jasmin jasmin 女医の子育て。

ほぼ毎日、描いているマンガなどです。


テーマ:
2月から3月にかけてヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンの
同時接種後に死亡例が相次いだことがニュースになりました。





$jasmin jasmin 女医の子育て。-死亡例




再開後も死亡例の報告が続き、ネットで確認できるのは
8例目が出たというところです。




$jasmin jasmin 女医の子育て。-相次いだ死亡例


ネットのニュースは時間が経つとなくなってしまうので、
画像として残しました。リンクが飛べる期間は画像の
クリックで各ニュースが見られます。

昨日まで元気だった我が子が突然亡くなるというのは
本当に痛ましい、悲しい事です。亡くなったお子さんの
ご冥福をお祈りし、ご家族にもお悔やみを申し上げます。









今日はその後の調査で、同時接種が今どうなっているのか
ということを書きます。

育児に追われる方々はその後に各団体から出ている調査結果、
勧告や提言をフォローできていないことがあると思うからです。
また死亡例が相次いだ事に比べてその後のニュースは扱いが
小さ過ぎるのではないかと思うからでもあります。










死亡例が相次いだ当時、ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンは
市区町村で公費助成制度が1月から開始されたところが多く、
急激に接種者が増えました。一週間に2万人が受けていたものが、
5倍の10万人になったそうです。
ポリオやBCG、三種混合といった定期予防接種は、
副反応が出た場合、医療機関→市区町村→都道府県を通して→
厚生労働省に上がります。
任意の予防接種、ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンは
医療機関→直接厚労省に上がります。中間で因果関係を
検討する機関がないわけです。


そうすると何が起こるか。
予防接種とは因果関係のない偶発的な死亡、乳幼児突然死
症候群症候群などが紛れ込んだ
というのが今回の調査結果です。
7月の周産期新生児学会で川崎医科大学の中野貴司先生も
教育セミナーでそういうお話でしたし、8月の小児科学会でも
教育講演で国立感染症研究所の岡部信彦先生が言っていました。

つまり複数のワクチンの同時接種にのせいで亡くなった
とは言えない
という結果です。








お子さんを持つ方なら御存知の通り、生後1年間は
予防接種の種類も回数もとても多いんです。
同時に数種類の予防接種をすれば通院の負担が
減って便利です。世界的にも同時接種は一般的に
行われています。

この小児科学会が勧める予防接種スケジュールも
同時接種を前提にしています。

$jasmin jasmin 女医の子育て。-スケジュール
クリックで小児科学会のこのページへ。

私の友人で、子供に予防接種を受けさせるのが、たまたま
イギリスだった、アメリカだったという小児科医がいますが、
両手両足に注射を打たれ、出口で解熱剤の座薬を
もらったそうです。

$jasmin jasmin 女医の子育て。-部位
アメリカCDCのHPより。



小児科臨床(2005年Vol.58増刊号 P1229-1239)には
こんな文章があります。

各国の予防接種制度は、それぞれの国の事情で少しずつ
異なるのは当然であり、国際標準といえる制度はない。
唯一の基準はWHOの推奨するExpanded Program on
Immunization(以下EPI)であるが、これは世界共通の
最小基準を示したものであり、各国はこれを基本骨格として
さまざまなワクチンを加えてその国の予防接種制度としている。

トヨタ記念病院 小児科/海外渡航科 岡田純一先生


$jasmin jasmin 女医の子育て。-EPI

WHOの基準も同時接種です。
世界的には不活化ワクチンは一度に複数の種類、
打つもののようです。




4月以降、私の勤務する病院では、それまで3種類を
同時に接種していた人達も1週間に一つづつ打っています。
毎週、毎週通う負担はどれ程かと思いますが、
聞いてみると心配だからそうしたいのだそうです。
そういう方が大勢いるので、予防接種の時間枠はいつも
満員を超えて、待ち時間も長くなっています。
それでもいいから少しのリスクでも回避したいという方は
しょうがないのですが、仕事をしているお母さんで
忙しいため予防接種自体に二の足を踏んでいる方も
いるかもしれません。
今回の記事がその助けになればと思います。

最後に厚生労働省と小児科学会の参考リンクを
付けておきます。

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチン接種の
再開についてのQ&A  平成23年3月29日版
健康局結核感染症課 医薬食品局安全対策課


日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方


$jasmin jasmin 女医の子育て。-blue


その後に書いた同時接種と健康被害が出た時の補償の違いに
ついての記事はこちらです。
AD
いいね!した人  |  コメント(23)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。