結婚式エンドロール・ムービー制作 first filmのブログ

first filmのスタッフが結婚式のエンドロールやプロフィールムービーなどの有益な情報をお届けします

First Film(ファーストフィルム)


メディア掲載&出演実績
2014 8/23 ゼクシィPremiere特集ページに掲載されました。
2014 10/20 「中居正広のミになる図書館
結婚式のお金のカラクリ 全部バラしますSP」に出演しました。

2014 12/25 NEWS ZERO(ニュースゼロ)のLGBT特集の中で、弊社撮影映像が紹介されました


公式ホームページ


first film BS



エンディングムービー スペシャルサイト


Facebookページが「10000いいね!」を超えました!!  




結婚式で後悔していることがあるという花嫁は全体の51%にも及びます。
(『OZmall』とワタベウェディング株式会社の共同調査)







理由は様々ですが、例えば

理想の結婚式場は値段が高くて諦めた。

アルバムに入れて欲しかった写真が入っていなかった。

せっかく高額な値段のビデオを注文したのに品質が低くて残念だった。

など、事前の打ち合わせがなかったり、直前まで仕事に追われて意識が回らなかったりと、事情も色々あります。


また、ゼクシィのアンケートで、「プロに頼むべきだったこと」での第一位はビデオ撮影です。

インターネットで検索すると、ビデオでの後悔は山ほど出てきます。

結婚式場のビデオ撮影プランは高いし、見せてもらったら品質もセンスもイマイチだった・・・。

外部業者に依頼したいがどこに頼んだら安心か分からない・・・。



そのような悩みを持っている方、first filmがお手伝いします。


私達には、お客様の全ての不安を打ち消すことはできませんが、映像や写真に関しての不安をどうにかすることはできます。

また、数百件の撮影経験を元に、様々なアドバイスが可能です。

多くの方々に、満足のいく結婚式を挙げて頂くため、first filmが全力でサポートします。





テーマ:
お初にお目にかかります。
first filmのスタッフMと申します。

今年の4月にfirst filmに新卒入社いたしました。


「誰かの人生にそっと寄り添える仕事をしたい」

「何年、何十年先も幸せが記憶に残るような、そんな瞬間を映像で形に残したい」

「結婚式というお二人のストーリーが凝縮された場で、新郎新婦様のご友人、ご家族の想いをも映し出したウエディングムービーを作りたい」


そんな思いを胸にfirst filmの門を叩きました。


結婚式という、今までお世話になった人、大好きな人たちに祝福される特別な時間。

そしてその特別な時間には”幸せな気持ち”や”感謝の気持ち”……たくさんの想いが重なりあっています。

その特別な時間や想いに映像づくりを通して触れ合えることはとても光栄なことで、
そして同時にとても責任を伴うことでもあると感じます。


「お客様の気持ちをよく考えること」


弊社代表をはじめ、社内の先輩方がよく口にする言葉です。

とてもシンプルで、けれども重みのある言葉だと、私はそう思います。

それは、プロフィールムービーやエンドロール、ドキュメンタリーなどのムービーをお作りするとき、
お客様とのお打ち合わせ、メールやお電話でのやりとり、
笑顔や姿勢、言葉遣いにいたるまで……


「ひとつひとつのことに、まごころを込める」


そんな気持ちで、私もこれから出会うたくさんの人たちに接していきたいと思っています。


これから先、困難なこと、乗り越えていかなければならないこともたくさんあるかと思います。
けれども初心は忘れずに、first filmの一員として頑張っていきます!


みなさま、これからどうぞよろしくお願いいたします!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)