塾長の日記

水彩画のこと、横浜画塾のこと、スケッチのこと、時事ネタ、美術全般のことアコースティックを中心とした音楽のこと、季節の移り変わり、おいしいもの、おもしろいところ…なんでも気づきのままに。


テーマ:

横浜画塾、毎週水曜日の午後は、

デモンストレーションデー。

 

 

雨に煙るニューヨークの街角を描きました。

空気遠近そのまんまの霞んだビル、道路に映り込むブレーキライト、空から道路に続く“光の道”・・・。 都会の喧騒と湿度100%の空気感を出せたらいいなぁ。

 

 

例によって下描きは最小限。

 

 

ビルの暗いところに絵の具を流し込みます。

 

 

徐々に前へ。車も描いて…

 

 

ディテールを描いて完成。

 

 

 

暗い面積が多いので、皆さん苦戦されていましたが、バルールができているので離れてみれば十分雰囲気は出ていますね。

 

 

 

 

 

お知らせ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

水彩手順トレーニング 実例 全スタイルとレッスン』    (グラフィック社刊)

 

    

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

『 水彩風景 プロの手順 - なにを・どの段階で描くか - 』    
(グラフィック社刊)    
B5(257mm×182mm) 112ページ(オールカラー) 定価;1,890円(本体1,800円)    
$塾長の日記

 

  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■出版記念 笠井一男 水彩画展 (予告)

2017年4月13日(木)~4月19日(水)

青山 ギャラリー コンセプト21

  

※2年ぶりの新刊を先行発売する予定です。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■キャンセル待ち受付中!
定員になり次第、締め切りとなります。
ご興味のある方はおはやめに!

    
 

詳しくは、㈱トラベルプラン  03-3561-5050  担当 田中さん・大隅さん まで

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■塾生募集!(若干名)

横浜画塾概要    
 

詳しくは、こちらにご連絡ください。

TEL; 045-942-7331    
Mail; info@y-gajuku.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の記事 『聞いてからやる?やってかから聞く?』 に関連して…
 

手順や光と影、空間、水平・垂直、目の高さ(パース)、錯覚や思い込みなどの注意すべきことについては、普段から“耳タコ”状態でお話しているのですが、それでもこんなやり取りが時々あります。 

 
講評会の時のひとコマ。 
 
笠井『この花瓶、ちょっと傾いてません?』 
 
塾生『え~、早く言ってくれればいいのに~。』 
 
笠井『わたしが全部指摘しちゃっていいんですか?』 
 
塾生『そのために来てるんだから、言ってくれないと。』 
 
笠井『え、そうなんですか?』 
 
塾生『“習い”に来てるんだから。』 
 
笠井『・・・ “学び”に来てるのでは・・・?』 
 
 
 
 
今年の画塾展(教室展)の合言葉は、“企んでますか?”です。(^^)/ ただ“写し取る”のではなく何か“企み”を持って描いてもらうようにたびたび「企んでますか?」と声をかけています。(笑)
 
 
最終的に、自分の価値観で判断しなければ面白くないですよね! 
 
 
【関連記事】 
 
 
 
 
 

お知らせ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

水彩手順トレーニング 実例 全スタイルとレッスン』    (グラフィック社刊)

 

    

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

『 水彩風景 プロの手順 - なにを・どの段階で描くか - 』    
(グラフィック社刊)    
B5(257mm×182mm) 112ページ(オールカラー) 定価;1,890円(本体1,800円)    
$塾長の日記

 

  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■出版記念 笠井一男 水彩画展 (予告)

2017年4月13日(木)~4月19日(水)

青山 ギャラリー コンセプト21

  

※2年ぶりの新刊を先行発売する予定です。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■キャンセル待ち受付中!
定員になり次第、締め切りとなります。
ご興味のある方はおはやめに!

    
 

詳しくは、㈱トラベルプラン  03-3561-5050  担当 田中さん・大隅さん まで

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■塾生募集!(若干名)

横浜画塾概要    
 

詳しくは、こちらにご連絡ください。

TEL; 045-942-7331    
Mail; info@y-gajuku.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 あなたは、何か行動を起こす時、事前に情報を摂ってから動き出しますか?それとも、まずは動き出して、その都度情報を参照しますか? 

 
先日の講習の講評会。みんな違って面白い。
この“晒す”機会は大変貴重です。自分は何をすべきか、確認するいい機会です。
 
 
私は、特に絵に関しては何か分からないことがあっても、やってから聞かないと本当の答えは出ないと思っています。
 
聞いてからやるということは、まだこれから経験することに対しての体感的経験値がゼロの状態なわけですから、情報を与えられても“ただの知識”としてしか入ってこないので、本当の理解はできないと思うのです。 
 
“事前に聞いた情報”は、いい意味でも悪い意味でも“先入観”や“思い込み”を誘発する格好の材料ですから、“直感”は阻害される可能性が高いわけですね。 いわゆるバイアスがかかるわけです。 
 
反対に、体感的経験をした後で入ってくる情報は、経験値とセットでより具体的に体感的に入ってくるので深く理解できるのだと思います。 
 
最初から成功を狙うのは虫が良すぎます。 『なにごとも失敗から』といってもいいかもしれません。 
 
情報ばかりが先行して行動が伴なわないのが今の風潮でもあります。 これだけ情報が氾濫している時代ですから情報先行になるのも無理もないことではありますが、体験、経験があってこそ情報も身にしみるのだと信じています。 
 
 
でも...  一方で、事前の情報にほんろうされ、“先入観”や“思い込み”に身を任せて実体験を楽しむというのもまた人の性ですよね。 
 
以前、記事で書いた映画“旅情”を観てからヴェネチアに行ったらきっとまた違った感想を持ったに違いないでしょうし、事前情報によって醸成された幻想が行動の原動力になることもまた事実だと思います。 
 
“先入観”や“思い込み”があるから人類は存続できるわけですし。ね。(^_^)v
 
 
 
 

お知らせ

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

水彩手順トレーニング 実例 全スタイルとレッスン』    (グラフィック社刊)

 

    

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■好評発売中!

『 水彩風景 プロの手順 - なにを・どの段階で描くか - 』    
(グラフィック社刊)    
B5(257mm×182mm) 112ページ(オールカラー) 定価;1,890円(本体1,800円)    
$塾長の日記

 

  

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■出版記念 笠井一男 水彩画展 (予告)

2017年4月13日(木)~4月19日(水)

青山 ギャラリー コンセプト21

  

※2年ぶりの新刊を先行発売する予定です。

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■キャンセル待ち受付中!
定員になり次第、締め切りとなります。
ご興味のある方はおはやめに!

    
 

詳しくは、㈱トラベルプラン  03-3561-5050  担当 田中さん・大隅さん まで

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++    
■塾生募集!(若干名)

横浜画塾概要    
 

詳しくは、こちらにご連絡ください。

TEL; 045-942-7331    
Mail; info@y-gajuku.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。