由。根拠法は、1991年日韓覚書と売国政治屋、転載フリー2015/ 06/27読者の方から、「犯罪を起こした在日韓国人は韓国に強制送還できないのですか?」という重要な質問が有りました。コメ欄で簡単に、お答えしましたが、その後、自分で関係法令を読んで、理解し、対策を含めて考えたので、記事にします。その根拠となるのが、タイトルで示した【1991年日韓覚書】です。時の総理、海部俊樹がソウルで大統領の盧泰愚と会談の上合意し、外務大臣の中山太郎が、韓国外交部長の李相玉とともに署名した。法令です。この法令は、在日特権となるだけでなく、後の、【在日の日本乗っ取り計画】をほぼ実現させかけた、屈辱的な、覚書でした。海部俊樹は歴代自民党の総理の中でも、最もIQが低く、影の権力者から、神輿として、担がれるだけの政治家でした。 当時の自民党幹事長だった小沢一郎から「神輿は軽くてパーがいい」と陰で揶揄された人物です。 しかし、この「屈辱的覚書」の真の立役者は、外相だった中山太郎です。大阪選出で、独特の風貌から「お茶の水博士」と呼ばれました。今は引退して、甥の中山泰秀が地盤を継いでいます。中山はずぶずぶの日韓議連の会長でした。 【1991年の日韓覚書】とは、【日韓法的地位協定】を受けて成立した覚書で、端的に言えば【在日3世以降の日本での優遇措置】を保障したものです。その該当箇所が下記です。(1) 簡素化した手続きで羈束的に永住を認める。(2) 退去強制事由は、内乱・外患の罪、国交・外交上の利益に係る罪及びこれに準ずる重大な犯罪に限定する。(3) 再入国許可については、出国期間を最大限5年とする。 (1)は、在日が、10世、11世になっても、極端に言えば、【未来永劫、帰化しないまま、日本に住み続ける】ことを認めたものです。→冗談じゃないです(怒)これにより、3世以降は、法的には「特別永住者」という呼称になりました。ちなみに1世、2世は、「協定永住者」という呼称です。注意したいのは、この「特別永住」という意味は【許可】であって、【権利】ではありません。在日は権利と思い込んでいるようですが。日本国政府が「許可」を取り消せば、連中は単なる不法滞在者です。入管法では、一年以下の懲役または20万以下の罰金となって、立派な犯罪者です。尼崎で、在特会のデモが行われた時、在日の女が「まあ、酷い、5世、6世になっても、これが続くのかしら」・・・5世、6世になっても、日本に寄生し続ける気満々です。 (2)は、「内乱・外患の罪、国交・外交上の利益に係る罪及びこれに準ずる重大な犯罪」こんな犯罪に限定していたら、いくら、在日の犯罪発生率が、日本人の10倍でも、該当者はいませんよ。現に、過去に、韓国へ強制送還された在日は一人もいません。だから、日本の刑務所の中は在日がたくさんいるのです。 2国間の取り決めとしては、一方的に韓国が優位で、ハードルが高すぎです。韓国政府としては【事実上、強制送還を拒否】しています。「日本に絶対に同化したくない在日韓国人」を何故ここまでして、優遇する必要があるのでしょうか?過去に印象的だったのは、日本に偽造パスポートで入国したフィリピン人夫婦、確かに違法ですが、朝鮮人の様に生活保護を不正受給することもなく、14年間まじめに働いて、子供もでき、日本に生活基盤もできました。しかし、パスポートの偽造が発覚、日本人の同情者も沢山いましたが、入管は法の執行を厳格に行い、両親は強制送還。日本語しかできない中学生の娘は、日本残留が認められました。親子別れ別れ、親子の涙の別れのシーンまで、TVのニュースで見ました。確かに違法ですが、同情を禁じえませんでした。おとなしく悪さを働かないフィリピン人。権利ばかり主張し、反日思想を強化する在日韓国人3世。3世達の祖父は、ほぼ100%が戦後の密入国者です。偽造パスポートよりはるかにたちが悪いです。密入国し、犯罪と反日ばかりする、3世達は、一匹残らず、強制送還したいです。 日本国内に住み、日本の世界一すぐれたインフラや、都市サービスを受けながら、【反日言動】するのは、【個人的に日本に宣戦布告】布告しているのと同じです。 他の、日本に居住している、善良な外国人からは、強い不満が出ています。