HとMとRがEZチルを作り上げる

イージーチルが Hello! Project と Movie と Ramen について綴った備忘録です。


テーマ:

怒り

見ました。 http://www.ikari-movie.com/

 

 

予告編のタッチ、小説原作、豪華すぎるキャスト。個人的には 嫌いなタイプ の作品だろうなーと感じていました。1800円を払うのさえためらい、「安く見られる日に行った方がいいかも?」なんて思いつつ、公開2日目に1800円支払って観賞。

 

ネガティブな先入観を持ったままで見終わったところ、端的に言って圧倒されました。

 

演技が凄い。

音楽が素晴らしい。

編集が上質。

 

映画を見ている喜び=見応えが詰まった濃厚な作品です。

 

事前に「今年の日本映画を代表する作品」という評価も目にしましたが、同意します。納得です。

 

以下、内容に触れていきます。ネタバレ含みます

 

 

 

冒頭に、東京の住宅街で起こった夫婦の殺人事件が描かれます。真夏の一軒家で雑に殺されていた2人。現場検証している2人の刑事。

 

犯人は何処へ消えた? この疑問が提示された後でこの映画は三ヶ所の物語を描いた群像劇になります。

 

東京都心に暮らす2人の男性。妻夫木聡、綾野剛。

 

小さな港町に暮らす父と娘、1人の男性。渡辺謙、宮崎あおい、松山ケンイチ。

 

沖縄に暮らす若い男女と、1人の男性。佐久本宝、広瀬すず、森山未來。

 

それぞれの場所で生きる、謎に満ちた3人の男(綾野剛、松山ケンイチ、森山未來)に「こいつが殺人犯かも」という疑惑を背負わせながら物語が語られていきます。

 

誰が犯人なんだろう? と観客に感じさせるミステリー性を帯びながら、それぞれの場所で構築されていくドラマ性もそれぞれ厚みがある。

 

しかし三ヶ所の主要登場人物が別の場所に生きる人物に出会う事はないので、最後まで群像劇としての構造は保たれている。例外なのは殺人事件を捜査している刑事だけ。

 

一人の殺人犯に対し、身近な人間を「あの事件の犯人ではないか?」と疑っていく三ヶ所の人々。はかなくも貴い信頼と、その思いが揺らいでいく瞬間。これをクライマックスに設定した物語が『怒り』です。

 

映画の前半は、素性の知れない男性3人がそれぞれの地域で居場所を確立していくまでの流れを描いていきます。ハッキリした変化が起こるでもなく、展開らしい展開がない。その中で少しずつ構築されていく人間関係。やや焦れったく感じる面もありました。

 

しかしこの映画は、日本映画界が誇るべき名優を揃えた質実剛健な配役によって上質なドラマを作り上げる事に成功しているのです。展開や変化の作り方を評価してしまいがちな私ですが、静的な演技の中に感じられる確かな感情のうねりを、8人の役者(と、それ以外の脇役たち)からしっかりと感じられる作品なのです。

 

東京パートでは妻夫木聡と綾野剛がハッテン場で知り合い、同棲生活を始める。過去を語らない綾野剛に対して警戒心を捨てきれない妻夫木聡だったが、徐々に心を許して深い関係になっていく。

 

千葉(港町)パートでは、東京で風俗勤めしていた宮崎あおいを父親である渡辺謙が故郷へ連れ戻す。渡辺謙の職場でアルバイトしている松山ケンイチは人懐っこい宮崎あおいと親密になっていく。

 

沖縄パートでは、那覇に住む広瀬すずと佐久本宝が、無人島で出会った森山未來と出会い、交流を重ねていく。

 

それぞれで変化らしい変化が起きるのは映画の後半。その変化自体も、普通の長編映画に置き換えてみれば序盤で処理されてもおかしくないようなもので、決して奇抜というわけでもないのですが、この映画の凄みは最初から最後までものすごく緻密な演出でリアリティとドラマ性を生み出しているところ。

 

