HとMとRがEZチルを作り上げる

イージーチルが Hello! Project と Movie と Ramen について綴った備忘録です。


テーマ:

ミュージアム

見ました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/museum/

 

早速不満を書いていきまーす。


連続殺人に走る犯人の行動が不可解。アーティストを気取る割に、衝動的で運任せの殺人行為に走るところに疑問が浮かびまくる。主人公の後輩を殺す場面、主人公を大型トラックで轢き殺そうとする場面。どちらも主人公が転倒しなければ犯人は逃げ切れていない。やってることに統一性が無いから魅力を感じない。

犯人が誰を殺そうとしているのかが判明したのにも関わらず、それ以降の警察が犯行を止められない無能っぷりに呆れる。

あるいは、一切の証拠も残さずに次々と殺人を成し遂げる犯人の超越的な能力に呆れる。陳腐な言い方になるが、こう言いたい。「ありえねえよ」

殺人の場面を見せないことで観賞規制なしになってるみたいですが、規制を回避する事よりもリアリティのないストーリーを誤魔化すための手段にしか見えない。逃げているだけだ。子供だましのような描き方で小中学生を呼び込むくらいならもっと質を高めるべき。

被害者のうちの一人であるニートについてのみ、自宅の内装から家族との関係性やら食事描写、殺すまでの経緯まで綿密に描いてるのはどう見ても浮いてる。テンポを悪くしてでも描きたかったのは引きこもり・ゲーマー・アニヲタに対するヘイトですか。

妻と子供が危険な立場に置かれている事が早い段階で判明する構成の下手さには閉口したが、それによって主人公が絶叫マシンと化す。叫びたいのはこっちだ。

犯人や妻子の足取りを探る方法はいくらでもありそうなのに、そういったアプローチをまったく描写しないから主人公の焦燥にまったく同調できない。街中に監視カメラは無いのか? 妻と友人が連絡を取っていたのなら通話記録で居場所が判明するのはもっと早かったのでは?

犯人の動機と連続殺人の真相に関わってくる過去の殺人事件の描き方信じられないほど軽く、なぜ冤罪に至ったのかがまったく描かれていない点も酷い。

冤罪に巻き込まれた人間がどんな人間だったのか、どういった証拠があったのかも分からないのに、そこを連続殺人の動機に設定されても観客は置いていかれるばかり。変に語ろうとするとボロが出る部分だからか、冤罪被害者を自殺させているのも悪質。フィクションの語り手として誠意が無いし、テーマから目を背けている。

クライマックスへ至るまでの道のりがガタガタすぎて終盤のシチュエーションがまったく盛り上がらない。連続殺人の犯人にも、こんな映画でドヤ顔の製作陣にも辟易である。

リアリティや整合性以前に、細かな演出自体がことごとく失敗に終わっているのも絶望的。説明過剰な無駄セリフの多さにイライラさせられっぱなしな上、冒頭から終盤までモノローグをトッピングするセンスの無さには呆れるしかない。言葉を廃した演技を小栗旬から引き出すのがディレクターの腕の見せどころでしょうに。

主人公が巻き込まれるより以前の連続殺人が幼稚なアイディアの羅列でしかなく、その羅列の間に主人公の回想を乱雑に挟み込んでいる脚本構成自体が稚拙。語り口が下手なせいで警察が死体を発見するだけの組織に見える。

とにかく全体的に回想シーンの多さと無意味さが顕著な映画だが、「クライマックスのそこでまた回想挿れるんかい!?」と驚愕させられる。説明不足を補足すれば観客は理解し納得してくれる、スジが通ると勘違いしているのだ。

テンポ良く、流れを止めずに伝えないとキャラクターの背景などの情報はストーリー進行を阻害するノイズ要素にしかならない。逆に言えば情報のタイミングと分量さえ正しければリアリティや感情移入に寄与してくれる。その辺りへの配慮がまったく感じられない映画である。

主人公が妻子の「変わり果てた姿」を見て絶望している真っ最中に「実は生きてるんだけどね」と、あっけなくネタバレしてしまうのにはほとほと呆れ果てた。観客は主人公と同調する暇もない。情報をどんな順番で提示すべきかについて何も考えられていない。

はっきり言えば監督自身がアーティスト気分に浸っているとしか思えない。自分が創った作品を早く褒めてもらいたがっている早漏野郎ですよ。

EATの絶望についても描き方が浅いし、妻がマスクをかぶせられる展開も「なんで先にネタバレするの?」と絶望したし(監督が犯人に感情移入しすぎ)、最後の最後に銃つきつけて脅すだけなのも馬鹿みたいだし、屋外に出たら犯人の大演説大会になって警察が棒立ちしてる光景はスクリーンを直視できませんでした。

