富士美薬局のま~先生のブログ(埼玉県入間市・西武池袋線・武蔵藤沢駅前)

病気への不安を本気で取っ払いたいアナタが、ゆっくり相談できる子宝不妊と漢方薬の専門店

心と体を元気にして、アナタを益々輝かせるお手伝いをします!!


テーマ:

最近、子宮筋腫についての

ご相談をいただくことが多いので

少し書かせていただきます。

 

まず、子宮筋腫は筋腫のできた場所によって

①漿膜下筋腫

②粘膜下筋腫

③筋層内筋腫

に分類されます。

 

ご相談くださる女性のお悩みの多くは、

手術をすすめられているが、

実際に手術に踏み切るべきかどうかという点です。

 

なるべくなら手術は避けたいと思う女性も

当然ながら多いです。

 

痛みが軽い場合は、考える時間を取れますが、

毎日、痛みが辛くて…という女性の場合は、

どうしたら良いか悩むお気持ち、よく分かります。

 

手術には、

子宮そのものを取り除く子宮全摘術と

子宮を温存して筋腫のみを取り除く子宮筋腫核摘出術とが

あります。

 

私は医師でありませんので、

詳細に関することは書きませんが、

大きさや筋腫の場所、妊娠希望の有無などによって

どちらの手術にするか決定されます。

 

また、手術の方法も、

開腹、子宮鏡、腹腔鏡などがあります。

 

開腹により子宮全摘術を医師よりすすめられた場合、

なぜ、子宮筋腫核摘出術でなく子宮全摘術なのか、

なぜ、子宮鏡や腹腔鏡でなく開腹なのか、

医師の説明により患者様が納得できることが大切です。

 

女性の象徴でもある子宮がなくなってしまう訳ですから、

肉体的な負担のみならず精神的な負担も考えられますので、

尚更のこと、手術後においても

この選択で良かったと思えるよう、

納得した上で臨むことが大切だと思います。

 

万が一、医師からの説明に疑問を抱いたり、

納得できない部分がある場合は、

セカンドオピニオン等をお考えいただくと良いと思います。

 

もう一度、申し上げます。

大切なのは術後に、この選択で良かったと思えるよう、

出来る限りのことをしたうえで手術に臨むことだと思います。

 

子宮筋腫でお悩みの女性と医師が

信頼関係で結ばれることが一番だと思います。

 

 

いつも応援クリックあがとうございます!!

今日もポチっと、お願いいたします!(^^)!

↓↓↓

富士美薬局を利用いただいているお客様の多い地域

入間市・狭山市・所沢市

川越市・飯能市・日高市

青梅市・羽村市・あきる野市

東大和市・立川市・西東京市

東久留米市・練馬区・豊島区

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ま~先生(埼玉の漢方薬剤師)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。