スペイン人や、ネパール人、英語教師のアメリカ人たちは「何で朝鮮人ばかり優遇するのか」と。これは下手をすると、他国との外交問題化する恐れがありますよ。何故なら、在日3世以下の特別待遇は、他の外国人たちに対する「差別」となるからです。 (3)については、他の外国人は、事前に「一年以内に帰国する」という手続きを取らなければ、再入国できなくなります。他にも、現在問題化している事案の、禍根がこの覚書にあります。 4.公立学校の教員への採用については、その途をひらき、日本人と同じ一般の教員採用試験の受験を認めるよう各都道府県を指導する。この場合において、公務員任用に関する国籍による合理的な差異を踏まえた日本国政府の法的見解を前提としつつ、身分の安定や待遇についても配慮する。 5.地方公務員への採用については、公務員任用に関する国籍による合理的な差異を踏まえた日本国政府の法的見解を前提としつつ、採用機会の拡大が図られるよう地方公共団体を指導していく。なお、地方自治体選挙権については、大韓民国政府より要望が表明された。4については、先々の影響を考えずに、在日の教師の採用を許可したために、今、特に地方の公立中学、公立高校、私立高校の【学校強制による韓国修学旅行】、【在日教師による反日洗脳教育】【在日教師によるハングル強制教育】という、深刻かつ恐ろしい事態が起こっています。先ず、地方からの【在日による日本乗っ取り計画】です。韓国修学旅行に関しては、ブロガーのBB様が孤軍奮闘して、阻止しています。頭が下がります。在日教師と日本人の日教組活動家教員とは非常に馬が合います。どちらも、「反日」だからです。 また、神戸市の読者様からの情報によると、日本人の父兄が引き受けたがらない「PTA会長」の職を自ら進んで引き受けるのは、在日の母親が多いそうです。そういうPTA会長と、反日校長がタッグを組んで、参加しようとしない生徒と不敬に圧力をかけたり、脅したりして、【韓国謝罪洗脳旅行】を強行しているのです。そういえば、酒鬼薔薇聖斗こと東慎一郎の、母親もPTA会長を務めて熱心にやっていたそうです(教師談)。 中高のお子様を持つ読者様で、修学旅行に、熱心に韓国を進めるPTA会長がいたら、在日か、帰化朝鮮人を疑ったほうが良いと思います。5については、残念ながら、在日に制圧された都市や自治体では目立つようです。例えば、戦後「朝鮮人進駐軍」が暴れまわった神戸市では、市役所に在日の職員がわんさかいるそうです。他には、川崎市や、神奈川県ですね。川崎市は掛け金も払っていない在日老人に年金を払っているし、神奈川県の黒岩という売国奴知事は、政府の方針を無視して、県内に多数ある、朝鮮学校に補助金を払っている。それが、先日、朝鮮学校が県からもらった補助金を、朝鮮総連に寄付していることが発覚しました。その金が総連から最終的にどこに渡ったかは明確です。北朝鮮しかないでしょう。県民の税金や、地方交付税交付金が、北朝鮮の核開発に使われたんですよ。一応、黒岩の馬鹿は、怒ったふりをして、朝鮮学校への返還請求と、立ち入り検査を表明しましたが、見え見えですよ。こうなることを最初から意図した、黒岩と、総連の「プロレス」ですよ(笑)この黒岩という男、在日の多い神戸市の出身という事、かなりの「ワル」です。話はそれましたが、在日の、地方公務員志望者、特に市役所志望者は、生活保護の窓口担当を希望する者が多いそうです。泥棒に家の鍵を渡して、警備員契約して給料払うようなもんですよ。在日の生活保護申請者には、対象外の奴にも無審査で、バンバン生活保護を支給しそうです。いや必ずするでしょう。「公金横領」が頻発するでしょう。何より朝鮮人にとって【横領は十八番】ですから。とにかく、この【1991年日韓覚書】は諸悪の根源。では、法律的にはどんな手が有るか?答えは簡単です。政府が決断して、外務大臣が、この覚書の破棄を韓国政府に通告するだけでいいです。すると、法律的にはどの時点に戻るか、1965年の日韓基本条約に付随した【日韓地位協定】に戻るだけです。 【日韓法的地位協定】とは、1965年に在日韓国人の1生と二世の、日本国内での法的処遇について決めた協定です。