演出というのはつまり、監督による演技指導。画面上で見る事が出来るのは俳優達が体現している結果ですが、俳優個人の独断とは思えないような色付けの演技があらゆる場面で見られます。一見すると違和感を覚える要素が、うまくキャラクターの内面を表している。これこそ演出家としての監督の凄みです。

 

原作『怒り』は市橋達也が起こした実際の殺人事件と、その後の報道、逮捕までの流れを参考にしたストーリーらしく、特徴があるようで無いような、アジア系ならではの顔を持った3人の役者をうまく使った構成になっています。

 

視聴者が3人の容疑者の中から「殺人犯はこいつだ」と確信させないよう、最後まで引っ張った構成にもなっていて、そこが映画全体の牽引力(興味の持続性)を生み出しています。

 

疑惑を生み出しつつも、確信に至らせないストーリー構成は流石なんですが、撮影や編集によってそれを強固にしているのも確かであり、監督がこの物語のミステリー性をしっかり理解し、完全にコントロール出来たからこそ映画としての質につながっている。

 

いわゆるミスリードでハラハラさせながら、ためて、ためて、そののちに犯人の正体を決定的にする瞬間の構成は素晴らしかったです。「フーダニット」構成をよく理解している。これは小説とはまったく違うアプローチでしょう。

 

あるキャラクターが、刑事から指紋照合の結果を聴いた瞬間の熱演! その熱演さえもミスリードとしてうまく機能させているディレクターとしての腕力!! 本当に圧倒されました。

 

さらにこの映画は音楽と編集がとにかくハイレベル。

 

音楽は坂本龍一が素晴らしいスコアをいくつも書き下ろしているのですが、それでいて叙情性を高めたいであろう瞬間にも音楽に頼ろうとせずBGM無しで構成している場面などもあり、感嘆させられました。

 

編集は「画面で提示している場面に、違う場面の音声を載せる」という手法をかなり大胆に取り入れていて、群像劇ならではの牽引力につながっていると思います。

 

撮影/カメラワークに驚かされるカットも多々あるのですが、終盤にカフェの椅子から立ち上がった妻夫木聡を捉えるカットには心を鷲掴みにされました。

 

役者個人について言及すればキリが無いのですが、豪華キャスト陣の中で唯一無名とも言える佐久本 宝(さくもと たから)君には大いに驚かされました。彼は沖縄に生きる平凡な青年を演じており、広瀬すず、森山未來とのアンサンブルを見せてくれています。

 

 

早々にフレームアウトしそうなキャラクターとして登場するにも関わらず、その存在感と確かな演技力にビックリさせられました。パッと見でブレイクの予感も感じさせない普通の男子が、まさかここまで多くの出番を得て、ここまで熱量の大きい演技を見せてくれるなんて。無名俳優を使う意味、リスクを背負う意味を感じさせてくれた見事な演出でした。

 

総合的に言うと。

 

凄い映画を見たなあと素直に感じられる作品でした。

 

前半は心に火が着かず不安を覚えたものの、ホットすぎる俳優陣の素晴らしい演技、音楽と編集の見事な技巧、展開の上手さとクライマックスの高み…これこそ日本映画の最高峰と言って良いと思います。

 

「考えさせられる映画」という評価を下したくなる作品ではありますが、テーマ(在日米軍問題、ネット社会のネガティブ面に対する暗喩)の提示だけで満足しているような脚本ではなく、観客の心ときっちり向き合った純然たるエンターテイメントでもあると思います。最後まで楽しく、面白い映画でした。大満足です。

 

是非多くの人々に見てほしい一本です。心に何かが突き刺さる事でしょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

君の名は。

見ました。

http://www.kiminona.com/

 

 

公開3日目、8月28日に見ました。まずは私がYahoo!映画に投稿したレビューを転載します。

 

RADWIMPS楽曲が圧倒的にミスマッチ

 

RADWIMPSの歌をオープニング、エンディングのみならず挿入歌として何度も何度も聴かされる映画です。

 

オープニングはTVアニメのようだし、似たような使い方の映像が何度も本編をぶった切る。ただのバンドマンが全編の音楽を監督するという呆れた製作体制。これほど厚顔無恥なバンドが過去にあっただろうか!

