Freemanの音楽・政治ブログ

音楽・政治関連のことを気が向いた時に
気が向いただけ書くという適当なコンセプトのブログですw


テーマ:
実は米韓FTA以外でも、不平等な
貿易協定によって、その国の農業が
崩壊した例があるんです!!


こういう例を知っていれば、TPP交渉で
全ての品目を載せるってのは危険なことだってのが
すぐに分かると思うんですよ。
今回はそんな例を紹介しようと思います。

まずは↓の記事をどうぞ。
http://news.livedoor.com/article/detail/6345092/

以下、転載です。
_______________________________________________________

メキシコ 農民72%が経営破綻/“北米自由貿易協定の影響”

2012年03月07日09時25分

提供:しんぶん赤旗

【メキシコ市=菅原啓】発効から18年を経た
北米自由貿易協定(NAFTA)によって、
メキシコの農民の72%が経営破綻に陥っている―
メキシコ国立自治大学の学際分析研究所は、
このほど発表したNAFTAによる国内農業への
影響に関する調査報告書でこう指摘しました。

報告書は、米国からの農産物輸入が増加し、
国内農業に対するメキシコ政府の支援策が
不十分であるために、2900万人以上の農民が、
懸命に働いても、生活維持に最低限必要な物資を
購入できない状況にあると分析しています。

報告書はまた、右派政党の国民行動党(PAN)が政権につき、
新自由主義的な政策がいっそう推進された
2000年12月以降の約11年間に注目。
この期間だけで、農民の実質収入は
購買力で換算して42%も低下しています。

1994年1月のNAFTA発効当時、サリナス大統領ら推進派は、
同条約によってメキシコが後進性を脱して進歩に向かい、
先進国の仲間入りを果たすと宣伝していました。

今回の報告書について、経済コラムニストの
フェルナンド・ベガ氏は3日付の日刊紙ホルナダの論評で、
先進国に近づく「魔法のチケット」や
「(約束された)天国はどこへ行った」と問い掛け、
「NAFTAの18年間、それは無に等しい」と厳しく批判しています。
_______________________________________________________


こういう記事を出すのに関しては
赤旗はいい仕事するんですw


北米自由貿易協定、またの名を
NAFTA(North American Free Trade Agreement)は
1992年に署名され、1994年に発効となった、
アメリカ、カナダ、メキシコの3か国における
自由貿易協定なんです。

で、この協定には今まで自分が解説してきた
TPP条文解説シリーズ、米韓FTAシリーズでも
何度も出てきているISD条項(アメリカなどの民間企業が
別の加盟国政府を訴え、お金をむしり取る条項)が入ってるんです。
これによって、アメリカと比べて経済的に格差のあるカナダ・メキシコは
大分大変なことになっているわけです。


ここからは今回の記事に関する本題に入ってくるわけですが、
↓のNAFTAに関する英文のwikiを見ると、大変な事実が分かるんです。
http://wiki.dickinson.edu/index.php/NAFTA:_Economic_and_Environmental_Impact_on_the_U.S._and_Mexico

以下、原文と自分がつけた日本語訳です。
_______________________________________________________

In terms of its agriculture-trade relationship with Mexico,
in the years prior to the agreement,
U.S. exports to its southern neighbor were in a downslide.
However, after the introduction of NAFTA
the trend was reversed and in 2007
72% of Mexico’s agricultural imports came from the USA.
(メキシコとの農業貿易による関係という点において、
NAFTAが発効される前の年には、アメリカのメキシコ向けの輸出は
低下していたが、NAFTAが導入されてからは
その傾向は逆転し、2007年にはメキシコの農業関係の
輸入の72%がアメリカからのものになっている。)
_______________________________________________________


つまり、関税撤廃やISD条項を認め、
農業を含めた全品目を解放した結果、
メキシコの農業は壊滅状態になったわけです。


でまあ、壊滅状態になったメキシコの元農家の方たちは
何と麻薬を作って、アメリカに輸出することで
生計を立てているという
状況が生まれてしまったんですね。
↓の英文記事やまとめにその辺りの経緯が詳しく書いてあります。

http://www.siliconv.com/trade/tradepapers/drugs.html
http://kabetira.seesaa.net/article/232681228.html
http://democracynow.jp/video/20080731-2

これによって、麻薬による犯罪率が上昇し、
麻薬ギャングが横行、警察もろくに機能しなくなっているのが
現在のメキシコの姿なわけです。
つまり仮にTPP交渉に参加する場合、ISD条項や関税撤廃を外さず、
全品目を乗せてしまったら、メキシコのように日本の元農家の方が
麻薬生成をする可能性だってゼロではないわけです。
日本がメキシコのように、麻薬国家になってもいいなら、
それはそれで構いませんけどねw


NAFTAについては↓にて
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/keizai/nafta.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E7%B1%B3%E8%87%AA%E7%94%B1%E8%B2%BF%E6%98%93%E5%8D%94%E5%AE%9A

もし今の政治がちょっとおかしいなって思う方は、自分がメインで参加している
政治系SNS、SNS-FreeJapanへのご登録をよろしくお願いします。
↓からどうぞ。

http://www.sns-freejapan.jp/

自分の記事を気に入って下さって、これからも読みたいという方は
↓をクリックして頂けると大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Freemanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。