内容的には、【1991日韓覚書】と同じで、特に【強制送還条項】については、当時から変わっていません。要するに今年、「日韓正常化50周年」ですが、50年間も韓国に強制送還された犯罪者はいないという事です。前の記事で書いた1200人の在日囚人、在日少年院収監者を、何故、我々日本人の税金で食わしていかなければならないのでしょうか(怒)今後は在日が犯罪を犯したら、日本の警察が逮捕して、交番の中でリンチを加えて、即、韓国に強制送還して、韓国の刑務所と韓国人の税金で食わせてゆくべきです。話しは、【日韓法的地位協定】に戻しますが、1965年時点では、3世以降の処遇は25年後に再協議すると謳われていました。その文言通り、25年後の1990年に協議に入り、妥結したのが翌年1991年、それで、【1991年日韓覚書】です。これを破棄しますから、法律的には今年以降、三世以下の処遇について、事務方=外務省で再協議すればよいわけです。そして、今回の協議で、三世以下の処遇は、他の一般外国人と同じとすると決めればよいと思います。要するに、【在日3世特権】を全部剥奪すべきです。【日韓法的地位協定】を破棄するのが根本解決で、今日本で、生活保護を受けている、在日一世、二世も強制送還できますが、【日韓法的地位協定】は、【日韓基本条約】の付随協定ですから、これを破棄すると、韓国政府は【日韓基本条約】の無効を主張しかねません。要するに「もう一回金寄こせ」です。そうなると、厄介なので、【1991年日韓覚書】の破棄までで、止めるべきですね。法技術的には、こうなります。 私は、月曜の朝に一番で、官邸にメールして、【1991年日韓覚書】の破棄と、在日三世の処遇の、一般外国人並みへの引き下げを要求します。http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/99e5cbe3b73487bffe008c8597844bb4 【拡散】在日は強制連行がウソであることを知っていた!クリック━─━─━─━─━─別記事拡散用「日本は危機的な状態です!」ブログより転載腐ってゆく日本、移民侵略の公式 「日本は危機的な状態です!」ブログより転載腐ってゆく日本、移民侵略の公式 おとといだったか、NHKニュースを見ていたら、埼玉県 のとある団地で、日本人よりも中国人 住人の方が多くなったという話題が報じられていた。『埼玉 ・川口市 の川口芝園団地。ことし1月、この団地に暮らす外国人住民の数が初めて日本人を上回った。団地に住む中国人 は「自分の国みたいで安心」と話す。(05/18 JCCテレビすべて)』(https://jcc.jp/news/10939092/ )多分これだったか。こうなってくると、いずれ団地から日本人の住民は居なくなるだろう。暮らしにくいし、わざわざ中国人 だらけの団地に新しく入居しようとする日本人は居なくなる。すると、その周囲の商店なども、中国人 が経営するようになってゆく。そうなると、日本人は近づかない。だんだん地域全体が、中国 の一部のようになるだろう。そうなっても、日本人は何も出来ない。ヘイト 対策法案 で日本人が中国人 に対し、威圧的 な活動を出来なくされているからだ(ヘイト対策法案は日本人差別法! )。すると、どうなるのか?最早、中国人 は日本社会と共存 しようという意思を完全に捨てるだろう。日本人に合わせる動機が無いのだから。地域の神社 や、日本人が大切にして来た文化財 なども、多数派となった中国人 達が全て排斥していくに違いない。そのようにして支配権を確立しながら広がる中国人 を放置しておいて、いずれ彼らが、ご皇室 を尊敬したり、日本文化 を守ろうと思うようになるだろうか?、彼らが日本人の「祭り」を守るとでも?そんなことは、有り得ないと思う。 日本は、和の国と言われるが、どうして「和」が保てるかと言えば、皆が排除されないよう努力しているからだ。ところが、移民 たちはヘイト 対策法案 に守られ、排除される危険も無い。そうなると、彼らは、日本人に合わせて日本社会へ溶け込もうという意思や動機を完全に失うだろう。となると、和の精神も完全に終わりである。これでは、日本社会の自殺 も同じだ。