古墳探訪記

関東を中心に小さな街のちょっとした発見(古墳、坂、崖、神社、寺院など)を取り上げていきます。

NEW !
テーマ:

東日本第2位の大きさを誇る古墳が石岡市にある舟塚山古墳です。(第1位は群馬県太田市の天神山古墳)もちろん茨城県内最大の古墳。

↑舟塚山古墳   右手が「前方」、左手奥が「後円」

 

 

 

ちゃんと駐車場があります

 

 

 

↑解説文

墳長は186メートル、高さ10メートル、前方部の幅が100メートルもある5世紀前半築造の前方後円墳。

 

 

 

↑左側の木があるところが「後円」、鹿島神社となっています。

 

 

 

 

↑「後円」部は鹿島神社

 

 

 

↑社殿、もちろん御朱印とは無縁の神社。しっかりとお参りしたあと、社殿左手の道を登って後円部墳頂へ。

 

 

 

↑「後円」から「前方」を臨む。まるでゴルフ場?と思える広さ。

舟塚山古墳のすぐ北側には「石岡市茨城」という地名があります。現在の「茨城」県の由来となったところ。

 

律令体制下の常陸国が成立する以前、このあたりは茨城国(当時は「うばらき」と呼んでいたはず)。その茨城国の中心であったのが現在の石岡市。後の常陸国の国府も現在の石岡市に置かれました。

 

 

 

↑「前方」から「後円」を臨む

古事記や日本書紀にも出てくる天津彦根命(あまつひこねのみこと)の孫、筑紫刀禰(つくしとね)が、応神天皇の時代に茨城国造と任じられたということから、この舟塚山古墳の被葬者は筑紫刀禰という説があります。ちなみに「筑紫」と言えば北九州の地名を想像してしまいますが、筑波山から取ったものでしょう。

応神天皇の時代は西暦に換算すると、ちょうど西暦400年前後の頃の在位なので、ミスマッチはしていません。

 

 

↑整備されすぎて埴輪の破片は見つからないかと思いましたが、意外にもけっこう見つけられました。

 

 

 

↑3段築成というのがわかりますね

この舟塚山古墳は木もほとんどないので、とにかく大きい!という印象をもちます。

 

 

 

↑舟塚山古墳の陪塚2基、「後円」近くにあります。たぶん舟塚山古墳群13号墳と14号墳。

次回は府中愛宕山古墳について

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士見塚古墳群をあとにして車向かったのは太子古墳です。住所は安食(あんじき)、小字が太子・・なんだかすごい住所です。

↑太子古墳

墳丘が残っておらず、石室のみということは前もって知っていましたが、これほど道路際にあるとは!!正直驚きました。

 

 

↑解説文

以前は墳長60メートルほどの前方後円墳。大正時代に朱の赤紋が多数描かれた装飾古墳として発表されたそうです。地元の人は「太子のカロウド」と呼んでいると表記されています。

 

カロウド→唐櫃のこと。以前も牛伏4号墳の別名が「唐櫃塚古墳」と記しています。牛伏4号墳は「からうど」。

 

唐櫃:からびつ、かろうど、からうと、からと・・いくつか読み方がありますが、脚が付いた櫃のことを唐櫃と表記します。かぶせ蓋がついた箱のことを櫃(ひつ)といいます。一番有名なのは、ご飯を入れる「お櫃」ですかね。

 

遺骸を納める棺も脚がついていれば「唐櫃」です。亡骸(なきがら)の「がら」は、唐櫃の「唐」が語源という説もあります。ちなみにお墓の下、お骨を納める空間は「カロート」ですから、これも「唐櫃」から来ていますね

 

古墳探訪にハマってから日本各地の古墳の名称、色々調べていたら「唐櫃」という名前が付いた古墳がいくつかあることに気がつきました。墳丘の形状を現しているというより、石室もしくは石棺を表現しているのでしょう。

 

 

↑中に入る勇気はありませんえーん2遺体分の骨が発見されたそうです。

 

 

 

↑丸い文様は見当たりませんが、「朱色」がところどころに見られます。

 

 

 

↑右側の入口側にあったもの、これが「朱の丸紋」なのでしょうか?

