23日午後8時15分頃、三重県亀山市川崎町の東名阪自動車道で、道路沿いの斜面が約30メートルにわたって崩落し、上り車線をふさいだ。けが人はなかった。

 県警高速隊の発表では、現場は亀山ジャンクション(JCT)付近で、復旧作業のため、同11時20分から同自動車道上り線の伊勢関インターチェンジ(IC)―鈴鹿IC間が通行止めになった。

 同高速隊は同日未明からの雨で地盤が緩んだとみている。気象庁によると、津市の24日午前0時までの24時間雨量は約120ミリだった。

彦根で人気 不思議なゲーム「カロム」をPR(産経新聞)
「誰でもよかった」パチンコ店で男性刺し死なす(読売新聞)
<伊達政宗>伊達政宗から18代目 18代目党首が茶摘み(毎日新聞)
【合縁奇縁】編集委員・岡部伸 「現代の明石元二郎」(産経新聞)
西日本大雨、土砂崩れで神戸電鉄が一部運休(読売新聞)
AD