 

ストーリー自体も、タイムリープを扱った過去作に及ばないスケールとツイスト感。携帯データが2度も消えていく展開は、ドラマの都合に合わせた強引な辻褄合わせにしか見えません。

そもそも主人公2人がなぜ意識を入れ替わる事になったのか? ファンタジーであることは分かっていますが、瀧が選ばれる理由が一切描かれていないのは納得できない。「イケメンになりたいなー」の一言で願いが叶った?

 

説明くさいセリフ、過剰なモノローグも目立ちます。アニメなのに言葉に頼った描写が多すぎませんか?

 

主人公2人が序盤から涙を流す場面が多すぎて、クライマックスとして機能すべきクライマックスがピンボケ状態。歯車が噛み合わないまま展開していくストーリーについては、RADWIMPSの音楽もその機能不全に役立っていたと思います。

 

挿入歌が流れる度にセリフがオフになってMVを見せられてる気分になる、そんな映画を傑作と呼ぶ事は出来ません。非常に残念な大作アニメでした。

 

(追記)

RADWIMPSの歌が使われるのはOP、ED、挿入歌として2ヶ所だそうです。同じボーカルの歌声を1本の映画で4曲も聴かされればしつこいと感じて当たり前だと思うのですが、他のレビューを見るとそうでもないみたいですね。

 

提供された楽曲に合わせたミュージックビデオのような映像を作っているから、違和感が無いように見えるのでしょう。しかしそれは映画としての完成度を下げてでも「好きなバンド」に自由を与えた結果です。

 

監督の自己満足としか思えません。

 

(以上転載でした)

 

論点をしぼるために、ほとんどRADWIMPS音楽への攻撃に終始してしまいましたが、ストーリーの構成や展開についても受け入れがたい部分が多かった作品でした。

 

簡単に言えば「その感動のために、世界観/設定を都合よく変形させるのは嫌いだ」という結論です。

 

この映画には現実世界で起こりえない事象が描かれています。「ある女性と、ある男性の意識が交換される」という事象。日本人に古くから好まれているモチーフです。

 

この事象には「但し書き、追記、注釈」のように変形が加えられていきます。

 

意識交換の対象は自分の生活圏からはかなり離れた場所に生きている

 

女性の意識が、その女性から見て3年後の世界に生きている男性の意識と交換される

 

意識交換は女性を主体とした現象なので、女性の死によって現象は停止する

 

意識交換の対象についての記憶は時間と共に薄れ、消えていく

 

意識交換の対象についてのデジタル記録は、対象の死によって消去される

 

…こんなところでしょうか。この「追加ルール」の解読・解説・説明によって映画の前半が費やされていると言っても良いでしょう。このルールを理解しようと頭を使う、情報提示とその認識タイミングが同じ事によって生まれる主人公たちへの感情移入などは、映画へ没入するアプローチとしてある意味正しいと思います。

 

その前半部にキャラ描写やギャグを織り交ぜて退屈にさせないところはこの映画の長所と言えるでしょう。

 

意識交換は空間や時間が離れていても行われます。時間を超越する点をふまえると、この映画はタイムリープについての映画でもあるといえます。

 

過去世界への移送、あるいは過去世界への意識転送をモチーフにした物語では往々にして「小さくない危機/危険を回避するため」に奮闘するキャラクターが登場します。この作品では「選ばれた」側の男子高校生が、意識交換対象の女性を死なせた天災被害を食い止めるべく奮闘します。

 

しかし、この物語の核心でありクライマックスの展開が2つの意味で物足りないのです。

 

主人公として「奮闘」する男子高校生が

 

勇気を示していない

リスクを背負わされていない

 

からです。

 

彼は彼女と再会したいがために、東京から岐阜県へ移動し、彼女のルーツを辿り、山岳地帯のクレーターへ辿り着き、口噛み酒を飲み、二度と起きないと思われていた意識交換現象を体験します。

 

この彼の行動に、まったく心を動かされなかった。なぜなら彼は、行動の結果を予測し、恐れ、それでもなお試行するというプロセスを踏んでいないからです。

 