セブンっぽい漫画を映画化したところでセブンの五番煎じにしかならないのでは? という危惧が大当たりだったわけですが、むしろそんな予想をはるかに超えたダメサスペンス映画に出会えるなんて驚きました。セブンが低予算でいかにすぐれた作品であるのかを再認識するのと同時に、セブン以降のサスペンス映画というものを一切理解しないままこういうジャンルに挑む映画人が日本にいる事を理解できました。ありがとうございました。

 

上記画像が置いてあるページにリンク貼っておきますね。。。

 

http://www.aeoncinema.com/event/comment/voice35.html

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

何者。

 

見ました。

http://nanimono-movie.com/

 

 

冒頭から後半にかけての「就活する若者の悲喜こもごも」を見て面白い!と感じられたなら、終盤のちょっとしたサプライズ展開に興奮できたかもしれない。

 

しかし個人的には前半からいまいち乗り切れず、最終的にはまったく心に響かない映画でした。

 

就活したり、就活しなきゃと決意したり、就活ノウハウを少しずつ学んだり、ついたり離れたり…そんなささやかなシーンの連続が、ただのエピソードの羅列にしか見えない。牽引力に欠けて、笑いも無く、リアリティの追求で満足している。面白くない。

 

「実はこの時主人公がこんな事してました」という終盤のタネ明かしを用意しているがゆえに、前半とタネ明かし部分とで整合性が取れていないといけない。面白みよりも整合性を優先させているとしか思えません。

 

主人公のキャラ造形があやふやで、周囲の人間に対する反応もハッキリしない。性格が見えてこないので共感も不快感も得られない。これも終盤のサプライズのために、あえて不透明な描き方をしているのでしょう。

 

その割にはたまに本音を吐き出す。毒舌を発揮する。このキャラの本性を隠したいのか、見せたいのか。サプライズの瞬間に意外性を出したいのか、「ああ、やっぱり」と納得させたいのか。意図がハッキリしない。

 

サプライズの瞬間、見せ方としては意外性を強調しているのですが、前半からのキャラ造形が中途半端なので驚きが無い。驚きのためのネタフリ前半部分が面白くない。これじゃ本末転倒。

 

そもそも主人公が自分の携帯を他人に見せようとしない描写がしつこすぎて、何かを隠そうとしているのがまるわかり。「携帯? 勝手に使っていいよ」っていうキャラクターが別の一面を持っている方が意外性につながるでしょう。リアルを優先した結果なのか…理解できない。

 

主人公と、もう1人のキャラが作っている演劇。これらの描き方が浅い。どのシーンも「すべってる、サムい」演劇としてしか描こうとしていないところに無自覚の悪意を感じます。そのサムい芝居を映画全体に脈絡なく挿入している事により、ストーリーの流れが止まって集中を乱される。演劇に価値を感じないのなら初めから描く必要も無いのに。

 

若者らしい、熱意が先行したナンセンスな芝居として描くことにより作中の整合性を取ろうとしているのでしょうが、劇中劇のクオリティが低くなくても今作のテーマとの矛盾は生じません。

 

主人公を含め、ネットで他者をけなす連中にとっては作品のクオリティなんて関係ないんですよ。屁理屈で否定してマウンティングごっこしたいだけなんですから。(っていう文章をわざわざアップするのも勇気が要りますね)

 

主人公の秘めたる一面が露呈した後、憧れの女性が情けをかける場面がありますが…なんですかあれは? その流れ、そのタイミングで「君にも良いところはあるよ」みたいなセリフを言わせて、空虚な慰めを与える事でこの物語が一気に陳腐化してますよ。

 

ヒロインが、就活で筆記試験を受けている時の主人公の姿にときめいたみたいな事を言ってますが、就活試験中の主人公って問題を前にして硬直状態だったじゃないですか。

 

しかも脚本・台本を書いていた人間にとっては決して難解でもなく、むしろ燃えるタイプの設問だったでしょう。なのに筆が進まず、試験官にジロリと一瞥を食らっている。そんな彼の後ろ姿が、同じ就活生として苦しんでいるヒロインの心を動かすだなんて絶対おかしいんですよ。

 