 

 

 

↑右奥の様子

 

 

 

↑左奥の様子

 

 

車太子古墳を訪れる前に野中1号墳、笹塚1号墳と古墳2基を見に行きました。それらは後日取り上げます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

富士見塚古墳公園内には整備された古墳が3基。昨日アップした富士見塚古墳(1号墳)のすぐ隣には富士見塚古墳群2号墳があります。

↑富士見塚古墳群2号墳  富士見塚古墳(1号墳)から

 

 

 

↑富士見塚古墳群2号墳の解説文

 

 

 

↑富士見塚古墳群2号墳

直径約25メートル、高さ約5.1メートル、1号墳と同じ5世紀末~6世紀初頃築造の円墳。

 

 

 

↑富士見塚古墳2号墳、右奥が1号墳。こう写すと前方後円墳のように見えますね。

 

 

 

 

 

 

↑富士見塚古墳群3号墳  2号墳の東隣

 

 

↑富士見塚古墳群3号墳の解説文

 

 

↑富士見塚古墳群3号墳

直径約18メートル、高さ約4.5メートル、6世紀後半築造の円墳。石棺の中から副葬品だけでなく、女性の人骨が見つかっています。

 

富士見塚古墳群3号墳の東側に小さなマウンドがあり、おそらく4号墳なのですが、なぜかデジカメのフォルダ内に撮ったはずの写真が残っていませんガーンどうしたんだろ・・えーん

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の平日休み、寒波が南下+強い風が吹いている中車霞ヶ浦周辺の古墳を見に行ってきました。最初に訪れたのは富士見塚古墳です。

↑富士見塚古墳  右手前が「前方」、左手奥が「後円」。古墳公園になっています。

 

 

↑県道118号線沿い

 

 

↑富士見塚古墳公園展示館

無料で入れます。平日の午前中に訪れる人はさすがにいないようで、管理人の方・・ウトウトされていましたあせる他の資料館や文化財埋蔵センターでも経験がありますが、自分で電気をつけての見学。発掘された埴輪などが展示されていました。富士見塚古墳群は建物裏の階段を登った先、自然堤防(段丘)上です。菱木川と霞ヶ浦に挟まれた高台。

 

 

↑富士見塚古墳公園の駐車場、今回利用したタイムズカーシェア、軽自動車がなかったので、コンパクトカーをちょい借り。ホンダのフィット。

 

 

↑富士見塚古墳  右側奥が「前方」、左手前が「後円」

 

 

↑解説文

墳長80.2メートル(解説文)、高さ11.5メートル(墳長と比べて、高さが目立つ古墳)、5世紀末~6世紀初頃築造の前方後円墳。

 

 

↑「後円」から「前方」を臨む

 

 

↑「前方」から「後円」を臨む

 

 

↑墳頂から臨む霞ヶ浦

遮るものがないので、ものすごい風でしたガーン私くらいの世代だと、霞ヶ浦→汽水湖というイメージが強いですよね。現在はほぼ淡水だそうです。

霞ヶ浦を取り巻くように古墳が数多く築かれているので、当時は水運が発達した大きな経済的拠点になっていたのでしょう。ちなみに、古墳時代の頃の霞ヶ浦は海水とほぼ同じです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

稲荷前古墳群をあとにして車次に向かったのは馬絹古墳です。

↑馬絹(まぎぬ)古墳

 

↑解説に力を入れたようです

 

直径33メートル、高さ4.5メートル、7世紀後半の円墳です。石室は9.6メートルの長さ。

 

↑馬絹古墳 柵があって近寄れません。駐車場もありませんので、車で行かれる際はご注意を!

 

 

 

 

車続いて訪れたのは高津区梶ケ谷第三公園内の西福寺古墳です。ここも駐車場はありません。

↑西福寺(さいふくじ)古墳

 

小さい子どもと、若いお母さん方がたくさんガーンデジカメを手にした40代半ば、ちょっと太めのオジサンがウロウロ・・びっくり不審者に思われないものか・・とえーんヒヤヒヤしながら墳丘を写していましたあせる

 

↑解説文

直径35メートル、高さ5.5メートル、6世紀中頃~後半築造の円墳。

 

↑矢上川左岸の段丘上です。やはり眺めはいいですね爆  笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、タイムズカーシェアで車軽自動車をちょい借り。横浜市・川崎市の古墳を少し巡ってきました。

↑稲荷前古墳群16号墳

 