そして彼の行動は、それによって何かを失うリスクを製作者によって背負わされていません。

 

つまりは、「結果的に過去を改変できた」という物語にしか見えませんでした。

 

そしてその物語を彩るべきドラマ性の付与も、ピンと来ない。タイトルにも表されているように、意識交換を体験する2人はお互いの名前を忘れ、思い出そうとします。

 

その名前を思い出す事が事態の解決/悲願の成就のために必要なのだろう、と予想しました。『君の名は。』という物語が「その展開」を必要としているのだろう、と予測しました。それが外れた事に失望しました。

 

映画内で最も「あいつの名前を思い出したい!」という欲求が高まった瞬間、この映画は唐突にラブロマンス映画に陥るのです。「お互いの名前を、相手の体(手のひら)に書く」という約束を、彼は破るのです。

 

新海誠監督は「俺が考える最高にドラマチックな告白シーン」を描きたかったんでしょうか? そのモチベーションだけでこれだけの大作アニメが作れれば大したものでしょうが、まあそれは私の邪推に過ぎません。

 

こういった行動の意味を観客にハッキリと提示せず、RADWIMPSのうまいとは言いがたい劇伴によって誤魔化している。個性も情熱も欠いたボーカリストの歌にうんざりしながら、クライマックス展開の熱量不足に落胆させられた次第です。

 

RADWIMPSさんの歌詞世界がどれだけ素晴らしいか知りませんけど映画とは無関係ですからね…こういう無意味な情報で映画の価値を底上げしようとする行為は本当に無駄だと思うし、こんな手法では世界的な評価を得られるはずもない。個人の見解ですが。

 

クライマックスで再会した2人が名前を尋ねあう。そのセリフと同時に表示されるタイトル『君の名は。』。「最後の最後にタイトル」という手法は古今東西の映画で見られてきた手法ですが、この映画のに取り入れる事で生まれる感動は薄いと言わざるを得ません。物凄く綺麗な着地を描いている風ですけど、そこに至るまでの放物線は、もっと美しくあって欲しかった。

 

以上、どこまでも個人的な映画レビューでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スーサイド・スクワッド

 

見ました。 http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad/index.html 

 

 

DCコミックスを元にした映画世界「DCエクステンデッド・ユニバース」に含まれる作品。そんじょそこらのヒーローでは太刀打ちできない非常事態を収束させるべく集められたのは、危険で悪い超人類(メタヒューマン)!

 

 

予告編を見る限り、「めちゃめちゃ面白そうじゃん!今年ナンバーワンでしょ」って感じでしたが、残念ながらナンバーワンではなかったですね。

 

かといって「こりゃダメだ」って感じでもなく。なんとも評しがたい大作映画でした。本編を振り返っていきます。ネタバレしていきますよーーーー

 

まず冒頭にウィルスミス演じるデッドショットというキャラが登場。このシーンの印象は「こんなに駆け足でキャラ紹介するの?」「編集下手だな」って感じ。

 

続いてマーゴット・ロビーが演じるハーレイ・クイン登場。これまた編集下手。妙にバタバタしててそれでいてキャラの魅力があまり見えてこない。正直言って「大丈夫かよ…」と不安でした。

 

この2シーンが映画全体の中でかなり浮いてて、けっこうな違和感。スーサイドスクワッドの中でも華のある2人を強調するために無理やり付け足したかのような…

 

次のシーンは政府のお偉いさんと思われるスーツ姿の黒人おばさんが「スーパーマンが去った今、どうやって身を守るの?」「悪人を集めて特殊部隊を結成するわよ」「そのために私が来た!」と宣言するのですが、そのセリフの直後にタイトル「SUICIDE SQUAD」が表示されます。「そのタイミングでタイトル出すのー!?」「おばちゃんはスーサイド・スクワッドではないだろ!」と思いました。まだこの段階でも不安濃厚。

 

タイトル後に、おばさんが「部隊に勧誘しようと思っている悪人たち」についての情報をモノローグで語りながら紹介していくのですが、ここからやっと映画「スーサイド・スクワッド」が始まったかのような感覚でした。

 