こんな矛盾、辻褄の合わない甘い描写で主人公にかすかな安らぎを与える意味が分からない。リカだけでなくミズキにもバレた、そんな絶望的な状況が急にぼやける。結局ミズキというキャラにリアリティを付与できていないって事。呆れました。

 

現代を的確に観察し、鋭く見事に描いた作品かもしれませんが、映画として面白いとは思えなかったです。

 

小説は小説。忠実に映像化したがゆえに生まれる矛盾もあります。「だからなに?」という感想で終わってしまう人がいるのも当然でしょう。

 

それにしても菅田将暉(上の写真の人)は素晴らしいですね。キャラがキャラだけに間を詰めた芝居で、言い回しも常に面白くて、凄い役者だと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジェイソン・ボーン

 

見ました。

 

 

退屈な展開(ハッカーとCIAの情報戦)、魅力に乏しい新キャラなど、残念な点ばかりが目についた前半。

 

「後半のアクションで弱点を帳消しにするつもりなんだろうな!」と寛大モードで観賞を続けたものの、クライマックスがあまりにも珍妙だったため、今作が失敗作である事を確信しました。

 

宿敵であるCIA長官を追ってグーグルっぽい巨大IT企業のプレスカンファレンス会場に乗り込むジェイソン・ボーン。特に策も無い彼は、IDカードをスリで入手して潜入に成功!

 

ちなみに会場の警備員はIDカードをチラッと見ただけで誰でも通しちゃいます。巨大企業のトップが一般人も含めた大勢の人間をかき集めて開催する記者会見。CIA長官もトークショーに参加すると公表されているのに、自分を狙う凄腕の暗殺者が来ると分かっているのに、警備ゆるゆる。

 

それだけならまだしも、長官を追い詰めるために使う発信機がなぜか会場に展示されていてこれまたスリ放題だったり、なぜかボーンに都合の良いハイテクグッズが現地調達できちゃうんですねー

 

ジェイソン・ボーンが「その場にある物を駆使して戦う」キャラであるのは確かですけど、何も考えず、復讐心のおもむくままに突進していくキャラではないでしょう!

 

そしてそういう間抜けさだけでなく、ボーンに狙われていると分かっているはずのCIA長官が、記者会見の場でグーグルっぽい企業のトップを暗殺する計画を推し進めようとする不自然さも違和感あり。

 

ボーンの目論見(長官追い詰める)と、CIA長官の目論見(グーグル社長を殺す)がベクトル的に逆というわけでもないからどうも盛り上がりに欠ける。いつの間にか目的が曖昧になって、結果的にボーンが社長暗殺を阻止することを優先させるから、なにがなにやら。

 

警備のゆるさも含め、長官はボーンを本気で殺したいのかよくわからない。ボーンも長官を追い詰めて結局どうしたいのかわからない。ゴールを設定しないまま因縁の2人を再会させてみたけど、さあどうしよう? そんな迷いばかりが強調されたシーンでした。

 

長官が死んで、長官お抱え暗殺者とボーンの一騎打ちになるのですが。暗殺者が逃げて、ボーンが追う。この構図もよく考えると「なんで?」と。

 

装甲車でラスベガスを爆走するカーチェイスは迫力あって笑っちゃうのですが、当事者の動機がハッキリ描かれていないので気持ちは冷めまくり。カメラワークと編集も、やたら早いカット割りでどんどんウンザリさせられます。

 

マイケルベイでも思いつかないド派手なカーチェイスの後は、お待ちかねのタイマン格闘。マット・デイモンvsヴァンサン・カッセル!

 

・・・このラスト格闘も信じられないくらいグダグダ! スピード感はあるような気がしないでもないですが、とにかく編集がバタバタしてて、アクションの良さをものすごくスポイルしてます。映画史を変えたとも言えるボーン・シリーズがなぜこのような平凡で平均以下のラストになってしまうのか? 心底ガッカリでした。

 

もう1つ、大きく不満なのがアリシア・ヴィキャンデル。今作からいきなり登場したCIAエージェントが「私にボーンを追わせてください」と立候補。あっさりサイバー捜査チームのトップに駆け上がったと思ったら、あっさりCIAを裏切ってボーンに加担し、あげくは長官が死んだ途端に後釜に立候補する。

 

・・・なんだこのキャラは? 物語上で便利すぎて違和感ありまくり。こんな小娘がトップになるようなCIAじゃボーン・シリーズも崩壊ですよ。

 

志も演出もストーリーも、すべて中途半端な残念アクションに成り下がってしまった今作。率直に言って面白くなかったです!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。