こんにちは^^

日本ホロソフィー協会J.O(スタッフ)の塚田です。

 

セミナー告知の続きです。

 

 

5月28日(日)

日本ホロソフィー協会主催セミナーを開催させていただきます!

 

東京で開催され、マニアックな内容でありながら、

大人気だった「「三位一体(body-mind-sprit)の繋がりについて〜中医学や解剖学からホロソフィー的に〜」がついに名古屋で開催されます!!

✳︎9時30分〜11時30分 (予定)
お母さんに聞いて欲しい「皮膚」のお話
¥7,000

✳︎12時30分〜16時30分 (予定)
三位一体(body-mind-sprit)の繋がりについて
〜中医学や解剖学からホロソフィー的に〜
¥20,000

 

 

---------------------

昨年から、

「魂」が望む本当の生き方

 

という言葉をよく目にするようになってきました。

星詠みが好きな方はもう日常的なことだと思いますが。

 

私自身、

自分と向き合う、という作業をしながら、

会長、副会長のもとホロソフィーを通して、

施術や生き方を学ぶ中で、より強く感じてきた「身体、心、魂」の繋がり。

 

 

そして、

セラピストとして目の前の人…生命と向き合う時、

やはりここを抜きにして施術はできないなと思うのです。

 

 

身体と心の繋がりはみなさんもよく感じることがあるかと思いますが、

「魂」というものは、私にとってはあまりに壮大で。

 

こういう内容はなかなか言葉にするのが難しいのですが、

二人の手にかかれば、それはもう(笑)

わかりやすく楽しいに決まってる❤️と確信しております。

 

セラピストの方はもちろん、

一般の方も生き方のヒントになるのではと思います。

 

 

東京で招致をしてくれている藤原茜さんのブログから抜粋させていただきますね

 

↓↓↓

三位一体・身体と心と魂というものはどう繋がっているのか

中医学、チャクラ、量子学、解剖学、生理学など色んな繋がりを合わせ持つ人間の身体

 

構造と感情、そして核となる魂というものは

どのように影響するのかをお伝えします。

 

 

オステオパシー、東洋医学、徒手療法、運動療法、食事療法などの医学や、解剖学、生理学、運動学、胎生学、発達学、量子学など、様々な要素をつなぎ合わせた「ホロソフィー」という視点からのお話をお届けします

 

〜中壽賀会長よりメッセージ〜
{8A8522D2-201C-4741-A207-966799746989}


「身体はただの肉体じゃなく、そこには心や魂が存在している。」
何となく、感覚的に皆さんわかっていることだと思います。
私はかつて身体を作っている組織(骨、筋肉、内臓、血管、神経、リンパ、脳など)は別々に存在していると思っていました。
でも、当然一人の人間はこれらの組織が別々になっている訳ではなく、
全て繋がっていて、
助け合って働いてくれているので生きています。
これを探求していくにつれ、
その奥にある「心」や「魂」にも私は自然と興味を持っていきました。
ただ、目に見えないものだけに、
「そこだけ」を言ってしまうと怪しいオカルトになってしまいがちです。
しかし、「身体の組織と一緒」で、
「身体」「心」「魂」も別々のものではなく、
一人の人間の中に存在している一つのものです。
これを別々で捉えるのではなく、
「どの様に身体と繋がっているのか?」
がわかれば、人間を見るということについて奥行きが更に広がります。
そして、改めて
「身体は完璧なんだ。」
と実感して頂けると思います。
身体を触るお仕事(セラピストや施術家)の方はどうしても「身体」「心」「魂」の見方が得意な方に偏りがちです。
でも、大切なのは三つのバランスなので、
是非セラピストや施術家に聞いて頂きたい内容です。
もちろん、その辺りに興味のある一般の方もどうぞ。
少しマニアックですが、面白い講座になると思います。
僕と副会長(特に副会長)が得意な分野です。
良かったらご参加下さい。

 

 


〜岩田副会長よりメッセージ〜

私達がこの講座をなぜやろうかと思ったかというと、
今はまさにスピリチュアルブームといいますか、
現代の様々な問題に対して目に見えないとされるものの存在を活用しないと!といった風潮があります。
身体においても、人間関係や環境においてもそのような
考えが浸透しているようになっています。
そうなってくるとマインドやスピリットといった部分に
焦点が集まります。
それ自体はいいことなのですが、
今一度「三位一体」という考え方をしっかりと落とし込んでいただきたいと思ったのです。
今ある現状や身体の問題の原因を
スピリチュアルな物だけに求めるのではなく、
「全てで一つ」という根本的考え方に立ち返っていただきたい。
そんな思いから、私たちが施術家として、
身体を見つめてきた者としてどのように三位一体をとらえるのか。
それを聞いていただきたいと思ったからです。
この機会を通して「人」を一人の生命体としてみるきっかけに
なっていただきたいと思います。
今回の講座は、世の中にあふれて自走しすぎている様々な
考え方を「人」という存在でつなげていく。
そんな内容になります。
この内容が腑に落ちれば何より自分自身の「人」との
関わり方がとっても楽になります。
一般の人はもちろん、今このつながりでモヤモヤしている
セラピストの方々に聞いていただきたいです。
施術やセラピー、ワークなどの捉え方が変わります。
「身体を知って半人前スピリチュアルを知って半人前
それをつなげて一人前」
身体だけでもスピリチュアルだけでもない全てで一つ。
それが分かるきっかけになると思います。
「人」を複雑に考えるのではなく、「人」こそ純粋に
シンプルなものだと思えるようになります。
皆さんにお会いできる事楽しみにしております。

 

 

 

【セミナー概要】

日時:2017年5月28日(日) 12時40分〜16時40分 (予定)

場所:名古屋駅周辺を予定
※詳細はご入金確認後にお知らせします。

講座代金:20,000円(税込) ※事前振り込み制                                                                
講座内容:
◎「身体は魂の入れ物」その意味は?
◎感情と内臓は○○を介して関係する
◎なぜ性格によって異なる病気がでるのか?
◎「マインドを変える」はそもそも間違い?
◎波動・振動・思考はどう身体に作用していくのか? など

講師:
ホロソフィー&オステオパシー施術院「奏」院長
日本ホロソフィー協会 会長 中壽賀宣行 

オステオパシー施術院「H.O.O」院長
日本ホロソフィー協会 副会長 岩田浩和 

《お申し込み》
ただいま準備中 4月8日(土)午前8時に募集開始                                                                  
AD