改めてザクザクとハイテンポでキャラを紹介していくのですが、デッドショットとハーレイクインの事もまた説明するので「だったらアヴァンタイトルのプチ紹介はなんのためにあったの?」という疑問が浮かびました。

 

ただ、テンポは良いしアプローチも下手じゃない。キャラクターの個性と魅力はある程度伝わりました。特にウィルスミスが演じてるデッドショットなんて、ワルとしての面をどこまで出せるのかな?と思ったんですが、金に汚く、ウデは確かな、銃のプロ。娘には弱い。簡潔に描けてる。バットマンがからんでくるのも良かったし。

 

ただ、「あんなキャラいますよー」「こんなキャラもいますよー」と紹介が続くと「えーと、なんのために部隊結成するんだっけ?」というモヤモヤ感が湧き上がるのです。

 

「具体的な危機、今作で打倒すべき敵、排除すべき危険因子」を提示しないままにスクワッドメンバーの紹介を続けているため、緊張感が薄まっていきます。

 

キャラ紹介のテンポに乗る事ができれば「楽しいなーこの映画!」という感覚になるかもしれませんが、私個人としては「うーん」と思いました。「部隊結成そのものは目的じゃないよね?」とかモヤモヤ。近頃自分の中でよく使ってる表現で言えば、「あらすじに載るような展開」をもう少し早く描写してほしかった。

 

なんだかんだでワルい奴らが集められ、首に爆弾を埋め込まれて強制的に入隊させられます。何気ない描写で、さらに個性が引き出されていくスクワッドの面々。この辺の「ワルならではのジョークセンス」は、デヴィッド・エアーらしさが発揮されてる部分でしょう。

 

ラスボス・最終目標をどう設定するのかな?と見る前から思っていたのですが…正直下手ですね。あのキャラをラスボスにするのであれば、「取り返しのつかないところ」に至るまでに、少しずつ不安がふくらんでいくように段階を踏む必要があったと思います。

 

お祭り映画とはいえ、サスペンス性をもっと高めていく工夫は盛り込めたはず。唐突に「はい、今回のラスボスはこいつです」と提示されるような…全体的に間の悪さを感じました。

 

それでも退屈せず、それなりに楽しく見れたのは…スーサイドスクワッドという設定の強さに依るところが大きいのですが、デヴィッド・エアー監督の語り口のうまさも貢献していると思います。デッドショットがスクワッドに加わる条件を提示する(押し付ける)場面とかね。(そこはそこでウィルスミスのチカラか?)

 

あとは紅一点のハーレイクインでポップな空気感を作るのが上手かったです。上手いというか…ハーレイクインに頼りすぎじゃないかな!キャラクター自体を魅力的に描く、物語を進めるために一言言わせる、苦境を打開するためのアイディアを提示させる…色んな形で彼女は目立ちます。ハーレイクインというキャラをブレイクさせようとする意図さえ感じられます。

 

元は正常な精神科医だったハーリーン博士がどのような経緯でハーレイクインとなったのかもしっかり描かれてる。序盤ではなく、中盤以降に回想として描くところも特別扱いの証拠。

 

しかし演じてるマーゴット・ロビーのポテンシャルが高い! プレッシャーもあったでしょうが、とてつもなくキュートなキャラクターとして見事に成立させてます。

 

ミッションを遂行していくスクワッドは、かなり遅いタイミングで目的とラスボスを知る事になります。このタイミングは観客がそれらの情報を知るタイミングと同じ。観客にスクワッドメンバーへの感情移入を誘うには有効な手法かもしれませんが…若干デメリットの方が大きくなってしまっているように感じました。

 

スクワッドのメンバーは確かに強いのですが、常にチームを抜けて逃げようとしています。ここがただの寄せ集めでなく、全員がBAD GUYである所以だったように思います。

 

というか、すぐチームを抜けたがる役どころもハーレイクインが担ってるんですよね!!