誤解を恐れずに言えば、健全な差別意識 や、適度に異質性分を排斥する圧力を持たない社会は、調和を保てないのだ。それは免疫 系を破壊されてしまった生物のようなもので、菌に侵され腐ってゆくだけだ。そうなるのが目に見えているのに、逆に、そうした真っ暗な社会を実現しようと邁進している日本政府 は、何を考えているのか?恐らく日本政府 は、既に腐っているのだ。(転載終了)メモ用に転載。日本は絶対に韓国に勝てない理由 http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33514018.html 

      100
      17
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 天皇に戦争責任はない

      天皇は「私」を脱する存在で、民が一番大事だと思っている。 陛下は国家の存亡という広い視野から国民全体の利益を考えていたし、このように敗戦後も陛下は死を覚悟しすべての責任を自分が負って国民の命を守ろうとしたのである。 世のため、人のため。私達にそういう生き方、哲学理念を示しているお方なのだ。 皇帝や王はいわば盗賊。だから自分だけが大事で、自分以外は全部奴隷である。 そういうのと混合すべきではない。 http://www.nicovideo.jp/watch/1361496924?nicorepomail 目から鱗! マッカーサー回想記 私は、天皇が、戦争犯罪者として起訴されないよう、自分の立場を訴え始めるのではないか、という不安を感じた。連合国の一部、ことにソ連と英国からは、天皇を戦争犯罪者に含めろと言う声がかなり強くあがっていた。現に、これらの国が提出した最初の戦犯リストには、天皇が筆頭に記されていたのだ。私は、そのような不公正な行動が、いかに悲劇的な結果を招くことになるかが、よく分っていたので、そう言った動きには強力に抵抗した。  ワシントンが英国の見解に傾きそうになった時には、私は、もしそんな事をすれば、少なくとも百万の将兵が必要になると警告した。天皇が戦争犯罪者として起訴され、おそらく絞首刑に処せられる事にでもなれば、日本に軍政をしかねばならなくなり、ゲリラ戦が始まる事は、まず間違いないと私は見ていた。結局天皇の名は、リストからはずされたのだが、こういったいきさつを、天皇は少しも知っていなかったのである。 しかし、この私の不安は根拠のないものだった。天皇の口から出たのは、次のような言葉だった。 「私は、国民が戦争遂行にあたって、政治、軍事両面で行った全ての決定と行動に対する、全責任を負うものとして、私自身をあなたの代表する諸国の裁決にゆだねるためにおたずねした。」  私は、大きい感動にゆすぶられた。死を伴うほどの責任、それも私の知り尽くしている諸事実に照らして、明らかに天皇に帰すべきではない責任を引き受けようとする。この勇気に満ちた態度は、私の骨の髄までも揺り動かした。私はその瞬間、私の前にいる天皇が、個人の資格においても、日本の最上の紳士である事を感じ取ったのである。下巻P142 この陛下の発言を「なかった」とする研究者がいる。なかったとしたいのだろう。陛下を貶めたい連中は。しかし、 外務省の罪を問うという本に、 通訳した奥村勝蔵が日本経済調査協議会にいた青葉翰於という人に、昭和天皇のこの発言はあったと証言していた。P74 とある。 昭和二十年の敗戦時に、もしも天皇がおられなければ「終戦の詔書」もなく、おそらく当時の日本人は本土決戦に突入して本当に国民全員が玉砕し、民族消滅となっていた可能性も十分にある。当時の軍部が立案していた本土防衛計画では、残存予備兵力二百三十五万人、陸海軍に配属される民兵四百万人強、さらに先込め銃・竹槍・火災ビンで武装する国民義勇部隊二千八百万人、つまり合計三千五百万人近くの日本人が本土を巨人なる硫黄島にする決意で待機していた。 もし本土決戦が実行されていたならば、その凄絶さはベトナムやイラクの比ではなく、アメリカは三発目、四発目の原爆投下を行っていたことであろう。 ポツダム宣言受諾のご聖断の際、昭和天皇は御前会議で「多くの者が戦死し、その家族の者は今も苦しんでいる。