最初に訪れたのは横浜市青葉区大場町にある稲荷前古墳群です。前もってGoogleマップでもチェック。横浜上麻生道路沿いに稲荷前古墳群の駐車場もあることを確認した上で車行ってみたところ、崖の補強工事とかで駐車場は利用できない状態ガーンやむを得ず、近くのコ○ビニに車を停めての訪問です。

 

↑こんな階段の上にあります

 

↑稲荷前古墳群15号墳 

階段を上がってすぐ。一辺が約12メートルの方墳。5世紀の築造。

 

 

↑稲荷前古墳群15号墳の墳丘より、眺めは抜群です

 

 

 

↑稲荷前古墳群16号墳 「前方」部から「後方」部を臨む

墳長37.5メートル、4世紀後半築造の前方後方墳。左手奥には17号墳。

 

↑稲荷前古墳群16号墳 「後方」部より「前方」部を臨む

 

 

↑解説文

稲荷前古墳群、以前は10基の古墳と9基の横穴墓が存在。現存するのは古墳公園化された3基のみ。16号墳と17号墳がほぼ同じ時期の築造。15号墳がやや新しい時期に築造されたもの。

 

 

↑稲荷前古墳群17号墳、方墳です。解説文に大きさの説明は載っていませんでした。

 

 

DSC_2506.JPG

↑今回利用した軽自動車ハスラー、古墳探訪ではお気に入りです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

くれふしの里古墳公園を車出てすぐ、公園からは南の方に舟塚古墳群1号墳、舟塚古墳があります。

住所が「大足」、「おおだら」。ダイダラボッチと関連があるのかと少し調べてみると、やはりこのあたりはダイダラボッチの伝承があるようです。山の日陰で困ってた集落がダイダラボッチにお願いして動かしてくれたのが現在の朝房山という話です。

 

ちなみに、ジブリの作品「もののけ姫」では製鉄→「たたら」と「デイダラボッチ」という龍のような神様が出てきました。民俗史・民俗学の説で、たたら(製鉄)が行われていた地域には、よく「ダイダラボッチ」の伝承があると言われています。

 

ここからまたもや超個人的な説ですが、「たたら」を行っていた大きな勢力が、戦争や干ばつ、疫病などで衰退。その地域には大きな「たたら」の廃墟だけが残ってしまい、百年もたってしまえば、その「たたら」が何なのか?誰もわからなくなってしまい、「大男(ダイダラボッチ)」が使っていたもの・・と考えられたのだろうなーと、勝手な想像をしています。

↑舟塚古墳 北側より 道路でかなり削られています。

 

↑舟塚古墳 南側より

 

↑Googleマップより、左側(西側)がかなり変形されています。現地を訪れるとよくわかるのですが、大きな基壇がある盾形の前方後円墳と思われます。

くれふしの里古墳公園内の牛伏古墳群と舟塚古墳群・・古墳時代、この地域には製鉄技術をもっている大きな勢力があったのでしょうか・・。

 

↑不思議な案内石碑、この舟塚古墳はどこにも解説文はありません

 

↑「前方」から「後円」を臨む

墳長約75メートル、高さ約6メートル、6世紀頃築造の前方後円墳。

 

↑「後円」墳頂部にある石碑、忠魂碑・・よく見かけます

 

↑「後円」から「前方」を臨む、黒いシミのように見えるのは、おそらく落葉を集めて焼いた跡。

 

↑集めた落葉の中に埴輪片が混じっていたのでしょう。黒焦げになっています。

 

 

 

 

↑墳頂から  奥に見える森が「くれふしの里古墳公園」です。

 

 

↑墳丘東側、基壇(テラス状)の所に不法投棄されたゴミがたくさん。ここは「お墓」ですよー!

 

 

 

↑墳丘とかつては周濠であったと思われる畑との境目に小さな溝が作られていますが、そこのは埴輪の破片がいくつも。

 

↑墳丘裾で見つけました。

 

 

 

↑西側の道路側で突き出ていた埴輪の破片。

 

 

 

 

↑他にも突き出た埴輪の破片

↑大きな円筒埴輪の破片でした。

↑すぐ近くにも別の埴輪の破片が!全部元通りにしてきましたよ。

 

 

 

↑オマケ  水戸IC近くの「水戸ドライブイン」にあった埴輪。なぜ、ここに埴輪??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

はに丸タワーのすぐ南側にあるのが牛伏10号墳です。

↑牛伏10号墳

↑牛伏10号墳 直径20メートル、高さ2.5メートルの円墳

 