 

首に爆弾埋まってるから一人で離れても意味ないんですけど、ちょいちょい刺激を与えてくれる存在。一人になったところで敵に襲われても、かなり強いから切り抜けてしまう。そこにチームメンバーが追いつくと「どうしたの? さあ行きましょ」とか言ってくれるから小悪魔的。

 

そんなハーレイクインを自由の身にすべく、彼女の王子様・ジョーカーが登場。悩みの種である首爆弾も、ジョーカーの手にかかれば即解除…その流れは分かるんですが、爆弾のプロフェッショナルという設定が前提として描かれていないのでチート的な展開に見えなくもないです。

 

ジョーカーのお迎えでチームを抜けたハーレイクインがどうなるかは本編を見てのお楽しみ。

 

いよいよラスボスの元に近づいたところで、スーサイドスクワッドがバラバラになる展開に。ここはエモーショナルで上手い展開だと思います。あくまでも強制でしかなかったチームが、チームでいる意味を無くすのです。これ自体は素晴らしいし、この映画で絶対に必要な展開でもあるんですが、結果的に映画のリズムが完全に停滞してしまう。。。このタイミングでそれやるの!? と、一番落胆した展開でした。

 

しかしその後にスーサイドスクワッドが本来の目的に立ち返っていく、そのきっかけとなる、あるセリフはお見事!最高!!うならされました。本当に何気ないセリフなんだけど。

 

いよいよクライマックス。ラスボスとの対面です。前フリは色んなところで下手くそでしたが、なんとか辿り着きました。

 

ところが今作のラスボス。とある目的を持って活動してます。

 

それは「最終兵器」を作ること。得体のしれないパワーで、「最終兵器」を作ろうとしている。これが完成したら世界は、文明は破滅してしまう。ってこの展開…新鮮味がないよーーー!!! なにしろ、ついこの前見た『ミュータント・タートルズ:影シャドウズ』と同じなんだよーーー!!!

 

なぜこの展開がフレッシュさを感じさせてくれないのか。それはずばり

 

完成するもしないも、製作者・監督のさじ加減次第

 

だからです!

 

ゆえに「完成を止めるためにはどうすればいいか」、主人公サイドが頭を使って手段を探そうとするのが通例。なんか面倒くさくて、難しそうな条件を、勇気と知恵とパワーで達成し、完成を食い止める。こういう展開ならまだなんとか面白さはキープできたかも。

 

しかしスーサイド・スクワッドは…「ラスボスを倒せば止まる」という条件に落ち着いてしまった。その戦闘はそれなりに楽しいものの、様々なアイディアにあふれた楽しさがあるかというとそうでもない。キャラクターの個性がさほど生かされていない。

 

そういう意味ではなかなかに残念なクライマックスとなってしまいました。ただ、ラスボスを倒すために必要な要素が、最終的に「勇気」だったところには納得。「勇気が大事」展開って個人的には好きなんです。伏線も効いてたし。しいて言えば「スーサイド」スクワッドだけに、自己犠牲によって命を落とすキャラがいても良かったように思います。

 

大団円の後は恩赦で釈放…とは行かずに再び収監。それでも、ささやかな報酬を手にしたスクワッドメンバーが幸せそうにしてるのを見ると嬉しくなりました。

 

というわけで、なんだかんだで嫌いになれない映画でした。上記に書いたのは修正案や代替案を含めた批評のつもりです。時系列をうまく動かせば、もっとサスペンス性を高められたんじゃないか?とか、目標設定をこうすべきだったとか、根本的な部分で納得していないものの、腹が立つほどのいびつさではなかったし、今作のアプローチの方向性も多少理解できました。

 

ウィル・スミスとマーゴット・ロビー、ジョエル・キナマンというキャストも魅力的でした。本当はキャプテンブーメランをトム・ハーディがやる予定だったらしいですが、あの人を引っ張ってくるには少し脚本が弱かったかな。

 

バットマン率いる「ジャスティスリーグ」と対になる悪の軍団を成立させるためだけの映画とも言えますが、その中にデヴィッド・エアーの作家性も盛り込まれていたし、キャラへの演出力は流石。『バットマンvsスーパーマン』の惨状よりは全然マシだと思いますよ。

 

DCの無茶振りに対して、なんとか次第点で切り抜けた今作、私はオススメしたい一本です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。