もうこれ以上、臣民を苦しませることはできない。私はどうなってもよいから臣民を救ってやりたい」とご落涙なされた。 このとき昭和天皇は戦勝国の手で 自らが処刑される御覚悟を持っておられたのだ。 人類史上において、民を守るために生命を捨てようとした君主は、昭和天皇をおいて他に存在しない。 もし仮に昭和天皇が死を怖れフセインのように逃亡して穴ぐらに隠れていたならば、本土決戦と民族玉砕は現実のものとなっていたのだ。 日本という国家民族の分裂を避けるための天皇の神聖なる本来の役割は、 百年に一回や二回しか果たされる機会はない。 しかし国家の真の危機においては日本民族を一つにまとめる崇高なる存在は、 天皇をおいて他には一切存在しないのだ。 歪められる日本現代史秦 郁彦 アメリカ国務省からGHQの政治顧問として派遣されていたアチソンが、マッカーサーから 伝えられた会見内容を本国に打電している。 しばらく非公開(1974年まで)だったが、そこには「天皇は、日本国民の指導者として、臣民のとったあらゆる行動に責任を持つつもりだと述べた」と明記してる。 この時の「天皇が一切の責任を負う」旨の発言は、通訳の奥村が記録から削除した。 理由は「余りの重大さを顧慮」とのこと。東京裁判前であり謙譲の美徳が通じない連合国側に「天皇有罪の証拠」として利用されるのを恐れたからだという。 この文書を最初にアメリカ国立公文書館で発見した秦郁彦氏は、「決め手と言ってよい文書」「天皇が全戦争責任を負うつもりであったのは明らかである」と指摘している。 人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本最終目標は天皇の処刑 中国「日本解放工作」の恐るべき全貌皇室の存在は中国や韓国含め中華主義の異民族同化吸収に対する防波堤 http://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33683680.html成功哲学 ブログランキングへ

      70
      3
      テーマ:
    • 平和主義という名の洗脳

      だめ男ブログ引っ越し先 http://dameotokoseityou.hatenablog.com/----------------------------------戦後教育を受けた我々は、ほぼ例外なくこのような物語を聞いた事があるのではないでしょうか。「もし戦争になっても、私は戦争反対を訴えるわ。あなたも戦っちゃだめよ」「悪い事をした日本は、各国に謝らなければいけない。日本が軍事力を持つのは軍国主義の復活。周辺国を占領するに決まってる」「暴力はいけない。私は暴力しない平和主義者です」こういう事を言う人は確かに立派に見えますし、かくいう昔の俺もそうでした。こちらが痛みに耐えれば、争いは終わるのだと…。でも騙されてはいけません。このような事を言う人は、9条を守る気はあっても人命を守る気はないのです。例えば暴力をふるってくる人がいて、彼らはどうするかというと、何もしない。助けない。いじめも見て見ぬフリで、君が我慢すれば収まるといった教師もいたそう。教育現場は9条や平和を守ろうと言うけど、悪との戦い方は教えない。その結果、何をされてもひたすら耐えて声をあげない日本人ができあがってしまった。元々耐えしのぶ気質のある日本人だが、今と昔は質が違う。耐える事でしか戦いや自己主張が出来なくなっている。拉致問題も日本人が我慢すれば収まるからと言い返されたそうだ。昔の日本人の気質なら、拉致や竹島問題では断固として戦っていたであろう。多くの日本人の命、そして領土が実際に失われてるのだ。要するに平和主義者は、見て見ぬふりをする傍観者を育て上げてしまっている。これはやめたほうがいい。間違ってますよ。それを言えば相手が(争いに向けて)さらなる反応をするかもしれない。結果として被害は収まる事なく、被害者だけが更に泣きを見る社会が出来上がる。さらにこういった話しが続く。「私は黙って殺されます」「もし攻撃されたら、無抵抗のまま痛みに耐えて死んでいきます」彼らは自国を守ることに関心がない。