 

 

くれふしの里古墳公園内、一番西にあるのが牛伏17号墳(お富士様古墳)です。公園内では一番大きな墳丘となります。

↑牛伏17号墳

 

↑はに丸タワーからの牛伏17号墳

 

↑「前方」から「後円」を臨む  「後円」がやたらに平らです。

 

↑「後円」から「前方」と「はに丸タワー」を臨む

全長約60メートル、高さ5.47メートルの前方後円墳。牛伏古墳群の中で一番最初、4世紀末頃に築造。

↑「後円」から南西方向に鳥居があります。そこから続くように石畳が敷かれているので、以前、この墳丘上に神社の社殿があったのでしょう。現在の墳頂には小さな祠のみです。

 

↑墳頂からの眺め、段丘上に築かれていることが、よくわかります

 

↑「後円」部の裾から「前方」を臨む

 

くれふしの里古墳公園(牛伏古墳群)は以上です。駐車場もあるので車オススメ。

次回は近くにある舟塚古墳について。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

くれふしの里古墳公園、整備・復元された牛伏4号墳のすぐ近くにあるのが牛伏3号墳です。

↑牛伏3号墳 「前方」部より。 「くびれ」は墓地になっています。

↑牛伏3号墳 左手奥が「前方」、右側手前が「後円」。墳長44メートルの前方後円墳。

 

 

 

↑牛伏1号墳 牛伏3号墳のすぐ南側。くれふしの里古墳公園内で一番整備されていない古墳。草ボーボーです。

↑牛伏1号墳 左手前が「前方」、右奥が「後円」。墳長28メートルの前方後円墳。自分が訪れた古墳の中で一番小さな前方後円墳。

 

 

 

↑牛伏5号墳 牛伏1号墳のすぐ西側です。

↑牛伏5号墳 直径28メートルの円墳

 

 

 

↑牛伏7号墳

↑牛伏7号墳 直径18メートルの円墳。高さは1.5メートルのため、案内看板がないと墳丘に気がつかないかもしれません。

 

 

 

↑牛伏6号墳

↑牛伏6号墳 「前方」から「後円」を臨む

↑牛伏6号墳 「後円」から「前方」を臨む。墳頂には小さな祠。墳長30メートルの帆立貝形古墳。

 

 

 

↑解説文はないのですが、古墳のような墳丘があります。はに丸タワーのすぐ近く。

 

 

 

↑屋根が「前方後円墳」になっているベンチ

 

 

↑はに丸タワー内にある「真実の口」のようなオブジェ。以前は口の中に手を入れると音声が流れたようですが、現在は故障しているようです。

次回も、くれふしの里古墳公園について

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、次に見に行く古墳をPC検索していたら、たまたま水戸市くれふしの里古墳公園の「はに丸タワー」を見つけました!!やたらにリアルな顔した埴輪のタワー爆  笑

電車+車(タイムズカーシェア)を使って見に行ってきました。

↑高さ17.3メートルの「はに丸タワー」、中にも入れます。リアルな顔立ちで、かわいくないw

 

↑くれふしの里古墳公園の解説文

 

 

↑くれふしの里古墳公園駐車場からさっそく墳丘が2基も見ることができます

 

↑牛伏4号墳(唐櫃からうど塚)

 

↑牛伏4号墳解説文

墳長52メートル、高さ6.8メートル、6世紀後半築造の前方後円墳。ちなみにくれふしの里古墳公園内の古墳で、築造年代がある程度推定できるのは発掘調査された牛伏4号墳のみ。

 

↑「前方」から「後円」を臨む

 

↑「後円」から「前方」を臨む

 

 

↑駐車場東側に位置する牛伏2号墳 Googleマップでは「十二社神社」と表記されています。右手前が「前方」、左手奥が「後円」。

 

↑「前方」より「後円」を臨む

墳頂45メートル、高さ4.5メートルの前方後円墳。

 

↑「後円」の墳頂に「愛宕神社」、ここ2週間くらいのうちに、愛宕社3つ目です。もちろん御朱印とは無縁の社。

神社とか詳しい訳ではないですが、十二所神社って「土着の山の神」か「熊野権現」・・と思っていたのですが、愛宕社??まだまだ勉強不足なようです。

 

↑愛宕社の前、「後円」より「前方」を臨む

 

次回も「くれふしの里古墳公園」の話題です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。