Dr.ふなちゃんのブログ
この画像、何度かご紹介してきました。



Dr.ふなちゃんのブログ

象牙細管中に侵入した細菌の写真です。


Dr.ふなちゃんのブログ

虫歯やエナメル質が欠損して、


象牙質がお口の中に露出してしまったら、


象牙質は管腔構造なので、


細菌に汚染(感染)されてしまうので、


怖ろしいのです!


通常、健康な時は、


この象牙細管内にある象牙細管内液は、


神経方向から(内から)お口の中へ(外へ)と流れているため、


細菌が細管内に侵入する危険はほとんどありません。


しかし、


生体に(人間に)強いストレスがかかったり、栄養状態が悪くなったり、


甘いものばかり食べているなど、マイナスな要因があると、


象牙細管内液は逆方向に向かうため、


(つまり、お口の中(外)から、歯髄方向(内)へ)


細菌が細管内深くへと侵入してしまうのです。



Dr.ふなちゃんのブログ

そういうことを実験をして書かれた本がこれです。


アメリカの偉~い先生が書いた有名な本ですが、


英語版なので、日本では無名です。



では、

この象牙細管内に入り込んだ細菌を


どうやって取り除くか・・・・


日本の多くの歯科医は、


齲蝕検知液というのを使ってこれを取り除こうと試みます。


齲蝕検知液には2種類あって、


余計なところまで、つまり細菌がいそうにないところまで染め出し過ぎてしまう製品と、


細菌がいそうにないところは染めない製品があります。


前者は、赤く、後者は青のことが多いです。


どちらも基材に色素(食紅や食用青)を入れて浸透性を調整した製品で、


コラーゲン繊維などの有機物に色素が絡みつきます。


浸透度が調整されている・・・


つまり、どれくらいルーズなところに入り込めるか。。


http://www.j-tokkyo.com/2005/A61K/JP2005-263667.shtml


でも、


決して

細菌自体を選択して

染め出しているのではありません。


元々、細菌はふつう人間の目には見えません。(歯科用マイクロを使っても無理です。)



Dr.ふなちゃんのブログ


ていうか、細菌が見えたとしてもそれを選別して外科的に取り除く能力は


残念ながら

人間にはありません。




そこで、持続的な殺菌や消毒を行って

化学的に細菌を無害にすることが

必ず必要になります。


しかし、細菌を殺そうとすると、歯髄も刺激してしまうのです。


また、浸透力の話になりますが、


象牙細管の中には細管内液があるので、


そんじょそこらのものは、入っていかないことが知られています。

逆に圧を加えて入れちゃうと歯髄症状が出ますしね…




そこで、ドックベストセメントの銅イオンに活躍してもらおうっていうのが、


この治療法のコンセプトです。


昔から銅イオンの象牙質の殺菌作用はよく知られていましたから(カッパ‐セメントっていうのがある)


その濃度をうまい具合に調整して


歯髄に塗布しても大丈夫な濃度で徐放されるように


また、ミネラルをチャージしてルーズになっちゃった象牙細管の構造体を石灰化させることで


細菌を無毒化して最終的には殺しちゃって、


第2象牙質の硬い鎧で歯髄を守ろうという方法がこの方法なのです。



Dr.ふなちゃんのブログ
たぶんColgateのイメージ図とSEM画みたいな状態になってるんじゃないでしょうか?


これは、シミ止ですから、外側の細管をミネラルをチャージして封鎖しましたってことですが、


第2象牙質が作られて象牙質がカチンカチンになるって、


こういうイメージではないかと想像します。


(実際の図や画像が欲しいですね。


日本の大学や研究施設が研究してくれればいいのですが…)




臨床では、数か月ドックベストセメントを塗布しておくと、


まさにカチンカチンな状態

になってます。


一瞬エナメル質か??って思っちゃうくらいガチにカチンカチンになってます。





で、こうなれば、もう安心ってわけで最終充填を行って終了です。


全ての処置で麻酔なし、痛みなし、機械でのガリガリゴリゴリなしです。



歯の歯髄が生きているってことは、歯が生きているってことですから、


虫歯を一気に取り除いて抜髄するのとは


歯自体のもちがまるっきり違ってきます。



あなたは虫歯治療、どの方法でしてもらいたいですか?


過去のブログも参考にして考えてみてください。

http://ameblo.jp/funahashishika/theme-10057441883.html


他の歯科医師の評価は、

http://www2.ha-channel-88.com/bbs/kiji.php?no=199009




日本未認可製品ですから自費治療になります。


なお、ドックスベストセメントと言っていましたが、名称をドックベストセメントに統一しましょうというお話がありましたので、訂正しています。


英語ではDoc's Best Cementですから、ドクターが選ぶベストなセメントの意味が込められていということです。(英語の発音は、日本語表記しにくいですからね)









AD

みなさん、すでにもうよくご存知ですよね?