攻撃されたら死ねばいいと言っている。このように闘う意志がないのは、平和主義ではなく敗北主義という。例えば、ある犯罪に巻き込まれた場合、あなたはそのまま被害者になるだろうか。凶悪で自分だけでなく、家族にも害が及びそうな場合はどうだろうか。闘う事で自分だけでなく他の人の命も守る事が出来る。ここで戦わないのは、更なる悲劇を生むだけだ。それを耐えろと言われたらどうだろう。まわりが見てるだけならどうだろう。この話しのおかしさに気付いて貰えるだろうか。この教えでは、この場面では黙って殺されろ。なのである。守れるものを守らないまま敗北するのは平和主義ではない。平和どころか争いが連鎖していくだけだ。彼らは新たな獲物を探すだけである。しかし、多くの日本人はこれが平和とは真逆の理論だと気づかない。この理論が平和の理論だと思う人は騙されやすい人で、騙されやす過ぎて、自分が騙されてることすら気付かない。これを学校で教えている恐ろしさにも気付いていない。真に恐ろしいのは、無抵抗で戦う意志のない人を、子供も、女も、家族も、何もかもを殺そうとしている相手側だとなぜ気づかない。殺す事を、相手が過去~したからだとか、これからするかもしれないなど、言い訳をしてまで、殺そうとしている怖さにも気付いていない。これから行うかもしれない人、ただの疑いをかけれらた人、しかし、実際には何もしてない無抵抗な人で、これから反撃する意志もない人と、実際に今こちらに牙を向け殺そうとしている人はどちらが危険かわかってない。女、子供を平和のために投げ出す薄情さにも気づいていない。どんな生物も、あなたが可愛いと思っている犬や猫、鳥やどんなに可愛い小動物も、我が子を守るためなら、自分の何倍もある敵に向かう。怖い。怖いけれど我が子を守るために戦うのが親の本能だ。その本能を捨て、我が子を守らず死ぬこと、差し出すことの意味がわかっていない。今まさに無抵抗の者を罪悪感もなく殺そうとする側を攻めるのではなく、反撃するなと言う側のおかしさに気づいていない。大切な者のために犠牲になるのではなく見ず知らずの殺戮者のために無意味に死ぬことが平和だと言ってるおかしさがわかってない。日本人は、日本でそれが起きると考えると異常に寛大になるというかバカになるので、他国の場合で例えてみる。上の理論を信用している人は今すぐ紛争地域に行くべきだ。紛争地域は世界中にある。そこで日本が信じる平和をもたらす理論を宣教師のように広めよう。そこでこう叫んで欲しい。敵が攻めてきたら戦わず逃げてください。逃げきれない場合は、無抵抗で死んでください。子供にもそのように言ってください。子供も恋人も守る必要はありません。無抵抗の大事さを教えて下さい。戦うことは争いの連鎖を起こします。それを起こさないためには、戦わず逃げて下さい。逃げれない場合は、無抵抗で死ぬのが平和です。日本の9条を見習い、無抵抗平和主義になり、国から軍隊を無くしましょう。日本でそれが行われるとすんなり受け入れるのが日本人だ。しかし、他国でこんな事を言う人がいたらどう思うか。感想は人それぞれだけど、これを紛争地域で言ったらまともな人に見えないでしょう。そこに平和はなく、自分が住む土地や国が無くなり、人命がなくなるだけなのは子供だってわかる。平和の真逆の結果しかない。しかし、平和をかざして会話をすれば馬鹿になるのが日本人であり、上の理論を平和の理論と信じているのが、今の日本人だ。平和とは真逆の悪魔の言葉なのを納得しただろうか。真の平和主義なら、守るべきものを守る力を持ち、有事の時にはそれを発揮する力を保有しつつも、平時は寛大で優しい心を持って過ごすべきだ。争いは私達の気持ちとは関係なく発生する。それに対する備えを持つのは何も悪い事ではないし、彼らの理論がまかり通るなら警察署もいらなくなる。ところで、自分達が痛みを受ければ争いが止まるというのは、実はとても日本人らしい発想ではないかと俺的には思う。豊臣秀吉が清水宗治という武将を攻めた時、自ら腹を切れば民は助けると秀吉が言う。それらなばと清水は腹を切るが、敵ながらあっぱれと言うほど潔い切腹であった。民のために腹を切る(痛みを引き受ける)のは、この例だけにとどまらない。