正々堂々とどこからでも掛かって来い。


その為に最初から自分の全てをOPENして


自分の名前で、自分の言葉で、ブログを


書いているのだから。


人は時に正しい喧嘩はやらなければならないと思います。


喧嘩を避けてもめ事を避けてばかりでは


ろくな大人になれないし、ろくな世の中が出来ません。


言うべき意見は言うべき主張はみなするべきだと思います。


思っている事を発言しない人間も嫌いです。


そういう人にも頑張って前進して欲しいと思います。


しかし最悪なのは自分の体を存在を完全な安全地帯に


隠しながら、人として許される事のない誹謗中傷を


ただ乱暴に不特定多数の人間に書き付ける馬鹿者が


こんなに多いという現実に衝撃を受けます。


2ちゃんねるという存在を知ったのはもうかなり前です。


あまりにもヒドイ、最低な文面を1度見ていらい


アホとネガティブが移らないように、奴らと同化しないように


まずは目に触れないようにして来ました。


きっと良いコミュニケーションを図っているものもたぶん


中にはあるのだろうとは思います。


しかしそれを全てぶち壊すくらい最低最悪の奴らは


きっと自分の最低さにすら気付かなく本当に酷い事を


書き込んでいるのをたまたま見てしまい怒りに体が震えます。


人間としての根幹の部分で異常な発言が


あまりにも普通に展開されています。


自分が誰かわからなければあんな事まで書けるように


なるのでしょうか?実際になっている奴があんなにいると


いう事がショックでなりません。


文句があれば堂々と言えば良いと思います。


最低条件は顔と名前を名乗る事です。


外的な大きな負荷が掛かりもしもそれが無理な状況で


初めて匿名での発言というモノが世の中では認められるのだと


思います。2ちゃんねるの中にいる最低な奴らは


悪気なく、甘えた環境を利用して、ずるく、かっこ悪く、


心無く、必要も無く人を傷つけています。


このままで良い事は絶対にない。


日頃絶対と言う言葉を使わないように生きていますが


これだけは絶対に許せない事実です。


私は、いくつになっても私の意見主張を堂々と


いつでも何処でも発言できる人間であろうと思います。


私の近くにいる人にもそうなって欲しいと切望しています。


同様にちゃんと人の話が聞ける受け入れる事が出来る


人間であろうと思います。



許せる事と


許せない事がある


そして許しちゃいけない事がある


たまたま見てしまった私の大好きな方に対する


最低な奴らの誹謗中傷を目にして


                     人間  藤本孝博



私はその一人ひとりを許さない


文句がある奴は堂々と掛かって来い


いつでも受けたる








AD