Dr.ふなちゃんのブログ

TBSテレビ「これが世界のスーパードクター」2011年3月22日放送


「削らない痛くない虫歯治療」
虫歯を殺菌ドックベストセメント

このセメントは銅の殺菌硬化により
虫歯菌を殺菌して歯を無菌化します。

歯を削る量を少なくでき(削らない虫歯治療)、
麻酔も不要で、
痛みが少なく、
治療回数も少ないのが特徴です。


弱った歯をいじくりまわさずに持続的に殺菌できるので、歯の神経を抜く必要がなくなります。
ですから、いつまでも歯は、生きたままでOK!
次第にに自らの力で回復してくれる素晴らしいセメントです!

虫歯の治療だけでなく、歯の根の治療、知覚過敏治療にも使用可能です。


Dr.ふなちゃんのブログ
治療法はいたって簡単!
虫歯や神経を刺激しないように、気を付けながらこのセメントを塗って、
1年ほっとくだけです!(^^)!

Dr.ふなちゃんのブログ 少しだけ汚れを取って、

Dr.ふなちゃんのブログ ペタペタとふたをするだけ!

Dr.ふなちゃんのブログ
この先生が、スーパードクターと言って、TVで紹介された先生。
埼玉の小峰歯科医院の小峰先生。

日本に、このセメントを導入した先生です。




Dr.ふなちゃんのブログ
例えば、こんな虫歯があったとします。(A、B)

ふつうの治療ならば

エナメル質をまず削って、ボコッと大きな虫歯が見つかったら(C)、

見逃すことはできないので、

できるだけ、丁寧に軟化象牙質を取りのぞきます。

軟化象牙質を取り残してしまうと、予後が悪いので、

染め出し液なども用いて、徹底的に取り除くのが普通です。

この処置は、ふつうは、痛みがあるので、麻酔して行うことになります。

染め出し液を用いて徹底的に取ろうとすればするほど、

神経に近づくので、虫歯が大きいと、処置の途中で露髄してしまい、(D)

抜髄処置を行い、神経を殺してしまい、結果的に歯の生命線を立つことになる可能性もあります。

麻酔も軟化象牙質の削除(取り除き)も、歯には相当なストレスになりますから、

もしも、神経が残せたとしても、虫歯治療後、時々疼いたり、痛みが出ることもあり、

そういう時は、様子を見てズキズキ痛むようなら、改めて抜髄しましょうということになることもあります。

こういう場合は、マイクロスコープを使っても使わなくても同じような結果になります。
Dr.ふなちゃんのブログ

ところが、このドックス ベストセメント
を用いると、


処置の方法も、結果も
全く異なったものになります。


Dr.ふなちゃんのブログ
軟化象牙質を残したまま、
お薬を塗って、フタをして終了!


無痛!無麻酔!無削除!で、
歯に優しい!

Dr.ふなちゃんのブログ
しかも、

ミクロな象牙細管に入り込んだ細菌まで1年たつ間にきれいに殺菌してくれるので、


これまた、素晴らしい!

Dr.ふなちゃんのブログ

Dr.ふなちゃんのブログ

Dr.ふなちゃんのブログ
象牙細管に封入された細菌
(軟化象牙質にまでなっていない場合、染め出し液を使っても見つけることはできないので、取りきれない(>_<)拡大鏡(マイクロスコープ)と、この電子顕微鏡では、倍率がまったく違ってますからね。。。)

つまり、一度細菌感染した歯には、人間業ではとりきれない細菌が必ず潜んでしまうので、
化学的洗浄や、機械的洗浄、消毒を行う必要があるが、
弱っている歯髄にダメージを与えることなく、殺菌するには、
ドックス ベスト セメントが最適で、1年程度の期間が必要というわけ!

なぜか、日本の歯科医は、このミクロの世界のことを患者さんに説明しない・・・

アメリカでは、一般的な歯の本にも載っている常識なのに・・・

ま、これを取り除こうとしたら人間業では無理なので、
今までは説明してもどうしようもないと思って省略しちゃってたとか…


それって、どうよ~~~~!

治したはずの虫歯がいつまでもすっきりしなかったり、

なんだか、疲れたら、歯が痛む…ならば、


取り残された細菌が毒素を出している可能性があるのかもね・・


Dr.ふなちゃんのブログ
Ralph Steinmanと、John Leonoraの共著には、

歯には、常に体内から歯髄→象牙質→エナメル質→口腔へと、

一定方向への流れがあることが実験で確かめられている。

つまり、万が一、歯の中に細菌が入っちゃっても、

ふつうならば、排出されたり、あるいは、歯髄からどんどん遠ざかってくれるそうだ。

(ネズミでの実験)

ところが、

強いストレスがかかったり、砂糖(甘いもの)が好きだったり、飢餓状態のように栄養状態が悪いと、

この流れが止まったり、逆流してしまうことがわかっている。

(ついでに歯科で麻酔したときも)

(耳下腺ホルモンがこの流れを管理しているそうだ)

だから、

体調によって、虫歯が急に痛くなったり、ズキズキしたり、おさまったり、

急に虫歯がいっぱいできちゃったり、

穴も開いてないのに歯髄が死んだり・・・

そういう一見不思議なことがおこってしまうのだって。。。。

みなさん、食生活には、気を付けよう!

