超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:

なかなかブログまで手が回らず大分ご無沙汰してしまいました...。


今日は英文のリズムについてのお話です。



すでにあちらこちらで言われていることですが、日本語は書かれてあるすべての文字を読み、発音し、リズムがなく、イントネーションも平坦なので英語のリズムを身に付けるのは結構難しいのです。


たくさんの日本人に英語を教えた経験から言うと、耳がいい、そしてリズム感のいい人ほど英語の上達が早いようですね。


英語には音の強弱、高低、リズムがあり、強くはっきり発音する部分と弱く速く発音される部分に分れ、時には音が脱落することもあります。


いくつか文例を記します。


大きい●が強く長く、小さい・が弱く短く発音する箇所です。


Put it down
● ・ ●

 「プット・イット・ダウン」と平坦に3個の音を発音するのではなく、「プリッ・ダウン」と2個の音として発音。


Give me a call



● ・ ・ ●

 「ギブ・ミー・ア・コール」と4個の音ではなく、「ギミア・コール」とこれも2個の音に発音。


Put it in the drawer.
● ・ ・ ・  ●


It's time to take a break
・  ●  ・ ● ・ ●


最後の2つなど、つんのめるような強弱の繰り返しが、音楽のシンコペーションに大変似ていますね。

リズム感の良し悪しが英語のいわゆる「筋がいい」事の条件だと私が思うのはあながち見当違いでも

ないと思います。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。