かくいう昭和天皇も民のために殺される覚悟があった。天皇に戦争責任はないhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/33852306.html日本人同士なら痛みを引き受け、争いを止める事が出来るかもしれない。しかし、文化の違う他国との戦争ではそれはなりたたない。こういった本は、戦後教育のあとに多く作られた。実は、占領下にある民族を教育しなおすというのは珍しい事ではなく、世界でも、日本の戦国武将も普通にやっていた事である。新しい領主が素晴らしく、前の領主がいかにダメだったかを教育するのだ。この地球平和主義教育もまさにソレだ。とても平和に見えるこの本の内容。それを敵国の思想を持つ人が書いたとしたらどうだろう。敵側から見れば我々が攻める時は、日本人は無抵抗のまま殺されるべきだ。に化けるのである。日本人はもっと自国を守る意識が高め、闘う勇気を持たせる教育をしなければならない。でなければ、いじめられたり侵略された時に、自殺か滅亡するしかなくなるだろう。今日の記事関係はこちらのほうがよりわかりやすく書いてます。念仏で戦争を追い払えるかhttp://kanryuudaisuki.ldblog.jp/archives/34293740.htmlこのままでは彼らと同じ道を辿ります。「魚介類が豊富で、湖にはウナギが群がっていて、カラカの実が鈴なりの島……しかも大勢いる島民は、戦うことを知らず、武器を持っていない」という知らせを、ニュージーランドにむかう途中でチャタム諸島に立ち寄ったオーストラリアのアザラシ漁の舟がもたらし、九〇〇人のマオリ族がチャタム諸島へむかって舟を出したのである。一八三五年十一月十九日、ニュージーランドの東五〇〇マイル(約八〇〇キロ)のところにあるチャタム諸島に、銃や梶棒、斧で武装したマオリ族五〇〇人が突然、舟で現れた。十二月五日には、さらに四〇〇人がやってきた。彼らは「モリオリ族はもはやわれわれの奴隷であり、抵抗する者は殺す」と告げながら集落の中を歩きまわった。数のうえで二対一とまさっていたモリオリ族は、抵抗すれば勝てたかもしれない。しかし彼らは、もめごとはおだやかな方法で解決するという伝統にのっとって会合を開き、抵抗しないことに決め、友好関係と資源の分かち合いを基本とする和平案をマオリ族に対して申し出ることにした。しかしマオリ族は、モリオリ族がその申し出を伝える前に、大挙して彼らを襲い、数日のうちに数百人を殺し、その多くを食べてしまった。生き残って奴隷にされた者も、数年のうちにマオリ族の気のむくままにほとんどが殺されてしまった。チャタム諸島で数世紀のあいだつづいたモリオリ族の独立は、一八三五年十二月に暴力的に終わりを告げたのである。 マオリ族の兵士はこう説明する。「われわれは、自分たちの慣習にしたがって島を征服し、すべての住民を捕まえた。逃げのびた者は一人もいない。逃げた者は捕まえて殺した。残りの者も殺した。それがどうしたというのか。われわれは、自分たちの慣習にしたがって行動したまでである」 ジャレド・ダイアモンド著『銃・病原菌・鉄』P77より不当行為には断固抗議せよ 周りと協調して生きることは非常に大切なことである。しかし、それは正当な相手に対してである。不当な相手、不当な行為に対しては断固抗議しよう。自分さえ我慢すれば・・・の姿勢が一番よくない。その低姿勢が、相手の攻撃心をさらに助長させる。 ユダヤ式交渉術」より転載無防備宣言都市が攻撃された事実 ←クリック反戦運動家の正体←クリック日本はまさに「現代のカルタゴ」=滅亡←クリック

      91
      4
      テーマ:

プロフィール

だめ男

自己紹介:
※申し訳ありませんが、最初のメールで相互登録お願いしますなどのお誘いは、お断りしております。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ランキング

総合ランキング
50444 位
総合月間
42982 位
自己啓発
389 位
ニート
31 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。