13日午前10時10分ごろ、奈良市春日野町の春日大社の表参道に、腹に矢が刺さったシカがいるのを通行人が発見した。財団法人「奈良の鹿(しか)愛護会」が麻酔をかけて保護、矢を抜き傷の手当てをした。春日大社などがある奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査している。
 同署によると、保護されたシカは体長約130センチ、体重約44キロの雌で、推定10歳。刺さっていたのは金属製のボーガンの矢のようなもので、長さ約52センチ、直径約7ミリ。腹に約24センチ刺さって貫通しており、途中で折れ曲がっていた。 

トランス脂肪酸、自主表示を=メーカーに通知へ-消費者庁(時事通信)
<水俣病>患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で(毎日新聞)
学士院賞に山中教授ら11人(産経新聞)
【from Editor】武道が求める境地とは(産経新聞)
<入管汚職>贈賄側に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
AD