長~くなったが、虫歯の治療に、ドックス ベスト セメントを
お勧めする理由がわかってくれたかな?

保険適用ではないし、厚生省の認可もおりてない治療法なので、

この治療法を選択すると、修復物まで自費治療になってしまうんだけど、

導入している医院では、この治療法はとても人気がある。

日本でまだ5%程度の歯科医院しか導入してないそうだけど、

あなたのお近くの歯医者さんがもしも導入していたら、

絶対おススメしちゃいます(^^)/


ペタしてね 読者登録してね


TBSテレビ「これが世界のスーパードクター」で、
虫歯を殺菌して治すドックベストセメント治療が紹介されました。

Dr.ふなちゃんのブログ
ドックベストセメント(Doc's Best Cement)はアメリカで開発された銅の入ったセメントです。
AD

●虫歯を治したはずなのに、歯がしみる!

●歯医者に行って削られてから、歯がズキズキ痛くなった!

●小さな虫歯だと思って歯医者に行ったら、ものすごく歯を削られた!

●詰め物の下から虫歯になっていた!

●体調が悪いと歯がしみたり、痛む!

●虫歯になってなかったのに、神経が腐って歯が死んでいた!

●神経を取った歯が、弱くなって折れちゃった!

・・・・・・・・・



などなど、歯医者さんの治療を受けたくなくなる原因って、

数えられないくらいたくさんありますよね(>_<)


虫歯がズキズキ痛むまで歯医者さんに行きたくない!って方、


お気持ちよ~くわかります。

冷たいものがしみても、しばらくほおっておくと治っちゃったという経験をお持ちだったら、


なおさらですよね(^_^;)


日本で行われていた今までの虫歯の治療は、



実は、欠陥治療だったのです(゜-゜)


と、言い切っては



歯医者仲間から、激しいバッシングを受けるので、



ほどほどの表現にしておきますが・・・・・




さて、みなさんは歯の構造はすでに勉強済みですよね?


わかんない~と言う方は、

ココを見て復習してください

http://ameblo.jp/funahashishika/entry-10982554729.html#main



じつは、アメリカの生理学者と免疫・細菌学者が、


ある実験をして、


様々な謎を解き明かしてくれているのです。


それは、腸(もちろん実験動物はネズミです)に入れた蛍光色素が


6分で歯の神経を通って象牙質で観察され、


1時間でエナメル質から口腔内に出てくるというものです。


なんじゃ?そりゃ?と思ったでしょ?


つまり、


歯に一定の液体の流れがあるということが分かったのです。


それも、内側から外側に向かって!


つまり、歯が細菌感染していても内から外に向かって流れがあるので


神経には届かないので大丈夫ということがわかるのです。


が、



ココが恐ろしいところで、


ストレスや、栄養失調、蔗糖の摂りすぎ、歯の麻酔などが行われると、



なんと!その液の流れが逆流してしまうというのです~~~~!


コワ~いでしょ?


でも、これで、ほとんどの歯科のトラブルが解明されたわけです。


つまり、


象牙細管に侵入してしまった細菌君たちは、


http://www.google.com/search?hl=ja&cp=31&gs_id=1gl&xhr=t&q=biofilm+infected+dentin+tubules&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.r_qf.&biw=2425&bih=1215&wrapid=tljp1344764663966060&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=L3snUNrhIPDvmAWQx4DYBA



Dr.ふなちゃんのブログ


ふだんは、外へ外へという流れがあるので、


歯に痛みやしみるということを引き起こすことはないのですが、


体調が悪かったり、ストレスを感じていたり、



甘いものばかり食べていたり、

歯を削るために麻酔をしたり歯を削られると、



神経方向への流れが出来ちゃうから、



それによって、神経に到達し、



下手すりゃ~、歯髄症状を引き起こしてしまう=歯がしみる、歯が痛む、ズキズキする・・・


というわけ。


これをDental fluid transport(象牙質流体輸送)といい、


Ralph Steinman/Jhon Leonoraにより解明されているアメリカでは結構メジャーな話なのです。

(日本になぜ入ってこないかって?

これがメジャーになったら歯科の保険制度が崩壊しちゃうからかな?)

http://www.copalite.com/Dentinal%20Tubular%20Flow%20and%20Effective%20Caries%20Treatment-%20revised.htm


だから、歯の最強の鎧であるエナメル質は、絶対に守らねばならないし、


(エナメル質は構造上、細菌が通れないんだよ(*^_^*))


象牙質が感染しちゃったら、きちんと象牙細管に潜んでいる細菌はちゃんと殺しておかなければならないし、


そのために最適な治療法がドックスベストセメントという選択になるのは、


当然なんだよね!


新幹線に乗ってこの治療を受けるために来られる患者さんもいるくらいの


最強の治療法です。


しかも、麻酔なし、全く痛くない、細菌はちゃんと死ぬ!


最強の治療法です!(^^)!

なんでかって?


また、今度、詳しく解説しますね)^o^(


ペタしてね 読者登録してね

AD