三丁目の夕日 皆がけばだったセーターを着てつんつるてんのズボンを穿いている。東京タワーの建設が始まり完成するまでの、昭和33年の春夏秋冬を織り交ぜた下町人情群像劇。VFXを駆使して当時の町並を再現し、小道具にも細心の注意を払って古き良き時代をアピールした。

作家を目指す茶川は、飲み屋のおかみ・ヒロミに入れ込んでいる。酒の席で、知り合いの子供・淳之介を預かってくれという彼女の頼みを断れなかった。茶川の家の向かいにある鈴木オートは、集団就職で上京した六子を住み込みで雇った。彼女は最初こそ馴染めなかったが、主の則文、家庭を支えるトモエ、やんちゃな息子・一平の鈴木家に愛され、東京の暮らしにも徐々に慣れていった。彼らが暮らす夕日町三丁目は、貧しいながらも活気に満ちていた。

暗転のタイミングがテレビドラマのようで、そちらで続編なども作ってほしいところ。キャラクターを膨らますことはたやすく感じた。中でも氷売りを演じたピエール瀧が、時代の波に飲まれて今後どうなっていくのか。それより気になったのは瀧の腹がこんなにも出ていたのかということ。

AD

コメント(34)